ガールズちゃんねる

歴史トリビア

1103コメント2019/05/23(木) 10:23

コメントを投稿する

  • 1. 匿名 2019/05/15(水) 00:58:42 

    皆さんが知っている歴史のトリビアを、日本史・世界史問わず教えて下さい!!



    新撰組副長の土方歳三は、剣豪かつ、当時としては長身だったこともあり女性にモテまくっていたが、貰ったラブレターを友人に送りつけてモテ自慢に余念がなかったそうです。
    歴史トリビア
    返信

    +767

    -13

  • 2. 匿名 2019/05/15(水) 00:59:42  [通報]

    クレオパトラは体臭がキツかったとか…
    返信

    +415

    -2

  • 3. 匿名 2019/05/15(水) 00:59:46  [通報]

    >>1
    ジョジョの作者に似てる
    返信

    +406

    -22

  • 4. 匿名 2019/05/15(水) 00:59:54  [通報]

    森鴎外はめっちゃ甘党だった。
    返信

    +360

    -7

  • 5. 匿名 2019/05/15(水) 01:00:06  [通報]

    こういう話になると黙りこむがる民…。
    返信

    +27

    -199

  • 6. 匿名 2019/05/15(水) 01:00:50  [通報]

    明智光秀は奥さんを大切にし、あの時代に側室を持たなかったみたいです。
    返信

    +1191

    -6

  • 7. 匿名 2019/05/15(水) 01:01:48  [通報]

    >>5

    歴史トリビア
    返信

    +59

    -188

  • 8. 匿名 2019/05/15(水) 01:02:10  [通報]

    へーへーへーへーへーへーへーへーへーへーへー
    返信

    +33

    -60

  • 9. 匿名 2019/05/15(水) 01:02:49  [通報]

    >>3 (笑)
    歴史トリビア
    返信

    +409

    -36

  • 10. 匿名 2019/05/15(水) 01:03:51  [通報]

    北条政子は、旦那(頼朝)の浮気相手の家を燃やした。尼将軍怖い…
    返信

    +816

    -5

  • 11. 匿名 2019/05/15(水) 01:04:48  [通報]

    樋口一葉の初恋の小説家、半井桃水は、樋口一葉とは不倫だった。
    顔も中身も川谷絵音そっくり。
    歴史トリビア
    返信

    +665

    -34

  • 12. 匿名 2019/05/15(水) 01:04:58  [通報]

    >>2
    クレオパトラに限らず昔の人は体臭キツそう。
    返信

    +482

    -3

  • 13. 匿名 2019/05/15(水) 01:05:32  [通報]

    西郷隆盛はきんたまで悩んでいた

    https://www.news-postseven.com/archives/20180401_662954.html?DETAIL
    返信

    +188

    -3

  • 14. 匿名 2019/05/15(水) 01:05:54  [通報]

    偉人のクズエピソードください
    返信

    +153

    -13

  • 15. 匿名 2019/05/15(水) 01:06:54  [通報]

    世界遺産に登録された仁徳天皇陵
    じつは仁徳天皇の墓ではい
    そもそも仁徳天皇は実在していない

    という話
    返信

    +44

    -97

  • 16. 匿名 2019/05/15(水) 01:07:29  [通報]

    徳川家康は尿モレを誤魔化すために黄色のふんどしを愛用していた。
    返信

    +535

    -6

  • 17. 匿名 2019/05/15(水) 01:07:39  [通報]

    南方熊楠は顔は結構整ってるけど変わり者過ぎて結婚するまでDTだった。
    結婚してから夫婦喧嘩して奥さんが実家に帰ってしまったとき、何とかして家から出てきてもらうために、庭先で大声で奥さんとの初夜の話を始めたので奥さんが飛び出さざるをえなかった…っていうどうでもいいとリビアなら知ってる…
    歴史トリビア
    返信

    +1103

    -9

  • 18. 匿名 2019/05/15(水) 01:07:40  [通報]

    モーツァルトはスカトロ好き
    返信

    +418

    -11

  • 19. 匿名 2019/05/15(水) 01:07:49  [通報]


    一休さんの最期の言葉は「死にとうない・・・」
    返信

    +616

    -7

  • 20. 匿名 2019/05/15(水) 01:08:02  [通報]

    坂本龍馬って長身っても170くらいなんよね
    返信

    +382

    -17

  • 21. 匿名 2019/05/15(水) 01:08:05  [通報]

    初代内閣総理大臣、伊藤博文は明治天皇にいい加減にしろと言われるくらい女遊びが激しかった
    返信

    +910

    -7

  • 22. 匿名 2019/05/15(水) 01:08:08  [通報]

    アニメの一休さんはピュアだが実際の一休さんはエロじじい
    モーツァルトはおれの尻をなめろと言う曲も作ったことがある変態おじさん
    返信

    +775

    -4

  • 23. 匿名 2019/05/15(水) 01:09:09  [通報]

    遠山の金さんは江戸っ子だけどご先祖様は美濃国・明知遠山氏でうちの母親の田舎
    歴史トリビア
    返信

    +160

    -44

  • 24. 匿名 2019/05/15(水) 01:09:10  [通報]

    17世紀のフランス・パリ
    この格好のまま散歩がてらに座り込み用を足し
    踏まないようにハイヒールが生まれた

    歴史トリビア
    返信

    +743

    -5

  • 25. 匿名 2019/05/15(水) 01:09:22  [通報]

    >>11
    しかも、同じ長崎県出身。
    返信

    +109

    -7

  • 26. 匿名 2019/05/15(水) 01:10:02  [通報]

    伊藤博文は尋常じゃない程の女好き
    返信

    +525

    -7

  • 27. 匿名 2019/05/15(水) 01:10:11  [通報]

    松尾芭蕉は服部半蔵
    返信

    +350

    -33

  • 28. 匿名 2019/05/15(水) 01:10:36  [通報]

    ゴッホは売春宿のメイドさんに切り落とした自分の耳をプレゼントしちゃう現代のメンヘラも真っ青な人だった
    返信

    +782

    -10

  • 29. 匿名 2019/05/15(水) 01:10:59  [通報]

    >>20
    昔の人はどチビだからね
    返信

    +64

    -24

  • 30. 匿名 2019/05/15(水) 01:11:31  [通報]

    >>21
    日本で初めてカーセックスしたんだよね
    車って行っても馬車だけど
    返信

    +427

    -3

  • 31. 匿名 2019/05/15(水) 01:12:26  [通報]

    ナポレオンは余の辞書に不可能の文字はないとは言っていない
    返信

    +376

    -3

  • 32. 匿名 2019/05/15(水) 01:12:27  [通報]

    上杉謙信が領土を奪わず義の戦が出来たのは略奪や人身売買をしていたから
    返信

    +201

    -27

  • 33. 匿名 2019/05/15(水) 01:12:32  [通報]

    ナイチンゲール
    野戦病院で備品の数が足りず、倉庫にあるものを使わせてほしいと医師に掛け合ったが、上司の了解がないと倉庫は開けられないと言われる。
    すると、彼女は倉庫の戸を拳で叩き割り、
    「開きましたけど」と一言。
    医師は何も言えなかった。

    かっこいい!
    返信

    +1263

    -8

  • 34. 匿名 2019/05/15(水) 01:12:38  [通報]

    アントニオ猪木は試合会場に借金取り(ヤクザ)が来ているのに気付き、試合にわざと負けてそのまま救急車で病院に担ぎ込まれ翌日何事めも無かった顔で病院の裏口からこっそり出てそのまま成田から逃避行したことが三回ある。
    返信

    +811

    -9

  • 35. 匿名 2019/05/15(水) 01:12:41  [通報]

    ルソーは露出狂
    返信

    +135

    -2

  • 36. 匿名 2019/05/15(水) 01:14:08  [通報]

    >>5嘘しか言えないからね。
    集めてくる情報もWikipediaみたいな、日本の事柄に関してはデタラメな情報源しか知らないから。
    特に日本語、英語、フランス語の日本がらみのWikipediaは、例のあの<起源と現在地は自分たちだ>と捏造しまくる半島、大陸からのヒルみたいな寄生虫によって、衝撃で声が出たほど捏造、書き換えられてるし。
    返信

    +5

    -65

  • 37. 匿名 2019/05/15(水) 01:14:34  [通報]

    秀吉の指は6本あった
    返信

    +390

    -9

  • 38. 匿名 2019/05/15(水) 01:14:56  [通報]

    マリーアントワネットの「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」という言葉は色々な捉え方ができる。
    実は彼女が言った言葉ではない、当時はパンに使う小麦粉はケーキに使う小麦粉より質が良かった、ケーキではなくパンよりも安い別の食べ物だった、など。
    返信

    +530

    -7

  • 39. 匿名 2019/05/15(水) 01:15:55  [通報]

    皇室には朝鮮の血が入っている
    返信

    +46

    -190

  • 40. 匿名 2019/05/15(水) 01:15:57  [通報]

    二葉亭四迷のペンネームの由来は「くたばってしまえ」
    返信

    +490

    -8

  • 41. 匿名 2019/05/15(水) 01:16:38  [通報]

    >>20鎌倉時代〜室町時代まではゲルマン人よりずっと長身だったのに、江戸時代の下らない迷信(仏教)のせいでチビッ子だらけになった。
    返信

    +320

    -24

  • 42. 匿名 2019/05/15(水) 01:17:00  [通報]

    >>11えっ…
    これ川谷じゃないの?
    返信

    +8

    -37

  • 43. 匿名 2019/05/15(水) 01:17:22  [通報]

    西郷隆盛の本名は西郷隆永
    返信

    +129

    -6

  • 44. 匿名 2019/05/15(水) 01:17:30  [通報]

    >>40
    アーメン♪
    返信

    +78

    -14

  • 45. 匿名 2019/05/15(水) 01:17:35  [通報]

    織田信長は黒人奴隷をもらった(とりよせた?)ときに、汚れてるから黒いんだと思ってお風呂に入れさせたらしい。黒さ落ちなくてビックリしただろうねww
    返信

    +762

    -14

  • 46. 匿名 2019/05/15(水) 01:17:45  [通報]

    森鴎外は海外で少女と不倫して子供までこさえたのに、トンズラこいて帰国した男のクズ
    返信

    +915

    -10

  • 47. 匿名 2019/05/15(水) 01:17:53  [通報]

    >>14
    明治~昭和辺りの文豪は大体クズと薬中
    そうでなければアル中
    返信

    +700

    -5

  • 48. 匿名 2019/05/15(水) 01:18:08  [通報]

    歴史と言うほど古い話じゃないけど。

    昭和天皇の奥さん、香淳皇后は15歳の時に皇太子(のちの昭和天皇)の妃に内定
    内定と同時に通っていた学習院を退学しお妃教育を受けた
    いわゆるお見合い結婚だけど昭和天皇とは仲が良く、当時としては珍しくよく手を繋いで御用地内を散歩したりしていた
    返信

    +836

    -7

  • 49. 匿名 2019/05/15(水) 01:18:20  [通報]

    葛飾北斎は引っ越しマニアで、何度も住居を変えている。

    トピずれだけど、今夜はヒストリーって番組めっちゃ好きでした。
    返信

    +484

    -4

  • 50. 匿名 2019/05/15(水) 01:18:51  [通報]

    >>5 最近、ガルちゃんの書き込みバイトが交代したらしい。
    返信

    +85

    -8

  • 51. 匿名 2019/05/15(水) 01:18:59  [通報]

    実は「ILoveYouを訳すと月が綺麗ですね」とかは本人が言った訳ではなく、「あのひとならああ言いそう」って考えられたもの。
    ちなみに「鳴かぬなら~ホトトギス」もそう。
    返信

    +371

    -12

  • 52. 匿名 2019/05/15(水) 01:19:01  [通報]

    >>45
    弥助だっけ、本能寺にもお供でいたらしい
    返信

    +297

    -4

  • 53. 匿名 2019/05/15(水) 01:19:06  [通報]

    中学高校の時に知りたかったよ
    こういう面白いエピソードと交えながら勉強すると頭に残るよねw
    返信

    +605

    -8

  • 54. 匿名 2019/05/15(水) 01:19:53  [通報]

    板垣退助は刺された時にあの有名な『板垣死すとも、自由は死せず』って本当は言っていないとか‥

    真田十勇士や忠臣蔵みたいに歌舞伎や小説で脚色されちゃったのかな?
    でもそれくらい、刺されても曲がらない信念を持ってたっていうことだよね
    返信

    +330

    -4

  • 55. 匿名 2019/05/15(水) 01:20:03  [通報]

    清少納言は天パがコンプレックスだったらしい。
    返信

    +392

    -3

  • 56. 匿名 2019/05/15(水) 01:20:07  [通報]

    >>17
    5時夢 木曜日の親方のお父さんは、熊楠の研究家だったような。
    返信

    +17

    -10

  • 57. 匿名 2019/05/15(水) 01:21:23  [通報]

    >>21この人は、絶対に性犯罪者半島の寄生生物を日本には置かない、必ず切り離して、性犯罪者半島と奇形生物を日本から、ヤマト民族から隔離する❕
    だから少しだけの時間と莫大なお金をくれ、直ぐに切り離せるようにするから!って奇形生物の半島の総督やってたら「ウリ達は、通名名乗って永久に寄生するつもりスミダ」って、暗殺されたんだよね?
    本当に、今だに日本は性犯罪者半島の特定外来生物に寄生され続けてる。
    返信

    +475

    -50

  • 58. 匿名 2019/05/15(水) 01:21:48  [通報]

    清少納言の枕草子は、みんなに読ませるために書いた訳ではなく、自分用の日記感覚で書いていたもの。
    返信

    +457

    -12

  • 59. 匿名 2019/05/15(水) 01:22:09  [通報]

    戦前まで天皇の墓に入る際、人の魂を抜いて入るため、背中に羽をつけ鳥のコスプレをして入っていた
    返信

    +319

    -5

  • 60. 匿名 2019/05/15(水) 01:22:36  [通報]

    ベルリンの壁は1人の日本人青年の勘違いが元で取り壊された。
    返信

    +18

    -46

  • 61. 匿名 2019/05/15(水) 01:23:36  [通報]

    ちょっと有名かな。
    豊臣秀吉とその正妻、寧々とは当時珍しく恋愛結婚。
    そしてサル!と呼ばれていたイメージの強い秀吉だが、本当に呼ばれていたあだ名は「ハゲネズミ」
    もうあだ名っていうか悪口だと思うww
    返信

    +836

    -9

  • 62. 匿名 2019/05/15(水) 01:24:20  [通報]

    >>44

    おっ! 分かってるね!
    返信

    +66

    -10

  • 63. 匿名 2019/05/15(水) 01:24:41  [通報]

    >>11
    ロマンスがありあまる小説書いてたんですか?
    返信

    +177

    -3

  • 64. 匿名 2019/05/15(水) 01:24:49  [通報]

    福沢諭吉の本の中には
    「朝鮮人と分かり合うのは無理だ」みたいな内容が書いてある。
    返信

    +891

    -5

  • 65. 匿名 2019/05/15(水) 01:25:13  [通報]

    伊達政宗の実母はとんでもない毒親だったけど、政宗はそんな母を大切にし、面倒を見た。
    返信

    +483

    -6

  • 66. 匿名 2019/05/15(水) 01:25:36  [通報]

    三島由紀夫の自決ごっこ。

    兄弟の儀式として、堂本正樹と始めた。
    堂本が上着を脱いで正座し、模造の短刀を腹に当て、三島が長刀で介錯の真似をする。
    前にのめった弟の「骸」を兄分が仰向けにし、自分の腹を揉み、長剣を逆手にし、左腹に突き立ててて引き回したあと喉笛を搔き切り、弟分の「骸」に倒れこむ。
    切腹ごっこは映画「憂国」撮影直前まで続いた。

    実際切腹したのはs45年だから、割と最近の事なんだよね。
    返信

    +233

    -0

  • 67. 匿名 2019/05/15(水) 01:26:00  [通報]

    実在した剣豪・宮本武蔵の身長は六尺二寸のマッチョ体型(188cm)だった。
    江戸初期の日本人男性の平均身長が五尺(150cm)程度と云われているから強いのも当然か…
    返信

    +489

    -5

  • 68. 匿名 2019/05/15(水) 01:26:12  [通報]

    >>62
    いや元ネタの歌もわかるけど、
    なんで無関係の貴方がイイネ!するんやww
    (最初の二葉亭四迷~を書いた者よりww)
    返信

    +16

    -33

  • 69. 匿名 2019/05/15(水) 01:26:34  [通報]

    叫びで有名なムンク
    付き合っていた彼女に結婚を迫られ自由を奪われるのは嫌だと逃げ回り、久々に会ったときに彼女はピストルを持ちだしてきて驚いたムンクともみ合いになったときに銃が暴発
    ムンクは左手に重症を負った
    もちろん破局
    後にムンクは彼女の卑劣な行為が自分の人生をむちゃくちゃにしたと記していたそうです
    返信

    +400

    -7

  • 70. 匿名 2019/05/15(水) 01:26:35  [通報]

    >>32完全にデマ、買い手が居ないし、略奪できる物もない。
    それどころか、室町末期にもなると、上も下も、兵も民も狂暴になりすぎてて、有名どころは<乱取り>は完全に禁止、逆らった手下は見せしめに殺してた。
    上野を荒らしてた関東土人から罰金を取ってた事は有ったけど支払いが無くても引き返す季節になれば釈放してた。
    返信

    +117

    -6

  • 71. 匿名 2019/05/15(水) 01:26:37  [通報]

    >>61 光秀はあだ名が金柑頭ですよね(頭がはげてた)。信長ひどい笑
    返信

    +341

    -2

  • 72. 匿名 2019/05/15(水) 01:26:42  [通報]

    >>46

    が、軍医として最高位の陸軍軍医総監(中将相当)に昇進した。
    返信

    +89

    -1

  • 73. 匿名 2019/05/15(水) 01:27:42  [通報]

    >>71
    前田利家はイヌでしたっけ?(笑)
    たしかにひどいww
    返信

    +275

    -4

  • 74. 匿名 2019/05/15(水) 01:27:48  [通報]

    沖田総司は常にイケメンとして描かれているが、本人を知る人は「ひらめ顔」と言っていた。
    「ひらめ顔」もよく分からないが、「いい男」や「男前」がすぐに出てこないのは、やっぱりブサイクだったのか。
    早逝の剣士だったことは間違いないようだが。
    返信

    +405

    -7

  • 75. 匿名 2019/05/15(水) 01:28:22  [通報]

    南京大虐殺ばかりピックアップされるけれども、実は日本軍はフィリピンのマニラでも民間人10万人の虐殺、マニラ大虐殺を起こしている
    返信

    +17

    -128

  • 76. 匿名 2019/05/15(水) 01:29:12  [通報]


    コンドーム・・・第一世界大戦で、兵士が売春婦相手にエッチなしまくったことから性病が爆発的に流行した。その予防のために兵士に配られたのがきっかけで普及した。
    返信

    +378

    -4

  • 77. 匿名 2019/05/15(水) 01:29:24  [通報]

    歴史的な画家や小説家や音楽家って精神病んだりアル中になったりとメンタルがやばいことになりやすいよね
    返信

    +254

    -3

  • 78. 匿名 2019/05/15(水) 01:30:06  [通報]

    福沢諭吉は子供の頃に酒の美味しさを覚え、酒に溺れていた不良少年だった。
    返信

    +341

    -2

  • 79. 匿名 2019/05/15(水) 01:30:44  [通報]

    三蔵法師は偉いお坊さんを指す一般名詞なので、たくさんいる。

    西遊記に出てくる人物は「玄奘三蔵」という実在の男性僧侶
    返信

    +343

    -2

  • 80. 匿名 2019/05/15(水) 01:31:55  [通報]

    信長の妹、お市様の最初の旦那であり、秀吉の側室で豊臣秀頼の母茶々や、徳川三代将軍徳川家光の実母である江の実父浅井長政は、実はぽっちゃり系だった。
    イケメンに描かれることが多いからショックだww
    返信

    +237

    -5

  • 81. 匿名 2019/05/15(水) 01:32:00  [通報]

    渋沢栄一は子沢山でお妾さんが3人もいた。
    返信

    +241

    -1

  • 82. 匿名 2019/05/15(水) 01:32:05  [通報]

    >>75
    それについても諸説ある。
    返信

    +7

    -8

  • 83. 匿名 2019/05/15(水) 01:32:44  [通報]

    >>70
    戦国時代は日常茶飯事だよ。貿易も盛んだった時代だからポルトガルなどに売られてた
    返信

    +52

    -3

  • 84. 匿名 2019/05/15(水) 01:33:15  [通報]

    >>73 それは知らなかった!信長、現代版有吉弘行ですね(笑)
    返信

    +286

    -7

  • 85. 匿名 2019/05/15(水) 01:33:46  [通報]

    伊達政宗はイケメンだった。
    かっこよく見せるためにするダテメガネや、イケメンをさすダテオトコ のダテは伊達政宗のこと。
    返信

    +540

    -10

  • 86. 匿名 2019/05/15(水) 01:33:50  [通報]

    >>23
    遠山の金さんって遠い山にいる金さんって意味だと思ってた!
    返信

    +7

    -37

  • 87. 匿名 2019/05/15(水) 01:34:52  [通報]

    >>80 近江の鷹!お市とは仲良しだったんですよね。長政好きで、滋賀まで行きました。
    返信

    +143

    -1

  • 88. 匿名 2019/05/15(水) 01:35:53  [通報]

    明治政府は日比谷公園あたりに官庁街を作ろうとしたけど、とんでもない沼地で建設を断念して霞ヶ関に作った。

    その費用を賄うため、宮城(現皇居、旧旧江戸城)の練兵場を三菱財閥に払い下げた。言うまでもなく、現在の丸の内の三菱村である。
    返信

    +200

    -4

  • 89. 匿名 2019/05/15(水) 01:36:24  [通報]

    >>81

    しーっ🤫
    返信

    +10

    -29

  • 90. 匿名 2019/05/15(水) 01:36:37  [通報]

    徳川家康の家臣、本多忠勝の愛用の槍「蜻蛉切(とんぼきり)」
    実際に、その槍の先端にとまったトンボが切れたから蜻蛉切と呼ばれたらしい。
    返信

    +196

    -0

  • 91. 匿名 2019/05/15(水) 01:37:13  [通報]

    >>4

    オカンと嫁が激しく対立。日本人初の二世帯住宅を作った。
    返信

    +196

    -2

  • 92. 匿名 2019/05/15(水) 01:37:27  [通報]

    >>39百済人も弥生人、渡来人は遺伝子ミトコンドリア的にも言語体系もヤマト民族の遺伝子ミトコンドリア。
    イギリスとドイツとイスラエルの科学者が証明してたでしょ。
    海外のサイト(reddit等)でも話題になってたよ、何故か中 韓 鮮 寄生3国人がヤマト民族の<起源と現在地を自分達だと捏造>しようと奇声を絶叫してたけど、みんな(私も含めた)にメタクソにやられてた!
    縄文時代もっと含めた、蝦夷から琉球までのヤマト民族の単一民族(遺伝子ミトコンドリア)国家日本の日本人だよ。朝鮮だの支那だのでは無い。
    支那の皇帝が、あなた達の遺伝子(朝鮮人、韓国人、エベンキ)を半島南部に強制移住させたのはもっと後の時代。
    学者とか名乗ってる年寄り達は自分達が実は寄生生物ってオチなのか知らないけど、歴史や人種を語るのに、科学や化学の話しだけは絶対にしないよね。
    ヤマト民族と3国人の遺伝子ミトコンドリアが、白人と黒人以上に異なる、とバレると都合が悪いのかな?
    返信

    +202

    -20

  • 93. 匿名 2019/05/15(水) 01:37:30  [通報]

    19歳の樋口一葉に手を出す半井桃水
    歴史トリビア
    返信

    +370

    -15

  • 94. 匿名 2019/05/15(水) 01:37:39  [通報]

    >>38
    マリー・アントワネットの「パンがないならケーキを食べればいいじゃない」の元ネタは、晋の恵帝の発した言葉、
    「なぜ肉粥を食べないのか」に由来する。

    『晋書』恵帝紀光熙元年(306年)
    「及天下荒亂、百姓餓死、帝曰『何不食肉糜』(天下荒乱に及び、百姓餓死す。帝曰く、なんぞ肉糜を食わざる。)」
    返信

    +19

    -14

  • 95. 匿名 2019/05/15(水) 01:38:19  [通報]

    一休さんは酒、女大好きの遊び人だった。
    返信

    +258

    -2

  • 96. 匿名 2019/05/15(水) 01:38:52  [通報]

    >>45そんなもの取り寄せてない、家畜売買商人のポルトガル人が信長に試供品として提供しただけ。
    返信

    +22

    -8

  • 97. 匿名 2019/05/15(水) 01:39:11  [通報]

    >>87
    そうみたいですね!私も小谷城跡やら行きましたよー!
    お市様はそのあと結婚した柴田勝家とも仲良くされていて、三姉妹も実の親子のように可愛がってもらった(普段はたくさん遊んでくれて、でも悪いことをするとすごく叱られた)ときいています。
    時代さえ違えば、どちらと結婚されてても幸せだったと思うのに悲しいですね。
    返信

    +255

    -5

  • 98. 匿名 2019/05/15(水) 01:40:26  [通報]

    >>96
    とりあえず試供品でも提供されてたんならもらったって言っても差し支えなくないか?姑みたい!こわーい
    返信

    +65

    -6

  • 99. 匿名 2019/05/15(水) 01:40:49  [通報]

    足尾銅山鉱毒事件・・・折しも日露戦争の真っ只中、戦争に使う薬莢(小銃、ライフル、大砲)を増産に次ぐ増産という背景があった。
    返信

    +101

    -1

  • 100. 匿名 2019/05/15(水) 01:41:44  [通報]

    水戸光圀は全国歩いて回ってない。
    ただすごく庶民のために働いた人だから、ああいう物語になった。
    返信

    +251

    -4

  • 101. 匿名 2019/05/15(水) 01:41:51  [通報]

    新撰組内部では、男色(同性愛)が流行っていた。
    返信

    +168

    -7

  • 102. 匿名 2019/05/15(水) 01:42:45  [通報]

    >>66
    男色つながりでもう一つ。

    日本が男色文化だったのはご存知だと思うけど、男色を日本に教えたのは弘法大師。仏教では女は不浄だから男とならおkって事で。
    なので所謂高尚な男性の間で流行った。
    童貞がバカにされるように、意識高い系では男色の童貞もバカにされてた。
    江戸時代までは普通に歌舞の影間(役をもらえない役者)など、男も売りをしていたが、明治になりキリスト教の影響で男色が野蛮であるとされ、今に至る。

    返信

    +300

    -4

  • 103. 匿名 2019/05/15(水) 01:42:50  [通報]

    >>51あのさぁ、鳴かぬなら〜鳴かすだの、頃すだの本人達が言い合ってたと思ってたの?
    こういう人達が、少し考えれば解りそうなデマを直ぐに真に受けてはしゃぎながら色んな所でウマシカ振り撒いてるんだろうね。
    返信

    +8

    -85

  • 104. 匿名 2019/05/15(水) 01:43:03  [通報]

    >>26

    明治天皇も見かねて注意したらしい。
    返信

    +148

    -2

  • 105. 匿名 2019/05/15(水) 01:43:08  [通報]

    長篠の戦い、よく言われる三段戦法(前の人が撃ってる間に後ろの人が玉詰めて…のやつ)はやってないらしい(笑)
    絵を見るとみんな普通にバラバラで撃ってるww
    返信

    +141

    -5

  • 106. 匿名 2019/05/15(水) 01:44:02  [通報]

    >>103
    本人が言ったと思ってる人はゼロじゃないんだしいいじゃん。細かいよ。
    返信

    +139

    -5

  • 107. 匿名 2019/05/15(水) 01:45:40  [通報]

    >>45
    今度弥助が主人公の映画やるよね。
    返信

    +78

    -1

  • 108. 匿名 2019/05/15(水) 01:45:45  [通報]

    >>61秀吉さんがハゲネズミと呼ばれたのは、信長の手紙一通、一度しかない。
    猿と呼ばれた記録はたくさん残ってる、解った?
    返信

    +115

    -46

  • 109. 匿名 2019/05/15(水) 01:46:34  [通報]

    >>92
    陛下のお言葉
    私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています。
    返信

    +16

    -76

  • 110. 匿名 2019/05/15(水) 01:46:36  [通報]

    最初は睦まじかった、細川忠興と玉(ガラシャ)。本能寺の変で玉の父、明智光秀が信長を討った事で、次なる秀吉に仕える忠興は、逆臣の婿として焦燥を深め、やがて夫婦仲も冷え。

    ある時、忠興の前に屋根葺き職人が誤って落下。鬱憤たまる忠興は切り捨て、食事中の玉の卓にその首を乗せた。顔色一つ変えず食事する玉に「そなたは、蛇のような女だ」玉「罪なき職人を切るあなたは鬼。鬼の妻なら蛇が似合いましょう」と答えた。
    返信

    +361

    -1

  • 111. 匿名 2019/05/15(水) 01:47:57  [通報]

    オスカルはフィクション
    返信

    +89

    -4

  • 112. 匿名 2019/05/15(水) 01:47:59  [通報]

    有名な話だけど

    太平洋戦争の火蓋・・・真珠湾攻撃のためのアメリカに対する宣戦布告の通知書は、当時の在米日本大使館が攻撃前にアメリカ政府に出さなかった。

    在米日本大使館が新歓コンパだったから。。。
    返信

    +248

    -5

  • 113. 匿名 2019/05/15(水) 01:48:22  [通報]

    教科書に出てくるような偉人でも卑猥に聞こえる人物が数多くいる。
    マンコ・インカ・ユパンキ
    虎関師錬
    金玉均
    などなど
    返信

    +42

    -4

  • 114. 匿名 2019/05/15(水) 01:49:48  [通報]

    ここでマウントとってる人なんなんだろう・・・(笑)
    返信

    +331

    -5

  • 115. 匿名 2019/05/15(水) 01:50:57  [通報]

    >>64夏目漱石とか、とにかく有能な日本人は一人残らず、例外無くそう言ってる、決してアレを人間として扱ってはならない、と。教育の問題でなく、遺伝子的(当時は無い言葉)な問題だと直感的に解ったんだろうね。
    CIAが作った<韓国人取り扱いマニュアル>も、旧ソ連の朝鮮人に関する報告書も、同じ人間が書いたのか?ってくらい同じような内容なんだって。
    返信

    +370

    -8

  • 116. 匿名 2019/05/15(水) 01:51:03  [通報]

    鬼平と遠山の金さんは同じ家に住んでいたことがある。
    長谷川平蔵宣以は、寛政7年(1795)、50歳の時に病気で亡くなり屋敷替えによって、遠山金四郎景元の下屋敷となりました。
    返信

    +62

    -2

  • 117. 匿名 2019/05/15(水) 01:51:41  [通報]

    >>73

    いやいや、前田利家の幼名が犬千代だったからだと思うよ。
    返信

    +188

    -1

  • 118. 匿名 2019/05/15(水) 01:51:48  [通報]

    >>61
    ブタゴリラ並みにひどいキメラやん。
    かわいそう。
    返信

    +7

    -5

  • 119. 匿名 2019/05/15(水) 01:52:03  [通報]

    >>67江戸後期でしょ・・・😞💨
    返信

    +0

    -12

  • 120. 匿名 2019/05/15(水) 01:52:37  [通報]

    >>114

    まともに相手をしてはいけません。
    返信

    +139

    -2

  • 121. 匿名 2019/05/15(水) 01:53:53  [通報]

    ナポレオンが乗っていたのはロバ
    返信

    +169

    -3

  • 122. 匿名 2019/05/15(水) 01:53:53  [通報]

    >>14
    ガンジーは非暴力・不服従で聖人のように扱われているが
    インドではカースト上位だったのでカースト制を支持していた
    ついでに今のインド人男性と同様男尊女卑でもあった
    若い姪に自分の体を洗わせ
    寝る時は全裸で添い寝することを命じていた
    バレたら「平常心を保つための訓練」だと言い放ったスケベ爺
    また白人社会から独立を勝ち取ったとしてアフリカなどでも尊敬されて銅像などが建てられていたが
    著書で平然と黒人差別をしていたことが分かり最近銅像が撤去されている
    返信

    +466

    -4

  • 123. 匿名 2019/05/15(水) 01:54:00  [通報]

    昔は はひふへほ を ぱぴぷぺぽ と発音していたかもしれない。
    ナゾナゾに、〇〇(ま行は行のない名前)のときはつかないけど、××(ま行はないけどは行はある名前)のときにはつくものなんだ?→答え、唇
    ってものがあったらしい。
    本当なら、藤原氏はぷじわらし。
    藤原不比等はぷじわらのぷぴと。
    ちょっと可愛いと思ったww
    返信

    +196

    -6

  • 124. 匿名 2019/05/15(水) 01:55:35  [通報]

    >>117
    それにしても犬千代と呼ばれるのと、イヌ!と呼ばれるのだと感覚違わないですか?
    本人もイヌって呼ばれるの嫌だと言っていたらしいですし。
    返信

    +31

    -14

  • 125. 匿名 2019/05/15(水) 01:56:16  [通報]

    >>72最後は酷い肩たたきされて辞めざるを得なかったんだよ、陸軍(勤務先)に行ったら自室も机も無かったとかね。
    脚気、壊血病の大失敗のせいで、連隊単位で堂々と反旗を翻されてた(命令違反、無視)からね。
    陸軍も首にしたかったけど出来なかったみたいで、自主的に辞めて貰う為にそういうやり方をしたらしい。
    返信

    +60

    -1

  • 126. 匿名 2019/05/15(水) 01:56:35  [通報]

    >>100
    全国行脚はしてないけど
    日本で初めてラーメンを食べたのは
    水戸光圀だったらしい
    返信

    +221

    -2

  • 127. 匿名 2019/05/15(水) 01:56:46  [通報]

    >>61

    「ハゲネズミ」は、信長に妻のおねが秀吉のあまりの浮気を相談した時の、信長の返信手紙の文中で呼んだ言い方。信長はおねに「どうせあのハゲネズミはそうたいした事もできまい。先日会った時は一層綺麗になったね。そなたは正室なのだから小さい事にイライラせず、どんと構えていなさい」という内容。短気で知られる信長の繊細さと優しさ溢れた文章。
    返信

    +430

    -4

  • 128. 匿名 2019/05/15(水) 01:56:55  [通報]

    >>75日本軍は??
    返信

    +1

    -1

  • 129. 匿名 2019/05/15(水) 01:57:01  [通報]

    >>94

    マリー・アントワネットが中国晋時代の文献を知っていたとは思えない。

    後付けの話だと思う。
    返信

    +151

    -5

  • 130. 匿名 2019/05/15(水) 01:57:58  [通報]

    北条政子は夫の浮気相手の家まで家来を行かせ、家を散々ボロボロにして人が住めないぐらい滅多打ちにした恐妻
    返信

    +246

    -2

  • 131. 匿名 2019/05/15(水) 01:58:18  [通報]

    >>121

    イタリア遠征でのアルプス越えね。
    返信

    +7

    -1

  • 132. 匿名 2019/05/15(水) 01:58:30  [通報]

    >>127
    信長に直接相談するのもなんかすごいし、信長優しい(笑)(笑)
    返信

    +435

    -1

  • 133. 匿名 2019/05/15(水) 01:59:05  [通報]

    >>39
    島津氏 お由羅の方が怪しいと言えばあやしい。
    でもそんなこと言ったら土器を使ってた時代からもうアジアは混ざってる。
    信長秀吉の時代には日本人も出島から奴隷として売り飛ばされてしまって海外で混血してるし、いまさら。
    返信

    +20

    -2

  • 134. 匿名 2019/05/15(水) 01:59:27  [通報]

    >>26
    >>104

    広島名物、もみじ饅頭のもみじは女好きの伊藤博文が茶屋の給仕(女性)の手を見て「なんと可愛らしい、もみじのような手であろう。焼いて食うたらさぞ美味しかろう」
    ってもみじの形になったらしい
    返信

    +286

    -2

  • 135. 匿名 2019/05/15(水) 01:59:31  [通報]

    >>82戦死者だよ、日本軍が自分達の拠点を逆説するわけ無いでしょ。支那人の便衣兵や朝鮮人の犯罪者、まぁ大半は連合国軍だね。
    返信

    +9

    -6

  • 136. 匿名 2019/05/15(水) 01:59:45  [通報]

    >>122
    牛を神聖視してたのに、死に際禁じられてた牛乳を薬として飲んでたんだっけ?
    非暴力よりカーストなんとかした方がいいよねえ。
    返信

    +231

    -1

  • 137. 匿名 2019/05/15(水) 02:00:10  [通報]

    西城秀樹
    若い頃、渋谷のデブ専ヘルスの常連客だった
    返信

    +13

    -25

  • 138. 匿名 2019/05/15(水) 02:00:15  [通報]

    ピョートル大帝の身長は203㎝
    大塩平八郎の身長は217㎝
    ちなみに徳川綱吉の身長は124㎝
    返信

    +197

    -6

  • 139. 匿名 2019/05/15(水) 02:00:56  [通報]

    >>127
    なんか現代の男尊女卑発言してる男達が原人に思えるほど優しさに溢れたお手紙だね
    返信

    +316

    -6

  • 140. 匿名 2019/05/15(水) 02:01:15  [通報]

    船でアメリカへ向かう途中、十分な衛生管理が出来ていなかったために艦内で伝染病が大流行。
    艦長の勝海舟も伝染してしまい艦長室にこもりっきりになってしまった。
    同乗していた福沢諭吉はそれをただの船酔いと勘違いし、勝海舟をバカにしまくった結果、『勝海舟、大事な航海で船酔いして役立たず』説が現代まで続くこととなってしまった。
    返信

    +248

    -1

  • 141. 匿名 2019/05/15(水) 02:01:47  [通報]

    【マリー・アントワネットのトリビア1】

    マリー・アントワネットは巨乳で自分の胸で型をとったワイングラスをつくらせた
    返信

    +174

    -5

  • 142. 匿名 2019/05/15(水) 02:01:49  [通報]

    ナチスの制服は党員にエリート意識を持たせるために作られた。

    ヒューゴ・ボスがデザインした。
    返信

    +167

    -3

  • 143. 匿名 2019/05/15(水) 02:01:52  [通報]

    リンカーンの妻はDV妻でドS
    リンカーンと妻が出会って付き合ってたが、リンカーンが恐くなって数年逃げていたが、あるパーティーで妻とバッタリ再会し、強制的に即結婚させられ、DVされながらも大統領にまでのし上がった
    返信

    +295

    -1

  • 144. 匿名 2019/05/15(水) 02:02:37  [通報]

    日本人で初めてルイヴィトンを購入したのは伊藤博文。
    フランスへ視察に行った際に自分用にトランクケースを買ったらしい。
    返信

    +265

    -2

  • 145. 匿名 2019/05/15(水) 02:02:48  [通報]

    武士道=衆道(男同志の愛)でもあるから、前田利家公が誰だったかに宛てた手紙で「君との一夜が最高だったねぇ!」てのが残っているって。
    返信

    +114

    -2

  • 146. 匿名 2019/05/15(水) 02:02:56  [通報]

    >>134
    うわあ…そんなサイコパスみたいな発言が由来とは
    返信

    +129

    -9

  • 147. 匿名 2019/05/15(水) 02:03:07  [通報]

    上杉鷹山の正室の幸姫は、障害があって体も子供のように小さかった。でも鷹山は幸姫を邪険に扱わず、玩具で一緒に遊んだりしていたそう。若くして姫は亡くなるんだけど、亡くなった後に遺品の小さい着物を受け取った姫の父親は初めて娘がそういう状態だったと知って驚いたそう。
    返信

    +273

    -3

  • 148. 匿名 2019/05/15(水) 02:03:24  [通報]

    >>110
    ガラシャの夫って、ガラシャがクリスチャンになった腹いせにガラシャの目の前でガラシャの侍女を殺したりもしたよね
    基本、野蛮なんだよね
    返信

    +287

    -1

  • 149. 匿名 2019/05/15(水) 02:03:24  [通報]

    ロシアの怪僧ラスプーチンは、巨根アンド絶倫だった。
    青酸カリでも頭蓋骨を割られても死ななかったとか。
    それは盛ってるんだろうけど…。
    返信

    +208

    -0

  • 150. 匿名 2019/05/15(水) 02:03:59  [通報]

    >>83国内で買い手が無いって言ってるの、なんでも記録してる日本人の買い手が記録を残さないのはおかしいでしょ。
    ポルトガルのは世界中で、勿論日本でも大量に記録や資料が残ってるじゃない、バテレン追放の理由は?
    山本七平さんの日本人とユダヤ人って本を読んでみて、あなた位の知識だと、その辺から少しずつ知識を付け始めた方がいい。
    返信

    +12

    -11

  • 151. 匿名 2019/05/15(水) 02:04:09  [通報]

    後妻打ち(うわなりうち)とは、日本の中世から江戸時代にかけて行われた風習のこと。夫がそれまでの妻を離縁して後妻と結婚するとき、先妻が予告した上で後妻の家を襲うというものである。

    歴史トリビア
    返信

    +242

    -1

  • 152. 匿名 2019/05/15(水) 02:05:08  [通報]

    >>122
    カースト上位?
    シュードラ(4つあるうちの下から2番目)じゃなかった?
    返信

    +1

    -11

  • 153. 匿名 2019/05/15(水) 02:05:23  [通報]

    >>94デ・マ・もっとよく調べましょう。
    返信

    +5

    -5

  • 154. 匿名 2019/05/15(水) 02:06:43  [通報]

    >>140

    福沢先生の英語もルー大柴並みだと、外国人の妻の日記に書かれてるやんw


    返信

    +163

    -2

  • 155. 匿名 2019/05/15(水) 02:07:14  [通報]

    伊達政宗は、世渡り上手で上の人から可愛がられるキャラだった。林先生の番組でやってたんだけど、
    政宗は、徳川家康だか豊臣秀吉に会う際、必ず遅刻する無礼を働き、本来なら切られるところだけど、
    その前に見事ないい訳の手紙を送り、それを読んだ家康だか秀吉は、しょうがない奴だなって感じで許されてたらしい。
    返信

    +259

    -2

  • 156. 匿名 2019/05/15(水) 02:08:36  [通報]

    >>74それも根拠の無いデタラメ、そもそも指名手配書にしかならない似顔絵なんか書かせる筈がない。
    源義経の肖像画も嘘だったじゃない。
    返信

    +2

    -12

  • 157. 匿名 2019/05/15(水) 02:08:49  [通報]

    アメリカ大陸を発見したヨーロッパ人は、コロンブスでもベスプッチでもなく、
    10世紀末のノルマン人レイフ・エリクソン。
    返信

    +111

    -1

  • 158. 匿名 2019/05/15(水) 02:09:52  [通報]

    >>151
    良いねこれ。
    仇討ち制度もあったし、江戸時代の法律使えるものだけ復活してくんないかな。
    返信

    +236

    -6

  • 159. 匿名 2019/05/15(水) 02:11:37  [通報]

    離縁に使われる「三行半」は昔は男性から女性へ別れるときに使われ、女性からは出すことは出来なかった。

    ため、女性が別れる為に駆け込み寺というものがあり、妻はそこで尼になり、何年か勤めると別れられるとか聞いた気がする。

    返信

    +200

    -3

  • 160. 匿名 2019/05/15(水) 02:11:38  [通報]

    >>150
    追放理由のひとつ
    中国、南蛮、朝鮮半島に日本人を売ることはけしからんことである。そこで、日本では人の売買を禁止する。

    戦乱期はあったってことだよね
    返信

    +26

    -0

  • 161. 匿名 2019/05/15(水) 02:12:19  [通報]

    >>149

    なんか胃炎だったかで毒が効きにくかったらしい。

    これでもか!って最後メッタ刺しにして水に落としたのに、遺体は十字を切っており、直前まで生きていた事がわかり戦慄したそうな。

    皇太子の血友病が、ラスプーチンの台頭と結びついているよね。
    返信

    +153

    -4

  • 162. 匿名 2019/05/15(水) 02:14:15  [通報]

    >>159

    鎌倉の東慶寺まで、江戸から決死の思いで逃げ、最後下駄を投げて門を通過すれば、離婚成立とみなしてもらえるそう。チッこの前、靴投げ入れてくれば良かった!!
    返信

    +114

    -2

  • 163. 匿名 2019/05/15(水) 02:14:20  [通報]

    >>51
    横だけど違う。夏目漱石の話は英語訳を求められたときの話らしいが諸説あり。
    返信

    +31

    -0

  • 164. 匿名 2019/05/15(水) 02:15:22  [通報]

    ガンジーは女好き
    昔は不倫とかよくしててヤバかった
    聖人とは程遠い存在
    返信

    +230

    -3

  • 165. 匿名 2019/05/15(水) 02:15:28  [通報]

    >>13
    あぁ!今からせごどんにタイムマシーンで抗生物質を送り届けてやりたい
    返信

    +113

    -0

  • 166. 匿名 2019/05/15(水) 02:15:43  [通報]

    >>156
    横だけど、今残ってる沖田総司の画は、沖田の姉が孫に「どこか似ている」と言った事から、彼をモデルに描かれたものって見た事あるよ。沖田家では「色白の小さい男だった」という風に伝わっているそう。写真があったらなぁ…。
    返信

    +109

    -1

  • 167. 匿名 2019/05/15(水) 02:16:54  [通報]

    >>119

    宮本武蔵の没年が1645年とされているから江戸初期で合ってると思うけど。
    返信

    +30

    -3

  • 168. 匿名 2019/05/15(水) 02:17:31  [通報]

    >>13
    西郷隆盛が死んだ時、キンタマの大きさで西郷だって分かったとか。
    返信

    +128

    -4

  • 169. 匿名 2019/05/15(水) 02:17:38  [通報]

    >>109
    陛下のお言葉にマイナスをつける人が愛国とかいっちゃってるんだろうなー
    返信

    +7

    -21

  • 170. 匿名 2019/05/15(水) 02:18:50  [通報]

    >>129

    母のマリア・テレジアから素晴らしい蒔絵の小物を貰って、プチトリアノンにコレクションしてた。今も大切に保管されてる。フランス史もまともに勉強しないのですもの、東洋史は言わずもがなw
    返信

    +53

    -1

  • 171. 匿名 2019/05/15(水) 02:20:00  [通報]

    【マリー・アントワネットのトリビア2】
    平民のマリー・アントワネットに対する反感は 自然発生的に芽生えたのではない
    マリー・アントワネットに対する反感は、まず、
    宮中の貴族たちに芽生え、反マリー・アントワネットの貴族たちが、あの手この手で平民に
    マリー・アントワネットのネガティブな噂を流布し、マリー・アントワネットへの反感を煽った
    有名な「パンがなければケーキを食べればいいじゃない」も、反マリー・アントワネット派の貴族によるデマゴーグ
    貴族たちにマリー・アントワネットへの反感が発生した理由の一つに、マリー・アントワネットは人の好き嫌いが激しく、自身が建設させた離宮プチトリアノン宮殿に貴族として位が高くても自分がきらいな貴族は招待せず、招待されなかった
    貴族たちの間にマリー・アントワネットに対する反感が発生した
    返信

    +154

    -2

  • 172. 匿名 2019/05/15(水) 02:20:25  [通報]

    樋口一葉 バナナで検索したときの衝撃
    返信

    +20

    -18

  • 173. 匿名 2019/05/15(水) 02:20:28  [通報]

    ロシアの皇太子が初来日した時に過激な庶民が襲ってしてしまい、日本が報復されるんじゃないかとの不安の中で自決して詫びを乞うた一般女性がいた。
    返信

    +185

    -2

  • 174. 匿名 2019/05/15(水) 02:20:29  [通報]

    伊藤博文の女好きエピ
    ・イギリス留学中に風俗街に行き過ぎて帰国させられそうになる
    ・常にたくさんの女をはべらせヤリ捨てていたので「掃いて捨てる」の意で「ホウキ」と陰であだ名される
    ・芸者たちからはおねだりすると何でもよろしいよろしいと言うので「よろしいの御前」とあだ名される
    ・家に妻がいようと関係なく毎日のように芸者をお持ち帰り
    ・総理大臣を辞任した原因も不倫スキャンダル
    ・明治天皇からええ加減にせいと怒られるも「みんなこそこそやってますよ、私は堂々とやってるだけです」と開き直る
    ・首相官邸は女遊びに散財しすぎて家がなくなりそうになった伊藤博文のために造られたのが最初
    ・後に東京市長になった牛塚虎太郎は「女好きさえなければ人として満点」
    返信

    +322

    -1

  • 175. 匿名 2019/05/15(水) 02:20:43  [通報]

    新撰組は戦死した隊士より内部粛清で死んだ隊士のが多いのは有名ですかね
    返信

    +204

    -3

  • 176. 匿名 2019/05/15(水) 02:21:06  [通報]

    与謝野晶子 バナナで検索したときの衝撃
    返信

    +78

    -4

  • 177. 匿名 2019/05/15(水) 02:21:06  [通報]

    >>140
    これが原因で福沢諭吉と勝海舟は死ぬまで仲が悪かったw
    返信

    +104

    -3

  • 178. 匿名 2019/05/15(水) 02:21:11  [通報]

    夏目漱石、相田みつをはDV夫
    返信

    +154

    -2

  • 179. 匿名 2019/05/15(水) 02:23:04  [通報]

    >>173

    バカ議員に聞かせたいね。
    返信

    +76

    -2

  • 180. 匿名 2019/05/15(水) 02:23:35  [通報]

    18世紀の韓国の貴族たちは箸より重い物は持たないを地で行き、本も自分では持たなかった
    大学に通うのに本を持たせたお付きを侍らせ大学に通っていた
    返信

    +65

    -11

  • 181. 匿名 2019/05/15(水) 02:24:24  [通報]

    明治初期の日本を旅したイザベラバードの旅行記読んだけど、
    明治10年時点で、日本の女は着物の上を脱いで裸だったとの事。外国人だ!と見に来る女が上半身裸って事は、その姿で出歩いてたのか、その宿屋の女将さんかお客さんかわからないけど、人前で乳出してたって事だよね。

    チョゴリ笑ってたけど、慎む事にしたわ。
    返信

    +12

    -100

  • 182. 匿名 2019/05/15(水) 02:25:22  [通報]

    >>174
    追加
    陸奥宗光の美貌の妻、亮子を、口説いていた
    人妻だろうとお構いなし
    返信

    +66

    -4

  • 183. 匿名 2019/05/15(水) 02:27:27  [通報]

    >>21
    本妻と妾の子供を同じ学校に通わせられないから、
    妾の子供を通わすために作った学校もあるという噂。
    中学受験した人なら知ってるかな?

    返信

    +121

    -2

  • 184. 匿名 2019/05/15(水) 02:27:27  [通報]

    直江兼続、被害者遺族を殺し閻魔大王に手紙を書く
    【意訳】
    「一筆啓上いたします。三宝寺勝蔵の家来が不慮の死を遂げたことを遺族が悲しみ、返して欲しいとの事なので、この三人を迎えに遣わします。どうか返してやってくださるようお願い申し上げます。
    慶長二年二月七日 直江山城守兼続(判)
    閻魔大王さま」
    返信

    +86

    -1

  • 185. 匿名 2019/05/15(水) 02:28:00  [通報]

    >>17
    知らなかった
    浅間山荘みたいですね
    返信

    +6

    -3

  • 186. 匿名 2019/05/15(水) 02:28:09  [通報]

    織田信忠と信玄の娘の松姫は婚約してから頻繁に文とかを送りあっていた。でも織田と武田が敵同士になってしまって婚約破棄に。しばらくして信忠が「松姫を迎え入れたい」と。でも会いに行こうとした矢先に本能寺の変が起きて信忠が死んでしまう。姫は出家して信松尼に。「信」は武田家の男性が使っている字だけど、もしかしたら信忠の、っていう説があるみたい。信忠の正室の座は空いていたし(子供はいた)、姫も武田が滅んでも出家しなかったのに信忠が死んだら出家してる。
    返信

    +122

    -1

  • 187. 匿名 2019/05/15(水) 02:28:43  [通報]

    >>180
    腰を曲げるのが労働者という事から、顔を洗うのにも腰を曲げずに直立不動で甕から水をすくって洗ってたらしいね。
    袖や服がビチョビチョなのが貴族の矜持だとか。
    返信

    +65

    -4

  • 188. 匿名 2019/05/15(水) 02:28:56  [通報]

    江戸時代の日本人の平均身長は155cm 侍は145cmから160cm代ばかりだった。
    返信

    +103

    -3

  • 189. 匿名 2019/05/15(水) 02:30:45  [通報]

    >>139

    世をなす人って、「大きな愛」があると思うな。
    返信

    +58

    -5

  • 190. 匿名 2019/05/15(水) 02:31:03  [通報]

    >>49

    引っ越しの理由は、ゴミ屋敷になって片付けるのが面倒だったから。。。って説があるよね。
    返信

    +96

    -1

  • 191. 匿名 2019/05/15(水) 02:31:30  [通報]

    勝海舟も女好きだった。
    愛人との間に生まれた子供を連れ帰って奥さんに育てさせたりした。
    奥さんは文句を言わなかったので勝海舟は家庭内円満だと周囲に自慢していた。

    奥さんは死ぬ時
    「夫と同じ墓は絶対いやだ」
    と言ったらしい・・・
    返信

    +434

    -4

  • 192. 匿名 2019/05/15(水) 02:31:47  [通報]

    >>179

    どの議員のことだろう。。。
    返信

    +3

    -17

  • 193. 匿名 2019/05/15(水) 02:37:31  [通報]

    黒船来航時、体格で劣る日本人はなめられないため相撲取りを連れていき米俵を運ぶパフォーマンスを披露。

    米和親条約が締結されたあと、日米間で異種格闘技戦が行われる

    日本の力士と、アメリカ側の随行ボクサーとレスラーによるものです。

    土俵入り、稽古相撲、米俵運びなどを見せたところ、アメリカ側の随行レスラーとボクサーが「チャンピオンに挑戦したい」と言い出し、大関の小柳常吉と幕内力士・白真弓が出てきて相撲技で粉砕します。

    面目を潰されたアメリカ側のレスラーのウイリアムとブライアン、ボクサーのキャノンの3人が同時に大関小柳に襲いかかりますが、小柳はキャノンのパンチをかわして小手投げを打って踏み付け、タックルしてきたブライアンを小脇に抱え込み、ウィリアムスを足払いで倒したあと、ベルトを掴んで吊るし上げるという一瞬の圧勝劇で終わります。
    返信

    +206

    -0

  • 194. 匿名 2019/05/15(水) 02:40:04  [通報]

    コーヒーがヨーロッパに伝わったのは。

    大トルコ戦争(神聖同盟 vs オスマン帝国 1683年 〜 1699年)で第二次ウィーン包囲の時、オスマン帝国の兵が装備備品を放ったらかして敗走した。その時、コーヒー豆があった。ポーランド人兵士が退役して、その豆でカフェを始めたことから。
    返信

    +33

    -1

  • 195. 匿名 2019/05/15(水) 02:40:05  [通報]

    >>134
    孫って演歌思い出した。もみじのような手〜♪大泉逸郎は日本の演歌歌手で、孫が可愛くて孫って演歌を作った。
    返信

    +60

    -2

  • 196. 匿名 2019/05/15(水) 02:40:12  [通報]

    吉川元春の正室はブサイクだったって説(ホントにブスだったかは不明)。元春が自ら「ブスだから誰も結婚しようとはしないから、娶れば(正室の)父親は喜び自分に尽くすだろう」って。でも夫婦仲は良かったそうな。兄弟の隆元、隆景も珍しく側室いないんだよね。
    返信

    +105

    -1

  • 197. 匿名 2019/05/15(水) 02:43:57  [通報]

    >>196

    当時、藩主等の身分の高い人が側室を持たない=愛妻家? 偉いz。 って概念だったのだろうか?

    って疑問がある。
    返信

    +45

    -1

  • 198. 匿名 2019/05/15(水) 02:44:34  [通報]

    三島由紀夫母子ってちょっと虚言。若き日、三島が正田美智子さんと見合いしたテイにしてると。見合いの事実はないのに。

    蛇足だが、三島が自決した数年後に師の川端康成も自死。川端夫人は、「見える人」だったらしく主なき川端邸に、三島の首なし幽霊が出ると。懇意の坊さんが必死に三島の霊を慰め、やっと首を胴体に乗せる所まではできたらしい。
    返信

    +130

    -5

  • 199. 匿名 2019/05/15(水) 02:48:54  [通報]

    >>196

    ブスだから幸せになれないって悲観する事はない、と歴史が教えてくれるよね。末摘花だってちゃんと源氏に愛されるものねwこれは創作か。

    吉川元春の子孫が吉川晃司じゃなかったっけ?
    返信

    +81

    -3

  • 200. 匿名 2019/05/15(水) 02:49:40  [通報]

    >>192

    丸山穂高
    返信

    +12

    -7

  • 201. 匿名 2019/05/15(水) 02:49:46  [通報]

    >>6
    正室の熙子は結婚が決まった後に病気になり、顔に痕が残ってしまった。光秀との婚約を無にしたくない熙子の父が代わりに妹を嫁がせたんだけど、気づいた光秀が丁重に送り返して改めて「妻は熙子殿と決めている。顔は年月も経てば変わるが、心の美しさは変わらない」って言って改めて妻にしたんだよね。熙子も貧しくて宴を開けない時は髪を売って光秀を助けた。松尾芭蕉がこの話好きとかw
    返信

    +341

    -2

  • 202. 匿名 2019/05/15(水) 02:50:17  [通報]

    インカ帝国はわずか168人と大砲1台、馬27頭を率いるだけのピサロに滅ぼされた
    返信

    +136

    -3

  • 203. 匿名 2019/05/15(水) 02:52:43  [通報]

    >>199
    そうそう。確か吉川晃司は末裔とか。っぽいよねw
    返信

    +28

    -5

  • 204. 匿名 2019/05/15(水) 02:55:32  [通報]

    ちなみに宇垣美里は宇垣一成の親戚で、さらには犬養毅の親戚でもある
    返信

    +133

    -2

  • 205. 匿名 2019/05/15(水) 02:56:26  [通報]

    >>200

    もしかして、東大“軽率”で大阪19区選出の衆議院議員のことかな。
    返信

    +8

    -6

  • 206. 匿名 2019/05/15(水) 03:00:17  [通報]

    ナポレオンはめちゃくちゃ字が汚かった
    友人に手紙を書いたらあまりの字の汚さに解読できないどころか地図を描いてきたと思われた
    返信

    +134

    -1

  • 207. 匿名 2019/05/15(水) 03:01:02  [通報]

    >>197
    家を絶やさないようにする為には、子供を残すのも大事なことだから側室も必要ではあるよね。父親の元就は正室が亡くなってからしか側室というか後妻?(存命中隠し子の様なのは一人いたらしいけど)を持たなかったみたいだけど…。そういえば元就も愛妻家として有名だよねw
    返信

    +89

    -2

  • 208. 匿名 2019/05/15(水) 03:01:33  [通報]

    >>172

    [事実]
    明治36年(1903)4月10日 台湾からバナナが輸入される。

    [事実]
    樋口 一葉 1872年5月2日(明治5年3月25日)- 1896年(明治29年)11月23日

    よって樋口一葉とバナナの話は極めて怪しいと思う。
    返信

    +147

    -4

  • 209. 匿名 2019/05/15(水) 03:01:34  [通報]

    >>148

    気が小さい。政治の場に出ると針の筵。美貌で聡明なガラシャを愛しているのに、「お前の親父のせいで、政の場での俺の気持ちがわかるか!」と八つ当たり。今で言うモラハラ夫だね。ガラシャは本能寺以降、いつ死ぬかどう死ぬかを常に考えていたのだと思う。
    返信

    +145

    -1

  • 210. 匿名 2019/05/15(水) 03:08:33  [通報]

    >>205

    そう。謝罪の場なのに、素直に認められず、へ理屈こねくり野郎。勉強出来るのに、人の心が全くわからぬバカ。酒乱でアル中かも。
    返信

    +61

    -2

  • 211. 匿名 2019/05/15(水) 03:12:21  [通報]

    今度、お札になる事となった、津田梅子さん
    5歳6歳の頃に、岩倉具視団の中に入り海外視察
    更に感性豊かになられたそう
    そんな幼少の頃からなんて凄いなとずっと思ってた
    有名ですかね
    返信

    +142

    -6

  • 212. 匿名 2019/05/15(水) 03:13:45  [通報]

    >>203

    やはりそうでしたか。リアル殿!ではないのんw
    返信

    +4

    -5

  • 213. 匿名 2019/05/15(水) 03:18:34  [通報]

    >>166
    同じ感じで、有名な西郷隆盛の肖像画も、実は別人または他の人と混ぜた説
    弟の西郷従道との説が有力
    返信

    +102

    -1

  • 214. 匿名 2019/05/15(水) 03:23:18  [通報]

    >>211

    明治初期か幕末に、徳島藩で「庚午事変」て騒動が勃発。蜂須賀家と同じ位の活躍なのに、いつも後塵を拝していた稲田家とが揉め死者も出た。で時の政府の要人岩倉具視によって、喧嘩する家は離してまえ〜と稲田の殿様と家来は、徳島から北海道日高まで流された。温暖な徳島から極寒の北海道へ。人々は大変な苦労をして、野生林だけの地に根を下ろしたと。家来のうちの一人が私の先祖のおじいさん。
    返信

    +8

    -10

  • 215. 匿名 2019/05/15(水) 03:29:46  [通報]

    現在の台湾があるのは根本博(元日本陸軍中将)の活躍のお陰。
    日本が敗戦後、秘密裏に台湾に渡り台湾政府軍を指揮して中国人民解放軍を破り、金門島の攻防にて同島を死守した。
    なお、日本政府(吉田茂首相)はこの事実を知りながらアメリカにも中国にも秘密にしたと云われている。
    返信

    +104

    -2

  • 216. 匿名 2019/05/15(水) 03:30:44  [通報]

    映画『キューティ・ブロンド』、『わたしに会うまでの1600キロ』の女優リース・ウィザースプーンは、アメリカ独立宣言署名者ジョン・ウィザースプーンの子孫です。

    歴史トリビア
    返信

    +156

    -2

  • 217. 匿名 2019/05/15(水) 03:34:48  [通報]

    >>215

    『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』数年前に読みました。
    歴史トリビア
    返信

    +94

    -2

  • 218. 匿名 2019/05/15(水) 03:40:37  [通報]

    魏志倭人伝を書いた人は日本に来たことがない
    返信

    +83

    -4

  • 219. 匿名 2019/05/15(水) 03:51:22  [通報]

    >>75
    日本はフィリピンと戦争してないよ。もちろん戦火に巻き込まれた民間人はいるだろうけど、スペインを追いやって、アメリカに負けた。
    アメリカがフィリピン人を虐殺して陣を構えた。後に火山噴火で米軍がフィリピン基地から一旦逃げたとき、反米感情からもう戻って来るな!と今も再上陸をみとめてない。そのぐらいちゃんと怒り行動できる国民なんだから。

    2016年、天皇がフィリピン訪問した時歓迎されたのが何よりの証拠。
    本当に戦争したらなら、陛下に対してシャジャイセヨでしょう。
    返信

    +142

    -2

  • 220. 匿名 2019/05/15(水) 03:53:26  [通報]

    >>181

    戦後(太平洋戦争)くらいまで、女性が自宅庭先で水浴びをしていた・・・って聞いたことがある。
    返信

    +94

    -2

  • 221. 匿名 2019/05/15(水) 04:08:04  [通報]

    ヒットラーがユダヤ人を大虐殺したって有名な話だけど、

    スターリンも相当なユダヤ人を虐殺している・・・一部、ヒットラーがやったことにしたり。
    返信

    +161

    -0

  • 222. 匿名 2019/05/15(水) 04:19:35  [通報]

    水戸黄門でお馴染みの、実際は諸国行脚してない水戸光國は人徳者に見られがちだけど、若いときは刀の試し切りと犬を斬りまくった少年Aタイプ
    返信

    +139

    -0

  • 223. 匿名 2019/05/15(水) 04:26:45  [通報]

    >>201
    なんかさ、信長様の話でも思ったけど昭和平成令和の現代の男性達より大昔を生きていた偉人達の方が人として先進的で視野が広く寛容だよね
    さすがに時代の偉人達と比べるのはかわいそうかもだけど
    返信

    +156

    -7

  • 224. 匿名 2019/05/15(水) 04:28:03  [通報]

    シャーロックホームズはミステリーの金字塔のような扱いだけど、実際は半分冒険物。
    コナン・ドイルも読者が読みやすいように、今で言うところのライトノベルの感覚で書いてる。
    返信

    +103

    -1

  • 225. 匿名 2019/05/15(水) 04:31:06  [通報]

    >>139
    がる民の多くは原人だね
    返信

    +6

    -0

  • 226. 匿名 2019/05/15(水) 04:33:19  ID:LBJeYwzKNq  [通報]

    加山雄三、母方の曾祖父は岩倉具視
    返信

    +40

    -3

  • 227. 匿名 2019/05/15(水) 04:33:22  [通報]

    坂本龍馬の有名な写真は自分の乳首をいじっている最中。普段からそういう癖があった。
    返信

    +152

    -1

  • 228. 匿名 2019/05/15(水) 04:37:29  [通報]

    首相官邸は伊藤博文が女遊びで全財産を無くして家まで無くなった結果「国の長が家無しはアカン!」って事で作られた。
    返信

    +159

    -0

  • 229. 匿名 2019/05/15(水) 04:43:52  [通報]

    >>5
    ガル歴長いがガル民こういう歴史大好きよ
    何見てんの?
    返信

    +31

    -4

  • 230. 匿名 2019/05/15(水) 04:49:30  [通報]

    >>172
    与謝野晶子じゃないの?
    返信

    +72

    -0

  • 231. 匿名 2019/05/15(水) 04:53:36  [通報]

    >>124
    キジってあだ名をもう一人につけたら桃太郎になれたのに…
    返信

    +37

    -1

  • 232. 匿名 2019/05/15(水) 05:00:12  [通報]

    織田信長は酒に超弱かった
    天女の格好して舞った舞いは、見てる全員が見とれて感動してしまうくらい妖艶だったらしい
    返信

    +147

    -3

  • 233. 匿名 2019/05/15(水) 05:01:50  [通報]

    一番最初の天皇はただのシバきあいの喧嘩で勝った人がなっただけ。
    返信

    +148

    -11

  • 234. 匿名 2019/05/15(水) 05:24:31  [通報]

    毛利元就は政略結婚だったけど妻とかなり仲が良く妻が生きている間は側室を持たなかった
    妻のほうが先に亡くなり元就は何日も部屋に引きこもって泣いていた
    悲しすぎて息子達に「嫁死んじゃって寂しいつらいよぉ(意訳)」みたいな手紙を頻繁に送っていた

    そんな仲睦まじい両親を見ていたせいか息子達もほとんど側室を置かなかった
    返信

    +237

    -1

  • 235. 匿名 2019/05/15(水) 05:27:58  [通報]

    >>211
    好きな人は多いと思う
    私は昔見たヒストリアの知識しかないけど、鹿鳴館の花と呼ばれた大山捨松と仲良しなんだよね
    お札の絵になるから、色々な歴史番組で特集してそう
    大正時代の歴史って面白いよ?
    返信

    +74

    -2

  • 236. 匿名 2019/05/15(水) 05:28:18  [通報]

    新撰組の土方歳三は色男だったがかなり粗暴で、今でいうオラオラ系だった
    沖田総司はあまり顔が良くなかったが、誰にでも優しく接していたので優しい男性が好きな女性にはモテていた
    返信

    +172

    -4

  • 237. 匿名 2019/05/15(水) 05:28:29  [通報]

    >>23お母さんの情報までありがとうw
    返信

    +27

    -2

  • 238. 匿名 2019/05/15(水) 05:35:31  [通報]

    >>93
    まさか生まれ変わりだったりしてね…
    返信

    +21

    -1

  • 239. 匿名 2019/05/15(水) 05:37:36  [通報]

    >>6
    明智光秀の遠い子孫の私。口にするといい事はほぼ言われないので基本誰にも言わないけどそんな素敵な話があったなんてちょっと嬉しい。
    返信

    +211

    -6

  • 240. 匿名 2019/05/15(水) 05:45:37  [通報]

    >>174
    ホウキ、よろしいの御前とかww
    御前って古語的な意味では一応敬ってもらえてるんだろうけどw

    明治天皇からええ加減にせいと怒られるも「みんなこそこそやってますよ、私は堂々とやってるだけです」と開き直る

    いや、開き直るなやwww
    というか、明治天皇にそんなこと言わせるなw
    返信

    +138

    -2

  • 241. 匿名 2019/05/15(水) 05:49:00  [通報]

    >>236
    沖田総司が強かったのって見た目で油断されたからなんじゃ…って気もする
    返信

    +36

    -5

  • 242. 匿名 2019/05/15(水) 05:52:38  [通報]

    >>234
    キュンとしたわ笑
    今浮気とか不倫してる奴ら毛利元就に刀で100人でも1000人でも切っていってほしい。
    返信

    +170

    -2

  • 243. 匿名 2019/05/15(水) 05:55:44  [通報]

    明智光秀は優しい人だよね
    奥さんと政略結婚の予定だったけど天然痘にかかって顔に痘痕が出来てこれは嫁に出せない…と思った父親が妹を身代わりにして差し出すんだけど光秀は「自分は約束した方と結婚します」と見た目が痘痕で悪くなってしまったのに嫁に貰ったんだよね
    あと光秀が金が無いけど接待で宴を開かなきゃいけなくなった時に奥さんが自分の髪を切って売ってお金にして宴を開かせてくれたんだよね

    そんな優しい人が本能寺の変起こしたのは何でだ?と不思議に思う…
    返信

    +306

    -2

  • 244. 匿名 2019/05/15(水) 06:07:20  [通報]

    ジョージ・ワシントン・アダムズ(1801‐1829)第2代アメリカ合衆国大統領ジョン・アダムズの孫かつ、第6代アメリカ合衆国大統領ジョン・クインシー・アダムズの長男で、頭脳明晰のため、祖父からも父からも将来を嘱望された

    祖父と父と同じくハーバード大学に進学し、卒業後の1824年、マサチューセッツの法曹界に入った。1826年にマサチューセッツ州議会議員に選ばれたが、ホワイトハウスで被後見人として暮らしていた親類のメアリ・キャサリン・ヘレンに好意を持ち、父の許しを得て婚約した。その際に弁護士業に4、5年は専念する約束を交わしたので、ジョージはボストンで仕事に励んだ。しかし、ジョージが不在の間に、メアリはジョージの弟ジョン・アダムズ2世と結婚するために婚約を破棄した。それ以後、ジョージはまったく意欲を失ってしまい、仕事を怠り始めた。その結果、莫大な負債を抱えたばかりではなく、酒やアヘンに溺れるようになった。ジョン・クインシーにとって「わが息子ジョージに関する事項がもっとも耐えがたい悩み」であった。

    1829年にワシントンを訪問した帰途、ジョージは汽車に乗った。精神を病んでいたジョージは船上で自分のことを監視する人々の声が聞こえると語ったという。4月30日午前3時ごろ、ジョージは発作的に船から飛び降りて自殺した。死後、ジョージが婚外子をもうけ二重生活を送っていたことが判明した。これに目を付けた者が、お金を支払うようにアダムズ家を脅迫したが、要求を拒絶されたため、暴露を目的にしたパンフレットが公表されてしまった。母ルイーザは彼の死後、息子はアダムズ家の野心の被害者になってしまったと、ジョン・クインシーを痛烈に批判した。
    返信

    +26

    -5

  • 245. 匿名 2019/05/15(水) 06:18:30  [通報]

    >>38
    その言葉はマリー自身の言葉じゃないみたいよ
    こう言いそうだな、という想像で後に広まったもの

    ちなみにその言葉のケーキというのはブリオッシュ=菓子パンという説もあるんだって
    ブリオッシュはパンよりも原価が安いから
    返信

    +58

    -2

  • 246. 匿名 2019/05/15(水) 06:19:54  [通報]

    アメリカ合衆国第4代大統領ジェームズ・マディソンの継子かつ、ドリー夫人の唯一の実子、ジョン・トッド・ペイン(1792-1852)学業成績が標準以下であったために、継父の母校であるカレッジ・オブ・ニュージャージー進学は断念せざるを得なかった。ホワイトハウスでもこれといった仕事をするわけでもなく、養父の個人秘書が病になった際に一時的にその職務を代行した程度である。1813年、ロシア皇帝の仲介でイギリスとの講和交渉にあたる使節団派遣が決定された際に、マディソンはジョンに随行員として同行するように命じた。ジョンに立身する機会を与えようと考えたためである。

    異国の地で多くのことを学ばせるというマディソンの配慮は仇となった。ジョンは外交にはほとんど興味を示さず、サンクトペテルブルクの舞踏場に夢中になり「アメリカの王子(American Prince)」というあだ名まで付けられる始末であった。さらに使節団がパリに移ってからも、ジョンはダンスや飲酒、賭け事に溺れ、借金を重ねた。マディソンは何度も継子に訓戒の手紙を送ったがジョンの放蕩を改めさせることはできなかった。ジョンの負債を肩代わりした額は少なくとも2万ドルにおよぶ。それも息子の不行跡で妻を悲しませないように密かに支払いを済ませることが多かった。それにもかかわらず、ジョンは1829年と1830年の少なくとも2度にわたって債務者監房に収監されている。

    継父ジェームズ・マディソンの死後、ジョンはマディソン家が所有していたモンペリエ農園の経営に携わったが失敗した。そして、継父の未刊行文書の中から数百の貴重な文書がジョンによって持ち出され、負債を弁済するために売り払われた。養蚕にも手を出したがうまくいかなかった。1852年に未婚で亡くなった。

    返信

    +19

    -1

  • 247. 匿名 2019/05/15(水) 06:20:52  [通報]

    >>55
    そしてかなりの毒舌
    「人前でイチャイチャするバカップル●ねばいいのに」とも書いてるw
    返信

    +135

    -0

  • 248. 匿名 2019/05/15(水) 06:22:00  [通報]

    >>64
    ちなみにアインシュタインも同じようなことを日記で綴っている
    返信

    +30

    -2

  • 249. 匿名 2019/05/15(水) 06:24:25  [通報]

    >>93
    右の男は川谷絵音だよね
    左の女の子は誰?
    返信

    +6

    -0

  • 250. 匿名 2019/05/15(水) 06:25:50  [通報]

    西郷隆盛は父親の名前で本当の名前は西郷隆永
    返信

    +16

    -0

  • 251. 匿名 2019/05/15(水) 06:27:19  [通報]

    >>122
    なかなかのモラハラ男だよね
    カースト制度も自分が上位でなければ支持してないだろうし
    これは誰でもそうか
    返信

    +60

    -1

  • 252. 匿名 2019/05/15(水) 06:27:30  [通報]

    >>127
    元祖相談女。
    返信

    +3

    -14

  • 253. 匿名 2019/05/15(水) 06:29:46  [通報]

    豊臣秀吉の建てた大阪城は徳川家が潰して更地にしてから建て直しした
    返信

    +85

    -1

  • 254. 匿名 2019/05/15(水) 06:30:07  [通報]

    >>127
    信長って根は優しそうだよね
    短気で怖いイメージが強いし、実際やってる事は恐ろしいんだけど、優しいエピソードも結構ある

    逆に人格者とされてるガンジーとかは
    実際は暴力男だし黒人差別もしてたし
    返信

    +213

    -5

  • 255. 匿名 2019/05/15(水) 06:31:08  [通報]

    >>138
    124!?( ゚д゚)
    返信

    +6

    -2

  • 256. 匿名 2019/05/15(水) 06:32:08  [通報]

    >>148
    ほぼ動じないガラシャも怖い
    返信

    +116

    -2

  • 257. 匿名 2019/05/15(水) 06:34:00  [通報]

    ナポレオンが乗っている馬では山は越えられない
    返信

    +52

    -1

  • 258. 匿名 2019/05/15(水) 06:35:13  [通報]

    家康の方が短気で合戦では最初に突撃していたらしい
    返信

    +12

    -3

  • 259. 匿名 2019/05/15(水) 06:35:16  [通報]

    >>149
    ラスプーチンのソレはホルマリン漬けにされて今も保存されてるよ
    流石に画像は貼れないけど(笑)
    返信

    +85

    -0

  • 260. 匿名 2019/05/15(水) 06:35:53  [通報]

    >>254
    信長の根は優しいってDQNがゴミ拾いしたらいい奴認定されるのと同じ気はする
    返信

    +125

    -16

  • 261. 匿名 2019/05/15(水) 06:39:19  [通報]

    >>152
    シュードラ(奴隷層)なわけないでしょ
    なれる職業もカーストで決められてるんだよ
    カースト上位じゃなきゃ僧にはなれない

    返信

    +95

    -0

  • 262. 匿名 2019/05/15(水) 06:42:38  [通報]

    >>170
    マリー・アントワネットは日本の漆器も収集してて、革命でヴェルサイユを去るまで大切に部屋に飾ってたんだってね
    その漆器は今も博物館に所蔵されてるそうな 

    なんか嬉しい
    返信

    +196

    -3

  • 263. 匿名 2019/05/15(水) 06:45:24  [通報]

    >>191
    私が奥さんの立場でもやだwww
    よく耐えたよ奥さん
    返信

    +140

    -0

  • 264. 匿名 2019/05/15(水) 06:47:24  [通報]

    >>204
    個人的にここまででいちばんの衝撃
    返信

    +33

    -2

  • 265. 匿名 2019/05/15(水) 06:48:44  [通報]

    >>221
    死人に口なしだね恐ろしい
    返信

    +6

    -2

  • 266. 匿名 2019/05/15(水) 06:51:51  [通報]

    >>201
    やだ惚れそう笑
    返信

    +87

    -0

  • 267. 匿名 2019/05/15(水) 06:52:45  [通報]

    >>257
    あれ馬ですらないよ
    ロバ
    返信

    +5

    -1

  • 268. 匿名 2019/05/15(水) 06:53:02  [通報]

    >>184
    怖っ。サイコパス。
    返信

    +13

    -0

  • 269. 匿名 2019/05/15(水) 06:58:50  [通報]

    >>124
    横だけど、犬と呼ばれるの嫌がったって史料あるの?それ小説かドラマの設定じゃない?
    もしも嫌がっていたすれば、既に元服して又左衛門と名乗ってる時に幼名では呼ばれたくないとかいう理由だと思うよ。
    犬千代みたいに「〇千代」の名前を千代を略して「〇」とか「お〇」っていう呼び方は愛称的な意味でよくあった(蘭丸→お蘭みたいな)。
    犬千代っていうのは戌年生まれだから名づけられた名前。
    名前に犬つけるのは当時としては珍しくなくて、信長の妹の1人にもお犬の方っていうのもいた(お市同美人だったらしい)。

    ただし信長のネーミングセンスはたしかに変わっていて、子供の名前に「奇妙」「大洞」「小洞」「杓」「人」とか名付けてるし、側室の名前を「鍋」に変えたりしてる。
    返信

    +74

    -1

  • 270. 匿名 2019/05/15(水) 07:06:36  [通報]

    >>73
    利家の前に犬千代って名前だったからでは。
    返信

    +25

    -0

  • 271. 匿名 2019/05/15(水) 07:15:06  [通報]

    歴史の知識がそもそもないから、「あの人にそんなトリビアが!」というより「へぇ〜そんな人がいたんだ〜」という感覚で読んでるけど面白い(笑)昔の人の話ってなんでこんな興味そそるんだろう。
    返信

    +155

    -1

  • 272. 匿名 2019/05/15(水) 07:20:50  [通報]

    忠臣蔵でも知られる、悪名高い吉良上野介
    確かに諸説あるけれど、愛知だったと思うけど、吉良という地名のところがあって、そこではとても良い人だったとされているそう
    とてつもない最期ではあったけど、人はやはり、いつの世も、善悪両面あるんだなと思う
    返信

    +98

    -3

  • 273. 匿名 2019/05/15(水) 07:28:13  [通報]

    革命家として知られるチェ・ゲバラ
    実は、武装したり革命起こしてきてた地は、生まれとは全くの無関係
    しかもやむを得ずで革命家になったとかではなく、もとは良家のご子息
    返信

    +90

    -0

  • 274. 匿名 2019/05/15(水) 07:28:49  [通報]

    江戸時代の男性の平均身長は155センチ。

    その中で170くらいの
    坂本龍馬、近藤勇、土方歳三、沖田総司は規格外の体格。
    かっこよかったに違いない。
    返信

    +202

    -4

  • 275. 匿名 2019/05/15(水) 07:32:31  [通報]

    伊達政宗の第一子の名前は五郎八
    男の子が欲しかったが産まれたのが女の子でこれで「いろは姫」と呼んだ
    返信

    +76

    -0

  • 276. 匿名 2019/05/15(水) 07:33:04  [通報]

    >>1


    土方歳三 没後150周年を今年に迎え、歳三のふるさと東京 日野市では「ひの新撰組まつり2019」を、ちょうど催行したばかりでした。


    歴史トリビア
    返信

    +68

    -4

  • 277. 匿名 2019/05/15(水) 07:35:57  [通報]

    森鴎外の娘さんの森茉莉さんもかなり変わっていたね。
    毎日行きつけの喫茶店にはお決まりの席があって、そこでなければいけない。
    空いてないときは、先客がお茶を飲む横にずっとたって空くのを待っていたそうだ。
    あの無表情な顔でずっと立っていられるのは、なかなかきつい。
    返信

    +184

    -0

  • 278. 匿名 2019/05/15(水) 07:43:06  [通報]

    桶狭間の戦いは凄い有名だけど、その時に織田信長に敗れた今川義元のお墓は名古屋の郊外にひっそりある
    国定公園にもなってるけど、そこも本当にひっそり
    あんなにも世間一般にも広く知られてると思うのに、後世にはそんなものなのかな
    返信

    +27

    -1

  • 279. 匿名 2019/05/15(水) 07:44:08  [通報]

    石田三成は頭良かったけど情がなくて気難しくて周りから煙たがられてたけれど唯一、大谷吉継とは友達だった
    お茶会でお茶をまわし飲みするんだけどハンセン病を患っていた吉継がずれた頭巾を直したら膿がお茶の中に落ちてしまって周りがうわぁとなってるなか、三成は膿落ちてたのを知っていて「早くまわせ」と器を吉継から無理矢理取ってお茶を飲み干した
    面倒な性格だったんだろうけど悪人では無かったんだろうなと思った

    あとこれから処刑されるって時に最期に水くれってお願いしたら「水なんかねえよw柿ならあるよーww」と言われて「柿は喉に悪いからいらない」と突っぱねた話もなんかプライド感じて好き
    返信

    +190

    -1

  • 280. 匿名 2019/05/15(水) 07:48:20  [通報]

    >>249
    ほのかりん
    返信

    +0

    -0

  • 281. 匿名 2019/05/15(水) 07:49:03  [通報]

    >>272
    忠臣蔵は当時ガルちゃんがあったら「パワハラ許せない!吉良逝ってよし!」派と「田舎育ちは嫌ね〜、親切に礼儀を教えただけなのに…これだからゆとり世代は…」みたいな荒れ方してそう。
    返信

    +138

    -2

  • 282. 匿名 2019/05/15(水) 07:52:06  [通報]

    >>1211番がっかりした笑
    返信

    +3

    -0

  • 283. 匿名 2019/05/15(水) 07:53:36  [通報]

    お城好きな笑点司会の昇太師匠が紹介されてた事
    お城と言うと立派なイメージだけど、もとは簡単なものが多く、謎も多かったそうだけど、割と最近、愛知県の織田信長が作ったとされる小牧城跡から色々な発掘品があって、検証したら、そこが今のいわゆる「お城」とされるものの礎となったらしい
    小牧城が無ければ、もしかすると、姫路城も名古屋城も今の感じではなかった可能性も高いらしい
    返信

    +23

    -0

  • 284. 匿名 2019/05/15(水) 07:57:31  [通報]

    >>38
    ケーキ=ブリオッシュ=王冠の隠喩

    王を討てと自ら号令した。
    返信

    +2

    -15

  • 285. 匿名 2019/05/15(水) 08:04:37  [通報]

    >>1

    www
    意外とつまらんことする
    男なのね。
    返信

    +6

    -3

  • 286. 匿名 2019/05/15(水) 08:05:40  [通報]

    フランス王ルイ14世は実は双子で、政権争いを心配したルイ13世が弟の方をバスティーユに鉄仮面を被せて監禁した。

    結構有名な話かな?
    返信

    +90

    -6

  • 287. 匿名 2019/05/15(水) 08:06:44  [通報]

    >>277
    アラサーの時期に
    贅沢貧乏のマリア
    読んで
    こんな風になったらヤバイと
    真剣に結婚かんがえるようになった。

    返信

    +18

    -1

  • 288. 匿名 2019/05/15(水) 08:10:31  [通報]

    >>64



    咸臨丸の修理が終わり、日本への帰途についた船上で、福沢諭吉はサンフランシスコの写真屋で撮影した、現地の娘とのツーショットを取り出し、皆をうらやませがらしました。

    当時まだ26歳だった諭吉。

    この娘の名前はテオドラ・アリスといって、
    サンフランシスコの写真屋、ウイリアム・シューの娘でした。

    歴史トリビア
    返信

    +85

    -0

  • 289. 匿名 2019/05/15(水) 08:10:43  [通報]

    伊藤博文は女好き
    どれくらい女好きかというと、全財産を芸者遊びに費やし、
    ついには住むところまで無くしてしまったほど
    仮にも一国の首相がホームレスなのは色々と不味いという事で、伊藤の為に家が建てられることに
    後の首相官邸である。

    当時がるちゃんがあったら袋叩きにあっただろうねw
    返信

    +191

    -0

  • 290. 匿名 2019/05/15(水) 08:12:53  [通報]

    >>281
    浅野内匠頭は精神病説もあるよね。結局、刃傷事件の動機はよくわかってないし。
    だけど歌舞伎とかで、あることないこと面白おかしく脚色されて、吉良が大悪人にしたてあげられた。そのほうが物語としてウケるから。
    四十七士はかなり美化されてるけど、浅野内匠頭だけ処罰されたのは幕府の命令だから吉良のせいじゃないし、大勢で老人の寝込みを襲うなんて武士の戦い方としては卑怯だと思う。
    ・・・みたいなことを、もしその時代にガルちゃんで書いたらマイナスの嵐だろうな笑
    返信

    +94

    -1

  • 291. 匿名 2019/05/15(水) 08:13:27  [通報]

    >>1
    土方は友人じゃなくて日野の実家に恋文を1冊の本にして送ったんじゃなかった?
    返信

    +5

    -4

  • 292. 匿名 2019/05/15(水) 08:13:32  [通報]

    学校で習った時はこの世の歴史を築いた偉人達を尊敬していたけど

    変態的なエピソードは習わなかったから今知ってかなりショックを受けている……
    モーツァルトよ……尻を舐めろっておま……
    返信

    +19

    -3

  • 293. 匿名 2019/05/15(水) 08:15:10  [通報]

    >>47
    その上ポン中
    返信

    +9

    -0

  • 294. 匿名 2019/05/15(水) 08:23:34  [通報]

    第3代アメリカ合衆国大統領トマス・ジェファーソンは
    妻のマーサ・ジェファーソンの死に際して、彼女に一生再婚しないことを約束して、
    美談のように語り継がれてきたが、20年前のDNA鑑定によって
    所有していた黒人奴隷サリー・ヘミングスと事実上の婚姻生活を送り、
    5人の隠し子をもうけた可能性がかなり高いことが判明している
    ジェファーソンの農園・遺産を管理する組織委員会もこのDNA鑑定の結果を
    受け入れている

    しかも、サリーはマーサ・ジェファーソンの異母妹であり、ジェファーソンと
    マーサの長女の、マーサ・ジェファーソン・ランドルフよりも1歳若かった
    返信

    +67

    -0

  • 295. 匿名 2019/05/15(水) 08:29:17  [通報]

    >>137
    急に西城秀樹が出てきてワロタ
    返信

    +93

    -0

  • 296. 匿名 2019/05/15(水) 08:29:31  [通報]

    元就は息子たちも側室持たなかったから当時としてはかなり珍しいけど良い家族だよね
    隆元は戦場に子どもの成長を手紙で送ってきた奥さんに「元気そうで良かった〜子育て大変だろうけどこれからもよろしく頼むね(意訳)」
    長男に対して「あんまりお母さん困らせるなよ、言うことちゃんと聞いて遠くまで遊び行かないように(意訳)」
    と手紙返してたり
    元春は「俺自分で嫁決めっから!見た目悪くても教養ある人がいい!」と言って結婚して奥さんずっと大事にしてたり
    良い意味で武将っぽくないなと思った
    返信

    +197

    -2

  • 297. 匿名 2019/05/15(水) 08:29:45  [通報]

    >>164
    晩年は12才くらいの女の子と一緒に寝てたんだっけ?
    返信

    +20

    -0

  • 298. 匿名 2019/05/15(水) 08:30:03  [通報]

    ベルサイユの離宮、小トリアノン宮殿に
    マリー・アントワネットの幽霊が出没するという噂
    トリアノンの幽霊 - Wikipedia
    トリアノンの幽霊 - Wikipediaja.wikipedia.org

    トリアノンの幽霊 - Wikipediaトリアノンの幽霊出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ナビゲーションに移動検索に移動事件の舞台となった小トリアノン宮殿トリアノンの幽霊(トリアノンのゆうれい、英語: Ghosts of Trianon、フランス語: Fan...

    返信

    +69

    -0

  • 299. 匿名 2019/05/15(水) 08:30:59  [通報]

    男色が武士のたしなみとされていた戦国時代に、どうしても男はいけなかった豊臣秀吉が、ばかにされてケンカになって大事になったのが賤ヶ岳の戦い
    返信

    +11

    -6

  • 300. 匿名 2019/05/15(水) 08:33:46  [通報]

    >>299
    秀吉は農民出身だからね
    お偉いさんだけの遊びだった男色は一般市民にはうぇ〜きっもとしか思えなかったからw
    返信

    +109

    -0

  • 301. 匿名 2019/05/15(水) 08:34:00  [通報]


    ソ連の独裁者として知られるスターリンは本名ではなくただのペンネーム
    本姓はジュガシヴィリ
    返信

    +69

    -2

  • 302. 匿名 2019/05/15(水) 08:34:13  [通報]

    明智光秀のイメージ変わった。
    今まで裏切り者のイメージだったから…
    来年の大河楽しみだなぁ
    返信

    +134

    -3

  • 303. 匿名 2019/05/15(水) 08:34:13  [通報]

    >>74
    沖田の「ヒラメ顔」は平らな顔にイメージされがちで、大河の新選組で藤原竜也がキャスティングされたくらいすっきり顔にイメージされていて平べったいイメージの肖像画(沖田は美少年ではなかったって言われてる糸目のやつ)があるけど、
    でも昔の「ヒラメ顔」は「目が寄っている」って意味だったようで大分イメージが違う。
    沖田の写真は結局なく、末裔の「確かに美少年だった」って証言しかないので確かめようがないが、若くして散った命に美談がついてもいいと思う。
    返信

    +137

    -2

  • 304. 匿名 2019/05/15(水) 08:38:57  [通報]

    信長のいい話
    信長が度々通る道に障害をもった乞食がいつもいるのが気になり、村の者に尋ねると先祖が犯した罪によって村人たちに蔑まれてる乞食だと言われた。
    次に信長がそこを通る時、村のものを集め、反物を与え、これを売った金であの乞食に小屋をつくり、時々作物をわけて面倒をみてやるようにと言った。
    それを聞いた乞食と村人は皆その温情に感激した。

    信長な家臣の身分を問わなかったし、先祖がどうのみたいな差別的な因習が嫌いだったんだと思う。
    返信

    +228

    -1

  • 305. 匿名 2019/05/15(水) 08:54:42  [通報]

    ナポレオンの好物 鶏肉のマレンゴ風味 
    イタリアのマレンゴで不利な状況から大逆転勝利した時食べた料理で
    その後も好物となった
    火を通した鶏肉をトマトとニンニクとワインで煮込み、茹でたザリガニと目玉焼きを添える
    ザリガニは海老で代用すれば家庭でも簡単にできるから試してみて
    返信

    +47

    -0

  • 306. 匿名 2019/05/15(水) 09:00:08  [通報]

    ロシアの皇帝ピョートル一世は、溺れた人を救助しようとしたことが原因で死亡した
    返信

    +103

    -0

  • 307. 匿名 2019/05/15(水) 09:12:11  [通報]

    >>39
    ほとんどの日本人はDNA的には朝鮮人の血が入ってるぞ?
    返信

    +5

    -73

  • 308. 匿名 2019/05/15(水) 09:14:42  [通報]

    細川忠興とガラシャの話は職人の話も苛烈だけど、
    ガラシャの死に様と、その後の忠興も凄いよ。

    石田三成の配下に屋敷囲まれた時、人質になりたくないから自決しようとするんだけど、
    自分はキリシタンで自決は許されないからって部下に自分を殺すよう命じるんだよね。
    その際、主君の妻を直接見るのは忍びないから障子のそばにガラシャ座らせて、障子越しに槍でぶっ刺してガラシャを死なせたんだとか。

    ガラシャ死亡の知らせを受けた忠興が怒り狂うんだけど、ガラシャと一緒にいたはずの長男の嫁が屋敷から脱出して無事だと聞いた時、
    「どうしてお前も自決しなかった!?」と激怒して、長男に離縁を迫るんだけど長男が拒否したのにまた腹を立てて長男を廃嫡してしまったとか。

    これ最初はガラシャのことを愛してたからと解釈されてたけど、今だと長男嫁が前田利家の娘だから、これを機に豊臣寄りの前田家と縁を切りたかったという解釈らしい。
    返信

    +84

    -0

  • 309. 匿名 2019/05/15(水) 09:14:47  [通報]

    >>122
    ガンジーの黒人差別ってさ、白人や黄色人種からしたらアフリカ系黒人もインド系黒人も区別つきにくくて微妙な感じだよね

    同じ中東地域だけどアラブ人は肌が白い人も多いけどインド人って黒人まではいかないけど結構褐色肌だよね
    別に人種差別ではないけどアジア~中東地域で肌の色に差が有るのはなんでだろう?不思議
    返信

    +92

    -1

  • 310. 匿名 2019/05/15(水) 09:15:51  [通報]

    ゲーテの最期の言葉「もっと光を」は
    単にもっと明かりが欲しかったから
    言ったのではという説がある
    返信

    +78

    -0

  • 311. 匿名 2019/05/15(水) 09:18:44  [通報]

    マリー・アントワネットのお気に入りの一人ポリニャック夫人はアントワネットを一族ぐるみで利用するだけ利用して、フランス革命が起こると真っ先に国王一家を見捨てて逃亡したあげく、今でもその血筋が続いてる(モナコ王室の男系の祖先)
    もう一人のお気に入りのランバル夫人は革命が始まった時にイギリスに助けを求めてから帰国して捕まってしまい民衆によって虐殺された後に首をアントワネットへの見せしめに使われてしまった。
    返信

    +81

    -1

  • 312. 匿名 2019/05/15(水) 09:20:45  [通報]

    >>307
    はるか昔のなら入ってるね。
    今現在朝鮮半島に住んでる人種のではない

    なんかさー、だいぶ前だけど在日認定されてる藤本美貴が「日本人には有り得ないDNAか〜」とか言われてムッとした顔してなかった?よく覚えてないけど
    そのDNAって今の半島人の人種であるエヴェンキ(山葡萄原人)のDNAだよね
    日本に渡来してきた朝鮮半島の人種は李氏朝鮮以前に全滅していて、当時の天皇陛下(現上皇陛下)もその時代の事を仰っていたのにエヴェンキが勝手に自分たちの事だと吹聴してるだけ
    返信

    +121

    -4

  • 313. 匿名 2019/05/15(水) 09:21:55  [通報]

    >>290
    忠臣蔵とは、当時インフレだったらしく浅野が一度目に饗応役を
    やったときと比べて裏金が少なかったとか、金と銀の価値を勘違い
    していたとか、塩の値段を操作したんじゃないかとか、、
    経済的な面から見ると面白い。

    返信

    +10

    -1

  • 314. 匿名 2019/05/15(水) 09:26:12  [通報]

    【芥川龍之介】(1892~1927)

    芥川龍之介は夏目漱石の大ファン通り越してストーカーレベル。漱石と一緒にお風呂に入りたいとか書き残してる。中学生時代に「我輩も犬である」という作品まで書いてる。

    【太宰治】(1909~1948)

    で、そんな芥川龍之介を大好き過ぎるのが太宰治。

    ひたすら龍之介の名前を書き連ねた黒歴史ノートを後年公開される。

    芥川龍之介を大好き過ぎる太宰治は芥川賞がどうしても欲しかったが、選考委員の川端康成が『太宰は人間として欠陥がある』と言い出した。

    怒った太宰は川端に『小鳥と歌い、舞踏を踊るのがそんなに高尚か。刺す』と手紙を送った。

    川端康成は「私生活の件は言いすぎた。けどお前の作品つまんなかったし。。」と返事して再炎上。



    【川端康成】(1899~1972)

    その川端康成は極端に寡黙な人で、友人がたずねてきたときは2時間一言も喋らず、相手が気詰まりして帰ろうとしたら「まだいいじゃないか」と一言。



    川端康成が金に困った時の事。

    菊池寛から金を借りようと、一時間ほど黙ったまま「ミミズクのような目」で見つめて金を出させた。


    【菊池寛】(1888~1948)

    そんな菊池寛の口癖

    「ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負だ。」

    【宮沢賢治】(1896~1933)

    宮沢賢治はベジタリアンになろうとしたが誘惑に負けて駄目でした(´・_・`)みたいな手紙を知人に出している。

    【石川啄木】(1886-1912)

    石川啄木は「働けど働けど」とか言ってるくせに全然働かなくて、金田一京介のポケットからよく金を盗んでた。生活に困って森鴎外先生に頼み込んで原稿を買ってもらって、その足で遊郭に行ったりしてた。


    【森鴎外】(1862~1922)

    そんな森鴎外は大学時代細菌の研究をしていて、風呂場にどれほどの細菌がいるかを知って風呂に入れなくなった本末転倒な人。



    【中原中也】(1907~1937)

    中原中也は酔うと太宰治の家に真夜中にもかかわらず訪れた挙句「バーカバーカ」などと低俗な嫌がらせをし、太宰も怒ればいいものを布団を被って怯えて泣いていた。



    檀一雄】(1912-1976)

    檀一雄は、太宰治と「どんな心中自殺がかっこいいと思う?」みたいな話をしていて、檀が「池で溺死」と言うと太宰は「寒いからやだ。やっぱガスじゃない?」と答え、「よしガスだ〜!」ってガス栓全開にして二人で並んで寝て途中で正気に返った檀は怖くなって太宰を放置して逃げ帰った。


    島崎藤村】(1872~1943)

    島崎藤村は、臨終の床についている田山花袋に「これから死ぬってどんな感じ?どんな気分?ねぇ?ねぇ?」とずっと聞いていた。



    【江戸川乱歩】(1894-1965)

    江戸川乱歩は、西洋にはピアノを弾きながら小説の構想を練る作家がいると聞いて、自分は三味線でやろうと稽古を始める。結果三味線はめちゃくちゃ上達したものの特に原稿は書かず、ただただ三味線が上手なおじさんに。

    返信

    +320

    -0

  • 315. 匿名 2019/05/15(水) 09:37:17  [通報]

    >>311
    ランバル夫人はアントワネットのために
    支援してくれるよう声をかけてまわってたんだよね
    返信

    +83

    -2

  • 316. 匿名 2019/05/15(水) 09:54:01  [通報]

    >>262
    ググってみたよ。素敵だね。
    歴史トリビア
    返信

    +132

    -1

  • 317. 匿名 2019/05/15(水) 09:57:56  [通報]

    >>314
    全エピソード面白いw
    返信

    +269

    -0

  • 318. 匿名 2019/05/15(水) 10:03:20  [通報]

    >>173
    畠山勇子だね。ロシア政府や日本政府、自分の身内などに宛てて10通も遺書を書き、京都府庁の前で剃刀を使って喉を切り自決した。享年27歳。
    あの小泉八雲も、畠山勇子の死を「壮烈にして無私なるこの犠牲者の霊に、心から敬意を表する」としてお墓参りをしている。
    歴史トリビア
    返信

    +58

    -0

  • 319. 匿名 2019/05/15(水) 10:11:36  [通報]

    宮本武蔵は晩年に書いた自伝で
    試合で負けたこと1回も無いって書いてるけど
    他の人が書いた書には何も記録が残ってない

    あと、死ぬまで1度も沐浴をした事かない
    絶対臭い
    生涯独身だったのは不潔すぎて女の人が誰も寄り付かなったんだと思う
    返信

    +134

    -0

  • 320. 匿名 2019/05/15(水) 10:12:30  [通報]

    >>140
    そもそも勝海舟は艦長じゃなかった
    返信

    +5

    -1

  • 321. 匿名 2019/05/15(水) 10:14:21  [通報]

    白虎隊の生き残りはひとりじゃない。自刃したのも20人中6人。
    返信

    +71

    -3

  • 322. 匿名 2019/05/15(水) 10:14:50  [通報]

    1に因んで新撰組関連で

    新撰組隊員の死因でいちばんおおいのは斬り合いでなく
    御法度を守らなかったことによる切腹

    当時新撰組屯所の近くに住んでいた人の話で
    しょっちゅう川の水が血液で赤く染まってたと
    返信

    +107

    -2

  • 323. 匿名 2019/05/15(水) 10:20:52  [通報]

    江戸無血開城は勝海舟の手柄ではない。本当は駿府で山岡鉄舟が西郷を説得した。
    返信

    +17

    -1

  • 324. 匿名 2019/05/15(水) 10:23:52  [通報]

    今に残る勝海舟の手柄のほとんどは勝海舟が自分で自慢気に語ったホラ含む盛った話をまとめた氷川清話が元ネタ
    返信

    +37

    -1

  • 325. 匿名 2019/05/15(水) 10:26:43  [通報]

    >>322
    川が血で〜の流れで、今度お札になる渋沢栄一の生まれ故郷の埼玉県深谷市血洗島の地名の由来は市の北側を流れる利根川には大きな中州がたくさん有り当時の北条氏と上杉氏の激戦で多くの将兵の血が流されたとか、処刑場があり刀を利根川で洗った事から「血洗島村」になったとか。
    他にも俗説はあって「地が荒い島」という説などもある。

    隣の市に住んでるけど地名を知らなくて、高校で出会った友達が血洗島に住んでて物騒すぎる地名で驚いた笑
    返信

    +63

    -0

  • 326. 匿名 2019/05/15(水) 10:26:51  [通報]

    ここのコメントを見て、伊藤博文キモイな、どんだけ女好きなの
    返信

    +141

    -0

  • 327. 匿名 2019/05/15(水) 10:34:40  [通報]

    白虎隊士中二番隊の隊長は、その後は喜多方に移り住み、斗南へ移封した会津藩士に米を密輸するなどして密かに藩を支え続けた。
    返信

    +34

    -0

  • 328. 匿名 2019/05/15(水) 10:36:37  [通報]

    19世紀、バイエルン王国のルートヴィヒ2世の風貌は若い頃と晩年とで激変している。
    即位当時は「アポロンの再来」と謳われるほどの超絶美青年だったが、晩年(といっても40歳くらいだが)は超肥満体のメタボ親父に成り果てた…

    歴史トリビア
    返信

    +105

    -1

  • 329. 匿名 2019/05/15(水) 10:38:06  [通報]

    >>122
    ガンジーはなかなかよね
    13歳で結婚して常に奥さんに欲情しまくりのセックスライフを送り、16歳のときに父親の容態が悪くなり家族で交替で看るんだけど、奥さんとのセックスに夢中で父親の死目に会えなかった
    これはさすがに自己嫌悪に陥ったらしいけど
    返信

    +183

    -0

  • 330. 匿名 2019/05/15(水) 10:44:47  [通報]

    >>127
    >>304
    対人のうまさ優しさ感じるね
    以前のトピで秀吉が「自分は信長みたいに優しくないぞ」と手紙に書いてたとあった
    返信

    +58

    -0

  • 331. 匿名 2019/05/15(水) 10:46:21  [通報]

    >>155
    まるで磯野カツオみたいな要領のよさ。同じ東北の藩主でも善良で生真面目過ぎる会津の松平容保とは、真逆キャラだね。政宗一行は、京の街で派手な衣装の大名行列とかやっているくらいの目立ちたがり屋だし。ま、戦国時代と幕末という時代背景が違うのもあるけどね。
    返信

    +37

    -1

  • 332. 匿名 2019/05/15(水) 10:48:23  [通報]

    伊能忠敬は日本中の測量が終わるころには歯が一本しか残ってなかった。それくらい日本中の測量は大変だったとテレビでやってたよ。
    返信

    +152

    -0

  • 333. 匿名 2019/05/15(水) 10:49:55  [通報]

    >>312
    古代半島は日本史として扱った方がスッキリすると思う
    その後の半島での変遷も踏まえて、今の隣国があるということも同時に
    返信

    +25

    -1

  • 334. 匿名 2019/05/15(水) 10:51:36  [通報]

    >>328
    親戚ゆえか、若き頃の顔は、彼のあこがれのシシィに似ているような
    返信

    +8

    -0

  • 335. 匿名 2019/05/15(水) 10:55:40  [通報]

    >>290
    理不尽に虐められて切腹させられたってなってるけど、勅使饗応役は初めてじゃなかったのに何かと手際が悪かった。
    藩士の事も考えず切り付けるなんて赤穂藩はとんでもない殿様を持ったって言っている歴史家もいるよね。
    吉良上野介も忠臣蔵で描かれているほどの悪人ではなかったみたいだし。
    返信

    +74

    -0

  • 336. 匿名 2019/05/15(水) 11:02:35  [通報]

    蝦夷で政権を樹立した榎本武揚だが、悉く天候に泣かされた。そんな蝦夷共和国海軍奉行だった荒井 郁之助が初代中央気象台長
    返信

    +5

    -4

  • 337. 匿名 2019/05/15(水) 11:04:58  [通報]

    30~40年前の北海道新聞の一面で土方歳三殺害の犯人がわかったと報道されたことがある。
    返信

    +79

    -1

  • 338. 匿名 2019/05/15(水) 11:11:17  [通報]

    明治初期、移民を乗せた咸臨丸が北海道木古内沖で座礁沈没したが、暴風雨が原因ではなく外国人艦長の飲酒による酩酊操縦が座礁の原因だった。艦長も酔ったまま猫を抱いて救出された。
    返信

    +8

    -0

  • 339. 匿名 2019/05/15(水) 11:11:44  [通報]

    ナポレオンはとにかく落ち着きがなくてじっとしていられなくて、ADHD説が濃厚
    返信

    +92

    -0

  • 340. 匿名 2019/05/15(水) 11:15:04  [通報]

    会津藩家老の西郷頼母は戊辰戦争中、ことあるごとに恭順を唱え大いに味方の士気を下げ放免されたが、その後、仙台で榎本軍に合流し函館戦争を戦うがここでも恭順を唱えまくり大いに士気を下げた。
    返信

    +17

    -0

  • 341. 匿名 2019/05/15(水) 11:17:00  [通報]

    >>331
    磯野カツオとか言うなw
    返信

    +42

    -0

  • 342. 匿名 2019/05/15(水) 11:19:17  [通報]

    >>73
    信長、息子には、人て名前つけてます(笑)
    返信

    +54

    -0

  • 343. 匿名 2019/05/15(水) 11:19:26  [通報]

    >>196
    隆元と隆景もホモだからじゃない?
    ちなみにふたりは竿兄弟
    返信

    +4

    -0

  • 344. 匿名 2019/05/15(水) 11:22:17  [通報]

    >>286

    その話は あくまで諸説の1つで歴史的に確定したものじゃないし、鉄の仮面は「三銃士」を書いたアレキサンドル・デュマの脚色。

    記録として残ってるのは、1669年から没年である1703年まで、異例の好待遇を受けながら人と接する時はビロードで出来たマスクを被されて、氏素性がわからない囚人がいたって事だけ。

    そんな訳だから、300年間このミステリアスな囚人は誰だって話で色々な説が立てられてるのが現状。
    返信

    +50

    -0

  • 345. 匿名 2019/05/15(水) 11:24:07  [通報]

    >>211
    >>235
    大山捨松は(史実では)継子達と仲良かったそうで
    捨松の継子の一人信子が三島家から離縁されたことを怒った津田梅子が
    三島家に乗り込んでいったという逸話がある
    津田梅子 vs 三島和歌子…
    返信

    +13

    -0

  • 346. 匿名 2019/05/15(水) 11:30:33  [通報]

    葛飾北斎は吉良上野介の家老だった小林平八郎の孫と自称してる
    返信

    +6

    -0

  • 347. 匿名 2019/05/15(水) 11:40:36  [通報]

    >>88
    日比谷公園の目の前が霞ヶ関ですけど、、、
    返信

    +9

    -1

  • 348. 匿名 2019/05/15(水) 11:41:49  [通報]

    偉人ってどこか神様のようだというか自分の中でちょっと大袈裟に思ってたけどみんなやっぱり人間なんだなぁ……
    返信

    +61

    -0

  • 349. 匿名 2019/05/15(水) 11:44:17  [通報]

    現代の藤原さんは歴史上の藤原氏の子孫ではない
    返信

    +35

    -0

  • 350. 匿名 2019/05/15(水) 11:45:27  [通報]

    >>46
    舞姫だ!それを小説にするとかグズw
    返信

    +44

    -0

  • 351. 匿名 2019/05/15(水) 11:45:56  [通報]

    >>24

    太ももとか垂れないように
    大小、できたのだろうか…

    かぶれそう…( ノД`)
    返信

    +47

    -0

  • 352. 匿名 2019/05/15(水) 11:47:11  [通報]

    >>48
    年をとっても変わらずに手を繋ぐ昭和天皇皇后
    歴史トリビア
    返信

    +234

    -0

  • 353. 匿名 2019/05/15(水) 11:47:47  [通報]

    ナイチンゲールが兵士から薬箱の箱をブチ破って薬を持っていったのを知った時は負傷した人の為に薬を奪って来るなんてすごいな~って思ったけど、その後に常に白人優先で黒人やアジア人は後回しにしてた話を聞いて引いた
    返信

    +222

    -0

  • 354. 匿名 2019/05/15(水) 11:47:52  [通報]

    夏目漱石の「吾輩は猫である」に出て来る猫は、漱石の自宅に迷い込んだ野良猫がモデル。
    ちなみに、「名前はまだない」と作中にあるように、漱石はその野良猫にも名前をつけなかった。
    返信

    +115

    -0

  • 355. 匿名 2019/05/15(水) 11:56:14  [通報]

    山本五十六、ミッドウェイ海戦で空母4隻失う歴史的大敗北のさなか指令長官でありながら将棋さしてたらしい。
    返信

    +70

    -1

  • 356. 匿名 2019/05/15(水) 12:17:13  [通報]

    【マリー・アントワネットのトリビア3】

    それまでは国王夫妻が平民と謁見するならわしがあったが、マリー・アントワネットは
    「神から王権を授かった私達(※王権神授説)が
    なぜ平民に会わなければいけないのか)」と言って、そのならわしを廃止した
    返信

    +48

    -2

  • 357. 匿名 2019/05/15(水) 12:21:09  [通報]

    >>352
    散歩中分かれ道に出ると、「良宮(ながみや)、どっちに行こうか」と昭和天皇が聞き、「お上(おかみ)のお好きな方へ」と皇后が答えるのがお決まりのパターンだったそう。

    おふたりにはなかなか男子が生まれなかったので(今の上皇陛下が生まれるまで上4人はみんな女子)、側室制度の復活が真面目に検討されたが、昭和天皇は「良宮でよい」と言ってそれを断った。
    ちなみに大正天皇も貞明皇后だけで側室はつくらなかった。(男子が立て続けに生まれたので側室が必要なかったこともある)
    大正天皇は、明治天皇の側室の子。ただし皇后の子として育てられたので、世話係でもあった側室の子だと言われてもなかなか実感がわかなかったらしい。
    返信

    +131

    -0

  • 358. 匿名 2019/05/15(水) 12:22:57  [通報]

    >>261
    シュードラは奴隷層じゃなくて庶民層
    返信

    +2

    -1

  • 359. 匿名 2019/05/15(水) 12:27:55  [通報]

    >>261
    >>152だけどリンク先を読んで
    >ガンジーはヴァイシャ(庶民)のカーストに生まれ

    カースト名はシュードラじゃなくてヴァイシャだけど、庶民層だよ
    上位のカーストじゃない
    ガンディーを知らずに、インドは語れない!一体、ガンディーとは何者? | インド就職をサポートするメディア Palette | 生活情報から働く人の体験談まで!
    ガンディーを知らずに、インドは語れない!一体、ガンディーとは何者? | インド就職をサポートするメディア Palette | 生活情報から働く人の体験談まで!palette-in.jp

    インドを目指す、インドを好み、インドに身を置く人にとって、知っておかないければならない存在、それがマハトマ・ガンディー。しかし、マハトマとは「偉大なる聖人」の意味で、本名は実はモーハンダース・カラムチャンド・ガンディーという名前があります。一体ど...

    歴史トリビア
    返信

    +8

    -1

  • 360. 匿名 2019/05/15(水) 12:31:00  [通報]

    >>353
    聖女っていうより猛女だしね
    だいたい当時は白人にあらずんば人にあらず、がデフォの考えだったからしゃあない
    だからこそアフリカや東南アジアで現地人奴隷を牛馬と変わらない扱いしてたんだし
    返信

    +104

    -0

  • 361. 匿名 2019/05/15(水) 12:31:37  [通報]

    >>48
    お見合い結婚じゃないよ
    香淳皇后は宮家のお姫様だから親戚関係で
    幼少時から仲良く育った幼馴染婚
    返信

    +130

    -3

  • 362. 匿名 2019/05/15(水) 12:32:55  [通報]

    >>359
    ガンジーって盗んだバイクで走る出しかねない尖っぷりだったのね…
    まあ良い子なだけの聖人君子じゃ大事は成せないか
    返信

    +13

    -2

  • 363. 匿名 2019/05/15(水) 12:33:29  [通報]

    フランシス コザビエルなど宣教師は 実はスパイだったということ。
    他の国に入り 宗教を押し付けて その国の文化や歴史などジワジワと内側から壊して 乗っ取るのが目的だった。

    それにいち早く気がついた 織田信長や秀吉は 鎖国をして 300年近く続いた美しい江戸の歴史を築いた。

    本当に鎖国を解いた明治維新から 日本は戦争ばかりでろくな時代じゃ無くなってる。
    また鎖国して欲しい。
    返信

    +206

    -9

  • 364. 匿名 2019/05/15(水) 12:36:56  [通報]

    >>7
    被害者ヅラしやがって…!(笑)
    返信

    +1

    -0

  • 365. 匿名 2019/05/15(水) 12:40:11  [通報]

    昔は大根足の方がもてた。
    返信

    +22

    -0

  • 366. 匿名 2019/05/15(水) 12:42:42  [通報]

    織田信長
    アスペルガーで、日本で初めてバナナを食べた人

    豊臣秀吉
    指が6本あり、初めてパンツをはいた人
    返信

    +59

    -5

  • 367. 匿名 2019/05/15(水) 12:43:43  [通報]

    既出かもだけど

    宇宙大将軍と自称しちゃった人が中国に実在する
    当時南北に分かれていた中国北部でやらかして南に亡命
    受け入れてくれた南(梁)の皇帝を餓死させた挙句、首都を壊滅させ国を乗っ取るが、一年もしないうちに討たれた
    色々騒がしくて迷惑でネーミングセンスが終わってる人
    ただ武将としては有能

    返信

    +3

    -1

  • 368. 匿名 2019/05/15(水) 12:46:07  [通報]

    >>357
    大正天皇も貞明皇后と仲良しで、側室入れようとしたけど「節子(貞明皇后)だけでいい」って断ったんだよね。
    あと、なにか珍しいものがあると「節子に見せたい」と言って声をかけて一緒に見たり、
    節子妃が嫁いできてからは、それまでの慣習に無かった「妃殿下自らが皇太子のお世話をする」ようになり、
    大正天皇が病気にかかったときも、妃殿下自らが看病してそばに付き従ってた。

    大正天皇って馬鹿だなんだとか言われてるけど、実際はものすごく家族思いな人だったらしい。
    返信

    +173

    -0

  • 369. 匿名 2019/05/15(水) 12:51:31  [通報]

    楊貴妃はワキガ
    返信

    +10

    -0

  • 370. 匿名 2019/05/15(水) 13:00:48  [通報]

    徳川吉宗
    大奥の美女だけリストラ
    返信

    +60

    -1

  • 371. 匿名 2019/05/15(水) 13:03:24  [通報]

    私も大正天皇繋がりで。

    大正天皇が病に倒れた時、病室に入れたのは医療スタッフを除けば貞明皇后や皇太子らだけだったが、皇后は夫の生みの親である側室の柳原愛子を「何をおいても病室に通せ」と側近たちに命じていた。

    明治天皇の側室だった柳原愛子は、皇太子妃時代の貞明皇后の教育係でもあり、気配りのできる女性で、たくさんの女官に慕われていた。
    柳原愛子が亡くなる際には、貞明皇后も駆けつけ「私が大過なく過ごしてこられたのはあなたのおかげです」と手を握って言ったそうです。
    返信

    +156

    -1

  • 372. 匿名 2019/05/15(水) 13:06:43  [通報]

    >>314
    改めて、凄いなあ~
    昔の文豪と呼ばれる方々って、排他的や情緒的とか言われ易いけど、本来は人間の本質の でも普通の人は敢えて避ける部分にまで介入したり興味持つのも厭わない、って感じだったのかな
    314さんの内容で、知ってる事も知らない事も、本当に…何かと凄い

    ちょっと高圧的に思われがちで、壮絶な最後を遂げた三島由紀夫さんは、極端な思想と言われつつ愛国心に溢れてたそうだし、実はおぼ坊ちゃまだし、品行方正の面も多いそう
    身体も弱くて、人の気持ちも良く分かる方だったらしいし、本当に、改めて、表面上だけではわからない世界
    返信

    +67

    -1

  • 373. 匿名 2019/05/15(水) 13:16:33  [通報]

    >>361
    幼馴染だけど、純粋な恋愛結婚とは違うでしょ
    家柄や育ちから妃に内定が決まったんだから
    返信

    +53

    -0

  • 374. 匿名 2019/05/15(水) 13:18:53  [通報]

    >>41
    どゆこと?
    返信

    +8

    -0

  • 375. 匿名 2019/05/15(水) 13:25:13  [通報]

    >>372
    そりゃあ人間や社会、運命の業を描くのを職業(作家)とまでしていた人物が
    品行方正で毒もない「いい人」であるはずない
    となると現代の作家からは薄い作品しか生まれない…
    でも読者側も清潔な作風しか受容できなくなってるので、ちょうど釣り合うのか
    返信

    +12

    -2

  • 376. 匿名 2019/05/15(水) 13:32:32  [通報]

    葛飾北斎はあの独特な波の絵で有名だけど、実は北斎オリジナルではなかった。
    今の千葉県鴨川で生まれた彫刻師、武志伊八郎信由(たけしいはちろうのぶよし)の波からインスピレーションを得たもの。
    初代「波の伊八」と呼ばれ多くの波の彫刻を残し、「関東に来たら波を彫るな」と言わしめた。
    歴史トリビア
    返信

    +88

    -0

  • 377. 匿名 2019/05/15(水) 13:46:17  [通報]

    織田信忠(信長の息子)と松姫(武田信玄の娘)の恋物語

    親の政略で11歳と7歳で婚約。
    それでも手紙でこまめに交流を続け、まだ見ぬ婚約者に互いに憧れを抱いていた。
    ところが信長が信玄を裏切ったために婚約解消になってしまう。

    それから約15年、松姫が生きていると知った信忠は改めて妻に迎えたいと使者を送る。
    一報を受け取った松姫は喜び、急いで信忠の元に向かったが、本能寺の変が勃発し、信忠は死亡。
    失意の松姫は出家し、兄の子どもたちの世話をしながら、数々の縁談話を全て断り、生涯独身を貫いた。

    信忠の行動に不明な点が多いことから、2人はこっそり会っていたとか、実は〇〇は2人の子だという説もあるが、婚約していながらやはり生涯会うことはできなかったという説が根強い。
    返信

    +130

    -0

  • 378. 匿名 2019/05/15(水) 13:48:22  [通報]

    >>374
    分かんないけど肉食を禁じてたってやつかな?
    最初は農民に力をつけさせないためってことで幕府が禁じたんだけど、代を経るうちに四つ足の肉食べると良くない、みたいな迷信になってったらしい
    病気の時は食べてもオッケーだけど、神棚に目隠しして「薬食い」と称して仕方なく食べてたみたい
    返信

    +9

    -2

  • 379. 匿名 2019/05/15(水) 13:48:59  [通報]

    森鴎外の子供はキラキラネーム
    返信

    +60

    -0

  • 380. 匿名 2019/05/15(水) 13:52:41  [通報]

    丹羽長秀は寄生虫に苦しみ、あまりの辛さに腹の中の虫ごと短刀を突き刺して死んだ
    という説がある
    返信

    +22

    -0

  • 381. 匿名 2019/05/15(水) 13:58:22  [通報]

    >>30
    えー?
    和泉式部のほうが先じゃないの?
    牛車で
    返信

    +9

    -0

  • 382. 匿名 2019/05/15(水) 14:01:22  [通報]

    >>296

    毛利家の三本の矢の話は有名だよね。

    戦国時代、親や兄弟、子供まで人質にしたり簡単に殺したりしてたのに元就は、矢は1本だと簡単に折れてしまうけど、兄弟3名の力を合わせて仲良く領土を治めてたら強靭な物になると説いた。

    元就が奥さん一筋で親が仲良しだったのを見てたから息子達も奥さんを大事にしたんだろうね。
    返信

    +61

    -1

  • 383. 匿名 2019/05/15(水) 14:05:42  [通報]

    雅子皇后は婚約時も黄色の衣装。
    大和田家は朝鮮系とも言われ、父親は小泉純一郎 共に福田首相の元秘書

    とすると、雅子さんは李家の血を引いてるからここぞの時に黄色を着るのかも。
    返信

    +7

    -51

  • 384. 匿名 2019/05/15(水) 14:09:04  [通報]

    >>373
    しかも「男女七歳にして席を同じゅうせず」の時代だから幼なじみと言っても、実際の交流は幼稚園時代だけで、あとは学習院で別々。
    仲良くなりようがなかったはず

    皇太子妃に選ばれた理由も、おっとりした皇太子の人柄に合わせてえらばれただけだけど相性良くて選んだ人偉い!ってなるね笑
    返信

    +93

    -2

  • 385. 匿名 2019/05/15(水) 14:12:35  [通報]

    >>2
    クレオパトラはニンニク大好きだったと聞いたことがある。
    返信

    +24

    -0

  • 386. 匿名 2019/05/15(水) 14:16:06  [通報]

    >>379
    当時のキラキラで無理矢理漢字にしてるんだよね
    まぁ今でも、あんぬ とか ふりつ はキラキラだけど、更に長女の息子も名前つけてて「じゃく」って名前をつけた
    漢字でも書こうと思ったけど変換候補に出てこなかった
    返信

    +32

    -1

  • 387. 匿名 2019/05/15(水) 14:16:16  [通報]

    >>366
    豊臣秀吉の指が6本はよく言われるよね。本当だったのかな。
    返信

    +45

    -1

  • 388. 匿名 2019/05/15(水) 14:19:24  [通報]

    >>304
    信長は宗教を政治的に利用するのが嫌だったみたいで政治活動をしない宗教は容認したもんね。

    単に民衆に上手いこと言って破壊活動(いくさ)させてるのが嫌で焼き討ちしたじゃないかな。もちろん自分の邪魔をするのもご立腹だったと思うが。
    返信

    +26

    -1

  • 389. 匿名 2019/05/15(水) 14:19:38  [通報]

    >>378
    庶民は肉を食べたいけど取締が厳しくて食べられなかったから、薬として食べる時も喜んだし、周りに内緒で食べる時も隠語をつかって食べていたらしいよ
    「サクラ」とか「ボタン」ってのがその名残
    返信

    +82

    -1

  • 390. 匿名 2019/05/15(水) 14:21:32  [通報]

    >>377
    似たような話で、義高と大姫の恋

    源頼朝の娘・大姫は、頼朝と対立していた木曾義仲の息子・義高と婚約。
    実際には、婚約とはいうものの義高が父の政略で人質として源家に送られたに近かった。
    だが義高は自らの境遇にも屈せずとても聡明で、それまで大人しかった大姫もどんどん明るくなるくらいに2人は仲良くなった。ちなみに、当時大姫は6歳、義高は11歳。

    ところがその後すぐに頼朝と木曾義仲の決裂が決定的なものとなり義仲は殺され、禍根を残さないために息子の義高も殺害する計画が持ち上がる。
    それを知った大姫は義高を侍女に変装させて逃がすものの、逃げる途中で見つかり、義高は殺されてしまった。
    大姫は取り乱し、悲しみのあまりそれっきり寝込んでしまった。
    後年、後鳥羽天皇など名家との縁談話を両親は熱心に持ち込んだが、一切を断り、大姫はわずか20歳で早世した。
    返信

    +81

    -0

  • 391. 匿名 2019/05/15(水) 14:26:04  [通報]

    貞明皇后関連

    元々の名前は九条節子(さだこ)
    奇しくも、先祖である豊臣秀勝と浅井江の間の娘、完子(さだこ)と読みが同じ
    豊臣完子は九条幸家に嫁いだ

    貞明皇后が入内し昭和天皇を産んだおかげで
    浅井家織田家豊臣家の血が今の皇室に入っている
    返信

    +64

    -0

  • 392. 匿名 2019/05/15(水) 14:26:59  [通報]

    >>272
    歌舞伎の仮名手本忠臣蔵のイメージ先行らしいよ。
    実際とは違う。

    今は吉良上野介は地元で凄く慕われてたし忠臣蔵が広まっても相変わらず慕われてた。反対に浅野の方はパッとしなかった。地元じゃ何もなく忠臣蔵が広まってやっと何か出来たらしいよ。
    NHKで大河やってるときにドラマ終わったらちょっと紹介するじゃん。あれで言ってた。

    勧善懲悪の劇の悪役として採用されちゃったんだろうね。
    吉良上野介は。
    返信

    +26

    -2

  • 393. 匿名 2019/05/15(水) 14:34:20  [通報]

    >>234

    元就は、実母を亡くした後、後妻が元就を大切に愛情持って育ててくれ元就も母を終生大事にした。それで女性への愛情と能力の生かし方を学んだ。のちにお屋形となった時に息子たちへの小さな通達はいちいち殿から上意下達せず、妻から各嫁へ女性だけの「女子会」で伝え、そこから息子達へという形を取った。女性の力にいち早く気づき実践した。
    返信

    +66

    -0

  • 394. 匿名 2019/05/15(水) 14:34:50  [通報]

    1721年の江戸時代は人口100万人以上の世界一の大都市だった。
    当時のイギリスのロンドンよりも大都市みたいで海外の人も驚いて記録に残してる。
    歴史トリビア
    返信

    +102

    -0

  • 395. 匿名 2019/05/15(水) 14:40:04  [通報]

    >>386
    キカンムリなんだね。フランス文学者。
    日本ではほとんど使われない字なんだって。
    「雀(すずめ)」という意味と、そこから派生した「盃(さかづき)」という意味とがあるそう。
    歴史トリビア
    返信

    +16

    -0

  • 396. 匿名 2019/05/15(水) 14:49:37  [通報]

    こうして色々と改めて考えてみると、日本も世界も凄いうねりの中で、皆さん激動の人生歩まれてたりする
    若くして亡くなってる、謎多き天草四郎、大石内蔵助の子息の大石主税、森蘭丸、病弱だったらしい沖田総司…美形で美化されて品行方正に描かれる事が多いと言われるけど、実際には良くわからないとしても、あの歳で命を賭して懸命に生き抜いたのだから、後の世で少し位 美化されたりしても良いなと改めて思えてくる
    それ程に色々な事が壮絶
    返信

    +93

    -1

  • 397. 匿名 2019/05/15(水) 14:49:50  [通報]

    日本で初めてビールを飲んだのは杉田玄白
    返信

    +32

    -2

  • 398. 匿名 2019/05/15(水) 14:54:29  [通報]

    言動とか手紙の内容が、皆さんのセンスで現代風になってるのが面白い(笑)
    良い意味で偉人も身近に思えてくるね(^^)
    返信

    +80

    -0

  • 399. 匿名 2019/05/15(水) 14:57:49  [通報]

    >>239

    「三日天下」の言葉だけが一人歩きして、「考えなしの軽率な人」というイメージは気の毒だし間違ってる。子孫の方々は昭和になってでさえ、明智と名乗ると就職にも苦労されたそう。

    野武士軍団と言われる、織田家中にあって、土岐氏と言う天皇家にも通じる血筋の出の光秀公。文武両道に優れ愛妻家で家族思いでも有名。戦の後の宴席で酔った信長に「光秀は、我が家臣団一の利口者だ」と褒められる程。私は、信長の老いが本能寺の変の端緒だと思う。自分の次の天下取りは、誰か?と思った時、最も有能でその地位に近かったのが光秀。その直後からひどくイジメ出す。老いた母上を人質に出させる、城を取り上げる、宴会に素晴らしい懐石を供するとわしは麦味噌が食いたかったと文句付ける。止むに止まれずの本能寺だった。そして裏で信長に囁いていた本当の黒幕は、秀吉だと思う。
    返信

    +68

    -0

  • 400. 匿名 2019/05/15(水) 14:57:59  [通報]

    連合艦隊司令長官は山本五十六は、太平洋戦争に反対だった。

    ミッドウェー海戦を強行したのは、早く米機動部隊を叩いて、早期講和をする為。

    海軍内では最初は戦争に反対だった(太平洋では、海軍が矢面に立たされるため)けど、「もう、しょうがない」言う意見が大勢を占めた時も「我々は鉄を米国から買っている、その米国と戦争をしてどうやって軍艦を作るのか」と反対をしてた。
    返信

    +64

    -1

  • 401. 匿名 2019/05/15(水) 15:01:12  [通報]

    >>312
    全滅って皆殺しにでもしたの?wそんな大事件どこのどの文献にあるのですか?そもそも当時の陛下自身が百済と韓国を同一視なさっているのになぜ韓国人が勝手になんてことになるのか。あとれっきとしたエヴェンキ族は今も韓国とは関係のない地にいるのだから失礼ですよ(笑)
    返信

    +5

    -24

  • 402. 匿名 2019/05/15(水) 15:06:07  [通報]

    伊藤博文は嫌い。
    身分的にはかなーーーーりの下層からの総理大臣



    「女好き☆」とかそういうレベルではなく、出世してからも上流階級の夫人でさえ手籠めにしようとしたとか、そういうレベル。
    無理やりやろうとして、ある夫人が顔から血を流してハンケチで押さえながら馬車から逃げたした話もあった
    返信

    +87

    -4

  • 403. 匿名 2019/05/15(水) 15:15:06  [通報]

    だんだん伊藤博文が猿化していく...
    返信

    +162

    -1

  • 404. 匿名 2019/05/15(水) 15:16:18  [通報]

    そんなのがお札になってるなんて嫌だな
    伊藤博文
    流通当時も生きてたおばちゃんだけど知らなくてよかったよ
    知ってたら千円札毛嫌いしてたかも
    返信

    +103

    -3

  • 405. 匿名 2019/05/15(水) 15:19:04  [通報]

    >>383
    皇族の方は、ご結婚された時パーソナルカラーを調べられ、ご自身の肌色に似合う色というのをお知りになるのでしょう。雅子様の場合そのお一つが黄色なのでしょう。
    今回お召しになられたドレスの色は、鶸色(ひわいろ)と言って、は鮮やかな黄色にわずかに緑が入る色です。朝鮮の5色の黄色とは無関係ですよ。
    歴史トリビア
    返信

    +123

    -2

  • 406. 匿名 2019/05/15(水) 15:19:36  [通報]

    英雄色を好むっていうからね
    返信

    +38

    -1

  • 407. 匿名 2019/05/15(水) 15:19:41  [通報]

    板垣死すとも自由は死なずと叫んだとされる板垣退助は、そもそも、その時に死んでないし、けっこう長生きした。
    返信

    +87

    -0

  • 408. 匿名 2019/05/15(水) 15:21:45  [通報]

    >>400ですが、昭和天皇も戦争に勝てるのか疑問だった。

    第16回帝国国策遂行要領より

    昭和天皇「もし日米間戦か起これば、どの位で作戦を完遂する」

    杉山陸軍参謀総長「太平洋方面は3ヶ月で作戦を終了する見込みでございます」

    天皇「お前は、志那事変勃発当時の陸相(陸軍大臣)である。あの時事変は2ヶ月程度でかたづくと私に向かって申したのに、事変は4年たった今でも、終わっていないでないか」

    陸軍参謀総長「志那は、奥地が広ろうございまして、作戦が、予定通りに行かなかったのでござます」

    天皇「志那の奥地が広い言うなら、太平洋はなお広いではないか。いったいかなる勝算があって3ヶ月と言うのか」

    と一喝されて杉山元陸軍参謀総長は言葉を失ってしまった。




    返信

    +96

    -2

  • 409. 匿名 2019/05/15(水) 15:23:29  [通報]

    >>312
    ミキティは日本人には少ない黄河文明の血を引き継いでると言われたんだよ。エベンギのような北方民族ではなく、古代中国人の血。
    それがミキティが半島の血を引いてるからなのか、日本にガラパゴス的に残ってる血だったのかは知らんけど、少なくともエベンギではなかった。中国4000年の悠久の流れを引き継いでるのだからもっと喜べよと思ったけど。
    返信

    +101

    -5

  • 410. 匿名 2019/05/15(水) 15:23:34  [通報]

    白虎隊の唯一の生き残りとされる飯沼貞吉は、戊辰戦争終結後に長州藩士に引き取られて世話になったが、生涯その事実を隠していた。
    返信

    +63

    -0

  • 411. 匿名 2019/05/15(水) 15:26:16  [通報]

    >>405
    まあ、どれも美しい!
    今回は、いつもの暖色系イエローよりも春らしい爽やかなお色でしたわね、
    返信

    +34

    -7

  • 412. 匿名 2019/05/15(水) 15:29:04  [通報]

    >>400

    あれは勝てる作戦だっただろうか?
    空母の数も日本が勝っている。

    日本海軍参加空母    ・米海軍空参加母
    ・赤城          ・ヨークタウン
    ・加賀          ・ホーネット
    ・飛龍          ・エンタープライズ 
    ・蒼龍
    歴史トリビア
    返信

    +20

    -0

  • 413. 匿名 2019/05/15(水) 15:29:06  [通報]

    >>400
    全国の二宮金次郎の銅像や釣鐘が犠牲になりましたわね、
    罰当たりでしたわね、
    返信

    +11

    -3

  • 414. 匿名 2019/05/15(水) 15:31:07  [通報]

    >>412
    零戦は片道切符。
    返信

    +17

    -4

  • 415. 匿名 2019/05/15(水) 15:37:22  [通報]

    >>407
    ええーーーっ!
    選挙日にガルちゃんに夢中になって外へ出たくない日でも、たいして入れたい党も候補者もいないのに、
    板垣さんは自由民権のために(選挙権とごっちゃにして)命を落としたのだから、この権利を大事にせねば!
    板垣死すとも自由は死せぬ!ぬおおおっ!と選挙へ行ってたのに、暗殺されていなかったの??
    返信

    +37

    -1

  • 416. 匿名 2019/05/15(水) 15:40:37  [通報]

    >>337  そもそも戦死でしょ なんで殺害なの 
          まぁ殺されたってのは事実だけどねw
    返信

    +9

    -1

  • 417. 匿名 2019/05/15(水) 15:41:40  [通報]

    大正天皇でさらに思い出した。

    皇太子時代に見聞を広げるためと体調改善のために始まった全国行啓(沖縄除く)では、
    教育責任者の黙認もあり、官民の区別なく対等に話しかけたり触れ合ったりできたので、とてもご満悦だったらしい。
    その内容が「移動はお召し列車ではなく一般車両」「病院視察の時、患者に積極的に声をかけて患者が感涙にむせぶ」
    「お偉いさんと話している時にタバコをすすめる」「旧友の地元に来た時旧友の家に行く」などなど、
    今の上皇が行われてきた以上にフランクに人と接する御方だったので、生まれてくる時代を間違えてしまわれたようで気の毒な気がする。
    返信

    +108

    -2

  • 418. 匿名 2019/05/15(水) 15:44:49  [通報]

    >>16汚い話で恐縮ですが…

    尿漏れどころか負け戦で大きい方を脱糞してしまって
    それを家臣に指摘されたら「これは味噌だ」と誤魔化した話もあるよね。
    その時の肖像画「しかみ面」も有名。
    返信

    +64

    -1

  • 419. 匿名 2019/05/15(水) 15:44:56  [通報]

    お風呂に入る習慣は江戸時代から。なので平安時代は不潔で体臭が酷く皮膚病が多かった。
    返信

    +76

    -6

  • 420. 匿名 2019/05/15(水) 15:48:02  [通報]

    >>415
    明治15年4月に襲われ、11月(~翌6月)には海外旅行してるので、そんな大怪我でもなかった。大正時代まで生きてるから、暴漢に襲われたあと40年弱生きてた。
    返信

    +23

    -0

  • 421. 匿名 2019/05/15(水) 15:54:15  [通報]

    >>415
    「ビックリしてアッて叫んだけど、そんなこと言ってないよ」って本人の証言が残ってるらしい
    返信

    +55

    -0

  • 422. 匿名 2019/05/15(水) 15:54:46  [通報]

    ミッドウェー海戦時太平洋戦力
    日本、空母8戦艦11重巡洋艦17軽巡洋艦7駆逐艦70余り
    アメリカ、空母3戦艦0重巡洋艦7軽巡洋艦1駆逐艦11
    山本五十六これでどうやったら負けるの、暗号解読されたと言ってもそれだけでは弁解できない位ひどい負けかた、五十六過大評価されすぎダメなトップははっきりダメって認識するべき。
    返信

    +28

    -1

  • 423. 匿名 2019/05/15(水) 15:56:07  [通報]

    >>419
    山梨の慶雲館って温泉旅館は飛鳥時代(西暦705年)からあるけど...武田信玄も温泉に入ってたらしいし、風呂の習慣がないわけではないんじゃないの?
    返信

    +48

    -2

  • 424. 匿名 2019/05/15(水) 15:58:14  [通報]

    >>419
    だから着物に香を薫きしめて誤魔化してたんだよね
    髪とかどうしてたんだろ、あんなに長いのに普段洗わないんじゃ痒くてしょうがないよね
    返信

    +60

    -2

  • 425. 匿名 2019/05/15(水) 16:01:44  [通報]

    >>423
    そういや有間皇子も白浜温泉に行ってるわ
    一般市民の毎日の習慣じゃなくて、治療療養目的だったとか?
    返信

    +55

    -2

  • 426. 匿名 2019/05/15(水) 16:08:18  [通報]

    >>74
    ヒラメ顔っていうけど、どういうのをヒラメ顔っていうのか、いつも疑問に思う。
    魚のヒラメのように目と目の間隔が狭いのか。
    逆に目が細くて目と目が離れていて、全体的に平たい印象なのか。
    返信

    +35

    -0

  • 427. 匿名 2019/05/15(水) 16:10:47  [通報]

    有名な話しだけど森鴎外は軍医だったんだよね
    返信

    +21

    -0

  • 428. 匿名 2019/05/15(水) 16:12:23  [通報]

    >>322
    更にちなんで新撰組関連

    西本願寺時代には、屯所内で豚を飼っていた。
    隊士たちの残飯整理と栄養補給を兼ねて。
    あと、全隊士の健康診断を職場でしたのも新撰組。

    色々言われてるけれど、こうしてみると画期的なことしてるのね

    返信

    +74

    -2

  • 429. 匿名 2019/05/15(水) 16:13:36  [通報]

    有名かな?

    マリーアントワネットはより恐怖が増すように、ギロチンに仰向けになって刑が執行された。
    ちなみにギロチンが廃止されたのは1981年。割と最近。
    返信

    +125

    -4

  • 430. 匿名 2019/05/15(水) 16:14:22  [通報]

    >>401
    今どこにいるの?えべんき。
    返信

    +10

    -0

  • 431. 匿名 2019/05/15(水) 16:18:42  [通報]

    >>427
    陸軍のヤブ医として有名
    海軍が導入し、実績を挙げていた脚気の予防法(バランスよくご飯を食べる)をガン無視し、脚気の原因は細菌であると言い張ったために陸軍内では脚気が蔓延ることとなった
    返信

    +65

    -2

  • 432. 匿名 2019/05/15(水) 16:21:58  [通報]

    >>424
    櫛とかあってもバリバリで使えないと思うw
    返信

    +14

    -1

  • 433. 匿名 2019/05/15(水) 16:22:03  [通報]

    >>429
    知らなかった…発想が怖すぎ
    ギロチンって、苦しまずに死ねる人道的な処刑道具として登場したんだってね
    フランス人こえーよー

    ちなみにそのギロチンに大量の首を送り込んだロベスピエールは、非常に真面目で品行方正で清廉な人物だったそうな
    こえーよー
    返信

    +95

    -0

  • 434. 匿名 2019/05/15(水) 16:24:31  [通報]

    >>428
    さらにちなんで新撰組

    あたかも刀しか使ってない風に思われてるけど銃の訓練日もあった。
    返信

    +28

    -0

  • 435. 匿名 2019/05/15(水) 16:25:57  [通報]

    >>425
    日本書紀から温泉って出てくるしね
    返信

    +36

    -2

  • 436. 匿名 2019/05/15(水) 16:29:04  [通報]

    >>422

    多分、急いでやらないと、米軍が強大な物量で来ちゃうからだと思われる。
    返信

    +4

    -3

  • 437. 匿名 2019/05/15(水) 16:31:49  [通報]

    今日は5・15狙撃事件のあった日。
    犬養毅首相は、ああ見えてバターたっぷりのこってりした洋食が好みだったとか。
    さっぱり和食党の夫人とは、いつももめていたらしい。
    というより食事に関しては完全に夫人の尻に敷かれていて、部屋でこっそりビスケットをかじっていたらしい。
    孫娘の犬養道子さんの自叙伝に書いてあった。
    返信

    +69

    -1

  • 438. 匿名 2019/05/15(水) 16:35:17  [通報]

    大学の歴史学で習った話。

    日本の天皇で実在したのが確認されているのはワカタケル(獲加多支鹵)。
    金印が発見されたのが今よりもう少し昔で、錆びていた金印を読むことが出来なかった。
    今だとコンピュータでスキャンすればいいのだが、当時はその技術がなかったため、サビ落としでサビをとったら金印の刻印まで一部剥げてしまい、名前がわからなかったのだが、のちに中国の書物で存在が確認され、金印の刻印とも一致したらしい。
    返信

    +47

    -2

  • 439. 匿名 2019/05/15(水) 16:37:20  [通報]

    >>438
    ちなみにそれ以前の天皇も、お名前はたくさん記録としてあるのだが、亡くなったとされている年齢が100歳オーバーばかり(たしか140歳くらいな方もいたww)で、正確なことはわかっていない模様。
    返信

    +31

    -2

  • 440. 匿名 2019/05/15(水) 16:37:25  [通報]

    >>425
    そちらだと思う 彼は心の病を装っていたよね
    他方、武家の○○家の隠し湯と言われているところでは
    傷を負った武士がその傷を癒していたと言われているし
    返信

    +23

    -2

  • 441. 匿名 2019/05/15(水) 16:39:36  [通報]

    吉川元春の正室は気が強い女性だったらしく、似たような性格の元春の姉の五龍局とは仲が悪かった。義弟の隆景が「姉上と仲良くして下さいよ」みたいな手紙を義姉に出したのに返事も寄越さず無視されて隆景がキレてたらしいw
    返信

    +15

    -0

  • 442. 匿名 2019/05/15(水) 16:43:27  [通報]

    >>2
    差し出された羊皮紙がきれいになめされていなかったから、それが臭くて顔をそむけた。
    その横顔を見て「この人、鼻が超高い!」と言われたとか。
    返信

    +19

    -0

  • 443. 匿名 2019/05/15(水) 16:44:18  [通報]

    >>204
    安藤和津は犬養毅の妾の子だっけ?
    返信

    +51

    -5

  • 444. 匿名 2019/05/15(水) 16:47:47  [通報]

    伊藤博文は、木戸孝允の意を受けて、明治六年の政変の際
    政府グループの関係を操作し
    結果的に西郷達が下野することになったらしいね
    返信

    +9

    -0

  • 445. 匿名 2019/05/15(水) 16:48:21  [通報]

    >>354
    でも、その猫が死んだ時にはハガキに猫の絵を描いて枠を黒く墨で塗って喪中はがきを知人に送ったらしいから、名前はつけてなくてもそれなりに愛着はあったんだろうね。
    返信

    +63

    -1

  • 446. 匿名 2019/05/15(水) 16:51:16  [通報]

    >>443
    犬養毅の息子・健氏の妾腹の子。
    認知してはもらったみたいだけど、本家筋からは認められてなかった。

    そりゃ健氏の正妻の血筋が立派すぎるもん。
    後藤象二郎や松方正義にもつながってるんだから。
    返信

    +59

    -3

  • 447. 匿名 2019/05/15(水) 16:55:20  [通報]

    >>438
    倭の五王の最後の武に雄略(獲加多支鹵)が比定されてるから、少なくともそれより前に4人の王がいたことは確かだと思ってるわ
    最初の倭王讃は応神とも仁徳とも履中とも言われてるのよね

    何がビックリしたって、ワカタケルってスマホで入力したらちゃんと獲加多支鹵に変換されたこと
    返信

    +27

    -1

  • 448. 匿名 2019/05/15(水) 16:59:53  [通報]

    島崎藤村。教科書にも載っていたなあ。
    この人は姪っ子を妊娠させたらしい。
    うまれたお子さんは養子に出されてしまって、なかったことにされた模様。
    歴史トリビア
    返信

    +93

    -0

  • 449. 匿名 2019/05/15(水) 17:00:42  [通報]

    >>401
    横だけど、普通に考えて朝鮮人にも百済人の血は入ってると思う。でも王朝や民族が何度も変わってるから、元々の百済人の血は随分薄まってると思う。それは顔を見れば一目瞭然。
    エベンギかは分からないけど、確かに、なぜかモンゴル人よりも北方民族的要素が強いように見える。
    返信

    +13

    -0

  • 450. 匿名 2019/05/15(水) 17:04:02  [通報]

    >>447
    何それ?邪馬台国=大和朝廷=九州起源説がほぼ立証されてるってこと?
    返信

    +6

    -3

  • 451. 匿名 2019/05/15(水) 17:15:25  [通報]

    文豪の島崎藤村は妻の死後、住み込みの家政婦として来た当時19歳の姪(実兄の娘)を愛人にした。この時、藤村は40歳くらい。しかも姪は妊娠。
    叔父が姪と関係を持つのは当時でもかなりのスキャンダルだったため、身重の姪を捨てて海外へ逃亡。しかも、帰国後姪と再会し、また関係を持ったり、姪との関係を小説にして発表したりと、かなり頭が沸いてたらしい。
    返信

    +157

    -0

  • 452. 匿名 2019/05/15(水) 17:23:37  [通報]

    >>407
    ちなみに、結婚してたのか?という疑問については4回ほどしてたらしい。
    というのもあまりに本人が長寿で歴代の奥さんの方が先に他界してたから
    だそうな。
    返信

    +36

    -0

  • 453. 匿名 2019/05/15(水) 17:37:26  [通報]

    日本ではじめてリンゴ栽培に成功したのは明治2年に北海道余市町へ送られた会津藩士。商品名は鶴ヶ城開場の際に松平容保公が座った緋の敷物にちなんで『緋の衣』である。現在も余市に原木が残っている。
    返信

    +50

    -0

  • 454. 匿名 2019/05/15(水) 17:41:29  [通報]

    >>421
    選挙行く気なくすわ…
    イケメンが演じたドラマか漫画があって、結末を知ってるから悲しすぎて最後まで見なかったくらいなのに
    でも、海外旅行までして長生きしたなら良かったね
    返信

    +9

    -5

  • 455. 匿名 2019/05/15(水) 17:43:20  [通報]

    >>452
    今日1番ズッコケたわあ
    板垣は長生き。
    返信

    +30

    -1

  • 456. 匿名 2019/05/15(水) 17:45:07  [通報]

    >>39
    だから宮内庁は全国の天皇陵の調査を固く禁じている。
    (歴史が変わるから)
    返信

    +4

    -22

  • 457. 匿名 2019/05/15(水) 17:51:36  [通報]

    >>288


    福沢諭吉がサンフランシスコからのお土産に、乳母車、カレーライス、スピーチ本、ウェブスター辞書などを持ち帰りました。

    それと、あまり知られていませんが、ダチョウの卵もありました。

    東京 瑞穂町の郷土資料館で、実際に見たことがあります。

    歴史トリビア
    返信

    +27

    -1

  • 458. 匿名 2019/05/15(水) 17:54:22  [通報]

    >>1
    新撰組は好きだし、このエピソードも有名だけどさ、正直言って「土方さんモテモテ!カッコいい!」とは思わないんだよね。
    だって女性の立場からしたら、せっかく送った恋文を他の女性の恋文と一緒くたにして、顔も知らない人に送りつけられちゃってるんだよ。
    今の感覚からしたら、「女をなんだと思ってるんだ!許せん!」という気持ちになりそう。
    まぁ、その恋文ってのも遊女が営業目的で書いた物に近いから、どうよって思うけど。
    返信

    +49

    -2

  • 459. 匿名 2019/05/15(水) 17:54:28  [通報]

    >>438
    金印でなく、鉄剣の金象嵌のことかい?
    返信

    +3

    -0

  • 460. 匿名 2019/05/15(水) 17:54:58  [通報]

    >>3
    (゜ロ゜;まさかッ生まれ変わり‼️
    返信

    +2

    -1

  • 461. 匿名 2019/05/15(水) 17:58:41  [通報]

    >>456
    変わらないでしょう、任那日本府の存在はみんな知ってるんだし。何らかの関係はあるのが普通。
    返信

    +24

    -0

  • 462. 匿名 2019/05/15(水) 17:58:59  [通報]

    新撰組の斎藤一もけっこう長生きした。明治になってから会津藩士の娘と結婚している。しかも松平容保が仲人を務めた。
    返信

    +83

    -2

  • 463. 匿名 2019/05/15(水) 18:03:26  [通報]

    >>401
    そこまで噛みつかなくも…
    みんな少し知ってること(間違いかどうかはともかく)でこんな事あったみたいだよって感じのトピなんじゃないの?
    朝鮮半島からむとやたら逆上する人怖いよ。
    返信

    +17

    -3

  • 464. 匿名 2019/05/15(水) 18:04:24  [通報]

    ここ読んでて思い出したけど「知ってるつもり!?」が好きだったなぁ
    またああいう番組やらないかな
    返信

    +77

    -1

  • 465. 匿名 2019/05/15(水) 18:07:12  [通報]

    >>430
    その手に持ってるのは文明の利器やろがい
    返信

    +7

    -2

  • 466. 匿名 2019/05/15(水) 18:08:46  [通報]

    >>458
    キャバ嬢の営業トークを真に受けて、友達に自慢しまくる男って考えるといたたまれない…
    返信

    +87

    -1

  • 467. 匿名 2019/05/15(水) 18:11:43  [通報]

    会津の松平容保は戊辰戦争後、後に日光東照宮の宮司となる。その息子も宮司だが靖国神社の宮司の話が持ち上がったが固辞した。さらにその子孫は現在NHK職員。八重の桜の制作に関わっている。
    返信

    +68

    -3

  • 468. 匿名 2019/05/15(水) 18:11:56  [通報]

    >>459
    ごめんなさい、何年か前に習った話だったので、印鑑みたいな字が彫ってある物だったので、勝手に脳内で印鑑にしちゃったのかもしれません…。
    サビ落としで落として一部読めなくなって、発見時期がもう少し遅かったらーと嘆いていた教授が印象的で覚えていたので、書きました。
    返信

    +10

    -2

  • 469. 匿名 2019/05/15(水) 18:12:17  [通報]

    >>462
    トピズレだけど、同じ姓の元担任がそっくりなの。関東から引っ越して来た人らしいけど、もしかして末裔??って思っちゃった
    返信

    +2

    -2

  • 470. 匿名 2019/05/15(水) 18:14:55  [通報]

    >>467
    えっ?家老は切腹したのに?
    返信

    +5

    -5

  • 471. 匿名 2019/05/15(水) 18:16:05  [通報]

    >>469
    斎藤一は結婚したときに藤田五郎に改名しているので斎藤姓ではないかも。
    返信

    +66

    -2

  • 472. 匿名 2019/05/15(水) 18:20:24  [通報]

    >>470
    松平容保の首を出させないために家老が切腹するんだよ。そもそも朝敵の御所に発砲までしてる長州すら君主の首なんか差し出してない上に、会津は徳川の家臣。慶喜が謹慎なのに容保に首を出せもあり得ない論法だよ。
    返信

    +50

    -0

  • 473. 匿名 2019/05/15(水) 18:23:47  [通報]

    >>469
    先生は藤田姓ですか?

    返信

    +1

    -1

  • 474. 匿名 2019/05/15(水) 18:30:24  [通報]

    最初の方で女好きと散々書かれてる伊藤博文の奥さん、私の祖先🤣
    家系図?っていうのかな、それに載ってた
    苦労したのねぇ
    返信

    +79

    -3

  • 475. 匿名 2019/05/15(水) 18:30:35  [通報]

    >>463
    そんなんいらんわ
    返信

    +3

    -5

  • 476. 匿名 2019/05/15(水) 18:31:51  [通報]

    >>474
    凄い!
    返信

    +48

    -1

  • 477. 匿名 2019/05/15(水) 18:35:40  [通報]

    >>472
    ドラマじゃ家族も切腹していたような気も…
    無血開城はしても血生臭いクーデターだったんだね
    返信

    +19

    -0

  • 478. 匿名 2019/05/15(水) 18:45:47  [通報]

    >>477
    たぶんドラマで切腹してる家族の切腹は、薩長軍が会津城下に迫って来た際に、藩士家族も城に籠るように指示されていたんだけど、籠城となると負担も大きいだろうと城に入らず自決する道を選んだ女性達が1000人ほどいたらしいです。有名なのが家老の西郷頼母の親族23人自刃です。たぶん、そのイメージだと思います。

    西郷頼母の正妻知恵は自刃の際の時世の句
    『なよ竹の風に任せる身ながらも たゆまぬ節はありとこそ聞け』という理不尽に会津に攻めいる薩長軍に対する憤りを武士の妻として詠った句として有名です。
    返信

    +45

    -0

  • 479. 匿名 2019/05/15(水) 18:48:20  [通報]

    >>473
    斎藤です。でもそういえば親が養子に入ったのなんのと言ってらしたけど、興味が無かったので元の姓は分かりません。でもほんとそっくりです。そこそこ格式の高いお家柄みたいです。
    返信

    +2

    -12

  • 480. 匿名 2019/05/15(水) 18:54:05  [通報]

    >>465
    調べ方が悪くてエヴェンキは繁殖力が強くて元々居た朝鮮人を追いこす勢いで繁殖してって、今いる半島人はモンゴル系やロシア系もエヴェンキの顔になる〜しか調べられなかった
    あなたの知るエヴェンキの現在の所在地を教えてくれるかな?
    返信

    +10

    -2

  • 481. 匿名 2019/05/15(水) 18:55:23  [通報]

    >>356
    謁見はただ退屈だったからじゃない?落ち着きがなくてとにかく話があちこちに飛ぶような人だったみたいだし。
    でも、結婚の祝賀の花火で殺到した民衆が怪我をしたと聞いた時は1ヶ月分の自分の俸給を寄付したり、マリーアントワネット自身は民衆が税金に苦しめられてパンもろくに食べられないのは知っていた。子供好きで農家の子供が食べていけないとその子を引き取り(かなり強引で子供は帰りたがった)その家にはちゃんと毎月お金をあげていたらしいよ。
    ただ深く考えるのが苦手で軽はずみなところが貴族達の反感をかったんだろうね。
    気がついたら周りは私利私欲で動く人間ばかり、いつの間にか革命のスケープゴートにされててオーストリア女と呼ばれて気の毒な面もある。
    最終的にはヴァレンヌ逃亡事件で完全に民衆が王室から離れてしまった。
    イギリスの様に立憲君主制を受け入れていたら国王まで処刑される事もなかったかもしれない。
    そこはやはり、ハプスブルク家の産まれで神に選ばれたと思っていたからプライドが高すぎて絶対王政しか受け入れられなかったんだろうなとは思う。
    返信

    +54

    -2

  • 482. 匿名 2019/05/15(水) 18:56:19  [通報]

    >>478
    ちなみに自刃した西郷頼母の親族は若い女性も多く、涙を誘ったわけですが、そもそも西郷頼母は京都守護職の度重なる辞退を進言し家老職を罷免されています。頼母は会津で謹慎中ではありましたが、この当時の武士の家の結婚は君主の許可を得なければならなかった為、謹慎中なので京都の松平容保へ結婚の許可を取れなかったのだろうと考えられています。そのせいで娘や親族は独身だったわけです。

    さらに身内の女性達が籠城の道を選べなかった理由として、会津戦争の要といえる白河を罷免を解かれた西郷頼母が指揮することになりますが、他の家老と違い実践経験がなかった為に呆気なく破られてしまいます。この責任を責められ肩身の狭い思いをする可能性もあったこと、責任を感じていた等の理由から自刃の道を選んだとも。
    返信

    +14

    -1

  • 483. 匿名 2019/05/15(水) 18:59:46  [通報]

    足利尊氏は弟(足利直義)が大好き

    弟を救うために出陣すること3回
    この世の自分の運は全て弟にあげたい、と言う願文を残している
    弟が死んだら生きる意味がないとまで言っている

    観応の擾乱は悲しい兄弟喧嘩だった
    返信

    +62

    -0

  • 484. 匿名 2019/05/15(水) 19:01:11  [通報]

    >>433
    そのギロチンの刃を円形から斜めにした方が確実に苦しまずに首がきれるって提案したのはルイ16世。
    まさか自分がギロチンの犠牲になるとはね。
    返信

    +76

    -0

  • 485. 匿名 2019/05/15(水) 19:01:20  [通報]

    モーツァルトはウンコ系の下ネタ好き
    「俺の尻を舐めろ」という曲を作った
    返信

    +27

    -0

  • 486. 匿名 2019/05/15(水) 19:05:35  [通報]

    歴史トリビア
    民族主義は栄えない
    返信

    +2

    -0

  • 487. 匿名 2019/05/15(水) 19:06:26  [通報]

    新撰組、近藤勇の首は会津に運ばれ墓も会津にある。
    返信

    +25

    -0

  • 488. 匿名 2019/05/15(水) 19:12:19  [通報]

    >>482
    辞職を進言しなければ、娘達は嫁に行き、死ななくても良かったかもしれないってこと?なんだかなあ
    返信

    +1

    -0

  • 489. 匿名 2019/05/15(水) 19:12:56  [通報]

    日本初の株式会社の設立は小栗上野介
    返信

    +7

    -1

  • 490. 匿名 2019/05/15(水) 19:17:39  [通報]

    五・一五事件の「話せば分かる」「問答無用」は間違い。
    問答無用!討てと言って討たれた後に犬養毅首相が「今の若いのを連れてこい。話したら分かるから」と言ったのが本当らしい。

    因みに、安藤和は犬養毅の孫。まあ、お妾さんの子供だけど。
    返信

    +34

    -0

  • 491. 匿名 2019/05/15(水) 19:24:17  [通報]

    >>432
    かんざしみたいなもので掻いていた、と何かで見た気がする。
    返信

    +13

    -0

  • 492. 匿名 2019/05/15(水) 19:24:49  [通報]

    >>488
    西郷頼母は藩祖保科正之につながる名家だったんだけど、西郷はお家(会津藩)第一に考えていて、君主松平容保は保科正之が掲げた家訓

    一、大君の儀、一心大切に忠勤を存すべく、列国の例を以て自ら処るべからず。若し二心を懐かば、則ち我が子孫に非ず、面々決して従うべからず。

    の言葉を忠実に守っていたわけです。これというのも会津藩祖、保科正之公が徳川秀忠の隠し子だったにも関わらず、会津という国を賜った恩義を感じていて、子々孫々に至るまで徳川家を守るべきお家であろうとしたわけです。

    幕末は徳川家の最大のピンチですから、会津の忠義としてはここに報いるより他ありません。西郷頼母の考えもアリですが、当時は受け入れられなかったということです。
    返信

    +18

    -0

  • 493. 匿名 2019/05/15(水) 19:25:51  [通報]

    >>65
    弟ばかりを可愛がって政宗を毒殺しようとしたという話もあるよね。
    それで政宗はやむなく弟を斬らなければならなかった。
    ちょっと信長に状況がにてる。
    返信

    +35

    -0

  • 494. 匿名 2019/05/15(水) 19:27:12  [通報]

    >>493
    その母親の毒の後遺症で目がああなったって説もあるよね~
    返信

    +39

    -2

  • 495. 匿名 2019/05/15(水) 19:28:57  [通報]

    何処の屯所か忘れたけど、新選組の屯所の前(近所?)に住んでいた娘さんが、新選組に関する日記か何かを書いた。で、その娘さんの子孫が、後にその娘さん(おばあさん)の日記らしきものを見つけ、新選組という文字を見て、これは新選組の新発見があるのでは⁈と思い、専門家に解読を依頼したら、内容は…



    土方さんのカッコ良さにやられた娘さんの、土方さんと沖田さんを絡めた妄想話(今で言うBL)だったというオチ。笑
    昔も今も、人間の発想はそんなに変わらないんだなーと思った。
    返信

    +133

    -1

  • 496. 匿名 2019/05/15(水) 19:29:35  [通報]

    >>479
    それだけの情報で『むっ!その先生は斎藤一の子孫に違いない』みたいな話にはならないよね...
    返信

    +20

    -0

  • 497. 匿名 2019/05/15(水) 19:30:27  [通報]

    >>36
    私は歴史大好きだから本を読んで色んな事を知ったよ。
    返信

    +8

    -0

  • 498. 匿名 2019/05/15(水) 19:32:14  [通報]

    >>495
    ここに来て、一番江戸の庶民像に特化したトリビアw
    返信

    +59

    -0

  • 499. 匿名 2019/05/15(水) 19:33:42  [通報]

    >>14
    トーマス・エジソン

    直流の送電方式支持だったエジソン、対立する交流方式の危険性を宣伝するために動物園のゾウを電気ショックで殺すって内容の映画作って実際に殺した。空を飛べるようになる薬を作って、自分じゃなくて友人に飲ませて病院送りにしてたり、公開前の映画をコピー販売して大儲けしたり、クズだし結構なサイコパス

    トドメに晩年は死者と交信できる通信機の開発に嵌って事故起こして、研究所を全焼させたすごいじーさん
    返信

    +45

    -0

  • 500. 匿名 2019/05/15(水) 19:34:13  [通報]

    >>498です。

    江戸 ❌
    江戸時代 ⭕

    訂正します
    返信

    +9

    -1

コメントを投稿する

画像を選択

選びなおす

人気トピック

新着トピック

関連キーワード