ガールズちゃんねる

祖父、祖母から聞いた話

112コメント2016/11/11(金) 20:56

  • 1. 匿名 2016/11/10(木) 09:48:59 

    祖父や祖母から聞いた興味深い話ありますか?

    最近おばあちゃんから聞いて衝撃だったのが、うちのおばあちゃんは"きよ子"と名乗ってるのですが、戸籍上、本当の名前は"キヨ"でした。

    なぜ"きよ子"と名乗っているのか聞いたら、キヨはおばあちゃんの祖父母がつけた名前で、おばあちゃんのお母さんは本当は子がつく名前にしたくて、お母さんはきよ子と呼んでいたそうです。
    おばあちゃんはお母さんの願いを聞き入れ今まできよ子と名乗ってました。

    今まできよ子だと思ってたので驚きました。

    +117

    -2

  • 2. 匿名 2016/11/10(木) 09:50:51 

    太平洋戦争に行った話。
    食べ物が本当になくて蛇を食べたとか…

    +88

    -2

  • 3. 匿名 2016/11/10(木) 09:50:52 

    なんともつかみ所のないトピだな。。

    +10

    -29

  • 4. 匿名 2016/11/10(木) 09:50:55 

    農家で育った祖父はヤギ小屋でヤギと一緒に寝てたって言ってたよ。
    映画みたいだ~

    +70

    -0

  • 5. 匿名 2016/11/10(木) 09:51:46 

    祖父、祖母から聞いた話

    +1

    -26

  • 6. 匿名 2016/11/10(木) 09:52:08 

    東京(下町)の空襲の話し。
    祖母が入った防空壕は無事だったけど、隣の防空壕の上に爆弾が落ちて中にいた人がみんな亡くなったそう。
    世界中から戦争が無くなって欲しい。

    +155

    -3

  • 7. 匿名 2016/11/10(木) 09:52:42 

    父方の祖母から聞いた話ですが、父は母と結婚する前、お見合い話があり、相手方は家柄も良いお嬢様だったとのこと。
    でも父は「結婚相手は自分で選びたい」とその縁談を拒否、母と結婚しました。
    父と母は、今でもたまに夫婦喧嘩していますが、仲の良い夫婦です。

    +94

    -1

  • 8. 匿名 2016/11/10(木) 09:52:52 

    うちのばあちゃんも、常子と名乗っているけど、戸籍上は「つね」だよ
    おばあちゃん世代、こういうの多いんじゃない!?

    +123

    -2

  • 9. 匿名 2016/11/10(木) 09:53:08 

    シズコって名前だったけど、ボットン便所に落ちたからサダコって名前に変えたんだってさ

    +4

    -27

  • 10. 匿名 2016/11/10(木) 09:53:37 

    お母さんがまだ小さい頃におじいちゃんは亡くなったから私は全然知らないんだけど、おじいちゃんがめちゃくちゃ頭良かったらしい。
    当時の通知表みたいなのが残ってて見せてもらったけど学力系は全て1番上だった。

    ところでその遺伝子はどこへいった??
    子どもも孫も誰も引き継いでいない何たる無駄遣い。

    +83

    -2

  • 11. 匿名 2016/11/10(木) 09:54:07 

    祖父が当時陸軍勤務だったので大陸に赴任していたときの経験で
    朝鮮中国人の酷さを聞かされた

    +77

    -2

  • 12. 匿名 2016/11/10(木) 09:54:49 

    祖父が終戦の時、日本兵が持ってたピストルを譲り受けたら次の日にアメリカ軍が武器を所持してる日本人を連行するそうだという話が広まって慌ててピストルや銃を海に投げ捨てに行った人が続出したと言ってた。
    海岸べりの田舎での話らしいけど。

    +45

    -0

  • 13. 匿名 2016/11/10(木) 09:55:14 

    +22

    -0

  • 14. 匿名 2016/11/10(木) 09:55:21 

    うちの父は本当の誕生日が違う。
    くぎりがいいから、1日にしたらしい。
    昔は自宅で産婆さんだったから、そういうこともできるよね(゚o゚;;

    +97

    -0

  • 15. 匿名 2016/11/10(木) 09:55:24 

    産婆さんが産まれてきた障がい者をシメてた話は衝撃的でした…

    +92

    -2

  • 16. 匿名 2016/11/10(木) 09:56:49 

    関東大震災の時に、立川~更に郊外は大した被害がなく、外にちょっと逃げただけで済んだから、東京大地震が来てもここは大丈夫だよ。って、言われてきました。
    来るなら立川断層単独の地震だそうです。

    +21

    -0

  • 17. 匿名 2016/11/10(木) 09:58:25 

    広島出身のものですが、祖父は戦艦大和の乗組員でした。
    今も健在です。
    今も戦争になればアメリカとまた戦うと言っています。

    +99

    -1

  • 18. 匿名 2016/11/10(木) 10:00:33 

    今生きてたら百を超えてる祖父は、戦前に帝国大学を卒業。
    自分が大学生のとき、大学でナニやってたのか聞いた。専攻はナニ?って質問だったんだけど、返ってきた答えは
    『ビリヤード』だった。

    +87

    -0

  • 19. 匿名 2016/11/10(木) 10:02:27 

    何度も聞いた話なんだけど、
    夜に海岸を犬を連れて散歩してたら防砂林のほうが光ってて、
    見に行ったら大きな光を背に小柄な人が二人立ってて
    手招きされたけど怖くて近づかなかったという話。
    光が明るすぎて人の顔とかはあまり見えなかったそうです。

    祖母がネタを言うとは思えないんだけど、
    宇宙人??

    +58

    -0

  • 20. 匿名 2016/11/10(木) 10:03:29 

    食糧難の時に尿を飲んだ話。

    +23

    -0

  • 21. 匿名 2016/11/10(木) 10:03:34 

    祖父が冷蔵庫に入ると勝手に鍵がかかって開かなくなると言っていました。

    +25

    -1

  • 22. 匿名 2016/11/10(木) 10:04:13 

    親戚同士の恋愛がよくあったこと

    +52

    -0

  • 23. 匿名 2016/11/10(木) 10:04:45 

    戦争の話
    悲惨な話は、ばーちゃんが思い出すのも辛い、叫び声は今でも耳にしっかり残ってるって言ってて聞いてばーちゃんに思い出させるのが嫌だったなぁ
    じーちゃんとばーちゃんは焼け野原でデートしたんだって言ってたのは何か素敵だと思った

    +67

    -1

  • 24. 匿名 2016/11/10(木) 10:05:19 

    おばあちゃんが昔繰り返し言ってたフレーズ?
    「お女郎買うなら桃買いな。桃にゃ実もある種もある。」
    なんだったんだろうか?
    未だに分からない。

    +54

    -3

  • 25. 匿名 2016/11/10(木) 10:06:34 

    >>1
    うちの婆ちゃんも家族が「とみ子」と呼んでいるから「とみ子」だと思っていたら
    小学校にあがって、先生に正しい名前を名乗りなさい!と怒られたそう
    戸籍の名前は「とみ」でした
    でも兄弟からはずっと「とみ子」と呼ばれていました

    +60

    -0

  • 26. 匿名 2016/11/10(木) 10:08:26 

    私の母から聞いた話で関係ないけど、
    私の爺さんの方のお母さんの名前が「わし」
    そして婆さんのお母さんの名前が「タカ」
    ・・鳥の名前・・ナゼ?

    +22

    -3

  • 27. 匿名 2016/11/10(木) 10:09:43 

    >>21
    冷蔵庫は内側からは開かない仕組みだからじゃない

    +34

    -1

  • 28. 匿名 2016/11/10(木) 10:09:45 

    私も戦争の話。
    けど同じ話を何回も何回もされて、ほとんど聞いていなかった。
    今となってはちゃんと聞いとけばよかったと後悔。
    小学生の子供が平和授業で調べ物をしてて、祖父の話を覚えてたら話してあげれたのになあ、と本当に後悔してます。

    +81

    -0

  • 29. 匿名 2016/11/10(木) 10:10:11 

    好きな人が特攻隊員だったこと。
    その人の写真をずっと持ってたばあちゃんは可愛いと思った。
    しかもイケメンだった。
    ついでに爺ちゃんは、その友達の親友。。。

    +130

    -3

  • 30. 匿名 2016/11/10(木) 10:10:23 

    満州から、着れるだけの着物を着込んで父の手を握りしめて、日本に引き上げてきた祖母の話。
    祖父は戦争の話は頑としてしなかった。

    +83

    -0

  • 31. 匿名 2016/11/10(木) 10:10:53 

    今は蛍なんてそうそう見ないけど、昔はいたるところにいたらしい。
    祖父は蛍を集めて網に入れて吊るして明かりの代わりにしたらしい。

    +58

    -0

  • 32. 匿名 2016/11/10(木) 10:11:02 

    夜這い{よばい)
    昔は本当に農村部ではあったらしい

    +45

    -0

  • 33. 匿名 2016/11/10(木) 10:11:12 

    >>17
    岡山出身です。
    我が家の曽祖父は、戦艦大和のエンジン部で管理職してました。
    一緒に乗船してたかもしれませんね!

    +74

    -0

  • 34. 匿名 2016/11/10(木) 10:11:17 

    おばあちゃんで「とら」さんとか多いですよ

    +20

    -0

  • 35. 匿名 2016/11/10(木) 10:11:19 

    >>29
    リアル永遠の0だね

    +43

    -0

  • 36. 匿名 2016/11/10(木) 10:12:14 

    >>19
    北朝鮮じゃないの?

    +21

    -1

  • 37. 匿名 2016/11/10(木) 10:12:18 

    前にガルちゃんの昔の人から聞いた話のトピにあった、従軍慰安婦の人たちは言葉もわからず日本へ奉公に来た子ども達だったっていう話が衝撃的だったなー

    +5

    -19

  • 38. 匿名 2016/11/10(木) 10:12:25 

    おばあちゃんの弟たちの話し。
    長男の嫁は、両親と長男と次男と住んでたんだけど、
    長男と離婚して次男と再婚。
    しかも、子供はどちらの子なのかはっきり言わなかったらしい。
    お母さんが、一緒に住まわせて後悔したって言ってたわ。って話し聞いてびっくり。

    +46

    -0

  • 39. 匿名 2016/11/10(木) 10:15:27 

    おばあちゃんの友達の旦那さんが戦争で亡くなってしまい、
    その旦那さんの弟の妻になったという話。
    今聞くとええっ!て感じだけど、当時はけっこうあったみたい。

    +78

    -1

  • 40. 匿名 2016/11/10(木) 10:15:53 

    自分のおばあちゃんじゃないんだけど
    兵庫県民ですが、友達が隣の岡山県津山市の旧加茂町の出身。
    ご実家に遊びに行かせてもらった時
    おばあちゃんが、リアルタイムで体験した、津山30人殺しの話をしてくれました。
    おばあちゃんの話を聞く分には、殺された人達より犯人の人の方が可哀想で切ない人生だった。

    +76

    -2

  • 41. 匿名 2016/11/10(木) 10:15:54 

    パチンコ屋が全国何処の駅前にもある理由

    夫が戦死したりして男手のいなくなった家の土地には勝手に線を引いて自分の土地にするということが横行していたそうです。

    祖母から聞いた話です。

    +63

    -4

  • 42. 匿名 2016/11/10(木) 10:16:24 

    >>31
    今でも田舎はそこら中にいるよ。

    +7

    -2

  • 43. 匿名 2016/11/10(木) 10:16:47 

    戦後の食糧難の時、アメリカ人と韓国人からチョコレートやお菓子を恵んで貰って生き延びてたって聞いた。
    だから外国人には感謝してるっておばあちゃんが言ってました。

    +65

    -8

  • 44. 匿名 2016/11/10(木) 10:17:17 

    戦時中、紀伊半島の先端の新宮市に住んでいた祖母ですが、広島に原爆が落ちたときはそこからきのこ雲が見えたそうです。

    +43

    -0

  • 45. 匿名 2016/11/10(木) 10:18:27 

    >>33
    なんだかご縁がありますね^_^
    祖父世代(戦争体験者世代)はやはりアメリカに良い感情はないようです…。

    +25

    -0

  • 46. 匿名 2016/11/10(木) 10:18:49 

    祖母と母から聞いた。
    祖母宅のすぐ横に大きな川が流れてるんだけど、昔母がまだ子供だった頃、大雨が続き、川が氾濫して大洪水が起きた。
    逃げる間もなく家に浸水し始め、祖母はまだ幼い母と弟を連れて屋根に上り、子供達と自分の腰を縄で繋いだ。はぐれないように。「死ぬ時はみんな一緒だ」と祖母は言ったみたい。
    もう終わりだと覚悟した頃、水の勢いが弱くなっていって、それ以上水位が上がらず助かって、しばらく待ったら救助が来てくれたと。
    母や叔父の幼少期の写真はほとんど残ってない。
    あの時万が一のことがあったら私は存在しないんだなと思った。

    +63

    -0

  • 47. 匿名 2016/11/10(木) 10:20:09 

    おばあちゃんから聞いた話。

    戦争中はサツマイモばかり食べていたから今でもサツマイモだけは大嫌い。

    サツマイモを使ったお菓子を食べているとものすごくイヤな顔をしてた。

    そんなおばあちゃんは、9年前に亡くなった。

    戦争中の話をもっと聞いておけばよかった。

    +86

    -0

  • 48. 匿名 2016/11/10(木) 10:20:48 

    祖母からは東京大空襲の時の話。熱さから川に沢山の人が飛び込んで亡くなって浮いていた、と言っていた。
    祖父からは戦時中水がなくて遺体の血でご飯を炊いたけどとてもじゃないが食べられなかった…という話。

    先日祖母が亡くなり、こういう体験を直接聞ける機会がどんどん失われていくんだなぁと思った。

    +71

    -1

  • 49. 匿名 2016/11/10(木) 10:21:04 

    45を書いた者ですが、ちなみに祖父は中国人のことは悪く言いません。
    残留孤児を育ててくれたりした話をします。

    +39

    -2

  • 50. 匿名 2016/11/10(木) 10:21:12 

    子供時代の父が朝鮮人と遊び
    注意しても聞かなかったので物差しで叩いた話を祖母がしてた

    聞いた時は 何てひどい差別する おばあちゃんだと思ったけど
    様々な情報を得た今なら福沢諭吉や祖母の考えが分かる

    +41

    -4

  • 51. 匿名 2016/11/10(木) 10:22:04 

    我が家はその昔、昔話とかで言うところの「庄屋さん」で、そこに嫁いできたばあちゃんは、鉱山のご令嬢だった。
    今から70年以上まえで、トラック2台分の嫁入り道具を持って嫁入りし、革靴を履いて自転車で走り回ってたそうだ。
    …その資産、今どこいったのよ?

    +50

    -0

  • 52. 匿名 2016/11/10(木) 10:24:56 

    昔、旗日に近所の家は、みな日の丸を掲げていたと祖母から聞きました。
    (画像は借り物です)
    祖父、祖母から聞いた話

    +75

    -0

  • 53. 匿名 2016/11/10(木) 10:26:41 

    戦後に没落してしまったけど、祖母の娘時代は家が裕福な農家で町の女学校まで小作人が引く人力車で通っていたそう。
    80になっても自分で山からタケノコ採って来たりしてて逞しい人だと思っていたけど
    昔はお嬢様だったのね~

    +28

    -1

  • 54. 匿名 2016/11/10(木) 10:28:08 

    祖母に聞いた話
    長文です。

    今から45年くらい前に夜遅くに近所の人が、隣の家からぎゃーとさけび声がする。と訪ねてきた。祖父は警察の刑事課なので、事件関連の相談はよくあるらしい。
    その家に向かい、どうかしましたか?と訪ねたら男がでてきて、なんでもないですよ。と答えた。
    次の日、その家で血まみれの男性の遺体が見つかった。
    捜査はしたものの、事件の進展もないまま、月日が経ち祖父は引退し、今から15年前に亡くなった。
    祖父が亡くなってから少しして、電話がきた。
    出たのは祖母だけど、内容はあの例の殺人事件のことで、何か手がかりはみつかりましたか?と探ってたらしい。
    何もありません。と答えたら電話はすぐに切れた。同様の電話が祖父の元同僚にもかかってきてた。

    その電話は犯人の可能性があるけど、時効で捜査打ち切りで誰も深追いはしなかったらしい。当時私は子供だったけど、その話を大人になってから聞いて衝撃だった。
    殺人事件があった家は廃屋になってて、今でもある。

    +44

    -3

  • 55. 匿名 2016/11/10(木) 10:33:31 

    戦争に行った長男さんが亡くなると、そのお嫁さんは次男さんと再婚して、その家をそのまま継ぐ。
    そのことを、『なおる』って呼んでいました。
    私の親戚にも実際いらっしゃいます。
    『○○さんちは、長男さん戦争で亡くなってしまったから、次男さんとなおったんだてー。』とか。
    なので、長男さんとの間に既に産まれていた息子さんとお父さんは、実は甥と叔父さんの関係だったりします。
    家を維持していくのに、お嫁さんはイヤとか言う権利がなかったんだと思います。
    今から考えるとあり得ないけど、みんな生きていくのに必死だったんだなぁと思いました。

    +74

    -1

  • 56. 匿名 2016/11/10(木) 10:33:57 

    戦争のお話かな。
    祖父は戦ってはいなく、薬物を打たされながら寝ずにひたすら文字を書く役割してたらしい。

    +22

    -0

  • 57. 匿名 2016/11/10(木) 10:34:10 

    >>52
    今もしてる家あるよね。
    我が家の目の前は銀行なんだけど、私が小さい頃、ある祝日に銀行が日の丸掲げて無くて
    それを見た曽祖父が銀行のお偉いさんの家に電話。
    「銀行はもしもの時に国の補填を受けるくせに何を考えてるんだ!!!」と怒鳴りあげました。曽祖父は地元で政治とかしてた人だったこともあり、お偉いさん速効飛んで来て日の丸掲げて我が家に挨拶に来てた。
    いつも穏やかなヒイおじいちゃんが怒鳴ってる姿を見たのは、その1度きりでした。

    +47

    -2

  • 58. 匿名 2016/11/10(木) 10:35:41 

    うちの婆ちゃんはアメリカに留学してる。
    子供の時、戦後助けてくれたのはアメリカ人だったから、その国で勉強したいと思ったらしい。

    +42

    -1

  • 59. 匿名 2016/11/10(木) 10:37:37 

    すごくお金持ちの家に生まれたおばあちゃんは、嫁に行った先で自分の着物をすべて質屋に売られてしまったらしい。
    その時代の姑は今なんてもんじゃないよね。

    +56

    -0

  • 60. 匿名 2016/11/10(木) 10:38:03 

    中国人に酷い事をしていたと祖母が顔を顰めながら話してた。聞いていいのかわからなくてそれ以上聞けなかった。

    +7

    -10

  • 61. 匿名 2016/11/10(木) 10:38:53 

    戦争中は本当に、食べるものがなくて、先に亡くなってしまった人間の体を腐敗する前に食べたことがあった。と聞きました。幼い頃聞かされた時はそんなことあるはずないと思っていましたが、大人になってから仕事でも他の高齢者から同じ話を聞くので、当時は本当にあったようです。
    極限の人間は…それほど戦争中はむごいことだったのでしょう。

    +41

    -2

  • 62. 匿名 2016/11/10(木) 10:39:23 

    >>24
    お女郎買う=お金出して売春婦を買う では、お嫁さん(桃)との幸せな生活(実)も無ければ、子供(種)も出来ないよ。
    一時の満足の為やつまらん物にお金を使わず、お嫁さん見付けて幸せになったお前と孫が見たいよ、と言うお婆ちゃんの気持ちだと思った。昔の人は例えて言うのが上手だからね。

    +67

    -0

  • 63. 匿名 2016/11/10(木) 10:44:45 

    私の祖父は戦時中、特攻隊に志願してた。
    でも体重が規定よりオーバーしてたからダメだったらしい。

    +35

    -0

  • 64. 匿名 2016/11/10(木) 10:49:33 

    >>47
    うちもサツマイモ嫌いだった。あと雑炊も嫌い。
    こんなに食料がある世の中でわざわざ戦時中に米をカサ増しして食べてたものをすすんで食べたくないって言ってた。

    +40

    -0

  • 65. 匿名 2016/11/10(木) 10:50:37 

    >>11
    何のために中国にいたんだ?

    +2

    -1

  • 66. 匿名 2016/11/10(木) 10:55:27 

    >>57
    52です。
    コメントありがとうございます。
    本当に素晴らしい曽祖父様でいらっしゃいますね。
    普段は穏やかでいらして、日本を大切に思われていて。
    私が申し上げるのも、おこがましいのですが、尊敬致します。
    仰る様に私の近所の方で日の丸を掲げていらっしゃるお家もあり我が家も祖母からの日の丸で古くなってしまいましたが揚げています。

    +39

    -0

  • 67. 匿名 2016/11/10(木) 10:56:08 

    >>8
    >>25
    1です。
    そうなんですね。おばあちゃん世代はそういうのが多いんですね!

    採用されてて嬉しいです。
    戦争のお話が多いですね。
    私も祖父母が健在なうちに戦時中のことも聞いておきたいです。



    +8

    -1

  • 68. 匿名 2016/11/10(木) 11:06:01 

    祖父が小さい頃病気で肺を一つ取ったから戦争には行けなかったため非国民ってイジメられたみたい。
    戦争万歳はおかしいよ

    +35

    -0

  • 69. 匿名 2016/11/10(木) 11:12:20 

    「戦争はしちゃいけないよ。絶対にしちゃいけない」

    +51

    -0

  • 70. 匿名 2016/11/10(木) 11:16:57 

    晩年、スッゴい仲悪かったじいちゃんとばあちゃん。見合い結婚だしそんなもんかと思ってたらお見合いしたあとばあちゃんがイケメンじいちゃん(洋顔、おしゃれ)に惚れてしまい「A吉さんじゃなきゃお嫁にいかない!!」と泣いてゴネたらしい。

    +26

    -0

  • 71. 匿名 2016/11/10(木) 11:23:52 

    戦時中はみんな頭にシラミがいたらしい。
    ガソリンみたいな強い液体で頭を洗ったりしたらしい。

    +24

    -2

  • 72. 匿名 2016/11/10(木) 11:28:33 

    うちで買ってた猫が2日くらい帰って来なくて心配してたらお祖母ちゃんが「餌入れてる入れ物をひっくり返してその上で火を燃やすと家が火事だ!と思って焦って帰って来るよ。」って言われてお皿をひっくり返してティッシュを燃やしたら本当に猫が帰って来た!
    お祖母ちゃんに「何で?」と聞いてもお祖母ちゃんも理由は知らないけど昔はネズミ退治の為にどの家も猫を買ってたからよくやってたおまじないらしい。ちなみに農家です。

    +41

    -0

  • 73. 匿名 2016/11/10(木) 11:38:29 

    祖父は岐阜の山あいの人だけど、名古屋の空襲の時には空が真昼のように明るかったと言ってたな。
    食糧難のため山で色々な植物を採って食べていたそうで、今でもとても詳しい。
    マツタケは「そこら中に生えてて嫌になるほど食べたきのこなのになぜ高級なんだ」という認識らしい。

    +31

    -0

  • 74. 匿名 2016/11/10(木) 11:41:18 

    戦争時代の話。
    祖母が10代の頃、何もない田舎道を歩いてたら爆撃機が近づいてきた。
    近くを歩いてたおばさんに、目と耳を押さえて伏せろ!言われたので道端にうずくまった。
    その頭の上を飛行機が通りすぎた。
    怖くてもうそろそろ良いかな、と顔を上げたらおばさんはもうすでに遥か遠くを歩いてたらしい。

    爆弾の衝撃で鼓膜が破けて目が飛び出さないように両方押さえるんだって

    +30

    -0

  • 75. 匿名 2016/11/10(木) 11:49:43 

    シベリアで捕虜生活をしていたおじいちゃん。
    普段は明るくて飄々とした人だったけど、ニワトリ小屋がイタチに荒らされてた時「これくらい大丈夫!」と食い殺されたニワトリを捌いて食べてた時はびっくりした。
    過酷な生活をしてたんだもの。それくらい大丈夫!ってなるよね

    +39

    -0

  • 76. 匿名 2016/11/10(木) 12:20:36 

    >>71
    そうだよ。
    それで、米軍が開発したDDTって殺虫剤を頭から掛けられてた。結構な毒だよ。
    なんたって、虫が薬剤の何を恐れて近寄らないか解明(発表?)されてないらしい。分かってるのは「ニオイがいやかもー」って程度。
    私達には一見無縁っぽいけど、虫よけスプレーの成分に「ディート」と書かれてる。意外と身近。
    トピずれでゴメン。

    +10

    -1

  • 77. 匿名 2016/11/10(木) 12:39:38 

    玉音放送を聞いたときの話。
    近所の皆で集まってラジオで聞いたけど、それまで天皇陛下の声を聞いたことなかったからなんて言っているのかよくわからず、「 なんだかよくわからないけど、もしかしたら日本は負けたということか?」という話になったらしい。
    負けたということはアメリカ兵に殺されると思い込んでたみたいです。
    本当に苦しい時代を生き抜いたお年寄りたち。頭が下がります。

    +43

    -0

  • 78. 匿名 2016/11/10(木) 12:55:34 

    中国農村部に侵攻していた祖父。
    戦争さえしていなければ、こんな風光明媚ないいところはない。次の駐留地に移動するのも残念とさえ思った…と、複雑だったそうです。

    +9

    -1

  • 79. 匿名 2016/11/10(木) 13:26:39 

    >>15
    私もそれ関係の話は聴きました。奇形な赤ちゃんが産まれるとお医者さんにお願いしお金をあげて殺してもらうんだそうです。今では大問題ですが、昔はあちこちでよくある話だそうです。あとは姥捨山かな。古い映画を観るまでそういった風習があったとはまるで知りませんでした。

    +13

    -0

  • 80. 匿名 2016/11/10(木) 13:29:14 

    >>19
    北朝鮮の拉致工作員かも知れない。マジで!

    +13

    -0

  • 81. 匿名 2016/11/10(木) 13:32:54 

    母が小さな頃から祖母に口煩く言われていた話。
    海沿いの田舎町に住んでるんだけど、昼夜関わらず、一人だけで絶対に海に行っちゃ行けないって。
    友達と一緒でも、海の向こうから船(ボート)に乗った知らない人や、知らない大人が話しかけて来たらすぐに逃げるようにって。
    海の向こうの国に連れていかれるからって。
    子どもの頃は意味がわからなかったけど、大人になって拉致被害者の話を聞いてぞっとしたって。
    これ、釣りじゃなくて、ほんとの話。

    +56

    -0

  • 82. 匿名 2016/11/10(木) 13:36:36 

    >>40
    八墓村で出てた話ですか?片手に銃、片手に日本刀で最期は首吊り自殺したっていう。

    +11

    -0

  • 83. 匿名 2016/11/10(木) 14:24:02 

    お隣りのお婆さんは夫が戦死したので代わりに義弟と再婚したこと 

    +6

    -0

  • 84. 匿名 2016/11/10(木) 14:35:41 

    家で出産は当たり前だったので、誕生日は夕方以降に産まれたから次の日に産まれたということにして出生届けを出していた

    +3

    -0

  • 85. 匿名 2016/11/10(木) 15:12:24 

    昭和三陸地震に‘3‘が付きまとっている

    1933年3月3日午後2時30分発生

    不思議だねーって話していたのを覚えている

    +3

    -0

  • 86. 匿名 2016/11/10(木) 15:49:50 

    デイケアで働いています。
    田舎の裕福なおうちに生まれた、聡明なおばあさん。
    陛下が終戦を告げた日の朝のこと

    あの日はなぜかすごく静かで、私、あれっと思ったの。
    とってもいいお天気で、空が青かった。
    そして、ものすごい静かだった、今でも覚えてる。

    94歳の綺麗なおばあさんです。
    私の祖母ではないですけど、2年前に聞いて
    すごく印象に残っています。

    +26

    -0

  • 87. 匿名 2016/11/10(木) 16:03:15 

    うちの母の本当の父親は、病気で病院にいた時に、
    空襲で病院に焼夷弾が落ちて亡くなった。

    その後、私が知っているおじちゃんと結婚。
    その、おじいちゃんからは、戦争の話をよく聞かされた。

    今ではもう、聞けないけど、もっともっと、
    おじいちゃん、おばちゃんの話を聞いてあげれば良かった。

    +19

    -0

  • 88. 匿名 2016/11/10(木) 16:05:27 

    >>55
    うちの祖母もそうでした。
    私の叔母さんは祖父(三男)のお兄さん(長男)の子供。長男が戦死してしまって、実家に帰りたい旨を曾祖母に話したら、『お家のために残ってほしい』と泣いて引き留められて、当時10代の少年だった祖父と結婚した。祖父の事も大切にしてたけど、戦死した最初の旦那さんの事も本当に大切に思ってた。当時は若い男の人が戦争にとられて、私の家は女子供ばかりで大変だったようです。

    +7

    -0

  • 89. 匿名 2016/11/10(木) 16:07:29 

    デイケアで働いています。
    田舎の裕福なおうちに生まれた、聡明なおばあさん。
    陛下が終戦を告げた日の朝のこと

    あの日はなぜかすごく静かで、私、あれっと思ったの。
    とってもいいお天気で、空が青かった。
    そして、ものすごい静かだった、今でも覚えてる。

    94歳の綺麗なおばあさんです。
    私の祖母ではないですけど、2年前に聞いて
    すごく印象に残っています。

    +7

    -0

  • 90. 匿名 2016/11/10(木) 16:20:51 

    近所のお婆さんから聞いたはなし。
    そのお婆さんは、女学校の親友と二人で、一緒に看護婦になろうねと約束していたけど、お婆さんは、両親が猛反対して看護婦になれなかった。
    親友は看護婦になり、戦地へ行った。
    数年後、戦地から戻った友人は、戦地で活躍したとかで、後に表彰された。
    表向きは、兵隊さんの手当とか。
    でも、戦地での看護婦の需要な仕事の一つが、堕胎だったそうです。慰安婦や、兵隊にレ◯プされた女性たちの堕胎、望まずに産まれてしまった赤ん坊をその場で殺すこと。
    お婆さんの両親は、戦争中の看護婦が何をさせられるかわかってて、娘を看護婦にさせなかったみたい。
    お婆さんの親友は、帰国後に看護婦を辞めてしまったとか。

    +23

    -0

  • 91. 匿名 2016/11/10(木) 16:43:17 

    不謹慎な言い方だけど、本当に戦争の実体験を語れる方がどんどん減ってきてる。
    いろんな話を聞いておきたい。話したがらない方ももちろんいらっしゃると思うけど…

    +9

    -0

  • 92. 匿名 2016/11/10(木) 16:55:24 

    うちのおばあちゃんの誕生日は本来10/13だったけど、役所に提出したのは10/30、そして受理されたのが10/31。ということで、誕生日は10/31になっている‼︎

    +4

    -0

  • 93. 匿名 2016/11/10(木) 17:09:43 

    祖母の友人は戦中、満州にいたそうです。大人から、女子供は関東軍が守ってくれるから安心していなさいと言われていたのにいざ日ソ中立条約破棄されてソ連軍が侵攻してきたら関東軍がいの一番に逃げたそうです。それ以来、おかみの言う事は信用してはいけないと肝に銘じているそうです。

    +8

    -1

  • 94. 匿名 2016/11/10(木) 17:42:44 

    お婆ちゃんは満州から引き揚げてくる時、髪を坊主にしたそう。なぜなら女とわかるとロシア兵にレ◯プされるから。
    年頃の女性はみんな坊主にして男のフリしたんだって。

    ちなみにお婆ちゃん、ロシア兵のこと"ロスケ"って言ってました。

    +23

    -0

  • 95. 匿名 2016/11/10(木) 18:01:20 

    祖母の姉が結婚した人は、教員として採用されて満州へ。
    写真だけのお見合いで結婚しました。

    関東軍がヘタレで、一番最初に逃げ出してとか、満人をいじめる日本人がいたとか、
    ロシア軍に強姦されそうになったとか

    色々教えてもらいました。

    +6

    -0

  • 96. 匿名 2016/11/10(木) 18:20:25 

    満州樺太で露助の強姦略奪がものすごかった事。白い子を産んで育てた娘もいたし、集団自決した娘もいた。宝田明なんて目の前でソ連兵にお母さんを犯されたって涙流して一生ロシア文化なんて好きになれないって言ってた。みずから望んだ慰安婦なんかよりこっちの方が謝罪を要求すべき。

    +28

    -0

  • 97. 匿名 2016/11/10(木) 19:30:09 

    戦争時代のこと色々勉強になるね。
    ロシア兵にまでそんなことされてたなんて知らなかった…

    +10

    -0

  • 98. 匿名 2016/11/10(木) 20:31:05 

    祖父は父親から聞いた話として旧軍の酷さを挙げていたわ。
    大正年間のことみたいだけど。
    入営してからの食事が朝は麦飯と塩だけ。昼は乾パンと白湯。夜は麦飯に漬物と一品だけという内容。さすが軍隊は厳しいと思っていたら、他の連隊は量も品数も多いという話が流れ出した。
    上官は戦地では水も食料もないのが当たり前と思えとかブチ上げていたけど、
    何のことはない、兵隊の食費を半分近く着服して連隊司令部の将校たちが、
    私的に流用していただけ。
    中央に刺した下士官がいて、司令部ごと入れ替えになったという話よ。

    +6

    -0

  • 99. 匿名 2016/11/10(木) 20:51:10 

    >>52
    今でもうちの近所ではみんなやってます。茨城です。

    +4

    -0

  • 100. 匿名 2016/11/10(木) 21:08:05 

    夜這いの話
    おばあさんの話では昔夜這いというものがあって子供の頃隣の未亡人の家に夜這いが入り駐在さんが来たり大騒ぎになったそうです。
    どうやら夜這いの決定権は女性側にあったらしく機にいればそのまま夜這いさせたらしいです

    +8

    -1

  • 101. 匿名 2016/11/10(木) 21:09:20 

    機にいれば❌
    気に入れば⭕️

    +3

    -0

  • 102. 匿名 2016/11/10(木) 21:23:26 

    >>97 これはジェフリーアーチャーのケインとアベルとか、様々な書物にも記されている。特にソ連に解放されたベルリンでは10万人が強姦されたって。煽りでとばっちりを食らった東欧ではそれ以上が強姦された。朝鮮人のいう慰安婦なんかよりよっぽど史実。

    +7

    -0

  • 103. 匿名 2016/11/10(木) 21:31:38 

    大岡山の学生寮にいたお爺ちゃんが、東京大空襲の日に火消しをしてたら1m横に焼夷弾が落ちて来てグサって地面に刺さって、パカッパカッパカッってクリスマスツリーが開いて「もうダメだ!」って思ったら、不発弾だったって。信管がきちんと作動していたら全身にクリスマスツリーから噴き出したジェル状のガソリンを浴びて焼き殺されていた。日本が受けた爆撃は炸裂弾もあったけどほとんどがナパーム弾だったって言ってた。その後学校も閉鎖されたので千葉に疎開したら、南総のど田舎の駅なのにはぐれグラマンに機銃掃射受けた上にイタチの最後っ屁みたいに爆弾落として行ったって。アメリカも民間人に相当エグいことやってたんだと知った。

    +12

    -0

  • 104. 匿名 2016/11/10(木) 22:10:37 

    おじいちゃんが子供の頃に、川で河童を見たと言ってた。

    +5

    -0

  • 105. 匿名 2016/11/10(木) 23:10:01 

    祖父に歳をきいたら、急にシャキーンと背筋を伸ばして「明治45年7月26日!」と言ったのを覚えている。
    明治生まれの迫力を感じた。

    +10

    -0

  • 106. 匿名 2016/11/10(木) 23:13:29 

    >>90
    麻酔なしでやっても、女性は誰も声をあげなかったと聞いたことがあります。

    +4

    -0

  • 107. 匿名 2016/11/11(金) 00:27:12 

    父方も母方の祖父母、共にお見合いで18歳で結婚してる。
    祖父母みんな5人以上の兄弟あり。
    時代だなぁと思う。

    母方の祖母なんて典型的な嫁いびりを受けて、破水しても助けて貰えず、羊水空っぽになって未熟児の母を産んだとか。

    その姑への恨みが未だに消えず、認知症も重なって祖父へまだ嫁いびりの文句言って攻撃している。

    +7

    -0

  • 108. 匿名 2016/11/11(金) 00:30:00 

    戦争中食べ物がなく
    犬を食べてたことも衝撃的だったけど
    そのうち犬さえいなくなり
    猫を食べようとしたけど
    毛だらけで猫はとても食べられなかったと。

    +1

    -0

  • 109. 匿名 2016/11/11(金) 00:31:23 

    狸によく化かされたって聞いた。

    +3

    -0

  • 110. 匿名 2016/11/11(金) 01:05:40 

    祖父が戦後も数年間、囚われていたそうです。
    たぶんロシア。すみません、子供だったのであまり興味なくてよく覚えてません。
    ちゃんと聞いておくべきでした。
    強制労働よりも空腹が辛かったって。
    食事というより"エサ"が床に、バァーッとばらまかれるから、同房の人と競ってかき集めて食べたそうです。
    バカな奴は、パンの白い部分ばっかり拾うんじゃよ、ミミのが腹にたまるけぇの、って言ってた。

    +8

    -0

  • 111. 匿名 2016/11/11(金) 01:37:16 

    学校にも行けずに戦地へ。終戦を知らず、某島でずっと隠れていた。帰ってきたら、自分のお葬式も終わっていた。
    そんな祖父の青春時代。
    子供にも、その祖父が生きていたからあなたがいるとこれからも語り継いでいってもらいたい。

    +6

    -0

  • 112. 匿名 2016/11/11(金) 20:56:36 

    もう10年も前に亡くなってしまったけど、ロシアで捕虜になっていた時の話を少し聞きました。話しているうちに涙を流すので詳しくは聞けませんでしたが、とても辛いことだったようです。また日本人は野蛮だとも言っていました。

    +0

    -2

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード