ガールズちゃんねる

大けがの子猫、“安楽死”からまさかの復活「生きていた!」

60コメント2019/09/01(日) 03:57

  • 1. 匿名 2019/08/28(水) 16:28:02 


    最終判断をするのは、飼い主もしくは保護主だ。「安楽死」という苦渋の決断を受け、院長は処置を施した。当時勤務医だった小林充子(みつこ)先生も立ち会い、注射の後に子猫の息がすっと途切れたのを二人で確認している。

    翌朝、早番出勤した小林先生は、掃除のためにオペ室に入った。きのう短い猫生を終えた薄幸な子猫が、今は苦しみから解放されて白い小箱に入り、お寺での供養を待っている。

    「ミー」と、あえかな鳴き声が聞こえた。信じられない思いで箱を開けると、なんと、きのう安楽死を見届けた子猫が、うっすら目を開けて光射す方を見上げているではないか。「アタシ、死にたくないの」と言うかのように。
    大けがの子猫、“安楽死”からまさかの復活 「生きていた!」 | sippo(シッポ) |
    大けがの子猫、“安楽死”からまさかの復活 「生きていた!」 | sippo(シッポ) |sippo.asahi.com

    茶トラの小さなノラ猫は生きることを諦めませんでした。大けがをして何日も動けなかったときも。病院に運ばれたものの、容体が悪すぎて安楽死の処置をされたときも。

    +205

    -6

  • 2. 匿名 2019/08/28(水) 16:28:42 

    いい話…なのか??

    +360

    -0

  • 4. 匿名 2019/08/28(水) 16:29:23 

    それで、どうするんだろう?飼うのかな

    +156

    -3

  • 5. 匿名 2019/08/28(水) 16:29:33 

    鳴き声に気付いて良かった

    +264

    -3

  • 6. 匿名 2019/08/28(水) 16:29:47 

    危機一髪だったね。

    +95

    -3

  • 7. 匿名 2019/08/28(水) 16:29:51 

    生命力の強い子なんだね

    +295

    -2

  • 8. 匿名 2019/08/28(水) 16:30:40 

    なんかよくわからん!

    +91

    -2

  • 9. 匿名 2019/08/28(水) 16:30:44 

    >>4
    最終的に保護主が飼ったみたいだよ

    +259

    -9

  • 10. 匿名 2019/08/28(水) 16:32:24 

    これって只の誤診なんじゃ?
    美談なのか?

    +358

    -0

  • 11. 匿名 2019/08/28(水) 16:34:06 

    診断ミスと安楽死の失敗ってこと?
    とちらにしても猫にかけなくていい負担をかけてしまってるよね
    今が元気で幸せになってるのが唯一の救い

    +380

    -1

  • 12. 匿名 2019/08/28(水) 16:34:21 

    いったん安楽死の処置を受けたのに生きてたってことだよね?
    後遺症とかないのかな…

    +233

    -0

  • 13. 匿名 2019/08/28(水) 16:34:51 

    安楽死の薬は注射したんだよね?
    効かなかったってこと??
    すごいね

    +212

    -2

  • 14. 匿名 2019/08/28(水) 16:34:54 

    >>2
    「まず、1番目の奇跡は、衰弱しきった子猫の命が尽きなかったこと。安楽死処置をしなかったとしても、朝までもたない容体でしたから。2番目の奇跡は、処置をされたのに、生きていたこと。そんな例は聞いたこともありません。3番目の奇跡は、処置からたとえ生還したとしても、脳の酸欠により麻痺などの後遺症が必ず残るものなのに、それがなかったことです」

    大手術に耐え、前脚1本失ったものの、現在13歳。
    良い話しじゃない?

    +287

    -11

  • 15. 匿名 2019/08/28(水) 16:35:02 

    死ぬ注射打ったんだよね?
    生きててよかった!ってなるか?
    無駄に苦しませただけじゃないの?
    注射打ったから治ったってわけじゃないんだし

    +173

    -3

  • 16. 匿名 2019/08/28(水) 16:36:06 

    12年前の話がなぜ今

    +76

    -0

  • 17. 匿名 2019/08/28(水) 16:36:21 

    安楽死に立ち会った小林先生が飼ってるんだね。

    +65

    -0

  • 18. 匿名 2019/08/28(水) 16:38:00 

    処置ミスってことだよね?

    +54

    -4

  • 19. 匿名 2019/08/28(水) 16:38:36 

    大ケガしたけど手術に耐えられそうにないから安楽死、
    でも安楽死の薬がなぜかきかなかった
    手術も耐えて今は幸せに過ごしてる、という話なんだね。
    奇跡と言えば奇跡だけど
    手術に耐えられないかもと判断したり
    安楽死させたりという判断は間違えてたということかな。
    美談ではないような…

    +151

    -2

  • 20. 匿名 2019/08/28(水) 16:40:27 

    よかったね幸せになるんだよ

    +33

    -0

  • 21. 匿名 2019/08/28(水) 16:40:30 

    生きていた!じゃねーよwお医者さんしっかりしてよ

    +93

    -4

  • 22. 匿名 2019/08/28(水) 16:41:32 

    そんなきなこちゃんの猫生は、じつは、12年前の冬にいったん終わっていた。いや、終わったはずだった。


    今12才なのか
    大けがの子猫、“安楽死”からまさかの復活「生きていた!」

    +130

    -0

  • 23. 匿名 2019/08/28(水) 16:42:25 

    判断ミスだよね?
    諦めずに手術してあげてれば素直に治ってたんだし

    +91

    -3

  • 24. 匿名 2019/08/28(水) 16:43:59 

    殺そうとした人が飼ってるって事なの?
    色々と大丈夫?

    +10

    -12

  • 25. 匿名 2019/08/28(水) 16:47:02 

    猫3匹飼って、何軒も獣医回ってるけど、誤診多いよ。

    +57

    -0

  • 26. 匿名 2019/08/28(水) 16:49:52 

    ちょと待て
    気づかなかったら生きたまま火葬するとこだったよね

    +85

    -0

  • 27. 匿名 2019/08/28(水) 16:54:09 

    読んだけど言い知れぬ不安感が倍増になる話だ。
    ―安楽死処置をしたのに生きていて後遺症もない―
    それは良かったねにはならないよね?

    +24

    -2

  • 28. 匿名 2019/08/28(水) 16:55:01 

    誤診というより可能性や費用の問題もあったんじゃない?
    手術の体力が必ずあります何て言えないし必ず成功しますとも言えないし
    手術するかしないか考えて、やらない安楽死をって保護主が言ったなら仕方ないでしょ
    獣医さんだからって無尽蔵に財力があって24時間付きっきりでいられるわけじゃないんだしさ

    +23

    -2

  • 29. 匿名 2019/08/28(水) 17:01:15 


    誤診と言うか、
    「このまま生かしても要介護で治療費もかかるし、どうしますか?」
    みたいな感じだったんじゃないのかな。
    それで「そこまで出来ないし安楽死で」
    となって処置したら、薬が効いていなかったと。

    でも酷いね。もし一日置いてなかったら生きたまま火葬?
    安楽死より酷いね。

    +19

    -6

  • 30. 匿名 2019/08/28(水) 17:03:03 

    >>28
    それは誰にも責められないけど
    美談のように書くのは引っかかる。
    記事にする必要は感じられない。

    +11

    -3

  • 31. 匿名 2019/08/28(水) 17:07:33 

    獣医さん叩いてる人が多くてびっくり…
    誤診じゃなくて助かる可能性や、今後のことを考えて苦しまないようにやむを得ず安楽死の判断をしたんでしょ?

    その後助けて飼ってるし、獣医さんも苦渋の判断で安楽死の決断をしたのに余計に苦しめたとか言える神経が本当に信じられない。

    +32

    -12

  • 32. 匿名 2019/08/28(水) 17:14:33 

    >>9記事だと処置した獣医師が飼ってるよ

    +40

    -0

  • 33. 匿名 2019/08/28(水) 17:18:38 

    >>31
    猫の話だと過剰反応する人がいるよね
    私も猫好きだけど、一部のそういう人がいるから猫好き全体や猫の話題まで嫌われて来てると思う

    +9

    -3

  • 34. 匿名 2019/08/28(水) 17:21:10 

    >>31
    安楽死の処置をするのはいいの。

    亡くなってないのに亡くなったと誤診したことを言ってるの。
    安楽死させたはずなのにできてなかったことを言ってるの。

    +10

    -6

  • 35. 匿名 2019/08/28(水) 17:23:59 

    >>26
    !!!!!

    +6

    -0

  • 36. 匿名 2019/08/28(水) 17:25:23 

    大怪我の野良猫保護して病院でのコレ言われて手術に踏み切れる人はどのくらいいるだろう。成功するかわからない、お金たくさん入ります、と。

    「容体は、とても悪い。生きる道が残っているとすれば、肩からの切断手術しかないが、そもそも手術に耐えられる体力があるかどうか。手術は、その後の治療も含め、かなり高額になります」

    +14

    -2

  • 37. 匿名 2019/08/28(水) 17:28:32 

    >>36
    べつに、そこ責めてる人いないからね。

    +3

    -5

  • 38. 匿名 2019/08/28(水) 17:30:50 

    >>32
    ですよね。みんな記事読んでないのにテキトーだなw

    +22

    -1

  • 39. 匿名 2019/08/28(水) 17:34:00 

    >>31
    安楽死処置はやむ無しの状況だったのは通じてる。
    安楽死処置をしたのに生きていると言うことは、つまりこの獣医師は処置を失敗しているんだよね。奇跡じゃない。
    死なせる行為なので脳が死ぬ=脳にダメージがないつまり酸素が行き渡るほど処置失敗。奇跡じゃない。ネコは元気になれて良かったけど、獣医師としてどうなのか任せられないね。


    +31

    -1

  • 40. 匿名 2019/08/28(水) 17:37:09 

    >>34
    なんかあって噛み合ってないよね。
    私も誤診の捉え方しました。
    安楽死処置については仕方ない。

    +4

    -1

  • 41. 匿名 2019/08/28(水) 17:40:17 

    猫は9回生まれかわるって言いますよね

    +3

    -1

  • 42. 匿名 2019/08/28(水) 17:43:48 

    >>41
    迷信でしょこれ現実の話ね

    +2

    -0

  • 43. 匿名 2019/08/28(水) 17:55:00 

    こんな藪医者に安楽死失敗されて
    猫さんが痛い苦しい思いして可哀想
    私が子供の頃 飼っていた猫の親子が伝染病に
    なってしまい獣医師に安楽死しか無いと言われた
    親猫と子猫5匹に安楽死の注射した時の悲しみは
    30年経っても癒えない その時の絶望感と
    この猫さんの壮絶な痛み苦しみを思うと
    可哀想で泣いてしまった


    +11

    -5

  • 44. 匿名 2019/08/28(水) 18:04:38 

    かわいそう

    +2

    -0

  • 45. 匿名 2019/08/28(水) 18:08:55 

    猫ちゃん、幸せになってね🐈

    +6

    -0

  • 46. 匿名 2019/08/28(水) 18:11:59 

    映画か何かの宣伝?と思いました。

    +0

    -0

  • 47. 匿名 2019/08/28(水) 18:15:58 

    安楽死用の薬剤を注入され、さらに地獄を味わうというかわいそうな猫だと感じた。

    +15

    -1

  • 48. 匿名 2019/08/28(水) 18:25:14 

    ただのヤブ医者の話
    美談でもない
    回復ある猫の命を消そうとした

    +16

    -3

  • 49. 匿名 2019/08/28(水) 18:30:05 

    ペットの安楽死にどんな薬物を用いるのかわからないけれど、筋弛緩剤みたいなものではないってことだよね。
    たぶん仮死状態を死亡と判断したのかな。
    切除した片腕は壊死していたと書いてあるから、失血で早い段階から低体温状態になっていて、仮死状態になっても脳や臓器にダメージが出なかったのかもね。

    +5

    -0

  • 50. 匿名 2019/08/28(水) 18:30:59 

    そもそも診断ミスだし、この猫の安楽死に必要な薬剤の量も合ってなかったんでしょ?!
    なんで美談扱いなのがわからない。

    +7

    -2

  • 51. 匿名 2019/08/28(水) 18:48:22 

    >>49
    安楽死の薬っていうのはなくて、ほとんど麻酔。
    それを目が覚めないほどの量を打つ。体に対して10倍くらい。
    これが効かなかったのか、仮死状態になったのか分からないけど、終わった後に必ず聴診して瞳孔見て死亡確認するから、獣医がそれを怠ったという事。

    +9

    -1

  • 52. 匿名 2019/08/28(水) 18:57:54 

    猫だから美談で済むけど
    これが人間の赤ちゃんだったらゾッとする話だよね。

    +10

    -2

  • 53. 匿名 2019/08/28(水) 19:00:36 

    処置ミスじゃなくて
    判断ミスだと思う。
    現に12歳の今、すごく元気じゃん。

    +5

    -1

  • 54. 匿名 2019/08/28(水) 19:16:39 

    薬の量間違えたやぶ医者じゃないの!
    生きたまま、火葬されるところだったじゃん

    +9

    -1

  • 55. 匿名 2019/08/28(水) 19:53:08 

    麻酔が効きすぎる猫もいればそうでない猫もいて個体差があるようですね。

    +3

    -1

  • 56. 匿名 2019/08/28(水) 19:59:14 

    きなこにゃんは物凄い生命力の持ち主だったんだね。

    +2

    -1

  • 57. 匿名 2019/08/28(水) 21:06:52 

    百歩譲ってミスは仕方無いとしても、美談にするのは変

    +6

    -0

  • 58. 匿名 2019/08/28(水) 21:50:52 

    柴田理恵が拾って飼ってた犬、足が不自由で
    一軒目の病院では安楽死にしたほうかいいと言われ
    それは嫌だから二軒目に行ったら、治療して元気になったと言ってた
    ひとつの病院だけで決めてはいけないね

    +9

    -0

  • 59. 匿名 2019/08/28(水) 23:19:19 

    >>30
    私は感銘を受けたよ
    病気の猫を飼っていて
    猫が嫌がる処置もたくさんしなきゃいけない
    何か1つがうまくいったら何か別の問題が1つ出てくる
    猫にとってそれが良いのか自問自答の日々だよ
    それでも毎日ご飯を食べようとするし
    人の顔見て何かをにゃーにゃー言った後に満足げな顔をしたりする
    猫に生きる気力があるなら、私も諦めたくないなって
    これ読んで再認識できた

    +1

    -2

  • 60. 匿名 2019/09/01(日) 03:57:48 

    あえかなっていう言葉初めて聞いた。

    ただの獣医の判定ミスだよね。

    +1

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード