ガールズちゃんねる

お勧めの日本古典文学

163コメント2021/05/24(月) 22:57

  • 1. 匿名 2021/05/16(日) 10:52:48 

    最近、源氏物語の解説本を読んで、こんなに面白い話だったんだ!と気付き、古典文学に興味を持ちました。
    源氏物語の現代語訳のお勧めや、その他の古典文学のお勧めを教えてください!

    +27

    -0

  • 2. 匿名 2021/05/16(日) 10:54:51 

    お勧めの日本古典文学

    +5

    -0

  • 3. 匿名 2021/05/16(日) 10:55:01 

    不思議な話が好きだったら日本霊異記
    説話集で一つ一つ話が短いから読みやすい

    +20

    -0

  • 4. 匿名 2021/05/16(日) 10:55:22 

    源氏物語:現代語訳の文章が断トツで美しいのが与謝野晶子、読みやすいのが田辺聖子
    落窪物語:平安版シンデレラ。これも田辺聖子の現代語訳が取っかかりやすい。
    古典の現代語訳じゃないけど、橋本治の「これで古典がよくわかる」もおすすめ。

    +42

    -3

  • 5. 匿名 2021/05/16(日) 10:55:38 

    宇治拾遺物語
    知ってる話も多いし面白い

    +14

    -0

  • 6. 匿名 2021/05/16(日) 10:57:22 

    江戸時代のだけどいい?
    浅井了意という人が書いた「伽婢子(おとぎぼうこ)」の「牡丹灯籠」が好き。
    中国の話を翻訳してるのが多いよ。

    妻に先立たれた男が、美人と会って心を寄せ、両想いになるけど、その美人が実は幽霊で、御祓いとかするんだけど結局男も幽霊になっちゃう話。

    +19

    -0

  • 7. 匿名 2021/05/16(日) 10:58:09 

    とりかへばや物語
    平安時代にこれ書くというか思いつくってなんかすごいわ

    +45

    -0

  • 8. 匿名 2021/05/16(日) 10:58:43 

    最近源氏物語ってw
    中学生で読むだろ
    ガル民って知識レベルが低いんかね?
    だからどうしても入りがオーソドックスな作品になってしまう
    古典文学とかだけでなく、例えば映画トピではタイタニックとプラ悪がガル民御用達だし笑
    重ねて言うけど、教養が中学生なんだよな〜

    日本古典文学であればまあ人並みには語れますが、ここでは場違いになりますかね?

    +1

    -53

  • 9. 匿名 2021/05/16(日) 10:59:01 

    >>6
    へぇ!
    その説明で読みたくなりました

    +5

    -0

  • 10. 匿名 2021/05/16(日) 10:59:07 

    枕草子
    1000年以上前の作品と思えない程共感できる事が多く面白い

    +29

    -2

  • 11. 匿名 2021/05/16(日) 10:59:12 

    江戸時代の恋文のお手本にもされた薄雪物語。
    ある侍が既婚者の薄雪姫に恋をして、最初は断る薄雪姫だったけど侍の熱意に負けて受け入れる。侍が滋賀に行ってる間に姫は病気になり、世を儚んだ侍は出家してしまうというあらすじです。

    +4

    -0

  • 12. 匿名 2021/05/16(日) 10:59:26 

    落窪物語はどうかな?
    シンデレラストーリーだよ
    とても面白いし読み安い長さ

    +16

    -1

  • 13. 匿名 2021/05/16(日) 11:00:00 

    なんかこのトピ好き

    +14

    -0

  • 14. 匿名 2021/05/16(日) 11:01:30 

    更級日記
    普通の女の子の視点から書かれたものだけどそれだけにとても面白いよ
    漫画もあったはず

    +19

    -0

  • 15. 匿名 2021/05/16(日) 11:04:20 

    紹介してくれてるのを幾つか検索して見てきました〜
    興味ある
    よくご存知だ

    +3

    -0

  • 16. 匿名 2021/05/16(日) 11:05:01 

    平家物語の徳子姫(建礼門院)が昔から好きで、彼女に仕えた建礼門院右京大夫集がおすすめ。
    平家の公達に愛された右京大夫だけど、源平の戦いで恋人が死に、かつて仕えた徳子も尼僧姿となってしまったのが悲しい、という痛切な思いが述べられているよ。

    この時代は月を詠んだ和歌は多いけど、星の美しさに目を向けたのも彼女。和歌は新古今時代らしくロマンチックなのが多い。

    +19

    -0

  • 17. 匿名 2021/05/16(日) 11:05:59 

    ホツマツタヱ

    +2

    -1

  • 18. 匿名 2021/05/16(日) 11:08:30 

    御伽草子はどうかな?
    色んな話が入ってるけど、私は玉水物語が幻想的で面白いなぁとと思った
    人間のお姫様に恋をした狐がお姫様の側にいたいとお付きの家来に化けるという話

    +6

    -0

  • 19. 匿名 2021/05/16(日) 11:10:17 

    >>8
    教育的な観点から言いますが、源氏物語は性描写を含むことと、文法、当時の習俗などが難しいので高校から学習します。こんな作品があるんだよ、くらいには紹介しますが、さすがに中学生に教えるにはハードルが高いです。もちろん自主的に読む生徒もいると思いますが。

    あと、そんなにおっしゃるなら人並みに語ってくれませんか?

    +30

    -1

  • 20. 匿名 2021/05/16(日) 11:10:55 

    「男はつらいよ」
    お勧めの日本古典文学

    +0

    -4

  • 21. 匿名 2021/05/16(日) 11:12:06 

    >>8
    お勧めの日本古典文学

    +3

    -0

  • 22. 匿名 2021/05/16(日) 11:12:13 

    >>19
    中学生が早くて高校生なら性描写OKなのも文科省どうなんだろうね

    +2

    -6

  • 23. 匿名 2021/05/16(日) 11:12:35 

    伊勢物語!
    平安のプレイボーイ在原業平(がモデルと言われてる)が主人公
    源氏物語面白いと感じるならはまると思います

    +24

    -0

  • 24. 匿名 2021/05/16(日) 11:12:44 

    とはずがたりがエロい。筆者の後深草院二条がモテモテで羨ましいわw
    古典じゃないけど「殴り合う貴族たち」という本が面白い。武家と違ってなよなよしてそうな印象だけどまろさんたち結構短気

    +16

    -0

  • 25. 匿名 2021/05/16(日) 11:14:08 

    >>8
    人を不快にさせないという小学生レベルの教養を身につけてないようで・・・

    +30

    -0

  • 26. 匿名 2021/05/16(日) 11:15:56 

    南総里見八犬伝

    +12

    -0

  • 27. 匿名 2021/05/16(日) 11:16:33 

    今昔物語集たしか男装した美女に男の人がムチで打ち据えられる話があってこんなマニアックな性癖がこんな時代から…!と震えた記憶がある

    +8

    -0

  • 28. 匿名 2021/05/16(日) 11:17:28 

    我が身にたどる姫君

    日本最古のレズ小説。。

    +2

    -0

  • 29. 匿名 2021/05/16(日) 11:19:26 

    ガルの歴史トピ馬鹿にする人いるみたいだけど、提案し合って楽しむ人の方が好感度大だよ

    面白そうなのを見てみる!

    +11

    -0

  • 30. 匿名 2021/05/16(日) 11:19:31 

    古代日本の天皇家や貴族のゴシップ大好き
    続日本紀
    枕草子
    とはずがたり
    増鏡

    最近、古事談の現代語訳の文庫出たから読む。

    +5

    -0

  • 31. 匿名 2021/05/16(日) 11:20:04 

    >>26
    面白いよねー
    私も好き

    +4

    -0

  • 32. 匿名 2021/05/16(日) 11:20:42 

    個人的に好きなのを挙げる
    ・万葉集
    ・伊勢物語
    ・源氏物語
    ・しのびね
    ・建礼門院右京大夫集
    ・松浦宮物語
    ・恨みの介
    ・薄雪物語

    +7

    -0

  • 33. 匿名 2021/05/16(日) 11:21:52 

    日本の古典に入れていいのか微妙だけど伊曾保物語
    イソップ物語を日本版にするとこうなるのかーってすごく面白かった
    オチとか習俗の違いも上手く工夫してるから翻訳した人凄く考えたなって思うわ
    アメドラ日本版作るときは見習ってほしい

    +8

    -0

  • 34. 匿名 2021/05/16(日) 11:24:16 

    >>8
    ひょっとして「論破」のつもりで書いてる?
    ただの悪口だよ、これ
    最近、論破を勘違いして、本人は舌戦のつもりなんだろうけど、ひとつも情報や教養や考えが入っていない雰囲気だけ、相手の否定だけの悪口を持ってくる人がいるよね
    話言葉だと腹立つけど、書き文字で読むと見てるこっちが恥ずかしいね…

    +27

    -2

  • 35. 匿名 2021/05/16(日) 11:24:36 

    >>30
    追加
    大鏡も
    藤原氏の家族・親戚トラブルのゴシップだらけで楽しい
    親戚は当然、天皇家を含む

    +7

    -0

  • 36. 匿名 2021/05/16(日) 11:26:24 

    個人的には、源氏物語は谷崎源氏が一番綺麗に感じられて好き

    あとは日本書紀、方丈記とかが好きかなあ
    雨月物語も面白いよ

    +10

    -0

  • 37. 匿名 2021/05/16(日) 11:27:24 

    紫式部日記。清少納言以外にも色んな人に喧嘩売ってて面白いよw
    清少納言→高慢ちきで知ったかぶりして漢字を書くが、よく見ると間違っている
    和泉式部→歌は上手いが理論的じゃない。口からついて出るのが面白いだけ。
    小少将の君→美しいけど子どもっぽいわね。
    宮木の侍従→ババ臭いw
    五節の弁→昔は髪が黒々して豊かだったのに、今はびっくりするくらい抜け落ちたわね。
    斎院のサロン→あそこは暇だからあんな優雅なの。それに比べてわが中宮サロンは忙しいんだから殿方の相手ばっかりできやしない。

    面白い。変な芸人より面白い。

    +22

    -0

  • 38. 匿名 2021/05/16(日) 11:27:36 

    >>8
    大きすぎる釣り針では魚は釣れないよ
    海底の岩に引っかかって自分が海に落ちないように気をつけてねw

    +7

    -0

  • 39. 匿名 2021/05/16(日) 11:30:42 

    >>18
    面白いですよね
    文も易しいし。

    この後に太宰のお伽草子を読むとまた一興

    +2

    -0

  • 40. 匿名 2021/05/16(日) 11:31:28 

    紫式部、大人しそうなイメージなのに日記では毒を吐くのが癖らしい。
    同僚の悪口、ライバル大斎院サロンの悪口、清少納言への批評。
    自分に関しては「大納言が『こちらに若紫はおいでかな?』って言ったけど知らんふりしたわ」→大納言(藤原公任)は当代一の文化人で、その文化人が私の作品を読んでいる!という遠回しな自慢
    「帝がこの人は日本書記を読んでいるね」とおっしゃった→私は教養があるのという遠回しな自慢
    「兄が子どもの頃漢文を習っていたのを隣で聞いて、女の私まで覚えちゃった」→当時女に漢文は不要とみなされていたが、漢文の教養が幼少の頃から培われてきた自慢


    嫌いじゃない。こういう自己顕示欲は誰だって持ってるし、紫式部はそれを持つにふさわしい作家だから。

    +13

    -0

  • 41. 匿名 2021/05/16(日) 11:34:01 

    方丈記
    行く川の流れは絶えずして…で有名。現代語訳読みやすい。
    いろんな災害を悲しみつつ 小さい庵を慈しむ暮らしがコロナ禍の今と通じる。

    +16

    -0

  • 42. 匿名 2021/05/16(日) 11:34:15 

    >>26
    完結まで30年くらいかかってて、仲間が出会うまで20年くらいかかってるらしいね
    途中で結末知らずに亡くなられたファンもいるだろうな~と読むと妙に感慨深い

    +5

    -0

  • 43. 匿名 2021/05/16(日) 11:34:44 

    古事記 福永武彦 訳

    竹取物語 川端康成 訳

    +5

    -0

  • 44. 匿名 2021/05/16(日) 11:36:22 

    「いいね!光源氏くん」読んで妄想したけど紫式部が現代に来たら自サバのお局でめっちゃ嫌われるタイプじゃないかな。ガルにドはまりしそうだし、親しみは持てるけど関わりたくはない。

    +13

    -0

  • 45. 匿名 2021/05/16(日) 11:38:39 

    >>26
    超大型娯楽作品だよね
    仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌の球とか、痣の設定とか厨二心くすぐるよね

    +10

    -0

  • 46. 匿名 2021/05/16(日) 11:38:51 

    ちゃんと文章で読んでないけど
    中公文庫の日本の古典シリーズまんが
    水木しげるの今昔物語
    同じシリーズで坂田靖子の堤中納言物語
    おもしろくて好き

    +5

    -0

  • 47. 匿名 2021/05/16(日) 11:40:05 

    鼻がとても大きな和尚さんの話ってなかったけ?

    +1

    -0

  • 48. 匿名 2021/05/16(日) 11:42:28 

    虫愛ずる姫君
    おそらく日本最古に文学に登場した理系女子
    ヒロインがかなりの変わり者で今でいう
    アスペルガー傾向の人をモデルにしたと思う
    姫に恋文を渡す若者も良いキャラしてる

    +11

    -0

  • 49. 匿名 2021/05/16(日) 11:47:08 

    >>8
    語ってくださいよ。遠慮しなくていいから。ホラ語れよ。

    +6

    -0

  • 50. 匿名 2021/05/16(日) 11:47:26 

    >>8
    古文漢文の必要性についてのトピが先日あって、そこに必要ない!の論破さんがいたけどあなたと戦わせたい

    +6

    -0

  • 51. 匿名 2021/05/16(日) 11:54:33 

    素朴な万葉集とすてきな新古今和歌集
    万葉集がざくざくショートブレッドだとすると新古今和歌集は口に溶けるようなラングドシャ

    +7

    -1

  • 52. 匿名 2021/05/16(日) 11:57:55 

    とりかえばや物語

    平安時代にもこんなお話を書いていた人がいるなんて……と驚いた

    +6

    -0

  • 53. 匿名 2021/05/16(日) 11:58:06 

    >>8
    私は大学は古典専攻でした
    ぜひ語り合いたいので、存分に語ってください

    +16

    -1

  • 54. 匿名 2021/05/16(日) 11:59:24 

    枕草子は清少納言が見たままを書いてる感じだから平安時代はこうだったんだ~みたいなのが想像しやすいよ

    +10

    -0

  • 55. 匿名 2021/05/16(日) 12:01:39 

    源氏の本編より宇治十帖がいい。情緒があって悲哀感に満ちており、太陽のような光源氏に対してその孫世代が悲恋に生きる物語。作者が違うという説があるくらい源氏本編とは印象が違う物語。

    +7

    -0

  • 56. 匿名 2021/05/16(日) 12:02:12 

    >>8
    映画トピの部分、めっちゃ共感する
    教育レベルとかは言うつもりない。
    けど、いつもいつもタイタニック、ジブリ、マイインターン、ビューティブロンド…って感じでトピタイ変わっても内容一緒

    +2

    -2

  • 57. 匿名 2021/05/16(日) 12:04:44 

    >>8
    どうぞ語ってください
    大学では有職故実研究で院まで出ましたので、古典文学作品は色々と参考にさせていただいたけど、その程度の素人ですから、あなたが語るのをぜひお聞きしたいわ

    +12

    -3

  • 58. 匿名 2021/05/16(日) 12:06:35 

    >>24
    「殴り合う貴族たち」面白いよね
    貴族のおっとり雅なイメージが覆される

    +6

    -0

  • 59. 匿名 2021/05/16(日) 12:08:04 

    >>5
    平中物語はびっくりするよね。平安時代のスカトロ。
    高校受験の問題でこれが出題されて笑いを堪えながら試験受けました。
    出題者の好み駄々漏れにしても中学生には刺激が強いよw

    +6

    -1

  • 60. 匿名 2021/05/16(日) 12:09:51 

    >>8
    源氏物語が中学生向けって言ってる時点で…
    古典文法、特に接尾語は意味が解明されてないものも多いって知らないのがバレバレ。百人一首の歌の意味も全部解明されてると思ってた?
    古典は人によって解釈が違うから、時代を超えて老若男女に愛されるんだよ

    +11

    -0

  • 61. 匿名 2021/05/16(日) 12:17:44 

    >>47
    今昔物語の1つでしょ?

    一般的には芥川の「鼻」が有名だけど。

    +1

    -0

  • 62. 匿名 2021/05/16(日) 12:22:36 

    >>46
    土田よしこの東海道中膝栗毛も良かったよ!笑えた

    +3

    -0

  • 63. 匿名 2021/05/16(日) 12:23:48 

    アイロンヘッドの平家物語の歌好き

    +1

    -0

  • 64. 匿名 2021/05/16(日) 12:28:21 

    みんな教養あるな。勉強になるわ。

    +10

    -0

  • 65. 匿名 2021/05/16(日) 12:44:38 

    >>8
    大学は文学部で専攻は中古でした。卒論は源氏物語でした。卒業して20年以上経つけど、今でもいろいろな作家の現代語訳を何回も読み返して、解釈の違いになるほどーと感心したり、若い頃には気がつかなかった自分自身の解釈が変わってきたりして、楽しいですよ。もちろん漫画のあさきゆめみし も何回も読み返してます。
    ガルの映画や小説のトピは趣味や視点の違う方のお勧めを知れて、意外と役に立つ。是非、あなたの御高説を賜りたく存じます。よろしくお願いいたします!

    +10

    -0

  • 66. 匿名 2021/05/16(日) 13:18:15 

    >>47
    宇治拾遺物語にも出てきますよね!
    鼻の角栓を取る描写が妙にリアルだった

    +3

    -0

  • 67. 匿名 2021/05/16(日) 13:23:19 

    >>6
    修善寺物語で有名な岡本綺堂も、中国の明時代に書かれた牡丹燈記(瞿 宗吉)をその昔翻訳してる。

    +0

    -0

  • 68. 匿名 2021/05/16(日) 13:28:44 

    散逸したり欠落した物語、どんなだったんだろう
    源氏の「輝く日の宮」「雲隠れ」とか
    「月待つ女」「かばねたづぬる宮」なんて読みたい!
    「かばね」って死体ですよね、どんな話…

    +5

    -0

  • 69. 匿名 2021/05/16(日) 13:36:15 

    >>66
    いちご鼻のひどいヤツか、顔ダニがいたのかな?なんて思ってる

    私は死んだ父親がナマズに生まれ変わっているのを夢で知りながら、美味しく食べてしまう話が印象に残ってます
    もちろん罰があたるんだけど、この話は何を言わんとしているのかって
    ひたすら不気味

    +5

    -0

  • 70. 匿名 2021/05/16(日) 13:47:21 

    >>7
    氷室冴子さんの「ざ・ちぇんじ!」で知ったけど原本はなかなかエグかった

    女君が「私はこんな扱いをされて良い身ではない」って、他にも妻を持つ男から身を隠す辺りはすごいよね
    考えている事は気振にも出さず、それどころか優しい言葉までかけて安心させておいて決然と脱出

    +3

    -0

  • 71. 匿名 2021/05/16(日) 13:57:00 

    >>45
    なんというか、声に出して読みたい物語
    ぱきっぱきっとした文章が気持ちいい

    +3

    -0

  • 72. 匿名 2021/05/16(日) 14:16:22 

    宇治拾遺物語
    雨月物語

    共に面白い

    +0

    -0

  • 73. 匿名 2021/05/16(日) 15:10:22 

    枕草子、徒然草はエッセイ感覚で読めるから楽しい!
    清少納言さん、今の時代の方だったらTwitterとかめっちゃフォロワー多そうだな〜

    +3

    -0

  • 74. 匿名 2021/05/16(日) 15:10:48 

    >>8
    マウントとりたいだけで中身知らなそう。
    この人たぶん登場人物すら知らなそう。
    いづれの御時にか…この後すら言えなそう。

    +6

    -0

  • 75. 匿名 2021/05/16(日) 15:15:17 

    源氏

    あらゆる要素が詰まってて現代小説いらんとすら思う

    +2

    -0

  • 76. 匿名 2021/05/16(日) 15:15:20 

    >>50
    いたいたw1
    1人でボコボコにされながらも古文漢文不要って主張し続けてたね。強情なだけで中身ない人だった感じ。

    +3

    -0

  • 77. 匿名 2021/05/16(日) 15:19:12 

    >>57
    平安時代を語ろうトピにいらっしゃった御方とお見受けしますわ。

    +4

    -0

  • 78. 匿名 2021/05/16(日) 15:21:55 

    >>45
    ドラゴンボールに影響与えた?

    +2

    -0

  • 79. 匿名 2021/05/16(日) 16:09:50 

    讃岐典侍日記かなぁ
    親しい人が亡くなる時の周りの人々の動きとか主人公の心の内とかとかの描写がリアルで

    +1

    -0

  • 80. 匿名 2021/05/16(日) 16:15:54 

    >>37
    >>40
    同じ方かな?
    古典文学をなろう小説に変換してみた
    みたいで面白いわ

    +1

    -0

  • 81. 匿名 2021/05/16(日) 16:17:08 

    >>3
    それならば「今昔物語集」もー。
    東洋文庫が好き。

    +0

    -0

  • 82. 匿名 2021/05/16(日) 16:19:40 

    >>78
    そうみたいだよ
    鳥山先生がインタビューかなんかで
    「珠を集めるのは里見八犬伝からです」って言ってたそうな

    +2

    -0

  • 83. 匿名 2021/05/16(日) 16:22:02 

    >>45
    連載が長くて完結を見ずに寿命が尽きたファンが多数いたって聞いた。
    滝沢馬琴は当時としては長寿、享年82歳。

    +2

    -0

  • 84. 匿名 2021/05/16(日) 16:25:21 

    雨月物語は古典?

    +3

    -0

  • 85. 匿名 2021/05/16(日) 16:49:21 

    >>78
    念のため調べてきたけど

    1983年に薬師丸ひろ子主演の里見八犬伝が結構ヒットしたと思うんだけど
    (おばさん観に行った)
    ドラゴンボールが1984年から連載開始してるから
    こっち経由の可能性もある。

    +2

    -2

  • 86. 匿名 2021/05/16(日) 16:51:45 

    円地文子訳の蜻蛉日記。作者の道綱母は、嫌みなところもあるし、とにかく怒りっぽい。だけど自身の心理描写もさることながら、折々の自然の描写が美しくて、時々読み返したくなります。
    あと、地味に当時の食事シーンが少しだけ出てくるんですが、そのなかで「どくだみに柚子の汁をかけて食べた。美味しかった」とあるのがめっちゃ気になってます。本当に美味しいのかな?

    +4

    -0

  • 87. 匿名 2021/05/16(日) 16:56:54 

    >>48
    この姫君をモデルにして宮崎駿はナウシカを作ったらしいね
    虫愛ずる姫君 読んだ事ないけど面白そう~

    +6

    -0

  • 88. 匿名 2021/05/16(日) 17:21:29 

    >>85
    無いと思うよ。
    角川の映画や蒼也ぴんくの漫画以前から南総里見八犬伝は誰でも知っている物語だから。

    +2

    -0

  • 89. 匿名 2021/05/16(日) 18:18:54 

    >>88
    なんで断言できるの?
    鳥山明がそう言ってた?

    ケンカ売りたいわけじゃないけど
    あの当時を知ってる身としては
    「誰でも知ってる物語」ではなかったけど。

    +0

    -4

  • 90. 匿名 2021/05/16(日) 18:42:45 

    >>77
    77さんもご覧になってたのですね、あのトピ。そうです、居りましたわ
    僭越ながら、平安時代の人たちが汚いって言うのは現代人の傲りと書かせていただいた者です

    因みにお薦めは狭衣物語です
    源氏物語のパクりとか昔は言われ批判されていたのですが、構成の面では源氏物語を上回るのではと見直されてきたお話です
    本当に技巧が素晴らしく和歌や仏典の多様が見られることから作者の知性が窺え、源氏物語より現実的であるのに波乱に富んだ展開。目を剥いてしまします

    +1

    -1

  • 91. 匿名 2021/05/16(日) 18:43:45 

    >>57
    煽られないで…
    自分も文学部卒だけど文学部って自分の畑ではすぐオラつくから見ていてちょっとはずかしいよ

    歴史トピにもくどい人がいて一気につまらなくなるの

    +0

    -6

  • 92. 匿名 2021/05/16(日) 18:48:18 

    >>89
    江戸時代以降も長く人気だった
    明治時代ですら今でいうタオルやキーホルダーやフィギュアのようなファングッズもあってwよく売れていたみたいだし

    +1

    -0

  • 93. 匿名 2021/05/16(日) 19:00:50 

    >>92
    どうしても言ったことは曲げられないのね。

    いとこがジャンプ買ってたから
    ドラゴンボール連載第一話から途中まで読んでたけど
    どう見ても角川から拝借したと思ったな。

    きっかけは映画→原作だと思うけだね

    +0

    -2

  • 94. 匿名 2021/05/16(日) 19:14:01 

    >>89
    里見八犬伝は、NHKの人形劇もあった(古っ)。子供の頃は人形劇、中高生で角川映画だったな。
    ドラゴンボールに影響与えたかどうかは知らん。

    +3

    -0

  • 95. 匿名 2021/05/16(日) 19:25:22 

    >>91
    あら、それなら他の方にもそうご忠告なさったら? それにあれは学会発表で言うところの、素人質問ですが……と同じよ。煽られてるわけじゃないのだけど。同じ文学部として恥ずかしい思いをさせててしまったのなら謝りますわ

    +1

    -3

  • 96. 匿名 2021/05/16(日) 19:42:17 

    >>93
    別人だよ。煽ってないよ。
    別人のレスを同一人物だと思って頓珍漢なレスを返す、がるちゃん あるあるw
    曲げられないのは自分じゃん。
    自分が初めて知ったのが角川映画だったからでしょ。

    角川のとドラゴンボールは全く違うじゃん。
    角川の八犬伝では玉集めに注力してないし。

    八犬伝は昔から歌舞伎、お芝居、読み本、子供向けの本でもあったし。

    私が初めて知ったのはひかりの国の漫画。
    あとヤッターマンでも絡めた回があったよ。

    +3

    -1

  • 97. 匿名 2021/05/16(日) 19:45:28 

    >>87
    着想は虫愛づる姫君でナウシカの名前はギリシャ神話のナウシカア王女からなんだってね。

    +3

    -0

  • 98. 匿名 2021/05/16(日) 19:48:26 

    >>57
    院まで出て今なにしてんの?
    高い金使ったんだから研究者とか?

    +0

    -4

  • 99. 匿名 2021/05/16(日) 19:51:33 

    なんなんこの全然謙遜してない教養を鼻にかけまくりコメント祭り(笑笑)

    +4

    -0

  • 100. 匿名 2021/05/16(日) 20:03:10 

    >>73
    宮のめでたくときめかせたまひしことばかりを身の毛も立つばかり書き出でて~この気概に泣ける

    +0

    -0

  • 101. 匿名 2021/05/16(日) 20:10:12 

    >>73
    清少納言のブログ、ちょくちょく炎上しそう笑

    +3

    -0

  • 102. 匿名 2021/05/16(日) 20:12:15 

    >>98
    そうですね、恐縮ながら研究者の端くれをさせていただいてますわ

    +0

    -0

  • 103. 匿名 2021/05/16(日) 20:12:36 

    >>89
    ヨコだけど

    幼い頃、テレビで「新八犬伝」をやっていて大人気だったのを憶えてる。
    南総里見八犬伝ベースの人形劇で、1973年から2年くらいやってた、その後小学校に入ってから周りも知ってたよ。
    「我こそは玉梓が怨霊〜」ってセリフも流行ったな。
    だから当時は今よりも知られてたと思うよ、ちなみに関東の話だけどね。

    +1

    -0

  • 104. 匿名 2021/05/16(日) 20:16:43 

    >>91
    横だけど…どんなに周りくどくても>>8ほど無益で水かけるようなつまらない人はいないでしょうよ

    +1

    -0

  • 105. 匿名 2021/05/16(日) 20:23:19 

    研究者の方もいるので質問してもいいですか?
    源氏物語とかは皆に回し読まれること前提で書いてたと思うんですけど、いろんな○○日記は読ませる前提で書いてたんですかね?「男もすなる」土佐日記とかさ身バレはしないようにしてたの?(後世でばれたとしても)
    出版事情ってどうなってたんだろ?
    源氏物語は面白いから女房たちがこぞって書き写したのよね?

    +0

    -0

  • 106. 匿名 2021/05/16(日) 20:32:18 

    >>16
    「たまきはる」は好き?
    徳子の叔母さんの建春門院に仕えた人(定家の姉)の回想記
    平家の時代や文化をゆかしく思う声に応えて書かれたとか

    清盛系統の平家が滅びて彼らの話はタブーになったかと思いきや、そんな人達も多かったのね
    幼い帝を始め、たくさんの人々を亡くした悲しみはどんなにしても癒やせないけど、女院にもそんな世の中雰囲気が伝わって少しでも慰められていたと思いたい

    +1

    -0

  • 107. 匿名 2021/05/16(日) 20:32:52 

    >>102
    横だけど、無知な素人相手にイキるのはそろそろやめときな
    仮にも研究者なら

    +0

    -2

  • 108. 匿名 2021/05/16(日) 20:54:18 

    >>89
    薬師丸ひろ子の映画の原作は最近、書店で文庫が積まれているのを見たなぁ、再販されたのね
    昔、家にあったけど結構エログロ、官能小説?って感じだった

    里見八犬伝が映画で脚光を浴びたのは事実だろうけれど、あまりにも馬琴とは別ものだからねぇ
    私自身は子供用に書き直されたもので読んだのが最初だった
    子供には手に取る機会の多い古典だと思うよ、源氏や枕草子よりもずっとね

    +2

    -0

  • 109. 匿名 2021/05/16(日) 21:13:05 

    >>105
    日記ってものが現代とは違ってたんじゃない?
    土佐日記もそうだけど事実じゃない物語性があったり回想記だったり
    私達が考える日記は個人的なもので秘密にしておきたい事もあるけれど、他人に読ませるものも「日記」だった

    ただ、例えば紫式部日記はお仕えする中宮彰子の出産の記録として書かれた、他人に読ませるための記録でもあり、かと思えば有名な清少納言等への感情的な批判もあり、で公私がはっきりしない(元々、式部の私的な日記があって、出産の際に編纂したから?)
    こんな感じでケースバイケースなんでしょうね

    +0

    -0

  • 110. 匿名 2021/05/16(日) 21:17:32 

    >>93 の主観による思い込みやん。
    それこそ鳥山明が角川の映画から思いつきましたって言ったの?

    +4

    -0

  • 111. 匿名 2021/05/16(日) 21:19:35 

    >>99
    なんか自分は教養あるあるが沸いてるね

    +2

    -0

  • 112. 匿名 2021/05/16(日) 21:24:12 

    ドラゴンボールと里見八犬伝で揉めてるけど、玉を集める以外に似たところなんてある?
    強いて言えば面白い物語ってとこだけじゃん?
    作者が馬琴で知ったか映画で知ったかなんて、どうでもいいことに思えるけど

    +1

    -1

  • 113. 匿名 2021/05/16(日) 21:27:39 

    >>108
    角川のは新兵衛が主人公で、えっ?!ってなったわ。
    更に謎なのが静姫って誰??だった。
    原作を知らないで映画を見た子が「八犬伝の映画が面白かったー!」って言ってから共通の話題を話そうとして、
    私は映画を知らなかったので八犬伝の話がお互い全く噛み合わなかったわw

    今年の初めにテレビで舞台の八犬伝を観たらトリプルアクセルぐらい捻って改変してたわw
    舞台を先に知った子は原作を読むと余りの違いにビックリするかもね。
    リトルマーメイドと人魚姫のように。

    「八犬伝って居酒屋?」と言うタイプの人もいるよねー。

    +0

    -0

  • 114. 匿名 2021/05/16(日) 21:33:20 

    >>103
    関西も放映してたよ。
    辻村ジュサブローの人形が使われていたんだよね。

    お勧めの日本古典文学

    +1

    -0

  • 115. 匿名 2021/05/16(日) 21:38:35 

    >>105
    藤原道長など平安貴族の日記は、宮中行事や家の行事の式次第とか注意事項とかを子孫に伝えるための指南書。
    だから日記は男が書くもので、ゆえに土佐日記では"女も日記を書いてみようと思って"となる。
    土佐日記は公開を前提としたネカマ日記。バカリズムが書いた『架空OL日記』みたいなもん。

    +1

    -0

  • 116. 匿名 2021/05/16(日) 21:39:57 

    >>114
    関西でも人気はあったんですか?
    私は当時幼かったから黒子が何だかよくわからなくて、母に訊いた記憶がありますw
    大きくなってから、日航機墜落事故で亡くなられた坂本九さんだったことを知りました。

    +2

    -0

  • 117. 匿名 2021/05/16(日) 21:47:21 

    円地文子の「源氏物語私見」とか橋本治の「源氏供養」とか、作家の書いたものはさすがに読ませる
    円地文子は須磨の巻で都に残された紫の上に色っぽい事件が起こらないのが不満だったみたいだね
    ストーリーテラーとしては、自分ならこうするって思うところがあるんだろうな

    彼女は六条御息所が好きだったらしく「女面」では小説の中にヒロインが書いたという御息所に関するエッセイが入ってたり、歌舞伎にもしてる
    亡くなった歌右衛門の御息所だったなんて、野宮の別れを観たいなぁ…

    +0

    -0

  • 118. 匿名 2021/05/16(日) 21:52:16 

    >>115
    「日記文学」ってくくりが誤解を生むんじゃない?
    平安期で言えば「蜻蛉日記」、「和泉式部日記」、「更科日記」みんな回想記だもんね

    +0

    -0

  • 119. 匿名 2021/05/16(日) 21:58:28 

    >>116
    よく覚えてないけど人気はあったと思う。
    私もよく分からずぼーっと見てた。
    黒子は人形劇だからいるんだなって。文楽と同じようなものかと思ってました。
    坂本九さんなのは今知りましたw
    友人がファンで毎週欠かさず見てた。
    どっちかってと友人はジュサブローファンだけど。
    大体その友人から話を聞いてた。

    +1

    -0

  • 120. 匿名 2021/05/16(日) 22:00:34 

    >>119
    私も見てた。ただ小さすぎたから内容はあんまりよく覚えてない。
    当時は子供が見るテレビ番組なんて限られてたから、好き嫌い関係なくただ見てた感じ。

    +1

    -0

  • 121. 匿名 2021/05/16(日) 22:01:33 

    >>118
    ヨコから失礼。
    「明月記」は本当に日々のことを書いた日記だよね?
    かに星雲の超新星爆発の話題で必ず出る。

    +0

    -0

  • 122. 匿名 2021/05/16(日) 22:04:39 

    >>118
    ネカマは置いといて、
    女性が書いた日記は非公開前提てことかな。でも結局は後世に残ったんだから、死んでからなら公開OKのつもりだったのかも。

    +0

    -0

  • 123. 匿名 2021/05/16(日) 22:06:27 

    >>121
    200年後のその時代なら、今の日記の意味に近いかも?

    +1

    -0

  • 124. 匿名 2021/05/16(日) 22:07:58 

    >>105
    そうですね、基本的に日記は他人に読まれるものとして書かれています
    大まかに、男性は公的事項について、女性は私的事項ついて、それぞれ伝えたいことを書いていると考えて良いでしょう
    一つ例を挙げますと、蜻蛉日記は、女性の教養としての和歌、この場面ではこういう歌を詠むものですよと、言うなれば和歌の教科書としての役割を持ちます
    他にも自叙伝としてだったり、感情の吐露であったり、時には女性の存在意義について考えてみたり。何にしても、作者が伝えたいことを書いています
    出版については──出版というのかは微妙ですが、仰る通り手書きです。原本を借りて手書きで写します。原本が無理だとその写しを写し、写し、写し……。字の上手な人が書いた写本は持て囃されたそうです

    因みに土佐日記は最初から紀貫之が書いたものとして発表されています。「男もすなる」については、この文章を平仮名で書くのだということを洒落て表したのだと仰る方もいらっしゃいますし、私的事項について書く=女性(男性の日記は公的事項についてが主だったため)になりきって書くのだということであると仰る方もいらっしゃいます

    +2

    -0

  • 125. 匿名 2021/05/16(日) 22:08:56 

    >>68
    三島由紀夫の絶筆「豊穣の海」に影響を与えた輪廻転生の物語「浜松中納言物語」とかね、読みたいなぁ
    今になって散逸した巻が出てくる事があるのかな?
    期待して待ってるけど、どうなんだろう

    +0

    -0

  • 126. 匿名 2021/05/16(日) 22:31:12 

    >>123
    答えてくれてありがとう!
    明月記って日記ってタイトルに付いてないなって思ってたけど多分、明月が日々って意味だよね。
    光陰と同じ意味っぽい。

    +0

    -0

  • 127. 匿名 2021/05/16(日) 22:43:54 

    雨月物語が好き
    子供の頃に児童向けの本で読んだ吉備津の釜が怖かったので敬遠してたけど
    あの髪の毛だけが残ってたってのはトラウマレベル
    青頭巾も子供には意味が解らなかったし

    今は崇徳院の霊が出てくる白峯が好き
    西行が崇徳院の亡霊と出会う、それだけの話なんだけどね

    春雨物語も読み返そうかな
    雨月に比べて淡々としててあんまり…だったんですが

    +1

    -0

  • 128. 匿名 2021/05/16(日) 22:44:04 

    >>126
    御堂関白記とか権記とか小右記とか、男性が書いたのは名称に"日"が付かないのかな?

    +1

    -0

  • 129. 匿名 2021/05/16(日) 23:07:28 

    あさきゆめみし 。
    小学生の頃から家にありよんでましたが、
    大人になってとんでもない話だと気づきました。

    +2

    -0

  • 130. 匿名 2021/05/17(月) 00:08:39 

    >>110
    はい?
    更に調べてみたけど
    南総里見八犬伝とは書かれているけど
    薬師丸ひろ子の映画はきっかけではありません。
    とは書かれていなかったけど。

    まあ詳しい皆さんがそう思いたいのは別に構わないけど
    考古学みたいに
    はっきり明確なものがなければ
    完全に否定してはいけないと思うけどね。

    お勧めの日本古典文学

    +0

    -2

  • 131. 匿名 2021/05/17(月) 00:16:57 

    >>130
    横からごめん
    「南総里見八犬伝」なら馬琴のでしょ
    映画は「里見八犬伝」、鎌田敏夫の原作は「新・里見八犬伝」だもの

    あなたが出してくれたコレで決まりだと思うんですが

    +3

    -0

  • 132. 匿名 2021/05/17(月) 00:23:57 

    >>130
    墓穴を掘っていて笑えるw

    +3

    -0

  • 133. 匿名 2021/05/17(月) 00:36:41 

    >>131
    なんかすごいな。
    当時の流行りっぷりで
    じゃあこれも使いましょうよと映画もヒントになったかもしれないじゃない。

    西遊記って書いてあるけど
    当時は西遊記もあれこれ映像化されてたじゃん。

    明確に映画は関係ありませんと書かれているならともかく
    映画は1983年12月公開
    ドラゴンボールの連載は1984年11月連載開始

    インスピレーションのきっかけではありませんでした
    とは言えない。
    断言するなら「違います」って書かれたソースを出してくれと書いてるんだけど。
    なんでそんなに絶対に違うと言いきるのか。
    その原作そのものが、もとから好きだったなんて
    一言も書いてないけど。

    そこだよ?
    元からそれを知っていて好きだから取り入れた
    とは書いていないんだよ。

    ジブリの魔女の宅急便の街のモデルが複数あるのと同じだよ。
    ポルトガルのポルトもその一つと言われているけど
    それも知らないで、違うと否定するのと同じだよ

    +0

    -3

  • 134. 匿名 2021/05/17(月) 00:55:38 

    >>133
    あなたはずっと映画が影響を与えたって言ってるひと?
    >>93>>130のひとかな?

    +2

    -0

  • 135. 匿名 2021/05/17(月) 00:57:26 

    源氏物語を読んだときは面白すぎて衝撃うけた。でてくる女の人の言葉や仕草がとにかくいじらしくて、かわいいんだよね。紫の上の嫉妬がかわいくて好き。

    +4

    -0

  • 136. 匿名 2021/05/17(月) 01:00:27 

    >>133
    馬琴の南総里見八犬伝は里見八犬伝、八犬伝っていうけど、薬師丸ひろ子の映画を南総里見八犬伝って言うかな?
    言わないよね
    そういうことじゃない?

    +3

    -0

  • 137. 匿名 2021/05/17(月) 01:20:30 

    >>133
    ハイハイ、悪魔の証明。長文お疲れ様w

    鳥山明が「薬師丸ひろ子の里見八犬伝とは関係ありません」なんてわざわざ言う訳ないじゃん。

    まあ、イワシの頭も信心からと言うし信じるのは自由だわね。
    貴方の中だけの真実でいいよ。

    あんな映画より人形劇の新八犬伝から思いついたって言う方がまだマシだけどねー。

    +2

    -0

  • 138. 匿名 2021/05/17(月) 01:34:44 

    >>133
    私133だけど
    なんか企画とかコンセプトってものが
    理解できない人ばっかりなんだね。

    影響を与えたとは断言はしてないよ
    ただ、では影響はなかったといえるのか?と聞いてんの。

    この差がわからないのって、想像力ないねと思うだけ

    +0

    -3

  • 139. 匿名 2021/05/17(月) 01:46:00 

    >>137
    自称古典に詳しい
    教養があると鼻にかければ
    証明しなくても私が正しいのよ、って
    ずいぶん自信がおありのことで。
    否定するだけのソースもないくせに

    ジュサブローなんて私ですらギリだけど
    55歳は越えてそうだね。
    ドールでもお作りになってたんですかー

    +0

    -4

  • 140. 匿名 2021/05/17(月) 02:28:25 

    >>138
    >>では影響はなかったといえるのか?と聞いてんの。

    えーと、そんなこと言ったら森羅万象、世の中の全てが、では影響はなかったといえるのか?って事になりますが

    +3

    -0

  • 141. 匿名 2021/05/17(月) 07:36:01 

    本トピは教養ある方々の罵りトピと化しております
    すでに部外者は避難済みです

    +0

    -1

  • 142. 匿名 2021/05/17(月) 07:55:53 

    >>138
    既に曲亭馬琴の南総里見八犬伝を知っているのに、角川映画から玉を集めるアイデアを借りる訳が無い。
    作品に影響を与えなかった過去作品を全て挙げるなんて無意味だし無理。

    +2

    -0

  • 143. 匿名 2021/05/17(月) 08:00:49 

    >>139
    南総里見八犬伝を知っているぐらいで教養があるなんて、恥ずかしくてとても言えないわ。
    139は過去に芸術家は誰も知らないの?
    前にジュサブロー展を見に行ったら老若男女、色んな年代の人が来てたよ。
    仮にジュサブローと人形劇新八犬伝を知っている人が、55歳超えててドールを作っているとしても嘲られる理由にはならないね。

    +0

    -0

  • 144. 匿名 2021/05/17(月) 08:31:20 

    >>139
    横だけどさ
    >>証明しなくても私が正しいのよ、って
    これって御自分のこと?

    向こうは>>131,>>136で理由を言ってるよ
    それに対して、あなたは連載の前の年に映画が公開されたからとしか言ってない
    まさか、その年に公開された映画がこの一本だったわけじゃなし、この理由だけでは弱いと思う、というか論拠にならない



    +3

    -0

  • 145. 匿名 2021/05/17(月) 09:05:15 

    >>139
    今まで、南総里見八犬伝が広く受容されてきた事がたくさんレスされていますよね
    書かれた当時から人気だったこと、歌舞伎、読本、児童書、ヤッターマンまで
    中でもNHKの人形劇は何年も続いて人気だったとか

    それらを差し置いて、あなたが映画にインスピレーションを求める理由がわからないんだけど
    その理由が「連載の前の年に公開されたから」、それだけ
    さすがに誰も説得されないでいると「なんか企画とかコンセプトってものが理解できない人ばっかりなんだね。」
    企画とかコンセプトが理解できる人って、こんなんで納得しちゃえる人なんですか…
    おまけに人形劇を作った作家さんを「ジュサブローなんて」とディスるし

    最後に、あなたは薬師丸ひろ子の「里見八犬伝」を観たことありますか?
    または「南総里見八犬伝」を知らない?

    このトピで、皆さんが納得しないのは映画が「南総里見八犬伝」とかけ離れているから
    この事も何度もレスされてたはず
    「ドラゴンボール」の作者さんは「南総里見八犬伝」と言ってるんでしょう?
    映画の「里見八犬伝」、あれは「南総里見八犬伝」じゃないよ、別物
    だから皆さんは反論するんだよ
    あなたは証明が無いって言うけれど、これが単純にして一番の理由、証明だと思います


    +3

    -1

  • 146. 匿名 2021/05/17(月) 09:10:48 

    源氏物語、通してちゃんと読みたいな〜と思いつつ挫折してそれっきりだ……
    若紫あたりからの光源氏が幼女誘拐みたいなこと(みたいなことっていうか実際そうじゃないかと思うけど)するところで気持ち悪いー!無理ー!ってなってもうそれ以来読んでないなぁ……あのへん超えたらまた面白く読めるかな?
    現代の価値観で測るものではないとは分かってるけど「なんで私はこんな不快な思いしてまでこれを読んどるんじゃい」って自己ツッコミを入れてしまう

    +4

    -0

  • 147. 匿名 2021/05/17(月) 10:42:44 

    >>146
    私も光源氏は嫌いなんでわかります
    当時の女性達みたいにあれこれ言いながらみんなで読んでみたいけど、光源氏って人にそこまで関心が持てないんですよね

    じゃあどこが面白いかっていうとシビアなところ、身も蓋もないところが好きみたい
    なんで源氏がひどい目にあい、人間としてもできてないところが顕わになる若菜以降や宇治十帖(ダメ女の浮舟大好き)だけ、繰り返し読んで他は摘まみ食いです

    源氏物語千年紀に「ナインストーリーズ・オブ・ゲンジ」という9人の作家が源氏物語を自由に現代語訳した本が出たんですが、その中で町田康が末摘花をやってた
    とにかく軽い兄ちゃんですが下品、下世話にはならない、あの光源氏なら好きなんですが


    +3

    -0

  • 148. 匿名 2021/05/17(月) 10:43:28 

    >>146
    古典だからって不快になる嫌いな話を読まなくていいと思うよ。
    粗筋だけざっくり知っとけばいいんじゃない?

    でも読みたいなら飛び飛びで好きなシーンだけ読むとかでもいいと思う。
    漫画からとか、相性が良さそうな現代語訳を探すとか。
    源氏物語が好きな人は沢山の女性のうち、自分に共感できる姫君がいるからって人が多い。
    私は末摘花w 占いでも末摘花だったわw

    子供の頃は光源氏ってマザコンのロリコンの誘拐魔って感想だけど、恋愛経験を重ねるとまた違った感想になるんだって。
    私は恋愛経験・人生経験が乏しいので未だ面白いとは思えないけど。

    宇治十帖だけ読むのも有りかもよ。

    +2

    -0

  • 149. 匿名 2021/05/17(月) 13:06:52 

    >>146
    すごくわかります!
    私も光源氏ただのロリコンじゃんとか、よく考えたら母親と瓜二つの人に恋してるんだよな……ヤバい奴、みたいな感じで挫折しました
    なんですけど、パタリロの作者さんが書かれた源氏物語の漫画はサクサク読めたので(学校の先生がこれ読みやすいよ~って言ってたので読んでみました)146さんも漫画とか他の媒体で全体把握してみるといいと思います。原文で読む人なんてそうそういらっしゃいませんし

    +2

    -0

  • 150. 匿名 2021/05/17(月) 16:50:52 

    >>147
    >>148
    >>149
    皆様色々情報ありがとうございます!
    源氏物語にも色々あるんですね!(個人的に>>149さんの書いてくださったパタリロの作者さんが書かれたというものが衝撃的でした。そんなものまであるとは……)

    古典好きの友達に「本好きって言うわりに源氏物語も読んでないんだね」と言われてカッチーンと来たのが読むきっかけだったのでそもそも動機が不純だったのが続かない原因だったのかもしれません(笑)

    でも皆様のおすすめして下さった本は楽しんで読めそうです!ありがとうございます!!

    +3

    -0

  • 151. 匿名 2021/05/17(月) 18:10:10 

    >>10
    私も枕草子をオススメします。
    最初は予備知識ないまま読んでから後から当時の中宮定子や清少納言に与えられた歴史を知ってから読むと感想が見事にひっくり返って楽しめるよ〜

    +4

    -0

  • 152. 匿名 2021/05/17(月) 18:15:27 

    源氏物語は人生経験が上がる度に感想が変わってくるから折に触れて読むと面白いかも。

    最初の桐壺の巻だと中高生だったら桐壺更衣に感情移入しやすいけど、大人になった今ならコキ殿の后に感情移入しちゃう笑

    どの姫に1番なりたいかというのもだいぶ変わって来て楽しい

    +4

    -0

  • 153. 匿名 2021/05/17(月) 18:19:21 

    今でも落窪物語が好き。

    シンデレラストーリーなんだけど今どきのディズニーみたいに白馬に乗った王子様の右近少将も落窪姫も欠点があって面白い。
     
    特に右近少将は初めは遊び目的だったのにどの瞬間に落窪姫を好きになったのか何度も確認してしまう

    +2

    -0

  • 154. 匿名 2021/05/17(月) 18:55:46 

    >>68
    うちの先生は輝く日の宮は源氏と藤壺の馴れ初めが書かれていた可能性が高いって言ってたよ

    藤壺は少しでも源氏が好きだったのか気になる…

    +2

    -0

  • 155. 匿名 2021/05/17(月) 19:29:52 

    光源氏はマザコンとロリコンを併発した射程の広い女ったらしだけど、関係した多くの女性達を見捨てずにきちんと面倒を見たのは偉い。
    あの時代は実家や夫のいない男性に捨てられた後ろ盾のない女性は貴族でも悲惨な末路を迎えることが多かったから。
    一応、光源氏なりの悲運や報いを受けて悩むこともあったし。

    +1

    -0

  • 156. 匿名 2021/05/17(月) 22:31:41 

    >>139
    また来たけど、

    んじゃードラゴンボールのメイン
    西遊記は当時でもアニメとかドラマなっていたけど

    どこに西遊記の原作を参考にしたと書いてあるの?

    ババアが結託してる方が気持ち悪いんだけど。
    私もババアだけど
    あんたら高齢者じゃんよ

    孫も娘も知らないようなことでマウント取るとか
    怨念感じて怖いんですけど。

    +0

    -1

  • 157. 匿名 2021/05/18(火) 00:13:52 

    >>143
    主に自分がそのとき知った人しか感銘受けないけど。

    私がリアルにみて一番感動したのは
    リスボンにある絵画
    ヒエロムニス・ボッシュの
    聖アントニウスの誘惑と
    南蛮屏風

    マドリードのプラハにあるヨアヒム・パティニールの絵だったけど。

    日本文学なら白州正子のかくれ里
    尾崎翠の第七官界彷徨
    幸田文の闘、きもの

    +0

    -1

  • 158. 匿名 2021/05/18(火) 00:27:19 

    >>143
    むかつくから続けて書くけど
    多少のアップデートやアンテナもはらずに
    さも、そのとき旬であったものが最高峰だと
    なんの迷いもなく書くことが疑わしいわけですよ。

    いまさらで村上隆とか謎に大御所だし
    私は好きじゃない。

    なんかそういう情報も無視して
    古典のイコンが全てを凌駕するとか思ってんじゃないの

    +0

    -0

  • 159. 匿名 2021/05/18(火) 00:32:30 

    わたしの情報がこれだけ古いのに。
    さらにおばあああーーさんのおばさんが
    さも権威のように振る舞うとか。

    本当に押し付けがましくて迷惑なんだけど。怒

    +0

    -2

  • 160. 匿名 2021/05/19(水) 00:58:35 

    >>157
    >>主に自分がそのとき知った人しか感銘受けないけど。
    イミフ、打ち間違いってレベルじゃないわ

    「主に」はほぼ、とかだいたいって意味ですよね
    どこにかかるの?「そのとき」にかかるんですか?

    「そのとき」って…いつなの?
    「そのとき」ってんだから、過去のある瞬間、ある時のことですよね
    ツラツラ挙げたものは、過去のある時に感銘を受けたもの?
    今はあなたは感銘を受けなくなったの?
    それとも何かの「とき(機会)」に知った人しか感銘を受けませんってこと?

    「自分が」ってのは打ち間違いですかね、「自分『は』」じゃない?

    「人しか」って、人間からしか感銘を受けませんってこと?そのくせ続けて絵や、きものっていう物から感銘を受けたって書いてるのは何故?

    つまり「自分(私)は、ほぼ、そのとき(いつ?)に知った人間からしか感銘を受けません」って事?
    なんで>>143に対するレスがこれなの?
    古典も解釈が難しいけど、この一文もしんどいわ

    +2

    -0

  • 161. 匿名 2021/05/19(水) 01:00:27 

    >>156>>159は同じひとですよね
    年齢コンプレックスが酷いのは何故なの?

    +3

    -0

  • 162. 匿名 2021/05/23(日) 00:00:25  [通報]

    鳥山先生は博識で読者家だよ
    ドラゴンボール当初の編集さんはスーパーウルトラ編集者の鳥嶋さんだよ
    心配しなくても
    映画の八犬伝も見たかもしれないけど、鳥山先生か鳥嶋編集か、どっちか両方かはわからないけど馬琴の八犬伝を読んでるよ
    出版社勤務で、ヒット作を飛ばして、敏腕編集長に登りつめた方に南総里見八犬伝を読んだことがありますか?って質問するの考えてごらんよ、釈迦に説法でしょ

    +0

    -0

  • 163. 匿名 2021/05/24(月) 22:57:58  [通報]

    >>161
    年齢コンプレックスなんて
    1ミリもないけど?
    わたしちょうど50歳だし。

    さらに上の還暦超えたような高齢者が絡んでくるんだけど。

    あと言っとくけど若ければいいという思考は
    私には微塵もないので
    ババアの吠え面みたいに言われても
    あーそうですかくらいにしか思わないから。

    +0

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後31日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード