ガールズちゃんねる

映画 『ローマの休日』を語ろう

197コメント2018/01/15(月) 15:57

  • 1. 匿名 2018/01/07(日) 21:47:09 

    永遠の名作『ローマの休日』が好きな方、この映画の魅力について語り合いましょう!
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +58

    -1

  • 2. 匿名 2018/01/07(日) 21:48:07 

    見たことない
    面白いの?

    +8

    -36

  • 3. 匿名 2018/01/07(日) 21:49:10 

    かわいい
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +220

    -1

  • 4. 匿名 2018/01/07(日) 21:49:35 

    オードリー・ヘプバーンの美しさにうっとり

    +210

    -1

  • 5. 匿名 2018/01/07(日) 21:50:02 

    全編通して見たことないのに名シーンがテレビで流れるせいで見たことあるような気になってる

    +45

    -3

  • 6. 匿名 2018/01/07(日) 21:50:02 

    やっぱりこのシーンが好き
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +145

    -1

  • 7. 匿名 2018/01/07(日) 21:49:50 

    切ない恋だよね
    1日限りの
    でも万引きはよろしくないよね

    +113

    -5

  • 8. 匿名 2018/01/07(日) 21:49:57 

    初めの方のシーンで、注射うって眠らされる王女がかわいそうだった……

    +86

    -2

  • 9. 匿名 2018/01/07(日) 21:50:21 

    ローマ行ってみたい

    +48

    -2

  • 10. 匿名 2018/01/07(日) 21:51:07 

    最後の部屋でのシーン二人は深い関係になったのかならなかったのか気になる

    +41

    -4

  • 11. 匿名 2018/01/07(日) 21:51:44 

    一番好きな映画!オードリーが可愛い〜

    +64

    -2

  • 12. 匿名 2018/01/07(日) 21:52:02 

    ローマです、
    もちろんローマです。

    +115

    -0

  • 13. 匿名 2018/01/07(日) 21:52:03 

    最後の記者会見、せつなかったなあ~
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +233

    -1

  • 14. 匿名 2018/01/07(日) 21:52:48 

    吹き替えで見るより、字幕でみたほうがいい。オードリーは話し方もかわいい。これ見て髪を切った。25歳の時。顔が違って似合わなかった。でも本当に憧れた。

    +137

    -1

  • 15. 匿名 2018/01/07(日) 21:52:53 

    >>3
    この可愛さのおかげで真似して髪を短くする女性が当時は多くて髪飾り関係の売上が落ちたんだって。
    可愛いもんなあ。

    +82

    -0

  • 16. 匿名 2018/01/07(日) 21:53:39 

    なんとも、胸が苦しくなる表情だわ
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +161

    -0

  • 17. 匿名 2018/01/07(日) 21:53:49 

    あんだけ可愛いかったら、男の部屋に泊まったら危ないよね。

    +105

    -1

  • 18. 匿名 2018/01/07(日) 21:54:00 

    最後、記者会見のシーンでどんでん返しあるのかなって期待して見てた。

    +81

    -0

  • 19. 匿名 2018/01/07(日) 21:54:06 

    あの髪型マネしようとして、美容院で大爆死

    +63

    -1

  • 20. 匿名 2018/01/07(日) 21:54:29 

    オードリーの出てる作品で一番好き

    +92

    -0

  • 21. 匿名 2018/01/07(日) 21:55:25 

    人んちのベッドで勝手に寝たら危なくない?

    +12

    -7

  • 22. 匿名 2018/01/07(日) 21:55:32 

    ぶりっ子女優のくだらん映画

    +6

    -55

  • 23. 匿名 2018/01/07(日) 21:55:40 

    オープンカーなのに、ドアを開けて、どうぞってオードリーがするもんだから、普段は上から飛び降りるのに、きちんとドアから降りるおっさん二人。

    +61

    -0

  • 24. 匿名 2018/01/07(日) 21:56:10 

    ……
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +69

    -0

  • 25. 匿名 2018/01/07(日) 21:56:23 

    去年の11月にBSのNHKでやったアナザーストーリーズ「オードリーと
    ローマの休日 秘めた野心 貫いた思い」が興味深かったです。

    +34

    -2

  • 26. 匿名 2018/01/07(日) 21:56:27 

    素敵な映画過ぎて、カラーで脳内再生されてしまうのか、毎回
    あれ?白黒映画だっけ??ってビックリする。

    +84

    -1

  • 27. 匿名 2018/01/07(日) 21:57:21 

    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +106

    -0

  • 28. 匿名 2018/01/07(日) 21:57:40 

    ローマは生涯忘れることはないでしょうの一言に隠された思いを考えただけで泣ける

    +165

    -0

  • 29. 匿名 2018/01/07(日) 21:57:45 

    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +96

    -0

  • 30. 匿名 2018/01/07(日) 21:57:57 

    ローマ行くと絶対この映画意識するよねw

    +76

    -0

  • 31. 匿名 2018/01/07(日) 21:58:54 

    テン キュー 。

    +20

    -0

  • 32. 匿名 2018/01/07(日) 21:59:20 

    本物の王女みたいな品があるよね。

    +120

    -0

  • 33. 匿名 2018/01/07(日) 22:01:31 

    >>27のスカートは何色だと思いますか?
    私は水色のイメージなんですが。。

    +127

    -2

  • 34. 匿名 2018/01/07(日) 22:01:44 

    >>25
    もしよろしければ、どのような内容だったか教えてもらえますか?

    +6

    -0

  • 35. 匿名 2018/01/07(日) 22:02:26 

    お持ちいただくのは「ピンクのバラのブーケ」

    +11

    -0

  • 36. 匿名 2018/01/07(日) 22:03:12 

    ラストシーンが、素晴らしい
    結局、王女と一記者に戻るとこが良い

    一記者に戻った男「1番印象に残った場所は?」
    王女(一拍おいて)「ローマよ」

    泣ける~

    +140

    -1

  • 37. 匿名 2018/01/07(日) 22:03:24 

    ゴジラシリーズの
    三大怪獣 地球最大の決戦はこの映画パクってる

    +1

    -7

  • 38. 匿名 2018/01/07(日) 22:04:37 

    父が大好きで、その影響で私も大好きになりました。憧れすぎてローマまで行きました!

    +25

    -3

  • 39. 匿名 2018/01/07(日) 22:05:34 

    >>10

    一線を越えたのがふたりの視線で分かる
    今みたいになまめかしいラブシーンなんか使わずに
    そういう「雰囲気」だけで表現してるのもいいと思った。

    +66

    -7

  • 40. 匿名 2018/01/07(日) 22:05:45 

    去年劇場で観ました!
    オードリーの美しさは勿論のこと、グレゴリーペックのカッコよさに惹き付けられました!

    +70

    -1

  • 41. 匿名 2018/01/07(日) 22:06:06 

    最後のシーンが好き。新聞記者仲間がプリンセスに封筒に入った写真を見せるシーン。

    +83

    -1

  • 42. 匿名 2018/01/07(日) 22:06:17 

    日本の映画しか観なかったけど、名作と言われているので観ました。

    観て正解!で、ラストが切なくて泣きました。

    それから洋画も観るようになり、私の世界を拡げてくれた作品です。

    +70

    -1

  • 43. 匿名 2018/01/07(日) 22:07:10 

    最後のオードリーの正装が可愛かった。足首のみえる分割りスカートに、太いカチューシャみたいなやつ。

    +61

    -1

  • 44. 匿名 2018/01/07(日) 22:07:13 

    あのスペイン階段は、逆の「がっかり名所」
    下から上まで登るとかなりシンドイ。
    神社の男坂みたい。

    因みに、撮影中にオードリーが泊まっていたのは、階段脇のホテル・ハスラー。

    +24

    -0

  • 45. 匿名 2018/01/07(日) 22:08:27 

    私はロングの髪をバッサリした所がなんか泣けたよ。

    +11

    -0

  • 46. 匿名 2018/01/07(日) 22:08:54 

    スクーターはVespa

    +50

    -0

  • 47. 匿名 2018/01/07(日) 22:09:36 

    >>33

    後から色付けしてるから
    画像検索すると水色だったりベージュだったり赤だったりいろいろだけど
    オリジナルの実際オードリーが着ていたのは何色だったんだろう。

    +49

    -0

  • 48. 匿名 2018/01/07(日) 22:10:17 

    +62

    -0

  • 49. 匿名 2018/01/07(日) 22:10:11 

    昨年、ローマ行ってスペイン広場とトレヴィの泉と真実の口でローマの休日ごっこしてきました。笑

    オードリーヘップバーンの可愛さももちろんですが、グレゴリーペックの色気ももう惚れました。

    グレゴリーペックがご存命なら間違いなくファンだった。

    +96

    -1

  • 50. 匿名 2018/01/07(日) 22:10:48 

    >>33さん
    私も水色で変換されてました!ただ、当時のポスターではピンク色でした。
    ポスターは後から色付けされたのかな? たしかな情報でなくてすみません。

    本当にオードリー可愛いです。オーディションのとき隠しカメラを仕掛けられいて、あまりの自然の可憐さ上品さに監督が即決したという画像が大好きです。 外国の美人さんを見て怖くないと感じたのはオードリーが初めてです。

    +65

    -2

  • 51. 匿名 2018/01/07(日) 22:10:41 

    白黒映画っていいよなぁ~‼

    +28

    -1

  • 52. 匿名 2018/01/07(日) 22:11:42 

    この映画に憧れてイタリア旅行したの、良い思い出だなー

    +21

    -2

  • 53. 匿名 2018/01/07(日) 22:11:43 

    >>6

    これ演技でなくアドリブなんだよね
    手がひっかかってとれなくなるのは俳優さんのいたずらで
    本気でびっくりしたオードリー
    可愛かった

    +92

    -0

  • 54. 匿名 2018/01/07(日) 22:11:52 

    >>41
    よりにもよって一枚目が頭バーンのやつwww
    感動的な場面で雰囲気を壊さない笑いを挟んでくるのも素敵

    +13

    -0

  • 55. 匿名 2018/01/07(日) 22:11:55 

    “By all means, Rome.
     I will cherish my visit here in memory, as long as I live.”
    「なんといってもローマです。
     私はここを訪れた思い出を一生大切にすることでしょう。」

    +79

    -0

  • 56. 匿名 2018/01/07(日) 22:13:02 

    >>33
    私も水色のイメージ!

    +8

    -1

  • 57. 匿名 2018/01/07(日) 22:13:24 

    >>11
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +2

    -19

  • 58. 匿名 2018/01/07(日) 22:13:41 

    美智子皇后様が、昔、新婚旅行の感想を記者に聞かれて、映画のオードリーヘップバーンの台詞を引用したと聞いたことがある。

    パンナムというアメリカの航空会社がまだ有った時代、乗客だったグレゴリーペックは、空港に着陸後、乗客達と気さくに握手して、最後に降りる素敵な紳士だったと、パンナムの日本人CAさんが本に書いていて、なんか感動~(T_T)

    +40

    -0

  • 59. 匿名 2018/01/07(日) 22:14:13 


    ディズニーとか少女漫画的なストーリーだったら
    ふたりは困難を乗り越え一緒になるんだろうけど
    そうはならずに、お互いを思ったまま別々の道を歩む結末に
    切ない涙がこぼれる

    +122

    -0

  • 60. 匿名 2018/01/07(日) 22:15:10 

    オードリー美人じゃないけど気品がある

    +9

    -6

  • 61. 匿名 2018/01/07(日) 22:16:04 

    スペイン広場でジェラート買ったよ
    階段のオードリーと同じ場所で食べたかったけど先客がいて
    仕方なくその辺で食べたなあ
    白シャツにフレアのロングスカート履いていきたかったんだけど
    寒かったのでコートにマフラーにパンツ
    そもそも顔が違うから結局マネできたのはジェラートだけでしたww

    +60

    -1

  • 62. 匿名 2018/01/07(日) 22:16:52 

    恋愛映画でこれ以上に好きな作品がない

    +14

    -1

  • 63. 匿名 2018/01/07(日) 22:18:17 

    現存する当時のカラー写真
    こんな色のスカートでした

    +137

    -1

  • 64. 匿名 2018/01/07(日) 22:18:33 

    昔、地上波でよく放送してたよね。

    +25

    -0

  • 65. 匿名 2018/01/07(日) 22:19:30 

    >>7
    万引き⁉︎
    そんなシーンあった?
    ティファニーで朝食をと間違えてない?

    +71

    -0

  • 66. 匿名 2018/01/07(日) 22:21:27 

    >>60

    私はすごく美人だと思うけど、
    オードリー本人は自分の顔、体型を酷評してたよね。
    そういうおごらない謙虚さも含めて良いところだと思う

    +73

    -0

  • 67. 匿名 2018/01/07(日) 22:21:14 

    >>63
    綺麗!!パジャマ姿やガウン姿、ドレス姿もカラーで観たかったなあ

    +43

    -1

  • 68. 匿名 2018/01/07(日) 22:21:57 

    >>61
    今は真似する人が殖えてジェラートで汚れるから飲食禁止なんだよね…

    +58

    -0

  • 69. 匿名 2018/01/07(日) 22:22:13 

    真似て開襟シャツ買ったなあ

    +3

    -0

  • 70. 匿名 2018/01/07(日) 22:22:56 

    トピズルだけど、マイ・フェア・レディも大好き。

    +13

    -1

  • 71. 匿名 2018/01/07(日) 22:22:54 

    写真家の人が「あれ?王女に似てるぞ…」
    と気づく辺りでの、
    グレゴリーが「黙れ黙れ…」となって
    椅子を蹴っ飛ばしちゃうシーンが好きです(*´∀`)

    +66

    -0

  • 72. 匿名 2018/01/07(日) 22:24:08 

    日本人差別が酷い「ティファニーで朝食を 」とくらべたら
    良い作品だよね

    +27

    -2

  • 73. 匿名 2018/01/07(日) 22:23:40 

    川に落ちた追手に浮き輪投げてあげたり
    あと、グレゴリーを追って川に飛び込むとき鼻をつまんでるのめっちゃ可愛い( *´艸`)

    +39

    -0

  • 74. 匿名 2018/01/07(日) 22:24:47 

    ハッピーエンドじゃないけど、ロマンチックだよね。

    +63

    -1

  • 75. 匿名 2018/01/07(日) 22:24:44 

    >>27のシーン時計の時間がバラバラなんだよね(笑)
    今の映画だとそういうところまで細かくチェックするんだろうけど

    +37

    -0

  • 76. 匿名 2018/01/07(日) 22:24:54 

    目と口が大きすぎてエラ張りだし個性的だけど
    そこらへんの日本人に比べたら死ぬほど美人だよなw

    +22

    -7

  • 77. 匿名 2018/01/07(日) 22:25:10 

    この人ってこの髪型が一番似合うよね
    他の髪形だと「ん?」っと魅力が半減する

    +26

    -2

  • 78. 匿名 2018/01/07(日) 22:24:41 

    >>72
    私はあの日本人きらいじゃないよ。

    +26

    -4

  • 79. 匿名 2018/01/07(日) 22:25:28 

    >>68
    本当に!!!???
    マナー悪い観光客が多かったのかなあ…残念

    +9

    -0

  • 80. 匿名 2018/01/07(日) 22:25:38 

    >>75
    そうなんだ!
    今度チェックしてみよ 笑

    +7

    -1

  • 81. 匿名 2018/01/07(日) 22:25:29 

    中学生の時に>>1さんの画像のモノクロの写真が表紙の小説見かけて、その美しさに惹かれて読みました。
    数年後DVDも買って、もうアラサーだけど今でもすごく好きなタイトルです

    +9

    -0

  • 82. 匿名 2018/01/07(日) 22:25:53 

    初めて観たとき感動した

    +15

    -0

  • 83. 匿名 2018/01/07(日) 22:27:49 

    貴重写真
    ヘプバーンと早川雪州
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +49

    -0

  • 84. 匿名 2018/01/07(日) 22:28:14 

    何年経っても素晴らしい映画。

    かのフェラガモがオードリーに初めて出会う前
    「何だ、キャサリン(へプバーン)じゃないのか…」
    とがっかりしていたところ、
    オードリーを一目見て、そして言葉を交わしたとたん
    惚れ込んでしまった。

    あまりの可愛らしさと気品にノックアウトされたそうな。

    元々は貴族の血筋ですから
    生まれ持ったものがあったんですね

    +51

    -0

  • 85. 匿名 2018/01/07(日) 22:28:17 

    この綾瀬はるかの映画はちょっとパクってるよね
    可愛いけど
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +22

    -15

  • 86. 匿名 2018/01/07(日) 22:28:35 

    本編にはないスリーショット。メイキング写真。
    こんな可愛い娘さんが真ん中にいたら素敵なおじ様たちもメロメロになるよね。
    それにしてもウエストが細い...犬の首輪が入ったという逸話。

    上に美智子様がローマの休日の台詞を参考にしたという話がありましが、皇太子様の好きな映画もローマの休日だったような...本当のお姫様がこの映画見たらどんな感想なのか気になるところです。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +72

    -0

  • 87. 匿名 2018/01/07(日) 22:28:38 

    >>79
    スペイン階段だけじゃなくて、歴史的建造物では飲食禁止らしい。2008年くらいから厳しい条例を作ったらしいよ。

    +16

    -0

  • 88. 匿名 2018/01/07(日) 22:29:34 

    >>85
    右の男って坂口健太郎?それだけで台無し

    +9

    -11

  • 89. 匿名 2018/01/07(日) 22:31:50 

    二人は結ばれなかったけど、結末はハッピーエンドだと思ってる

    +57

    -0

  • 90. 匿名 2018/01/07(日) 22:31:39 

    泣いたな〜 両想いで実らない恋ほど
    辛いものない と、これで悟った

    +36

    -0

  • 91. 匿名 2018/01/07(日) 22:33:10 

    これで真実の口がトラウマになったWw

    +5

    -0

  • 92. 匿名 2018/01/07(日) 22:33:29 

    >>26

    わかる!
    キラキラしているからか、色彩がついているようなイメージになりますよね

    +16

    -1

  • 93. 匿名 2018/01/07(日) 22:34:03 

    髪型が個性的だからファッション系の広告にはヘップバーンがよく登場するね
    イングリッド・バーグマンは大人の女性という感じ

    +18

    -0

  • 94. 匿名 2018/01/07(日) 22:34:26 

    ローマの休日 オーディション当時のオードリー。 まだ垢抜ける前の素朴なオードリー。素朴さのなかに上品な可愛さ。 憧れてなれるものじゃないですね。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +65

    -2

  • 95. 匿名 2018/01/07(日) 22:35:28 

    >>89
    うん、そう思う
    実らなかったけど今でも思い出して微笑むことができる思い出という感じ

    +51

    -0

  • 96. 匿名 2018/01/07(日) 22:37:00 

    この映画、いかにも演技してますって感じが逆にいいよね。
    時計の件も含めて設定も単純でそんなに作り込んでないというか舞台っぽい映画。

    +14

    -0

  • 97. 匿名 2018/01/07(日) 22:36:41 

    歯並びを直せと言われたけど
    突っぱねたんですよね。
    私はこのままで結構ですと。

    +16

    -0

  • 98. 匿名 2018/01/07(日) 22:38:11 

    >>75

    監督はすごく職人気質で、イメージ通りの空のカットにこだわったからでしたっけ。そう言われると時計は気にしないのかな

    +12

    -0

  • 99. 匿名 2018/01/07(日) 22:39:11 

    >>93
    イングリッドバーグマンは北欧美人だもんねぇ

    +7

    -0

  • 100. 匿名 2018/01/07(日) 22:40:41 

    いい内容なのはもちろん、BGMとしてただDVD流しておくだけでもいい雰囲気になる。

    +17

    -0

  • 101. 匿名 2018/01/07(日) 22:41:34 

    最初観たのは高校生の時で可愛くて切ない映画でとても好きになりました。
    社会人になって、両思いだけど付き合えないという経験をしてるときにたまたま観て、最後のほうのブラットリーの部屋での会話(人生はうまくいかないものみたいな話をする)がすごく身に染みて…
    娯楽映画のようで、何度も見るごとに色々な学や感動がある作品

    +18

    -1

  • 102. 匿名 2018/01/07(日) 22:42:19 

    >>97
    え?歯並び悪い?普通じゃん
    ハリウッドってこれ以上を望むの?

    +26

    -0

  • 103. 匿名 2018/01/07(日) 22:42:39 

    >>53
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +45

    -0

  • 104. 匿名 2018/01/07(日) 22:43:35 

    イタリアはこの映画に感謝だろうね
    イタリア的にはつっこみどころある作品だろうけど

    +33

    -0

  • 105. 匿名 2018/01/07(日) 22:43:57 

    この頃は、顔アップで背景キラキラさせる撮り方するからねぇ

    +7

    -1

  • 106. 匿名 2018/01/07(日) 22:57:15 

    撮影中、オードリーはグレゴリーペックのこと本気で好きになったんだとか

    +50

    -0

  • 107. 匿名 2018/01/07(日) 22:58:13 

    >>83
    これはどういうシチュエーション?
    役者の仮装パーティー?

    +8

    -1

  • 108. 匿名 2018/01/07(日) 22:58:39 

    あまたの恋愛映画・ドラマを見てきたけれど
    いまだこの映画を超えるものはない

    初めて見た時は「白黒?古くさ!」
    と思ったけどどんどん引き込まれて
    見終わった時の比類なき感動
    今でも忘れられません

    +33

    -1

  • 109. 匿名 2018/01/07(日) 22:59:33 

    ローマの休日は王女様の一日限りの恋の話で見ようによっては陳腐な話なんだよね
    だけどオードリーの愛らしさがそれを素晴らしい作品にしている
    彼女でなければこうまで語られる事もない映画だと思う

    +49

    -1

  • 110. 匿名 2018/01/07(日) 23:00:48 

    スカート、水色だと思ってた。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +60

    -0

  • 111. 匿名 2018/01/07(日) 23:02:56 

    オードリーが髪を切ったとき、パーマかけてないはずなのに後ろがクルクルして可愛かった!あれ、どんな風にカットしてるのでしょうか? 小さいときは真似したかったなぁ。

    +32

    -1

  • 112. 匿名 2018/01/07(日) 23:10:08 

    昔は、二人は一線を超えたと解釈してたけど、最近はしてない派に変わった。
    制作サイド側の思いは違うかもしれないけど、自分の中でグレゴリーは、川に落ちてずぶ濡れでキスしてもそこで留まる紳士でいてほしいから。プラトニックなままのほうがラストの余韻が切ない気がする。

    +69

    -0

  • 113. 匿名 2018/01/07(日) 23:12:12 

    しかし
    よい男性に拾われて良かったけど………
    現実のローマで、夜にベンチでうたた寝なんて若い娘がしたら………

    生きては帰れないと思う………
    今よりは治安が良かった1950年当初でも………………

    まぁ、ファンタジーだから………

    +50

    -0

  • 114. 匿名 2018/01/07(日) 23:18:33 

    ブラッドレーも素敵すぎて惚れた。夜道に眠るアン王女を宥めて、やましい真似をせずに接する紳士ぶりが印象深い

    +16

    -0

  • 115. 匿名 2018/01/07(日) 23:20:44 

    >>106ほんとにかっこいいもんね。サブリナのハンフリーボガートとかティファニーのジョージペパードは今見ると微妙だけど。
    私もオードリーになりたい…!

    +14

    -1

  • 116. 匿名 2018/01/07(日) 23:34:58 

    >>113
    無理だね
    ぜったい無理

    +7

    -2

  • 117. 匿名 2018/01/07(日) 23:35:43 

    ハンフリー・ボガートはズルいわ
    ヘップバーンもバーグマンも持ってくんだから

    +4

    -1

  • 118. 匿名 2018/01/07(日) 23:41:33 

    >>34
    BSNHK「アナザーストーリーズ」のHPに載っていますので
    ご覧になってください。

    +5

    -0

  • 119. 匿名 2018/01/07(日) 23:42:59 

    トピ主です。
    まさか採用されるとも思わず気付くのが遅くなりごめんなさい。
    たくさんのコメントありがとうございます♡
    作られたのが今から65年も前の1953年(昭和28年!)だなんて信じられないくらい瑞々しくて色褪せない作品ですよね。
    そして1月20日はオードリーの命日で、亡くなってから25年になるそうです。
    でもアン王女は永遠!
    ↓このラストシーンの2人のやりとり、大好きです。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +64

    -1

  • 120. 匿名 2018/01/07(日) 23:45:58 

    >>65
    あるよ
    王女と記者が二人で雑貨屋さんか洋服屋さんにいてってシーン
    ちゃんと見返してみて

    +1

    -11

  • 121. 匿名 2018/01/07(日) 23:53:57 

    グレゴリーペックは、この9年後に人類の最後を見届けるんだな

    +5

    -0

  • 122. 匿名 2018/01/07(日) 23:57:31 

    >>120
    それ「ティファニーで朝食を」でしょ。
    お面、万引きするシーンだよね。
    「ローマの休日」は雑貨屋も洋服屋もでてくるシーンはありません。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +32

    -1

  • 123. 匿名 2018/01/08(月) 00:00:34 

    物語の中では切ない別れだったけど、現実ではオードリーとグレゴリーペックとの友情は彼女が亡くなるまで続いたというのも素敵だと思いました。

    +54

    -0

  • 124. 匿名 2018/01/08(月) 00:03:08 

    >>121
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +5

    -0

  • 125. 匿名 2018/01/08(月) 00:07:57 

    >>124
    これこれ
    静かに終焉を迎える

    +2

    -0

  • 126. 匿名 2018/01/08(月) 00:15:08 

    >>27
    ここのシーン、時計の時刻がバラバラなんだよね。

    +3

    -0

  • 127. 匿名 2018/01/08(月) 00:19:13 

    小学生の頃オードリーに憧れてたくさんポストカード買った

    +11

    -1

  • 128. 匿名 2018/01/08(月) 00:25:34 

    >>123
    オードリーの最初の旦那様メル・ファーラーとの出会いもグレゴリー・ペックの開いたパーティーだったそうですね。
    こちらはローマの休日から35年後の1988年のお二人です。
    やっぱり素敵!
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +43

    -1

  • 129. 匿名 2018/01/08(月) 00:31:59 

    ローマン・ハッリッレーィ
    もいいけど
    私はティファニー派!

    +4

    -2

  • 130. 匿名 2018/01/08(月) 00:41:46 

    「私、こう見えてお料理得意なのよ」「じゃあ、もっと大きな台所のアパートに引っ越さなきゃな…」
    お互いに身分も分かって結ばれるはずなどないのに、この会話をする場面が切なくて大好き!

    +47

    -1

  • 131. 匿名 2018/01/08(月) 00:41:48 

    +28

    -0

  • 132. 匿名 2018/01/08(月) 00:42:31 

    >>63
    かっわいいいい

    +10

    -0

  • 133. 匿名 2018/01/08(月) 01:00:42 

    オードリーの吹き替え声優は池田昌子さんしか認めない

    +22

    -1

  • 134. 匿名 2018/01/08(月) 01:02:11 

    ウエストの細さに驚愕

    +41

    -0

  • 135. 匿名 2018/01/08(月) 01:11:52 

    >>133
    かなり古いけどBOXというバンドの「魅惑の君」という曲で
    池田さんがオードリーに憧れるOLを演じてますよ
    あれ聞いたとき「オードリーだ!!」って興奮したのを覚えてます

    +1

    -0

  • 136. 匿名 2018/01/08(月) 01:37:31 

    トレビの泉のシーンでウィリアム・ワイラー監督の実の娘さんたちが出演してるんですよね。
    ジョーが髪を切る王女を撮りたくて「いいカメラだね〜」って女の子のカメラを取ろうとすると「私のカメラよ」と困惑する子が妹のジュディで、それを見て「先生ー!」って言う子が姉のキャサリン
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +20

    -0

  • 137. 匿名 2018/01/08(月) 01:42:34 

    幼いときに見て憧れました。
    お姫様はこの世にいない(ディズニー的なね笑)と認識したばかりの頃で、お姫様だ!!!って。

    +16

    -1

  • 138. 匿名 2018/01/08(月) 01:46:06 

    >>63
    サーモンピンク的な色のスカートなんですね!!

    私はずっと水色かなーって勝手に思ってました笑

    +22

    -2

  • 139. 匿名 2018/01/08(月) 02:14:09 

    真っ昼間からお高いシャンパンをオーダーしちゃう浮世離れしたアーニャ
    もう可愛いわ〜
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +32

    -0

  • 140. 匿名 2018/01/08(月) 02:27:56 

    >>133
    そうそう!
    それでグレゴリー・ペックは絶対に城達也さんですよね。

    +14

    -1

  • 141. 匿名 2018/01/08(月) 02:37:20 

    邦画や最近のハリウッド映画だとラストで二人が逃げてその後幸せに暮らしました、みたいになるんだろうね。
    そうならずにそのまま多分二度と会えないだろう切なさがいい。

    +29

    -0

  • 142. 匿名 2018/01/08(月) 02:40:35 

    >>29
    オードリーより相手役のグレゴリーペックの方が美形だね
    オードリーは白人美女っていうより沖縄の美人って感じで日本人にとっては親しみやすいけど

    +17

    -0

  • 143. 匿名 2018/01/08(月) 02:42:43 

    オードリーもとても可愛いんだけど、この映画で相手役のグレゴリーペックのファンになった。
    晩年オーメンの父親役を演じでいた。

    +17

    -0

  • 144. 匿名 2018/01/08(月) 02:45:55 

    >>106
    絶対なるよね。かっこいいもん!
    グレゴリーペックは、この映画ではオードリーを引き立てる役に徹したとか。

    +29

    -1

  • 145. 匿名 2018/01/08(月) 02:48:50 

    >>111
    作品の中では写してないけどカールさせてセットしていますよ。ベースはショートボブかと思われます。

    +12

    -0

  • 146. 匿名 2018/01/08(月) 02:49:54 

    >>112
    一線は超えてないと解釈してるけど。
    キスだけだと。
    だって相手は王女さま。
    1日だけの淡い恋を描いてると思います。

    +38

    -0

  • 147. 匿名 2018/01/08(月) 02:50:59 

    >>142
    オードリーに似た感じの人、日本人にもいるよ。

    +5

    -0

  • 148. 匿名 2018/01/08(月) 02:50:53 

    >>71
    その時王女が「瓜二つ(字幕だと替え玉だったかな)ってどういう意味ですの?」って尋ねるとジョーが「凄く魅力的ってこと」なんて取り繕ってw
    その後のシーンにこのセリフが活きてくるんですよね。
    ダンスの後、王女がジョーに「こんなこと言っては失礼かもしれませんが、あなたはとっても瓜二つだと思います」って言って一瞬ジョーは「???」ってなるけど慌てて「ありがとう」って。
    このシーンのアン王女も可愛かったなあ〜。

    +18

    -0

  • 149. 匿名 2018/01/08(月) 02:55:15 

    >>126
    そう!気づいた人居たね。

    +6

    -0

  • 150. 匿名 2018/01/08(月) 02:59:25 

    >>63
    検索すると同じ色みの画像についてファンが色つけたもの…と出てきましたが公式な画像なんですかね?どちらにしてもステキな画像ですが…

    +1

    -1

  • 151. 匿名 2018/01/08(月) 03:02:46 

    オードリーの娘は母親よりも美人だった

    +1

    -5

  • 152. 匿名 2018/01/08(月) 03:10:25 

    >>151
    オードリーには娘はいないです。
    息子が2人、ショーン(左)とルカ(右]
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +17

    -0

  • 153. 匿名 2018/01/08(月) 03:14:00 

    >>3
    フィギュアのロシアの世界女王と似てる

    +1

    -1

  • 154. 匿名 2018/01/08(月) 03:25:50 

    このシーンも可愛かった!座ったら靴がポツンと残されてw
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +29

    -1

  • 155. 匿名 2018/01/08(月) 03:26:46 

    ラストの記者たちを前にして笑顔を保つけど、グレゴリーに視線合わせているうちに口元が震えてきてしまうのがもう……
    最後の最後、オードリーが駆け戻ってくるかもって淡いほんの少しの期待の中、グレゴリーが一人で振り返るのがたまらん

    +38

    -0

  • 156. 匿名 2018/01/08(月) 03:32:40 

    >>155
    そしてジョーの靴音だけがコツコツと...
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +40

    -0

  • 157. 匿名 2018/01/08(月) 04:24:20 

    ロングはハーフウィッグ使って他みたいですね
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +22

    -1

  • 158. 匿名 2018/01/08(月) 05:52:45 

    氷上のオードリー・ヘップバーンも応援よろしくね!

    +0

    -11

  • 159. 匿名 2018/01/08(月) 06:18:50 

    >>152
    ごめん間違えた
    娘じゃなくて孫娘だ

    +8

    -2

  • 160. 匿名 2018/01/08(月) 06:29:26 

    オードリー・ヘプバーンもとても魅力的ですが、私は相手役のグレゴリー・ペックに一目惚れしてしまいました
    彼のどこか淡々としているけれど落ち着いて温かみのあるキャラは本当に素敵です
    ラストシーンで自分の感情を抑え王女と謁見するシーンは、失恋という言葉だけでは表現できない、何とも言えないせつない気持ちで一杯になりました

    +24

    -0

  • 161. 匿名 2018/01/08(月) 07:06:01 

    グレゴリー・ペックは上品なアメリカ人って感じがする
    ハンサムなだけのアメリカ人なら他にもいるけど、顔に品の良さを感じさせるアメリカ人は貴重だと思う

    +36

    -0

  • 162. 匿名 2018/01/08(月) 07:31:32 

    >>157
    ロングバッサリだから失敗できないなぁとは思ってたけどウィッグだったんだ!

    +7

    -1

  • 163. 匿名 2018/01/08(月) 07:50:17 

    オードリーは好きだけど、映画はどうせありきたりな恋愛もので、しかも白黒。退屈で絶対途中で飽きる!と思っていましたが、皆さまの投稿を全部読んで、ちゃんと観てみたいと思いました(T_T)

    +7

    -0

  • 164. 匿名 2018/01/08(月) 09:00:28 

    オードリーは170㎝あるのにグレゴリー・ペックとの身長差が結構あると思ったら190㎝もあるのですね、肩幅も広くてカッコイイ!
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +33

    -1

  • 165. 匿名 2018/01/08(月) 09:00:54 

    宝塚歌劇の"オードリーヘップバーン"星蘭ひとみ。日本人でもにてる人は居るもんだね。羨ましいな。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +19

    -7

  • 166. 匿名 2018/01/08(月) 09:02:35 

    これ、男女が逆の立場、王子様と庶民の娘ならフルボッコだよね。
    良い意味で、お姫様願望の傑作だと思う。

    +6

    -1

  • 167. 匿名 2018/01/08(月) 09:06:11 

    >>152
    何となく目元がお母さんの面影あるね…

    +15

    -0

  • 168. 匿名 2018/01/08(月) 09:08:07 

    >>163
    是非是非観てください!
    アン王女が可愛くてジョーがステキで、楽しくてでも切なくて胸がキュンとしちゃいます。
    凄く昔の映画なのにそんなこと感じさせないくらい世代を超えて愛される名作なのがよ〜くわかります。
    ホント、大好き!

    +13

    -1

  • 169. 匿名 2018/01/08(月) 09:17:53 

    >>145さん
    111です。ありがとうございます‼本当に可愛い髪型ですよね♪ でも私がしたらちびまるこちゃんの母にしかならない...お顔が小さくて華奢で素敵なオードリー。このスレで新しい情報や写真がゲット出来て嬉しいです。

    +9

    -0

  • 170. 匿名 2018/01/08(月) 09:26:19 

    オードリーの美しい孫娘

    +19

    -1

  • 171. 匿名 2018/01/08(月) 09:45:28 

    >>165
    綺麗な人だけどオードリーってよりは鼻が高い宮沢りえに見える

    +11

    -0

  • 172. みなち 2018/01/08(月) 10:00:16  ID:dpFf5QIopn 

    脇役がキラッと光る映画。
    オードリーの注射を見て倒れちゃう将軍?とか、子供が三人いるタクシーの運転手とか、ダンス会場でついリズムとっちゃうSPとかね。

    また見たい。大好きな映画です。

    +11

    -0

  • 173. 匿名 2018/01/08(月) 11:55:28 

    >>156
    このあと、THE END って出るのもかっこよかったけど、子供だった私はハッピーエンドじゃない事に苛立ってたw
    大人になるとハッピーエンドじゃない方がいい気がする

    +14

    -0

  • 174. 匿名 2018/01/08(月) 12:20:06 

    アン王女の役にはエリザベス・テイラーやジーン・シモンズ、ジョー・ブラッドレー役にはケイリー・グラントが候補にあがっていたそうです

    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +2

    -0

  • 175. 匿名 2018/01/08(月) 14:17:15 

    中学生の方に是非見て欲しい作品です。

    +4

    -0

  • 176. 匿名 2018/01/08(月) 14:29:00 

    >>27
    この映画の影響でこのスペイン階段でジェラート食べる観光客が多すぎて階段が汚れたとかで階段でジェラート禁止になったんだよね。

    アラフォーの私の女子大生時代は卒業旅行でローマへいってこの階段で写真が定番だったけど今の子もするのかな?


    +7

    -0

  • 177. 匿名 2018/01/08(月) 14:33:08 

    バイク騒動の後、警察とやりとりしてる時の場面が、音声も字幕もないのでわかる方居ませんか?
    なんとなく想像はできますが …

    +4

    -0

  • 178. 匿名 2018/01/08(月) 14:44:23 

    パタリロでパロディというかこの映画を下敷きにしたようなお話があったけどそのお話も大好きだった。

    マライヒがグレゴリーペックぽい役回り。
    マライヒは小説を書こうとしていてネタを探していたときに、外国の王女が訪英中に、こっそりホテルをぬけだしたときいて小説のネタにと偶然見つけた王女といっしょにローマならぬロンドンの休日を過ごすというお話。

    ラストはローマよりも大人な感じで、この小国の王女は国のためにかなり年上のよその国の王族との結婚がきまってて、それをしっかりと受け止めて自ら戻る。その後帰国前の会見で「ロンドンはとても素敵なところでした」と語りジョークとして英国男性も素敵な人が多くて・・・といって笑わせたので、記者が好みの男性は?と質問したけれどもすぐにあわてて「婚約したばかりのあなたに失礼な質問を!」ときりあげようとするも「栗色の巻き毛の男性が好みです」とはっきりと答えたのをマライヒがテレビでみてぐっときて結局は小説に書くことをやめようとするというお話だった。



    +9

    -0

  • 179. 匿名 2018/01/08(月) 15:42:07 

    大好きでDVDが擦り切れるまで?見ています。
    仕事がらカメラが気になりますが、Echo 8と言う日本のカメラです。そうあのライターのカメラです。中古でも大変高価なので、同じ時代のステキー輸出専用ゴールドバージョンを買って飾ってます。

    +4

    -0

  • 180. 匿名 2018/01/08(月) 16:37:04 

    最後がすごく切なくて十代の頃に見た時に大人な映画なんだなと思った 別れ方も大人というか
    私なら切なすぎてどちらの立場でも顔を合わせたら耐えれないと思ってた

    +9

    -0

  • 181. 匿名 2018/01/08(月) 17:52:55 

    どちらも何歳の設定なのでしょうか?
    グレゴリー・ペックとはけっこう歳の差ありそう。

    +5

    -0

  • 182. 匿名 2018/01/08(月) 17:57:57 

    >>152
    右の人、オードリーにそっくり。父親は、2度目の結婚相手のイタリア人の歯科医だったと思う。
    左のショーンはメルとの子供ですね。

    +7

    -0

  • 183. 匿名 2018/01/08(月) 18:50:21 

    すごくマニアックなのですが
    あんな風に思いつきでいきなり髪バッサリ切っても可愛くいれるアン女王(オードリー)に憧れる。
    私もあんな風に思い付きだけでやってみたいけど、一般人がやったら間違えなく悲惨。
    あのシーンで女王が何の躊躇もなくバッサリいくとこも含めて映画の中で一番好き!!
    共感してもらえるかな??

    +9

    -0

  • 184. 匿名 2018/01/08(月) 20:16:12 

    最後のほう、ブラッドレーと切ない別れをして帰ってきたアン王女にお世話係みたいな人が「ご自分の立場をわかってるんですか?!」と説教を始めようとしたら「わかってるからこそこうして戻ってきたのです!」と毅然とでも切なそうに言うアン王女。

    すっごく泣ける。
    全て捨ててブラッドレーに飛び込んだらそれこそファンタジーよね。

    +16

    -0

  • 185. 匿名 2018/01/09(火) 01:14:06 

    +6

    -0

  • 186. 匿名 2018/01/09(火) 01:40:42 

    アン王女:ここはエレベーターですか?
    ジョー:僕の部屋だよ

    いくら鎮静剤が効いて寝ぼけているとはいえ、アン王女にとっては狭い空間はエレベーターに思えてしまったのかもw
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +7

    -0

  • 187. 匿名 2018/01/09(火) 02:08:19 

    >>174
    やっぱりオードリーとグレゴリー・ペック以外考えられないっていうか最高のキャスティングだったと思います。
    初々しくてお茶目でそれでいて気品があって表情豊かで、アン王女をこれほどチャーミングに演じられる女優さんはいないんじゃないかな。
    ジョーはハンサムで包容力があって紳士でまさしくグレゴリー・ペックはハマリ役!
    他のギラギラした感じの男優さんが演じたらちょっと嘘くさくなっちゃうところを、清潔で紳士なグレゴリー・ペックだからプラトニックな切ない恋に真実味がでたんじゃないかと思います。
    アービング役のエディ・アルバートもいろんな役を演じる役者さんだけど、コメディセンスが光っていて適役でしたよね。

    +9

    -0

  • 188. 匿名 2018/01/09(火) 09:29:33 

    >>120
    プラスついてますが、これは明らかに「ティファニーで朝食を」のホリーとポールがお互いに今までしてなかったことを代わりばんこにしようっていうシーンと混同されてると思います。
    ホリーがポールに「10セントストアーで万引きしたことある?私は今でもたまにやる、腕が落ちないようにね(笑) "Don't be chicken."」ってそそのかして2人で動物のお面をかぶってお店を出ちゃうシーンですよね。
    カポーティの原作の中ではホリーが万引きする記述はほんの一行だったかと思いますが、映画ではハラハラドキドキ、面白い場面になっていました。
    もちろん法的にも人道的にも万引きはいけないことですけど。
    でもカポーティの創作したホリー・ゴライトリーはそういうキャラなので。
    なので「ローマの休日」のアン王女とジョー・ブラッドレーは万引きはしておりません。

    +7

    -0

  • 189. 匿名 2018/01/09(火) 22:58:53 

    >>78
    は?あれのせいで差別助長したんだけど
    あれやった本人も後悔してるのに
    プロパガンダ容認とか・・・アメリカ行って一回差別してこい
    安全な場所にいながら「わたしは嫌いじゃない」とか日系人の苦しみを味わってから言え

    +3

    -0

  • 190. 匿名 2018/01/10(水) 00:32:20 

    >>177
    あくまで一連のシーンを見ての私の想像なのですが...
    警察に身分証の提示を求められアメリカンニュースサービスの社員証を見せ「僕たちの結婚式を挙げるためにスクーターで急いでいた」と警察に言ったのではないでしょうか?
    結婚行進曲が流れ、後のアービングの台詞でそのことがわかりますし「ジョーは素晴らしい嘘つきだな」とも言っています。
    警察からも特にお咎めもなかったようで(もしかしたら後日、被害者の方への損害賠償などはするよう言われたかもしれませんが)被害者の方たちには警察の方から説明を聞いてね、って感じで3人は外に出ていきますよね。
    その後、被害者の方たちも警察から出てきて、さっきまでの困り果てた顔とは打って変わって笑顔で祝福してくれます。
    特に太ったおじさんは花嫁に熱烈なキス(王女だと知ったらビックリするでしょうねw)、花婿にも両頬に祝福のキス、アービングにもキスしようとしてヒゲ面を見てやめ握手のみw
    アモーレの国らしく結婚する2人を笑顔で祝福してくれるイタリア人の陽気な人柄の良さが表れているシーンでした。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +6

    -0

  • 191. 匿名 2018/01/10(水) 01:42:26 

    >>181
    何歳の設定かはわかりませんが、私はほぼ実年齢若しくはそれよりちょっと若いくらいの設定なのではないかと思っています。
    撮影開始が1952年6月からということなので撮影当時オードリーは23歳、グレゴリー・ペックが36歳です。
    アン王女はジョーに「学校を抜け出した」と嘘をつきますから20歳前後なのかな〜?
    難しいのがジョーの年齢。
    アン王女がジョーの部屋で目覚めるときにドクターと勘違いしてジョーに「夢をみたの、道端で寝ていると若い男の人がきて......私に意地悪だった」と言っているのをみると、もしかしたら30そこそこの設定なのかもしれませんね。
    グレゴリー・ペックは大人の男の余裕というか誠実な感じが素敵だな〜と思います。
    若い女の子ならあんな素敵な人に優しくされたら絶対に恋しちゃいますよね。
    アハハ、全然お役に立ってないですね、ごめんなさい。

    +7

    -0

  • 192. 匿名 2018/01/10(水) 04:43:13 

    >>181
    実年齢は多分オードリーが24ぐらいで
    グレゴリーペックは、37歳ぐらい。
    ペックは、2度目の結婚してあまり経ってなかったみたいです。
    二人とも独身なら映画では結ばれる事はなかった恋だけど、
    実生活で二人が恋愛してたら、もっと素敵なお話になったでしょうね。

    +3

    -0

  • 193. 匿名 2018/01/10(水) 05:30:25 

    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +5

    -0

  • 194. 匿名 2018/01/10(水) 05:32:31 

    >>164
    長身でハンサム、この頼もしい肩幅
    惚れてまうやろ!(//∇//)

    +2

    -0

  • 195. 匿名 2018/01/10(水) 17:37:55 

    アン王女がヴェスパでローマの街をしっちゃかめっちゃかにしちゃうシーン、アップ以外はスタントなんですよね。
    髪型とかちょっと違いますよね(ヅラかも)
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +3

    -0

  • 196. 匿名 2018/01/10(水) 19:18:28 

    >>172
    リズムとっちゃうSP、アン王女にギターで叩かれちゃいましたよねw
    その後、警察にギターのまま連行されちゃったw

    ↓実際叩かれたのは2回で、こんなに連打されてませんけどw
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +3

    -1

  • 197. 匿名 2018/01/15(月) 15:57:54 

    キーツとシェリーの論争シーンも楽しかった。
    ジョーに長椅子(カウチ)で寝ろって言われてカウチという言葉に反応しちゃったのか「私の好きな詩をご存知?」って
    "Arethusa arose
    From her couch of snows
    In the Acroceraunian mountains”
    一節を暗唱し「キーツよ」
    すかさずジョーが「シェリーだ」←すぐわかっちゃうなんて知的で素敵!
    それでもキーツと言い続けるアン王女が可愛い。

    ジョーが正解でシェリーの「アレトゥーサ」でした。
    アレトゥーサはギリシャ神話のニンフ(右)だそうです。
    映画  『ローマの休日』を語ろう

    +2

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード