ガールズちゃんねる
  • 39. 匿名 2019/07/13(土) 14:55:14 

    学生時代のマラソン大会はきつかった。見学したら単位やらないって体育教師に言われ参加。

    やっぱり途中で発作が出て、息ができない状態で涙と鼻水だらけの顔で必死に走った。その状態を見ても体育教師は、笑顔で走れ、ちんたらするなと隣につきっきりで怒鳴ってきた。未だに思い出して恥ずかしさとか悔しさとかいろんな感情ごちゃ混ぜになって涙が出てくる。
    こっちは少し走るだけでも命がけなのに、理解のない学校や教師が多すぎるよね。
    幸いその後、保険の先生に救護されたから無事だったものの、下手したら体育教師は人殺しだよ。私が死ななくて良かったね。

    この時こうなった原因は、自分ももう高校生だしって別の大人に頼らなかった事。大人に話せば病院で診断書貰ったり、走る以外にも何とか単位を貰う方法があった思う。
    主はお子さんの喘息に理解ある人の様だから、行事について医師に話して一番最善の方法を考えられるといいね。これからもお子さんだけ参加できないイベントや行事が沢山あると思うけど、あまり悲観せずその中でも楽しめるやり方を模索していこうね。
    私も娘2人が喘息で、他人事とは思えなくて長文になってしまい申し訳無い。お子さんも主も辛いだろうけど、お互い頑張ってこう。

    +8

    -0

  • 40. 匿名 2019/07/13(土) 15:01:08 

    >>39
    食物アレルギーへの教育機関での理解や対応がこの20年進んだのに比べると、喘息に対する理解や対応は足踏みだな。と思う事が時々あります。私は都度通院するのは大変ですが、行事前などは、医師や保健の先生と協調して学校に理解を求めていくのが結局話が早くなる。と思って対応しています。

    +5

    -0

関連キーワード