ガールズちゃんねる

世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

415コメント2018/04/23(月) 01:37

  • 1. 匿名 2018/04/14(土) 21:10:43 

    Part3です。世界史や日本の雑学などについて語り合いたいです!

    実はフランス革命の少し前に、ルイ15世やルイ16世、マリー・アントワネット、その侍女のアデマール夫人に何度も会って忠告していた人がいる。名前はサン・ジェルマン伯爵。彼は
    生没年不詳で、 その生涯のほとんどは
    神秘のベールに隠されたままである。一説には、
    彼は永遠の生命を持ち、輪廻転生を繰り返して、
    古代の叡智を伝え続けているといわれている。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +353

    -11

  • 2. 匿名 2018/04/14(土) 21:11:43 

    日本の歴史は学問
    支那の歴史は政治
    南鮮の歴史は願望

    +265

    -39

  • 3. 匿名 2018/04/14(土) 21:12:22 

    上杉謙信はGayだった。
    女だったかもしれない。

    +292

    -15

  • 4. 匿名 2018/04/14(土) 21:13:17 

    >>1
    この話ちょっと知ってるけど気になる
    何十年も後に知り合いの前に全然歳を取ってないままの姿で現れた人でしょ

    +402

    -6

  • 5. 匿名 2018/04/14(土) 21:13:23 

    20年前の歴史の教科書は間違いだらけ。

    +278

    -7

  • 6. 匿名 2018/04/14(土) 21:13:44 

    実はルイ13世は影武者だったという説が有力になっています

    +166

    -3

  • 7. 匿名 2018/04/14(土) 21:14:20 

    鎌倉幕府は1192じゃなくなった。

    +378

    -6

  • 8. 匿名 2018/04/14(土) 21:15:37 

    今の教科書で聖徳太子は聖徳太子?

    +4

    -28

  • 9. 匿名 2018/04/14(土) 21:15:47 

    現代では成人男性の半ズボンは嫌がられるけど
    中世の西洋では、脚を見せるファッションが主流で、脚線美も男性に対して使われた。

    +231

    -2

  • 10. 匿名 2018/04/14(土) 21:17:23 

    音楽家のショパンのピアノレッスン料は1回約10万円程だったらしい

    +319

    -2

  • 11. 匿名 2018/04/14(土) 21:18:01 

    土方歳三は明治まで生き残り明治政府転覆を虎視眈々と狙ってた。

    信じるか信じないかは貴女しだい。

    +134

    -20

  • 12. 匿名 2018/04/14(土) 21:18:02 

    有名な白虎隊のほかに青龍隊、玄武隊、朱雀隊がある

    +352

    -7

  • 13. 匿名 2018/04/14(土) 21:18:09 

    >>7
    え!知らなかった笑
    いい国作ろうで覚えやすかったのに…何年になったの?

    +144

    -10

  • 14. 匿名 2018/04/14(土) 21:19:48 

    ハイヒールや日傘は中世ヨーロッパ、街のいたるところに無造作にウンコをする人が続出したため、ハイヒールはウンコを踏まないために、日傘は上から落ちてくるウンコを避けるために作られたものだった

    +441

    -17

  • 15. 匿名 2018/04/14(土) 21:20:30 

    古来から地位と権力を持った男は
    男色を好み、いわゆる両刀使いが多かった。

    +259

    -2

  • 16. 匿名 2018/04/14(土) 21:20:32 

    アドルフ・ヒットラーの父親は、鞭で息子を殴っていた。ヒットラーの兄を、意識を失って倒れるまで殴り続けられた。ヒットラー自身が、自分の女秘書たちに、「それで、私が殴られることがあったら、絶対に声を出したりしないぞと決心したのだよ。実際にそうなったとき、まだはっきりと覚えているがね、母が心配そうにドアから覗いていたよ。私は、一打ごとに父と一緒になって数えたものだ。私が誇りで顔を輝かせながら、お父さんは32回もお打ちになったよ、と知らせにいったとき、母は、私の頭がおかしくなったと思ったものだ。」と語った事がある。

    +294

    -7

  • 17. 匿名 2018/04/14(土) 21:20:48 

    ドイツ・ナチス党のヒットラーは生きていた!
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +18

    -142

  • 18. 匿名 2018/04/14(土) 21:21:49 

    山本五十六はポーカーとか賭け事がめちゃくちゃ強かった
    ハーバード大学在学時、賭け事でたくさん儲けてそのお金を視察費用等に充ててた

    +268

    -4

  • 19. 匿名 2018/04/14(土) 21:21:53 

    偉人の話とかじゃないけど、
    昔フランスかどっかでは歩道にう◯こが普通に落ちていることが多くて(馬糞?人のもの?なんでかは忘れた)踏まないようにする為?にハイヒールができた、
    みたいな話を聞いたことがあるような…
    勘違いだったらごめんなさい

    +169

    -18

  • 20. 匿名 2018/04/14(土) 21:22:13 

    トラファルガー海戦で仏軍を破ったネルソン提督、戦闘中に死につつある時に愛妻に手紙を書いた。って愛妻家と賞賛されたが。

    実は、不倫の末に結ばれた愛人宛の手紙だった。しかもその女性は友人の妻だった。

    +245

    -3

  • 21. 匿名 2018/04/14(土) 21:22:22 

    童話作家で有名なデンマークのアンデルセンは、極度の心配性で、寝てる間に埋葬された人間の話を聞いて、自分も寝てる間に埋葬されてしまうのではないかと心配になり、枕元に「死んでません」と置き書きして寝ていた

    +469

    -1

  • 22. 匿名 2018/04/14(土) 21:22:34 

    >>13
    鎌倉幕府は1185いいはこ

    +241

    -4

  • 23. 匿名 2018/04/14(土) 21:23:21 

    >>13
    1185年(イイハコ)に変わったらしい

    +205

    -2

  • 24. 匿名 2018/04/14(土) 21:23:54 

    太陽王 ルイ14世は謁見中でもトイレ(おまる)に座ってた
    あと歯がない方が健康にいいとされてて麻酔無しで抜歯して総入れ歯だった

    +239

    -4

  • 25. 匿名 2018/04/14(土) 21:24:17 

    >>22
    >>23
    勉強になりました、ありがとう!

    +93

    -0

  • 26. 匿名 2018/04/14(土) 21:24:35 

    >>3
    男色は武士のたしなみ

    +202

    -4

  • 27. 匿名 2018/04/14(土) 21:25:18 

    隣にいる昭和天皇に気付かないおばあさん
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +434

    -4

  • 28. 匿名 2018/04/14(土) 21:25:28 

    夏目漱石は猫好きすぎて墓を作った

    +182

    -3

  • 29. 匿名 2018/04/14(土) 21:25:29 

    中世ヨーロッパは何か調子悪くなったらすぐ瀉血
    血を抜けば良いと思ってた

    +306

    -1

  • 30. 匿名 2018/04/14(土) 21:25:43 

    イスラム教徒を滅ぼす為に作られたキリスト教徒の十字軍がキリスト教国家を滅ぼした

    +162

    -3

  • 31. 匿名 2018/04/14(土) 21:25:59 

    >>27 おっちょこちょいワロタw

    +91

    -4

  • 32. 匿名 2018/04/14(土) 21:26:17 

    石川啄木はクズ

    +228

    -4

  • 33. 匿名 2018/04/14(土) 21:26:41 

    雑学を語るんだから、披露するだけなら来ないよ

    +5

    -40

  • 34. 匿名 2018/04/14(土) 21:26:53 

    よく中世ヨーロッパと言うとマリーアントワネットとか聞くけど全然中世ヨーロッパの時代じゃない。

    +221

    -4

  • 35. 匿名 2018/04/14(土) 21:27:11 

    江戸時代は庶民もお茶を楽しめるようになった時代でした。又江戸時代にはお茶の生産が大きく進展した時代でした。江戸時代の茶の本「本朝食鑑」(著者 人見必大)によれば 、江戸中期には抹茶は宇治以外に産地がないが煎茶は各地に産地がきています。 (ただ現在の煎茶ではなく煎じたお茶です。)

    で、疑問、秀吉が訪れたお寺での少年石田三成は三杯のお茶の話は本当なんだろうか?

    +105

    -5

  • 36. 匿名 2018/04/14(土) 21:28:47 

    太平洋戦争の原因はそもそもペリー来航にある
    このとき不平等条約を結ばれてしまったから、日本は侵略の道をたどることになってしまった

    +48

    -20

  • 37. 匿名 2018/04/14(土) 21:28:49 

    >>15
    真実の愛は男同士にこそ生まれるって考えだったりね…

    江戸川乱歩もエッセイではっきりとそう書いてる
    中学生時代の体験記がBLみたいだし、江戸時代の男性カップルに入れ込んで、熱心に調べたり…
    偏見が強くなったのは戦後なのかな

    +232

    -2

  • 38. 匿名 2018/04/14(土) 21:29:21 

    >>33
    『雑学を語る』と『披露するだけ』ってどう違うの?

    +57

    -7

  • 39. 匿名 2018/04/14(土) 21:29:29 

    戦国時代の合戦の死者の数は、
    弓及び鉄砲: 60%
    長刀及び槍: 20%
    3位は投石
    日本刀で斬られて死んだのは 10%以下。
    日本刀は余り活躍していない。

    +289

    -5

  • 40. 匿名 2018/04/14(土) 21:30:26 

    その昔味噌汁はみんなで食べる鍋的な存在だった

    +128

    -2

  • 41. 匿名 2018/04/14(土) 21:30:39 

    中世のヨーロッパではあんまりトイレが発達していなかった為、ベルサイユ宮殿の中でも部屋のはじは、うん○だらけだったらしい。みんな適当な場所でしてたらしい。だから宮殿は悪臭が凄かったんだって。

    +241

    -6

  • 42. 匿名 2018/04/14(土) 21:31:13 

    マリーアントワネットの娘は決して笑わなかった

    +87

    -4

  • 43. 匿名 2018/04/14(土) 21:31:26 

    >>28
    猫好きなの?
    我輩は猫であるのラストで、この人猫好きじゃないなと思ってた…

    +5

    -12

  • 44. 匿名 2018/04/14(土) 21:31:30 

    >>37平安時代は女同士も多かったらしいね。

    +102

    -4

  • 45. 匿名 2018/04/14(土) 21:31:36 

    幼いモーツァルトがマリア・アントーニアにプロポーズした話とか?

    +112

    -4

  • 46. 匿名 2018/04/14(土) 21:33:01 

    >>37
    江戸川乱歩みたいな頭のいい人だからこそ柔軟なものの見方が出来たのであって、大衆からは否定されてたよ

    +108

    -7

  • 47. 匿名 2018/04/14(土) 21:33:09 

    マリーアントワネットの息子、ルイ七世は両親が処刑がされたあと、看守や世話人に性的虐待、暴力暴言、売春婦にレイプされて病気を遷され、トイレもないところに閉じ込められ、くる病にかかってしまう。ちなみに母、マリーアントワネットの最期の言葉は処刑人の靴を踏んでしまった時に発した『あらごめんなさいね、ワザとではありませんのよね。でもあなたの靴が汚れなくて良かった』というの。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +275

    -5

  • 48. 匿名 2018/04/14(土) 21:34:57 

    日本の終戦記念日って1945年8月15日ってなっているけど、天皇陛下の玉音放送が放送されただけだった。

    同年9月2日のポツダム宣言による降伏文書に調印したのが国際的に終戦日とされている。

    +259

    -1

  • 49. 匿名 2018/04/14(土) 21:35:21 

    中に人が入っているイカサマでしたが、ヴォルフガング・フォン・ケンペレンが制作したトルコ人という自動チェス人形が興味深いですね。

    +6

    -2

  • 50. 匿名 2018/04/14(土) 21:35:52 

    >>34
    中性てルネッサンスまでだもんね。
    フランス革命はそのあと。

    +91

    -1

  • 51. 匿名 2018/04/14(土) 21:36:02 

    吉田松陰は生涯童貞だった

    +129

    -1

  • 52. 匿名 2018/04/14(土) 21:36:41 

    >>36
    そうですね
    もっと言えば東インド会社が日本に入る前くらいから、もう始まっている気がします
    奴隷の売り買いとか、植民地政策に繋がるものがありますね

    +81

    -3

  • 53. 匿名 2018/04/14(土) 21:36:53 

    肉じゃがは
    東郷平八郎がロシア訪問時に食べた
    ボルシチに感動して日本で再現したのが始まり

    +249

    -5

  • 54. 匿名 2018/04/14(土) 21:37:42 

    ゴッホは今でこそ有名な画家だが
    生前は絵がなかなか売れず困窮していた

    実弟に金銭面を援助してもらっていたが、ゴッホは人付き合いが苦手で社会にうまく適応出来なかったため次第に精神を病む

    最終的に拳銃により死亡しているが自殺他殺どちらかわからない
    様々な説がある

    +211

    -2

  • 55. 匿名 2018/04/14(土) 21:37:53 

    >>1
    そんな彼は秘密結社薔薇十字団に入ってたんだよね。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +112

    -2

  • 56. 匿名 2018/04/14(土) 21:38:02 

    江戸時代にはすでにインスタント食品があった
    懐中汁粉という湯で溶いて食べるおしるこ

    +199

    -5

  • 57. 匿名 2018/04/14(土) 21:38:16 

    >>41
    うじとかもすごいから、酷くなると住み続けられなくて引っ越してたんだっけ?

    それで思いだしたけど、葛飾北斎父娘も
    片付けは嫌という理由で引っ越しを頻繁にしてたため
    売れっ子で稼ぎが多かったにも関わらず、お金が全然貯まらなかったらしい。
    でも娘に女なんだから家事しろとか強制しなかった北斎って、やっぱり進歩的な人だね…

    +268

    -5

  • 58. 匿名 2018/04/14(土) 21:38:39 

    マッチよりライターの方が早く発明された
    日本で

    +152

    -2

  • 59. 匿名 2018/04/14(土) 21:39:11 

    >>46
    百姓出身の秀吉は男色好まなかったしね。
    上流階級のものよね男色は。

    +296

    -3

  • 60. 匿名 2018/04/14(土) 21:39:23 

    五・一五事件は
    犬養毅といっしょに
    チャーリン・チャップリンも殺される予定だった

    +122

    -3

  • 61. 匿名 2018/04/14(土) 21:39:42 

    この絵で有名な東洲斎写楽の正体は謎のまま
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +228

    -5

  • 62. 匿名 2018/04/14(土) 21:39:45 

    戦国時代は戦場に奥さん連れて行けないから、下級武士は春本(エロ本)回し読みで性処理・中級武士は遊女で性処理・上級武士は遊女に赤ちゃんが出来たら困るから部下の可愛い子で性処理してたらしい。

    +221

    -9

  • 63. 匿名 2018/04/14(土) 21:39:46 

    織田信長だって前田利家とloveだったそうだからね

    +170

    -3

  • 64. 匿名 2018/04/14(土) 21:39:50 

    山本五十六が56番目の子供だと
    アメリカに誤解されて
    山本の父ちゃんすげえ・・・ってなった

    +349

    -4

  • 65. 匿名 2018/04/14(土) 21:40:24 

    黒船は太平洋ではなく、大西洋を渡って遠回りしてきた。

    +34

    -0

  • 66. 匿名 2018/04/14(土) 21:40:38 

    >>54
    芸術家は精神闇がちだな

    +40

    -3

  • 67. 匿名 2018/04/14(土) 21:40:56 

    第87代天皇の四条天皇は12歳の頃、御所の廊下に滑る石を並べて宮廷の人を転ばせるイタズラをしようとしたんだけど、その仕掛けのチェック中に自分でその石に滑って転倒しそのままお亡くなりに…^^;

     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +305

    -1

  • 68. 匿名 2018/04/14(土) 21:41:54 

    暗殺の天使と呼ばれた女性、シャルロットコルデー
    最後の最期まで毅然とした態度を崩さなかった彼女に恋した人間も多いそう。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +167

    -1

  • 69. 匿名 2018/04/14(土) 21:41:56 

    >>62
    松永久秀は戦場で衝立立てて女連れ込んで部下にドン引きされたとな

    +84

    -1

  • 70. 匿名 2018/04/14(土) 21:42:02 

    板垣退助の最後の言葉は
    板垣死すともではなく
    痛い医者を呼んでくれ だった

    +232

    -6

  • 71. 匿名 2018/04/14(土) 21:42:38 

    >>61
    写楽って
    3、4年くらいにある町に突然やってきて
    浮世絵描きまくって
    ある日パッタリ描かなくなったらしい。
    そしてその町から姿も見えなくなったんだって。

    +235

    -2

  • 72. 匿名 2018/04/14(土) 21:42:39 

    木戸孝允
    新撰組に捕まりそうになったとき
    ウンコをするふりをしながら無事逃げ切った

    +156

    -1

  • 73. 匿名 2018/04/14(土) 21:42:52 

    1600年くらいには、徳川家康は超肥満だった。

    +96

    -2

  • 74. 匿名 2018/04/14(土) 21:43:02 

    原爆投下の直後(終戦前)から治療はせず殺傷記録をとった者:日本の科学者1300名
    被曝者を使った人体実験をした者:東京大学
    それらを原爆報告書として米国に提出した代表者:昭和天皇
    太平洋戦争勃発の翌年1942年1月14日、英国の大手新聞タイムズが、昭和天皇は
    英国の陸軍元帥のリストから除名の必要無しという英国陸軍省事務官のコメントを掲載していた。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +13

    -58

  • 75. 匿名 2018/04/14(土) 21:43:57 

    加山雄三は岩倉具視の子孫

    +205

    -1

  • 76. 匿名 2018/04/14(土) 21:44:01 

    >>71
    あ、3、4年は、浮世絵を描いていた期間です。

    +82

    -0

  • 77. 匿名 2018/04/14(土) 21:44:31 

    >>43
    テレビで何度か猫好きって紹介されてたよ。
    お葬式もしてた気がするけど自信がなくて書かなかった。友人に宛てたハガキに愛猫のお葬式をするって書いてた気がする。

    +97

    -2

  • 78. 匿名 2018/04/14(土) 21:44:38 

    >>41
    風呂も体に悪影響と誤解され滅多に入んなかったから
    すんごいニオイだったでしょうね…

    +198

    -2

  • 79. 匿名 2018/04/14(土) 21:44:59 

    美少年として描かれることの多い沖田総司は
    実はブサメン

    +237

    -3

  • 80. 匿名 2018/04/14(土) 21:45:11 

    ソニー・ビーン
    人食い一族
    進撃の巨人にも二体の巨人として出てきますね。

    +132

    -2

  • 81. 匿名 2018/04/14(土) 21:46:05 

    >>59
    あーそういえば美少年の誉れ高い小姓と2人きりになったときも、側近たちは事の次第を外でワクワクしながら待ってたけど、小姓に「どうだった?」と聞いたらひとこと「『おまえには姉か妹かいるのか?』って聞かれた」って笑

    +192

    -6

  • 82. 匿名 2018/04/14(土) 21:46:07 

    野球の始球式 ゲストがボールを投げてバッターが空振りする。

    日本のこの始球式の始まりは、大隈重信だった。

    +73

    -2

  • 83. 匿名 2018/04/14(土) 21:47:01 

    縄文時代は
    クリ等木の実の栽培や
    カキなんかの養殖を行っていて
    意外と食料に困らないいい生活をしていた

    +244

    -2

  • 84. 匿名 2018/04/14(土) 21:47:44 

    >>74
    顔が日本人じゃない

    +4

    -22

  • 85. 匿名 2018/04/14(土) 21:47:57 

    上杉謙信は実は重度のアル中で
    それが原因でインポになり、子供が出来なかった
    常に酒臭く、悪酔いして家臣を斬り殺した事も

    +123

    -11

  • 86. 匿名 2018/04/14(土) 21:49:03 

    「道鏡は 座ると膝が 3つあり」
    道鏡が称徳天皇に重用されたのは
    彼の巨大ち○ぽのおかげであった

    +64

    -11

  • 87. 匿名 2018/04/14(土) 21:49:08 

    土方歳三は、上京してから
    実家に
    「俺はもモテてモテてしょうがねえ!ファンがうるさくて外を歩くのも大変だ」
    みたいな手紙を送ってたんだそうだ。

    +231

    -1

  • 88. 匿名 2018/04/14(土) 21:49:42 

    コンドームの普及のきっかけ
    第一次世界大戦で、従軍慰安婦から兵士たちに性病が蔓延したためにコンドームの必要になった。

    歴史的な意味合いを重視して読んでね。

    +202

    -4

  • 89. 匿名 2018/04/14(土) 21:50:37 

    スーツの袖に着いてるボタンは
    鼻水を拭えなくするために
    ナポレオンが考案したもの

    +178

    -3

  • 90. 匿名 2018/04/14(土) 21:51:15 

    >>78
    ペストが流行ってお風呂が原因だと思われて恐れられたね

    +108

    -1

  • 91. 匿名 2018/04/14(土) 21:51:49 

    ガンディーは
    修行のために毎晩若い娘2人と寝てた

    +149

    -2

  • 92. 匿名 2018/04/14(土) 21:52:21 

    ランドセルに付いてる
    給食袋とかをよくかけるフックは
    本来は手りゅう弾を取り付けるためのもの

    +244

    -11

  • 93. 匿名 2018/04/14(土) 21:52:46 

    >>57
    色彩感覚は娘には絶対に敵わないって言って、その才能を認めてたらしいもんね。
    女の分際でとか子の才能に嫉妬すとかしないで、隠すことなく自分の職をサポートしてもらってたなんてやっぱり進歩的で凄いよね。

    +271

    -4

  • 94. 匿名 2018/04/14(土) 21:52:56 

    >>91
    修行って…
    一切手を出さないで耐えるってこと?

    +207

    -2

  • 95. 匿名 2018/04/14(土) 21:53:17 

    >>86
    道鏡の巨根話は中国の故事の影響と言われてるけどね

    +37

    -1

  • 96. 匿名 2018/04/14(土) 21:53:31 

    オーストラリアはイギリス人犯罪者の流刑地だった
    遊び感覚で原住民殺してたらしい

    +253

    -6

  • 97. 匿名 2018/04/14(土) 21:54:22 

    秀吉は六つ指

    信長にからかわれ
    切り落とそうとしたこともあったらしい

    +195

    -4

  • 98. 匿名 2018/04/14(土) 21:54:36 

    >>42
    ついでにマリー・アントワネットの長女(マリー・テレーズ)は母親のアントワネットとあまり折り合いが良くなく、多感な時期は特に特に弟(ルイ17世)ばかり可愛がる母親に対し、敵愾心を抱く事も少なくなかったらしい。
    彼女は実母のアントワネットよりも叔母のエリザベートによく懐いていたと言う説もある。
    また、いつしかアントワネットが乗馬中に落馬して怪我を負った際、一命を取り止めた母に対して「なぁんだ。あいつ死ななかったのかよ(チッ)」みたいな毒を吐いたと言う逸話も残っている。

    断頭台の露と消えた両親に自分を両親同様に可愛がってくれた叔母、獄死した実の弟と連れ添った家族を皆喪い、天涯孤独のさなかに祖国を追われ、歴史に翻弄された流転の王女は数奇な運命を辿りながら生き抜き、奇しくも母親の祖国・オーストリアの地にて72歳の生涯を全うした。
    残された彼女の肖像画には、母親アントワネットと父親ルイ16世の面影を垣間見る事が出来る。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +204

    -4

  • 99. 匿名 2018/04/14(土) 21:54:40 

    >>93
    進歩的というか本当に絵のことだけを考えてた人なんだなと思う

    +112

    -2

  • 100. 匿名 2018/04/14(土) 21:54:44 

    魔女狩りは中世ヨーロッパのものと思われがちだが、以外と近代の出来事で、アメリカでも魔女狩りが行われていた

    +120

    -2

  • 101. 匿名 2018/04/14(土) 21:55:10 

    まつは11歳で子供を生んだ

    +102

    -1

  • 102. 匿名 2018/04/14(土) 21:56:44 

    >>101
    12歳じゃなかった?

    +37

    -5

  • 103. 匿名 2018/04/14(土) 21:56:55 

    ナポレオンはとんでもない臭いフェチで
    戦争から帰るときに嫁さんに
    「今から帰るから風呂に入らずに待っていろ」
    と手紙を送ったことがある。

    +185

    -3

  • 104. 匿名 2018/04/14(土) 21:58:06 

    野口英世は学歴詐称をしてた

    +25

    -2

  • 105. 匿名 2018/04/14(土) 21:58:48 

    >>59
    そうそう。
    元々下級の出だった秀吉の身分が高くなったとき、家臣が「男色はステータスですから。殿もそろそろ・・」って用意した美男子に向かって「お前エエ顔しとるな。姉ちゃんか妹おらんか?」って言って男色を拒否したとか(笑)
    もとから上流階級で生まれ育った人の感覚だよね。
    現代をノーマルで生きてる私からしたら秀吉の考えのほうが自然だわ。

    +331

    -5

  • 106. 匿名 2018/04/14(土) 22:01:24 

    アメリカの原住民は
    天然痘罹患者が使った衣類や毛布を
    集落に投げ込まれたりして
    民族単位で絶滅させられてた
    最低な話

    +336

    -1

  • 107. 匿名 2018/04/14(土) 22:01:33 

    第一次世界大戦でどうしてドイツが負けたのか?

    ドイツはフランスを攻略してから、対ロシア戦略に重点を置く計画だった。
    が、フランスに侵攻してパリ陥落寸前に、まさかの兵力をロシア側に移した。

    なぜ?ロシア寄りに膨大な領地を持つ貴族の婦人たちが『うちの領地がロシア人に蹂躙される!』ってヒステリーを起こして、軍上層部(貴族が独占)に談判した。上層部は仕方なく婦人たちの意見を聞きれた結果、負けた。

    +104

    -2

  • 108. 匿名 2018/04/14(土) 22:01:42 

    坂本龍馬は多動症だった。
    その為10歳になってもオネショが治らなかった。次から次に好きな人ができて前の人を捨てるような行動してしまったのもそのせい。

    凄くバイタリティーに溢れてるように見えたから、龍馬を凄く好きな人と
    アイツは礼儀知らずな奴だ!
    って人と、二極化に別れていたってさ。

    +252

    -2

  • 109. 匿名 2018/04/14(土) 22:03:13 

    >>5
    それは仕方ないかな、と思う。時代が進んで解明できるものも多くなるし。
    過去の知識から真実を探っていくものだし。
    今の歴史の教科書も数十年後、かなり変わってるよね。

    年表の間違いはあれど歴史に起こった事実は概ね変わらないから、歴史を勉強するのはやはり面白いね

    +67

    -1

  • 110. 匿名 2018/04/14(土) 22:04:40 

    古代ローマでは洗濯におしっこを使っていた
    遺跡で発掘された洗濯跡から
    おしっこの成分が見つかった

    +140

    -2

  • 111. 匿名 2018/04/14(土) 22:07:32 

    写楽は武士だった、という説を聞いたことあるんだけど、知ってる方いますか?

    +5

    -4

  • 112. 匿名 2018/04/14(土) 22:08:37 

    戦国時代、美人薄命&不美人頑丈な考えがいきすぎたのか
    最強の醜女を探し回って嫁にしようとした武将がいたらしい…
    女は子供を産む道具(愛でる対象は小姓)、男尊女卑が酷い時代だからこそかな?と思うと若干もやっとする

    +208

    -3

  • 113. 匿名 2018/04/14(土) 22:08:59 

    江戸時代の幕府の大きな政策の一つに参勤交代がある。

    大名に出費を強要して弱体化を目的としていた。が、同時に街道沿線にお金を落として庶民が潤うと言う経済政策でもあった。

    +169

    -5

  • 114. 匿名 2018/04/14(土) 22:11:19 

    ガスパールハウザー
    ある日突然現れて話題になって突然殺されて王の隠し子かと騒がれた
    詐欺師かもだけど気になる

    +51

    -1

  • 115. 匿名 2018/04/14(土) 22:12:40 

    天安門に肖像画掲げられてる毛沢東ですが晩年は延命と称して毎晩幼い処女を食っていた
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +209

    -6

  • 116. 匿名 2018/04/14(土) 22:13:13 

    >>6
    レオナルド・ディカプリオが二役演じた映画「仮面の男」を思い出してしまいました。

    +61

    -1

  • 117. 匿名 2018/04/14(土) 22:14:43 

    >>64
    たしかお父さんが56歳の時の子だよね。

    +125

    -1

  • 118. 匿名 2018/04/14(土) 22:15:25 

    モーツアルトはアスペルガー症だった。
    絶対音感もあったからちょっとした不協和音でも耐えられないほどだった。
    それで、自分にとっての耳障りの良い曲を作るしかなかった。
    それが今では癒やしの音楽に繋がっている。

    +315

    -5

  • 119. 匿名 2018/04/14(土) 22:15:44 

    >>53
    イギリスで食べたビーフシチューじゃなかった?
    日本に戻って料理人にこんなの作って、と頼んだら肉じゃがを出されたが、全く別物だが美味しいからまあいいかで定番料理になった。

    +206

    -4

  • 120. 匿名 2018/04/14(土) 22:15:47 

    伊藤博文は子ども判明してるだけでも50人以上は残してる

    +188

    -3

  • 121. 匿名 2018/04/14(土) 22:15:50 

    >>99
    娘も一旦絵師に嫁いだんだけど私の方が上手いじゃんとすぐ実家に戻ってきたというし絵の事しか考えていない父娘だ・・・

    +211

    -0

  • 122. 匿名 2018/04/14(土) 22:17:14 

    >>117
    どっちにしろ山本の父ちゃんすげぇw

    +233

    -1

  • 123. 匿名 2018/04/14(土) 22:17:20 

    >>103
    ブルーチーズの匂いで寝ぼけて「ジョセフィーヌ、今夜は勘弁してくれ」は有名だね

    +197

    -2

  • 124. 匿名 2018/04/14(土) 22:18:44 

    >>115
    最低!

    +161

    -3

  • 125. 匿名 2018/04/14(土) 22:18:50 

    >>114
    カスパー・ハウザーは「カスパー・ハウザーの謎」っていう映画にもなってるね。見てないけど。

    1828年5月26日、聖霊降臨祭が終わったばかりのバイエルン王国ニュルンベルクのウンシュリット広場(ドイツ語版)(Unschlittplatz)で16歳ほどの少年が発見される。身元などいくつか質問をされてもまともに答えられなかったため、少年は衛兵の詰所に連れていかれた。衛兵たちから筆談はどうかと紙と鉛筆を渡された少年は「カスパー・ハウザー」という名前を書いた。

    少年はニュルンベルク駐屯第6軽騎兵隊第4中隊勤務のフリードリヒ・フォン・ヴェッセニヒ大尉宛の手紙を携えていた。手紙は誤字や文法の間違いが目立つものであり、内容は少年のファーストネームはカスパー、誕生日は1812年4月30日、この少年の父親は騎兵であったが既に死去しているとし、父と同じ騎兵に採用してほしいが、手に余れば殺してほしいと書かれていた。

    手紙の主についてヴェッセニヒ大尉には何ら心当たりがなく、結局カスパーは孤児として市当局の保護下に入ることになった。
    (wikipedeia)

    最後は暗殺されちゃうんだよね。謎がおおい…。

    +70

    -1

  • 126. 匿名 2018/04/14(土) 22:19:18 

    >>120

    確か、明治天皇に『女遊びはほどほどにしろ!』って叱られたと思う。

    +184

    -1

  • 127. 匿名 2018/04/14(土) 22:20:24 

    >>115

    少女500人くらいを集めた施設があったとか。

    +157

    -3

  • 128. 匿名 2018/04/14(土) 22:20:34 

    >>118
    でもそれ、確定されてるの?
    だったんじゃないか?ってだけの話じゃなくて?

    +5

    -0

  • 129. 匿名 2018/04/14(土) 22:20:53 

    ディオンヌの五つ子
    ディオンヌ家の五つ子姉妹 - Wikipedia
    ディオンヌ家の五つ子姉妹 - Wikipediaja.wikipedia.org

    ディオンヌ家の五つ子姉妹 - Wikipediaディオンヌ家の五つ子姉妹出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動先:案内、検索ディオンヌ家の五つ子姉妹(1940年頃)近くより撮影されたクイントランドディオンヌ家の五つ子姉妹 (Dionne quintuplet sisters...

    全員が幼児期以降まで成長した世界最初の五つ子として知られる。
    それも全員が女の子という奇跡だった。
    1934年5月28日、五つ子姉妹のイヴォンヌ、アネット、セシル、エミリー、マリーは
    カナダのオンタリオ州の水道も電気も通っていない質素な農家に生まれた。

    しかしながら、当時のオンタリオ州政府は翌1935年に
    「ディオンヌ家の五つ子後見法」を成立させて両親の親権を剥奪してしまい、
    彼女たちは産科医アラン・ロイ・ダフォーの保護下に置かれ、
    9歳まで両親と離れて暮らさなければならなかった。

    関係者はその間、五つ子が暮らす保育所をカナダの代表的な観光地
    (クイントランド)にすることで、多くの利益を得た。
    クイントランドは一時はナイアガラの滝を上回り、カナダ最大の観光地にまでなる。
    多くのハリウッドスターもこの地を訪れ、またこの五つ子を題材とした映画が
    3本製作された。

    +157

    -2

  • 130. 匿名 2018/04/14(土) 22:21:46 

    なんでも適当に作って書いてもみんな信じちゃいそうな勢いだな

    +102

    -2

  • 131. 匿名 2018/04/14(土) 22:24:59 

    毛沢東って一度も歯を磨かなかったんだってね
    虫歯とかどうしてたんだろ

    +101

    -3

  • 132. 匿名 2018/04/14(土) 22:25:29 

    関ヶ原の戦い

    東西合わせて兵士15〜20万人と言われているが、実際に戦闘に参加したのは2〜3万人、特に西軍は山の上に陣を張って出来るだけ戦闘に参加しないで済むようにしていたとか。

    +89

    -1

  • 133. 匿名 2018/04/14(土) 22:29:54 

    >>51
    お前はまだ群馬を知らない
    ってマンガでそんなような話が描かれているよ

    +2

    -1

  • 134. 匿名 2018/04/14(土) 22:30:55 

    >>39
    日本刀って現代で言えば拳銃だからね

    戦争するときって
    昔→弓と鉄砲で遠くから撃ち合って相手の戦力を減らす
    今→ミサイルと爆撃で遠くから撃ち合って相手の戦力を減らす
            ↓
    昔→馬と槍で進撃
    今→戦車と歩兵で進撃
            ↓
    昔→最後は入り乱れて刀で斬り合い
    今→小銃や手榴弾で応戦

    たいていは最後の段階に行く前に決着が付くから
    日本刀では意外に死なない
    てか
    日本刀というのは持ち手(柄)と刃が一体でなく
    斬りつけた打撃が柄と刃を固定する金具(目釘)一点に集中する欠陥兵器だから
    一人斬り殺すのがせいぜい
    青竜刀みたいに真ん中が太くないから一人斬ったらまず刀が曲がる

    +76

    -6

  • 135. 匿名 2018/04/14(土) 22:31:16 

    児島惟謙 こじまいけん

    明治24年ロシア皇太子暗殺未遂事件の裁判官。時の政府はロシアを恐れ極刑に処すべしと圧力をかけるけど、児島惟謙は政府の干渉を跳ね除け、司法の独立性を守り、罪状に見合う刑を申し渡した。
    国際的にこの判決は、日本の近代化の証だと評価された。
    現代に彼が生きていたら、今の法曹界をどう思うだろう?

    +152

    -2

  • 136. 匿名 2018/04/14(土) 22:31:19 

    >>115
    抱いてたって意味だろうけど
    カニバリズムかと思ってどきっとした(抱くのも十分問題だけどさ…)

    +209

    -4

  • 137. 匿名 2018/04/14(土) 22:32:57 

    >>104

    結婚詐欺まがいなこともしていた。
    金持ちの娘を金目的で結婚を約束して、持参金でアメリカへ留学した。で、婚約解消、持参金は先輩に立て替えてもらって返済した。

    大学のに入学金の放蕩で使い尽くした話もある。

    +40

    -3

  • 138. 匿名 2018/04/14(土) 22:35:19 

    アインシュタイン
    好きだった女性がいた。未亡人かシンママだった。付き合っていくうちにどうしても好きになってプロポーズして結婚した。その娘と。。。お、お、おっ、親子丼?

    +132

    -5

  • 139. 匿名 2018/04/14(土) 22:38:04 

    >>134
    そういえば医学生が人間の脂肪は刃をすぐダメにするって言ってた

    +110

    -3

  • 140. 匿名 2018/04/14(土) 22:39:41 

    >>74
    米国に提出させられた、と考えるのが普通だろうね。

    +78

    -1

  • 141. 匿名 2018/04/14(土) 22:41:37 

    >>139
    すぐってことはないと思うけど、脂肪ごときで。包丁だって使うたびに研ぐわけじゃないけど、ちゃんと切れるからね。
    どっちかというと、骨を断ち切ったり、刀を刀で受けちゃったりして、刃こぼれするってことなんじゃないの?
    知らんけど。

    +30

    -7

  • 142. 匿名 2018/04/14(土) 22:43:54 

    >>141

    出た! 最後に『知らんけど。』

    +129

    -6

  • 143. 匿名 2018/04/14(土) 22:45:10 

    朝鮮を日本から独立させたのは米ソではなく日本の朝鮮総督府

    日本に原爆が落ちてソ連の参戦で敗戦が決定的になって
    総督府が挑戦の独立運動家を呼んで独立を認めたのだけど

    奴らは例によって一つにまとまらず内輪揉めしている間に米ソに分割占領された

    実際にアメリカが朝鮮に進駐して最初にしたことは
    朝鮮総督府の復活だった(数日で撤回したけどね)

    +26

    -4

  • 144. 匿名 2018/04/14(土) 22:49:05 

    >>141
    人間の脂肪は実は凄く固いし
    そもそも日本刀というのは力学的合理性を重視した兵器ではなく
    見栄えを重視した美術品だから
    刃物としてほぼ役に立たない

    +9

    -20

  • 145. 匿名 2018/04/14(土) 22:54:13 

    >>142
    想像だから、知らんけどって言っとかないとw
    ソースもなけりゃ検索して確認したわけじゃないのに、断定して書いてる人よりましでしょう。

    +105

    -7

  • 146. 匿名 2018/04/14(土) 22:56:13 

    ヒトラーか毛沢東どちらかがクズ?

    +6

    -1

  • 147. 匿名 2018/04/14(土) 22:57:33 

    私はヒトラーの方がクズだと思う

    +10

    -18

  • 148. 匿名 2018/04/14(土) 22:58:16 

    ロシア帝国最後の皇帝、ニコライ2世(1868-1918)の5人の子が美男美女揃い

    特に
    次女のタチアナ(1897-1918)三女のマリア(1899-1918)長男のアレクセイ(1904-1918)若くして亡くなったことが惜しまれる

    +241

    -3

  • 149. 匿名 2018/04/14(土) 22:58:37 

    >>146
    人類史上最も人間を殺したのは毛沢東
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +289

    -3

  • 150. 匿名 2018/04/14(土) 22:58:43 

    人魚姫で有名なアンデルセンはブスの非モテだった
    コンプレックスの裏返しでヒロインは美少女だし、悪役はブスの女
    生前か死後か記憶ないけど、想い人に大量に送ったラブレターが晒された
    その人は別の男と結婚してる
    作家さんは拗らせてる人多いよねって

    +97

    -1

  • 151. 匿名 2018/04/14(土) 23:01:03 

    >>149
    アレクサンダー大王とか、ジンギスカンとかは?

    +24

    -0

  • 152. 匿名 2018/04/14(土) 23:01:46 

    >>148
    結局アナスタシアって生きてたの説が有力?

    +4

    -19

  • 153. 匿名 2018/04/14(土) 23:02:37 

    ヒトラーの絵
    綺麗な景色を見てる人だと思うと根は悪い人だったと思えない
    全部ヒトラーのせいにして終わらせてるしスケープゴートな所あるよ
    諸外国で言ったらぶち殺されると思うけど
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +193

    -12

  • 154. 匿名 2018/04/14(土) 23:04:21 

    >>148
    娘、娘、と続いたから、てっきりアレクセイは男装の麗人かと思った。それくらいイケメンだ。

    +92

    -1

  • 155. 匿名 2018/04/14(土) 23:04:52 

    万有引力の法則のニュートンは大の猫好きで
    何ヶ月も書き続けた論文が完成した瞬間に机の上に飛び乗ってきた猫に
    インクの瓶を倒されて論文が滅茶苦茶
    一から書き直さなきゃいけなくなった時も
    猫には一切怒らずニコニコして猫に接してたしてたらしいw

    +156

    -1

  • 156. 匿名 2018/04/14(土) 23:05:17 

    >>151

    当時、人口が少なかったから。

    +18

    -2

  • 157. 匿名 2018/04/14(土) 23:05:27 

    >>40
    食べる味噌汁。健康的

    +50

    -0

  • 158. 匿名 2018/04/14(土) 23:07:57 

    フィギュア界の最後の皇帝はプルシェンコだといわれている。

    +121

    -4

  • 159. 匿名 2018/04/14(土) 23:08:08 

    >>156
    いや、そういうことじゃなくて。何人ぐらい殺されたか実際に類推したりして比較したのかどうかってこと。

    +5

    -3

  • 160. 匿名 2018/04/14(土) 23:08:15 

    >>20

    歴史ネタでも不倫が注目されるのか!?

    +5

    -1

  • 161. 匿名 2018/04/14(土) 23:09:11 

    幕末の志士はみんな色街の遊女を恋人や愛人にしていたが、桂小五郎(木戸孝允)だけは明治維新後にその女性を正妻として迎えた。
    「逃げの桂」とか言われて小心者扱いされているけど、誠実な男性だったんだろうと思う。

    +269

    -4

  • 162. 匿名 2018/04/14(土) 23:09:31 

    >>5
    だから歴史嫌い。
    いつもいつも正しい事が変わる。
    それを試験に出すなんて。。

    +11

    -8

  • 163. 匿名 2018/04/14(土) 23:10:31 

    >>149
    人類史上最も人間を殺した国ならアメリカが一番じゃないかな。
    戦争しまくってる。
    民間人に限定してもいい。

    +161

    -6

  • 164. 匿名 2018/04/14(土) 23:12:28 

    >>153
    ヒトラーのネタだと

    ヒトラーはユダヤ人の殲滅を命令した事で有名だけど
    実は2人のユダヤ人とその家族だけ例外があった
    それは

    義理のお母さん(義理だけど凄い仲良かったらしい)の主治医で
    そのお母さんが生前凄い世話になったユダヤ人医師とその家族
    どうやら相当恩を感じてたかららしい

    あとヒトラーの料理人のユダヤ人女性とその家族

    この二組に関してはヒトラーの命令で名誉アーリア人って事で
    ユダヤ人の迫害から除外
    医者の方はアメリカへの亡命を希望してたからそれも叶えられたとか

    なんだかんだ言ってあのヒトラーでさえ
    身近な人は例外扱いってのは人間の性みたいなものらしい

    +194

    -3

  • 165. 匿名 2018/04/14(土) 23:13:42 

    >>155
    猫が人間の仕事の邪魔をするのは、猫の遺伝子に書かれた使命なんだな。
    15世紀の書物江戸時代の役人の帳簿

    +281

    -2

  • 166. 匿名 2018/04/14(土) 23:14:12 

    女好きで有名な伊藤博文が茶屋の娘の手をとって、食べちゃいたいほど可愛いって言ったことからうまれたのが、広島の紅葉饅頭。

    +196

    -3

  • 167. 匿名 2018/04/14(土) 23:15:08 

    文化大革命と大躍進だけで億近い犠牲者が出たから中国でしょ
    処刑で殺しただけじゃなく政策の失敗で餓死者を多く出したし

    +97

    -3

  • 168. 匿名 2018/04/14(土) 23:15:22 

    >>162
    かといって、歴史を勉強しないわけにはいかないしねえ。
    誤りは正していくしかないのだ。

    +44

    -1

  • 169. 匿名 2018/04/14(土) 23:15:37 

    >>153
    日本の第二次世界大戦敗戦から東京オリンピックまで19年
    ドイツの第一次世界大戦敗戦からベルリンオリンピックまで18年

    国力の復興スピードはドイツの方が速かった

    +3

    -14

  • 170. 匿名 2018/04/14(土) 23:16:44 

    実は170年前に亡くなった人でも、肖像写真が残ったりしている
    江戸時代が終わる20年も前だから、まだ写真はなかったと思われがちだけど

    アンドリュー・ジャクソン(1767-1845)
    アメリカ合衆国第7代大統領ジョン・クィンシー・アダムズ(1767-1848)
    アメリカ合衆国第6代大統領ドリー・マディソン(1768-1849)
    アメリカ合衆国第4代大統領(ジェームズ・マディソン)の夫人フレデリック・ショパン(1810-1849)
    ピアノの詩人

    +108

    -1

  • 171. 匿名 2018/04/14(土) 23:17:40 

    >>161
    けどそんな木戸孝允も
    一時期幕府に追われて長州藩の田舎に身を隠してた時
    その潜伏先で現地の若い女性と仲良くなってそのまま同棲
    元々武士なのに現地の一般人の生活にも慣れちゃって
    このまま田舎で出会った女性と世帯を持って引っ込みたいとか言い出した
    困った仲間が説得するも全く効果なし

    そこで仕方なく後の奥さん(潜伏前から付き合ってた)幾松に事の経緯を説明
    怒った幾松が潜伏先に出向いて説得
    そこで初めて木戸孝允は復帰したなんてエピソードも


    +121

    -2

  • 172. 匿名 2018/04/14(土) 23:17:42 

    >>144
    いくさでは、遠くから狙える槍や鉄砲の方が殺傷力が高いだけ。
    建物の中とか接近戦では、火縄銃なんか役立たずだし、槍も長すぎる。
    刀は比較的いろいろな場面で使える。

    +35

    -3

  • 173. 匿名 2018/04/14(土) 23:20:16 

    >>28
    でも 死ぬ迄 名前つけてもらえなかったよ。あれだけ この猫のお陰で流行作家になって稼げたのにね。普通直ぐに名前つけるよね。

    +67

    -2

  • 174. 匿名 2018/04/14(土) 23:23:12 

    >>144
    適当な事を書くなよ。日本古武術協会の人たちが泣いちゃうよ。

    +32

    -0

  • 175. 匿名 2018/04/14(土) 23:27:39 

    >>115
    というか毛沢東はあまり言われないけど
    今で言う北朝鮮の金ファミリーみたいなことしてたからね
    各地の観光名所や名勝地には自分専用の宮殿を建てさせて
    自分専用の食器を景徳鎮で焼かせてそれを使ってたり
    女性関係も酷くて気に入った女性を強制的に抱いたりしてたとか

    あと面白いところではお風呂大嫌いで一切お風呂入らなかったらしい
    因みにそれをばらした元主治医は
    もう一冊暴露本書くからって言った二週間後心臓発作で亡くなった

    +165

    -1

  • 176. 匿名 2018/04/14(土) 23:27:54 

    >>152
    アナスタシアと名乗り出たアンナ・アンダーソンだったら
    亡くなってから10年後、1994年のDNA鑑定で偽者だったと判明しているよ

    2007年と2009年にマリア&アナスタシアの遺骨も発見されたので
    ニコライ2世一家全員が1918年時点で亡くなっていたことが証明された

    +100

    -2

  • 177. 匿名 2018/04/14(土) 23:29:12 

    江戸時代は心中を厳しく取締り
    片方が生き残ればか生き残った方は死罪
    両方生き残ったら男は非人に
    女は遊女または非人にされた

    +89

    -6

  • 178. 匿名 2018/04/14(土) 23:32:49 

    >>175
    >因みにそれをばらした元主治医は
    >もう一冊暴露本書くからって言った二週間後心臓発作で亡くなった

    友愛されたんですねわかります

    +135

    -2

  • 179. 匿名 2018/04/14(土) 23:32:59 

    >>170
    カメラ・オブスクラの映像と感光剤とを組み合わせ、映像を定着させる写真技術の発明は、19世紀初めにほぼ同時に複数なされた。
    (wikipedia)

    案外写真の技術が確立したのって古いんだね。江戸時代が終わるのが1867年だから、江戸時代の頃を写した写真もあるんだね。

    +128

    -1

  • 180. 匿名 2018/04/14(土) 23:37:14 

    >>134
    日本刀では竹槍にも敗率が高い。後者の方がリーチが長いし、超鋭角に切られた場合の殺傷力は半端ない。

    +3

    -12

  • 181. 匿名 2018/04/14(土) 23:40:56 

    >>169
    ドイツも含めて、ヨーロッパも爆撃の被害すごかったんだね。
    さっき「第二次大戦中に連合国が爆撃を行った場所の地図」という記事をよんだんだけど、こういう図が貼ってあったよ。
    イギリスも空襲があったと思ったんだけど、赤くないね。
    太平洋上の島での戦闘も多かったんだね…。

    +52

    -2

  • 182. 匿名 2018/04/14(土) 23:41:46 

    >>174
    どんなに武道の形が優れていても
    日本刀そのものの構造が大量殺傷にはありえない構造なので
    兵器としては全然役に立たない
    白兵戦限定の補助兵器
    現代の拳銃みたいなもの

    試し切りや罪人の打首くらいは使えても
    戦場で鎧兜で武装した相手には話にならない

    だからこそ
    支那人100人切りで処刑された日本兵は冤罪であると日本人自身が言ってるんだしw

    +125

    -4

  • 183. 匿名 2018/04/14(土) 23:43:53 

    >>170
    ショパンて誰かににてると思ったら「太宰治」
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +16

    -27

  • 184. 匿名 2018/04/14(土) 23:44:00 

    >>182
    暴れん坊将軍とかが滅多切りしてるやつは、ありえないってわけだね。
    でも、あれは峰うちなんだっけ…。

    +28

    -0

  • 185. 匿名 2018/04/14(土) 23:44:17 

    昨年世界遺産に登録された 沖ノ島。ここの近海で 日本の国難、元寇と日本海海戦。これらを 勝利に導いた神様 宗像三女神、特に 沖ノ島の天照大神の長女 田心姫この力が大きい 連合艦隊司令官東郷平八郎は 日本海海戦大勝利の後 戦艦三笠の羅針盤を宗像大社に奉納した。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +57

    -1

  • 186. 匿名 2018/04/14(土) 23:47:24 

    >>11
    ある意味テロリストやな。

    +3

    -3

  • 187. 匿名 2018/04/14(土) 23:47:44 

    >>181
    枢軸側のイタリアも大分空襲あったんだね
    あれだけの歴史的建造物の数々が残されてるけど壊されたのもあったんだろうね

    +38

    -3

  • 188. 匿名 2018/04/14(土) 23:49:52 

    >>169
    オリンピックが復興直後に開催されるとは限らないから比較の対象にならない。
    復興が完了した記念でするわけでもないし、何年毎のきまりもあるから早められるわけでもない。

    +17

    -0

  • 189. 匿名 2018/04/14(土) 23:51:56 

    >>186
    明治維新自体がテロ。
    伊藤博文もテロリスト。殺人もしてる。

    たまたまうまくいったから、偉人みたいなあつかいになってるだけで、もともとは不満のたまった下級武士。

    +145

    -5

  • 190. 匿名 2018/04/14(土) 23:55:19 

    >>180
    竹槍は先端の切れ味がわるくなったらおわりだね。
    それこそ多数相手するいくさには向いていない。

    結局、どの武器も活きるかどうかは条件による。

    +6

    -0

  • 191. 匿名 2018/04/14(土) 23:59:35 

    >>170
    ショパン、肖像画とえらい違いやね。>>183
    スラムダンクにいたね、そういう頭。

    +84

    -2

  • 192. 匿名 2018/04/14(土) 23:59:49 

    マリー・アントワネットの母、マリア・テレジアは自分が生んだ子供達へのえこひいきが激しくて、お気に入りの娘(アントワネットの姉マリア・クリスティーナ)以外のたくさんの子供達は一人修道女になったマリア・アンナを除いて、マリー・アントワネット含めて大半はオーストリアのために政略結婚させた。

    クリスティーナだけは恋愛結婚が許されて相手はオーストリア王家にはあんまりふさわしくない地位の男性だったけど、クリスティーナに大量の持参金を持たせてお相手もいい地位が与えられた。昔から母親に溺愛され、えこひいきされていたからちょっと何かあるとすぐに母親にチクるクリスティーナをきょうだいたちは嫌っていて、クリスティーナ夫妻の間に子供が出来なかったのは1人だけ恋愛結婚許してもらった報いだって全然同情してなかったから、母マリア・テレジアが亡くなってからは夫婦共々冷遇されたそうです。

    +141

    -2

  • 193. 匿名 2018/04/15(日) 00:01:02 

    >>184
    武器というのは
    いかに沢山の人を殺傷できて
    手入れが簡単で
    頑丈なものに進化するものなのに

    日本刀は全然真逆の方向に進んでいる
    日本人の刀や剣に対する思い入れはもはや宗教に近いもので
    それは兵器とは全く別物の世界

    刀の専門家って
    絶対に刀を科学的、力学的に検証しないのは
    それをしてしまうと兵器としていかに使いものにならない物であるかという現実を見ることになるからなのよ

    +4

    -10

  • 194. 匿名 2018/04/15(日) 00:01:35 

    またまたヒトラー絡みのネタですが…
    ヒトラーと共に自害を選んだエヴァ・ブラウンは、何と自殺当時ヒトラーの子を妊娠していたとされる
    説がある。
    また、彼女の遺した日記によると過去にドレスデンにて男児を出産していたという記述があり、この男児は実はヒトラーの子ではないかとも一部では言われているらしい。
    また有名な話としてヒトラー同様エヴァも、遺体のDNA解析の結果、東欧諸国にルーツを持つアシュケナージ系ユダヤ人特有のプロトタイプを持っていたと言う報告もある。

    ヒトラーは性的には非常に自信がなく、エヴァを満足させる事が出来なかったと言う逸話が囁かれる一方で、彼女はヒトラーの浮気には常に悩まされていた事や、エヴァのヌード写真が流出した事もあったなどスキャンダラスな話題には事欠かない人物であった模様。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +113

    -0

  • 195. 匿名 2018/04/15(日) 00:02:43 

    >>187
    うん。その連合国爆撃の記事んとこに、イタリア人がコメントしてて、「未だに地面を掘ると不発弾か歴史的遺物がでてくる」って書いてた。

    +38

    -1

  • 196. 匿名 2018/04/15(日) 00:04:17 

    >>193
    え、さんざんいろんなとこで検証してなかったっけ。
    youtubeには刀で銃弾を受けるとかいう動画もあったよ。受けてたからビビったw

    +12

    -1

  • 197. 匿名 2018/04/15(日) 00:05:47 

    >>193
    【海外の反応】刀 対 銃弾の結末を見て…「日本刀怖すぎだろ!」 「katana VS Gun bullet」日本刀のあり得ない斬れ味に外国人が恐怖 - YouTube
    【海外の反応】刀 対 銃弾の結末を見て…「日本刀怖すぎだろ!」 「katana VS Gun bullet」日本刀のあり得ない斬れ味に外国人が恐怖 - YouTubeyoutu.be

    海外「日本刀怖すぎだろ!」 日本刀のあり得ない斬れ味に外国人が恐怖 今回ご紹介する映像は海外のエンジニアリング系のサイトが投稿したもので、 銃を使って、日本刀の切れ味をテストしています。 テストはシンプルで、ぶれることのないように装置で固定された銃で...

    +19

    -1

  • 198. 匿名 2018/04/15(日) 00:06:26 

    >>172
    戦において接近戦なんて
    もはや敗走側の最終殺戮段階だよ
    そんな時に使う兵器を自慢しても意味ねぇw

    鉄砲や大砲や弓矢と槍を充実させる方がずっと効率が良い

    +3

    -3

  • 199. 匿名 2018/04/15(日) 00:06:51 

    >>149
    文化大革命だっけ?
    あれは酷かったよね、、

    +37

    -0

  • 200. 匿名 2018/04/15(日) 00:08:43 

    >>196
    余興と実戦を同列に扱うってどうなのw

    +5

    -1

  • 201. 匿名 2018/04/15(日) 00:09:29 

    >>189
    明治維新は幕府側と維新側の対立みたいなイメージ強いけど、諸外国にせっつかれたりして開国しかない状況で、幕府もいわゆる維新側も、開国に向けて進めようとしてたんだよ。
    だけど、両者で方向性が違った。開国するには国のトップを決めて進めて行きたい。じゃないと強い外国に乗っ取られちゃう。徳川を存続させたい幕府側と天皇を立てようとする維新側。それの対立だよね。
    ただ単に不満を持った武士たちが暴れてたわけではないよ。中にはそんな人たちもいただろうけどトップのお偉いさん方はけしてテロリストではない。
    ただ、新政府が樹立し新しい国家が出来たあとで転覆を企てる人がいたらそれはテロリストだと思う。

    +81

    -5

  • 202. 匿名 2018/04/15(日) 00:11:51 

    >>197
    刀が銃弾を切る切れ味を示しても
    兵器として優れていることの証明にならないよ
    刀で銃弾が切れるなら
    青竜刀でも斬れるし
    中華包丁でも出来ると思うw

    +7

    -7

  • 203. 匿名 2018/04/15(日) 00:13:18 

    >>200
    殺傷能力があるか、全くなくてただの美術品かっていう話じゃないの?

    +4

    -5

  • 204. 匿名 2018/04/15(日) 00:13:28 

    >>199
    中国共産党の支配を強める為に過去の影響力ある遺跡まで徹底的に破壊したからね
    この前中国のネット上では日本人は三国志には尊敬の念を抱くが何故現代の中国を見下すのかと本気で討論してたんだって
    そりゃ自分達で自分の国の過去を見捨てて中共の従順な奴隷ばかりの今の中国人を評価するわけないよ
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +136

    -1

  • 205. 匿名 2018/04/15(日) 00:14:45 

    高橋是清は国費でアメリカ留学に行ったんだけど、ホストファミリーに騙されて、奴隷として売られて奴隷として働いてたこと。
    アメリカに着いたばかりの頃に、ホストファミリーにこの紙にサインしてって言われて、サインしたらその紙が奴隷契約書だったらしい。
    ホストファミリーが中国に行くときに、どさくさに紛れて日本に帰国したらしい。
    ちなみに、その時アメリカ留学に一緒に行ったのが勝海舟の息子。

    +153

    -2

  • 206. 匿名 2018/04/15(日) 00:16:25 

    聖徳太子=厩戸皇子
    がキリストだったって説
    キリストも馬小屋で生まれてるし、日本に来てた説も沢山あるから興味深いです

    +14

    -33

  • 207. 匿名 2018/04/15(日) 00:16:50 

    このトピは武器のトピなの?

    +14

    -3

  • 208. 匿名 2018/04/15(日) 00:17:08 

    松方コレクション所有のモネの絵がルーブル美術館で発見されたというニュースがあったね。
    松方幸次郎は 川崎造船所社長、今の川崎重工。松方幸次郎は海軍の依頼を受け 第一次大戦後のヨーロッパに向かい ドイツの潜水艦Uボートの設計部と技術者の獲得の依頼を受けていた。彼はカモフラージュとして 欧州の美術品を買い漁る 成金日本人のフリをして 欧州各地を駆け回り 設計図を手に入れると美術品を梱包材の新聞紙の中に潜水艦の設計図を隠して日本に持ち帰った。現在の潜水艦の川崎重工がある

    +61

    -0

  • 209. 匿名 2018/04/15(日) 00:17:30 

    >>205
    契約書はよく読まないとね、っていうのは昔から今も変わらないね。

    +138

    -0

  • 210. 匿名 2018/04/15(日) 00:17:58 

    >>206
    絶対違うよwww
    キリスト教は韓国由来とか言うのと一緒だよwww

    +102

    -3

  • 211. 匿名 2018/04/15(日) 00:20:03 

    >>207
    武器も歴史上の発明品ってことで。

    +5

    -0

  • 212. 匿名 2018/04/15(日) 00:21:44 

    >>153
    綺麗な絵だね。若い時は本当に絵が好きで純粋に絵描きになりたかったんだろうな、と感じるね。
    でも、そこから何かを感じ取るという絵画ではないと思う。絵葉書の風景画というか。

    画家になれなかった要因はそこかな、とも思う。

    +125

    -5

  • 213. 匿名 2018/04/15(日) 00:30:57 

    >>207
    というか、日本刀下げの人ががんばって連投してるんだね。

    +71

    -2

  • 214. 匿名 2018/04/15(日) 00:33:20 

    >>206
    聖徳太子は架空の人物ってことになったんじゃないんだっけ。

    +12

    -9

  • 215. 匿名 2018/04/15(日) 00:36:13 

    雑学と言えるかどうかは微妙ですが、アルプス一万尺は
    アメリカ独立戦争時
    (1775年~1783年)
    イギリスがアメリカを
    ディスる曲でした。
    でもアメリカ人はこの歌を好み
    反英的な替え歌を作ったそうです。

    +50

    -1

  • 216. 匿名 2018/04/15(日) 00:36:52 

    >>53
    ビーフシチューだった気がする

    +24

    -0

  • 217. 匿名 2018/04/15(日) 00:52:53 

    >>215
    日本のどっかの大学の登山部が作った曲かと思ってたわ。
    ウィキみてきたら、もとの歌詞の日本語訳がのってた。
    「マヌケなヤンキー(ヤンキードゥードゥル)が子馬に乗って町へ行った
    帽子に羽根を一本さすだけでイタリア仕込みの洒落男気取り
    ヤンキードゥードゥル その調子
    ヤンキードゥードゥル イカしてるね
    音楽にあわせてステップ踏めれば女の子たちだってイチコロだ!」

    そこまでディスってる感じしないね。そしてなぜか脳内でラップ調で再現されたwなんでだろう。
    ペリーが日本の浦賀に来たときに、音楽隊により上陸時の行進曲として演奏された、とも書いてあった。
    weblio辞書によると、
    「アメリカ合衆国の民謡で、独立戦争時の愛国歌である。1978年にはコネチカット州の州歌に採用された」
    とか。アメリカ人、この曲気に入り過ぎ。

    +49

    -3

  • 218. 匿名 2018/04/15(日) 01:06:19 

    >>1
    >>4
    芸能人が芸能界で成功するためにコリン星とか小さいオッサンとかいろんな設定考えてくるのと同じ
    社交界で成功するためのプロデュースが上手くて大成功したおもしろオジサン
    従者とか昔の知り合いとか全部仕込みのヤラセ

    ・・・というのが真相だったと言われている

    +52

    -0

  • 219. 匿名 2018/04/15(日) 01:10:44 

    >>189
    当時のイギリスの外交文書が公開されて「天皇を使った日本の統治」と書かれていたんだよね。

    +7

    -1

  • 220. 匿名 2018/04/15(日) 01:19:25 

    中国のラストエンペラー溥儀の最期の言葉は
    「チキンラーメンが食べたい」
    奥さんだった婉容の最期は悲惨だった
    アヘン中毒でのたうちまわり自分で用も足せず汚物まみれになりながら気が狂ったまま亡くなった
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +113

    -2

  • 221. 匿名 2018/04/15(日) 02:07:54 

    >>192
    ミミ(マリア・クリスティーナ)夫婦の養子になったのが
    甥のカール大公だよね

    +24

    -0

  • 222. 匿名 2018/04/15(日) 02:08:38 

    >>14
    ドレスがドーム型をしていて長いのもそこらへんでトイレ出来るためらしいね

    +62

    -1

  • 223. 匿名 2018/04/15(日) 02:19:08 

    >>210
    >>206
    生きてる時代が何百年も違うからね
    キリストの話が日本まで伝わって聖徳太子の逸話に組み込まれたんじゃないかな

    +28

    -0

  • 224. 匿名 2018/04/15(日) 02:51:39 

    >>129
    ウィキペディアの全部読みました
    すごく興味深かった
    こども時代を普通に過ごせず
    大人になってから
    たくさんの苦悩があっただろうと
    これも虐待なんだなと
    思い知りました
    興味深い投稿ありがとうございます

    +81

    -0

  • 225. 匿名 2018/04/15(日) 02:53:49 

    >>130
    それは思う
    全部は信じてない
    嘘や大袈裟な話も紛れてるかもと
    疑って読んでます

    +29

    -1

  • 226. 匿名 2018/04/15(日) 03:14:37 

    1840年に撮影されたこの写真
    前列左端の老婆がモーツァルトの未亡人コンスタンツェだという説があるけど
    反論もされていて真偽がはっきりしないからずっとモヤモヤしている

    +37

    -2

  • 227. 匿名 2018/04/15(日) 03:41:52 

    >>61
    写楽については阿波公お抱えの能役者斉藤十郎兵衛であると言う事がほぼ確定(お墓も見つかっている)しているよ、だいたい写楽が凄い芸術だ言い出したのは明治期に日本にやってきたフェノロサで作られた当時は誰も凄い芸術だなんて思っていなかったし今で言うと人気芸能人の写真集のようなものだったと思うよ。(当時歌麿が手鎖の刑を受けていて版元の蔦屋重三郎は新しい絵師を探していた)

    +26

    -0

  • 228. 匿名 2018/04/15(日) 03:48:20 

    >>222

    ハイヒールは。。。グチョってならないように

    +19

    -2

  • 229. 匿名 2018/04/15(日) 07:56:21 

    >>150
    ありなっちの前世?

    +10

    -2

  • 230. 匿名 2018/04/15(日) 08:34:32 

    雑学というより当たり前のことだけどイスラム教以上にクソなのがキリスト教。キリスト教はとにかく時代を暗黒にすることしかしてない。それから世界史的に見ればイエスなんて小物中の小物。ルネサンスなんかを勉強すればよく分かる。

    +54

    -1

  • 231. 匿名 2018/04/15(日) 08:45:48 

    キリスト教の布教に来たフランシスコ ザビエル 日本について、同性愛(男色)が普通にある事や、日本人の頭の良さや勤勉なところを、故国への手紙に書いている。日本で同性愛や一夫多妻がタブーになったのは、キリスト教の影響。

    +74

    -1

  • 232. 匿名 2018/04/15(日) 08:53:30 

    >>198
    だからなんでいくさだけを想定するかな。
    武器を使うのはいくさだけじゃない。
    「いくさでは」槍が向いていても、建物の中で槍を振り回せるかと言う話。
    槍が万能なら武士は常に槍を持っていればよかったことになる。
    それぞれ向き不向きがある。

    +6

    -0

  • 233. 匿名 2018/04/15(日) 08:54:56 

    >>57
    来客があったときでさえ北斎も娘もお茶いれなかったんだよね
    隣に住んでた子供を読んでお茶いれさせたとか

    +13

    -0

  • 234. 匿名 2018/04/15(日) 08:55:22 

    >>219
    第二次大戦後もまったく同じ

    +5

    -0

  • 235. 匿名 2018/04/15(日) 09:05:36 

    >>213
    横だけど、
    宮崎駿がもののけ姫作った時のインタビューで
    「日本刀って実はすぐ刃こぼれするし本当は大した殺傷能力ないんですけどねぇ」って言ってたから当時の技術の日本刀はそうだったんじゃない?
    私はハリウッドとか逆にニンジャと日本刀に夢抱きすぎだと思うわ

    +29

    -3

  • 236. 匿名 2018/04/15(日) 09:09:27 

    >>210
    そんなに単純な話じゃない。

    神道には景教(キリスト教の一派)の影響が入っているという説がある。
    景教の渡来人が日本にいたから十分にありうる。
    朝鮮系ともいわれる蘇我氏の力が大きくなり、仏教化せざるをえなくなったとき、
    景教の説話をあちこちに残すことで、景教の精神をのこそうとした。
    それで、聖徳太子にまつわる話のなかにも景教の話をからめたのかもしれない。
    それを後世の人が「話がにてるから聖徳太子がキリスト?」と勘違いした感じ。
    日本には仏教でありながらキリスト教的な宗派がいくつもある。
    ザビエルが日本にきたときに「日本人はキリスト教的だ」と驚いた話もある。

    +22

    -2

  • 237. 匿名 2018/04/15(日) 09:11:44 

    185
    司令官❌
    司令長官⭕️

    +1

    -0

  • 238. 匿名 2018/04/15(日) 09:13:59 

    ピカソの孫娘はおじいちゃんが大嫌いだった。
    自分をモデルにした絵がなかったから、作品を捨てまくったらしい。

    +45

    -0

  • 239. 匿名 2018/04/15(日) 09:15:06 

    あと、西洋経由のキリスト教と、東洋経由の景教はかなり違っていて、前者は論争や戦争が起こりやすい。
    あれこれ改ざんされたり曲解されたりで、西洋風になってる。

    +8

    -0

  • 240. 匿名 2018/04/15(日) 09:16:11 

    >>235
    夢抱きすぎってどこから読み取れるの?

    +2

    -0

  • 241. 匿名 2018/04/15(日) 09:23:24 

    >>235
    ハリウッドの忍者は日本の時代劇に出てくる忍者をデフォルメしたもので忍者じゃないよね。
    てか、あのユニフォームは忍者として失格だよwスパイなんだから七変化しないとw

    +15

    -0

  • 242. 匿名 2018/04/15(日) 09:34:29 

    「刀が万能でないことくらいだれでもわかってる」ということがわからない人による連投。

    みっともない。

    +23

    -0

  • 243. 匿名 2018/04/15(日) 09:46:33 

    良く美化されがちな十字軍だけど、
    実際は貴族のボンボン達の物見遊山で、
    行く先々でボンボン達が集団でレイプ、集団で逆殺、集団で略奪三昧だった。

    +88

    -0

  • 244. 匿名 2018/04/15(日) 10:11:07 

    >>235
    日本刀は刃こぼれ、脂巻きで、すぐに切れなくなる、と聞きますが、それは、その刀のできの良し悪しと扱う人物の技量によります。水準以上の刀を充分訓練した者が使えば、そんなことはありません。
    日本刀は、扱うのに相当な修練が必要で、素人に扱えるものではありません。また、刀各々で良し悪しに差があります。

    司馬遼太郎氏が作中で「2、3人斬ったら、脂が巻いて切れなくなる」と書いたため、それが真実だと誤解している人が多いようです。司馬氏の作品では、達人が大業物を使っても、3人くらいで切れなくなります。そんな馬鹿な話はありません。

    身近な例をあげれば、包丁も脂が巻いて切れなくなりますが、職人が使うような超高級な包丁なら脂巻き、刃こぼれはありません。とんでもない値段の包丁が存在しますよね?あれの存在理由はそこにあります。切れ味に関しては刀も同じことが言えますよ。

    勿論、なまくら刀を持った剣術下手の侍もたくさんいたでしょうから、2、3回斬っただけで刀を駄目にしてしまう輩もいたでしょう。

    また、大戦中の軍刀の記憶が新しいため、日本刀は切れない、と過った見解が広まっているようです。機械打ち大量生産の軍刀は、当時から評判が悪く、代わりに伝家の刀を持って行った方が多いです。当然ですね。機械生産の刀が切れるわけありません。

    現代の達人が現代刀を用いても兜割りができるくらいです。昔の達人が業物を使えば、刃こぼれなど起こしませんよ。また、フジテレビの「トリビアの泉」内の実験で、安い現代刀が機関銃の弾を数発、両断してました。刃こぼれしてましたが、あの機関銃は装甲車やヘリを攻撃するもので対人兵器ではありません。初めから日本刀が折れるのが目に見えた実験です。この事実から、良作の刀なら人間を何人も斬れる、と想像がつきますね。

    このような日本刀の切れ味の話は、学研の日本刀に関する書籍に詳しく書かれています。

     ********

    以上、知恵袋のベストアンサーからの引用でした。長くてすいません。

    また、それと別に「私自身が約10年間で80振り(80種類)近い日本刀で実際に斬って来た経験と、戦時中に実際に人を斬った方や逆に斬られた方等とぶっちゃけトークを重ねて来た内容を元に」書かれたベストアンサーも、説得力ありましたよ。
    実際の刀による斬り合いは…実際はどうだったのでしょうか?①切れ味に... - Yahoo!知恵袋
    実際の刀による斬り合いは…実際はどうだったのでしょうか?①切れ味に... - Yahoo!知恵袋detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

    実際の刀による斬り合いは…実際はどうだったのでしょうか?①切れ味について②殺傷能力について③刀の強度について ①は人によって「脂が巻くから1刀目から直ぐに切れなくなる」とか「刃こぼれして切れなくなる」とか色々な意...


    +43

    -0

  • 245. 匿名 2018/04/15(日) 10:20:23 

    >>125
    カスパー・ハウザーは、私も興味があって二冊くらい本を読んだことがある。そんな映画があるとは知らなかったので見てみたい!

    長いこと暗い所に監禁されていたとしか考えられない、特殊な感覚や体質を持っていた。
    保護された時に調べたら、当時は超上流階級くらいしか受けない、種痘(予防接種)の跡があった。
    また、教育をして見たら、礼儀やピアノ、ラテン語、乗馬などの上流向き教養を、驚くほど素早く習得し、教育者が前にも一度習ったことがあるようだと感じている。

    ただの監禁されて育った被害者としてはちょっと奇妙な点が多いので、今でも法学部出身者なら知っているフォイエルバッハとかの当時の知識人や、一般の人々の興味を引いて有名になったんだよね。

    ペテン師とも怪しまれたけど、バーデン大公国の世継ぎなのではないかと言う推測もある。広場に現れてから一年くらいで暗殺未遂があり、さらに四年くらいの後暗殺されている。

    +35

    -0

  • 246. 匿名 2018/04/15(日) 10:30:52  ID:qbEbekMgrR 

    >>150

    だからか!
    アンデルセンの物語は必ず主人公じゃなくて脇役にかっさられるよね!

    +14

    -0

  • 247. 匿名 2018/04/15(日) 10:38:28 

    電話を発明したグラハム・ベルは、自分の発明により耳が悪かった自分の母親と自分の妻が情報収集の格差を生み出したことに心を痛め、残りの人生を聞こえない人のための基金を設立して、発明により得た莫大な財産のほとんどをつぎ込んだ。
    のちに、「見えない」「聞こえない」「話せない」の三重苦で有名なヘレン・ケラーの今後の教育を相談されたベルは、ヘレン・ケラーにアン・サリバンを紹介した。

    音の強さを電気的に解明し、数字で表現したのもベルと言われている。
    音の強さ(大きさ)は、デシ《ベル》で表現されている

    +63

    -0

  • 248. 匿名 2018/04/15(日) 10:46:36 

    天皇家の隠し資産16京円説
    日清日露戦争の賠償金 領土からふんだくった金
    終戦前にスイスやアルゼンチンに隠した
    香淳皇后名義で赤十字に寄付扱いにしたり
    今でも日本赤十字の名誉総裁は美智子皇后

    ホンマの世界一金持ちは英国か日本の王室
    宝石や絵画でも値段のつかんモノがある

    +5

    -16

  • 249. 匿名 2018/04/15(日) 10:50:15 

    >>192
    そのマリア=テレジアの長女マリア・アンナは確か生まれつき脊椎が湾曲している障害(くる病)を持っていた為に、生涯ずっと幽閉されて暮らしていたんですよね。民衆からは「せむしの王女」と呼ばれていたらしい。
    障害者だったために、ハプスブルク家の子女のミッションである政略結婚には参加出来ず、親族、特に母親のマリア=テレジアからは「最初からいなかった事」にされていた。
    そんな彼女はフリーメイソンに傾倒したり、自身の拠り所を求め続ける一生を送ったが、大変慈悲深く信仰心の篤い性格だったようで民衆からはとても慕われていたらしいです。
    アンナはフランス革命が勃発した年、不遇の死を遂げた妹・アントワネットの為に祈りを捧げる中眠るように亡くなった。
    アンナが亡くなった時には彼女の死を多くの人々が悲しみ、その死を惜しんだそう。
    墓碑には彼女自身の希望により「罪深き女、ここに眠る」との自虐めいた一節がラテン語で刻まれている。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +48

    -0

  • 250. 匿名 2018/04/15(日) 10:54:31 

    >>247
    デシベルのベルは、グラハム・ベルのベルだったのか。無意識に使ってたけど、「へえ」ボタン連打だわ(古いか)。

    +51

    -1

  • 251. 匿名 2018/04/15(日) 10:58:56 

    ガンホーというゲーム会社があるけど、
    ガンホーとは、米軍が難航した硫黄島をついに制圧した時に、星条旗の前で銃を掲げて撮った写真のポーズのこと。
    日本に対するネガティブなメッセージを感じる社名です。

    +111

    -5

  • 252. 匿名 2018/04/15(日) 11:28:48 

    >>238もったいねえ!

    +17

    -1

  • 253. 匿名 2018/04/15(日) 12:21:41 

    インディアンの虐殺のされ方がえげつない
    装飾のアクセサリーは高値で売れるから転がっている遺体は耳、手がもぎ取られてたり、子供を見せて殺さないでとアピールしたお母さんは目の前で、子供が銃殺され、犯されて銃殺。村人を守ろうと、不当な契約(ほぼ奴隷)を結んでしまった村長等、アメリカが嫌いなわけじゃないけど、ヨーロッパとか大陸のやり方って、そういう人たちなのよ。日本とは全然違う。

    +173

    -2

  • 254. 匿名 2018/04/15(日) 12:31:22 

    源頼朝って北条政子と結婚する前に前妻がいたって知ってる?

    しかし当時流罪人(父が謀反おこしたため)だったので、子供までいたにも関わらず、前妻の父(豪族)が無理矢理別れさせたとか

    もし別れてなかったら、その前妻が将軍の妻になって子供も長生きして子孫に恵まれて鎌倉幕府も長く続いてたのかもしれん

    +23

    -1

  • 255. 匿名 2018/04/15(日) 13:46:47 

    >>253
    アメリカ大陸に山師の様に蹂躙したイギリス人達は
    基本、犯す、盗む、殺すだから酷いよね。
    モラルなんてあったもんじゃないよ。

    そりゃーアメリカ先住民が怒って反逆するわなと思う様な事例ばかり。

    +115

    -1

  • 256. 匿名 2018/04/15(日) 13:50:07 

    >>254
    源頼朝は前妻はいないよ
    京のたしなみがあった頼朝はモテモテで
    単に地元の豪族の娘を片っ端から口説いて
    中には妊娠しちゃった姫もいたというだけ

    政子は気が強く行動派だったので
    親が決めた許婚の男性をふって
    押しかけ女房になってガッチリ手綱を握った

    +44

    -0

  • 257. 匿名 2018/04/15(日) 14:00:05 

    ヒトラーの雑でキモいはなしはいらん。

    +0

    -9

  • 258. 匿名 2018/04/15(日) 14:11:31 

    >>153
    カラー写真と白黒写真の、意図がよくわからないコラージュ作品のように見えます。
    美しいかな?


    +0

    -1

  • 259. 匿名 2018/04/15(日) 14:33:58 

    >>243
    西洋人の歴史ってそんなのばっかり

    +60

    -1

  • 260. 匿名 2018/04/15(日) 14:37:08 

    >>181
    イギリスの小説とか読んでいると、疎開の話が出てくることがある。
    集団学童疎開もあった。
    「暗い夜の記憶」とか「おやすみなさいトムさん」とか、学童疎開でロンドンからやってきた中に身元不明で、空襲のPTSDなのか記憶喪失の子供がいて、村の子供のない夫婦に引き取られるが…というようなミステリーもある。

    ビートルズなどあの時代のミュージシャンたちは、空襲の焼け跡で遊んだ話をしていたり。


    +16

    -0

  • 261. 匿名 2018/04/15(日) 14:37:36 

    >>253
    白人がやってきたことって別格でえげつないよね
    やってきたことに特に何か謝罪なりしてきたこともないし
    なのに今は平和と正義を教える様なスタンスでそれが当たり前なのが驚く
    自分達の白人同士の戦争の歴史は勉強するんだけどそれ以外は意外と勉強しないらしいね

    +128

    -0

  • 262. 匿名 2018/04/15(日) 14:37:45 

    >>254
    頼朝「政子、お前は運が良い」。
    政子「頼朝、お前は運が良い」。

    +13

    -0

  • 263. 匿名 2018/04/15(日) 14:40:54 

    >>253
    でもそのソースも誰が書いてるのかよく分からないでしょ。
    朝鮮人や中国人が書いてたりすると信憑性が一気に無くなるし。

    +1

    -15

  • 264. 匿名 2018/04/15(日) 14:41:16 

    ショパンはハリポタのスネイプ先生みたいだわw

    ナチスの宣伝大臣ヨーゼフ ゲッベルスの子供たちもかわいいですよ
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +27

    -1

  • 265. 匿名 2018/04/15(日) 14:46:42 

    >>263
    何言ってんの…?
    中高生向けの世界史の教科書でいいから読んでみたら

    +15

    -0

  • 266. 匿名 2018/04/15(日) 14:50:06 

    >>264
    よく見るとそうかな?と思う。

    +2

    -0

  • 267. 匿名 2018/04/15(日) 14:52:18 

    >>103
    寝ているナポレオンの鼻のところに臭いチーズ(名前忘れた)を持っていったら『今夜は勘弁してくれ、ジョセフィーヌ』と言ったんだよね笑

    +25

    -1

  • 268. 匿名 2018/04/15(日) 14:54:32 

    >>253
    確かハワイも白人達に侵略された歴史があるよね。

    一大プラントを築くドールもそういった侵略者の末裔だと聞いた。

    +58

    -2

  • 269. 匿名 2018/04/15(日) 14:56:10 

    >>263
    無知な上にきめつけがひどい。

    「サンドクリークの虐殺」wikipedia
    "サンドクリークの虐殺は、1864年11月29日にアメリカのコロラド地方で、米軍が無抵抗のシャイアン族とアラパホー族インディアンの村に対して行った、無差別虐殺。"

    とか見てみて。

    詳しい内容が書かれてるから。

    +29

    -1

  • 270. 匿名 2018/04/15(日) 14:58:20 

    >>2
    日本の教科書は客観的でほぼ正しく作成されてる
    韓国の歴史書はファンタジーだって欧米の歴史研究者が言ってたなぁ

    +97

    -3

  • 271. 匿名 2018/04/15(日) 15:01:07 

    >>137
    もうすぐ帰国します→まだ留学が長引きそうですを繰り返して相手の親が婚約破棄するまでお金を貰い続けてたんだよね

    +7

    -0

  • 272. 匿名 2018/04/15(日) 15:07:53 

    キーラ・ナイトレイの「つぐない」という映画で、ロンドン空襲のシーンがあったよ。
    地下鉄が発達していたからそこに避難する人々も多かったみたいだが、水道管が破壊されて溺れ死にする場面があったよ。
    ロンドン市内の地下鉄は駅によってはめちゃくちゃ深い所を掘ってるからね。

    +22

    -0

  • 273. 匿名 2018/04/15(日) 15:09:17 

    >>263
    英語版のwikipediaの「インディアン大量虐殺の記録」
    残っているものだけだから、これでもかなり少ないはず。
    List of Indian massacres - Wikipedia
    List of Indian massacres - Wikipediaen.wikipedia.org

    List of Indian massacres - WikipediaList of Indian massacresFrom Wikipedia, the free encyclopediaJump to:navigation, searchNot to be confused with Massacres in India.This is a dynamic list and may never be able to satisfy particular standards for ...


    これ見ても、中国人や朝鮮人が捏造したと思うのかな?

    +44

    -1

  • 274. 匿名 2018/04/15(日) 15:09:52 

    >>164
    恋人だったエヴァブラウンにもこの日はこの辺りに近付かないようにと教えてたらしいね。

    +4

    -0

  • 275. 匿名 2018/04/15(日) 15:10:21 

    >>270
    日本の教科書は中立的な立場でまだかかれてるらしいね
    意外と西洋圏が西洋中心にしか勉強しなくてアジア圏などの歴史に無知
    それを歴史って言ってるからこちらには知っていることを当然の様に求めてくるという…
    何か違和感やバランスの悪さを感じていたんだけどあちらが求める常識自体が西洋の文化であることが多くこちらの文化に無知なことが最近わかった

    +46

    -1

  • 276. 匿名 2018/04/15(日) 15:16:18 

    ドイツはオリンピックの聖火リレーのルートを第二次世界大戦の侵攻に利用した。

    +8

    -0

  • 277. 匿名 2018/04/15(日) 15:21:35 

    >>269
    米軍側の公式記録として残ってるの?

    +4

    -0

  • 278. 匿名 2018/04/15(日) 15:26:13 

    インディアン、またの名をネイティブアメリカンの歴史は悲惨だよね。
    アメリカに行く機会があったらぜひ、インディアン居留区に行ってみて。
    白人たちは、住みやすい豊かな土地を奪い、貧しく住みにくい土地にインディアンたちを押し込んだんだよね。

    +91

    -0

  • 279. 匿名 2018/04/15(日) 15:35:09 

    >>277
    自分で調べたら?

    +2

    -1

  • 280. 匿名 2018/04/15(日) 15:45:01 

    >>261
    一般白人は良い人も当然いるけど、白人国家の政府声明として「正義のため」とか言い出すと、はなはだ怪しいよね。今度のシリアの件といい…。

    +66

    -0

  • 281. 匿名 2018/04/15(日) 16:10:32 

    日本の戦国時代はその先に全国平定 、その後江戸時代は200年も続き、飢饉や自然災害という仕方ない事はあったにしろ、大きな戦はなかった。(村一揆とかはあったと思うけど)だから自分達の将来のために戦った日本人と、侵略をしてくる外国人では価値観は違うよね。どっちかっていうと日本人はインディアンの考えに近く、侵略や奪い合いの文化は持ってないし、発想もない。

    +30

    -1

  • 282. 匿名 2018/04/15(日) 16:11:04 

    >>14

    家の窓から汚物を捨てるからだよ
    道端が汚物で溢れてたのは

    +4

    -0

  • 283. 匿名 2018/04/15(日) 16:11:58 

    >>280
    アメリカは真っ黒だね
    大統領が武器で儲けてるから定期的に戦争起こしたがる
    ブッシュの時もそう
    中東の宗教戦争の分断はイギリスのせいだし
    やり方が想像つかないぐらい悪どくて怖い

    +61

    -0

  • 284. 匿名 2018/04/15(日) 16:12:09 

    >>280
    他国に内政干渉し爆撃していい理由なんてないよね。
    しかも英米仏で徒党を組んで。

    アラブの春から続く中東侵略の一環だと思う。

    +16

    -0

  • 285. 匿名 2018/04/15(日) 16:16:56 

    今回のシリアも難癖つけて、ミサイルを使ってみたい(実験)、武器余ってる、儲けたいのどれかでしょ。明治維新だって、アメリカの南北戦争で余った武器を売りたいが為に日本がターゲットになっただけ。大政奉還が思いのほか早く実現したから、武器売れないじゃん、何やってんだオマエ!!って殺されたのがユダヤ人グラバーの部下の龍馬っていう説もあるしね。

    +42

    -0

  • 286. 匿名 2018/04/15(日) 16:18:11 

    >>281
    戦国時代にしても、渡来系の支配者が自分たちのあらそいに、日本原住民系の人(俘囚)を使って戦わせたのが始まりだから、つまり外国人が原因で始まってる。

    縄文時代は人殺しの形跡さえない。

    +9

    -0

  • 287. 匿名 2018/04/15(日) 16:26:48 

    インディアンは、日本人のことをインディアンの一種だろう、と考えてる。
    見た目もにてるから。テレビだけど実際に言ってるところを見た。

    インディアンを大量殺戮してなんとも思わなかったアメリカ白人が、日本人のことを「インディアンの近種」とという感覚で見ていたのは容易に想像がつく。

    でなければ、空襲による民間人大量殺戮なんてしなかったと思う。
    戦局に関係ない民間人を殺す必要なんてないから。

    +75

    -2

  • 288. 匿名 2018/04/15(日) 16:26:55 

    韓国についての歴史語ると国中が狂ったクレーマーになって本当に厄介だしね
    カルチャライズとMicrosoftが韓国のために歴史を書き換えた理由 - 4Gamer.net
    カルチャライズとMicrosoftが韓国のために歴史を書き換えた理由 - 4Gamer.netwww.4gamer.net

    [GamesIndustry.biz]ゲームのカルチャライズ専門企業で10年以上のキャリアを持つKateEdwards女史は,どうして「AgeofEmpires」の韓国版で歴史を書き換えなければならな…

    +21

    -1

  • 289. 匿名 2018/04/15(日) 16:28:34 

    >>74

    実験したのは本当だよ

    日本の医師で情報共有をさせてもらえず、治療も最低限で観察されてた

    これ日本政府も了承してた、というか敗戦して従うしかなくアメリカ主導で被爆者の経過観察実験してた

    ドキュメンタリーで昔見たし、医師か治療行為をさせて貰えず酷い扱いだった様子は本当に見るに絶えないと思ったよ

    現在は身内に原爆被害者がいると結婚に差し支えあるからって申請してない人もいるし差別に繋がってる

    +35

    -2

  • 290. 匿名 2018/04/15(日) 16:29:59 

    >>264
    なんとなく合成写真みたいだねw

    +5

    -0

  • 291. 匿名 2018/04/15(日) 16:30:46 

    >>79

    沖田だって言われたブサ写真、あれは沖田ではない

    沖田らしいとされてる写真は、精悍な顔付きの好青年だよ

    +17

    -0

  • 292. 匿名 2018/04/15(日) 16:32:58 

    血液型差別を作ったのはヒトラー

    +0

    -1

  • 293. 匿名 2018/04/15(日) 16:33:06 

    >>281
    >>侵略や奪い合いの文化は持ってないし、発想もない。
    そうか?秀吉の時代とか朝鮮出兵ってのはあったね。
    戦国時代も領地の奪い合い、権力とりあいだったから。

    >>283
    >>285
    中韓の反日政策と同じで、正義名目の攻撃をすることで国内の目をそらそうという狙いもあるんよ。
    トランプは選挙がせまってて、ロシア疑惑とかもあり、イギリスはイギリスでメイ首相の人気が落ちてて焦ってるし、っていう事情もありそうだね。イギリスの元スパイ親子がロシアに暗殺未遂されたっていうのも、タイミングよすぎて、しかもやり損ねて死ななかったというのも、怪しさぷんぷん。
    サリンだって、マッチポンプなんじゃないかって言ってる人、redditの外国人たちにもいたし。
    イラク戦争のときも、大統領の人気が落ちててって状況じゃなかったっけ。大量破壊兵器うんぬんが大義名分だったけど、そんなのみつからなかったし。そもそも太平洋戦争もアメリカの策略で日本が戦争起こすように仕向けられたっていうし。

    でもね、トランプ信者って日本にもいるんだよね、どうかしてるよ。

    +2

    -7

  • 294. 匿名 2018/04/15(日) 16:36:30 

    >>293
    >>>侵略や奪い合いの文化は持ってないし、発想もない。
    >そうか?秀吉の時代とか朝鮮出兵ってのはあったね。
    >戦国時代も領地の奪い合い、権力とりあいだったから。

    横からだけど、それは歴史がまだよくわかってない。
    >>286読んで見て。

    +6

    -0

  • 295. 匿名 2018/04/15(日) 16:37:41 

    >>292
    ヨーロッパ人はA型が多いから、A型が優等で他は劣等みたいなやつね

    +0

    -6

  • 296. 匿名 2018/04/15(日) 16:38:05 

    雑学ではないから申し訳ないんだけど。

    東京でマリーアントワネット展に行った時にマリーアントワネットが牢獄に閉じ込められて生活してた時に着てたガーゼでできたワンピース風の白い肌着と、最期に断頭台に上がる直前まで履いてた靴を見ました。

    肌着も小さめだったんですけど靴が凄く小さいサイズでびっくりしました、小学高学年くらいの女の子のサイズみたいで…昔の人だから身体は小さめだったんですかね。

    汚れとか色も褪せちゃったりしてるんでしょうけど、なんかとても切ないですよね。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +69

    -1

  • 297. 匿名 2018/04/15(日) 16:38:49 

    296です。
    肌着の画像もありました
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +57

    -0

  • 298. 匿名 2018/04/15(日) 16:39:04 

    >>288
    最終的に,制作チームはシナリオの該当部分だけ変更を加えて別バージョンを作り,韓国のみでリリースすることにした。韓国版では,李氏朝鮮が日本を侵略したことになっている。これは史実ではないが韓国国家情報院を鎮めるに至った。

    映画やドラマや朝日新聞の捏造記事が史実の国相手の商売を心得てるな(笑)

    +4

    -0

  • 299. 匿名 2018/04/15(日) 16:39:10 

    >>287
    インディアンは大自然が神だと思ってるから
    日本人の感覚と似てるかも

    +91

    -0

  • 300. 匿名 2018/04/15(日) 16:39:48 

    >>183
    女優の高峰秀子は太宰治の愛読書だったが、実際に会食したときの印象は「ドブから這い上がった野良犬のように貧弱」というものだった。

    なんのための会食かと言えば、高峰秀子を主演にする映画のもとになる連載小説を太宰治が書く。連載が完結したら映画を撮る~という打ち合わせだった。
    だから遺作となった「グッドバイ」は高峰秀子を意識した作品。
    だが連載途中で太宰治が心中して未完になった。
    それでも映画は作られ、主人公のプレイボーイは森雅之、相手役は高峰秀子。ふたりの掛け合いの部分(太宰が書いている部分)は非常に面白いんだけど、結末と伏線は映画会社が勝手に作ったので結果として駄作になってしまった。


    +18

    -1

  • 301. 匿名 2018/04/15(日) 16:40:57 

    >>294
    >>286は推測の域を超えてないんでしょ?

    +3

    -3

  • 302. 匿名 2018/04/15(日) 16:43:57 

    愛新覚羅溥傑(あいしんかくらふけつ)さんは、兄の愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ=ラストエンペラー)の弟さん
    もとは策略や色々な思惑のもとながら日本での生活も長く親日家、政略結婚ながらも愛妻家
    博識で真摯、温和
    でも時が時の為に本当に翻弄された、お嬢さんのお1人も哀しい最期遂げられている
    一家が日本から離れる事となった後は更に本当に大変で、一家離散状態、ご本人は軟禁状態
    先に日本に命からがら逃げらた他のご家族に届くともわからない手紙を書き続ける程のご家族想い
    時が経ち再会、それでも翻弄されながらもご夫妻仲睦まじく過ごされた
    お国柄は違うものの、本当に人格者で優秀だったそう
    奥さまは「流転の王妃」としても知られている方

    +51

    -1

  • 303. 匿名 2018/04/15(日) 16:44:11 

    >>264
    可愛いけど、全員両親であるゲッベルス夫妻に殺害(夫妻は我が子を殺めた後に自決。)されてる時点で、単なる第三帝国のプロパガンダの道具としての存在価値のみだった時点で切ないです。
    ちなみに子供達のイニシャルが全員【H】で、これはヒトラーの「H」から取ったものではないかとの逸説もあり。

    +29

    -0

  • 304. 匿名 2018/04/15(日) 16:44:47 

    >>301
    自分で調べて。
    私が何言っても信じないようだし。

    +13

    -3

  • 305. 匿名 2018/04/15(日) 16:45:36 

    無知の上に自分で調べもせず批判だけはする、最低だと思うよ。

    +29

    -1

  • 306. 匿名 2018/04/15(日) 16:46:11 

    >>295
    横だが、ヒトラーがA型でユダヤ系がB型が多かったからB型を嫌ってたらしいな

    +8

    -1

  • 307. 匿名 2018/04/15(日) 16:50:40 

    日本が鎖国から開国して僅か半世紀で西洋最先端の技術をモノにしたのは好奇心旺盛な国民性と言われてるね
    歴史もそう。日本人にとって忘れたい辛い歴史にも客観的に向き合って研究し後々に生かそうとしてる

    こうだったはずと結果ありきで主張してくる民族は相手するだけ時間と労力の無駄だよ

    +34

    -2

  • 308. 匿名 2018/04/15(日) 16:52:00 

    >>306
    実際、ナチスはA型しか幹部になれなかったらしいですよ。ヒトラー以下全員幹部はA型のみで、純血アーリア人の優秀な血であると言う自説も強調されていた。
    しかし、我が国における血液型性格診断みたいのは、何処かの放送作家のジジイが適当にデッチあげた俗説まみれのネタと言うイメージが強いですね。

    +21

    -0

  • 309. 匿名 2018/04/15(日) 16:54:00 

    >>286
    ヒトゴロシがなかった証拠はないよ。対人間の武器と見られるものが、今の時点まででは出土してないとは言われているけど。

    狩猟採集時代と、稲作メインになってからのあたりでは、気候の変動もあったという話もある。気候がよく人数も少なく、取れる食料も足りていたころと、稲作で食料が増えたゆえに人口も増え、稲作に適した土地は限られるので奪い合いになり…というような気候的、環境的変動によって、争いが増えて行ったという見方もできるよ。
    また、稲作をするために開墾した森や林は、二度ともとの姿には戻らない。森や林はどんどん、不可逆的に消えて行った。稲作だけじゃなく小麦もそうで、これは世界的にだけど、農耕をはじめた人類はもう狩猟採集スタイルに戻ることはできなかった、という学者さんの説もあり。

    ということで、何を元に断言してらっしゃるのか知らないけど、まだ戦争と民族や遺伝との関連付けは科学的実証ができないのでは? もしソースがあって、私が知らないだけなら、教えて。

    +6

    -6

  • 310. 匿名 2018/04/15(日) 16:56:23 

    >>182

    古文や漢文にもあり、先生に習った事だけど

    同じ刀で研がずに5人切れたら、それは凄い名刀
    だから何人切った、何人倒したって話に上がるのはそれだけの名刀を持ってたって事と名刀を持つだけの技術的にも優れた武人だって事を表してる

    日本刀で連続で4人以上切れたら名刀になるってさ
    技術的に扱いが難しいのもあるけど、戦で大多数向けの武器じゃないんだから、戦場で刀が役に立たないだのっていうのはナンセンスだと思う

    +9

    -0

  • 311. 匿名 2018/04/15(日) 17:01:22 

    >>299
    一神教ができるまでは、ヨーロッパでも自然崇拝のアニミズムメインだったんだよね。
    最近はなんかそういうのに回帰しようとか言いだしてる白人の書き込みをたまに見かける。
    いいことだね。自然崇拝は、身の程を知り、感謝を忘れない、という部分があるから。

    +44

    -1

  • 312. 匿名 2018/04/15(日) 17:01:25 

    >>149
    東条英機が6番目ってどういう計算よ?
    トゥルーマンの方が多いだろうよ!

    +7

    -0

  • 313. 匿名 2018/04/15(日) 17:03:38 

    新選組の中でも比較的人気度も知名度も高い、斎藤一
    一匹狼的だとか、粗暴だとか、謎も多い人物ながらも、散々「人斬り」として剣の達人としても名を馳せ恐れられた
    それにも関わらず、明治に入ったら警察官
    かなりの長生き
    今とは概念も違うものの、ぱっと聞くと人斬りが警官というのも不思議だし、ぼくとつとしたイメージながらも自らの地位はいつもきちんと成り立たせているから、実は意外と戦略家なのかとも思うし、人の懐に入るのも上手い世渡り上手で、頭も切れる人だったのかと思う
    凄腕の人斬りとされる程の猛者だから、カンの鋭さや先見の明はあったとの想像は出来る

    +30

    -1

  • 314. 匿名 2018/04/15(日) 17:05:36 

    >>304
    私は309を書いたものだけど、無知で調べないとは、はなはだ遺憾w
    現状で分かっている事実と、推測と、希望や勝手な想像を、ごちゃまぜにするのは、科学的思考とは言えない。感情をできるだけ排して、事実と可能性に分けて話をしませんか?

    +3

    -6

  • 315. 匿名 2018/04/15(日) 17:05:46 

    >>281
    豊臣秀吉の朝鮮出兵を侵略と捉えず何と捉えるの?
    日本に侵略がなかったと言うのは美化しすぎでしょう
    都の人間より田舎出身の方が成り上がり根性&権力に執着する典型例じゃない?

    +10

    -2

  • 316. 匿名 2018/04/15(日) 17:08:34 

    >>315だけど、これまでのやりとり知らなくて横から書き込んじゃった

    討論するのは構わないけど、自分の主張が正しいと押し付けるのはどうかね?
    歴史の味方なんて人それぞれよ

    +9

    -1

  • 317. 匿名 2018/04/15(日) 17:09:39 

    >>243

    ヨハネパウロ二世が十字軍は侵略で間違いだったと、歴史的なコメントしたよね

    当時中東の方が文化的にも経済的にもかなり発達していて、十字軍は蛮族の侵略みたいなものだった

    それを聖戦みたいに伝えられて来たんだから、たまらないよね

    +26

    -0

  • 318. 匿名 2018/04/15(日) 17:12:04 

    良く、世が世ならお殿様、お姫様、そういう事を言われるけれど
    徳川の世は、徳川慶喜(一橋慶喜)で終わり、明治の新たな世となり、終わったけれど、今も脈々と受け継がれています
    名古屋に徳川家の秘蔵品が展示されている「徳川美術館」という所がありますが、そこの館長さん方は代々、徳川のご子孫の方々だったと思います
    歴史って、知らぬ所で続いているのだなと、凄いなと思います
    展示品も素晴らしいし、庭園も素敵な所です

    +41

    -0

  • 319. 匿名 2018/04/15(日) 17:14:09 

    >>204

    今の中国は昔の中国にあった文化を全く継承してない
    自ら続いた文化を捨てたよね

    唐の文化は日本に
    清の文化は朝鮮に
    中華人民共和国は全て捨ててしまったので、満州族の民族衣装を今は中国の民族衣装と言ってる

    チーパオは満州族独自の衣装なんだよね

    +38

    -0

  • 320. 匿名 2018/04/15(日) 17:14:35 

    >>309
    縄文時代は既に農耕が行われており
    ブナの実等を採るためにブナの木の植林や実の生る木の植林も行われていましたよ

    +6

    -0

  • 321. 匿名 2018/04/15(日) 17:14:41 

    >>251
    ガンホーはソフトバンク孫氏の弟さんが社長だからね
    そら日本嫌いだわ

    +69

    -0

  • 322. 匿名 2018/04/15(日) 17:15:11 

    >>311
    有名なのは北欧とかだけど他の国々も実はたくさんあるよね。
    小さい時絵本や童話が好きだったんだけど、妖精や小人やドラゴンとかたくさん出てきた。人(型)以外のもの自然や動物の存在を信じる。そういう発想は自然崇拝に近いのかもしれない。
    一部の白人が人間至上主義で人間(白人)以外の命を認めないという思想で、戦争や奴隷化を進めたんだろう。
    でもキリスト教明らかに中東の宗教なのに気にならないのかな。

    +17

    -0

  • 323. 匿名 2018/04/15(日) 17:18:40 

    中東は本当は凄い文化持ってたよね
    めちゃくちゃ強かったし
    数学かなんか理系かも物凄い発展してた
    白人文化は最先端のイメージがあるけどそれより侵略や奪う文化もあると思う

    +36

    -1

  • 324. 匿名 2018/04/15(日) 17:22:28 

    >>319
    縄文水田も発見されてるし、稲作は縄文時代からあったというのが現代の定説
    ただ、クニ同士の争いが生まれたのは弥生時代で間違いない

    大東亜以後の知るべき真実は大いにあるけど、
    日本人が侵略、支配のための戦争をしなかったってのはありえないし、愛国心が強すぎて自国を美化しすぎるのもよくないと思う

    それ以前に主張のぶつけ合い、やり合いはトピを楽しんでる者として見苦しい
    もっといろんな話が聞きたいよ私は

    +7

    -1

  • 325. 匿名 2018/04/15(日) 17:23:32 

    >>324だけど、
    レス>>319じゃなくて>>309でした

    +2

    -0

  • 326. 匿名 2018/04/15(日) 17:33:03 

    中国は本当は様々な民族の集まりなんだけど
    漢民族が征服してしまって多様な文化があったのになくなってしまったね

    +19

    -0

  • 327. 匿名 2018/04/15(日) 17:34:16 

    >>315

    田舎の人間が都会の~は偏見じゃない?

    秀吉の場合は身分の差でしょうが

    信長だって田舎の小さな武家だったし、家康だって田舎育ち(しかも人質)

    +5

    -1

  • 328. 匿名 2018/04/15(日) 17:34:35 

    >>220
    映画ラスト・エンペラーは溥儀を好意的に描いてますが、実像は隔たりがあるようですね
    お妃への仕打ちは胸が痛みます
    浮気を疑い、産まれた子を養子に出したと偽り……
    そのようなエピソードも、彼女を阿片へと傾倒させた一因かもしれませんね

    +32

    -0

  • 329. 匿名 2018/04/15(日) 17:40:16 

    >>287
    インディアンが信じている宗教は、日本の神道にすごく似てる。
    八百万の神、自然のすべてに神が宿ると考えている点は、特にそっくり。

    +52

    -0

  • 330. 匿名 2018/04/15(日) 17:46:22 

    >>329
    自然崇拝は似ているけど
    日本の神社の造りはイスラエルの神の神殿と配置から狛犬から丸々同じですよ
    最もイスラエルの神殿は狛犬では無くライオンですがw

    あの狛犬は犬というより獅子の容姿ですしね

    +12

    -3

  • 331. 匿名 2018/04/15(日) 17:48:21 

    >>320
    そうだね。ブナもなのか、栗はそうだって、栗のDNAを調べてそれがわかったってNHKでやってた。でも、集落の周りに、人工的な栗林を作っていたけど、イネや小麦のような農耕がメインっていう時代じゃないよね。陸の動物や魚介類もかなり食料として利用していたらしいので。
    日本は米が通貨のように使われだしたので、余計に稲作メインになってそこからはずれにくくなってしまったってのはあるんだそうな。縄文時代は物々交換だからね。

    +1

    -0

  • 332. 匿名 2018/04/15(日) 17:48:26 

    イイトピ見つけた
    勉強になるわぁ

    +39

    -0

  • 333. 匿名 2018/04/15(日) 17:48:27 

    いつも疑問なんだけど差別って単なる白人の文化だよね?
    そりゃ国ごとでマイノリティへの迫害はあるけど
    大々的に人種にランクつけて動物扱いしたのは白人なはずなのに
    その人達が差別はいけないことよって外に向かって言ってるの変じゃない…しかも自分達がする側のアジア人とかにも口出すし凄い人達だなと思う…

    +64

    -1

  • 334. 匿名 2018/04/15(日) 17:52:53 

    >>333
    そもそもイギリスは階級社会で白人同士でも差別が酷いけど
    そのイギリス人のプロテスタントが差別と迫害を逃れてメイフラワー号に乗って
    新天地アメリカに行ったから
    元々差別心の強いイギリス系白人がアメリカ大陸に乗り込んだ時点で悲劇だよね

    +41

    -0

  • 335. 匿名 2018/04/15(日) 17:54:53 

    >>331
    縄文時代はのどかで良いよねw
    物々交換も微笑ましいし
    一説には小動物や鹿を狩り尽して食料に困って農耕が発達したらしいけど
    そういうエピソードも何だかほのぼの

    +20

    -0

  • 336. 匿名 2018/04/15(日) 17:55:30 

    >>324
    >>309です。
    確かに、水田がある時期にいっぺんに全国的に始まったわけではないだろうから、そうやって縄文後期に徐々に広まって行ったんだろうね。
    主張の押し付け合いは私も望まないところ。でもこういう説がありますよとか、こういう見方もできるんじゃない?とか、そこ違うんちゃう?みたいに指摘してもらったりするのは歓迎ですよ。
    口論と討論は違いますからね。

    +7

    -0

  • 337. 匿名 2018/04/15(日) 17:56:22 

    >>329
    ジェロニモですっけ?

    +4

    -1

  • 338. 匿名 2018/04/15(日) 18:00:55 

    信長、秀吉、家康、みんなあやとりが得意だった。

    +21

    -0

  • 339. 匿名 2018/04/15(日) 18:07:38 

    >>333
    これは、「知らんけど」って最初に言っとくけどw、ある人の説ではね、西洋は狩猟民族で、動物は神様が人間が食べるために作ったのだ、だから人間は特別な存在なのだ、動物には魂はないって考えるようになったんじゃなかろうかって。食料にする動物に対する罪悪感から逃れる方便だったのかもしれないってことで。
    それが行き過ぎていって、今のキリスト教みたいになってしまい…みたいな…。
    だから、食べ物に対して感謝をしましょうじゃなくて、「喰われて当然、可哀想に思う必要なし」っていう方向にいっちゃったみたいな…。それが白人優位意識のはじまりではないかとかなんとか。

    まあでも、レイシズムというのは、白人じゃなくてもあるとは思うよ。白人の中にもレイシズム批判の人はいるし。日本でも女性蔑視という人がいればそれがレイシズムだし。個人の問題かもね。

    +7

    -4

  • 340. 匿名 2018/04/15(日) 18:09:52 

    >>327
    私自身は地方出身だけど、都会にいると、地方から出てきた人の自己主張や成り上がり根性に辟易することが多いんだよ

    ファッションでも奇抜な服装をするのって地方出身者が多いし、都の人が成り上がろうとするってあまりないんだよね
    だから薩長や田中角栄のような権力を得たときの独占欲が強くて怖いんだよ

    +21

    -3

  • 341. 匿名 2018/04/15(日) 18:12:41 

    >>333
    確かにねー
    欧米はよく日本人の建前と本音が分からないって言うけど、自分達こそが使い分けてるって認識がないのが不思議
    セレブの慈善活動がいい例だよね

    +56

    -0

  • 342. 匿名 2018/04/15(日) 18:16:25 

    >>338
    あやとりすれば天下とれる…!?

    +21

    -0

  • 343. 匿名 2018/04/15(日) 18:19:29 

    >>191
    その肖像画は若い頃のだからじゃない?
    写真が撮影されたのは亡くなる年だし
    ショパンの若い頃はパーツ自体はそれほど良いわけではなかったけど
    全体としてみると魅力がある顔立ちのイケメンだったらしいし

    +16

    -0

  • 344. 匿名 2018/04/15(日) 18:19:35 

    >>319
    雅楽は中国では継承途切れちゃってるのかな。雅楽も中国から日本に伝わって、日本の神道や文化と融合して今の日本の雅楽があるけど、同じようにベトナムにも雅楽が中国経由で伝わって継承されてるって、こないだ知った。なんとなく似てるよ。
    フエ王宮 宮廷音楽 - YouTube
    フエ王宮 宮廷音楽 - YouTubeyoutu.be

    天皇陛下もフエでご鑑賞されました! ベトナムの雅楽、ニャーニャックです☆彡

    +5

    -0

  • 345. 匿名 2018/04/15(日) 18:21:46 

    >>342
    ちょっと和んでしまったじゃないか(笑)

    +21

    -0

  • 346. 匿名 2018/04/15(日) 18:28:17 

     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +24

    -1

  • 347. 匿名 2018/04/15(日) 18:29:31 

    >>309

    はい、論破!ドヤッ)

    って感じで痛々しい…
    本当に優秀な人って 余裕があって物腰柔らかいもんだよー

    +8

    -2

  • 348. 匿名 2018/04/15(日) 18:29:51 

    >>179
    なんかお侍さん達のキャラが全員立ってる!

    +7

    -0

  • 349. 匿名 2018/04/15(日) 18:31:27 

    トピずれになるけど、
    私は普段から歴史の勉強をしていて、先人が命を賭して戦ってくれたからこそ今があると思うから、継承の意味でも大東亜戦争について色々と調べてるの

    で、友人が感化されたのか「私も勉強しようと思って戦争映画観ることにした」らしい
    作り手の主観にまみれた反日映画を観て何を学ぼうと言うのかと正直思ったし、「感動した泣いた」って薄っぺらい感想に腹立たしい気持ちを抱いた

    先人に敬意を示すなら調べるくらいの気概は欲しいし、エンタメで歴史を学んだ気になるなんて先人への冒涜じゃないかとさえ思ったんだけど、皆さんはどう思う?
    あと、皆さんはどうやって歴史の知識を手に入れてるかお伺いしたいです

    +3

    -5

  • 350. 匿名 2018/04/15(日) 18:40:31 

    春画は嫁入り道具

    +11

    -2

  • 351. 匿名 2018/04/15(日) 18:45:15 

    >>349
    そういうタイプの人は絶対に勉強しないからマシなコンテンツをどんどん紹介してくしかない笑
    まあアプローチはどうでもいいしある程度知識が増えて慣れれば難しい話にも取り組める様になるんだと思う

    +5

    -1

  • 352. 匿名 2018/04/15(日) 18:59:48 

    日本と戦争になったアメリカは日本の情報を調べた
    男性名である〇太郎、〇次郎、○三郎は
    長男、次男、三男を意味すると理解した
    山本五十六の名を知った時、アメリカは驚愕した

    +52

    -1

  • 353. 匿名 2018/04/15(日) 19:37:48 

    縄文時代に争いが無かったと言うのは既に否定されてるよ
    人骨に外傷があり、それが死因とされるものを調べたら
    殺人率は1%ほどとされ、100人に1人が殺人被害者と考えて
    それが多いか少ないかというと、現代人の感覚でも多い方

    +15

    -0

  • 354. 匿名 2018/04/15(日) 20:00:40 

    >>353
    進化する程モラルは高くなる傾向があるから
    まあそうだろうねw

    最も人間は所詮猿なので
    争いが絶える日は来ないかもw

    ひつじややきが進化したらもっと争いの少ない世界かもしれないね

    +7

    -2

  • 355. 匿名 2018/04/15(日) 20:04:14 

    柿本人麻呂 などの 麻呂という名前は おまる
    からきている
    むかしはウンチに悪いものを跳ね返す力があると信じられてきた
    ウンチ→おまる→まる→まろ→麻呂 と変換していった

    +31

    -0

  • 356. 匿名 2018/04/15(日) 20:05:54 

    ひつじさんは温厚だけど山羊は気性が荒いよ。
    悪魔のシンボルも山羊。

    +42

    -0

  • 357. 匿名 2018/04/15(日) 20:17:02 

    >>356
    しかし西洋占星術だと羊(牡羊座)のほうが気性が荒くて、山羊(山羊座)は地味で辛抱強いとかイメージが真逆って言うのが不思議な感じです。しかも山羊座の守護星は悪魔を表す土星だし。
    歴史の話とは少しズレますが、占星術って確かギリシャ神話が元になってるんですよね。
    天動説地動説の時代から、占星術を元に情勢の行く末を占っていたなんて話も聞く。

    +14

    -0

  • 358. 匿名 2018/04/15(日) 20:20:54 

    歴史というのは今現在では事実はこう!って思っていることも何年もたったら実は違った、新たな発見があったってことはあり得る。
    なので、今判明しているであろうことが当然の事実であるように他人に押し付けるべきではない。
    こういうトピはこんな説もあるよ〜って話で盛り上がって歴史に興味がなかった人が興味もってくれたり、自分の知らない話を知れたりってだけでいいのでは。

    +22

    -1

  • 359. 匿名 2018/04/15(日) 20:21:09 

    日露戦争に勝利した乃木将軍は負けたロシアの将軍が敗戦の責任を取らせられ処刑される前にロシア側に処刑をやめてくれるように懇願した
    その後ロシアの将軍一家はシベリアに流刑になるが乃木将軍が亡くなるまでロシア将軍一家に仕送りをして生活を支えた

    +43

    -0

  • 360. 匿名 2018/04/15(日) 20:24:51 

    >>347
    配慮したつもりだったけど、言い方きつかったか。そんなつもりはなかったのだけど。気を付けます。

    +3

    -2

  • 361. 匿名 2018/04/15(日) 20:27:45 

    >>358
    「知らんけど」無双w

    +2

    -3

  • 362. 匿名 2018/04/15(日) 20:30:45 

    >>353
    縄文人でも、感情はあるもんね。嫉妬とかカッとなった勢いでとかは、やっぱりあったろうかね。

    +15

    -0

  • 363. 匿名 2018/04/15(日) 20:32:11 

    >>354
    もし豪州に有袋類の人間がいたら、東南アジア?から来たアボリジニにあっけなく滅ぼされてたわな

    +0

    -4

  • 364. 匿名 2018/04/15(日) 20:33:09  ID:7VqMJqTqgd 

    故 作家 影山民夫が借りた一軒家で怪奇現象が多発した
    その一軒家は江戸時代 沼でした
    その沼で心中した男女が多数いたらしい

    +6

    -0

  • 365. 匿名 2018/04/15(日) 20:43:50 

    >>165
    何だか、その時の風景が目に浮かんで来るようで和んでしまった。
    前者はヨーロッパらしい手足が長くて小顔な、機敏な動きの赤毛の猫で、後者は浮世絵に沢山登場するようなポッチャリした和猫のイメージ
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +16

    -0

  • 366. 匿名 2018/04/15(日) 20:48:31 

    病院のカルテがドイツ語なのはナチスドイツのユダヤ人迫害に伴い 収容所での人体実験や解剖が多数行われ医学の基礎となったから

    +15

    -2

  • 367. 匿名 2018/04/15(日) 20:59:03 

    >>97
    信長から『むつ』と呼ばれていたとか。

    『さる』だけじゃなかったんだねw

    +10

    -0

  • 368. 匿名 2018/04/15(日) 20:59:08 

    >>345
    なんかありがとうw

    +7

    -0

  • 369. 匿名 2018/04/15(日) 21:11:59 

    >>342
    そういえば、のび太はあやとり得意だな

    +26

    -0

  • 370. 匿名 2018/04/15(日) 21:13:16 

    >>367
    多指症に天才が多いと聞いたことがあるな

    +20

    -1

  • 371. 匿名 2018/04/15(日) 21:14:38 

    >>251
    ガンホーって孫正義の弟の会社だっけ?

    +19

    -0

  • 372. 匿名 2018/04/15(日) 21:24:57 

    >>360
    無意識なんだろうけど、癪に触る言い方なんだと思う。
    自分の方が分かってるみたいな。

    +17

    -0

  • 373. 匿名 2018/04/15(日) 21:28:43 

    明治天皇の箕作奎吾説は興味ある
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +20

    -0

  • 374. 匿名 2018/04/15(日) 21:41:29 

    こういうトピ好きでよく見るんだけど、定番のハイヒールの汚物避けの話がいつもよく分からない。
    ハイヒール履いてても、地面歩いてる以上汚物は踏んじゃうと思うんだけど、、、
    服の裾を守るってこと?それとも靴底が取り外し可能で洗えたらするってこと??

    +14

    -0

  • 375. 匿名 2018/04/15(日) 21:45:19 

    >>374
    ヒールについても足にはつかないじゃん

    私も雨の日はヒール派だからよく分かる
    接地面が低いと足の甲に泥が跳ねやすいんだよね

    +11

    -0

  • 376. 匿名 2018/04/15(日) 21:50:31 

    >>369
    信憑性が一気になくなったw

    +14

    -0

  • 377. 匿名 2018/04/15(日) 21:54:59 

    第二次世界大戦末期のドイツにも特攻隊の案はあった

    +4

    -1

  • 378. 匿名 2018/04/15(日) 22:08:15 

    >>370
    ただし、生殖能力はなかったみたいですね。

    秀頼も秀吉の実子ではない説があるし、秀吉亡き後、再婚した多くの側室が懐妊したそうな。

    +24

    -0

  • 379. 匿名 2018/04/15(日) 22:35:25 

    イタリアのインターナショナルスクール通ってたけど歴史の授業で、江戸時代の章すっ飛ばされたよ。
    日本の歴史がそうなのだから、アジアの小国の歴史なんてもっと知られてないよ

    +27

    -2

  • 380. 匿名 2018/04/15(日) 22:42:51 

    実はスウェーデンはナポレオン戦争(1814年まで)以降は
    戦争をまったく行っていない
    20世紀の二度の世界大戦でも中立を保ち、一切戦闘に参加しなかった

    +31

    -0

  • 381. 匿名 2018/04/15(日) 22:48:42 

    乃木希典さんは本当に優秀、且つ、人としても威厳もありつつ器も大きく、博識で常識人
    皇室の教育係というかお目付け役の様な事もしていて、厳しくもしっかりした教えをしていた為に、皇帝学等含めてすごく良い形で受け継がれていかれたとの事ですよね

    +15

    -1

  • 382. 匿名 2018/04/15(日) 23:49:40 

    >>341
    白人文化の、自己満みたいな動物愛にも非常に違和感を感じる。

    黒人や先住民の有色人種を平気で殺すくせに、同じ人間にこそ異常な程の博愛主義を示せってのw

    +30

    -0

  • 383. 匿名 2018/04/15(日) 23:51:43 

    >>366
    それは違う!
    19世紀中頃からドイツの病因学(病気の原因を追求する学問)が主流になったため。
    ◯◯病というのは、基本的にドイツでつけられた病名。当時でも原因がはっきりしないものは「特発性」◯◯病とつけられた。
    原因ははっきりしないけど、ある症状がまとめてあるものは◯◯症候群とつけたものは、アメリカ、イギリス医学から出てきたもの。

    今では医学の主流はアメリカ。

    +4

    -1

  • 384. 匿名 2018/04/15(日) 23:58:47 

    >>329
    スウェーデン、フィンランド、ロシアにまたがるラップランド地方に住むサーミ人の文化もそっくり!

    かれらは森羅万象を精霊が起こしていると考え、人が死ぬと川を渡って死者の国に行くと信じられている。

    +10

    -0

  • 385. 匿名 2018/04/16(月) 00:03:58 

    >>251
    「ガンホー」はアメリカ海兵隊のスラングで「突撃!」って意味。

    +15

    -0

  • 386. 匿名 2018/04/16(月) 00:27:05 

    >>338
    かわいい(╹◡╹)

    +3

    -0

  • 387. 匿名 2018/04/16(月) 00:29:36 

    ガン‐ホー(gung-ho)
    がむしゃらなさま、熱心なさま、忠誠を尽くすさまを表す言葉。第二次大戦中の米国海兵隊の標語で、中国語の「工和」(work together)に由来する。

    ちなみにゲーム企業のガンホー、孫氏の弟さんは社長を退いて会長になってました

    +9

    -0

  • 388. 匿名 2018/04/16(月) 00:35:59 

    昔はドイツの医学が進んでたから、明治の医学留学と言えばドイツだった
    ゆえにカルテがドイツ語表記だったのは明治〜昭和半ばの話かと
    今は留学と言えばアメリカだし、カルテは英語、日本語混ぜこぜ

    +4

    -0

  • 389. 匿名 2018/04/16(月) 00:51:47 

    100年前の日本人が描いた、世界地図の風刺画があまりにもシュール
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +25

    -0

  • 390. 匿名 2018/04/16(月) 01:00:31 

    >>389
    こういう色遣いを日本もするんだね
    新鮮!
    どなたが描かれたんだろう?

    +27

    -0

  • 391. 匿名 2018/04/16(月) 01:03:46 

    >>389
    ロシアの迫力よ!
    アメリカの位置が小ずるさを象徴してるし、アフリカがツギハギだらけなのもトルコが虎なのも興味深いね
    お国柄をよく捉えてる

    +8

    -0

  • 392. 匿名 2018/04/16(月) 02:22:14 

    ガンホーの言葉の由来はどうあれ、硫黄島で米軍が制圧を喜んで撮った写真のポーズなのは事実だと思うよ。
    NHKのドキュメンタリーで見て、私も「あのゲーム会社って…」って思った。
    意味深な会社名だと思うなぁ。

    +8

    -0

  • 393. 匿名 2018/04/16(月) 02:37:36 

    NHKって最近偏向報道多いよね。
    ドキュメンタリーも政治思想を絡ませて誘導していく感じだから見ないや。

    +6

    -1

  • 394. 匿名 2018/04/16(月) 07:16:26 

    >>378

    秀頼は茶々様の幼なじみ(大柄)の子じゃないかと言われてる

    +4

    -0

  • 395. 匿名 2018/04/16(月) 08:16:22 

    >>378
    豊臣秀吉は側室に女児は何人かいるんだよ
    たまたま男児に恵まれなかっただけ

    +3

    -0

  • 396. 匿名 2018/04/16(月) 09:02:31 

    自由・平等・博愛をテーマに「フランス革命」を記念したエルメスのアンティークのスカーフ。
    エルメスらしい鮮やかな色遣いとデザインが素敵だな、なんて思って眺めていたら何と、絵柄の上中央にあのお馴染みのフリーメイソンのシンボルが・・・
    “フランス革命の主体となったのはフリーメイソンだった”というまことしやかに囁かれてきた俗説は、やはり真実だったのだろうか?
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +7

    -0

  • 397. 匿名 2018/04/16(月) 11:08:19 

    >>359

    講和会議の「水師営の会見」では、敗敵にもかかわらず、敵将たちを尊重して、武器の帯刀所持を許しました。

     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +4

    -0

  • 398. 匿名 2018/04/16(月) 11:09:43 

    >>153
    ん、でも構図とか描き込みの詳細さにちょっと常人とは違う何かを感じさせるね
    なんか怖い

    +3

    -0

  • 399. 匿名 2018/04/16(月) 11:13:21 

    >>385
    アメリカに進出した日本の自動車会社を題材にしたコメディー映画の題名が「ガン・ホー」で結構面白かったよ。インチキ日本人のオンパレード

    +0

    -0

  • 400. 匿名 2018/04/16(月) 11:29:47 

    ドイツでは連合軍の戦略爆撃に対して体当たり専門の戦闘機隊があって「ゾンダーコマンド・エルベ」という名前、イタリアでは小型潜水艦でこれも連合軍の艦船に突っ込むマイアーレという人間魚雷が有った。
    どちらも、突入寸前に乗員が飛び降りる前提なので「決死」ではあるが「必死」ではない。

    翻って日本軍の特攻は逃げる余地はないので全部「必死」、この違いは大きい。
    特に日本海軍の「伏龍」は悲惨で、水中に潜水服を着て潜り、竹やりの先に着けた爆弾を米軍の上陸用舟艇が通過するときに海中から「エイッ」て突き当てるもの。名前は凄いが発想がもう…。人はそんなことをするために生まれて来たわけではないはず。



    +1

    -1

  • 401. 匿名 2018/04/16(月) 12:54:48 

    >>400
    「人はそんなことをするために生まれて来たわけではないはず」なんて言葉で、
    戦地で亡くなった方達の命が無駄になったかのような表現はやめてほしい
    戦争を語る時に、私たちの一般的な価値観は通用しないんだから

    上の方でも物言いについて言われてたと思うけど、
    あなたは歴史を面白がっているだけで命や人への敬意を感じられない
    そういうところが「上から目線」に感じられるのでは?

    +12

    -1

  • 402. 匿名 2018/04/16(月) 13:10:14 

    何と言ってもキャラ立ち戦国武将代表と言えば、そのド派手で奇抜なファッションセンスでもお馴染みの伊達政宗vs.破天荒なイケメンぶりで、男からも女からもモテモテだったらしい前田利家のツートップ争いなんじゃないかと個人的には思う。

    ちなみに真田丸のこの金ピカの十字架を担いでいたシーン↓で思い出しましたが、伊達政宗はこの時一体何をやりたかったんでしたっけ?
    とにかく政宗は目立つのが大好きな性格だったんだろうなあと言うイメージがある。

    あと前田利家も実はかつてキリシタン大名をやっていた時期もあったと言われてますが、もしや洗礼名の「オーギュスティン」を名乗りたかっただけなんじゃ…なんて思ってしまう。
    伊達政宗も前田利家も、今で言うところのミーハーな一面がもしかしてあったのかな、なんて思うと、偉人ながらに親しみを感じてしまう⁉︎
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +7

    -0

  • 403. 匿名 2018/04/16(月) 14:20:43 

    >>352

    アメリカのどの部署でしょうか?

    ただ単に、アメリカでは余りにも漠然とし過ぎています。

    +2

    -1

  • 404. 匿名 2018/04/16(月) 15:14:00 

    >>403
    めんどくせ。
    気になるなら自分で調べればいいのに、粗探しかいな。
    八つ当たりなら他人でなく身内にしろ。

    +9

    -2

  • 405. 匿名 2018/04/16(月) 15:39:35 

    親戚が考古学博士で大学で教鞭をとっています。

    「教科書では〇〇となっているけど△△かも知れないって意見もあるんだよ」
    「僕は××なんじゃないの!?って今研究中なんだー」

    とまだ小さかった私たち兄妹にも分かりやすく、目線をあわせて歴史に興味が持てるような話し方をしてくれます。
    本当に博学で優秀な人って物腰柔らかく周りを見下したり不快に与えないようにたち振る舞えるよー…と相棒の右京さんを見ながら思い出していました。

    どうも
    はい!論破(どやっ!)
    私以上の知識があるなら言ってみろや!(どやっ!)
    って人がいて、せっかくのこのトピつまんなくなっちゃった。残念です。

    +25

    -2

  • 406. 匿名 2018/04/16(月) 16:45:26 

    >>405
    皆「知識の共有」がしたいだけなのに、その人だけ「知識&考察の深さを競いたい」になっちゃってるよね

    自分がグループを引っ張ってると勘違いしてるタイプ
    その人がいない方が皆のびのび楽しくやれるのにね

    その点、独りよがりも突出すればカリスマ性として捉えられるのかなって偉人や芸術家に関しては思う
    朴訥に生きても史実に名は残せないから、ある意味羨ましいかな

    +7

    -1

  • 407. 匿名 2018/04/16(月) 16:54:56 

    >>373さん

    明治天皇って結構謎の多い方ですよね。

    即位する前は基本インドア派、輿に乗っていらしたのに即位後は相撲や乗馬を嗜むなどアウトドア派になっている。

    それにあの時代なのに左利き。

    即位前後で何があったのか気になります。

    +22

    -1

  • 408. 匿名 2018/04/16(月) 22:41:11 

    352さんの文章すごく分かりやすいけどな、簡潔で。
    難しい言葉でダラダラ書いてる人いるけど
    長いわりに全然興味持てないし面白くないよ。

    +4

    -0

  • 409. 匿名 2018/04/16(月) 23:22:25 

    >>373
    すごい‼︎
    どう見ても同一人物にしか見えないんだけど…!

    +2

    -2

  • 410. 匿名 2018/04/17(火) 00:27:11 

    >>365
    外国の方の書物に足跡つけた猫は、なんとなくアビシニアンっぽいイメージ。
    フェルメールの絵画とかに出て来そう。
     世界史、日本史の雑学などを語るトピ part3

    +4

    -0

  • 411. 匿名 2018/04/17(火) 11:46:21 

    >>410
    美しい猫ちゃん

    +8

    -0

  • 412. 匿名 2018/04/17(火) 23:20:10 

    >>407
    どちらかと言えば虚弱であった明治帝であったが、側近となった西郷隆盛たちがスパルタ教育したらしい。

    +1

    -1

  • 413. 匿名 2018/04/18(水) 13:52:40 

    >>401
    そうやって戦争の犠牲者を勝手に美化したり神格化する方がダメなんじゃないの。
    死ななくてもいいことで死んでしまうなんてどんなに言葉で飾っても無駄死にでしょ。
    貴女の産んだ子が二十歳にもならないのに、どっかの海の底で竹やりに爆弾付けて沈んでいるとしても、尊い犠牲だなんだって言えるの。お国の為だの日本を守るためなんて建前を信じているとしたらとんだ阿呆だよ。
    「人はそんなことをするために生まれて来たわけではないはず」ってのはそれをやらせた当時のアホな軍人達に対する怒りの言葉だよ。

    高々7、80年前の日本人の気持ちなんて今とさほど変わらんよ、本音の部分ではね。


    +4

    -0

  • 414. 匿名 2018/04/23(月) 00:40:00 

    >>235
    斬った時の刃こぼれと付着した血や脂で、ひとり斬ったらそこで終了だったらしいね。

    時代劇みたいにバッサバッサと斬りまくることは不可能だった。

    +4

    -0

  • 415. 匿名 2018/04/23(月) 01:37:16 

    >>395
    >>378です。
    そうだったんですね!
    跡継ぎじゃない女児は重用されずスルーされてたんだね。

    +4

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード