ガールズちゃんねる

この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

88コメント2017/12/27(水) 07:53

  • 1. 匿名 2017/12/26(火) 11:39:31 

    時代・職業等問わずでお願い致します(^^)

    先ず私は白洲次郎の伝記です。戦後、敗戦国となっても日本人としての誇りを失わず、その堪能な英語でGHQに対しても臆せず立ち向かっていった、、、こんな日本人があの混沌とした時代に存在したのかと、非常に感銘を受けました。
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +107

    -11

  • 2. 匿名 2017/12/26(火) 11:41:31 

    この時間にそんなの読むような学のある奴ガルちゃんにいないよ

    +14

    -40

  • 3. 匿名 2017/12/26(火) 11:41:52 

    南方熊楠。もうすぐEテレで特集始まります

    +70

    -0

  • 4. 匿名 2017/12/26(火) 11:42:08 

    石川啄木

    一度でも我に頭を下げさげし
    人みなしねと 
    いのりてしこと

    好き

    +39

    -2

  • 5. 匿名 2017/12/26(火) 11:42:39 

    愛新覚羅溥傑の奥さん

    +60

    -1

  • 6. 匿名 2017/12/26(火) 11:43:06 

    ココ・シャネル

    +19

    -2

  • 7. 匿名 2017/12/26(火) 11:43:14 

    野口英世
    女遊び激しいよっぱらいの話だった

    +41

    -0

  • 8. 匿名 2017/12/26(火) 11:44:43 

    >>2
    真っ先にコメントするお前のことか

    +57

    -3

  • 9. 匿名 2017/12/26(火) 11:45:07 

    >>2
    自己紹介か

    +34

    -4

  • 10. 匿名 2017/12/26(火) 11:45:16 

    >>1
    マッカーサーの件は単なるデマですよ

    マッカーサーの謁見記録に名前がありません

    +15

    -1

  • 11. 匿名 2017/12/26(火) 11:45:15 

    小さいころ、伝記まんがのヘレンケラーが好きでした。

    +73

    -0

  • 12. 匿名 2017/12/26(火) 11:48:30 

    >>11
    なおサリバン先生
    サリバン先生めっちゃ頑張ってたのに

    +28

    -2

  • 13. 匿名 2017/12/26(火) 11:48:28 

    アインシュタイン

    +4

    -0

  • 14. 匿名 2017/12/26(火) 11:48:36 

    ワタシも主さんと同様、白州次郎関連の本、何冊か読みました。
    戦後日本のリアルな様子がよく伝わってきました。
    読んで良かったです。

    今の日本に彼のような骨のある人がいないのがただひたすらに残念です。

    +59

    -6

  • 15. 匿名 2017/12/26(火) 11:49:50 

    >>13
    灰皿で飯食ってた人がなんだって?

    +0

    -6

  • 16. 匿名 2017/12/26(火) 11:51:18 

    一柳満喜子「負けんとき」
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +20

    -0

  • 17. 匿名 2017/12/26(火) 11:51:37 

    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +7

    -3

  • 18. 匿名 2017/12/26(火) 11:54:19 

    ねつ造ばっかり

    +3

    -7

  • 19. 匿名 2017/12/26(火) 11:56:49 

    野口英世
    実は女遊び大好き
    だったらしいけど

    +15

    -0

  • 20. 匿名 2017/12/26(火) 11:58:29 

    >>3
    ありがとう!
    録画予約した

    +4

    -0

  • 21. 匿名 2017/12/26(火) 11:59:10 

    種田山頭火歌人ですがなかなか伝記もいいです

    +16

    -0

  • 22. 匿名 2017/12/26(火) 12:00:34 

    >>20
    こちらこそうれしいです

    +6

    -0

  • 23. 匿名 2017/12/26(火) 12:02:27 

    小学5年の頃に図書室の伝記全部読んだけど
    もう内容覚えてない…
    シュバイツァーとか?

    +6

    -1

  • 24. 匿名 2017/12/26(火) 12:02:34 

    小学生くらいのときに読んだゴッホの伝記はなんかいまだに覚えてる
    発狂したり親族にまで疎まれて最期まで報われないで寂しく亡くなった後に再評価されるとか、さぞ無念だろうなと

    +71

    -0

  • 25. 匿名 2017/12/26(火) 12:02:55 

    >>19
    借金もひどかったんだっけ?

    +11

    -0

  • 26. 匿名 2017/12/26(火) 12:03:55 

    エジソン

    +1

    -0

  • 27. 匿名 2017/12/26(火) 12:04:17 

    >>16
    読んでみたくなったー。
    ありがとう!

    +5

    -1

  • 28. 匿名 2017/12/26(火) 12:05:38 

    >>11
    こういうののシリーズ、良かったよね。
    親は漫画なんてって言ってたけど、ここから興味持って色々知りたくなった事も多かった。

    +46

    -1

  • 29. 匿名 2017/12/26(火) 12:06:18 

    >>2
    お前を基準に考えるなクソゴミ

    +8

    -0

  • 30. 匿名 2017/12/26(火) 12:06:15 

    来年のNHKの正月時代劇にも出てくるの杉田玄白もすごい人です

    +26

    -0

  • 31. 匿名 2017/12/26(火) 12:07:56 

    白洲次郎なんて
    私利私欲の売国奴じゃん。

    +3

    -24

  • 32. 匿名 2017/12/26(火) 12:09:20 

    日本画家の木村武山

    +0

    -0

  • 33. 匿名 2017/12/26(火) 12:09:28 

    家に偉人伝があったので読んだけど、ゴッホはなかなかインパクトのある人生だった
    女性にフラれた腹いせにその人の家におしかけて燭台に手を突っ込んで
    「僕がこの手をロウソクにかざしている間だけでも彼女に会わせてくれ」
    って懇願して、けんもほろろに家族に追い出されたくだりが載っていた

    +32

    -0

  • 34. 匿名 2017/12/26(火) 12:10:33 

    確かに人間なんて一瞬でも外見とは違う事考えるなんて沢山あるもんね。

    おとなしそうにみえて頭の中はク○上司覚えてやがれと思ってるかもしれないし、清楚そうにみえて頭の中エッ○な事ばっか考えてるかもしれないし野口英世が女たらしでも、そんな不思議な事ではない。

    むしろ、偉人が善人でないことも全然考えられる

    +6

    -4

  • 35. 匿名 2017/12/26(火) 12:19:34 

    >>34
    別にあなたのように偉人が善人でないことを知りたくて呼んでるわけではありませんので

    +4

    -8

  • 36. 匿名 2017/12/26(火) 12:21:49 

    >>1
    サッカーの本田選手も白洲次郎の本を読んで
    尊敬してるよね 私も好きです 白洲次郎

    +35

    -1

  • 37. 匿名 2017/12/26(火) 12:24:35 

    >>11
    ああ、このシリーズ好きだった!昔親から漫画禁止されてたけどこれだけは大丈夫で、キュリー夫人の買ってもらった。うれしくて暗記するほど読んだから、今でも周りのどの人よりキュリー夫人について詳しい自信あるわ笑

    +30

    -2

  • 38. 匿名 2017/12/26(火) 12:25:57 

    本田宗一郎

    +17

    -0

  • 39. 匿名 2017/12/26(火) 12:28:04 

    トピずれかもしれないけど、偉人って大体学校行ってなかったり問題児だったりしない?

    学校行く意味って何?とか思ってしまう。

    +6

    -4

  • 40. 匿名 2017/12/26(火) 12:29:29 

    フリーダ・カーロ
    絵画を観てからこの人の人生を知りたくなった
    フリーダ・カーロ - Wikipedia
    フリーダ・カーロ - Wikipediaja.wikipedia.org

    フリーダ・カーロ - Wikipediaフリーダ・カーロ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』移動先:案内、検索この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の姓)はカーロ、第二姓(母方の姓)はイ・カルデロンです。フリーダ・カーロ1...

    +16

    -0

  • 41. 匿名 2017/12/26(火) 12:33:31 

    >>25
    幕府を最後まで支持した藩(福島県)の人々が、明治政府をひとあわふかせてやろう的な感じで、野口英世に出すお金を惜しまなかったとか…

    +12

    -0

  • 42. 匿名 2017/12/26(火) 12:36:04 

    藤田嗣治
    最後はフランス人になってしまったけど、
    実は日本のことをものすごく好きだったんじゃないかと思ってる。

    +25

    -0

  • 43. 匿名 2017/12/26(火) 12:36:20 

    >>41
    そうだったんだ、ありがとう!

    +0

    -0

  • 44. 匿名 2017/12/26(火) 12:42:34 

    チャップリンが感動した。

    +3

    -0

  • 45. 匿名 2017/12/26(火) 12:45:03 

    今村均
    戦後、インドネシアで独立軍のスカルノ大統領をオランダ軍から守り
    独立のための集会を開かせた。
    撤収する際には、武器や重要な機材を独立軍に横流しし
    捕えられた時、仲間が刑務所に行き
    「刑場に連れていかれる時にあなたを奪還する」と伝えに行くも
    「そうやって生き延びるのは日本では不名誉とされている」と断った。
    が、運良く方面された。

    +17

    -0

  • 46. 匿名 2017/12/26(火) 12:45:38 

    有名だけど、杉原千畝。
    見つかれば、自分や家族が拷問を受けて虐殺される可能性があったのに
    日本政府のハンコを偽造してビザを発行するのは英断。

    +53

    -7

  • 47. 匿名 2017/12/26(火) 12:51:33 

    大空のサムライを書いた坂井三郎。
    ゼロ戦のパイロットで描写がとにかくうまくて引き込まれる。
    海外からも評価が高く、鬼と謳われた日本軍が
    実はただの1人の人間だったんだと意識を変えさせた本。

    戦地では、1人で飛んでいる時に数十機の戦闘機に囲まれるも
    持てる技術を駆使して抜け出した。
    その後、米空軍との同窓会で「あの時のパイロットはいるか?」
    と聞くと、手を挙げた者が1人。
    壇上から「ヘタクソ!」と言ったそうです。まぁ、嘘っぽい所もあるみたいだけど
    小説としては面白いのでお勧めです。

    +23

    -1

  • 48. 匿名 2017/12/26(火) 12:59:13 

    誰が書いたか忘れたけど、印象深いのは
    「ブッダ」・・・全集のうちの1冊で、あんまり宗教っぽくてすごい苦悩が生々しく書かれてた
    「土方歳三」・・・こうはなれないと思うけど、曲げない強さを感じた
    「ゴッホ」・・・読んでるとちょっと病むかも。壮絶

    +0

    -0

  • 49. 匿名 2017/12/26(火) 13:01:49 

    伝記ではないかもしれないけど、親がエホバをやってるので
    ドアの向こうのカルトがすごく腑に落ちた。母がこれを読んでエホバを脱会しました。

    +45

    -0

  • 50. 匿名 2017/12/26(火) 13:07:47 

    自伝だけど、篠田桃紅氏。

    +2

    -0

  • 51. 匿名 2017/12/26(火) 13:20:26 

    祖父・小金井良精の記
    星新一が祖父について書いてます。
    ショートショートの星新一が書いているから読みやすいです。
    中学校の時に読んだけど感動して何度も読み返したな。

    +4

    -0

  • 52. 匿名 2017/12/26(火) 13:37:03 

    安井かずみがいた時代
    親交のあった著名な人々が赤裸々に安井かずみを語るんです。衝撃的な事実もありますがここでは伏せときます。ぜひ読んでみてください。
    後年、夫の加藤和彦の自殺と照らし合わせると人生は皮肉なものと思わずにはいられません。

    +7

    -0

  • 53. 匿名 2017/12/26(火) 13:57:22 

    福沢諭吉

    +2

    -0

  • 54. 匿名 2017/12/26(火) 13:58:13 

    >>52
    私も読みました。成功って、愛って何なんだろう……とせつなくなりました。
    吉田拓郎などの著名人が安井かずみさんの私生活を赤裸々に語っている一方で
    一番の親友であった加賀まりこさんや、安井かずみさんが多くの歌詞を提供しつつ
    一時期片思いしていたという噂の沢田研二さんがインタビューを受けずその後も安井さんに関して沈黙を貫いていらっしゃるのがせめてもの救い……。

    +8

    -0

  • 55. 匿名 2017/12/26(火) 14:11:06 

    >>18
    それを言っちゃ身も蓋もない。
    自伝と「○○日記」の類は嘘が多いのは昔から言われてること。
    でもそれを読んで面白いと思ったり本人に興味を持ったんなら、評伝やら伝記、インタビューを読めばいい。
    名を成してる人は良くも悪くも個性が強いし、自分なりの倫理観や意見を持ってるから
    人間を知るための勉強になる

    +3

    -0

  • 56. 匿名 2017/12/26(火) 14:12:39 

    小澤征爾「ボクの音楽武者修行」
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +4

    -2

  • 57. 匿名 2017/12/26(火) 14:21:24 

    白州次郎さんかっこいいよね。

    白州正子さんもかっこよくて好きです。美意識高い

    +10

    -2

  • 58. 匿名 2017/12/26(火) 14:31:46 

    荻野吟子。

    渡辺淳一の小説の 花埋み の主人公。
    日本の女医1号の人。

    結婚中に夫から淋病をうつされ、婦人科で治療したが男性医師しかおらずイヤな思いをした事がきっかけで女医を目指す。
    当時は女性が医師を目指す事は周囲の猛反対があり門前払いの日々。ようやく入学を許された医学校へは伸ばしていた髪の毛を切り男性用の着物袴姿で学んだ。すごく信念の強い女性で波乱万丈の人生。

    +25

    -0

  • 59. 匿名 2017/12/26(火) 14:33:27 

    伝記、からは若干ずれてしまって申し訳ないのですが人物のノンフィクション系としておすすめなのは「栗林忠道 硫黄島からの手紙 」です。
    硫黄島で米軍との激戦を行った旧日本軍の栗林忠道中将が、本土のご家族にあてて出した手紙がのせられています。
    過酷な環境の硫黄島でなんとしても日本本土を守ろうとする心の強さと、そして奥さんや子供にかける心づかいの言葉からは父親としての顔も感じられます。

    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +15

    -0

  • 60. 匿名 2017/12/26(火) 14:36:32 

    >>40
    映画を見たけど、すごーく重かった。
    画家としては成功したけど、なんで次から次へこんなに辛い目に合うんだろうかと。
    画風は自分の生き様が出てる。好きな人は好きだけど、そうでない人もいるね。
    日本画の松井冬子も影響を受けてそう。

    +14

    -0

  • 61. 匿名 2017/12/26(火) 15:07:16 

    白洲次郎って、日本で初めてジーンズをはいた人で
    麻生太郎の親戚なんだよね。

    +3

    -3

  • 62. 匿名 2017/12/26(火) 15:07:53 

    ここでは人気の白洲次郎ですが、わたしは逆に伝記を読んだり、生き方を知ってがっかりしました。

    戦局悪化に伴い、とうとう赤紙が自分に来た時、最大限のコネを使って徴兵回避したのを知ったから。そこには彼なりの大義名分があったようですが、大勢の人が否応なしに出兵し反戦を唱えたら処罰される中、特権階級だからと言って許される行為では無いと思っています。

    死んでいった仲間を弔う気持ちで、戦後は身を粉にして働いたともありましたが、それも違うと思いました。

    +13

    -10

  • 63. 匿名 2017/12/26(火) 15:15:33 

    >>61
    麻生さんの祖父吉田茂の片腕だったけど縁戚関係はない。

    +20

    -1

  • 64. 匿名 2017/12/26(火) 15:20:07 

    >>58
    オランダおいね
    シーボルトの日本人妻の娘です。
    荻野吟子の生涯に通じるところがありました。

    +10

    -0

  • 65. 匿名 2017/12/26(火) 15:33:58 

    小学生の頃から伝記を読むのが大好きだった私
    小3の時にマザーテレサを読んで感銘を受けて、将来の夢はシスターでした
    本気で目指してた割に恋愛タブーと聞いてすぐ冷めたけど(笑)

    でもその影響か、今は福祉職を目指して福祉大学に通ってます

    +20

    -0

  • 66. 匿名 2017/12/26(火) 16:04:27 

    聖書
    神とキリストとその仲間たちの冒険の書ってかんじ。
    多少盛ってるだろうけど、面白い話もある。

    +4

    -0

  • 67. 匿名 2017/12/26(火) 16:05:51 

    >>63
    そうなんですね。
    思い違いしていたようです。
    ありがとうございます。

    +2

    -0

  • 68. 匿名 2017/12/26(火) 16:35:41 

    前田日明

    パワーオブドリーム
    「新日から出て新しい団体を作る
    後から猪木も行くから待ってて欲しい
    と言った新間さんはペンを出して三文字を書いた・・・UWFと」

    +2

    -0

  • 69. 匿名 2017/12/26(火) 16:54:15 

    「これが私の生きる道」
    サンダカン八番娼館の著書の底辺女性研究家の山崎朋子さんの自伝です。
    内容が濃くて読み応えありました。
    テレビ見るより本を読む方が面白いと感じさせてくれた作品です。

    +8

    -0

  • 70. 匿名 2017/12/26(火) 17:20:15 

    沈まぬ太陽 山崎豊子

    映画化もされたからご存知の方も多いかと。
    元はJ○Lのエリート社員だったけど、組合活動で左遷させられた人物。
    日航機事故の部分は主人公の部分はフィクションだけど、事故の詳細は詳しくかいてある。本当に壮絶な事故だった。映画ではとても伝えられない。
    だけど、自分の信念を曲げないでずっと勤め上げれたのはすごい事。
    それを支えた奥さんや家族も大変だったと思う。
    主人公のモデルの方は何年か前にお亡くなりになりましたね。

    +15

    -1

  • 71. 匿名 2017/12/26(火) 17:25:09 

    >>62
    だけど、戦後の動乱の中でGHQを相手に、英語力が高くて強気であちらの人が舌を巻くほどアメリカ人と渡り合える人はいなかったでしょう。
    もし戦争に行かれ戦死されていたら損失ですよ。
    現在でも日本の外交は弱腰ですから、あのような人がいたらと思います。

    +11

    -5

  • 72. 匿名 2017/12/26(火) 18:01:26 

    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +6

    -1

  • 73. 匿名 2017/12/26(火) 18:01:33 

    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +6

    -0

  • 74. 匿名 2017/12/26(火) 18:49:39 

    主は売国者ジョンも読んでからコメントしてください

    +2

    -4

  • 75. 匿名 2017/12/26(火) 19:03:27 

    シュテファン・ツヴァイク著「マリー・アントワネット」
    岩波文庫の上下巻で読んだけど、アントワネットの生涯の前半と後半の対比が見事
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +6

    -0

  • 76. 匿名 2017/12/26(火) 19:08:58 

    宮木あや子著「ガラシャ」
    ガラシャの人生のある時期に特化して書かれた本
    ラストは私は「?」てなったけど、彼女の鮮やかな生き方が切なくて胸に迫りました
    少女マンガ好きな人にオススメしたい作品
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +4

    -0

  • 77. 匿名 2017/12/26(火) 19:58:55 

    李香蘭 私の半生  沢口靖子バージョン 上戸彩バージョンのドラマを見ましたが、ご本人の美しさには勝てなかった

    +4

    -0

  • 78. 匿名 2017/12/26(火) 20:07:02 

    >>74
    横ですがあんなトンデモ本を本気にするあなたが心配
    この作者の本はどれもやりすぎ都市伝説レベルの本ですよ

    +3

    -0

  • 79. 匿名 2017/12/26(火) 21:46:49 

    コルベ神父
    ナチスの強制収容所で身代わりとなって死んでいった神父の話です。

    +6

    -0

  • 80. 匿名 2017/12/26(火) 22:07:20 

    瀬島龍三の伝記よかったです

    +0

    -0

  • 81. 匿名 2017/12/26(火) 22:37:36 

    カースト下位から盗賊に攫われ、酷い目にあったりしながら盗賊の女王になった。金持ちからは奪って貧しいものに与えたらしい。それで投降して刑務所に入ってからも人気が高くて政治家になった。だけど命を狙われて、しまいには殺されたんだったと思う。
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +5

    -0

  • 82. 匿名 2017/12/26(火) 22:38:54 

    >>60
    映画観られたんですね、私は絵画展で現物観たときには
    伝記読んだ後だったのでゾワゾワしました
    政治的背景もありましたが
    確かに一般受けする絵でもないですよね
    でもまた絵画展あれば観に行きたいです

    +5

    -0

  • 83. 匿名 2017/12/27(水) 00:15:04 

    >>81
    この人お金持ちのお嬢さんじゃなかった?
    盗賊と接していくうちに洗脳されて、女盗賊になったんじゃなかったっけ?

    +0

    -0

  • 84. 匿名 2017/12/27(水) 06:03:55 

    ルイ・パスツール
    北里柴三郎

    +0

    -0

  • 85. 匿名 2017/12/27(水) 06:05:40 

    >>71
    いやいや、学徒出陣で優秀な学生や運動選手も多数出兵して命を落としているだけに、そういうことは通用しないでしょ。

    +2

    -0

  • 86. 匿名 2017/12/27(水) 06:06:34 

    >>83
    最下位のカースト出身なのでそれはないでしょ。

    +1

    -1

  • 87. 匿名 2017/12/27(水) 06:12:16 

    SONYの創業者である盛田昭夫さんが書いた「MADE IN JAPAN」。
    国際的にも著名な経営者でもあったため、世界30カ国で発売され米国をはじめとする世界各国でベストセラーとなった本でもある。

    +3

    -0

  • 88. 匿名 2017/12/27(水) 07:53:47 

    松任谷由実「ルージュの伝言」
    有名なユーミンの自叙伝
    もちろん脚色もあちこちにあると思うけど、読み物としては大変面白いのでオススメです
    この人物の「伝記」が良かった♪読み応えがあった♪

    +2

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード