ガールズちゃんねる

三島由紀夫について語りませんか? part2

296コメント2018/03/27(火) 01:29

  • 1. 匿名 2018/03/23(金) 18:55:51 

    part1と同じ主です。前回のトピからもうすぐ1年ということで、申請してみました。今回も内容の濃いトピになればと思います。

    先ず最初のコメント欄では、日本を愛し、国の行く末を憂いた三島由紀夫のこの言葉を貼らせて頂きます、、、

    「私はこれからの日本に大して希望をつなぐことができない。このまま行ったら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。それでもいいと思っている人たちと、私は口をきく気にもなれなくなっているのである」
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +308

    -11

  • 2. 匿名 2018/03/23(金) 18:56:47 

    自殺した人?

    +226

    -6

  • 3. 匿名 2018/03/23(金) 18:57:00 

    Gayだったと最近知った。

    +183

    -15

  • 4. 匿名 2018/03/23(金) 18:57:08 

    切腹に憧れていたホモ

    +27

    -91

  • 5. 匿名 2018/03/23(金) 18:57:26 

    主さん、
    1号館って、わかる?

    +9

    -1

  • 6. 匿名 2018/03/23(金) 18:57:36 

    美輪明宏

    +202

    -14

  • 7. 匿名 2018/03/23(金) 18:58:17 

    本当に日本が大好きな人

    +395

    -7

  • 8. 匿名 2018/03/23(金) 18:58:45 

    この人の流れるような文章がすき。
    文章が凝り固まってなくて、サラッとしてるの
    だから読みやすい

    +313

    -9

  • 9. 匿名 2018/03/23(金) 18:58:48 

    毒祖母

    +72

    -0

  • 10. 匿名 2018/03/23(金) 18:58:52 

    使う日本語や文章が本当に美しい

    +350

    -1

  • 11. 匿名 2018/03/23(金) 18:59:07 

    病弱で徴兵からはじかれたこと、背が低かったことのコンプレックスからボディービルに目覚めた。

    +332

    -2

  • 12. 匿名 2018/03/23(金) 18:59:11 

    さすが芸術家だよね
    先見の明がありすぎる

    +283

    -1

  • 13. 匿名 2018/03/23(金) 18:59:37 

    潮騒が好き
    読後感が良い

    +99

    -3

  • 14. 匿名 2018/03/23(金) 18:59:55 

    永すぎた春が好き(´∀`)

    高校時代、何度読んでも???ってなってしまった仮面の告白は
    大人になった今なら分かるでしょうか…

    +145

    -3

  • 15. 匿名 2018/03/23(金) 19:00:06 

    三島の介錯をしたのが三重県出身の人。森田必勝。三島とともに自決した。

    +204

    -1

  • 16. 匿名 2018/03/23(金) 19:00:29 

    子供時代に既に素晴らしい作文を書いてらっしゃる

    マジで神
    死んでしまったのが惜しいよ…

    +235

    -3

  • 17. 匿名 2018/03/23(金) 19:00:35 

    ちょっと奇形?くらい顔が長いね

    +9

    -67

  • 18. 匿名 2018/03/23(金) 19:00:39 

    この方も愛猫家

    +346

    -7

  • 19. 匿名 2018/03/23(金) 19:00:48 

    生きていて、もっと色んな事をして欲しかった。

    +335

    -3

  • 20. 匿名 2018/03/23(金) 19:00:49 

    耽美派

    +134

    -3

  • 21. 匿名 2018/03/23(金) 19:01:39 

    金閣寺を擬人化した天才

    +175

    -4

  • 22. 匿名 2018/03/23(金) 19:01:46 

    一度読んでみようかなーって読み始めたら文章が難しすぎてバカな私にはわからなかったのでやめた

    +84

    -22

  • 23. 匿名 2018/03/23(金) 19:01:50 

    この方が現在生きていたら今の皇室をどう思うだろうか興味がある。

    +343

    -3

  • 24. 匿名 2018/03/23(金) 19:01:53 

    小学生の時に書いた作文がもう出来上がってて素晴らしい。小学生が書いたとは思えない。

    +152

    -2

  • 25. 匿名 2018/03/23(金) 19:01:58 

    >>15
    実際は介錯に失敗したんだよね。だから、三島は死ぬ前に激痛を味わったはず。
    実際に解釈したのは、生長の家?だっけ新興宗教と関係のある居合の名人のはず。

    +182

    -2

  • 26. 匿名 2018/03/23(金) 19:02:08 

    意識が高すぎたんだな

    +262

    -0

  • 27. 匿名 2018/03/23(金) 19:03:59 

    三島由紀夫の「夏子の冒険」が好き。
    ぜひ、ドラマ化してほしい。
    えっこれが三島由紀夫の作品!?というくらいはじけまくった女子が主人公。

    +100

    -2

  • 28. 匿名 2018/03/23(金) 19:04:21 

    >>25
    一太刀では無理だったみたいですね

    +127

    -0

  • 29. 匿名 2018/03/23(金) 19:04:57 

    この方が現在生きていたら今の皇室をどう思うのか興味がある。

    +83

    -7

  • 30. 匿名 2018/03/23(金) 19:05:12 

    朝日新聞が三島の生首の写真をスクープしたんだっけ?
    朝日新聞は三島みたいなのが大嫌いだったから。

    +280

    -2

  • 31. 匿名 2018/03/23(金) 19:06:33 

    >>11
    男のコンプレックスというのは昔から変わらないのね

    +62

    -0

  • 32. 匿名 2018/03/23(金) 19:07:11 

    55年前に男でヌード写真集を出していたのが凄い

    +302

    -2

  • 33. 匿名 2018/03/23(金) 19:07:37 

    刀は引かないと切れないのに、真上からなんども振り下ろしたらしい
    全てを切らない、首の皮一枚繋がっているのが一流の介錯
    介錯人選びを間違えるだなんて、完璧主義者の三島由紀夫らしくない

    +297

    -1

  • 34. 匿名 2018/03/23(金) 19:08:43 

    三島由紀夫はホモ
    仮面の告白は三島が自己分析したもの

    +83

    -3

  • 35. 匿名 2018/03/23(金) 19:08:47 

    三島が切腹自殺の前にバルコニーでの最後の演説

    おまえら、聞け。静かにせい。静かにせい。話を聞け。男一匹が命をかけて諸君に訴えているんだぞ。いいか。それがだ、今、日本人がだ、ここでもって立ち上がらねば、自衛隊が立ち上がらなきゃ、憲法改正ってものはないんだよ。諸君は永久にだね、ただアメリカの軍隊になってしまうんだぞ。(中略)
    おれは4年待ったんだ。自衛隊が立ち上がる日を。……4年待ったんだ、……最後の30分に……待っているんだよ。諸君は武士だろう。武士ならば自分を否定する憲法をどうして守るんだ。どうして自分を否定する憲法のために、自分らを否定する憲法にぺこぺこするんだ。これがある限り、諸君たちは永久に救われんのだぞ。

    あの時の日本は日本であろうと若者が中心に良くも悪くも戦ってたよね。今はネットで文句言うだけで、実際には行動しない。でも今そのツケが回って来てるようにも思う。

    +392

    -5

  • 36. 匿名 2018/03/23(金) 19:10:43 

    ノーベル賞文学賞にノミネートされるくらい凄い半面、右翼的過ぎるっていう理由から受賞逃したりしてる作家でもあるよね。

    +197

    -1

  • 37. 匿名 2018/03/23(金) 19:11:06 

    独特のリズム感を持った文章を書く人よね。
    いろんな噂に、惑わされて読まなかったことが後悔

    +136

    -3

  • 38. 匿名 2018/03/23(金) 19:11:06 

    豊饒の海
    これが一番好き!

    +101

    -2

  • 39. 匿名 2018/03/23(金) 19:11:20 

    三島さんが大好きです!

    +102

    -3

  • 40. 匿名 2018/03/23(金) 19:11:23 

    愛の乾きを高校生の時に読んで衝撃を受けた。
    行き着くところに行くと、女の愛憎はこんなになるのかと思って、恐ろしいような美しいような、なんとも言えない気持ちになった。

    +113

    -2

  • 41. 匿名 2018/03/23(金) 19:13:12 

    評論家の間では三島由紀夫の戯曲が非常に評価されていて、私も本当に素晴らしいと思う。舞台や劇に興味の無い人でも是非読んで欲しい。

    +112

    -2

  • 42. 匿名 2018/03/23(金) 19:13:52 

    三島は海外でも人気があるらしいね。特に中国では有名らしい。

    +121

    -1

  • 43. 匿名 2018/03/23(金) 19:15:59 

    侍だね

    +117

    -3

  • 44. 匿名 2018/03/23(金) 19:16:44 

    高校生の頃に読んだ『鏡子の家』が印象に残ってる。読後感が良かった。

    +62

    -3

  • 45. 匿名 2018/03/23(金) 19:17:01 

    三島由紀夫の奥様が、趣味で作ったという、
    ビーズ細工のフォーマルバッグを見せてもらったことがある。

    +130

    -4

  • 46. 匿名 2018/03/23(金) 19:17:10 

    三島由紀夫が天皇制について語ったこと、、、

    昭和の歴史は敗戦によつて完全に前期後期に分けられたが、そこを連続して生きてきた私には、自分の連続性の根拠と、論理的一貫性の根拠を、どうしても探り出さなければならない欲求が生まれてきてゐた。(中略)
    そのとき、どうしても引つかかるのは、「象徴」として天皇を規定した新憲法よりも、天皇御自身の、この「人間宣言」であり、この疑問はおのづから、二・二六事件まで、一すぢの影を投げ、影を辿つて「英霊の聲」を書かずにはゐられない地点へ、私自身を追ひ込んだ。自ら「美学」と称するのも滑稽だが、私は私のエステティックを掘り下げるにつれ、その底に天皇制の岩盤がわだかまつてゐることを知らねばならなかつた。それをいつまでも回避してゐるわけには行かぬのである。

    +61

    -3

  • 47. 匿名 2018/03/23(金) 19:19:45 

    金閣寺とかで難しくて挫折した人は「レター教室」を読んでみては。軽妙でシニカルで面白いよ。
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +169

    -0

  • 48. 匿名 2018/03/23(金) 19:19:46 

    何となくだけど
    美化されてる気もする。

    +51

    -23

  • 49. 匿名 2018/03/23(金) 19:19:48 

    三島由紀夫(1925~70年)が自決する9ヶ月前のジョン・ベスターとの対談で語った文学観と生死観

    ・ 人生や思想ではなく、言葉が小説のマテーリアル(素材)である。
    ・漢文の古典の教養がなくなってから、日本人の文章はだらしがなくなった。
    ・私の小説は、構成ぐ劇的過ぎるのが欠点だ。
    ・死が、肉体の外からが中に入ってきた気がする。
    ・戦後、日本では偽善がひどくなった。その元は平和憲法だ。

    +106

    -1

  • 50. 匿名 2018/03/23(金) 19:20:02 

    三島由紀夫の再来と話題になった芥川賞作家の平野啓一郎の本も良かったです

    +17

    -14

  • 51. 匿名 2018/03/23(金) 19:20:41 

    読んでいてうっとりする美文。

    +76

    -0

  • 52. 匿名 2018/03/23(金) 19:20:45 

    生首を画像で見てしまった

    +52

    -3

  • 53. 匿名 2018/03/23(金) 19:21:22 

    三島由紀夫の辞世の句。

    益荒男が たばさむ太刀の 鞘鳴りに 幾とせ耐へて 今日の初霜
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +85

    -0

  • 54. 匿名 2018/03/23(金) 19:23:03 

    英霊の声
    小説の方じゃなくて詩の朗読なんだけど鳥肌立った

    +47

    -0

  • 55. 匿名 2018/03/23(金) 19:23:42 

    よくオススメされる春の雪を途中で挫折気味
    文章が雅すぎるのかな…

    +9

    -7

  • 56. 匿名 2018/03/23(金) 19:24:40 

    ビョークも大好きよね。潮騒や仮面の告白も良いけど、レター教室みたいな軽めのも本当に文章が美しい。最期は大義のために死ぬっていう壮大なオナニーだったと思うけど。

    +109

    -0

  • 57. 匿名 2018/03/23(金) 19:26:11 

    今金閣寺読んでる最中
    前半は難しかったけど中盤あたりから読みやすくなってきた

    +45

    -0

  • 58. 匿名 2018/03/23(金) 19:26:32 

    男色をテーマとした作品は「仮面の告白」が有名ですが、私は「禁色」が大好きです。夜の都会の公園で男色家が交わる様子を書いている文章が実に淫美で惚れ惚れしてしまう。
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +80

    -2

  • 59. 匿名 2018/03/23(金) 19:27:10 

    >>36

    思想的なものは置いといて、文体なら、
    村上春樹と三島由紀夫、
    どっちがノーベル文学賞にふさわしいかと言ったら、三島由紀夫だよね。

    翻訳で伝わるのかわからんけど。

    +204

    -2

  • 60. 匿名 2018/03/23(金) 19:27:14 

    女子大生だった奥さんと結婚
    長男長女が生まれる。
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +143

    -0

  • 61. 匿名 2018/03/23(金) 19:28:19 

    長編では無く、戯曲から読んでみるのも良いかもしれません。短いですし、ほとんど会話なので読み易いと思います。

    +37

    -0

  • 62. 匿名 2018/03/23(金) 19:28:28 

    三島由紀夫
    猫について

    「あの憂鬱な獣が好きでしゃうがないのです。芸をおぼえないのだっておぼえられないのではなく、そんなことはばからしいと思っているので、あの小ざかしいすねた顔つき、きれいな歯並、冷たい媚び、
    なんともいへず私は好きです。」

    +218

    -3

  • 63. 匿名 2018/03/23(金) 19:29:38 

    三島由紀夫が11歳の時に書いた「我が国旗」って作文読んだだけでも堂々とした言葉の使い方に圧倒される

    +70

    -0

  • 64. 匿名 2018/03/23(金) 19:29:48 

    三島由紀夫レター教室を二十歳くらいから何回も読み返してる。
    もう氷ママ子の年齢に近くなったけど。
    それぞれの心情がすぐそばで感じ取れるあの手紙は本当に生き生きしてる
    「出産の通知」の丸トラ一の手紙がばかばかしくて好き

    +53

    -1

  • 65. 匿名 2018/03/23(金) 19:30:34 

    時々考える。もし三島由紀夫がまだ生きていたらとか三島由紀夫だったらどうしただろうとか。
    偉大な人間。

    +158

    -1

  • 66. 匿名 2018/03/23(金) 19:30:48 

    作品や世間一般のイメージと違って
    インタビューや講演での話ぶりはどちらかと言うと穏やかな感じだね
    アメリカかイギリスのテレビ局?のインタビューでも凄く上品な英語だった

    +86

    -0

  • 67. 匿名 2018/03/23(金) 19:31:02 

    今、葉隠入門を読んでいます。

    +31

    -0

  • 68. 匿名 2018/03/23(金) 19:31:29 

    文章のリズムが好きです

    +26

    -0

  • 69. 匿名 2018/03/23(金) 19:31:37 

    エロティシズムには美しい文章と確固たる美学がなきゃいけない。とある人気作家みたいに「僕は射精した」なんて表現に美学なんて全く感じない、、、

    +209

    -4

  • 70. 匿名 2018/03/23(金) 19:35:22 

    ゲイって言うか、家庭環境からの女性恐怖症に近いと思った。

    +105

    -1

  • 71. 匿名 2018/03/23(金) 19:38:05 

    三島由紀夫って男尊女卑の頂上に居るくらいの人なのに好きなんだ

    +13

    -18

  • 72. 匿名 2018/03/23(金) 19:40:26 

    一文が長い文体は、ドイツ語の構文やドイツ文学の影響を認める
    小説の組み立て方は東大法学部で学んだ「訴訟法」などの法律の論理的構造が役立った

    +58

    -0

  • 73. 匿名 2018/03/23(金) 19:40:44 

    愚かなバカであっても、寿命まで生き抜く人はかっこいいと思わせられる。
    かっこいい自殺なんてない。

    +104

    -8

  • 74. 匿名 2018/03/23(金) 19:42:49 

    私が生まれた日に切腹された方ですね。とても印象深い…

    +47

    -3

  • 75. 匿名 2018/03/23(金) 19:43:57 

    >>15
    やるきげんきいわき?の許嫁だっけ?

    +8

    -4

  • 76. 匿名 2018/03/23(金) 19:44:10 

    ノーベル文学賞候補だったのにねえ。て、言うか、もうちょっと生きてたら
    取ってたんだっけ。

    +81

    -0

  • 77. 匿名 2018/03/23(金) 19:45:41 

    川端康成のゴーストライター(眠れる美女)をやっていたんじゃないか?という説が好きです。
    読みやすいというコメントもありますが、個人的には「華美」というイメージが強い。
    キラキラしている、というか、自分の趣味・好みが良いということがわかっている文章だなと。
    俗っぽく言うと「意識高い系」なんだろうなあ。
    そういうところも好きです 笑

    +92

    -1

  • 78. 匿名 2018/03/23(金) 19:46:08 

    >>59
    1963年にはノーベル文学賞の最終選考の対象になってた
    ノーベル文学賞を取っても自決したかな

    68年自衛隊に体験入隊、学生らと「盾の会」を作る
    70年11月25日、自決

    +57

    -0

  • 79. 匿名 2018/03/23(金) 19:47:23 

    言葉の一つ一つがきちんと自分の美学に基づいて表現されている
    三島の世界を堪能できる

    +63

    -0

  • 80. 匿名 2018/03/23(金) 19:48:52 

    え?ゲイなのに結婚して子供を作ったって事?

    +12

    -12

  • 81. 匿名 2018/03/23(金) 19:49:06 

    海老蔵に似てない?
    ドラマ、もしやるなら海老蔵に演じて欲しい。

    +8

    -45

  • 82. 匿名 2018/03/23(金) 19:49:49 

    ドナルド・キーンと親交があったことがるちゃんで知りました

    +55

    -2

  • 83. 匿名 2018/03/23(金) 19:50:14 

    有名な『英霊の聲』より抜粋。三島由紀夫にとって、天皇は人間であってはならなかった、、、

    「日本の敗れたるはよし
    農地の改革せられたるはよし
    社会主義的改革も行わるるがよし
    わが祖国は敗れたれば
    敗れたる負ひ目を悉く肩に荷うはよし
    わが国民はよく負荷に耐え
    試練をくぐりてなほ力あり
    屈辱を嘗めしはよし
    抗すべからざる要求を潔く受け容れしはよし
    されど,ただ一つ,ただ一つ
    いかなる強制,いかなる弾圧
    いかなる死の脅迫ありとも
    陛下は人間なりと仰せらるべからざりし
    世のそしり,人の侮りを受けつつ
    ただ陛下御一人,神として御身を保たせたまひ
    そを架空,そをいつわりとはゆめ宣はず
    (たとひみ心の裡深く,さなりと思すとも)
    祭服に玉体を包み,夜昼おぼろげに
    宮中賢所のなほ奥深く
    皇祖皇宗のおんみたまの前にぬかづき
    神のおんために死したる者らの霊を祭りてただ斎き,ただ祈りてましまさば
    何ほどか尊かりしならん
    などてすめろぎは人となりたまひし。
    などてすめろぎは人となりたまひし。
    などてすめろぎは人となりたまひし」

    +39

    -5

  • 84. 匿名 2018/03/23(金) 19:50:15 

    今の日本をどう思うか
    聞いてみたい。

    +115

    -0

  • 85. 匿名 2018/03/23(金) 19:50:53 

    >>80
    三島がどう考える人だったかはわからないけど、
    同性愛と子供を残すことは別の話だと思う

    +123

    -1

  • 86. 匿名 2018/03/23(金) 19:51:06 

    文章が美しい。深い知性を感じる。

    +84

    -0

  • 87. 匿名 2018/03/23(金) 19:51:32 

    妹を溺愛してたよね
    17歳で亡くなった。

    +67

    -0

  • 88. 匿名 2018/03/23(金) 19:51:42 

    >>58
    私も好きです!世間的にはあまり有名じゃないのかな。また読み返したくなってきた。

    +17

    -0

  • 89. 匿名 2018/03/23(金) 19:51:48 

    死なないで欲しかった。理想を貫いて欲しかった。

    +81

    -1

  • 90. 匿名 2018/03/23(金) 19:52:30 

    なんだかんだで、やっぱり金閣寺が一番好きです。
    多感な時期に読んだこともあるけど、後半は特に「めくるめく」みたいな感覚をおぼえました 笑
    谷崎潤一郎も好きですが、それとまたちょっと違う。
    両者ともに生々しさはあるけど、三島由紀夫の方には更にストイックさを感じた。

    +75

    -0

  • 91. 匿名 2018/03/23(金) 19:52:58 

    ゲイなの?

    +9

    -3

  • 92. 匿名 2018/03/23(金) 19:52:59 

    三島由紀夫『君には95%の長所がある。才能もあるし美貌もある。だけど、5%の短所がある。その5%の短所は、95%の長所をいっぺんで吹っ飛ばしてしまうくらいの最悪な短所だ』

    美輪明宏『95%の長所を吹っ飛ばしてしまう短所って何?』


    三島由紀夫『俺にほれないことだ』

    +189

    -7

  • 93. 匿名 2018/03/23(金) 19:53:49 

    >>76
    >>78
    川端康成に懇願されて譲ったって前に専門家の人が言ってたけど真実なのかな
    君は若いからまた次があるとかどうとか

    +34

    -0

  • 94. 匿名 2018/03/23(金) 19:54:40 

    僕の小説よりも僕の行動の方が分かりにくいんだって自信があるんです。
    生きているうちは人間はみんなピエロ。
    僕はね、自分のやっていることを人に分かってくれというのはとても嫌いなんです。

    「生きているうちは人間はみんなピエロ」
    この言葉が好きというか、励みになる
    所詮人間はピエロだって

    +67

    -3

  • 95. 匿名 2018/03/23(金) 19:54:42 

    >>92

    美輪明宏は三島由紀夫の話ばかりするよね。
    よっぽど慕ってたんだね。

    +187

    -5

  • 96. 匿名 2018/03/23(金) 19:54:49 

    昔の邦画が好きで、若尾文子の「お嬢さん」を見たんだけど、原作が三島由紀夫と知って衝撃を受けた記憶がある!
    私の中では仮面の告白とか金閣寺のイメージだったから、三島由紀夫ってこんなキュンキュンするラブコメ書く人なんだ…!と。笑
    似たような味わいの夏子の冒険も面白かった!
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +71

    -0

  • 97. 匿名 2018/03/23(金) 19:54:50 

    >>50
    でも平野氏は極左に近いのでは

    +33

    -0

  • 98. 匿名 2018/03/23(金) 19:56:28 

    三島の娘は学習院で、
    皇太子と同級生。
    小学校から大学まで。
    息子は開成から留学、後に慶應大。

    +94

    -1

  • 99. 匿名 2018/03/23(金) 19:57:01 

    >>62
    言ってることがいちいち共感できるw
    猫好きの文豪といえば谷崎潤一郎もだね。

    +79

    -3

  • 100. 匿名 2018/03/23(金) 19:59:08 

    >>3
    ゲイってわけじゃないよ。結婚してるし。
    森田必勝との関係のことを言ってると思うけど、あれは同性愛に近い師弟愛だと思うよ。専門家でも同性愛か否かは分かれるみたいだけど、私は同性愛とは別物だと思う。

    ちなみに美智子様と結婚するはずだった人。天皇陛下が惚れちゃったから一度のお見合いで終わったけどね。

    +124

    -5

  • 101. 匿名 2018/03/23(金) 19:59:28 

    >>62
    >冷たい媚び

    とかすごいよね
    猫好きじゃなきゃ出て来ない究極の下僕表現
    考えただけで震えるわw

    +64

    -5

  • 102. 匿名 2018/03/23(金) 20:00:11 

    十代書簡集
    学習院時代の手紙なんですけど子供とは思えない言葉遣いの丁寧さに驚きます
    小説は難しくてお手上げっていう人にもおすすめで、内容が分からなくても清々しい気持ちになれます

    +35

    -1

  • 103. 匿名 2018/03/23(金) 20:02:32 

    三島が今の日本をみたら余計絶望するんじゃないかな…

    >>1 が貼ってくれてる文章は『果たし得ていない約束』ですよね。今まさに三島が危惧していた通りの日本になってきていると思います。

    +122

    -0

  • 104. 匿名 2018/03/23(金) 20:04:02 

    テニスコートの恋で海外逃亡するんなら三島と一緒になったらよかったよ

    +40

    -3

  • 105. 匿名 2018/03/23(金) 20:04:10 

    海老蔵より佐藤健に演じて欲しい
    マッチョに肉体改造してさ

    +3

    -39

  • 106. 匿名 2018/03/23(金) 20:04:46 

    インタビューでの言葉さえも文学のようだなと感じました

    「昭和40年ちょうど41歳の私は、20歳のときに迎えた終戦を自分の人生のめどとして、そこから自分の人生がどういう展開をしたか考える一つのめどになっています
    これからも何度も何度もあの8月15日の夏の木々を照らしていた激しい日光、その時点を境に一つも変わらなかった日光は、私の心の中に続いていくだろうと思います」
    三島由紀夫さんの貴重なインタビュー映像です。 - YouTube
    三島由紀夫さんの貴重なインタビュー映像です。 - YouTubeyoutu.be

    三島由紀夫さんの貴重なインタビュー映像です。

    +105

    -0

  • 107. 匿名 2018/03/23(金) 20:06:33 

    >>106
    これほんとすごいよね
    こんな綺麗に日本語話す人見たことないわ

    +111

    -0

  • 108. 匿名 2018/03/23(金) 20:07:03 

    亡くなられてからの奥様の献身が素晴らしい。
    「愛は消えるけれど尊敬は永遠」の意味がわかった。
    そういう絆で繋がっていた2人が羨ましい。

    +150

    -2

  • 109. 匿名 2018/03/23(金) 20:08:53 

    三島こそ本物の保守

    +94

    -0

  • 110. 匿名 2018/03/23(金) 20:10:48 

    井浦新の三島役がすごく上手だった
    あの鼻が少し詰まったような声
    映画『11.25 自決の日』です

    +36

    -5

  • 111. 匿名 2018/03/23(金) 20:13:28 

    越路吹雪と付き合ってたのはガセ?
    三島の母親は結婚すると思ってたとか・・・

    +30

    -1

  • 112. 匿名 2018/03/23(金) 20:14:25 

    文学者としても、憂国者として日本に必要な人だった
    東京裁判史観からまだ抜け出せない今の日本をどう思うだろう
    【憂国忌 まとめ読み】遺書全文、檄文、楯の会会員の証言集…11月25日の命日に三島由紀夫を振り返る - 産経ニュース
    【憂国忌 まとめ読み】遺書全文、檄文、楯の会会員の証言集…11月25日の命日に三島由紀夫を振り返る - 産経ニュースwww.sankei.com

    11月25日は、東京・市谷の自衛隊駐屯地で自決した作家、三島由紀夫(1925~70年)の命日。この日に三島を追悼する「憂国忌」が毎年開かれ、故人の業績をしのんで…

    +86

    -2

  • 113. 匿名 2018/03/23(金) 20:19:12 

    三島の思想を崇拝してる人にって馬鹿だと思う。
    三島の文学のファンですが、だからこそ右に傾倒していく経緯もわかる訳で。
    そんな奇麗な話じゃない。
    だからこそ三島が好きだけど、神格化してる奴らには反吐がでる。

    +61

    -16

  • 114. 匿名 2018/03/23(金) 20:20:53 

    今更ながら思うのは、この時代の文化人の語彙の豊富なこと。
    流れるように話しているのは、日常から使っているからだろうね。
    現代の場合、勉強と知識の深さ、思慮深さは別というイメージ。

    +140

    -0

  • 115. 匿名 2018/03/23(金) 20:23:43 

    東大出身

    +17

    -0

  • 116. 匿名 2018/03/23(金) 20:24:00 

    >>100
    仮面の告白

    +2

    -0

  • 117. 匿名 2018/03/23(金) 20:26:05 

    ナルシストの塊に思ってた。
    ゲイ
    ボディービル
    妹溺愛

    もちろん文章は素晴らしいと思う。でも自己愛の塊のような自分に酔った文章も多い

    自殺の時も、俺を見てーという陶酔のようなものを感じた

    +61

    -12

  • 118. 匿名 2018/03/23(金) 20:27:14 

    155センチ

    +4

    -15

  • 119. 匿名 2018/03/23(金) 20:29:00 

    三島さんが美輪さんにホレてたのは事実だと思うよ
    黒蜥蜴かなんかで「美輪とキスできるならでる」って条件で出演して実際キスしてる
    美輪さんに低身長をからかわれて傷ついて好きになっちゃったらしいw

    +122

    -4

  • 120. 匿名 2018/03/23(金) 20:32:10 

    ただのホモだよ

    +1

    -29

  • 121. 匿名 2018/03/23(金) 20:33:17 

    >>114
    勉強した方が知識もつくし思慮深くなりますよ
    どちらかというと
    テレビの影響で過剰なノリが求められるばかりに知識も思慮深さも煙たがられるイメージ

    +31

    -1

  • 122. 匿名 2018/03/23(金) 20:35:00 

    >>3
    バイ

    +6

    -4

  • 123. 匿名 2018/03/23(金) 20:36:08 

    三島由紀夫の小説気になっているのですが
    読みやすい小説ありますか?(´・ω・`)

    +33

    -0

  • 124. 匿名 2018/03/23(金) 20:37:51 

    >日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。

    本当にその通りになってきてるよね・・・。

    +128

    -1

  • 125. 匿名 2018/03/23(金) 20:38:44 

    日本の事なんて考えてなくて自殺をするために憲法第9条を名目にしたとしか思えない。ゲイなので自衛隊が好きだったんじゃないかな。

    +3

    -41

  • 126. 匿名 2018/03/23(金) 20:39:37 

    前に働いていた喫茶店のマスターが、三島由紀夫さんの自決シーンをテレビで中継しててみたと言ってました。
    切腹した後、介錯は3回目で成功したそうです。

    +57

    -4

  • 127. 匿名 2018/03/23(金) 20:40:17 

    この人に限らず文学者は自殺しすぎ。頭のいい人ほどそうなってしまうのかな。

    +122

    -0

  • 128. 匿名 2018/03/23(金) 20:40:36 

    春の雪の主人公とヒロインとのキスシーンがとても美しくて、文章読んでいるのに映像で見たかのようにはっきりと場面を思い浮かべることができた。数年前に読んだのに、その場面だけは今も映像で思い出すことができる。
    こうして文章にしてみるとなんかヤバい奴みたいだけど、とても美しかったんです

    +90

    -1

  • 129. 匿名 2018/03/23(金) 20:43:34 

    >>123
    発表時大衆誌に掲載されていた類の短編集から読んでみては。
    「女神」「音楽」などは女性が主人公ですしお薦めです。

    +23

    -0

  • 130. 匿名 2018/03/23(金) 20:44:08 

    >>123
    潮騒とか読みやすいかな?
    あんまり三島由紀夫っぽくないけど

    +45

    -0

  • 131. 匿名 2018/03/23(金) 20:45:23 

    三島由紀夫の人生って奇妙でおもしろいね
    詩を書く病弱の青白い少年で、その後も大蔵省勤務やらノーベル賞作家候補まさにエリートって感じな人生から、自衛隊に体験入隊して最終的に民兵組織作っちゃうんだもんね。
    文武両道を体現しようとしてたらしいけど、文から武へ移っていく様子がおもしろい。
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +100

    -0

  • 132. 匿名 2018/03/23(金) 20:46:37 

    >>123
    「春の雪」「憂国」「音楽」「潮騒」あたりはいかがですか?

    「憂国」は、二・二六事件をテーマにした短編
    「春の雪」は妻夫木聡、竹内結子で映画化もされていますので入りにくい場合は映画を観てから原作を読むと入りやすいかもしれませんね

    +59

    -0

  • 133. 匿名 2018/03/23(金) 20:48:38 

    もうあのトピから一年が経ったんですね。
    私はあのトピで石原慎太郎さんが黒田博樹さんのことを語っている文章を読めて本当に良かったです。
    ありがとうございます。

    +19

    -0

  • 134. 匿名 2018/03/23(金) 20:52:29 

    >>110
    ARATAという芸名で活動してたけど
    三島を演じたから井浦新に変えたんだよね
    役者魂だなあって感動したわ

    +75

    -8

  • 135. 匿名 2018/03/23(金) 20:53:23 

    >>131
    祖母が母親から取り上げて、部屋の中で長い時間二人きりで過ごした幼少の時間があるから
    色々とあるんだろうね。

    +57

    -0

  • 136. 匿名 2018/03/23(金) 20:54:22 

    やっぱり自国の防衛を他国に預けてるってのは、どうみても変だよね。

    そのせいでアメリカにはNOと言えなくなってる状況が70年も続いているし。

    まずメディアを直していかないとダメかな

    +122

    -0

  • 137. 匿名 2018/03/23(金) 20:54:55 

    春の雪で三島由紀夫にハマったわ
    それで豊饒の海全部読んだけど
    3巻だけ仏教用語のオンパレードでちんぷんかんぷんだったw
    自決前に最後に書いたのが豊饒の海4巻なんだっけ

    +65

    -0

  • 138. 匿名 2018/03/23(金) 20:55:29 

    どうしてお腹斬ったのに生首なんですか?

    +2

    -31

  • 139. 匿名 2018/03/23(金) 20:55:52 

    中二病オッサン

    +3

    -30

  • 140. 匿名 2018/03/23(金) 20:55:55 

    三島邸の近くに住んでます

    +33

    -0

  • 141. 匿名 2018/03/23(金) 20:58:08 

    待ってました。
    このトピ!三島由紀夫さんの小説大好きです。あの文才はすごいです。
    好きな作品は、春の雪と命売りますです。
    皆さんは、三島事件の舞台となった防衛庁に行ったことはありますか?
    リアルで三島事件を知らないのが残念!!
    テレビでみたかったです。

    +52

    -2

  • 142. 匿名 2018/03/23(金) 20:58:46 

    >>138
    武士が腹を斬る時の作法です
    腹を斬って中に何もないことを証明したら
    すぐに首を落としてやるのが情けなんです
    だから首を斬るのは上手な人がやらなきゃならない

    ちょっとね、無念だったろうね

    +105

    -0

  • 143. 匿名 2018/03/23(金) 20:59:42 

    >>138
    介錯するからです

    時代劇などの切腹シーンを見ていると切腹する人の隣に刀を持って立っている人がいますよね
    介錯人です
    苦しまないように首を切り落とすので腕がいい人でないと務まりません
    三島氏を介錯時代劇人は昔の侍のような腕があるわけではなかったので一度で落とせなかったのです

    +80

    -1

  • 144. 匿名 2018/03/23(金) 21:01:05 

    実は私は「愛国心」といふ言葉があまり好きではない。
    何となく「愛妻家」といふ言葉に似た、背中のゾッとするやうな感じをおぼえる。
    この、好かない、といふ意味は、一部の神経質な人たちが
    愛国心といふ言葉から感じる政治的アレルギーの症状とは、また少しちがつてゐる。
    ただ何となく虫が好かず、さういふ言葉には、できることならソッポを向いてゐたいのである。
    この言葉には官製のにほひがする。また、言葉としての由緒ややさしさがない。
    どことなく押しつけがましい。反感を買ふのももつともだと思はれるものが、その底に揺曳してゐる。

    ↑物凄く分かるけど、三島が今生きててこういう事
    書いてたら在日だのなんだのと叩かれそう

    +57

    -2

  • 145. 匿名 2018/03/23(金) 21:02:00 

    「大体私は女ぎらいというよりも、古い頭で、「女子供はとるに足らぬ」と思って
    いるにすぎない。
    女性は劣等であり、私は馬鹿でない女(もちろん利口馬鹿を含む)にはめったに会ったことがない。
    事実また私は女性を怖れているが、男でも私がもっとも怖れるのは馬鹿な男である。まことに馬鹿ほど怖いものはない。」

    「また註釈を加えるが、馬鹿な博士もあり、教育を全くうけていない聡明な人も沢山
    いるから、何も私は学歴を問題にしているのではない。
    こう云うと、いかにも私が、本当に聡明な女性に会ったことがない不幸な男である、
    という風に曲解して、私に同情を寄せてくる女性がきっと現れる。こればかりは断言してもいい。
    しかしそういう女性が、つまり一般論に対する個別的例外の幻想にいつも生きている女が、実は馬鹿な女の代表なのである。」

    「女性は抽象精神とは無縁の徒である。音楽と建築は女の手によってろくなものはできず、透明な抽象的構造をいつもべたべたな感受性でよごしてしまう。
    構成力の欠如、感受性の過剰、瑣末主義、無意味な具体性、低次の現実主義、これらはみな女性的欠陥であり、芸術において女性的様式は問題なく「悪い」様式である。
    私は湿気の高い感性的芸術のえんえんと続いてきた日本の文学史を呪わずにはいられない。」

    「私は芸術家志望の女性に会うと、女優か女声歌手になるのなら格別、女に天才というものが理論的にありえないということに、どうして気がつかないかと首をひねらざるをえない。」

    +31

    -4

  • 146. 匿名 2018/03/23(金) 21:02:12 

    金閣寺読むと、なんか三島の一部を垣間見たような気がするよね

    +11

    -2

  • 147. 匿名 2018/03/23(金) 21:04:11 

    >>143
    変換ミスしました
    三島氏を介錯時代劇人×

    三島氏を介錯した人

    +21

    -0

  • 148. 匿名 2018/03/23(金) 21:05:41 

    >>144
    言葉に出すべき思いじゃないと思ってるんじゃないの?
    たとえになるかわからないけど「イクメン」と言ってはばからない人とかいるじゃん
    そういう感覚じゃないかと

    +41

    -3

  • 149. 匿名 2018/03/23(金) 21:05:55 

    からっ風野郎が見てみたいです。
    薔薇刑欲しいです。

    +8

    -1

  • 150. 匿名 2018/03/23(金) 21:06:30 

    仮面の告白読むと三島由紀夫の性癖がよく分かるわ

    +12

    -2

  • 151. 匿名 2018/03/23(金) 21:08:27 

    >>144
    そりゃ似たような内容で日本人をだましてきた反日左翼のせいだね
    愛国左翼はいていいのよ

    +30

    -1

  • 152. 匿名 2018/03/23(金) 21:09:09 

    三島が大蔵省時代に、大臣の読み上げる原稿書いて怒られたエピソードすこ
    >大蔵省入省してすぐの頃、文章力を期待された三島は、国民貯蓄振興大会での大蔵大臣(栗栖赳夫)の演説原稿を書く仕事を任された。その冒頭文に三島は、〈…淡谷のり子さんや笠置シズ子さんのたのしいアトラクションの前に、私如きハゲ頭のオヤジがまかり出まして、御挨拶を申上げるのは野暮の骨頂でありますが…〉と書き、課長から怒られ赤鉛筆でバッサリと削られた。将来有名作家となる三島の原稿を削除したという一件は、後々まで大蔵省内で語り継がれるエピソードとなる。

    +83

    -0

  • 153. 匿名 2018/03/23(金) 21:12:02 

    >>124
    >日本はなくなって、その代わりに、無機的な、からっぽな、ニュートラルな、中間色の、富裕な、抜目がない、或る経済的大国が極東の一角に残るのであろう。

    そしてもう「富裕な」と「経済的大国」の部分が欠落しそう・・・

    +88

    -0

  • 154. 匿名 2018/03/23(金) 21:12:32 

    >>149
    からっ風野郎、三島さんが俳優として出た映画ですよね

    私も写真集の薔薇刑が欲しいです

    +25

    -0

  • 155. 匿名 2018/03/23(金) 21:18:18 

    >>123
    「命売ります」「潮騒」が読みやすいと思う。
    あと小説ではないけどエッセイをまとめた「不道徳教育講座」や日本人へのメッセージが詰まった「若きサムライのために」とか読みやすくて面白いよ!

    +53

    -0

  • 156. 匿名 2018/03/23(金) 21:25:17 

    >>139
    それはハルキ ムラカミ

    +47

    -2

  • 157. 匿名 2018/03/23(金) 21:26:06 

    >>155
    「不道徳教育講座」面白いですよね!
    皮肉が効いていてユーモアとセンスがある
    ブラックな内容なのにやはり文章が美しいところがすごいなと

    +30

    -0

  • 158. 匿名 2018/03/23(金) 21:31:06 

    >>145
    これに関しては現代ではなんJ民が好きなコピペって印象
    馬鹿な男のせいで

    +9

    -2

  • 159. 匿名 2018/03/23(金) 21:31:52 

    たまたま今、図書館で借りた三島全集読んでる。学生の頃読んで、それから長い年月が過ぎそれなりに人生経験も積んで、少しは分かるようになったかなと思って手にしたが、やはり難しい、難解。よくこんなところまで考え付くなあと思ってしまう。それが作家というものなのかも知れないが、本気で日常そこまで一々気付いていたら、生きにくいだろうなとも思う。私には似合いの平凡な程ほどの感性が幸せだわ。

    +59

    -1

  • 160. 匿名 2018/03/23(金) 21:34:05 

    自決と自殺は違う。
    西郷隆盛、乃木希典が地獄に落ちていると思うか。落ちてないよ。
    国民から慕われているからね。私は高天原の世界にかえってると。

    三島の過去世、前世は日本神道 邇邇芸命ニニギノミコト。
    現代人に大和魂を取り戻せ、国防など国民に警鐘を鳴らすのが人生の使命だった。
    あのような行動に出たのは小説に限界を感じたから。などなど
    三島由紀夫の霊言本 信じる信じないはその人の判断ですけど、三島霊はキレきれの発言でなぜか内容がビューティーだったw 

    +7

    -51

  • 161. 匿名 2018/03/23(金) 21:37:30 

    幼い頃辞書ばっかり読んでたって聞いた。
    あれほどの文章を書ける作家が今いるかな。
    だから読む方もちょっと大変だけど!

    +61

    -0

  • 162. 匿名 2018/03/23(金) 21:40:18 

    >>15
    ノブ姐が森田必勝の許嫁だったと知った時は本当に驚いたw

    +36

    -1

  • 163. 匿名 2018/03/23(金) 21:41:21 

    >>53
    最も自らが美しく際立つ仕立てにした軍服
    美意識とナルシズムを感じる
    小説は女性のことをよく観察していたし、それはもしかしたら嫌悪感なのか

    +49

    -0

  • 164. 匿名 2018/03/23(金) 21:44:35 

    >>145
    昭和の男なんて多くがこういうこと公言してたよ。三島だって今生きてたらこんなこと思ってても口に出す勇気はないだろうね。その意味ではいい時代になったよ。

    +12

    -5

  • 165. 匿名 2018/03/23(金) 21:45:14 

    >>160さん
    ここは、皆んなが見る掲示板です。
    貴方がオススメしたいお気持ちは充分、存じ上げます。しかし、三島さんの気持ち自体は三島さんにしかわからないことです。
    この様な本を掲載するのは、如何なものかと思います。
    失礼な発言、申し訳ございません。

    +85

    -1

  • 166. 匿名 2018/03/23(金) 21:46:32 

    日本の小説が確立されたのって川端・三島からって言われてるよね

    +7

    -1

  • 167. 匿名 2018/03/23(金) 21:50:03 

    >>151
    全く違う。無教養で知性の低い右翼(愛国者)と一緒にされたくないって意味。三島はその辺のチンピラ右翼なんか相手にもしていなくて自分こそが本物の知性ある愛国者だと考えていたんだよ。

    +65

    -0

  • 168. 匿名 2018/03/23(金) 21:50:26 

    >>166
    言われてないよ。

    +2

    -0

  • 169. 匿名 2018/03/23(金) 21:50:29 

    美徳はあれほど人を孤独にするのに、不道徳は人を同胞(きょうだい)のように仲良くさせる。

    美徳のよろめき

    +42

    -2

  • 170. 匿名 2018/03/23(金) 21:51:10 

    初めて読んだのがレター教室でした。
    次は何が良いのだろう。

    +14

    -1

  • 171. 匿名 2018/03/23(金) 21:55:26  ID:83ZARKTIjN 

    豊饒の海はじめ文章美し過ぎてため息つかずには読めません。

    しかし自害したのは美意識に溺れてると思う。自分が老いることにも世の中を自力で変えられない無力感も受け止められない逃げの愚行、もしくは美意識の暴走。

    +55

    -1

  • 172. 匿名 2018/03/23(金) 21:57:27 

    美輪さんが三島のことを絶賛しているのは知っているけど、最近、本当は三島の本懐を理解していない部分があるのではないかと思うことも

    +73

    -1

  • 173. 匿名 2018/03/23(金) 21:59:56 

    呵々大将 (竹邑類著)を読まれた方いらっしゃいますか?
    演出家の竹邑氏(愛称ピーター)が、まだ無名のフーテンだった若い頃に三島と知り合い、いまでいうクラブで一緒に遊んだり、三島の提案で高級レストランで悪ふざけをしたりといった青春が描かれています。
    あの時代の不良の風俗に興味を持った三島は、彼らと行動を共にして、それを元に「葡萄パン」「月」という2つの短編を書いたそう。
    その竹邑氏も数年前にお亡くなりになったようですが……。

    +4

    -0

  • 174. 匿名 2018/03/23(金) 22:01:42 

    ノーベル文学賞がとれたかもしれない人
    生きた時代が悪かった

    +24

    -2

  • 175. 匿名 2018/03/23(金) 22:02:26 

    誰だったかが三島由紀夫が生きてたら絶対羽生くんを絶賛してたって言ってた
    分かる気がする

    +105

    -5

  • 176. 匿名 2018/03/23(金) 22:05:35 

    最近テレビみてたら外国人の女性が
    「三島由紀夫が好きな男性のタイプです」って言ってたw

    +37

    -2

  • 177. 匿名 2018/03/23(金) 22:08:31 

    >>80
    っていうかバイなんでしょ
    昔の日本の同性愛がまさにこれ
    よくゲイが「日本は昔は同性愛に寛容だったのに~」とかいうけどそれは違う
    ちゃんと結婚も子供も産んで責任果たしながらも男性とも遊んでたってだけ

    +83

    -3

  • 178. 匿名 2018/03/23(金) 22:09:34 

    切腹

    +0

    -3

  • 179. 匿名 2018/03/23(金) 22:10:28 

    >>42
    中国だけじゃなくイタリアやフランスでも人気だった
    芸術に造詣が深い国ほど認めてくれてる印象

    +30

    -1

  • 180. 匿名 2018/03/23(金) 22:14:11 

    気になる作家さんです。
    まさかあんな亡くなり方をされてたなんて。あの演説をYouTubeで聞きましたが、みんな静かに聞いてほしかった。というよりもこの人を死なせないでほしかった。

    こんな個性的な方が書いた作品を読んでみたい。この人の代表作は何ですか?ちなみに気になる作品は「音楽」です。

    +25

    -2

  • 181. 匿名 2018/03/23(金) 22:34:06 

    >>180
    熱い人をバカにする風潮って学生時代にあったよね
    まさに自衛隊で叫んでた時がそうだった
    あの時代自衛隊も士気もなかったしね・・・

    +62

    -0

  • 182. 匿名 2018/03/23(金) 22:37:04 

    >>181あのヤジ達は三島さんの事をバカにしてたのね。
    まさか本当に亡くなるとは思ってなかったんだろうけど酷いよね。

    +37

    -0

  • 183. 匿名 2018/03/23(金) 22:41:29 

    切腹した後の介錯が何度も失敗して
    苦しみながら亡くなったと聞いて涙でる

    +61

    -0

  • 184. 匿名 2018/03/23(金) 22:45:28 

    >>180
    代表作はやはり「仮面の告白」「金閣寺」「潮騒」
    「憂国」「豊饒の海」など
    あとは「鹿鳴館」「美徳のよろめき」など

    「音楽」や「永すぎた春」も良い作品ですよ

    +19

    -0

  • 185. 匿名 2018/03/23(金) 22:50:44 

    >>182
    まぁ、檄は聞こえないし状況的にいって「総監を拉致監禁中」だからね……
    総監自身が「気でも狂ったのか」と三島たちに聞いたくらいだから。

    +18

    -0

  • 186. 匿名 2018/03/23(金) 22:54:35 

    うわ、バイとか最悪

    +0

    -31

  • 187. 匿名 2018/03/23(金) 23:05:48 

    三島由紀夫は自殺した。
    オーラの泉で、美輪明宏と江原啓之が、常々、自殺した人は、ずっと成仏出来ずに、そこにとどまり、ずっとそこから出られない…みたいな事を言っていた。

    それが事実なら、三島由紀夫は今も、自殺した場所で後悔の念を抱き苦しんでいるのかなぁ? って考えてしまう。

    +5

    -13

  • 188. 匿名 2018/03/23(金) 23:11:31 

    三島の生写真を父が大切にとっていた思い出。もう好きとか嫌いではなく伝説ですよね。

    アンチも多きゃ不安も多い、奇行ともとれる逸話ですらなんだか華やかで。カリスマってこういう人の事を言うんだなーと思います。私も中学で豊穣の海シリーズ読んでから大好き。圧倒的な作家です。オマージュも大方読みましたが、どの作家さんも多分三島が好きすぎて、普段力量のある作家さんもあんまり面白くなくなってるのがまた面白いです。腰が引けるのかなあ。

    小池真理子さんの『欲望』は比較的面白いなと思いました。文豪、って言葉がふさわしい人最近出ませんよね。

    +40

    -0

  • 189. 匿名 2018/03/23(金) 23:16:58 

    絶対的な存在かなあ。文学においては。

    嫌いな人がいるのはわかるけれど、あの時代にあの性癖、あのコンプを抱えてあそこまで綺羅綺羅しい文章を紡げるのは凄い。圧倒的な完成と知性に裏打ちされたオリジナルな存在。

    私は美徳のよろめきが1番好き。
    何回読んでも新しくて、その日の気分で読後感が違う。所詮文庫版ですが、全巻持っています。

    +42

    -0

  • 190. 匿名 2018/03/23(金) 23:30:22 

    潮騒好きだったなぁ
    金閣寺以降の、どんどん壊れていく感じが怖かった

    +8

    -0

  • 191. 匿名 2018/03/23(金) 23:48:16 

    BSでやってる「命売ります」のドラマのナレーションを美輪さんがしてますね。
    主題歌担当が人間椅子なのがすごく好きです。
    ご覧になってる方いますか?

    +10

    -0

  • 192. 匿名 2018/03/23(金) 23:49:22 

    >>49
    あなたの誤字脱字が多すぎて

    +0

    -2

  • 193. 匿名 2018/03/23(金) 23:50:37 

    華美な文章ですが無駄が無いと思います。
    人より鋭敏な感性と深い眼差しを持ち、心が豊かだったのでしょう。それから研ぎ澄まされた言葉を私たちに与えてくれるのです。

    +21

    -0

  • 194. 匿名 2018/03/23(金) 23:53:29 

    なんとも有意義な週末
    このトピを見ていたらまた読み返したくなりました
    主ありがとう

    +31

    -0

  • 195. 匿名 2018/03/23(金) 23:56:25 

    おそらくヨーロッパの方は好きだろうね

    +27

    -1

  • 196. 匿名 2018/03/24(土) 00:04:45 

    三島由紀夫の著書を読んだ事もなく彼についての知識もあまり無かったけどここ見てたら彼について色々調べたくなりました。
    ガルちゃん民の博識ぶりには毎度驚かされます。
    書き込みしてくれた皆さんありがとう。

    +72

    -1

  • 197. 匿名 2018/03/24(土) 00:04:53 

    川端と組んで、絶対に太宰に直木賞取らさぬ画策したのは有名。筋トレに励みつつ意外に女々しい。

    +2

    -11

  • 198. 匿名 2018/03/24(土) 00:09:25 

    剣と寒紅

    +1

    -1

  • 199. 匿名 2018/03/24(土) 00:11:45 

    日本語の勉強になる人

    +21

    -0

  • 200. 匿名 2018/03/24(土) 00:14:01 

    >>33
    壬生義士伝思い出した

    +1

    -0

  • 201. 匿名 2018/03/24(土) 00:17:23 

    現実逃避に潮騒は最適

    ※受験前日に読み耽りました

    +24

    -0

  • 202. 匿名 2018/03/24(土) 00:26:56 

    >>127
    頭いいってか、考えすぎ。自意識過剰すぎ

    +6

    -10

  • 203. 匿名 2018/03/24(土) 00:44:55 

    >>182
    野次の連中は自衛隊の主戦力じゃなかった。
    だからこそあの結果になったし、そうでなければ結果は変わってた可能性がある。 
    何も知らないくせにわかったような口きくな。

    +1

    -11

  • 204. 匿名 2018/03/24(土) 00:55:32 

    私兵を組織する気持ちは分かる
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +20

    -5

  • 205. 匿名 2018/03/24(土) 00:57:15 

    >>99

    大佛次郎もね。

    +3

    -0

  • 206. 匿名 2018/03/24(土) 01:16:08 

    三島由紀夫は本も思想も好きだったけど、今の日本が、日本人というべきか、失望してから、パフォーマンスもあったかもしれないけどこんな国のために自決した三島由紀夫があまりにも滑稽で犬死に思えてしまい、以来文学のみ好きという状態。

    +25

    -4

  • 207. 匿名 2018/03/24(土) 01:44:59 

    >>203意味もわからないし何故そんなにケンカ口調?

    +7

    -0

  • 208. 匿名 2018/03/24(土) 01:45:14 

    純文学にハマり出した主人に「これ面白いよー」って潮騒やら仮面の告白を勧めたらどハマりしてしまった。最初は私も一緒になって楽しんで、金閣寺ゆかりの地を巡る旅とかしてたんだけど、私も読んだことのない文化防衛論とか若きサムライたちへとか買ってきたころからおかしくなって、思想や口調とかも真似するようになり、筋トレを始めて、「下着を褌にしたい」「木刀が欲しい」とか言い出した。行動学入門を真似して、身近な人を題材にしたエッセイを書き始めた。私のことも三島の文調で批判してきた。
    今はだいぶ落ち着いて他の人の本も読んでるけど、当時は離婚を考えるほど辛かった。

    +78

    -0

  • 209. 匿名 2018/03/24(土) 01:48:57 

    >>184ありがとうございます。
    ちなみに「音楽」は穏やかなお話かな?と思って本の裏のあらすじを見たら、タイトルに似合わず激しいことが書いてあったので気になりました(笑)

    +6

    -0

  • 210. 匿名 2018/03/24(土) 02:04:52 

    江頭2:50とかさなるのは私だけかな‥

    +8

    -6

  • 211. 匿名 2018/03/24(土) 02:10:54 

    読書の習慣が全くない人間だけど、ここ見てたら読みたくなりました。
    レター教室、読んでみたいな
    三島さん、魅力溢れる人なんだね。
    しばらく前に興味があって、三島さんをネットで調べたことあったけど、語れるほど覚えてなかった
    このトピの人達すごい。。

    日本を愛してやまない人だからこそ、生きて間違いを諭していて欲しかった

    +39

    -0

  • 212. 匿名 2018/03/24(土) 02:13:14 

    コンプレックスに殺された人だと思う
    美へのこだわりは過剰な自己愛の現れ
    弱い心を隠すために体を鍛えたりして…(本人がそう書いてた)

    +41

    -0

  • 213. 匿名 2018/03/24(土) 02:16:28 

    >>208
    それほど人に影響を与える文学者なんだよね
    フランスの有名人で三島の影響で自決した人がいたりね

    +23

    -0

  • 214. 匿名 2018/03/24(土) 03:18:38 

    >>59
    村上春樹なんて反日だし、小説が全く面白くない
    マスコミが異様に持ち上げるのも気持ちが悪い

    +52

    -0

  • 215. 匿名 2018/03/24(土) 03:27:17 

    豊田貞子と交際していた時の話は、こんな恋愛をしていたのね、と微笑ましい。

    +10

    -0

  • 216. 匿名 2018/03/24(土) 03:35:18 

    >>205
    だいぶ…おさらぎね

    +0

    -0

  • 217. 匿名 2018/03/24(土) 03:45:31 

    思春期に短編の「剣」をよく読んでた
    後輩の視点から国分と賀川の関係や心の揺らぎを観察する感じ
    実にシンプルで無駄がなかった
    原因不明のもやもやでイライラしていた自分のバランスを取ってくれていた

    +4

    -1

  • 218. 匿名 2018/03/24(土) 05:45:20 

    ずっと前にガルちゃんかなんかで男尊女卑が酷いとか見た気がするんだけど、実際どうなの?

    +0

    -0

  • 219. 匿名 2018/03/24(土) 06:34:21 

    人間の最も醜悪な部分と崇高な美しさと両方を併存させた稀有な人ですよね。突飛な行動で有名で作品も技巧的ですが、高校生頃位の直筆を見たら、今まで目にしたことのない、目の覚めるような清らかで美しい達筆でした。それまでは露悪趣味的なところがあまり好きではなかったのですが、あの直筆を見てから、内面は本当に善良で純粋な方だったと思うようになりました。もう少し自由な時代、時期に生まれていたら、もう少し楽に生きられたのかな…、と思います。

    +24

    -1

  • 220. 匿名 2018/03/24(土) 06:43:21 

    昨夏お伊勢参りに行ったとき鳥羽まで伊勢湾フェリーに乗って渡りました。途中潮騒の舞台となった神島が肉眼でもはっきりと見え、島の端にあるあの灯台が物語のそれかな?と思いながら眺めていました。少し割高のプランかもしれませんが関東から行かれる方はフェリー利用おすすめですよ!

    +10

    -0

  • 221. 匿名 2018/03/24(土) 06:46:31 

    作風の幅がともかく広い人だと思う。一時期手当たり次第に読んでたけどこんなものまで書けるの!これを書いた人がこれを書く?って驚き通しだった。

    +14

    -0

  • 222. 匿名 2018/03/24(土) 07:24:20 

    >>205
    大佛次郎の奥さんがたくさん猫を飼っていて、今で言う地域猫にも餌をやっていたんだよね
    大佛次郎が「また増えたのか」みたいなことを言ったら、奥さんが「その猫はお客様です。(ごはんを)食べたらお帰りになります」と言ったというエピソードが好き 笑

    +12

    -1

  • 223. 匿名 2018/03/24(土) 07:38:55 

    三島由紀夫の作品好きです。
    若くして自殺したけど、ノーベル文学賞受賞してたら
    長生きしてたかな。
    年取った三島も観たかったな。

    +29

    -0

  • 224. 匿名 2018/03/24(土) 07:44:21 

    「金閣寺」や「仮面の告白」みたいな、内省的な、自伝的要素のある作品が好きです。
    ほかにも「美徳のよろめき」「音楽」など、いくつか作品は読んだけど、なんかこう今ひとつ世界観に入りきれなかった。
    第三者を描く作品は、私個人としてはぐっと来なかった。
    やっぱり、一番好きな人は自分だったんだろうな、と思う。
    他人にはあんまり興味がなかったんじゃないかな。
    美意識が高い、ストイックなナルシストって、書いてるだけで厄介な感じがするけど、それもある意味いろいろな思いの裏返しなのかもしれないなあと、皆さんのコメントを見て改めてそう感じた。
    でも、そういうものが昇華して作品になってるんだろうなあ。
    今生きていたら、SNSとかにハマってTwitterとインスタで色々発信してそう 笑

    +24

    -0

  • 225. 匿名 2018/03/24(土) 08:02:01 

    >>157私も不道徳教育講座好きです!
    何回も読み返してるし、人にも買ってプレゼントしたりしてますw

    +13

    -0

  • 226. 匿名 2018/03/24(土) 08:40:18 

    午後の曳航がすき

    +18

    -0

  • 227. 匿名 2018/03/24(土) 09:01:16 

    すごく昔の人って感じがするけど、そうでもないんだよね。

    +24

    -0

  • 228. 匿名 2018/03/24(土) 09:07:11 

    美智子皇后をお見合いでふった人。人を見る目が凄いね。
    美智子皇后、家柄が悪いから両家の男性13人から断られた。

    +46

    -9

  • 229. 匿名 2018/03/24(土) 09:21:17 

    >>32

    ダウンタウンの松っちゃんも中年で身体鍛え出したな

    +5

    -0

  • 230. 匿名 2018/03/24(土) 09:22:22 

    うちの親が若い頃実物見たらしいけど小柄だったって言ってたわ

    +9

    -0

  • 231. 匿名 2018/03/24(土) 09:28:08 

    >>197

    でも、その女々しさも魅力ではあるんだよな
    作品にもそういう面出てるし

    +7

    -0

  • 232. 匿名 2018/03/24(土) 09:30:29 

    >>228

    >美智子皇后、家柄が悪いから両家の男性13人から断られた。

    ネットの時代だしだいぶ広まってるから言うわ。
    美智子さんの生まれは新平民。GHQと組んで小麦を輸入した。玉の輿を狙って夜な夜なパーティ。
    戸籍を買おうとして断られた。群馬出身の人達はみんな知ってる。
    皇后入内とGHQ - BBの覚醒記録 
    皇后入内とGHQ - BBの覚醒記録 blog.goo.ne.jp

    皇室をを浄化、本来の皇室に立ち戻るべきと思う方は、ポチ参加で意思を表明してください。最重要記事の一つで、永久保存希望です。皇后は以下の入内にあたってGHQの関与がなかったか?とりあえず第一級「資料」として皆さまにご提示します。第三十一回国会衆議院内閣...


    +17

    -5

  • 233. 匿名 2018/03/24(土) 09:35:54 

    >>106
    この動画、大義についてのところが好き
    結婚や子供を持つことについて悩んでた頃、この部分に深く感銘を受けた

    『ただ人間が自分のために生るとうことだけには、賤しいものを感じてくるのは当然なのであります。
    人間の生命というのは不思議なもので、自分のためだけに生きて、自分のためだけに死ぬというほど人間は強くないんです。
    というのは人間は何か理想なり、何かのためということを考えているので、生きるのも自分のためだけに生きることには飽きてしまう。
    (中略)
    心のなかに自分を超える価値が認められなければ、生きてることすら無意味になるというような心理状態がないわけではない。』

    +15

    -0

  • 234. 匿名 2018/03/24(土) 09:39:27 

    なんか二年くらい前に
    この人が当時自殺する前の日にTelかかって来た人がTVで出てたよ

    外出で居なかったんだけど
    次の日にあんな事になって…って言ってた

    あと当時に情勢の事も言ってたけど左翼の学生運動とかで
    ガチで日本転覆させようとしてた位に日本国内が荒れてたんだって
    本当に危ない状態だったんだって言ってた
    過去の事件とかニュースをググルと本当にそうだったんだろうな〜って思う
    最悪な時代だったんだろうね

    +23

    -0

  • 235. 匿名 2018/03/24(土) 09:50:20 

    春の雪
    耽美で、古き良き日本人の世界観って感じ。

    +21

    -0

  • 236. 匿名 2018/03/24(土) 09:51:03 

    数年前にこの人の小学生の時の作文読んで度肝抜かれた
    それまで日の丸は地味だなぁと思ってたけど知らなかったし恥ずかしくなったw
    それ以来は五輪とか国旗見かける機会があるとこの文章思い出す様になったし
    賢過ぎて小学生が書く文章じゃない


    >平岡公威(三島由紀夫)11歳の作文

    「我が国旗」

    徳川時代の末、波静かなる瀬戸内海、或は江戸の隅田川など、あらゆる船の帆には白地に朱の円がゑがかれて居た。
    朝日を背にすれば、いよよ美しく、夕日に照りはえ尊く見えた。それは鹿児島の大大名、天下に聞えた
    島津斉彬が外国の国旗と間違へぬ様にと案出したもので、是が我が国旗、日の丸の始まりである。
    模様は至極簡単であるが、非常な威厳と尊さがひらめいて居る。之ぞ日出づる国の国旗にふさはしいではないか。
    それから時代は変り、将軍は大政奉くわんして、明治の御代となつた。
    明治三年、天皇は、この旗を国旗とお定めになつた。そして人々は、これを日の丸と呼んで居る。
    からりと晴れた大空に、高くのぼつた太陽。それが日の丸である。

    +63

    -0

  • 237. 匿名 2018/03/24(土) 09:53:48 

    元々漫画でも耽美なのが好きだから三島由紀夫も好き

    +8

    -0

  • 238. 匿名 2018/03/24(土) 10:00:25 

    生前、海外のインタビューにも答えてるよね
    ブリティッシュイングリッシュで
    三島らしいなって感じ

    +18

    -0

  • 239. 匿名 2018/03/24(土) 10:47:53 

    三島由紀夫の言葉で好きなの沢山あるけど

    女は占領されない

    この言葉が好き

    +22

    -0

  • 240. 匿名 2018/03/24(土) 11:21:24 

    振った女がまさか皇族と結婚するだなんて思わなかっただろうなー
    しかもそこからどんどん皇族の問題が起こるなんて誰が想像出来たんだろ

    +23

    -2

  • 241. 匿名 2018/03/24(土) 11:26:47 

    飽きちゃう性格だから『雨のなかの噴水』しか読んだことなかったけど長編も読んでみたいと思った
    皆ありがとう!

    +7

    -0

  • 242. 匿名 2018/03/24(土) 11:41:41 

    実績がなければ言動は今のネトウヨそのものだよね。

    +2

    -13

  • 243. 匿名 2018/03/24(土) 12:44:50 

    文化防衛論、うちにあります。
    在日朝鮮人や朝鮮学校についての指摘はなるほどと思いました。
    差別や民族問題ではなく国際問題。
    アメリカの黒人問題とは全く違う。
    日本は平和という言葉に騙され続けてきた現状がいまだに続いている。

    +16

    -0

  • 244. 匿名 2018/03/24(土) 12:56:42 

    午後の曳航もいい

    +9

    -0

  • 245. 匿名 2018/03/24(土) 13:06:11 

    今の学習院なんかシールズ賛美してる教授がいるんだもん。
    三島由紀夫は今の日本をどう思うだろう?

    +14

    -0

  • 246. 匿名 2018/03/24(土) 13:08:53 

    不道徳教育講座、実家にあって高校の頃読んだなぁ。
    もう一度本読んでみようかな。

    +8

    -1

  • 247. 匿名 2018/03/24(土) 13:11:12 

    >>206
    三島自身は「犬死で構わない」と言って、自決を決めたそうですよ。

    +23

    -0

  • 248. 匿名 2018/03/24(土) 13:11:16 

    純粋に作品の話をしたいのに、美智子さまだの在日のことだのどこでも出す人がわいてるね。
    こういう空気読まない人のせいで、このサイトからどんどん人が減ってるの自覚した方がいいよ。

    +6

    -6

  • 249. 匿名 2018/03/24(土) 13:28:02 

    美智子様の話もどこまで本当か分からないしね
    美智子様は変な自虐史観の持ち主でもないし海外での人気も高いし
    詞も嗜んでるし自分は美智子様が皇族にの一員になれて良かったよ

    +10

    -4

  • 250. 匿名 2018/03/24(土) 13:43:00 

    ごめん、入門編にはいいかもしれんけど、レター教室とかで三島を読んだ気にならんでほしい

    +6

    -0

  • 251. 匿名 2018/03/24(土) 13:56:16 

    米国のような多民族国家とは違い、
    すでに文化伝統・言語統一のなされている日本での文化の連続性は、
    「民族と国との非分離にかかつてゐる」のであり、「民族主義」に対して国家が「受身」になるという状況はありえず、日本には真の意味での「異民族問題」はない。

    従って、あえて「在日朝鮮人問題」を〈抑圧されて激発する異民族〉という米国の黒人問題のイメージと重ねて内部問題化させる左翼の意図は、「分離状況の強調」であり、最終的に「国を否定して民族を肯定しようとする」戦術的政治手段である。

    このような第四の、日本を「非分離」に導こうとする〈手段としての民族主義〉に騙されてはならない。


    三島由紀夫 文化防衛論より

    +23

    -0

  • 252. 匿名 2018/03/24(土) 13:59:21 

    三島さんの写真集の薔薇刑、最高です

    +9

    -2

  • 253. 匿名 2018/03/24(土) 14:05:57 

    三島さん大好き。こんな頭のいい人に生きていて欲しかった。
    美意識が高い故、鏡を見た時の自分と、内面で感じる審美眼へのギャップがある、みたいな文を見た時、わかると思った。

    美しいものが好きで、でも鏡で見る自分の姿は違くて、アオジロとは呼ばれていた三島さんがボディビルに目覚めて肉体改造していく所とか。
    わかるんだ。すごく気持ちが。老いていく自分へも許せない所とか。

    動画で、英語を話す三島さんの姿に、何度も色気を感じる。ちょいと顎をしゃくらせながら、通訳無しで海外メディアのインタビューに答える姿に、惚れ惚れする。

    +26

    -4

  • 254. 匿名 2018/03/24(土) 14:09:34 

    楯の会で生き残った方は、どうしているのだろうか?
    きっと三島先生との約束だし、事件のことは話さなきと思うけど、聞いてみたいな

    +21

    -0

  • 255. 匿名 2018/03/24(土) 14:16:50 

    美輪さんが、三島さんが生きている時に、226の将校の霊が憑いていると指摘したそう。
    天皇を、世を恨んで自殺した磯部っていう将校だったかな?

    周りもビックリして泣いて、本人もおっかねぇーおっかねぇーって言ってたそうだけど。

    その霊のせいだと三島さんが言ってたわ
    三島さんも226の将校を尊敬していたし、憑いていたというのか?…そんな世界があるのならあるのかも

    +12

    -1

  • 256. 匿名 2018/03/24(土) 14:18:03 

    教科書でも文化学的なものと思想的な評論とかいろいろ扱ってほしいな。
    三島由紀夫は今現代で読んでも色褪せないよ。

    +21

    -0

  • 257. 匿名 2018/03/24(土) 14:28:42 

    1さんの貼った、三島の言葉の「このまま行ったら『日本』はなくなってしまうのではないかという感を日ましに深くする。」の部分は本当にどきっとするね。
    特に最近の皇室関係の報道を見てると、三島が予言していた通りに、空っぽな日本へと自ら突き進んでいるようで、先人たちに申し訳なくなるよ。

    +35

    -1

  • 258. 匿名 2018/03/24(土) 14:37:25 

    >>257
    いろいろおかしくなってるからね。
    政治を見たって、確証もない「疑惑」だけで騒ぎ罪もない人をマスコミが断罪して国会を停滞させてるんだもん。

    +26

    -2

  • 259. 匿名 2018/03/24(土) 14:43:47 

    >>50
    平野啓一郎、盗作疑惑はどうケリがついたの?

    新潮社が全力でもみ消そうとしてたけど。

    +7

    -0

  • 260. 匿名 2018/03/24(土) 15:01:28 

    >>259
    wikiとかも消されてるね…
    圧力?

    +2

    -0

  • 261. 匿名 2018/03/24(土) 15:04:21 

    >>236

    「夏休みはプールへ行きました」
    とか書いてた同級生は呆気にとられて
    鼻をホジることすらできなかっただろうに…

    +26

    -0

  • 262. 匿名 2018/03/24(土) 15:22:59 

    ここは本読んでる人が多いみたいだけど、村上春樹とか最近の作家と比べてどうなんだろ?
    三島由紀夫みたいな文章書く人は昭和特有?

    +8

    -0

  • 263. 匿名 2018/03/24(土) 15:51:45 

    男尊女卑のゲイ

    +2

    -15

  • 264. 匿名 2018/03/24(土) 16:34:20 

    純文学とかノーベル候補とかって言われて小難しいイメージあるけどユーモアとアイロニーがある

    作品はどれも好きなのですが特に新潮社の花ざかりの森、憂国の初期作品群が好きです
    瑞々しい若さと勢いあふれる文章と、子供のころからもうすでに始まってる「三島節」が凄いなと思う
    漢字とひらがなのバランスも好きで流れる様な文章が美しく小説なのにピアノの楽譜の様だと思う
    ちなみに安部公房の小説は設計図w
    思い出してはちびちびと文庫本で読むのが好きで古本屋なりで全集買えば安上がりっ立ったのになーとも思うんだけど、このちびちびが良いんだよねw
    どの作品を手にとっても何度読んでも読み厭きない

    +16

    -0

  • 265. 匿名 2018/03/24(土) 16:40:04 

    >>69
    三島由紀夫ならそこは馬になぞらえて放埓だよねw

    +2

    -0

  • 266. 匿名 2018/03/24(土) 16:40:21 

    言葉を大切にした人
    座右の銘を、 let it beなんて言っちゃう人物なんて
    軽蔑したと思う

    そう言えば、美智子さまとも御縁があったんだよね?


    +21

    -0

  • 267. 匿名 2018/03/24(土) 17:11:23 

    語学に堪能なイメージ
    1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫の貴重なインタビュー - YouTube
    1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫の貴重なインタビュー - YouTubem.youtube.com

    ■1969年、カナダのテレビ局による、三島由紀夫のインタビュー。 ■三島 由紀夫(ミシマ ユキオ) 本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、小説家・劇作家。晩年には民兵組織「楯の 会」をつくり右翼活動...


    French interview with Yukio Mishima / フランス語を話す三島由紀夫 - YouTube
    French interview with Yukio Mishima / フランス語を話す三島由紀夫 - YouTubem.youtube.com

    Japan author Y. Mishima speaks french during a rare documentary about him. L'écrivain japonais Yukio Mishima parle français lors d'un documentaire rare sur l...

    +13

    -0

  • 268. 匿名 2018/03/24(土) 17:17:59 

    昔どこかのサイトで三島由紀夫の声がル―大柴に似てるってんで見に行ったら本当にル―大柴だった笑

    トリリンガル?もっと?凄いね簡単に天才って言うけどなんかもう別次元だわ

    +16

    -0

  • 269. 匿名 2018/03/24(土) 17:34:39 

    高校の時の国語教師がファンだった。普通のおじさんだと思ってた先生が三島由紀夫を好きで学生時代、読み耽っていたと聞いて、文学青年だった過去もあったんだなぁ、人間って幾層もの重なりで出来てるんだなぁと感慨深かった。その国語教師を好きだった子は何となく色気があるよとは言ってたけど私には分からなったなぁ。
    ファンだけあってこのトピに出てきたエピソードなども教えてもらえた。

    +22

    -0

  • 270. 匿名 2018/03/24(土) 17:38:37 

    三島由紀夫だったら、自作自演した憂国という映画をみたらいい。これを観ればあとは要らんな。

    +8

    -0

  • 271. 匿名 2018/03/24(土) 17:42:35 

    橋本治の三島論(書名は違ったと思う)が面白かった。

    +7

    -0

  • 272. 匿名 2018/03/24(土) 17:44:08 

    最近、天才は子供の頃から天才なんだと思う出来事があって、この人の事が思い浮かんだ。本の中での記載だけど幼い頃の記憶もしっかりありそう。

    +11

    -0

  • 273. 匿名 2018/03/24(土) 17:45:46 

    盗賊のラストは今でも諳んじられる

    +0

    -0

  • 274. 匿名 2018/03/24(土) 17:45:57 

    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +1

    -5

  • 275. 匿名 2018/03/24(土) 17:46:32 

    レター教室だっけ?作文入門だっけ?そんな本を読みました。簡潔で私でも分かりやすい文章を書く人だと驚きました。文豪と言われる人はとっつきにくい文章を書くとばかり思い込んでいたので。思い込みを払拭してくれた人です。

    +11

    -0

  • 276. 匿名 2018/03/24(土) 18:31:00 

    ものすごい天才だと思います。

    +18

    -0

  • 277. 匿名 2018/03/24(土) 18:50:57 

    もうすぐトピが前日落ちしてしまう
    その後も語れたら語りたい

    +10

    -0

  • 278. 匿名 2018/03/24(土) 19:40:19 

    この人の作品を読んで、世の中に自分と同じことを考えてる人がいたんだー!とすごい理解者を得たような気持ちになった。
    おこがましいけど。

    +9

    -0

  • 279. 匿名 2018/03/24(土) 20:19:48 

    文化防衛論とても面白いよ。
    日本人ならぜひ読んでほしい。
    日本、天皇、文化、国防、について。
    文庫本に収録されている他の話も面白い。
    『反革命宣言』共産主義について
    『学生とのティーチ・イン』学生との対話形式

    +11

    -0

  • 280. 匿名 2018/03/24(土) 20:48:29 

    春の雪が妻夫木聡と竹内結子で映画化されてるけど二人ともしっくり来なかった。
    でも宝塚で舞台化されたやつは松枝清顕(演:明日海りお)と綾倉聡子(演:咲妃みゆ)がものすごく原作の世界観に合ってて感動した。

    +9

    -0

  • 281. 匿名 2018/03/24(土) 21:29:46 

    知性もさることながら情景の描写が素晴らしい。歳とると読書もなかなか辛いけど、三島由紀夫は枕元の本棚に置いて、たまに適当なページを読むことがあります。音読することもあります。

    +12

    -0

  • 282. 匿名 2018/03/25(日) 00:04:46 

    三島の太宰批判に共感する。
    あれだけ美しい言葉を扱いながら、行動がすべてと言わんばかりの三島の生き様が好き。

    +11

    -0

  • 283. 匿名 2018/03/25(日) 00:39:16 

    >>98
    三島の自殺やホモ丸出し行為がなかったら三島の娘が今の皇太子妃になってた可能性もあるのか

    +0

    -0

  • 284. 匿名 2018/03/25(日) 01:58:53 

    >>35
    昼食の直前に事を起こしたから現場の自衛官はお昼食べられないのもあって罵詈雑言を浴びせたとか
    人間お腹がすくと怒りっぽくなるんだな

    +11

    -0

  • 285. 匿名 2018/03/25(日) 09:07:38 

    >>255

    三島由紀夫も美輪さんも好きだったけど、最近は美輪さんだけ冷めてきた…

    スピ系に行き過ぎたり
    生まれ変わりだって言ってるのも眉唾だし…
    時々他の意見でも言ってる事も独断的に感じる様になった

    前は本買ったりコンサートも行ってたのにな

    +10

    -0

  • 286. 匿名 2018/03/25(日) 09:11:15 

    >>251

    やっぱ頭良いわ

    +5

    -0

  • 287. 匿名 2018/03/25(日) 20:49:45 

    午後の曳航
    永すぎた春
    美徳のよろめき
    沈める滝
    なんて綺麗なタイトルなんだろうとうっとりする

    ここにいらっしゃる皆さんは三島以外の文芸作家では誰が好きですか?
    私は谷崎潤一郎、川端康成、梶井基次郎らの書く文章が好きです美しくて
    何かおすすめの作家さんが居れば教えてください

    +9

    -0

  • 288. 匿名 2018/03/26(月) 01:31:08 

    >>287
    川端康成大好きです。
    私の中では川端康成と三島由紀夫の文章は格段に素晴らしいと思います。端的かつ的確で惚れ惚れします。
    他に文章が美しいと思うのは室生犀星です。
    太宰治の『駆け込み訴え』もリズムが良くて好きです。

    +6

    -0

  • 289. 匿名 2018/03/26(月) 01:49:25 

    >>287

    トピ主です。
    私も谷崎が好きです。他には泉鏡花、永井荷風、樋口一葉、岡本かの子等、、、

    比較的新しい作家では赤江瀑さんが特にお勧めです。基本的には幻想文学でして、三島・谷崎・鏡花を髣髴とさせる世界観で、未読でしたら是非読んで頂きたいです。
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +6

    -0

  • 290. 匿名 2018/03/26(月) 02:22:54 

    >>287
    志賀直哉が好きです。

    +5

    -0

  • 291. 匿名 2018/03/26(月) 15:27:22 

    頭おかしい人wwww

    +1

    -4

  • 292. 匿名 2018/03/26(月) 15:27:34 

    キチガイハゲ

    +1

    -6

  • 293. 匿名 2018/03/26(月) 15:28:15 

    ホモカマ

    +1

    -5

  • 294. 匿名 2018/03/26(月) 19:22:04 

    >>287です

    >>288さん
    室生犀星は読んだことが無かったので一度手にしてみたいと思います。
    >>289さん
    泉鏡花、永井荷風は読もうとして挫折した過去がありますがwもう一度挑戦してみたいと思います。
    樋口一葉、岡本かの子も名前ぐらいしか知りませんが読んでみたいと思います。
    赤江瀑さんは初めて聞くお名前ですが、私も幻想、耽美文学では渋澤龍彦や中井英夫が好きなので楽しみです

    お返事が遅くなりましたが返信ありがとうございました。

    +2

    -0

  • 295. 匿名 2018/03/26(月) 20:23:54 

    >>294

    トピ主です。返信ありがとうございます。

    先ずは画像の傑作選3冊、いかがでしょうか?文庫本なので安く簡単に手に入ります(^^)
    三島由紀夫について語りませんか? part2

    +4

    -0

  • 296. 匿名 2018/03/27(火) 01:29:01 

    >>284
    自衛隊員は自分は軍人じゃなくて公務員だって認識だから、クーデターなんてめんどくさいことやりたくないのが多数派だって三島は分かってない。
    憂国よりも昼飯が大切って思って普通だよね。この人の美学は昭和40年代でも時代錯誤と思うよ。
    それとも結果がわかってるのに切腹がしたくてやってみたのか?

    +0

    -6

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード