ガールズちゃんねる

波乱万丈すぎる歴史上の人物

639コメント2020/08/28(金) 19:28

  • 1. 匿名 2020/08/21(金) 18:32:36 

    柳原白蓮さん
    伯爵令嬢として生まれて15歳の時に政略結婚させられ子を授かるも相手が変な人で離縁、その後家号に傷をつけたと兄に罵られて実家に幽閉され、その後23歳で女学校に編入。卒業直後に福岡の炭鉱王と結婚し「筑紫の女王」と呼ばれたが、10年後に年下の社会運動家と駆け落ちし大騒動に。その後も戦争で子供を失ったり、遊郭から逃げ出した遊女を匿ったり本当にドラマや小説でもありえないような人生だなと思いました。
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +989

    -19

  • 2. 匿名 2020/08/21(金) 18:33:31 

    坂本龍馬

    +143

    -26

  • 3. 匿名 2020/08/21(金) 18:33:51 

    織田信長

    +105

    -4

  • 4. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:06 

    >>1
    蓮さま

    +394

    -9

  • 5. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:08 

    で?

    +10

    -77

  • 6. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:16 

    徳川家康

    +32

    -4

  • 7. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:17 

    >>1
    花子とアンに出てたね。仲間由紀恵が演じてたけど似てるなあ、何か。

    +993

    -10

  • 8. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:34 

    >>1
    綺麗な人だね、実物はすごい美人だろうな!

    +1189

    -11

  • 9. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:49 

    阿部 定

    +260

    -6

  • 10. 匿名 2020/08/21(金) 18:34:57 

    >>2
    ほんの33年?でどえらい詰め込んだ人生だよね。太く短くを地で行った人。

    +463

    -7

  • 11. 匿名 2020/08/21(金) 18:35:11 

    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +1006

    -2

  • 12. 匿名 2020/08/21(金) 18:35:22 

    広田弘毅

    +45

    -3

  • 13. 匿名 2020/08/21(金) 18:35:35 

    ショパン

    +46

    -4

  • 14. 匿名 2020/08/21(金) 18:35:39 

    小泉八雲

    +89

    -2

  • 15. 匿名 2020/08/21(金) 18:35:46 

    >>1
    美智子様の結婚を全力で反対した人

    +626

    -8

  • 16. 匿名 2020/08/21(金) 18:35:52 

    近藤真彦
    ジャニーズ事務所の権威でレコ大獲ろうとしたらお母さんの遺骨を盗まれて脅されたり溺れていた子供をジェットスキーで助けたりして凄い人生だと思う
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +31

    -500

  • 17. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:02 

    嵯峨浩
    愛新覚羅溥傑の嫁になった人

    +480

    -4

  • 18. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:09 

    福岡の炭鉱王と結婚し「筑紫の女王」と呼ばれたが、10年後に年下の社会運動家と駆け落ちし大騒動に

    駆け落ちって言えば聞こえいいけど、ただの不倫。

    +417

    -30

  • 19. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:21 

    イギリス人武士
    三浦按針さんです。
    彼の波乱万丈な生きざまは
    泣けてきます😭
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +316

    -3

  • 20. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:34 

    やっぱ山田長政でしょ
    他国の王にまで成り上がるってなかなか無い

    +177

    -2

  • 21. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:35 

    ジョン万次郎

    +246

    -4

  • 22. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:53 

    >>1
    33でなくなったの??

    +7

    -26

  • 23. 匿名 2020/08/21(金) 18:36:58 

    オノヨーコ

    +37

    -51

  • 24. 匿名 2020/08/21(金) 18:37:01 

    >>1
    え、この人で朝ドラやってほしい。内容がきついか。

    +298

    -8

  • 25. 匿名 2020/08/21(金) 18:37:15 

    >>15
    なんで?

    +148

    -5

  • 26. 匿名 2020/08/21(金) 18:37:16 

    与謝野晶子

    +78

    -7

  • 27. 匿名 2020/08/21(金) 18:37:26 

    新撰組

    +37

    -4

  • 28. 匿名 2020/08/21(金) 18:37:49 

    川島芳子

    +207

    -2

  • 29. 匿名 2020/08/21(金) 18:38:33 

    >>16
    このトピには、まだ早いんじゃないかな。

    +171

    -4

  • 30. 匿名 2020/08/21(金) 18:38:39 

    慧能大師かな。禅宗の六代目のトップ。でも正式に坊さんになれなかったし、僧侶の修行もさせてもらえなかった。一応悟りは開いたものの、五代目にこっそり呼ばれて、後継者の証である衣授かったのが夜中。
    出身地の関係もあって「自分が後継者だ」って名乗れなかった。むしろ「あんな字も読めない奴に後を継がせたなんて!」と追われる身になる。15年経ってようやく名乗りを上げて、正式な僧侶になれた。

    +110

    -6

  • 31. 匿名 2020/08/21(金) 18:39:16 

    溥儀
    この前映像の世紀で釈放されて泣いてる映像流れてスゲーと思った

    +280

    -4

  • 32. 匿名 2020/08/21(金) 18:39:30 

    >>24
    一応「花子とアン」で主人公の友人役で出てた。友人っていうか障害の盟友みたいな感じ。

    +284

    -13

  • 33. 匿名 2020/08/21(金) 18:39:48 

    ベートーベン

    +39

    -0

  • 34. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:04 

    >>24
    花子とアンの中盤あたりはほぼこの人が主役と言っていい内容だったよw
    かけおちシーンだったかは美輪様の歌をまるごと使って

    +409

    -4

  • 35. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:11 

    小野田さん
    あのエピソードだけですごいのに
    ブラジルに移住して経営者として成功してからの帰国っていうのがもう
    人間として強すぎ

    +349

    -8

  • 36. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:14 

    「玉の輿」の語源とされる徳川綱吉の生母・桂昌院お玉の方。
    八百屋の娘から将軍の生母に上りつめた。

    +376

    -4

  • 37. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:28 

    嵯峨浩と愛新覚羅慧生母子

    +143

    -4

  • 38. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:40 

    >>17
    浩さんは本当に波乱な人生だよね。
    夫婦仲が良かったらしいことだけが救い。

    +408

    -4

  • 39. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:47 

    >>16
    マッチはまだ現役だよ💧一応。

    +94

    -10

  • 40. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:47 

    マリー・アントワネットどうかな。
    12だか14でフランス王家に嫁がされて、30半ばで処刑。長らく「好き勝手してるから」と思ってたけど、そもそもそれは先代までらしいし。

    +370

    -6

  • 41. 匿名 2020/08/21(金) 18:40:50 

    天正少年使節団の四人。
    皆さん不遇の最期でした・・・・。
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +287

    -1

  • 42. 匿名 2020/08/21(金) 18:41:25 

    ルイ・シャルル(ルイ17世)
    あまりにも悲惨な人生

    +262

    -7

  • 43. 匿名 2020/08/21(金) 18:41:33 

    秀吉に父親殺されてた挙げ句側室になった人

    +180

    -3

  • 44. 匿名 2020/08/21(金) 18:41:36 

    お市の方、波乱万丈な人生だと思う。

    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +286

    -2

  • 45. 匿名 2020/08/21(金) 18:41:38 

    マリー・アントワネット
    あそこまで天国と地獄を味わった人はそういない
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +284

    -2

  • 46. 匿名 2020/08/21(金) 18:41:54 

    お市の方とかその娘たちとか
    ほとんどが政略結婚だったんたよね
    父や兄の敵と結婚し子を産むとかどんな気持ちだったんだろ

    +339

    -3

  • 47. 匿名 2020/08/21(金) 18:42:13 

    大正天皇の妹の北白川房子さん、東久邇聡子さん
    上皇殿下の姉の東久邇成子さん、鷹司和子さん

    臣籍降下した皇族の女性はすごい人生の人が多い

    +162

    -5

  • 48. 匿名 2020/08/21(金) 18:42:30 

    紀伊国屋文左衛門

    +15

    -7

  • 49. 匿名 2020/08/21(金) 18:42:33 

    津田梅子と大山捨松
    アメリカ留学した少女たち。

    +148

    -2

  • 50. 匿名 2020/08/21(金) 18:42:43 

    >>1
    寂しげで芯が強そうで素敵ねえ

    +218

    -12

  • 51. 匿名 2020/08/21(金) 18:43:12 

    >>45
    お母さんも。

    +23

    -2

  • 52. 匿名 2020/08/21(金) 18:43:26 

    身分が高すぎると、マジで大変な人生になる可能性もあるよね

    +202

    -2

  • 53. 匿名 2020/08/21(金) 18:43:39 

    愛新覚羅溥儀

    +83

    -1

  • 54. 匿名 2020/08/21(金) 18:43:47 

    太宰治

    +18

    -6

  • 55. 匿名 2020/08/21(金) 18:44:24 

    >>16
    マッチって歴史上の人物なんだ。

    +119

    -13

  • 56. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:00 

    金子みすゞ

    +122

    -5

  • 57. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:04 

    ジョン万次郎
    ただの漁師だったのに

    +174

    -1

  • 58. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:05 

    >>29
    あ、なるー。

    +7

    -5

  • 59. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:10 

    >>32
    >>34
    そうなんだ!ありがとう!朝ドラ観てないもので‥。
    この人メインなら飽き無さそうだと思った。
    でもけっこう取り上げられてたみたいだし、しばらくは無いかな。

    +98

    -4

  • 60. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:29 

    >>43
    淀君?最後は大阪城もろとも・・・。

    +109

    -2

  • 61. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:32 

    >>36
    大奥で出てたよね

    +79

    -1

  • 62. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:48 

    三島由紀夫

    +49

    -8

  • 63. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:54 

    >>56
    波瀾万丈というより可哀想すぎる

    +133

    -8

  • 64. 匿名 2020/08/21(金) 18:45:58 

    そりゃやっぱりナポレオン
    時代が太平の世だったら絶対世に出てこなかったド田舎の島の名ばかり貴族から全ヨーロッパの覇者へ

    +140

    -3

  • 65. 匿名 2020/08/21(金) 18:46:10 

    >>56
    26歳で服毒自殺は驚いた。

    +175

    -4

  • 66. 匿名 2020/08/21(金) 18:46:25 

    >>17
    最近たまたま「流転の王妃・最後の皇弟」(2003年ドラマ)を見る機会がありました
    明治天皇に繋がる血筋のお姫様なのにすごい人生でした
    最後はご夫婦で穏やかな時間を持てたというのが救いでしたけど

    +305

    -3

  • 67. 匿名 2020/08/21(金) 18:46:32 

    愛新覚羅浩

    +47

    -3

  • 68. 匿名 2020/08/21(金) 18:46:37 

    >>1
    眉毛整えて、今風のメイクして
    髪も今風のロングにしたら、すごい美人だろうな

    +342

    -15

  • 69. 匿名 2020/08/21(金) 18:46:46 

    ここに書いていいのかな。水木しげる先生。戦地で片腕切断、復員後も漫画が売れなくて散々苦労。

    +279

    -3

  • 70. 匿名 2020/08/21(金) 18:47:09 

    >>25
    出自やら実情知っていたんじゃない?
    そもそも、皇族でも旧華族でもないからかな

    +435

    -15

  • 71. 匿名 2020/08/21(金) 18:47:21 

    >>32生涯

    +77

    -3

  • 72. 匿名 2020/08/21(金) 18:47:46 

    >>25
    美智子さまは社長令嬢とはいえ平民の出だから。
    昭和天皇の皇后は皇族出身だし、明治天皇・大正天皇の皇后も華族出身。当時の皇族に嫁ぐ女性はみんな皇族もしくは旧皇族、華族などの家柄だった。そんな中皇太子妃を平民から迎えるっていうのは当時の感覚ではありえないことで皇族女性はほぼ反対だったらしいよ。白蓮さんも華族出身だから反対したんじゃないかな

    +536

    -6

  • 73. 匿名 2020/08/21(金) 18:47:56 

    >>40
    確かにねぇ
    マリーが嫁いだ時点で破綻してたみたいだし、本当にタイミングが悪かったんだろうね。
    ただ、マリーがもう少し賢ければ一家で逃亡できたかもしれないね。

    +273

    -2

  • 74. 匿名 2020/08/21(金) 18:48:08 

    ジャンヌ・ダルク。19歳で火あぶり。国のために戦ったのに、裏切られた。

    +309

    -3

  • 75. 匿名 2020/08/21(金) 18:48:37 

    浜ちゃんの坂本龍馬が好きだったな

    +43

    -4

  • 76. 匿名 2020/08/21(金) 18:49:24 

    >>18
    その炭鉱王の旦那に金でゴリ押しされて実家の意向で無理矢理結婚させられたり、性病移されたり、先妻との子の面倒見るように言われたりと散々な目にあってるから、どっちが悪いともいいきれないと思うけどね

    +277

    -4

  • 77. 匿名 2020/08/21(金) 18:50:15 

    >>75
    やたらデコピンして関西弁で話す龍馬。

    +13

    -4

  • 78. 匿名 2020/08/21(金) 18:51:25 

    >>1
    嫁ぎ先の福岡のお屋敷を見に行ったことあるよ
    綺麗なお屋敷だったけど、大変だったろうな~と思った

    +280

    -3

  • 79. 匿名 2020/08/21(金) 18:52:08 

    >>40
    マリーアントワネットの息子。楽しいことや嬉しいことがなかったんじゃないかな。可哀想すぎた。

    +261

    -1

  • 80. 匿名 2020/08/21(金) 18:52:54 

    >>72
    確か、旧華族のご令嬢との婚約が決まりかけてた?のに、軽井沢のテニスコートで美智子さんとのお見合いセッティングした人が居るんだよね

    +299

    -7

  • 81. 匿名 2020/08/21(金) 18:52:57 

    >>73
    逃亡の際にモタモタしてたのはルイ16世って説もあるよね
    どっちにしても何もかものタイミングが悪い不運な人たちたっだのかな
    息子のルイ・シャルも可哀想な短い人生だった

    +206

    -1

  • 82. 匿名 2020/08/21(金) 18:53:23 

    >>15
    今の皇室の現状みたら白蓮さんは正しかった。

    +557

    -58

  • 83. 匿名 2020/08/21(金) 18:56:03 

    じゃがたらお春
    寛永2年でイタリア人と日本人の間に生まれ
    鎖国に伴い、ジャカルタに日本人の母親らと追い払われる
    悲惨すぎない?

    +93

    -2

  • 84. 匿名 2020/08/21(金) 18:57:32 

    >>1
    大正天皇の従姉妹でいらっしゃるんですよね
    叔母様が大正天皇生母の柳原愛子さん

    +228

    -2

  • 85. 匿名 2020/08/21(金) 18:57:38 

    >>79
    マリーアントワネットの子供全員不幸だったけど、ルイ=シャルルが一番悲惨
    幼くして母親と引き離され最終的に洗脳され自分が王子だった事を忘れ、親を蔑む歌を歌うまでになってしまった上に支援の手が遅く10歳で死亡

    +273

    -5

  • 86. 匿名 2020/08/21(金) 18:57:54 

    こだまでしょうか、の人

    +10

    -2

  • 87. 匿名 2020/08/21(金) 18:57:55 

    松井須磨子

    +10

    -1

  • 88. 匿名 2020/08/21(金) 18:57:58 

    >>79
    同じくらいの年齢の息子いるからルイ17世の話は本当にキツイ。
    幼い子供にあんな仕打ちってあんまりだよ。

    +247

    -5

  • 89. 匿名 2020/08/21(金) 18:58:06 

    最後の瞽女、小林ハルさん。
    詳細はWikipedia他読んでください。
    とてもとてもここには書ききれない。

    +112

    -2

  • 90. 匿名 2020/08/21(金) 18:58:10 

    金子みすゞ

    みんな違ってみんないいとかいうからポジティブな人なのかな~と思いきや26歳で自殺してた

    +194

    -0

  • 91. 匿名 2020/08/21(金) 18:58:37 

    >>34

    仲間さん目当てで見てた。
    吉田さんのセリフでお前の顔が好きだみたいなセリフがあって、私も好きと思った。





    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +388

    -3

  • 92. 匿名 2020/08/21(金) 18:59:08 

    >>51
    お母さんはどこにも嫁がず、好きな男だった婿殿を迎えて子供バカバカ産んで、ずっと幸せだったんじゃ

    +132

    -7

  • 93. 匿名 2020/08/21(金) 18:59:53 

    >>16
    化粧始める前のMattかと思った

    +99

    -4

  • 94. 匿名 2020/08/21(金) 19:01:06 

    >>36
    対抗して「お局」の語源になった春日局
    これも女の出世の一例

    +180

    -1

  • 95. 匿名 2020/08/21(金) 19:02:43 

    >>34
    吉田剛太郎とのシーン良かったよね

    +114

    -4

  • 96. 匿名 2020/08/21(金) 19:02:59 

    中村久子さん
    病で幼い頃に手足を失う
    母の再婚相手の家で穀潰し扱いされ肩身の狭い思いをしながら必死で口で習得した内職で食い扶持を稼いでいた
    年頃になっても当時障害者に結婚話はなく泣く泣く見世物小屋興行に身売り
    嫌々やっていた見世物も立派な仕事だと気づき励み結婚し子供ももうける
    仕事はもちろん料理も裁縫も育児も工夫してこなしていた

    その間ににも紆余曲折すごい波瀾万丈
    離婚再婚もしている
    人間の可能性ってこんなにあるのかってこの人の人生を振り帰ると本当にそう思う

    まだ虐待とか差別とか当たり前の時代
    母親から冷たくあしらわれ優しい言葉もかけられなかったのに
    「あの厳しさがあったから自分は強くなれた」って母親を恨まず感謝さえする久子さんの懐の深さ

    義足が出来た時は喜んでなりふり構わず歩けることを楽しんでいた

    +337

    -3

  • 97. 匿名 2020/08/21(金) 19:03:12 

    >>1
    トピ画みすゞさん?と思ったら蓮さまでしたか

    +23

    -6

  • 98. 匿名 2020/08/21(金) 19:03:32 

    >>56
    え…知りませんでした。
    あんな詩を作る繊細な人が…残念すぎる。
    変な人を夫にすると人生狂いますね。

    +182

    -2

  • 99. 匿名 2020/08/21(金) 19:04:47 

    荒木村重の妻、だし。
    夫が謀反を企て処刑される羽目に。その夫は逃亡。妻や一族が処刑で殺された一方で荒木村重は生き延びる。
    時代が信長から秀吉の世になったら茶坊主になって重用され、天寿を全うする。
    本当に理不尽だわ。

    +146

    -3

  • 100. 匿名 2020/08/21(金) 19:07:02 

    >>80
    そのセッティングした人凄い神経してるね。今ならふーんって感じだけど当時の感覚ではかなりの変人だったのでは。乗ってる電車を見かけただけで頭を下げる時代なのに

    +248

    -7

  • 101. 匿名 2020/08/21(金) 19:08:45 

    >>76
    それは白蓮側からの視点で
    旦那(伊藤伝右衛門)側からすると
    奥さんも奥さんで自分が良家の子女で学もあるって事で
    当初から旦那には学や身分が無いと見下して(旦那は庶民からの叩き上げ)
    惚れられた強みから嫁に来てやったんだと旦那の財力使って贅沢三昧
    旦那の金で詩集だなんだ出版までして放蕩三昧

    家の中でも普段は旦那や家の事など興味ゼロなのに何故か
    義理の息子の嫁をイビりまくって喧嘩
    あまりの気性の激しさから旦那も扱いに困ってた

    しかもあの時代じゃありえないことに
    家に自分の(男友達含む)友だちをバンバン連れ込んで遊んだ挙げ句
    その中のイケメンに恋して二人で駆け落ち
    それでも惚れた弱みから一切文句も言わず世間からの嘲笑も我慢
    旦那も立派な人だと思うけどね

    大体旦那の金でゴリ押しとは言うものの
    もともとは実の兄が選挙に出るためにお金が欲しくて
    伊藤伝右衛門のお金に目をつけての話だし
    この件に関しては伊藤伝右衛門は悪く言われ過ぎだと思うわ

    ↓奥さんのために改装を重ねた邸宅

    +396

    -7

  • 102. 匿名 2020/08/21(金) 19:08:52 

    >>57

    この人大河ドラマにしてほしいけど、外国ロケもあるから費用かかるんだろうな。

    +101

    -0

  • 103. 匿名 2020/08/21(金) 19:10:27 

    李香蘭こと山口淑子

    +118

    -1

  • 104. 匿名 2020/08/21(金) 19:11:25 

    大石順教




    大石順教 - Wikipedia
    大石順教 - Wikipediaja.wikipedia.org

    大石順教 - Wikipedia大石順教出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ナビゲーションに移動検索に移動大石順教大石 順教(おおいし じゅんきょう、本名:よね、芸妓名:妻吉 1888年3月14日 - 1968年4月21日)は元・大阪堀江の芸妓、日本画家、尼僧。大...

    +31

    -1

  • 105. 匿名 2020/08/21(金) 19:11:38 

    >>1
    すごい顔整ってるね、美人

    +227

    -5

  • 106. 匿名 2020/08/21(金) 19:11:59 

    楠本イネ&楠本高子 母娘
    どちらも強姦されて出産してる

    +74

    -2

  • 107. 匿名 2020/08/21(金) 19:12:02 

    >>92
    それはないよ。確かに恋愛結婚だったけど男兄弟がいなかったから父親が必死で後継者にするため各国を納得させたのに禄に帝王学も学べずに跡ついで。
    女の子ばかり立て続けに生んで周りの国は次々裏切って攻めてくるし、一度は神聖ローマ帝国の帝冠まで奪われた。長男のヨーゼフ2世が生まれたあとは快進撃もあったみたいだけど生涯の敵と恨んでたプロイセンのフリードリヒ大王がヨーゼフ2世と懇意になるし、ヨーゼフ2世は2度の結婚をしたけど皇妃に先立たれて二度と結婚しなかった。

    子供達にかけている時間はなかったけど次女のマリア・クリスティーネだけを溺愛して恋愛結婚を許してほかの姉妹の恨みを買うし。
    あとは娘はみんな政略結婚の駒だったけど障害があったり天然痘で美貌を失った娘や亡くなった娘もいて結局残った駒は3人だけ。みな幸せな結婚とは言えなかった。おまけに夫には一切政治に口を出させないから夫は影で浮気。次男の結婚式の直前に死亡。
    国を治める能力はヨーゼフ2世よりはあったかもしれないけどずっと幸せな生涯だったとは言えない。

    +85

    -1

  • 108. 匿名 2020/08/21(金) 19:12:40 

    >>72 でも、大正天皇のお母さんは側室だよ。

    +95

    -8

  • 109. 匿名 2020/08/21(金) 19:13:15 

    >>47
    東久邇聡子さんなんて、皇女からの平民からのファーストレディだもんね。凄すぎる
    姉の房子さんも夫、息子を早くに亡くして幼くして家号を継いだ孫を息子の嫁と守り続けて没落を免れた数少ない旧皇族になったんだよね 時代もあるんだろうけどすごい

    +122

    -3

  • 110. 匿名 2020/08/21(金) 19:17:20 

    中村久子さん。日本のヘレン・ケラーと言われてる人。

    +46

    -1

  • 111. 匿名 2020/08/21(金) 19:17:28 

    >>1
    朝ドラ『花子とアン』で更に有名になりましたね。

    史実とドラマは違うところもあり、筑豊の嫁ぎ先の夫役の(あまりよく言われてない為)吉田鋼太郎さんは役柄的には怖そうながら、きちんと連様の気持ちを汲んでいられて、ご子孫さまたちが朝ドラで救われたようなこと仰ってたの記憶してます。

    今だったら許される事も、当時はかなり非難浴びたんでしょうね。

    家柄(なんせ皇族関係)もあり、大変だったとはおもいますが、身分を捨てても女性としての自分を一番に行きられた方かと思います。

    賛否はあるでしょうけど、自分の意思を貫いた人なのかなと思いました。

    +170

    -6

  • 112. 匿名 2020/08/21(金) 19:18:10 

    >>1
    実はその話後日談もあって

    そもそも柳原白蓮が伊藤伝右衛門の嫁になったのは
    兄の柳原義光が選挙に出るために
    お金持ちの伊藤伝右衛門と親戚になりたくて推めた縁談だったんだけど
    その兄の柳原義光も男色相手との手切れ金問題で騒動起こしたり
    挙げ句兄の娘が不良華族事件って言う大不倫事件を起こしてたりする

    要は自分も不倫駆け落ち事件を起こす
    兄はゲイ相手と手切れ金で揉め事起こす
    姪はダンスの先生と不倫事件を起こした挙げ句
    その男に貴族の奥さんだなんだ女紹介しまくって片っ端から不倫
    大不倫スキャンダル起こしたりした

    とにかく相当男女関係で有名な一家だった

    +201

    -1

  • 113. 匿名 2020/08/21(金) 19:18:40 

    >>108
    いやいやそうじゃなくて柳原愛子はれっきとした華族だよ。ついでにいうと柳原白蓮の叔母。
    大正天皇の皇后の貞明皇后も元は九条家の側室の娘さんだからね。

    +167

    -3

  • 114. 匿名 2020/08/21(金) 19:19:10 

    >>92
    少なくともマリーが若気の至りであれこれやらかしてた期間は胃が痛かったと思う。

    +62

    -2

  • 115. 匿名 2020/08/21(金) 19:20:08 

    >>60
    秀吉によって徳川家に嫁がされた妹のお江と明暗を分けたよね。

    +124

    -6

  • 116. 匿名 2020/08/21(金) 19:20:21 

    >>99
    ドラマではキリシタンだったよね(キリシタンだったかはよく分かっていない)。
    ガラシャもだけどキリシタンになるのは旦那が重くてモラハラだったり、めちゃくちゃな人で苦労して心が疲れるからなのかな…と思った。

    +67

    -3

  • 117. 匿名 2020/08/21(金) 19:21:32 

    腸チフスのメアリー

    +22

    -0

  • 118. 匿名 2020/08/21(金) 19:21:36 

    >>106
    楠本イネさん、シーボルトの娘さんですよね

    +84

    -1

  • 119. 匿名 2020/08/21(金) 19:23:41 

    柳原愛子も、決して幸せとは言えない人生だった。
    華族のお嬢さまなので、いくらでも華族同士で正式な結婚ができるはずなのに、選ばれて明治天皇の側室になった。
    しかも明治天皇が1番愛したのは、別の側室の園祥子。彼女からは結局女の子しか生まれなかった。
    明宮(大正天皇)出産後は引き離され、その後一度も会うことはなかった。(大正天皇皇后・貞明皇后の計らいで、臨終の床で意識混濁になった大正天皇にようやく再び会うことはできた)
    大正天皇はのちに出生の秘密を知っても実母の柳原愛子を否定し、会うことはなかった。明治天皇皇后・昭憲皇太后が実母だと信じていたとのことだった。
    柳原愛子はその後、壮大な屋敷と贅沢な生活を与えられるも結婚は許されず、飼い殺し同様で一生を終えた。

    +137

    -1

  • 120. 匿名 2020/08/21(金) 19:25:55 

    >>102
    大河にして欲しいって言ってた俳優さんいたな
    映画でも面白そうだよね

    私は葛飾北斎と娘を主人公にした大河を見たい

    +94

    -0

  • 121. 匿名 2020/08/21(金) 19:27:24 

    >>117
    確かに珍しい人生だけど、変わり者のイメージもある。

    +15

    -1

  • 122. 匿名 2020/08/21(金) 19:29:47 

    西郷頼母

    本当に悲惨で救いのない人生

    +29

    -1

  • 123. 匿名 2020/08/21(金) 19:30:55 

    李方子
    昭和天皇のお妃候補でありながら内鮮融和のため
    李氏朝鮮の王子に嫁ぐ
    彼女たちは日本で結婚生活を送っていたが第一子出産後、
    朝鮮側からの強い要望により幼い子を連れて朝鮮に一時的に渡るがその子を毒殺されてしまう
    終戦後、李氏朝鮮は崩壊し夫妻は王族の身分を失い韓国に戻ることもできなくなる
    やっとの思いでなんとか韓国に帰るが、夫は既に病魔に侵され先立たれてしまう
    彼女は韓国に帰化し、障害児教育にその後の人生を捧げ、「障害児教育の母」と呼ばれるほどになる

    +137

    -1

  • 124. 匿名 2020/08/21(金) 19:32:39 

    >>17
    この方の娘さん同級生と無理心中しましたよね

    +141

    -5

  • 125. 匿名 2020/08/21(金) 19:33:58 

    楠本イネ
    シーボルトの娘
    父の弟子に手込めにされて娘を出産
    それでも医者を志て大村益次郎に弟子入り
    司馬遼太郎さんの「花神」のヒロイン
    健気で哀しい

    +90

    -1

  • 126. 匿名 2020/08/21(金) 19:34:23 

    >>28
    愛新覚羅の王女として生まれ、日本の川島浪速の養女として来日。
    十代の後半にして突如断髪、男装を貫き(養父に性的暴行されたといわれる)
    その後は満州国のスパイとして暗躍。歌も出して社交界でも活躍し
    女優・李香蘭とも浅からぬ縁を持つ。
    戦後、漢奸として捕らえられると年齢をサバ読みしたり養父に戸籍を
    送ってもらえるよう嘆願するが叶わず銃殺刑される。
    しかしその遺体は本人より髪が長いとかがっしりして体格がいいとかで
    身代わり疑惑もある。
    (生前の彼女は小柄でほっそりした体格をカバーするため厚底の靴や
    パッド入りの軍服を愛用してたという)

    +122

    -0

  • 127. 匿名 2020/08/21(金) 19:34:39 

    >>106
    それもイネさんは実父の弟子でイネさんの師匠?に強姦されるんだよね。当時は師匠の娘に手を出すことは禁忌とされていたのに。
    手を出した師匠も制裁を加えられればいいのにと思ってた。

    +143

    -2

  • 128. 匿名 2020/08/21(金) 19:36:17 

    >>106
    先に書かれてたのね…

    +8

    -1

  • 129. 匿名 2020/08/21(金) 19:37:46 

    >>60
    一度めの落城 伯父によって父を失う(小谷)
    二度めの落城 後の夫によって母と義父を失う(北ノ庄)
    三度めの落城 自分と息子が…(大坂の陣)

    悲惨すぎる

    +123

    -1

  • 130. 匿名 2020/08/21(金) 19:40:44 

    >>122
    夫人の辞世
    「なよ竹の風にまかする身ながらもたまわぬ節はありとこそ聞け」
    悲運を受け入れながらも会津の最後のプライドをかけた歌

    +50

    -0

  • 131. 匿名 2020/08/21(金) 19:41:03 

    志田周子。女医さん。100年ほど前に無医村で頑張った方。生涯独身で、診療し続けられた。50代で亡くなってます。
    「いしゃ先生」というタイトルで、平山あやさん主演で映画にもなってるので見て欲しい。本も出てます。

    +100

    -0

  • 132. 匿名 2020/08/21(金) 19:41:58 

    >>100
    理由があって
    戦後象徴天皇制になったことで
    庶民の人気を保持しないと天皇家は維持できないって危惧もあったんだよ

    だから庶民から奥さん迎えることで
    戦後民主主義の開かれた天皇家を演出して庶民人気を維持したいって
    政治的思惑があった

    そうじゃなくてもその時代は共産主義社会主義全盛時代で
    日本でも天皇廃止しろなんて人たちが一番多い時代で
    世界でも王政が倒されて革命が起きまくってた時代だったから

    今じゃ信じられないけど当時の日本は左翼が強くて
    平気で天皇廃止しろなんて人たちも山のように居て力も強かった

    +165

    -3

  • 133. 匿名 2020/08/21(金) 19:42:16 

    >>76
    金や物だけ与えても心は掴めなかったのね。

    +9

    -13

  • 134. 匿名 2020/08/21(金) 19:42:37 

    >>124
    判断難しいところだよね。一説にはストーカー殺人とも言われてる。

    +144

    -5

  • 135. 匿名 2020/08/21(金) 19:42:55 

    >>1
    森光子『春駒日記』『光明に芽ぐむ日』で知った。
    そんな波瀾万丈の人だったのか。

    +62

    -1

  • 136. 匿名 2020/08/21(金) 19:43:26 

    >>72
    自分の身分を嫌ってた癖にねぇ

    +101

    -6

  • 137. 匿名 2020/08/21(金) 19:45:14 

    >>126
    『男装の麗人』。
    時代に翻弄された人なんだなと。

    +93

    -4

  • 138. 匿名 2020/08/21(金) 19:45:45 

    >>119
    明治天皇の側室は何人もいるけど、健康に育った男の子を産めたのは柳原愛子ただ1人だったんだよね。明治天皇の側室や子供は短命が多い中彼女は長生きだったし。ただ息子の大正天皇に先立たれたのは辛かっただろうなぁ
    貞明皇后ともすごい仲良かったらしいね
    あと彼女の生前の写真みたらめちゃくちゃ美人。姪の白蓮も美人だし、美人家系なのかな

    +116

    -1

  • 139. 匿名 2020/08/21(金) 19:46:53 

    >>12
    高校の先輩だ

    +10

    -3

  • 140. 匿名 2020/08/21(金) 19:47:14 

    >>16
    生きてる生きてる

    +43

    -1

  • 141. 匿名 2020/08/21(金) 19:49:01 

    >>129
    三度目は回避できうる立場にいたから悲惨といわれると違和感がある

    +39

    -6

  • 142. 匿名 2020/08/21(金) 19:49:03 

    >>1
    林真理子の、びゃくれんれん
    読みたくなるわー!

    +97

    -2

  • 143. 匿名 2020/08/21(金) 19:50:51 

    >>113
    あの頃の平民て、皇族や公家以外の華族や士族のことだから本当の一般市民が相手になるわけなかったんだよね。美智子様と紀子様は戦後だから本当の一般市民だけど。雅子様は香淳皇后の親戚で初めからお妃候補にいたから、外務省に入る前に陛下にお会いしていて陛下の心は決まっていたんだよね。散々邪魔が入った上に、家系図を公表しようとしたら某団体から抗議されて出来なかったんだよね。

    +17

    -39

  • 144. 匿名 2020/08/21(金) 19:52:01 

    >>136
    結構美談に描かれてる人だけど私は吉村明美さんが描いた「悲劇の女王」が正しいと思う

    +49

    -0

  • 145. 匿名 2020/08/21(金) 19:52:04 

    >>52
    落差があるから大変に見えるだけで身分の低い人らはずっと底辺でギリギリ生きてる感じだったかと

    +51

    -0

  • 146. 匿名 2020/08/21(金) 19:55:43 

    >>132
    生粋の日本人で?
    あちらの人達かと思った

    +41

    -20

  • 147. 匿名 2020/08/21(金) 19:56:22 

    >>16
    誰この不細工

    +63

    -8

  • 148. 匿名 2020/08/21(金) 19:56:38 

    江口章子

    歌人。北原白秋の2番目の奥さん。
    大分で弁護士と結婚したものの、離婚して平塚雷鳥を頼って上京。その後白秋と結婚するも、離婚。
    それからも結婚離婚を繰り返しながら精神を病んでいき、最後は実家の座敷牢で発狂して死亡。

    +73

    -1

  • 149. 匿名 2020/08/21(金) 19:56:57 

    ヘレンケラー

    +11

    -1

  • 150. 匿名 2020/08/21(金) 19:57:17 

    このトピいいね。ためになる。あれこれ調べてみたくなる。

    +149

    -0

  • 151. 匿名 2020/08/21(金) 19:57:26 

    >>96
    恥ずかしながら 初めてお名前知り
    ググって来ました
    不平不満を口にして 言い訳ばかりの自分には信じられない人生です
    教えてくれて有り難う

    +185

    -0

  • 152. 匿名 2020/08/21(金) 19:58:17 

    ラストエンペラー溥儀の第一婦人、婉容。

    ミッションスクールで西洋的教育を受けていた婉容は、17歳で
    溥儀の第一婦人となる。
    溥儀が満州国皇帝となった時、彼女もまた皇后となる。
    そのころ、溥儀の弟溥傑の妻であった浩さんと交流を持つが、
    徐々にアヘン中毒が悪化していく。

    最後は、八路軍に逮捕され各地を転々とし、獄中死。
    浩が最後に見た彼女をこう記している。
    「(獄舎の)小窓から覗くと、驚いたことに皇后は
    寝台からコンクリートの床に転がり落ちたままで、
    お食事も遠くの入口に何日間も置きっぱなしになっていました。
    (中略)大小便が垂れ流しとなっていたため、ひどい臭気でした」

    彼女は、どうせ死ぬのだからと苦痛を和らげる阿片はもちろん水すらも与えられず
    獄中で一人孤独のまま、死んでいった。

    +120

    -0

  • 153. 匿名 2020/08/21(金) 19:59:05 

    >>1
    政略結婚した変な人って、どう変だったんですか?

    +27

    -0

  • 154. 匿名 2020/08/21(金) 19:59:23 

    >>56
    旦那ちょっとクズすぎない?

    +94

    -1

  • 155. 匿名 2020/08/21(金) 20:00:20 

    ジョン万次郎の人生に憧れる
    勝ち組!

    +7

    -0

  • 156. 匿名 2020/08/21(金) 20:00:57 

    >>1
    やっぱり美人だなあ

    +26

    -4

  • 157. 匿名 2020/08/21(金) 20:01:02 

    >>96
    昔、知ってるつもり!?で見ました

    +76

    -0

  • 158. 匿名 2020/08/21(金) 20:01:44 

    そんなに言うなら中森明菜 
    波乱万丈続行中 がんばれ待ってるよ
    一々説明はいいよね
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +108

    -13

  • 159. 匿名 2020/08/21(金) 20:02:00 

    >>16
    中森明菜をドン底に落とした人じゃん

    +260

    -9

  • 160. 匿名 2020/08/21(金) 20:02:11 

    >>132
    戦争で
    お国のためって子供に毛のはえたような子を兵隊にとられて 天皇万歳って崖から女子供が飛び降りさせられたんだから

    そや反対する人いるでしょう

    +296

    -9

  • 161. 匿名 2020/08/21(金) 20:02:55 

    >>56
    実の親も見世物小屋に行かせて、お金を稼がせたていたそうですね😢😢

    +57

    -8

  • 162. 匿名 2020/08/21(金) 20:03:09 

    >>36
    お玉ってお万の方のお付きだったんじゃなかったっけ
    八百屋はお楽かお夏だったような
    どちらにせよ上り詰めた女性なのは変わらないけど

    +113

    -2

  • 163. 匿名 2020/08/21(金) 20:03:43 

    >>1
    芸者の娘だよ。
    父親は伯爵だけど

    +96

    -1

  • 164. 匿名 2020/08/21(金) 20:03:47 

    >>142
    「花子とアン」の脚本の中園ミホが林真理子とお友達だからね
    花子以上に白蓮描きたかったに違いない
    実際は女学校で一緒だったけどドラマほどその後の交流なかったはず

    +100

    -1

  • 165. 匿名 2020/08/21(金) 20:03:56 

    >>76
    伊藤伝右衛門の地元に知り合いがいるんだけど、白蓮が可哀想って思われてるけど白蓮もワガママで強欲でかなりの女だから伝右衛門が悪者なの納得いかないって言ってたよ

    どっちもどっち

    +223

    -2

  • 166. 匿名 2020/08/21(金) 20:06:31 

    >>153
    血族結婚の変質者だった。
    男の子を産んだけど全く愛情わかなかったらしい

    +60

    -2

  • 167. 匿名 2020/08/21(金) 20:06:55 


    井深 八重

    ご存知だった方プラスお願いします



    +7

    -4

  • 168. 匿名 2020/08/21(金) 20:08:11 

    >>161
    中村久子さんでは?

    +30

    -0

  • 169. 匿名 2020/08/21(金) 20:08:37 

    平常心って大事

    +5

    -0

  • 170. 匿名 2020/08/21(金) 20:10:09 

    笹川良一

    日本財団の創設者
    親の財産を全部株にぶち込んで大勝利芸能事務所を経営する傍ら
    株で儲けたお金で政治活動を開始
    政治団体を結成して全国的な知名度を得ると

    あの時代自ら飛行機を操縦してイタリアにまで冒険飛行
    そしてイタリアでムッソリーニと会談
    上にも出てきてる川島芳子とも交際してたと言われてる
    その後東条英機や大政翼賛会に反対の立場で選挙に出馬
    一期国会議員を経験

    戦後自ら俺を捕まえろとA級戦犯に立候補
    見事逮捕されると被告として東京裁判に出廷
    巣鴨プリズンに収監されると東条英機に接近して
    東条英機に天皇の戦争責任は無いと主張しろと進言
    巣鴨プリズン内での克明な日記を残して今の研究に役立てたり
    監獄内に居たA級戦犯(国の偉い人)とも人脈を作る

    その後釈放されると
    戦犯で処刑された人たちの遺族にも年金を与えるように活動したり
    競艇の稼ぎを基にした日本財団を設立そのお金で慈善事業をする
    中で一番有名なのは天然痘の撲滅運動に多額の寄付をして撲滅したり
    ハンセン病のワクチン第一号を自ら志願して打ったりした
    慈善事業に関しては書き出すときりがない上に
    ほとんど無報酬で死んだ後莫大な借金が残るくらい身ぎれいな人で
    94歳で大往生

    あとこの人の凄いところは
    株で一山当てた経済感覚で今のお台場の埋立地が計画された際に
    日本中のほとんどの人が失敗する馬鹿だと言っていた時
    唯一これは大成功すると予言当時計画にお金が集まらなくて困る中
    お台場に莫大な土地を購入して埋立を後押しした
    その結果お台場の唯一の私有地を持ってたりする

    ただこの時10万坪買おうとして
    周りの反対で1万坪しか買わなかったらしいけど
    もし10万坪買ってたら今の地価だと1兆円の資産だったとか

    +133

    -2

  • 171. 匿名 2020/08/21(金) 20:11:21 

    >>44
    キレイな肖像画だよね。
    着物の柄も細かくてキレイ。
    画家もやっぱり美女を描くと筆がのるんだろうか。

    +112

    -1

  • 172. 匿名 2020/08/21(金) 20:11:33 

    >>143
    戦前の話ですが、華族は平民ではありません。旧皇族に次ぐ高い身分です。
    士族は平民の上です。農民や町民や漁民なども平民に分けられました。
    上から順に、旧皇族・華族・士族・平民、ですね。
    旧皇族・華族と、士族・平民の間には大きな隔たりがあり、基本通婚もできませんでした。(諸手続きをすれば可能だった)
    旧皇族・華族には、いろいろな特権がついていました。
    士族は取り立てて特権もなく、平民とほとんど変わらなかったのが実際のところでしょう。

    +72

    -2

  • 173. 匿名 2020/08/21(金) 20:14:20 

    >>146
    日本人にも結構多かった

    なんせ大手新聞はみんな反天皇で左翼
    大学の教授もみんな左翼で岩波文庫でその手の本をだして煽ったり
    世間もその様な人たちを進歩的文化人なんかと持て囃した時代だし

    +81

    -1

  • 174. 匿名 2020/08/21(金) 20:14:45 

    >>152
    婉容は時代と旦那に翻弄されたよね。
    教養もあり英語も話せたお嬢様なのに溥儀と結婚する事になり辛い生涯に。
    旦那の溥儀はゲイで初夜にさえ現れず女として妻としてのプライドもズタズタ。
    結局阿片中毒で亡くなる・・せめて夫婦仲が良ければこんな悲惨な最後にはならなかっただろうに。

    +148

    -3

  • 175. 匿名 2020/08/21(金) 20:17:21 

    >>42
    名前見ただけで気持ちが暗くなるほどだよね…
    たった10歳で。

    +83

    -2

  • 176. 匿名 2020/08/21(金) 20:21:31 

    >>47

    時代もあるけど、
    やはり皇族が普通の国民になってしまうのは
    今までの世界がガラリと変わりますもんね…

    +89

    -0

  • 177. 匿名 2020/08/21(金) 20:21:57 

    後漢の献帝
    産まれてすぐ母親を殺され、外戚や董卓にやりたい放題され、ヘタレな兄に変わって皇帝に祭り上げられ、曹操には傀儡扱いされ、嫁は殺され、王朝は分捕られ、劉備には何故か死んだと勘違いされ
    悲惨な事件には事欠かない中国でもこの散々っぷりはちょっとすごいんじゃないかな
    一応畳の上で死ねたっぽいのがせめてもの慰めかな

    +44

    -0

  • 178. 匿名 2020/08/21(金) 20:22:01 

    李方子さん

    +18

    -2

  • 179. 匿名 2020/08/21(金) 20:24:37 

    >>21
    いつか大河ドラマでやってほしいんだけど外国人キャストばかりになってしまうから無理かなぁ。

    +59

    -2

  • 180. 匿名 2020/08/21(金) 20:30:13 

    高橋是清

    +8

    -0

  • 181. 匿名 2020/08/21(金) 20:30:52 

    井伊直弼

    +5

    -0

  • 182. 匿名 2020/08/21(金) 20:32:15 

    山本権兵衛

    +5

    -2

  • 183. 匿名 2020/08/21(金) 20:33:42 

    >>89
    Wiki読んできた。凄かった!

    +70

    -1

  • 184. 匿名 2020/08/21(金) 20:34:20 

    >>173
    GHQのメンバーが社会主義マンセーて人多かったのよね
    あの当時、世界は共産主義の恐ろしさに気付いてなかった
    大東亜戦争も共産党のスパイのせいで始まったし

    +86

    -3

  • 185. 匿名 2020/08/21(金) 20:34:42 

    チャーチルなんかも凄い

    士官学校から軍人に
    キューバでゲリラ相手にアフリカでも戦争を経験
    その後軍隊を辞めて新聞記者にボーア戦争に従軍すると
    敵に捕まって捕虜収容所から脱走一躍有名人になる

    その知名度で選挙に出て26歳で当選国会議員になる
    その後順調に出世して30代初めて大臣になってそこから大臣を歴任
    更には今の戦車の有用性を初めて発見して戦車を作らせる
    ただ第一次世界大戦中にガリポリの戦いで大失態して大臣をクビに

    クビになった後自ら志願して第一次世界大戦の最前線に勤務して終戦
    戦後選挙に落選して無職になり暇なので
    第一次世界大戦の経験を本にしたら大ベストセラーに
    ちなみに後にこれでノーベル文学賞受賞してる

    そうこうしてる間にヒトラーが出てきて第二次世界大戦が始まり
    そこで首相に再登板ドイツとの戦いに勝利したけれど
    その後の総選挙に何故か大敗
    また選挙に勝って首相に返り咲いた後に死去

    Vサインのオリジナルもこの人だったりする

    +59

    -0

  • 186. 匿名 2020/08/21(金) 20:37:46 

    >>103
    日本人でありながら日中の親睦のため中国名を
    与えられ銀幕女優として活躍、革命で日中の
    狭間に立たされ苦悩する。
    戦後漢奸の疑惑を抱かれるが戸籍で日本人だと
    証明され、中国を去りその後はハリウッドで
    シャーリー山口として活動、結婚離婚も経験し
    政治家大鷹淑子として平和活動に尽力。
    晩年はたまにTV出演する程度でマンションで
    一人暮らしをしてひっそり生活、21世紀まで
    存命だったのはおなじ『ヨシコ』と言っても
    126で紹介した川島芳子とは対照的である。

    +74

    -0

  • 187. 匿名 2020/08/21(金) 20:40:19 

    >>170
    この人はKCIAと統一教会のサポーターだよ。CIAの公開文書にある。

    +35

    -0

  • 188. 匿名 2020/08/21(金) 20:41:56 

    >>166
    そりゃレイプされて出来た子に愛情感じるわけないよね

    +57

    -4

  • 189. 匿名 2020/08/21(金) 20:43:12 

    >>41
    途中で信仰を捨てた人、別の地で新たな生き方を
    模索した人、信仰を貫いてキリシタン狩りで
    虐殺された人、本当に人生が様々。

    +104

    -0

  • 190. 匿名 2020/08/21(金) 20:43:43 

    >>96
    この人何回も結婚してるよね

    +12

    -2

  • 191. 匿名 2020/08/21(金) 20:45:53 

    >>152
    悲しいけれど…生まれ落ちた『時代』なのよね。
    現在に並べても、素晴らしい家柄・優秀な教育を受けてきた婉容様。

    いわゆるお妃様、王女様にあたる方が墓石も無いに等しい人生の終わりだったのが悲しいですね。

    映画『ラストエンペラー』でも有名だけど…描けないところはあったでしょうし…

    +90

    -0

  • 192. 匿名 2020/08/21(金) 20:46:34 

    マリーアントワネットかな
    スゴすぎる運命
    よくギロチン台に駆け足出
    登れたものだ

    +36

    -0

  • 193. 匿名 2020/08/21(金) 20:47:45 

    >>167
    ソニーの親戚なんだっけ?

    +1

    -0

  • 194. 匿名 2020/08/21(金) 20:47:53 

    >>25
    平民出身者と結婚することが当時はあり得なかったからじゃない?

    +148

    -6

  • 195. 匿名 2020/08/21(金) 20:50:22 

    >>1
    安藤さくらさんに似てますね!

    +11

    -32

  • 196. 匿名 2020/08/21(金) 20:51:21 

    日本の女性で初めて死刑になった人の話。
    吉永小百合さん主演の映画だったような。

    +9

    -0

  • 197. 匿名 2020/08/21(金) 20:56:13 

    >>167
    うろ覚えで知ってるような気がして調べたら知らない方だったけど、私の好きな「私が棄てた女」のモデルさんだったそうで。あの作品にモデルがいらしたって知らなかったです、ありがとう。ちょっと調べてみたいと思います。

    +7

    -0

  • 198. 匿名 2020/08/21(金) 20:56:49 

    >>191
    本当にね。
    イギリス人の家庭教師と一緒に映っている写真を見た時、
    まさか人生の最後が獄中であんな死に方をするなんて
    考えも出来なかっただろうなと思ったわ。
    きれいな人だったのにね。

    でも彼女が椅子に座っているのって、纏足のため?
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +78

    -0

  • 199. 匿名 2020/08/21(金) 20:57:57 

    >>44
    浅井長政と夫婦仲もよかったんですよね。
    信長の妹でなければ… ね。

    +107

    -0

  • 200. 匿名 2020/08/21(金) 20:58:11 

    >>196
    日本閣殺人事件の小林カウでしょ。
    波乱万丈ではあるかもしれないけど、彼女自身の気の強さとかが引き寄せたものもあるような。

    +36

    -3

  • 201. 匿名 2020/08/21(金) 20:59:25 

    >>163
    白蓮の母親は幕府の外国奉行、新見正興(しんみ まさおき)の娘、新見は開国後使節団の一員として渡米し、時の大統領と謁見したりしている。明治維新後病没し新見家は没落、白蓮の母親は他家に養女に出され、養家から柳橋に芸者として売られました。
    明治維新の混乱の時に父親が他界しなければ、芸者にはならず、士族の娘として暮らして居た事でしょう。

    +107

    -4

  • 202. 匿名 2020/08/21(金) 21:09:01 

    >>122
    大河ドラマ「八重の桜」で知りました。
    こういう重臣をたいせつにしなかったから、会津は滅びる道しかなかったんだろうと思いました。

    +33

    -13

  • 203. 匿名 2020/08/21(金) 21:09:03 

    >>163
    戦前の皇族華族は普通に家女房等の側室がいた
    昭和天皇の母親の貞明皇后も上流華族の家柄だけど側室の娘
    嫁の香淳皇后とうまくいかなかったのは出自の違い
    (香淳皇后は皇族出身で実母は妃)
    もあると言われている

    +81

    -2

  • 204. 匿名 2020/08/21(金) 21:09:57 

    >>23
    幼い娘を捨て英国人と不倫略奪。
    自分から荒波に飛び込んでる。

    +89

    -2

  • 205. 匿名 2020/08/21(金) 21:12:20 

    >>34
    「れーん!れんはどこだー!!!」圧巻でした…

    +27

    -0

  • 206. 匿名 2020/08/21(金) 21:13:01 

    マリーアントワネットの息子ルイ17世
    悲劇の王子様。
    この子に罪はないのに、王の子というだけで幽閉され、トイレは床にそのままさせる
    売春婦と性交させ性病を移させる
    数年にわたり太陽の光を浴びさせない
    数年経つと民衆も流石に幼い子供をそこまで追い詰めるのは…と同情的になった。
    医師達が救い出したとき、身体中にできものができていた。当時の医療では治せなかった。
    過去に読んだ本では、「亡くなるその瞬間、悲鳴のような凄まじい声を長いこと上げて息耐えた」とありました。
    因みに幽閉されていた壁には「ママ、僕は」とだけ書かれたあとも見つかったらしい。

    +99

    -1

  • 207. 匿名 2020/08/21(金) 21:15:07 

    >>194

    やっぱ平民と結婚するのは考え物だったと思います。
    戦争で家族と引き離された人、家を失った人がいましたよね? にも関わらず平民が皇室に入るとは何事と思われてもおかしくないですよね?

    +22

    -13

  • 208. 匿名 2020/08/21(金) 21:15:23 

    >>175
    姉のマリー・テレーズはアントワネットの唯一生き延びた娘だけどこの人もなかなかの苦労人だよね。
    オーストリアに引き渡されたけど母を見捨てた親戚に背を向けてルイ16世の甥と結婚したけど不能で夫婦仲も良くなかった。
    ブルボン家は復活したけどナポレオンの脅威に晒されるはその前に亡命してたロシアでは極寒の中いきなり退去を命じられるわ。
    最後まで封建時代を貫きとおして結局はフランスから再び逃げて結構長生きしたけどしあわせではなかったよね。元々気難しくてほとんど笑わなかったらしいけどこんな一生送ったら笑えなくなるよ。

    +100

    -1

  • 209. 匿名 2020/08/21(金) 21:24:53 

    >>89
    私、辛くなったときはハルさんのWikipediaをみます。ハルさんは人生の困難に立ち向かうのでなく、受け入れるの。本当に強い人だったと思うし、そうなるまでの苦難は涙なしには見れない。

    +94

    -1

  • 210. 匿名 2020/08/21(金) 21:30:13 

    歌舞伎役者の三代目澤村田之助
    JINのドラマだと吉沢悠さんが演じてました。
    脱疽で四肢を失いながらも芸の道を貫いた人。

    +49

    -0

  • 211. 匿名 2020/08/21(金) 21:30:45 

    >>61
    星野真里ちゃんだよね?

    +18

    -2

  • 212. 匿名 2020/08/21(金) 21:31:35 

    黒い瞳の伯爵夫人 クーデンホーフ光子
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +57

    -2

  • 213. 匿名 2020/08/21(金) 21:32:21 

    歴史上の人物といっていいのかわからないけど、ヴィヴィアン・リー。
    世界一美しい女優と称され、二度のアカデミー賞受賞。W不倫の末のローレンス・オリヴィエとの世紀の恋、そして離婚。結核と精神疾患に苦しんだ、気高く美しい女性。

    +69

    -0

  • 214. 匿名 2020/08/21(金) 21:33:29 

    >>163
    戦前の皇族華族は普通に家女房等の側室がいた
    昭和天皇の母親の貞明皇后も上流華族の家柄だけど側室の娘
    嫁の香淳皇后とうまくいかなかったのは出自の違い
    (香淳皇后は皇族出身で実母は妃)
    もあると言われている

    +19

    -2

  • 215. 匿名 2020/08/21(金) 21:44:51 

    >>134
    それは嵯峨家の言い分認めたく無いのはわかるけどお互い好き同士ちゃんと証拠のテープもあるし
    お父さんの傅傑さんも後悔してた。

    +59

    -2

  • 216. 匿名 2020/08/21(金) 21:48:11 

    >>85
    ベルばらで楽しそうに革命家歌ってたな・・・。

    +44

    -1

  • 217. 匿名 2020/08/21(金) 21:49:06 

    >>211
    星野真里がやってた役は産んでないんだよね。尊敬するおまんの方様が産んだのを自分の子ってことにした。

    +20

    -1

  • 218. 匿名 2020/08/21(金) 21:51:38 

    >>206
    集団心理って奴だろうか。先祖代々で積み重なった不満や恨みを全部しょわされた感じする。

    +78

    -0

  • 219. 匿名 2020/08/21(金) 21:52:09 

    >>119
    柳原愛子にとって、大正天皇の皇子たち(のちの昭和天皇、秩父宮、高松宮、三笠宮)は実の孫にあたるが、祖母と孫として交流した記録はない。
    皇子たちも昭憲皇太后がお祖母様と信じていたようで、事実を知ったときは相当ショックだったらしいね。

    +75

    -0

  • 220. 匿名 2020/08/21(金) 21:52:37 

    >>199
    勝家さんも優しかったと何かの番組でやってました。元々お市様のこと好きだったみたいだけど、それを抜きにしてもいい人だったのかな。

    +70

    -0

  • 221. 匿名 2020/08/21(金) 21:52:43 

    >>18
    時代が時代だし
    側室なんかはオッケーなの?

    +23

    -0

  • 222. 匿名 2020/08/21(金) 21:53:13 

    がる民のさりげない博学多識が見られる
    トピだわ。
    感心しちゃう。

    +164

    -1

  • 223. 匿名 2020/08/21(金) 21:53:17 

    >>108
    御側室になられる方も生粋の名家ご出身の方だけですよー。

    +172

    -0

  • 224. 匿名 2020/08/21(金) 21:59:40 

    >>1
    朝ドラ「エール」に出ている人に似ている。

    +4

    -4

  • 225. 匿名 2020/08/21(金) 22:00:40 

    ベルセルクのガッツさんに比べたらここにあげられてるモブどもなんてザッコwwww

    +1

    -16

  • 226. 匿名 2020/08/21(金) 22:01:41 

    >>206
    誰かも書いていて調べたら可哀想すぎる人生だった。つけられた教育係のおっさんがアル中で、ルイシャルルに汚い言葉覚えさせたり父母を罵倒させたり、アントワネットを処刑させたくて母に近親相姦されたとでっちあげさせたり、貴族だということを粉々に砕きたかったようで。。
    私が見たページには医師にみてもらった時には結核で助けられなかったとかいてありました。

    +69

    -3

  • 227. 匿名 2020/08/21(金) 22:03:06 

    >>225
    あの人は壮絶なのにメンタル病まないところが本当に凄い。漫画だからだけどね(笑)

    +10

    -1

  • 228. 匿名 2020/08/21(金) 22:03:13 

    >>95
    実際の炭鉱王はひどかったらしいけど、吉田鋼太郎は良かった。

    +78

    -1

  • 229. 匿名 2020/08/21(金) 22:03:54 

    >>224
    入山法子さんに似ているかも。

    +15

    -1

  • 230. 匿名 2020/08/21(金) 22:05:49 

    >>72
    うーん、でも天皇家に新しい血を入れるのも必要だったというのも分かるんだよね。
    滅びたスペインのハプスブルク家の教訓もあるから良かったんじゃないかな

    +159

    -6

  • 231. 匿名 2020/08/21(金) 22:08:00 

    >>230
    ハプスブルク一族スペイン王家の最後の王、カルロス2世は病弱で恐らく知能にも問題があり、30代で死去。奥さんいたけど子供なし。

    +82

    -1

  • 232. 匿名 2020/08/21(金) 22:09:16 

    岐阜県岩村城の女城主おつやの方

    +5

    -1

  • 233. 匿名 2020/08/21(金) 22:10:14 

    >>57
    小学校の頃、ジョン万次郎の舞台を観た。素晴らしかった。大河で見てみたいなー。

    +27

    -0

  • 234. 匿名 2020/08/21(金) 22:12:38 

    >>16
    近藤氏といえばアニタ・ムイとお付き合いしていた話はドラマになるかと
    アニタの香港での葬儀や追悼式にもアニタのご両親が招いて出席してるし

    +19

    -2

  • 235. 匿名 2020/08/21(金) 22:13:41 

    >>231
    そう、近親婚を繰り返して血が濃くなり過ぎた犠牲者だよね。
    当時は理由もわからないし本人は苦しみ、呪いかなにかだと信じて神にすがったり、祈祷をしたり‥
    死ぬ最後も幸せでは無かったみたい
    可哀想だよね

    +143

    -0

  • 236. 匿名 2020/08/21(金) 22:16:22 

    >>1
    美人だけど幸薄い顔だね。

    +101

    -1

  • 237. 匿名 2020/08/21(金) 22:17:33 

    >>34
    愛の讃歌よね
    天使の羽的なものまで降らせてたよね笑

    +55

    -0

  • 238. 匿名 2020/08/21(金) 22:18:31 

    >>205
    こげなもーん!!

    +24

    -0

  • 239. 匿名 2020/08/21(金) 22:30:17 

    >>196
    戦後初ね

    +6

    -0

  • 240. 匿名 2020/08/21(金) 22:30:36 

    >>120
    北斎と応為もいいですね、是非みたい!
    以前NHKのドラマで観た応為役は宮崎あおいだったんだけど、私の中では違うんだよ。。。
    もっと背が高く男が顔のイメージ。

    +39

    -0

  • 241. 匿名 2020/08/21(金) 22:31:47 

    浅井三姉妹のお江。

    +9

    -1

  • 242. 匿名 2020/08/21(金) 22:32:42 

    >>217
    ドラマではね

    +6

    -1

  • 243. 匿名 2020/08/21(金) 22:37:15 

    >>230
    あごのこと?

    +28

    -0

  • 244. 匿名 2020/08/21(金) 22:38:38 

    >>215
    嵯峨家の建前的な言い分じゃなくて、男は死にたがってたけど女はそうじゃなかったって温度感の差が、タクシーの運転手や友人達の証言的に実際の所どうなの?ってところかな。
    女性側が嫌っていたという話もあれば、男性の熱意にほだされて同情して寄り添う時期もあったという話もあるし、愛した人と心中と思って死んでいったのか、愛してはいてもまさかこんな所で死ぬとはと思って不意打ちで死んでいったのか実際わからないのに愛し合って心中と決めるには状況判断的に難しそう。

    +92

    -1

  • 245. 匿名 2020/08/21(金) 22:40:52 

    >>188
    今で言えば中学生くらいで無理やりですよね。
    かわいそう。

    +60

    -1

  • 246. 匿名 2020/08/21(金) 22:41:13 

    >>96
    ヘレン・ケラーさえも、この人の不遇さに涙して尊敬します、と抱き締めたと言う話がありますね。

    +112

    -1

  • 247. 匿名 2020/08/21(金) 22:42:58 

    >>1
    半襟はこんなにキッチキチに合わすものなの?
    首長いんだろうにもったいない

    +11

    -7

  • 248. 匿名 2020/08/21(金) 22:51:53 

    このトピ勉強になります。恥ずかしながら今まで知らなかった方が何人もいて検索してWikipedia見たりで本当に波瀾万丈だなと思いました。

    +67

    -1

  • 249. 匿名 2020/08/21(金) 22:55:21 

    >>243
    そう、あの顎が目立つカルロス2世
    兄弟は6人いたんだけど、大人になるまで生きていたのは姉のマルガリータ王女と末弟のカルロス2世のみ。
    姉は近親交配の影響は比較的出なかったし親に溺愛される美しい王女だったけど、体が弱く妊娠出来る体じゃなくて21歳で短命
    (この有名な絵の真ん中のお姫様がカルロス2世の姉だとは知らなかったから驚いたよ)

    近親交配の歪さが全て背負ってしまったカルロス2世は親に疎まれて育ち、ヨダレを垂らすのを見られたくないと普段は隠されてどうしても人前にはベールを被して育ったらしいよ
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +77

    -0

  • 250. 匿名 2020/08/21(金) 22:56:47 

    >>174
    溥儀は無責任過ぎるよ
    まだ天津にいる時も溥儀は妻たちを置いてどこかに逃げようとしなかったっけ?
    いくらゲイでも縁あって夫婦になった家族(妻)を見捨てるなんて非道過ぎる

    +81

    -0

  • 251. 匿名 2020/08/21(金) 22:58:02 

    >>212
    この人のドキュメンタリー見たけど子供を厳しく教育したり恋愛に口出しでギクシャクして、晩年はほとんどの子供と疎遠だったって。
    あとこの人じゃないけど日本人の貴族妻さんがパーティによばれて、うっかりその家のドアを自分で開けたらもうハウスキーパー扱いしかされなかったと。大変だよね。


    +60

    -0

  • 252. 匿名 2020/08/21(金) 22:59:23 

    >>231
    大正天皇もそうだったんじゃないかってエピソードあるよね
    帝国議会で勅書を読んだあと、勅書を丸め、望遠鏡に見立てて遊んだことから、「陛下が発狂した」と大騒ぎになった遠眼鏡事件がある
    身体も弱かったしこのまま血族結婚繰り返してたら大変なことになったとは思う

    +92

    -23

  • 253. 匿名 2020/08/21(金) 23:15:46 

    下田歌子

    +3

    -0

  • 254. 匿名 2020/08/21(金) 23:22:50 

    >>198
    纏足は漢民族の文化だから、満州族は纏足してないはずだよ
    写真の構図の問題か、身分が高いから?

    +66

    -4

  • 255. 匿名 2020/08/21(金) 23:22:54 

    真っ先に浮かんだのは高橋是清
    留学のつもりで行ったアメリカで売られて奴隷身分からの日本帰国で大蔵大臣と首相を経験するなんて波乱万丈すぎる

    +73

    -0

  • 256. 匿名 2020/08/21(金) 23:28:12 

    >>125
    大村益次郎からは医学は学んでないから、書き方に語弊があるかな。

    +8

    -0

  • 257. 匿名 2020/08/21(金) 23:30:19 

    >>252
    望遠鏡のことは一度間違えて渡したことがあったから確認のために覗いただけ
    知能に問題があったらフランス語と英語の読み書きが完璧にできるようになると思う?
    因みにフランス語は直筆が残ってて、宛先はフランス人

    +117

    -8

  • 258. 匿名 2020/08/21(金) 23:33:28 

    大石順教

    十代で踊りの名取になる程の才能と、美貌があり、「妻吉」の名前で大阪のお茶屋の芸妓(養女)になった。
    そこの主人(養父)の嫁が若い男と駆け落ちし、主人は狂って、妻吉を含めた6人を切って自首。
    妻吉は両腕を切り落とされながら一命を取り留めた。
    その後は腕の無い芸妓として見世物にされながらも、籠の中のカナリアが一生懸命生きている姿を見て、
    手がなくても生きていける、と、口に筆を加えて、学校に行った事もないので、文字を覚える事から練習した。
    辛くてお寺の住職に尼僧になりたいと言うと、
    「結婚して、子供を産んで、色々経験した後でまた来なさい」と言われて結婚、出産。
    夫を持つ幸せを感じていたら、夫は若い女と浮気。。そして離婚。
    子供を抱えて上京。関東大震災で被災。
    自身も原因不明の病にかかって願掛けで治癒。
    そして尼僧になり、自分の腕を切り落とした養父の遺骨を引き取って、自分のお寺で供養していたそうです。
    「お父ちゃんに会いたくなった」と言ってお墓に行ったそうです。
    どんな辛い目にあっても立ち上がって、優しさを捨てない生き方は誰にでもできる事じゃないんですよね。
    お孫さんがテレビでサッカーを見てる横で順教さんが「手も使わんで足だけで球を蹴って行儀が悪いなぁ」
    「おばあちゃん、こういう競技よ」と言ったら
    「じゃあおばあちゃんはサッカー選手になるわ」と言ったエピソードが好きです。
    「心の障害者になってはいけない」とも言っていました。

    私も辛い時、順教さんを思うとちょっと前を向けます。


    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +111

    -1

  • 259. 匿名 2020/08/21(金) 23:34:42 

    >>83
    じゃがたらお春って、ジャカルタで東インド会社の社員と結婚して子供にも恵まれ、夫は出世してかなり裕福な暮らしだったんだって
    故郷を追われて二度と戻れなかったのはかわいそうだけど、泣いてばかりいないで頑張って生きたんだと思う

    +103

    -0

  • 260. 匿名 2020/08/21(金) 23:35:24 

    明治時代を生きたマッサンや青木周蔵の外国人嫁は大変だっただろうね
    逆に青山光子など外国に嫁いだ人も

    +65

    -0

  • 261. 匿名 2020/08/21(金) 23:35:55 

    >>256
    ああオランダ語だもんね
    ありがとう

    +14

    -0

  • 262. 匿名 2020/08/21(金) 23:36:31 

    秀頼の嫁(家康の孫娘)は三回ぐらい結婚してるんだっけ?
    戦国時代の女性で一番波乱万丈なのではないかな

    +14

    -2

  • 263. 匿名 2020/08/21(金) 23:37:23 

    高橋是清

    +3

    -0

  • 264. 匿名 2020/08/21(金) 23:44:25 

    寺崎マリ子さんもなかなか
    かなり前にドラマの題材にもなったんだって

    +3

    -2

  • 265. 匿名 2020/08/21(金) 23:44:26 

    >>96
    子どもが図書館で借りてきた児童書の伝記を読んだけど本当に努力の人、不屈の人だった。
    お母さんが手足が無いのを言い訳にするなと何でも自分でできるように厳しく育てて、肘より上までしか腕がないのに、子どもの頃に縫い物までできるようになっていたって。

    +107

    -2

  • 266. 匿名 2020/08/21(金) 23:48:41 

    >>138
    今は有名どころ以外消えてるけど、昔はwikiの明治天皇のお妃の項に、側室がもっとたくさんいた
    それも十代の女の子たちで、帝のおそばに上がってめでたく妊娠したものの難産で命を落としていた

    まあwikiだけど、本当だとしたら男子がいなくて周囲が焦ってどんどん側室入れたのかな
    体が出来上がらないうちの妊娠出産は危険だと思うけど、若ければ若いほどいいと思ったのかな

    +57

    -3

  • 267. 匿名 2020/08/21(金) 23:56:53 

    「ペティコート事件」の主役となったペギー・イートン(1799-1879)

    宿屋の娘として社交的で魅力的な女性に育った。ある少年が彼女が原因で自殺したり、二人の男性が彼女をめぐって決闘を演じたり、ある男性と駆け落ちを試みて失敗したりしているが、これはすべて最初の結婚をする16歳以前の話

    16歳の時に海軍将校ティンバーレイクと結婚
    しかし28歳の時にティンバーレイクが勤務先で急死してしまう

    29歳の時に前の夫の死からわずか7か月ぐらいでジョン・イートン議員と再婚
    夫のイートンはアンドリュー・ジャクソン政権の陸軍長官となったが
    他の閣僚夫人が不倫の末の結婚と疑って、しかも美貌溢れるイートン夫人に嫉妬して
    イートン夫妻を正式な閣僚夫妻と認めずに
    社交パーティーでシカトしたり政権内で孤立させる「ペティコート事件」発生
    結果、ジャクソン政権の全閣僚が総辞職に陥る事態となる

    イートンはその後議員に再選されることにも失敗して、フロリダ州知事やスペイン公使を
    務めた後に、彼女が56歳となる1856年に死去

    2人目の夫の死から3年後の1859年6月7日、59歳になっていたペギーは孫娘エミリーの社交界デビューのために雇っていた19歳のイタリア人のダンス講師、アントニオ・ガブリエル・ブチアーニと3度目の結婚をした。この時に訪れた記者達は彼女の外見の魅力を語った。ある記者は彼女の美しく、燃えるような目の煌きと輝きを絶賛している。

    この結婚生活は1866年にブチアーニがペギーの財産のほとんどを盗み、彼女の17歳の孫娘エミリーと一緒にイタリアに逃亡したことで終わりを迎えた。1869年にブチアーニとペギーの離婚が成立。その後にブチアーニはエミリーと結婚した。

    ペギーは晩年を孫息子のジョンと一緒に過ごした。そして、貧困と長い闘病生活に苦しんだ末、1879年に亡くなった。享年79歳であった。

    +49

    -1

  • 268. 匿名 2020/08/22(土) 00:10:01 

    >>49
    旦那の曾祖母がその中の1人です。クリスチャンに改宗して、娘の一人はアメリカに嫁ぎました。知らずに結婚したのでびっくりしました。

    +81

    -1

  • 269. 匿名 2020/08/22(土) 00:13:55 

    >>258
    昔、この人のドラマがあって市原悦子さんが演じてなかったですか?
    当時子供で知らなくて怖かった記憶があります。

    +32

    -1

  • 270. 匿名 2020/08/22(土) 00:22:02 

    >>35
    小野田さん、和歌山に碑がありますね。
    地名にもなってる。

    +33

    -2

  • 271. 匿名 2020/08/22(土) 00:34:37 

    >>191
    実は満州国の皇后時代に出産しているんです
    でも自分の子供ではないと溥儀がその乳児をボイラーに投げ込み燃してしまった‥

    その辺から婉容は廃人同様の生活をするようになってしまったようです

    +98

    -2

  • 272. 匿名 2020/08/22(土) 00:38:06 

    >>250
    溥傑と一緒に日本に逃げる予定じゃなかったっけ?
    女性陣は陸路で脱出で男性陣は空路。だから浩さん達と婉容は一緒に逃げた。日本軍の指示とかもあったかもしれないので逃亡に関しては無責任とは言い切れないかも。ゲイで嫁の扱いがアレだったのは別として…

    +46

    -3

  • 273. 匿名 2020/08/22(土) 00:42:36 

    >>266
    それもそうだし、若いと例え最初の子供が育たなくても次があるから断絶の危険性が下がるってのもあると思う。
    明治天皇は皇后が不妊症だったから皇后との子供は望めず、側室の子も中々育たず、更には父親が早逝していて兄弟もほぼいないので、真面目に明治天皇が子孫残せるだけ残さないと皇統が危うかったのではなかったっけ。

    +55

    -0

  • 274. 匿名 2020/08/22(土) 00:46:01 

    ナポレオンの部下のベルナドット
    人柄を見込まれてスウェーデン王になって、現在も彼の子孫が王位を受け継いでるってすごい。

    +15

    -0

  • 275. 匿名 2020/08/22(土) 00:59:52 

    >>255
    私も同じ。ダルマさんこと高橋是清が浮かんだ。

    総理大臣よりも大蔵大臣のイメージがものすごい強い人だよね。
    昭和恐慌で、片面しか印刷してない紙幣を大量に配るとか、波乱万丈な人生経験が政策にもあらわれてる。

    最期は2・26事件で殺されてしまったんだけと、江戸東京たてもの園に是清さんの家が移設されていて、事件の時の銃痕が残ってて生々しかった。

    +50

    -2

  • 276. 匿名 2020/08/22(土) 01:03:54 

    チェ・ゲバラ

    +7

    -1

  • 277. 匿名 2020/08/22(土) 01:06:37 

    浜田彦蔵(ジョゼフ彦)
    漁師だったが遭難してアメリカの商船に助けられてそのままアメリカへ。
    努力し英語を覚えて、後年は通訳などもつとめる。日本人ではじめてアメリカの市民権を与えられた。

    +38

    -0

  • 278. 匿名 2020/08/22(土) 01:18:02 

    >>273
    皇后は本当に不妊だったのかな
    あれだけ側室が産褥で亡くなっているところを見ると、もしかして産ませなかったのかなとも思った

    +43

    -0

  • 279. 匿名 2020/08/22(土) 01:18:19 

    >>21
    私も大河でやってほしいです。

    +19

    -0

  • 280. 匿名 2020/08/22(土) 01:18:48 

    >>66
    それリアルタイムでも見てたんですけど、またみたいんです!
    竹野内豊と常盤貴子のじゃないでしょうか?
    レンタルもプライムもないので見れなくて!
    何で見ました?

    +24

    -0

  • 281. 匿名 2020/08/22(土) 01:25:20 

    >>197
    遠藤周作?

    +1

    -0

  • 282. 匿名 2020/08/22(土) 01:37:40 

    >>10
    31歳だったね

    +2

    -3

  • 283. 匿名 2020/08/22(土) 01:38:52 

    >>111
    宇田川満代のモデルじゃないかって言われてる宇野千代もかなり波乱万丈な人だよね
    あの時代の女性の文豪って破天荒な生き方な人が多い

    +30

    -0

  • 284. 匿名 2020/08/22(土) 01:39:44 

    >>240
    そうそう安藤サクラとかがイメージ

    +5

    -2

  • 285. 匿名 2020/08/22(土) 01:45:37 

    >>34 どっちが主役か分からない感じだったね。
    花子は?赤毛のアンは?どこ?って感じ。
    ドラマチックだし仲間由紀恵が圧倒的に美しくて仲間由紀恵の蓮様目当てになってしまった。
    柳原白蓮さんも美しくてドラマチックな方なのね。

    +90

    -2

  • 286. 匿名 2020/08/22(土) 01:48:40 

    >>179
    確かに見てみたいーー!
    日本に帰ってきて、晩年はあまり華々しい感じでもないからそこも大河的には弱いよね〜

    +8

    -2

  • 287. 匿名 2020/08/22(土) 01:52:22 

    >>203
    皇后さま自身がお姫様とかって本当に夢があるよね。香淳皇后のお母様は島津家のお姫様でしょう?そう思ったら、もう今の皇室は平民の出の人ばかりなんだね。敬うことに変わりはないけど

    +49

    -0

  • 288. 匿名 2020/08/22(土) 01:53:03 

    >>138
    えー!全然その辺詳しくなくて、明治から一夫一妻制になりました、そのお手本が明治天皇夫婦でしたって言うのを今まで信じていた!!

    +6

    -5

  • 289. 匿名 2020/08/22(土) 01:54:29 

    >>250
    そう、海外に留学しようと裏でこっそりと画策していた。

    +2

    -5

  • 290. 匿名 2020/08/22(土) 01:57:05 

    芸術家・岡本太郎の母、岡本かの子。

    大地主の家に生まれ、十代で歌人デビュー。
    21歳で漫画家の岡本一平と結婚し太郎と長女を出産するも、一平の放蕩癖や兄と母の死で神経衰弱になり精神病院に入る。退院後、長女を亡くし失意のうちに自身の崇拝者であった学生の堀切茂雄を一平の同意の元、同居させる。
    茂雄との子を出産するもすぐに死去。
    その後、改宗や欧米への渡航を経て帰国後に川端康成の紹介で文壇デビュー。
    最期は湯壺の宿にある青年と滞在中に脳溢血で倒れ、かの子と男女関係のあった新田亀三に介抱されながら49歳で死去。
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +28

    -0

  • 291. 匿名 2020/08/22(土) 02:06:40 

    森長可と水野勝成
    前半は森長可、後半は水野勝成の大河ドラマを
    いつか作って欲しい
    でも放送事故みたいな人生なので放送できない

    +5

    -0

  • 292. 匿名 2020/08/22(土) 02:28:41 

    野口英世
    天才かつ白人女性を孕ませた異端児
    勝ち組すぎる!

    +3

    -16

  • 293. 匿名 2020/08/22(土) 02:31:14 

    >>23
    まだご健在です

    +5

    -1

  • 294. 匿名 2020/08/22(土) 02:42:52 

    宮尾登美子先生

    +3

    -2

  • 295. 匿名 2020/08/22(土) 02:49:18 

    >>132
    すごい知識だね!めちゃめちゃわかりやすい解説ありがとう。

    +110

    -1

  • 296. 匿名 2020/08/22(土) 03:05:44 

    >>1
    妻に駆け落ちされたのに、一度は愛した女だからと、一切の怨み言もこぼさずに許した伊藤伝右衛門も並の人物じゃない。

    +211

    -3

  • 297. 匿名 2020/08/22(土) 03:28:57 

    >>78
    どんな雰囲気だったの?((((;゚Д゚))))

    +8

    -1

  • 298. 匿名 2020/08/22(土) 03:40:04 

    >>46
    戦国の大名の娘に生まれちゃったら、それはもう生まれながらの戦闘員ですよね。(家的な意味で)
    スパイ的な役目もあるし、何のために嫁ぎ、子を産むかの教育もされてるんじゃないだろうか。

    +77

    -0

  • 299. 匿名 2020/08/22(土) 03:42:46 

    >>120

    故・新藤兼人監督の《北斎漫画》観てみてください。
    1981年・松竹作品。いろいろ昭和らしい映画で見応えあります。
    画狂人・北斎こと鉄蔵に緒形拳
    その娘は田中裕子
    鉄蔵の友人で戯作者の馬琴が西田敏行
    豪華なキャスティングです。

    +13

    -0

  • 300. 匿名 2020/08/22(土) 03:46:19 

    >>85
    それは違う。
    ずっと不衛生な環境で、歩けず病気でも装置され続けた。
    やっと、助けが入った時、牢屋は糞尿でまみれ、苦しんで亡くなった。

    +72

    -0

  • 301. 匿名 2020/08/22(土) 03:58:26 

    >>294
    ああ、確かに。数々の女に人生書いた先生の人生もドラマチックだよね
    お父さんは女衒でその職業を昔はよく思ってなかったけど、のちにそれが先生の作品の糧となる
    終戦当時は満州>>294
    ああ、確かに。数々の女に人生書いた先生の人生もドラマチックだよね
    お父さんは女衒でその職業を昔はよく思ってなかったけど、のちにそれが先生の作品の糧となる
    終戦当時は満州にいて引きあげの時は相当苦労したようだし、売れっ子作家になったのは50歳過ぎてからだもんねえ
    作品読み倒した者としては先生の生涯ドラマで見たいけど朝ドラにだけはしてほしくないw

    +9

    -4

  • 302. 匿名 2020/08/22(土) 04:00:02 

    >>301
    すみません
    前半一部重複しました

    +18

    -0

  • 303. 匿名 2020/08/22(土) 04:09:14 

    >>246
    ヘレンケラーは家が裕福じゃなかったらあそこまでにはならなかっただろうと思う

    +94

    -0

  • 304. 匿名 2020/08/22(土) 04:11:16 

    >>299
    その映画のことは知ってますが緒形拳と田中裕子でエロチック過ぎと敬遠してました

    +6

    -0

  • 305. 匿名 2020/08/22(土) 05:03:31 

    >>25
    25回お見合いに失敗した後、やっとお見合いに成功し婚約者がいたのに
    皇太子と出会った後、あっさり婚約を解消し昭和の皇太子に乗り換えたからじゃない?
    この件は当時の国会でも問題になってるよ。
    第31回国会 衆議院 内閣委員会 第5号 昭和34年2月6日参照

    https://kokkai.ndl.go.jp/#/detail?minId=103104889X00519590206¤t=203

    +142

    -11

  • 306. 匿名 2020/08/22(土) 05:11:17 

    >>287
    平民といっても、信子様も久子様も雅子様も上流の出ですけどね。
    信子様は、母方をたどると藩主に行き着くし
    久子様は母方と辿ると公家だし
    雅子様は士族の出で、特に母方は明治から~昭和の歴代天皇や皇族と縁が深い家。
    華子様と百合子様は、華族で世が世なら藩主のお姫様ですし。

    +55

    -13

  • 307. 匿名 2020/08/22(土) 05:20:52 

    >>198
    皇后と同時に側室もめとるんだけど、皇帝はわざと不細工を選んだの。周りを困らせるため。
    もう子どもの時から女性たちに手を出されてるから男色傾向になってた。
    その側室は後にダンスホールで出会った英国人(と思う)と逃げるから、纏足じゃないよ。

    この側室だけいくらか幸せ。皇后とも仲良くできてた人だった。

    +49

    -1

  • 308. 匿名 2020/08/22(土) 05:26:12 

    >>170
    一時期すごくCMをやっていたね。
    あまり評判良くなかったのはなぜ?
    (親から良く言われなかった人が多い気がする)

    +44

    -1

  • 309. 匿名 2020/08/22(土) 05:27:53 

    >>52
    違う。少女マンガは身分の高いのメインの作品多いからそう思えるだけで、カムイ伝とか青年漫画は穢多非人とか身分が底辺のもあるが、彼らに苦しみは、上流階級の「好きな人と結婚できないアタクシ不幸」
    「好きな職につけない俺っち不幸」「継母にいじめられたアタクシ不幸」何かと比べ物にならない
    穢多非人は食べ物は牛の死骸、農民も苦しいがその農民からいじめられても文句言えない、女性は若くてきれいだとレイプ、セクハラ当たり前
    上流階級のアタクシ俺っち不幸だよんとは比べ物にならない。

    +68

    -0

  • 310. 匿名 2020/08/22(土) 05:43:09 

    このトピ、匿名で芸能人やら一般人に悪態ついてる人達にこそ読んで欲しいわ。どれだけ自分が矮小なことしてるかって思い知らせでやりたい。

    まあ、そう言う人達は自分の行いを悔い改めたり、学ぶ姿勢がないからこのトピ開きもしないんだろうけど。

    +24

    -1

  • 311. 匿名 2020/08/22(土) 05:46:55 

    >>308
    競艇だから

    +4

    -1

  • 312. 匿名 2020/08/22(土) 06:22:25 

    >>308
    この人は売国奴。偽善者どころじゃない。全部CIAの報告にある。
    親の勘で子どもに近づかせたくないと思ったのかも。
    この人のおかげで韓国版CIA(KCIA)や統一教会が日本で暗躍できた。
    反共なんだけどチェルノブイリのニュースに「神の思し召し!」と言うような人。

    +43

    -0

  • 313. 匿名 2020/08/22(土) 06:57:01 

    >>165
    林真理子の白蓮れんれん読んだときは、白蓮にちょっと同情してたけど、吉村明美の悲劇の女王読んだときに視点が変わると、本当はこうだったのかもと思うようになった。

    +55

    -1

  • 314. 匿名 2020/08/22(土) 06:57:55 

    >>253
    今の実践女子学園などを創設した近代女子教育の先駆者。
    下田歌子は士族の娘で宮中では最下級の階級からのスタートでしたが和歌の才能に秀でていたことから、明治の皇后さまに寵愛され、結婚により宮中を一旦去った歌子ですが、皇后の推薦で創設された華族女学校の教授に迎えられ明治天皇の皇女の教育も任されるまでになりました。

    皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)の妃候補の中で、九条節子(貞明皇后)を皇太子妃に推したのは歌子でした。
    幼少期豪農の家に里子に出され『九条の黒姫様』(くじょうのくろひめさま)と呼ばれるほど逞しい育ちの節子は、病弱な嘉仁皇太子(後の大正天皇)の健康を気遣いながらも迪宮裕仁親王(のちの昭和天皇)はじめ4人の親王を挙げました。

    +24

    -0

  • 315. 匿名 2020/08/22(土) 07:07:10 

    >>126
    処刑された女性は身代わりで、実は某所のお寺で尼として生きていた。
    幼い頃、その川島芳子に遊ん貰ったという人物の証言があって信憑性が高いとされ、やはり彼女は生きていたと新聞で読みました。
    もちろんもう亡くなってはいますが、調べれば出てくると思います。

    +75

    -1

  • 316. 匿名 2020/08/22(土) 07:45:35 

    東條英機と、孫の女性

    +2

    -2

  • 317. 匿名 2020/08/22(土) 07:47:19 

    >>20
    宝塚で山田長政を主人公にした「メナムに赤い花が散る」を見たことがあります。

    +9

    -0

  • 318. 匿名 2020/08/22(土) 07:47:35 

    >>280
    私も別トピで思い出して、先々週見ました!2週間前はYouTubeで観れましたよ(^^)!

    +10

    -1

  • 319. 匿名 2020/08/22(土) 08:24:15 

    >>251
    光子は自分の無学を恥じて、語学(フランス語・ドイツ語)や礼儀作法などを家庭教師を付けて猛勉強したらしいから、自ずと自分の子供にも厳しくなって煙たがられてしまったんだろうね。
    再び日本の地を踏むことはなかったけど、時折ウイーンの日本大使館に出かけて大使館員らと話をしたり、日本から送られてきた新聞や本を読むのを楽しみにしていたんだって。

    +54

    -0

  • 320. 匿名 2020/08/22(土) 08:42:07 

    >>112
    兄がゲイ??
    ゲイで相手と手切れ金で揉めるような人なのに
    離縁した妹を家に泥塗ったって
    幽閉??どっちがよ……って思うけど
    男色は昔からあるからな……。
    今の時代は割とオープンになったって言うけど
    昔はもっと立場が狭かったんじゃないのかな?

    +46

    -0

  • 321. 匿名 2020/08/22(土) 08:50:07 

    >>1
    派手ではないが凄く綺麗で、妖艶な雰囲気のある人
    それでいて、自分をしっかりと持ち活動的
    こんな人が身近にいたら、良くも悪くも影響されてしまう人は沢山いると思う

    +27

    -0

  • 322. 匿名 2020/08/22(土) 08:53:07 

    >>276
    元々お医者さんなんだよね
    革命家繋がりで孫文も元医者

    +8

    -0

  • 323. 匿名 2020/08/22(土) 08:58:54 

    >>274
    ナポレオンの元婚約者のデジレ・クラリーの旦那だよね。人柄云々もあったかもだけど、捨てた元婚約者への配慮がそれなりにあったんじゃないかなとか思った。

    +6

    -2

  • 324. 匿名 2020/08/22(土) 09:03:58 

    ミツコで思い出したのがナタリア ボディアノヴァ。
    ゲランの有名な玉のパウダーの広告をしてた。香水のミツコもゲラン。
    ロシアの貧しい出からスーパーモデルになって玉の輿を2回、と思ったら…

    最初の夫って貴族じゃないの。貴族の愛人の子。日本のマスコミに騙されてた!
    今のパートナー(ルイヴィトンのグループの御曹司)と交際が始まって知った。
    キリスト圏のこともあって愛人の子は別格に扱いが違うの。

    彼女の容姿って大好きなんだけどロシアのFIFAワールドカップの表彰式に出た時、
    横の元サッカー選手の男性に比べて人格の厚みみたいなものが違うように感じられた。



    +1

    -3

  • 325. 匿名 2020/08/22(土) 09:22:28 

    >>164
    赤毛のアンの翻訳者村岡花子。
    父親が利発なはなに過剰な期待をかけ、10歳のはなを東洋英和女学校に給費生としての編入学を実現させる。
    一方、家族の生活は困窮しており、8人きょうだいのうち高い教育を受けたのは長女のはなのみで、他の弟妹は養子や奉公などで家を出されている。はなの入学は、弟妹たちの犠牲の上に成されたものであった。

    +75

    -1

  • 326. 匿名 2020/08/22(土) 09:29:57 

    >>61
    大奥華の乱では江波杏子さんがやってたね。

    +9

    -1

  • 327. 匿名 2020/08/22(土) 09:38:42 

    >>99
    官兵衛で桐谷美玲が演じた、だしの最期は美しかった。

    +13

    -0

  • 328. 匿名 2020/08/22(土) 09:41:39 

    >>252
    大正天皇は本が出されるくらい漢詩人としても名高い方だよ。知能に問題あるならこんな漢詩は書けないわ。
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +69

    -1

  • 329. 匿名 2020/08/22(土) 09:52:07 

    >>306
    うーん、それは知っていますが、私が言ってる意味とは違います。

    +10

    -5

  • 330. 匿名 2020/08/22(土) 09:53:24 

    >>1
    林真理子の、この人がモデルの本
    おもしろいよ
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +49

    -0

  • 331. 匿名 2020/08/22(土) 09:53:32 

    >>324

    +9

    -0

  • 332. 匿名 2020/08/22(土) 09:57:55 

    >>323
    ベルナドッテもだけど、デジレはまさにこのスレにピッタリだなあ。

    ただの商家のお嬢様だったのが、姉がコルシカの亡命貴族と結婚したから流れでその弟のナポレオンと婚約。
    でもナポレオンはジョセフィーヌに目移りしたので破談して、その同僚のベルナドッテと結婚。
    その夫は戦争で活躍するうちに、国王の後継者を探していたスウェーデンから誘いが来て国王に即位して王妃に。
    ちなみに一人息子の嫁はジョセフィーヌの孫だけど、嫁姑仲は良かったそうです。

    +18

    -0

  • 333. 匿名 2020/08/22(土) 09:58:35 

    >>96
    恨み言を口にせず、私も頑張ろう。

    +36

    -0

  • 334. 匿名 2020/08/22(土) 10:00:52 

    >>332
    スレじゃなくてトピでした。

    +6

    -0

  • 335. 匿名 2020/08/22(土) 10:04:53 

    >>14
    どんな波乱万丈な人生だったのでしょうか!!昔、小泉八雲旧居に行ったことがあったので気になりました!!私は昔の建物が好きで、小泉八雲をあまり詳しく知らないまま行ったので…。(^_^;)

    +22

    -0

  • 336. 匿名 2020/08/22(土) 10:08:56 

    >>286
    え!通訳として咸臨丸に乗ったり結構活躍してますよ
    充分ドラマになりうると思いますが

    +17

    -0

  • 337. 匿名 2020/08/22(土) 10:10:33 

    >>70
    頑張って反対運動してほしかった。国会でも議題に上がるくらいだったから同じ思いの人はたくさんいたはず。そしたら現在の惨状は無かったのだから。

    +81

    -5

  • 338. 匿名 2020/08/22(土) 10:13:13 

    >>296
    この時代に、白蓮さんがパンが好きだからと、わざわざ門司からパンを取り寄せてたりしたんだよね。
    言葉遣いとかは当時の筑豊の男性だから口も悪かったかもしれないけど、白蓮さんにしてあげられることはやってあげてたんだよね。
    女学校も作ったりして。

    +130

    -1

  • 339. 匿名 2020/08/22(土) 10:14:54 

    >>249
    ベラスケス好きっ♪

    +5

    -0

  • 340. 匿名 2020/08/22(土) 10:18:59 

    >>1
    不倫相手の宮崎氏と一緒になって、晩年はウチの近くに住んでいたと亡くなった祖母から聞きました。
    二人で歩いていて、今でこそ「あぁ、あの!ヒソヒソ」でしょうが、当時はもっと厳しく白い目で見られていたそうですよ。



    +89

    -0

  • 341. 匿名 2020/08/22(土) 10:30:22 

    >>163
    いくら没落しても娘売るって
    底辺のサラリーマン家庭でも風俗に娘売らんわ
    それだけ家族に愛がなかったね

    +14

    -2

  • 342. 匿名 2020/08/22(土) 10:31:47 

    >>340
    当時伊藤伝右衛門さんが訴えれば二人は姦通罪に問われる時代。
    しかし伝右衛門さんは妻の駆け落ちに対して「末代まで一言の弁明も無用」と口を閉ざし、財界人としてなお一層精力的に働きを続けた。
    炭坑一筋で無学の伝右衛門さんと比べ、東大出のインテリで年下の宮崎龍介に白蓮は心惹かれたのでしょうが、済んだ事をグジグジ言わない伝右衛門さんは器の大きい男性ですよね。

    +180

    -1

  • 343. 匿名 2020/08/22(土) 10:35:45 

    >>16
    肌メチャ汚いね
    こういう感じがキャーキャー言われてたんだね

    +38

    -1

  • 344. 匿名 2020/08/22(土) 10:37:47 

    >>215
    わたしも殺人&後追い自殺の説で考えてます

    +22

    -1

  • 345. 匿名 2020/08/22(土) 10:41:26 

    >>137
    オスカルみたいなの想像してて写真みてガッカリした
    昔黒木メイサがやっててカッコよかったよ

    +11

    -2

  • 346. 匿名 2020/08/22(土) 10:42:49 

    >>315
    身代わりにされた人が可哀そうすぎる

    +57

    -1

  • 347. 匿名 2020/08/22(土) 10:45:17 

    >>1
    若い頃の倍賞千恵子に少し雰囲気似てるね。

    +5

    -3

  • 348. 匿名 2020/08/22(土) 10:46:20 

    >>1
    少しだけ若い頃の倍賞千恵子さんが似てる
    きれいな人

    +10

    -2

  • 349. 匿名 2020/08/22(土) 10:55:27 

    >>170
    前にガル民でIQが高すぎたが為にこの人に人身売買させられそうになった人いたよね?
    かなりボカして書いてたんだけど、分かっちゃった人がいて「きゃー!分からないと思ってました!通報で消してください!」ってなってマジで命がヤバイかもしれないからみんなで消したやつ
    覚えてる人いる?

    +40

    -0

  • 350. 匿名 2020/08/22(土) 11:00:55 

    >>46
    満州やソ連から逃げ遅れた女性が生きるために現地のおじいさんと愛の無い結婚をした
    という話を聞いて 結婚というのは職業の位置づけかと思った 
    そういえば永久就職と言いますね 今の時代きくと随分馬鹿にした話だと思いますが・・・

    誇りと使命を持ってそれなりの家に嫁いだでしょうから親や時世に振り回されるガチャ就職だったんですかね

    +44

    -2

  • 351. 匿名 2020/08/22(土) 11:04:46 

    >>31
    ラストエンペラー?
    奥さん可哀想

    +25

    -0

  • 352. 匿名 2020/08/22(土) 11:08:03 

    >>1
    白蓮のこの写真、キツそうな性格してるなと思う。上品で楚々として綺麗なんだけど内に秘めてるものがあるというか。美智子様の婚約はなぜあんなに反対したのかな。

    +66

    -3

  • 353. 匿名 2020/08/22(土) 11:12:25 

    >>309
    そう思う
    インドやパキスタンの不可触民に対する残虐行為が 
    「あれ?なんで海外でニュースになるの?あいつらムシケラ以下なんだから当たり前やん」
    で済まされているのを見るにつけ どこの国でも日本でもそうだったんだと分かる

    借金を踏み倒す公家になぜか頑張って働いた金を巻き上げられた被害者側の商人が頭下げる
    俺は公家なんだからこれは俺が気に入ったんだから俺のものだ と平民からの略奪行為が許される

    正直 お前らの政略結婚ごとき悲劇でもなんでもないわい と言いたい

    +74

    -0

  • 354. 匿名 2020/08/22(土) 11:12:52 

    >>102
    主演はもちろん劇団ひとりだねw

    +1

    -3

  • 355. 匿名 2020/08/22(土) 11:14:36 

    小学校卒の学歴ながら料理の腕だけで帝国ホテルの取締役総料理長になった村上信夫。戦争とシベリア抑留を生き延びて帰って来て、東京五輪の料理の統括をしたりスウェーデンのスモーガスボードをバイキング料理として日本に紹介した人。

    +50

    -0

  • 356. 匿名 2020/08/22(土) 11:14:52 

    >>286
    個人名だして申し訳ないが 金栗四三さんより視聴率とれそうである・・・

    +8

    -0

  • 357. 匿名 2020/08/22(土) 11:15:46 

    >>5
    は?www

    +4

    -1

  • 358. 匿名 2020/08/22(土) 11:22:18 

    >>102
    海外ロケしなくていいよ
    ハーフや舶来タレ総出で 
    パックン ジェーソン 行雄 ダレノガレ トリンドル 城田 ウエンツ 草刈 副島 アントニー
    バラエティになりそうで期待

    +21

    -1

  • 359. 匿名 2020/08/22(土) 11:23:32 

    >>59
    みてないのにしてほしいって・・・なんで?

    +20

    -1

  • 360. 匿名 2020/08/22(土) 11:25:44 

    >>358
    大河ドラマもたまには平安時代とかやって欲しい。藤原道長とか。紫式部が語り手で宮中の政治闘争やサロンを実写するのはどうだろう。

    +56

    -0

  • 361. 匿名 2020/08/22(土) 11:30:22 

    >>252
    それやめてあげて。息子であられる昭和天皇は否定されてるよ。

    +66

    -1

  • 362. 匿名 2020/08/22(土) 11:31:43 

    >>101
    詳しい説明ありがとう
    出生しか取り柄の無い女 やだわー

    +74

    -3

  • 363. 匿名 2020/08/22(土) 11:33:32 

    >>360
    衣装ステキ♪
    大女優総出で
    顔の乃木坂だらけになりそうw

    +18

    -0

  • 364. 匿名 2020/08/22(土) 11:33:50 

    >>354
    確か北村一輝さんが大河でやって欲しい。もちろん自分が演じたいと言ってましたよ

    +6

    -0

  • 365. 匿名 2020/08/22(土) 11:40:51 

    >>72
    自分の経験から、身分違いの結婚はうまく行かないっていう思いもあったみたいね。身分が違うと異世界だもんね。実際美智子様もご苦労されたみたいだし。
    伊藤さんはお金はあっても文盲だったらしいから、華族出身で和歌を詠む白蓮さんにはつらかったろう。

    +49

    -3

  • 366. 匿名 2020/08/22(土) 11:45:25 

    >>132
    家族を沢山殺されて挙句人間宣言って何よ いや最初から神なんかじゃないってわかってたさ
    神だからってテイでこちらの命搾り取ったんだろがよ 

    という御遺族の気持ちわかるわー
    天皇制を反対出来るくらい自分達のじっちゃんばっちゃんが自由を持てていたことは救いだ

    +57

    -10

  • 367. 匿名 2020/08/22(土) 11:51:29 

    >>133
    財産目当てで嫁いで来て散財したくせに
    あんたたちとは人種が違うんでー 
    と鼻持ちならんかったら嫌だろなー

    +44

    -2

  • 368. 匿名 2020/08/22(土) 11:54:56 

    >>296
    筑紫の女王って言われて白蓮さんのサロンのために立派な洋館立てて…
    それまで朝食は和食だったのに毎回、洋食に変えた。

    白蓮さんは伊藤伝右衛門を成金のひひ爺みたいに非難したが一切、白蓮さんに恨み言をこぼさず。
    白蓮さんの家に援助した莫大なお金を返せとも言わず… 
    白蓮さんは夫の病気のための講演会や本でガンガン稼いで…夫が治ってからは治ったと言わずにやはり病気ネタで稼いで…

    儚げな顔してなかなかのお人ですよ。

    +117

    -2

  • 369. 匿名 2020/08/22(土) 11:56:07 

    >>346
    余命幾ばくもない女性が選ばれ、
    母親に金銭を渡して了承させたと言われてますね。

    +44

    -0

  • 370. 匿名 2020/08/22(土) 12:02:11 

    >>319
    当時は日本人 庶民 という立場で随分見下されたんだろうね
    財産取られそうになるし
    今だったら日本語とのバイリンガル子育てしたい所だけれど
    きっと子供達もジャップの血を恥じていたと思う 日本人の血が混じっていることで不利益被ったはず
    それだけに教育だけは手を抜けなかったんだろうな
    今なら「異国から嫁いでステキね」かもしれないけれど
    「未開人と国際結婚?よっぽどもてないのね」と思っている人だらけだったろうし(今でもそういうこと言う人いるよ嘆かわしい)

    +15

    -10

  • 371. 匿名 2020/08/22(土) 12:03:02 

    >>309
    カムイ伝は非人の少女が牛のフンを食べさせられたりしていたなぁ。
    でもそれくらいならマシなほうだと思わせられるくらい、もっと酷いこともされていた。

    +28

    -1

  • 372. 匿名 2020/08/22(土) 12:03:34 

    >>292
    気持ち悪い考え方
    ガル男?

    +13

    -1

  • 373. 匿名 2020/08/22(土) 12:04:05 

    >>148
    江口章子さんをご存知の方がいて嬉しい!

    この人を是非映画化して欲しい。
    昔、この人を調べたことがあるけどめちゃくちゃ綺麗な人なのに不幸で最期が悲惨。

    瀬戸内寂聴の小説にもなってる。

    +16

    -0

  • 374. 匿名 2020/08/22(土) 12:05:12 

    >>368
    >>1この写真も、なんか気ぃ強そうな顔してるもんねw

    +44

    -2

  • 375. 匿名 2020/08/22(土) 12:06:11 

    >>240
    応為はアゴが出てたらしい。似顔絵が残ってる。

    +0

    -0

  • 376. 匿名 2020/08/22(土) 12:07:19 

    伊藤伝右衛門さんか白蓮さんのおねだりで買えなかったのは福岡県糸島市の箱島という小島だけ。国有地だったから。

    凄い毛皮着て車でデパートの前で降りる白蓮さん目撃されてる。

    お金では愛は買えないと白蓮さんのエピを聞くたびに思う。

    +54

    -1

  • 377. 匿名 2020/08/22(土) 12:08:15 

    >>1
    なんとなく物悲しい目をしてるのはなんなんだろう
    そう見えるだけなのか

    +8

    -2

  • 378. 匿名 2020/08/22(土) 12:09:10 

    >>366
    御遺族の気持ちわかるわって言うけど、なんか違う気がする。
    そんな単純ではない気がする。

    +48

    -5

  • 379. 匿名 2020/08/22(土) 12:10:47 

    >>377
    いや〜、こりゃ美人だけどキカナイ顔ですわw

    +29

    -1

  • 380. 匿名 2020/08/22(土) 12:11:19 

    >>371
    80年前の朝鮮はすごいよ
    貴族は平民を好きな時にリンチできた
    町中糞尿だらけで虐待される被害者の叫び声がずっと響いていたんだって
    今のニューヨークの救急車の音みたいな ああまただ ってくらい

    西洋人がテニスするのをみて あんな労働奴隷にやらせればいいのに って本気で思っていたんだって

    +40

    -1

  • 381. 匿名 2020/08/22(土) 12:11:52 

    >>314
    伊藤博文とか複数の男性との醜聞がヤバい

    +7

    -0

  • 382. 匿名 2020/08/22(土) 12:12:40 

    ジュディガーランド
    オズの魔法使いの子役
    才能があったのに周りの大人に翻弄された人生だった

    +38

    -1

  • 383. 匿名 2020/08/22(土) 12:12:55 

    >>292
    森鴎外も鬼畜すぎる

    +25

    -0

  • 384. 匿名 2020/08/22(土) 12:13:50 

    >>368
    「大正三大美人」「筑紫の女王」などとチヤホヤされるよりも、自分の筆一本でガンガン稼いでみて初めて生き甲斐みたいなものを感じたんじゃなかろうか、知らんけど。
    儚げな顔してなかなかガッツのある人だったんでは?
    駆け落ちして若い旦那と一緒にならなければ自分自身でも気が付かなかったかも。

    +58

    -1

  • 385. 匿名 2020/08/22(土) 12:16:17 

    >>384
    あーなんかそれはありそう!
    才能ある人は。

    +18

    -1

  • 386. 匿名 2020/08/22(土) 12:18:11 

    >>329
    わかります
    「今」の皇室でしょ?

    +9

    -1

  • 387. 匿名 2020/08/22(土) 12:19:17 

    >>278
    天皇側にも何かしらあったのでは。

    +9

    -0

  • 388. 匿名 2020/08/22(土) 12:19:54 

    戸田極子について詳しいかたいます?
    おすすめサイトとか知りたいです
    伊藤レイプ事件が揉み消されたお嬢

    図書館に本が無いので・・・

    +3

    -0

  • 389. 匿名 2020/08/22(土) 12:23:07 

    >>303
    ホント親ガチャ

    庶民に生まれたら努力する機会すらなかったわけだし

    +36

    -0

  • 390. 匿名 2020/08/22(土) 12:25:01 

    >>384
    バイタリティあふれる人だったよ。
    なかなかのお人って言ったのは最初の婚家の北小路家(学費を出してもらってる)伊藤伝右衛門さん・ご実家を悪者にして責任を全部おっかぶせたからだよ。

    白蓮さんにとっては北小路家も伊藤伝右衛門も実家でも不憫で虐げられた生活だったんだろうが客観的にみるとちゃんと環境は整えて貰えてたよ。
    内面は解らない。

    おまけにそんなに不満があるのにこ実家から柳原は名乗るな!と言われてるのにずっと柳原を名乗る。ご結婚されて宮崎燁子さんになったのに。

    バイタリティあふれるダブルスタンダードの方よ。

    +59

    -1

  • 391. 匿名 2020/08/22(土) 12:28:02 

    >>312
    やばいね。

    +10

    -0

  • 392. 匿名 2020/08/22(土) 12:29:32 

    >>268
    すげーーっ
    家訓とかあるんですか?
    跡取りがー 下々の者がー
    ってあるんですか?

    +21

    -0

  • 393. 匿名 2020/08/22(土) 12:35:09 

    >>389
    もちろん親がいくら裕福でも本人の努力と知性と不屈の精神がなければあそこまでいかなかったとは思うけどサリバン先生のような人に出会えたのも親の力がだったし
    同じような境遇でも歴史に葬られた人はごまんといたんだろうから。

    +35

    -0

  • 394. 匿名 2020/08/22(土) 12:36:33 

    >>360
    意外と視聴率とれなそう
    平清盛も平安時代だし十二単のお妃とか公家の公達もいっぱい出てきたけど視聴率低かったよ

    +15

    -1

  • 395. 匿名 2020/08/22(土) 12:36:50 

    >>387
    乳母たちが塗っていたは鉛を含んだ白粉が原因では?という説がある。
    当時の上流階級では顔から首筋、胸から背中にかけて白粉を広く厚く塗るのが嗜みだった。抱かれた乳幼児は乳房をとおして鉛入りの白粉をなめる。それで鉛中毒が起きていて無事育たなかったのでは。
    明治になっても宮中では依然として御所風の生活様式だったので。

    +44

    -1

  • 396. 匿名 2020/08/22(土) 12:38:26 

    >>384
    大正三美人の九条武子は納得がいかない
    教養や人柄は素晴らしいのかもしれないけど

    +7

    -0

  • 397. 匿名 2020/08/22(土) 12:42:38 

    >>72
    父親は華族とは言っても母親は正妻ではなく愛人の芸妓なのに?
    平民よりの感覚を持っていたのかと思ったらそうでもなかったのかなあ
    階級主義で人様を非難してもお前が言うなと言われそうなものだけどね

    +36

    -3

  • 398. 匿名 2020/08/22(土) 12:44:46 

    >>56
    ドラマ見た。松たか子が本人役で、弟役が三宅健だったはず。

    +23

    -1

  • 399. 匿名 2020/08/22(土) 12:46:18 

    >>390
    バイタリティはあるんだろうけど実際に関わり合いにはなりたくないタイプだなあ

    +52

    -0

  • 400. 匿名 2020/08/22(土) 12:48:40 

    >>380
    日韓併合前じゃなくて?

    +6

    -0

  • 401. 匿名 2020/08/22(土) 12:49:29 

    >>352
    美智子さまは三島由紀夫の見合いのときに三島家の祖母にも「商家の娘は〜」と断れてる。

    お家柄的に当時の日本の上流階級にはそぐわなかったんだよ。あとクリスチャンだったしね。

    美智子さまは見合い25回して上流階級の家から断れてる。だから当時は家柄的にアウトと思う人が多かったんだろう。

    +62

    -11

  • 402. 匿名 2020/08/22(土) 12:55:42 

    >>115
    浅井三姉妹ってすごい血統なのよね〜浅井家と織田家、そのさらに子供たちは豊臣家も入って、徳川家も入ってと。豊臣は滅亡したけどその後の江戸時代でいろんな大名家や公家からもお嫁さんもらったとしたらどんだけ血筋に肩書きあるんやら。。

    +53

    -0

  • 403. 匿名 2020/08/22(土) 13:00:15 

    >>342
    嫁の出奔について一切語らなかった伝右衛門さんですが、白蓮に未練があったのか、もう上流階級の小娘はコリゴリなのか聞いてみたかった気がする。

    +71

    -0

  • 404. 匿名 2020/08/22(土) 13:02:43 

    >>397
    戸籍上は正妻の子として正妻に育てられてるから、アイデンティティは完全に華族のおひいさまじゃない?
    大きくなってから実母はお妾の芸妓でしたと言われても

    +28

    -2

  • 405. 匿名 2020/08/22(土) 13:07:27 

    >>398
    弟が金子みすずのことを姉と知らずに恋心を抱いて、テルちゃんと一緒になりたい(姉じゃなければ不自然な縁談でもない)と思い始めて、それで周囲があわてて渡部篤郎演じるダンナと結婚させてた記憶がある

    +49

    -0

  • 406. 匿名 2020/08/22(土) 13:07:39 

    >>402
    お江と徳川秀忠の末娘が後水尾天皇の中宮(皇后)になったから皇室とも縁続き。

    +48

    -0

  • 407. 匿名 2020/08/22(土) 13:10:21 

    >>252
    お体こそ弱いが、幼いころから賢い子供だったと女官の証言が公開されていたし
    原敬が日記で、ユーモアがあって聡明な人だった(意訳)と書き残してるよ。

    +67

    -3

  • 408. 匿名 2020/08/22(土) 13:11:13 

    >>364
    漁師姿似合いそうだから見たい

    +3

    -0

  • 409. 匿名 2020/08/22(土) 13:12:01 

    >>386
    傍系の秋篠宮家だけが皇室ではないよ。

    +1

    -15

  • 410. 匿名 2020/08/22(土) 13:13:02 

    >>404
    大正天皇の生母の柳原愛子と叔母姪の間柄なので「私は大正天皇のいとこなのよ。」という気持ちが強かったのでは。

    +33

    -0

  • 411. 匿名 2020/08/22(土) 13:25:56 

    >>1
    最初の結婚相手は名家の息子だけど障害がある男の人じゃなかったかな?
    そして若くして子供を産んだんだよね。夫婦生活は上手くいかず離婚。本人は勉強したかったらしいのに無理矢理結婚させられ子供も産まされたようなもんだよね。

    華族の令嬢で美人とはいえ母親は芸者だから本腹の子じゃなしいい縁談がこなかったんだろうね。。

    +38

    -3

  • 412. 匿名 2020/08/22(土) 13:28:10 

    >>15
    美智子様って中国人の血入ってるよね?
    あの年代でスタイルの良さ、個人主義、出たがり目立ちたがりはそうじゃないかなあと疑ってる。

    +15

    -71

  • 413. 匿名 2020/08/22(土) 13:31:34 

    中国の民主化運動の劉暁波さん
    治療もされず獄中で亡くなった
    奥様も波乱万丈

    +13

    -0

  • 414. 匿名 2020/08/22(土) 13:31:49 

    >>1
    高橋是清。
    留学したら手違いで奴隷として売られたとか二度見した。
    ついでに検索ワードのサジェスト「高橋是清 可愛い」と出てくるのも驚き。
    可愛いおじさん。

    +42

    -0

  • 415. 匿名 2020/08/22(土) 13:33:27 

    東條英機

    +6

    -0

  • 416. 匿名 2020/08/22(土) 13:34:25 

    >>393
    歴史に葬られなかったのは宣伝活動に長けていたからだと思っている
    アピール戦が巧みだった

    寄付を募れば世界中からお金が集まり それで障碍者を援助する
    取材が来る  見世物活動も積極的にする 人が動く さらにお金集まる

    障害者をビジネスにして世論を動かし法律も変えるほどの影響力を持った
    タダやみくもに地道の善意より この人のように派手に世界を動かしてくれたことは
    障害者にとってもいいことだったので 
    この人が裕福な家に生まれたことを存分に活用してくれてよかったと思う
    この時代は金持ちは家の恥だと障碍者を座敷牢に入れて隠していただろうから勇気ある親御さんにも感謝

    +31

    -0

  • 417. 匿名 2020/08/22(土) 13:36:30 

    >>16
    知らんけど、溺れてる子どものところにジェットスキーで近寄ったらますます危ないんじゃ?
    波すごいできるよ。

    +36

    -2

  • 418. 匿名 2020/08/22(土) 13:39:20 

    >>57
    のちに居酒屋の店名になろうとは

    +24

    -0

  • 419. 匿名 2020/08/22(土) 13:42:22 

    >>1

    綺麗だけど銀シャリの鰻さんに似てるな

    +18

    -2

  • 420. 匿名 2020/08/22(土) 13:43:09 

    >>373
    映画化したら、すごく重い作品になりそうですね
    見るのに気合いがいりそう

    +7

    -0

  • 421. 匿名 2020/08/22(土) 13:49:07 

    >>386
    そうです。もう今は姫さまはいないからね。最後の姫さまは明治時代で終わりだったのかな

    +6

    -1

  • 422. 匿名 2020/08/22(土) 14:02:25 

    >>414
    手違いじゃなくてアメリカ人に留学費用等も取られ騙されて売られたんですよ。
    勉学の為に留学したのに当の本人は奴隷として売られた事に気付かずこれも勉強と思ってキツイ奴隷労働に従事してたとか。
    この話を聞いたとき他にも大勢の日本人が騙されて奴隷労働に従事させられてたんだろうな~と思った。

    +67

    -0

  • 423. 匿名 2020/08/22(土) 14:07:46 

    >>114
    諫める手紙送ったんだっけ。

    +12

    -0

  • 424. 匿名 2020/08/22(土) 14:08:52 

    >>422
    ちょうど日本の混乱期に帰国したのかな?帰国したら明治維新で自分の藩がなくなっていたんじゃなかったっけ

    +25

    -0

  • 425. 匿名 2020/08/22(土) 14:09:08 

    >>393
    金だけあってもサリバン先生みたいな人に会えるとは限らんかと。

    +22

    -0

  • 426. 匿名 2020/08/22(土) 14:09:53 

    >>215
    人によって証言が異なるし母親の浩さんは娘には日本人じゃなく中国人に嫁がせたいと考えていたとかあるから二人の中を反対してたのかな…

    +17

    -0

  • 427. 匿名 2020/08/22(土) 14:29:13 

    >>2
    これの友人もひどい人生だったんだよね
    武智半平太と岡田以蔵?

    +22

    -0

  • 428. 匿名 2020/08/22(土) 14:31:11 

    >>394
    なんかアレね 汚らしかったのよ画面が・・・
    清盛自体に人気がないし
    道長と女優だらけだったら時代が同じでも華やかでまた違うと思う

    +29

    -3

  • 429. 匿名 2020/08/22(土) 14:33:23 

    >>162
    八百屋の娘→下級武士の養女→公家のお万の方のお付き→側室→将軍生母だよ
    出世運強い

    +58

    -0

  • 430. 匿名 2020/08/22(土) 14:36:49 

    >>375
    北斎に「アゴ!」とか呼ばれてたんだよね。応為の由来も可笑しいし、本当にサバサバした人だったんだろうなと思う。あのお父さんについていける位だし。晩年どう過ごしたか知りたかった。

    +24

    -0

  • 431. 匿名 2020/08/22(土) 14:38:40 

    >>76
    柳原白蓮を悲劇のヒロイン扱いするには我儘すぎて無理があると思う
    大正天皇の従妹がそんなに偉いのかと周りから言われるくらいの性格だったみたいだし

    +58

    -1

  • 432. 匿名 2020/08/22(土) 14:47:30 

    >>401美智子様はお母様が原因でお見合いが断られたというのも聞いたことがある。噂だけどね

    +31

    -3

  • 433. 匿名 2020/08/22(土) 14:49:05 

    >>366
    どちらかといえばがっつり戦時中の世代よりマルクス主義、共産主義に心酔したもうちょっと若い世代が天皇制反対を叫んでた印象

    もちろん皆がみんなじゃないしあくまで私の周囲の話ね

    +40

    -0

  • 434. 匿名 2020/08/22(土) 14:52:06 

    この前逝去された李登輝元総統
    台湾の民主化の礎になった偉大なお方
    京都帝国大学に留学して戦時中は日本のために戦った方
    日本人より日本人らしい方でしたね

    +54

    -0

  • 435. 匿名 2020/08/22(土) 14:53:48 

    >>415
    正当な評価をされそれが表だって広まるのはあと100年はかかりそう

    +8

    -0

  • 436. 匿名 2020/08/22(土) 14:55:26 

    >>431
    悲劇のヒロインどころか魔性の女だよね
    自分の欲のために周りの人間を振り回してた人ってイメージ

    +47

    -2

  • 437. 匿名 2020/08/22(土) 14:58:02 

    >>271
    確か愛人の子だよね
    婉容には何人か愛人がいたんだよ
    そしてアヘン中毒だった

    +23

    -0

  • 438. 匿名 2020/08/22(土) 15:01:54 

    >>303
    徹子さんも裕福な芸術家の家に生まれたからあそこまでなれたけど、普通の家に生まれてたら悲惨な人生だったって言われてるよね

    +41

    -0

  • 439. 匿名 2020/08/22(土) 15:04:39 

    >>252
    私が読んだ本には病気の影響で震えが出るから、ちゃんと丸められたか確認するために覗かれたって書いてあったな。でもそういう事も自分で知ろうとしなければ「大正天皇は知的に弱かった」って伝聞が勝っちゃうんだろうね。悲しいね。

    +37

    -1

  • 440. 匿名 2020/08/22(土) 15:07:56 

    >>24
    主役じゃないけど花子とアンで仲間由紀恵がやってたよ

    +17

    -0

  • 441. 匿名 2020/08/22(土) 15:10:04 

    >>438
    まあ徹子さん自身も輝いてたんだろうけど、お父様がN響のコンサートマスターだったから、NHK専属女優第一号に選ばれたのかな。

    +35

    -0

  • 442. 匿名 2020/08/22(土) 15:13:41 

    >>206
    革命の先頭に立っていたのは農民の女性達だった。自分の子供達はパンを食べさせるどころか泥水すすって生きるか死ぬかの状態なのに、貴族と聖職者は頭をアホみたいに盛って小麦粉大量に振りかけたり、その小麦粉を買い占めて値段を釣り上げたり、「清貧!労働!」とか言いながら汚職と堕落を追及したりで貧民の生活も相当酷かったはず。

    +34

    -1

  • 443. 匿名 2020/08/22(土) 15:20:01 

    >>401
    皇室の暴露サイトで見たけど、美智子様が三島由紀夫と見合いした時、三島が美智子様の方から「試し乗り」をほのめかされたというエピソードがあったらしい…素行がアレなのもあったのかな。中学生くらいから外国人が多数いるクラブに出入りしてたとも聞く。

    +16

    -26

  • 444. 匿名 2020/08/22(土) 15:20:37 

    釈迦

    +3

    -0

  • 445. 匿名 2020/08/22(土) 15:23:27 

    >>298
    嫁いでも、あくまで実家のために行動するのが普通だったみたいですしね

    +9

    -0

  • 446. 匿名 2020/08/22(土) 15:24:31 

    >>414
    高橋是清の写真確かに可愛い。
    サンタクロースみたいだよね。

    +5

    -0

  • 447. 匿名 2020/08/22(土) 15:26:27 

    >>47
    電車の乗り方や切符の買い方も分からずに大変だったみたい
    和子様と祖母がご学友だったそうで色々お話し聞きましたわ

    +8

    -0

  • 448. 匿名 2020/08/22(土) 15:28:54 

    >>380
    貴族は何もしないのがステータスなんだっけ
    何もしないって家事や着替えだけじゃなくて例えば刺繍とか華道とかそういう趣味的な面でおいて

    +25

    -0

  • 449. 匿名 2020/08/22(土) 15:33:01 

    >>397
    白蓮の実母は幕臣の娘ですよ。
    幕府がなくなって色々あって芸妓をおやりになってたみたいよ。
    だから母親の身分も特別低くない。
    私は炭に白蓮という漫画で知りました。

    +27

    -0

  • 450. 匿名 2020/08/22(土) 15:34:42 

    >>397
    まあでも実母の芸妓も没落士族の娘だしね
    本当に全くの平民が入るなんて想定外過ぎたんじゃない

    +26

    -0

  • 451. 匿名 2020/08/22(土) 15:36:18 

    >>443
    暴露サイトw 信じるあなたに引くわ
    ネットに書いてあることは全部本当だと思ってるお婆さん?

    +38

    -1

  • 452. 匿名 2020/08/22(土) 15:43:13 

    >>15
    自分は好き勝手やって悲劇のヒロイン気取りなのに
    散々やらかした後何事もなかったように平民を見下しててなんだかなーの人のイメージだよ

    +93

    -8

  • 453. 匿名 2020/08/22(土) 15:44:01 

    >>406
    後水尾天皇と中宮の間の子は女の子しか
    残らなかったので今の皇室と直の繋がりはないけど、
    お江は秀忠と結婚する前に早世した秀吉の甥と結婚してて、
    その甥との間の娘が九条家に嫁に行って、
    その子孫が大正天皇の皇后。
    なので今の皇室は浅井家の血も引いてる。

    +28

    -1

  • 454. 匿名 2020/08/22(土) 15:46:08 

    >>438
    ほんとそう
    当時の発達は未来がなかったはず

    +22

    -0

  • 455. 匿名 2020/08/22(土) 15:46:42 

    カミーユ・クローデル

    +6

    -0

  • 456. 匿名 2020/08/22(土) 15:47:29 

    >>451
    ヨコだけで どこまでがガセなのか教えてあげて
    あなた詳しそうだから

    +9

    -7

  • 457. 匿名 2020/08/22(土) 15:48:41 

    >>448
    それもしないみたい

    なにかするのは奴隷なんだって

    +16

    -0

  • 458. 匿名 2020/08/22(土) 15:49:38 

    >>452
    なんかここ読んであまりいい人じゃない気がしてきたよ

    これもネットに踊らされているのかな

    +40

    -2

  • 459. 匿名 2020/08/22(土) 15:54:18 

    >>101
    本当にその通り。
    炭鉱王の地元の人達にとってはいい人で、いつも悪く言われたり書かれたらするから悲しんでたらしいね。

    しかも駆け落ちしたあと、周りは白蓮を糾弾しようとしたけど、炭鉱王は
    「俺が惚れた女をそんな目に遭わせるわけにはいかない」とかばったらしい。

    +81

    -1

  • 460. 匿名 2020/08/22(土) 15:54:30 

    >>272
    え?!ゲイだったの??初耳ー!!

    +5

    -0

  • 461. 匿名 2020/08/22(土) 15:56:44 

    ローマ初代皇帝の娘ユリア
    自分の血筋が欲しい父に翻弄されるように結婚させられ
    そのうち娼婦のように男遊びして流刑となり
    最後は父なき後に夫に幽閉されて餓死させられる
    波瀾万丈とはちょっと意味が違うかもだけど

    +10

    -0

  • 462. 匿名 2020/08/22(土) 15:58:55 

    >>1
    こんな昔から派手な半襟ってあったんだね
    割と最近の流行だと思ってた

    +3

    -1

  • 463. 匿名 2020/08/22(土) 16:02:56 

    >>456
    美智子様がお見合いした男性とやりまくってたって言いたい訳?女性にそこまで言うんならあなたこそ証拠を出したら?
    まさか暴露サイトに書いてあったんだからそれが証拠だ!って言うんじゃないでしょうね。

    +23

    -2

  • 464. 匿名 2020/08/22(土) 16:05:36 

    >>456
    ヨコだけでってなんだよw

    +5

    -6

  • 465. 匿名 2020/08/22(土) 16:08:53 

    >>433
    いろんな説があって勉強になる
    ありがとう

    子供に歴史を学ぶ意味を

    騙されないため 他人の過ちに学ぶため

    と教えている
    ヘンリー8世の話をしたら納得してたですよ

    +24

    -0

  • 466. 匿名 2020/08/22(土) 16:09:42 

    >>464
    うちまちがったんだよぉ
    御目溢しを・・・

    +3

    -2

  • 467. 匿名 2020/08/22(土) 16:10:09 

    阿部定
    阿部定事件が有名だけど、事件前の人生もなかなか濃くて凄いと思う。不良少女になった理由とか、性病になって自ら進んで遊女に身を落としたとか。勿論、事件を起こしたことが一番エグいけど…。それでも刑務所では模範囚だったり出所後は真面目に働いて東京都の飲食組合から表彰されたり人生分かんないもんだなって思う。

    +40

    -0

  • 468. 匿名 2020/08/22(土) 16:11:26 

    >>463
    更年期か?

    暴露サイトをあげて来た人を批判するなら
    どこまでがガセで事実はどうだと教えて差し上げるべきだと思うよ

    ちょっとあなたおかしいよ??

    +7

    -12

  • 469. 匿名 2020/08/22(土) 16:17:09 

    >>468
    どう考えてもガセでしょ。
    何が試し乗りだよ。こんなこと信じてる人間の頭がおかしいわ。

    +32

    -4

  • 470. 匿名 2020/08/22(土) 16:23:08 

    >>396
    あの時代の人から見たら、美人だったのかな?白蓮さんは今の感覚から見ても美人と思うけど、失礼ながら武子さんは…ブスとは言わんけど。実際お会いしたら佇まいとか美しいんでしょうな。

    +11

    -0

  • 471. 匿名 2020/08/22(土) 16:26:10 

    上皇后が、三島と小料理屋井上の二階で二人っきりで見合いをしたことは
    当時報道されている。

    そして、当時の小料理屋の二階はちょんの間として使用されることも多く
    まともな家のお嬢さんは、小料理屋には近づかなかったし
    どうしても小料理屋の近くを通るときは
    誤解されないよう足早に立ち去る立ち去るのが普通だった。

    上皇后の試し乗りの真偽はともかく、小料理屋の二階で見合いをしたことは
    当時の若い女性として、ありえない行動だったのは事実かと。


    +36

    -9

  • 472. 匿名 2020/08/22(土) 16:26:48 

    >>452
    美智子さまじゃなくて白蓮さんがだよね?

    +23

    -1

  • 473. 匿名 2020/08/22(土) 16:28:40 

    >>351
    アヘン中毒にされるんだよね?
    溥儀は歴史に翻弄されたとおもう

    +27

    -0

  • 474. 匿名 2020/08/22(土) 16:29:27 

    >>198
    確か自転車に乗ってる写真が残ってて、纏足じゃなかったと思うな。纏足だったら自転車乗れないと思う。

    +17

    -0

  • 475. 匿名 2020/08/22(土) 16:32:10 

    >>439
    知的や学習障害にも色々あるんだよ
    重度か軽度かもあるし
    それこそ喋りや行動に色々問題があるけど特定の分野で頭脳が冴えている人とかもいる
    実際大正天皇も幼少期に言語の方に問題があったって誰かの日記だかに書かれてたとかってことを私は見たよ
    これも知ろうとしないとわからないことだろうけど
    勿論 病気がちで身体からくる発達の阻害だった可能性もあるから真相は藪の中

    +16

    -0

  • 476. 匿名 2020/08/22(土) 16:32:20 

    >>65
    娘の為だったよね。

    +3

    -1

  • 477. 匿名 2020/08/22(土) 16:33:51 

    >>1
    物事って両側から話聞かないと何が本当なのか分からないね

    +12

    -1

  • 478. 匿名 2020/08/22(土) 16:34:54 

    >>469
    相手にしない方がいいよ。皇室トピの人ってこんなこと書いては大喜びしてるんだから。トピにこもってやってりゃいいのに、布教のつもりか他のトピにも同じノリで来るからね。浮いてるのも気づかずに。

    +30

    -4

  • 479. 匿名 2020/08/22(土) 16:40:41 

    >>452
    白蓮さんのこと?だとしたら同意
    自分は色々人に迷惑かけてるわけでしょ
    伯母さんなんて皇室に典侍としていたわけだからかなり顔潰されただろうね
    それで皇室に意見とかよく言えるよなって思う
    私が伯母だったらひっぱたいて二度と顔見せるなって言っていると思う

    +36

    -5

  • 480. 匿名 2020/08/22(土) 16:41:08 

    >>435
    たまたまババがまわってきた時に引いてしまったみたいな人

    終戦を阻止した青年将校こそ戦犯にして欲しいよ

    +3

    -1

  • 481. 匿名 2020/08/22(土) 16:41:36 

    >>296
    親ほど歳が違う福岡の炭鉱王、伊藤伝右衛門の金目当てでトレードみたいに2度目の嫁入り
    白蓮25歳 伝右衛門50歳の結婚式
    妾が複数居ても白蓮に惚れてた旦那を裏切り不倫に走った彼女を悲劇のヒロインみたいにいうのは違和感
    波乱万丈すぎる歴史上の人物

    +47

    -1

  • 482. 匿名 2020/08/22(土) 16:41:54 

    >>342
    ですよね。伊藤さんて器も大きくて財も成して、お写真みたらお顔もすごく整ってらして、社会的にみたら宮崎さんより断然いい男。
    でも結婚て相性だよね、伊藤さんや白蓮さんのどっちがどうとかいえないわ。女の立場からすると、ちょっと白蓮さんに同情するな、伝右衛門さんて25才も年上だし、いくらいい人でもね。

    +45

    -0

  • 483. 匿名 2020/08/22(土) 16:42:17 

    >>390
    柳原の苗字ないと価値がないのわかってたからずっと固執してたしそれが誇りの人だよ

    +33

    -0

  • 484. 匿名 2020/08/22(土) 16:43:45 

    >>478
    ベツに興味ないけどさ
    ガセならなにがガセなのか説明したほうがいいよ
    怒る理由があるにしても発狂伯母さんにしか見えないよ?

    +4

    -9

  • 485. 匿名 2020/08/22(土) 16:44:18 

    >>472
    そうです
    主語抜けてました

    +9

    -0

  • 486. 匿名 2020/08/22(土) 16:44:47 

    >>479
    そうです
    主語抜けてました

    +2

    -1

  • 487. 匿名 2020/08/22(土) 16:46:47 

    >>463
    証拠をだせ

    +3

    -1

  • 488. 匿名 2020/08/22(土) 16:46:49 

    >>478
    そうですね。ありがとうございます。

    +0

    -0

  • 489. 匿名 2020/08/22(土) 16:48:22 

    >>467
    波乱万丈ってより
    はちゃめちゃな方だね
    事件起こして死生観とか何か変わったのかな?
    知らなかった

    +10

    -0

  • 490. 匿名 2020/08/22(土) 16:50:49 

    支倉常長かわいそう

    +1

    -0

  • 491. 匿名 2020/08/22(土) 16:51:09 

    >>216
    幼少期にベルばら読んで最後らでどう見てもアントネットの次男としか思えないそっくりなかわいい男の子が母の事も自分自身の事も忘れてアントワネットを蔑むような発言や歌を歌っているシーンが意味がわからなすぎて長年ずっと気になってたんですがアレ洗脳された後の描写だったんですね
    だから一緒にいた兵士がバカにするみたいに男の子を嘲笑してたんだ
    胸糞悪すぎる

    +21

    -0

  • 492. 匿名 2020/08/22(土) 16:57:30 

    >>75
    反町隆史の岡田以蔵がマイベスト岡田以蔵です
    かわいかっこいいんだよね

    +6

    -0

  • 493. 匿名 2020/08/22(土) 16:57:48 

    松浦 董子子爵令嬢。侯爵夫人になり、台所に立つことも家令にたしなめられ、使用人に囲まれる生活。久邇邦久侯爵が他界し、跡継ぎとなる子がいない事から離縁を勧められ、満鉄の株券を手切れ金代わりに渡されて実家へ戻るが、終戦により実家も没落。満鉄の株券も紙屑と化す。その後も苦労ばかりで波乱万丈。

    +18

    -0

  • 494. 匿名 2020/08/22(土) 16:59:34 

    >>23
    自力で稼がずに、亡き夫の遺産で生活してるだけ

    +20

    -4

  • 495. 匿名 2020/08/22(土) 17:02:33 

    >>342
    私も白蓮さんが好きになれない。
    いわゆる教育は受けていなかったかもしれないけど才覚のある頭のいい人だったと思うし、男としての器は駆け落ち相手の宮崎さんなんかと比べ物にならないと思うな。
    白蓮さんとその一味は、自分たちを正当化するために伝右衛門さん・最初の嫁ぎ先を必要以上に悪者にした節がある。

    白蓮さんが最初の結婚で産んだ北小路功光さんは凄い被害者だと思う。
    後に再会するも親子の情はなかったと功光さんは言ってるのね。
    ただ、白蓮の方は後に自分の家に引き取って学校に通わせたり、再婚相手の世話をしたりしたというから、愛情はあってもどうやって接したらわからなかったのかもしれないが。

    +17

    -5

  • 496. 匿名 2020/08/22(土) 17:03:14 

    >>369
    辛いな😢

    +16

    -0

  • 497. 匿名 2020/08/22(土) 17:04:37 

    >>358
    ちょっと面白い

    +8

    -0

  • 498. 匿名 2020/08/22(土) 17:06:24 

    >>320
    兄は正妻の子供で、この人は妾腹の子だったんだよ。だから腹違いで、当時は妾腹とか蔑まれる立場だったから。
    同じ事しても正妻の子と妾の子じゃ、捉え方違うんだよね。

    +12

    -0

  • 499. 匿名 2020/08/22(土) 17:06:51 

    大正天皇の話題でいつも思うんだけど、そもそも「望遠鏡に見立てて遊んだ」って表現が違うと思うんだよね。
    「なんか丸めて覗いてるな、もしかして遊んでるのか?」って、見た人がそう思っただけであって、それは他人がそう思っただけで、「真実」とは別だよね。そこは分けて考えた方が。子供の頃学習面で問題があっても大抵成長と共に問題なくなるし、障害があったとして、その中で公務をこなすのは相当辛い事もあったと思う。
    なんか遠眼鏡事件の話が出るといつもモヤモヤする。
    目に見た事と真実はイコールではないと思う。

    +22

    -0

  • 500. 匿名 2020/08/22(土) 17:07:07 

    頼朝と政子の長女、大姫。

    6歳の時に政略で11歳の婚約者をむかえる。とても仲良く暮らしていたけど、翌年婚約者が父親の命令で斬首され、心身を病む。
    頼朝も政子も「子供だしすぐに忘れるだろ」と思ってたけど、13年間婚約者を思い続けて20歳で病死。
    周りの家族に比べて歴史的には何も無いけど、前半生(?)が凄絶過ぎると思う。

    +35

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード