ガールズちゃんねる

ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

845コメント2017/12/28(木) 16:48

  • 1. 匿名 2017/12/16(土) 20:09:08 

    好きな人物、謎の展開、変な風俗、オシャレな衣装、エロいトピック・・・
    古代から平安時代終焉の頃までの歴史について、
    ゆる~くだらだらと無駄話でもしましょう

    +308

    -12

  • 2. 匿名 2017/12/16(土) 20:09:30 

    楽しそう

    +320

    -8

  • 3. 匿名 2017/12/16(土) 20:09:44 

    私みたいな顔がモテていたのじゃよ

    +690

    -12

  • 4. 匿名 2017/12/16(土) 20:09:48 

    ありおりはべりいまそかり

    +436

    -6

  • 5. 匿名 2017/12/16(土) 20:10:01 

    シャーマンが政治を動かしていた。
    卑弥呼とか。

    +457

    -11

  • 6. 匿名 2017/12/16(土) 20:10:08 

    私、実は平安からきた葉子と申します。
    何人と経験したと思います?

    +21

    -156

  • 7. 匿名 2017/12/16(土) 20:10:18 

    縄文土器・弥生土器
    どっちが好き?

    +353

    -9

  • 8. 匿名 2017/12/16(土) 20:10:38 

    >>6
    知らんがな

    +371

    -5

  • 9. 匿名 2017/12/16(土) 20:10:42 

    平安時代ならモテてた自信がある
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +875

    -16

  • 10. 匿名 2017/12/16(土) 20:10:59 

    >>6
    ワロタ

    +85

    -23

  • 11. 匿名 2017/12/16(土) 20:11:13 

    オシャレ
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +640

    -9

  • 12. 匿名 2017/12/16(土) 20:11:15 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +58

    -124

  • 13. 匿名 2017/12/16(土) 20:11:17 

    >>6
    0人だと思います。

    +329

    -9

  • 14. 匿名 2017/12/16(土) 20:11:20 

    弥生時代は卑弥呼しか知らん
    平安時代は紫式部しか知らん

    +25

    -79

  • 15. 匿名 2017/12/16(土) 20:11:38 

    あの建物はどのように作られていたのか

    +308

    -4

  • 16. 匿名 2017/12/16(土) 20:11:54 

    もし私が平安時代に生まれていたらブスだったわ
    平成では美人ですが。(^∀^)

    +44

    -102

  • 17. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:07 

    卑弥呼さまーっ!

    +273

    -3

  • 18. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:09 

    おじゃる

    +166

    -4

  • 19. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:25 

    >>7
    縄文かな。よく子どもの頃おばちゃんたちと発掘してたけどまるっと残ってるのなくていちから組み立てるから凄いわ。根気ですな。

    +296

    -6

  • 20. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:28 

    >>13
    葉子です。正解です。
    ふふふ

    +24

    -68

  • 21. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:29 

    土器にドキドキしました。

    +291

    -11

  • 22. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:40 

    土偶。
    あの体型、親近感。

    +442

    -2

  • 23. 匿名 2017/12/16(土) 20:12:51 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +281

    -3

  • 24. 匿名 2017/12/16(土) 20:13:13 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +104

    -1

  • 25. 匿名 2017/12/16(土) 20:13:26 

    中国文化の影響を色濃く受けている。

    +297

    -8

  • 26. 匿名 2017/12/16(土) 20:13:50 

    通い婚に憧れる…
    毎日は一緒に居られない…

    +652

    -11

  • 27. 匿名 2017/12/16(土) 20:14:23 

    >>21
    土偶に ドッグン ドッグン!

    +12

    -33

  • 28. 匿名 2017/12/16(土) 20:14:28 

    ♪縄文式土器 弥生式土器
    埴輪 勾玉 土偶土偶~
    (東京ブギウギの曲で歌ってね!)

    +416

    -14

  • 29. 匿名 2017/12/16(土) 20:14:39 

    貝塚ってあるけど、貝に当たったら助からなかったのかな

    +278

    -22

  • 30. 匿名 2017/12/16(土) 20:14:43 

    最近古事記の漫画を読んでる。あの伝統がまだ続いてて新嘗祭を天皇陛下はされたんだよね。今まで知らなかったわ。

    +190

    -8

  • 31. 匿名 2017/12/16(土) 20:14:56 

    >>7
    アバンギャルドな火炎土器が好き

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +553

    -9

  • 32. 匿名 2017/12/16(土) 20:15:10 

    今日ラジオで聞いたネタ
    日本の最初の鍋は土に掘った穴
    土に掘った穴でスープを作って
    食べていた

    +263

    -11

  • 33. 匿名 2017/12/16(土) 20:15:39 

    実在する天皇はどこまで遡れるのかな

    +405

    -4

  • 34. 匿名 2017/12/16(土) 20:15:49 

    銅鐸

    +57

    -6

  • 35. 匿名 2017/12/16(土) 20:16:06 

    天空に向かってそびえ立つように建てられていたという出雲大社が見てみたい。

    +530

    -10

  • 36. 匿名 2017/12/16(土) 20:16:11 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +355

    -9

  • 37. 匿名 2017/12/16(土) 20:16:27 

    日本書紀って女性が書いたって聞いたんだけど本当かな
    まあ本当かどうかは分からないにしてもなんか資料あるんだろうか

    +205

    -10

  • 38. 匿名 2017/12/16(土) 20:16:54 

    中学生の時に縄文時代の寿命の短さに衝撃を受けた気がします!28歳前後だったような…間違ってたらすみません。

    +477

    -6

  • 39. 匿名 2017/12/16(土) 20:17:06 

    >>4
    ラ行変格活用なつかしい
    ちなみに「おり」じゃなくて「をり」ね

    +215

    -3

  • 40. 匿名 2017/12/16(土) 20:17:13 

    氷室冴子の何て素敵にジャパネスクが好きだった青春時代

    +438

    -6

  • 41. 匿名 2017/12/16(土) 20:17:23 

    >>32
    穴に材料入れるだけじゃスープにならなくね?
    あと異様に食べづらいような気がする
    そんなことなら石の凹みや木切れのくぼみにでもスープを入れてすすったほうが楽そう

    +330

    -2

  • 42. 匿名 2017/12/16(土) 20:18:16 

    春画っていつの時代?
    けっこう生々しくコミカルタッチだよね

    +12

    -42

  • 43. 匿名 2017/12/16(土) 20:18:23 

    宇野讃良

    +112

    -9

  • 44. 匿名 2017/12/16(土) 20:18:52 

    >>36
    神武天皇が一応古事記上は皇室の先祖という設定だったね。
    まぁ、神武天皇あたりは怪しいらしく、そのあとあたりから一応記録に残ってるんだったかな。
    支配者が神の子孫という発想は昔からあるからおかしなことではないけど。

    +278

    -4

  • 45. 匿名 2017/12/16(土) 20:18:52 

    松茸いっぱい食べてたんだよね

    +142

    -2

  • 46. 匿名 2017/12/16(土) 20:18:53 

    マイナス魔が居るね。あちらの国のお方かな?

    +230

    -33

  • 47. 匿名 2017/12/16(土) 20:19:02 

    トピタイが気持ち悪い

    +5

    -84

  • 48. 匿名 2017/12/16(土) 20:18:40 

    >>7
    どっちもドキ。

    +197

    -3

  • 49. 匿名 2017/12/16(土) 20:19:12 

    >>38
    赤んぼが大量に亡くなってたんじゃない?
    幼児も

    +321

    -2

  • 50. 匿名 2017/12/16(土) 20:19:04 

    日本は箸使ってたけどヨーロッパはまだ手づかみの時代

    +243

    -6

  • 51. 匿名 2017/12/16(土) 20:19:48 

    >>37
    古事記を暗唱してたのが女性の稗田阿礼
    日本書紀は実質、藤原不比等が作らせたんだよ

    +201

    -7

  • 52. 匿名 2017/12/16(土) 20:20:04 

    今の時代って平安末期みたい
    折りたたみ式の庵持って旅立ちます

    +32

    -3

  • 53. 匿名 2017/12/16(土) 20:20:44 

    >>9
    たまにしか髪洗わなくて、シャンプーもトリートメントもないんでしょ
    食べ物だってよくないから栄養状態も悲惨だっただろうし
    こんなに伸ばせたのかな?切れ毛でブチブチ切れて毛先そろえるごとにどんどん短くなっていきそう・・・

    +309

    -12

  • 54. 匿名 2017/12/16(土) 20:20:47 

    >>16ネタで書いたらマイナスだらけ(^∀^)涙

    +8

    -42

  • 55. 匿名 2017/12/16(土) 20:19:26 

    太古の昔から鏡があったのがスゴい
    古代人も顔の美醜を気にしてたのかなー?
    でもその当時気にしてたのは、
    女じゃなく男のほうかな

    +183

    -7

  • 56. 匿名 2017/12/16(土) 20:21:11 

    稗田阿礼って女性だったのか
    人生60年にして初めてその事実を知った

    +234

    -10

  • 57. 匿名 2017/12/16(土) 20:21:46 

    高床式
    ネズミ返し

    +260

    -3

  • 58. 匿名 2017/12/16(土) 20:22:00 

    >>53
    絵はよく見せることはできるからさ…。今の修正画像とたいして変わらないかと笑

    +94

    -1

  • 59. 匿名 2017/12/16(土) 20:22:15 

    >>53
    だからこそ長くて美しい髪は若さと健康の象徴だったんだよ

    +399

    -2

  • 60. 匿名 2017/12/16(土) 20:22:16 

    >>7
    どっちも好き
    どっちも土器

    +137

    -2

  • 61. 匿名 2017/12/16(土) 20:22:43 

    >>55
    古代の鏡は祭事用だよ。

    +164

    -4

  • 62. 匿名 2017/12/16(土) 20:23:29 

    わーい、歴史トピ大好き!主様、管理人さん、ありがとうございます☆

    奈良時代はちょうど中国への意識もあって、官位や服装も唐風でしたね。どれだけ中国風を意識しても、文学(万葉集など)にはちゃんと日本の心が現れていますね。
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +309

    -10

  • 63. 匿名 2017/12/16(土) 20:24:48 

    >どれだけ中国風を意識しても、文学(万葉集など)にはちゃんと日本の心が現れていますね。

    なんか適当な文章w

    +11

    -124

  • 64. 匿名 2017/12/16(土) 20:24:49 

    渡来人とかすごくロマン感じる。インドやペルシャなど意外に遠くからも来ているんだよね。
    もしかしたら、遠く離れたイランに遠い遠い親戚がいるかもしれない!

    +349

    -7

  • 65. 匿名 2017/12/16(土) 20:24:59 

    本気で怨霊に怯えた天皇によって、平安京が建都されたんだよね
    平安時代というと怨霊・悪霊・魑魅魍魎のイメージだわ

    飛鳥や奈良の人達のオカルト感についても、知りたい

    +340

    -2

  • 66. 匿名 2017/12/16(土) 20:25:30 

    >>64
    平井堅の顔の濃さの理由がわかった気がする

    +407

    -6

  • 67. 匿名 2017/12/16(土) 20:25:52 

    冬とかどうやって暖とってたのかなあと思うわ
    夏は涼しそうだけどね

    +329

    -3

  • 68. 匿名 2017/12/16(土) 20:26:31 

    日本の文化は渡来人によってかなり高くなったね。渡来人は中国大陸で敗れた人たちだけど、うまく融合したよ。

    +111

    -16

  • 69. 匿名 2017/12/16(土) 20:26:37 

    平城京がすぐ捨てられて、平城京から平安京に遷都されたのは、実は水銀中毒の蔓延説

    +239

    -5

  • 70. 匿名 2017/12/16(土) 20:26:44 

    愛子さま

    +6

    -29

  • 71. 匿名 2017/12/16(土) 20:27:03 

    卑弥呼って、魏が侮蔑を込めて当てた字なんだよね
    ヒミコって音に当ててピタリとくる漢字は、日巫子

    +443

    -4

  • 72. 匿名 2017/12/16(土) 20:27:14 

    奈良時代最後の女帝・称徳天皇(孝謙天皇)が気になる。
    藤原仲麻呂&道鏡を寵愛した好色な女帝と言われるけど、果たして本当だったのだろうか?
    そもそも、道鏡はそんなに野心的な人物だったのだろうか・・・?
    里中満智子さんの「女帝の手記」には、道鏡は優しくて包容力のある人物として描かれています。
    永井路子さんも道鏡を教養人で欲のない人物として評価している。
    後世の評価はイマイチな道鏡だけど、字はとてもゆったりして大らかな感じらしい。
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +188

    -4

  • 73. 匿名 2017/12/16(土) 20:27:24 

    銅鐸は、どのような形で祭事に使用したの?

    +12

    -3

  • 74. 匿名 2017/12/16(土) 20:28:27 

    >>71
    ヒミコは存在しなかった説もあるし、昔になるほど記録も残ってないから色々考えたり妄想できていいなぁと思う。

    +230

    -4

  • 75. 匿名 2017/12/16(土) 20:28:29 

    平安時代にもし行ったら
    おこたもホットカーペットもない
    お菓子もない
    よって私は死ぬしかない

    +482

    -6

  • 76. 匿名 2017/12/16(土) 20:28:54 

    この漫画大好きだった
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +239

    -2

  • 77. 匿名 2017/12/16(土) 20:28:56 

    >>75
    菓子はあったよ。

    +79

    -4

  • 78. 匿名 2017/12/16(土) 20:30:51 

    >>71
    そうかなぁ
    まだ漢字が伝来してそれほど時期も経ってないし、もしかしたら漢字にそこまで思い入れがなかったのかなとも思う
    現代は漢字や文字になじみがありすぎて、言葉そのものだけだと味気ないように感じるかもしれないけど

    +14

    -18

  • 79. 匿名 2017/12/16(土) 20:30:56 

    >>62
    えぇ…。万葉集とかもろ中国文学の影響受けてるんですが…。中国って当時は最先端の国だったからすごい影響うけてるよ。

    +238

    -14

  • 80. 匿名 2017/12/16(土) 20:32:13 

    石器時代長すぎだよね
    どんだけずーっと同じことしてんだっていう
    でもそれだけ平和だったんだよね日本は
    なんかそういうのも今に繋がってる気がする
    極力争いを避けて根気強くずっと同じことを続ける民族

    +369

    -12

  • 81. 匿名 2017/12/16(土) 20:34:11 

    娘の入内についてきて、娘を差し置いて天皇といい仲になっちゃうとかいう薬子の変

    +293

    -6

  • 82. 匿名 2017/12/16(土) 20:35:27 

    藤原薬子ってすごいよね
    娘が平城天皇の妃になるけど、天皇は娘より薬子を愛して尚侍(天皇の秘書的な役、女官のトップ)にしてしまう→兄と一緒になって政治を思いのままにする→天皇が退位→復位を目指して平城天皇を担いで薬子の乱を起こす→敗北して自殺
    どんな魔女だよ・・・

    +360

    -5

  • 83. 匿名 2017/12/16(土) 20:36:34 

    >>75
    奈良時代からあったらしい舶来菓子「清浄歓喜団」のネーミングの意味が気になる
    今もお取り寄せで出来るらしいけど、どんだけ老舗の菓子なんだよ

    +165

    -1

  • 84. 匿名 2017/12/16(土) 20:36:54 

    >>36あれ、なんか生まれて川に流されてなかったことにされたのがいなかったっけ…?

    +29

    -9

  • 85. 匿名 2017/12/16(土) 20:35:32 

    白村江で負けたりして結構日本の存続危機に陥ったりしてるけど、それでも侵略されなかったのはすごいよね
    島国であることは古来に限ればやっぱりかなりの強みなんだね

    +328

    -5

  • 86. 匿名 2017/12/16(土) 20:38:42 

    >>53
    シャンプーリンストリートメントが頭皮や髪にいいと思ってるとそう思うだろうけどね。
    抜け毛に悩んでる人は暫く天然100%石鹸で洗ってみて。
    昔の日本人女性は髪の毛大量だよ。


    +274

    -20

  • 87. 匿名 2017/12/16(土) 20:37:27 

    渡来人はロマンがあるけれども、今のお隣の国とかは果たして同じ民族なんだろうか?

    +133

    -6

  • 88. 匿名 2017/12/16(土) 20:37:15 

    >>53
    だからこそ髪が長くて綺麗なのがモテる条件だったのかな?

    +79

    -5

  • 89. 匿名 2017/12/16(土) 20:38:03 

    >>78
    卑弥呼の記載があるのは、日本じゃなくて中国の魏志倭人伝だよ
    その頃の日本を表す倭も、同じように悪い意味なんだって

    +288

    -6

  • 90. 匿名 2017/12/16(土) 20:38:14 

    この前、弥生顔・縄文顔の比較のテレビ番組で片岡鶴太郎さんの顔は、縄文度100パーセントって見てから、たまにそのことを思い出す

    縄文時代や上代のひとの顔を見てみたいな~
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +144

    -6

  • 91. 匿名 2017/12/16(土) 20:38:21 

    >>79
    中国と言うと語弊があるのかもよ。唐ね

    +196

    -2

  • 92. 匿名 2017/12/16(土) 20:39:17 

    >>84
    蛭子と呼ばれてた神様…
    誰だったっけ?

    +54

    -3

  • 93. 匿名 2017/12/16(土) 20:39:56 

    >>89
    その当時は、中国からしたら日本などは辺境の野蛮な地扱いだからね。文字や書物の文化が中国にあったから記録に残ってるけど、日本はまだないからね。

    +173

    -2

  • 94. 匿名 2017/12/16(土) 20:39:47 

    万葉集は大らかなイメージ
    古今集は技巧的なイメージ

    +124

    -3

  • 95. 匿名 2017/12/16(土) 20:40:15 

    蘇我馬子
    小野妹子
    みたな男性の名前がたまらん

    +197

    -7

  • 96. 匿名 2017/12/16(土) 20:41:18 

    >>84
    蛭子だよね
    奇形だからって捨てられて、神様もご無体なことを…

    +154

    -5

  • 97. 匿名 2017/12/16(土) 20:41:36 

    角子(みづら)が流行ってた
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +148

    -1

  • 98. 匿名 2017/12/16(土) 20:42:38 

    平安貴族になると男色が当たり前みたいだけれど、
    奈良時代はどうだったんだろう?
    お寺のお坊さんの間ではもう発生していたのかな?

    +127

    -2

  • 99. 匿名 2017/12/16(土) 20:43:28 

    >>65
    古くは縄文時代にはじまり、家の玄関を出たところに特に子供の骨が多かったらしい。色々とアイヌ研究があるけれども、玄関前に亡くなった子供を埋葬して、その上を踏む事によって、また子供が生まれ変わるというような信仰があったのではないかと言われていたりね

    また色々と不遇な亡くなり方をした人を弔う事で、自分たちの守り神にもなったとも言われているね。菅原道真は権力争いに負けた大変に誠実で、実力もある方であったけれども、本当に畏れ多すぎて祀ったんだろうね



    +139

    -4

  • 100. 匿名 2017/12/16(土) 20:43:37 

    当時って人口少なかったじゃない?具体的な数字知らないけど。
    だから自分の両親、そのまた両親って辿ったら普通に天皇家とも繋がってそう。
    時間とお金あったら自分の祖先、遡れるところまで、とことん調べてみたいな。
    アフリカからずーっと続いてきた血が姉は中年引きこもりニートで、私は40過ぎて子供が出来ずに途切れさせてしまうって、エラいことしちゃったな…ご先祖様ごめんなさい!

    +179

    -23

  • 101. 匿名 2017/12/16(土) 20:43:43 

    異母兄・高市皇子の妻でありながら、同じく異母兄・穂積皇子と恋仲になった但馬皇女の和歌

    人言を繁み言痛(た)み己が世にいまだ渡らぬ朝川渡る
    (人のうわさがうるさいので、人生で渡ったことのない川を渡って穂積皇子に会いに行くわ)
    という意味です

    +102

    -1

  • 102. 匿名 2017/12/16(土) 20:43:55 

    >>36
    わかりやす〜い!
    綿津見大神が「海神神社」にお祀りされているのかしら?
    対馬に在る 古い神さま なんですね。

    +13

    -1

  • 103. 匿名 2017/12/16(土) 20:44:29 

    縄文時代は寿命は短いしなーんにもないけど、のびのびとしてていいかもなあと最近思う
    自分の食べる分だけ狩りしたりどんぐり拾ったり
    身分の差も貧富の差もないし、あの時代が日本が本当に平和だった時期だよね

    +302

    -18

  • 104. 匿名 2017/12/16(土) 20:45:39 

    卑弥呼は日の巫女とかで特定の人じゃなく役職名だって説もあるね
    あと、ヒメミコじゃないかとか

    +222

    -0

  • 105. 匿名 2017/12/16(土) 20:46:06 

    普通に異母兄妹、叔父と姪なら(または叔母と甥)結婚できてたって感覚が恐ろしいわ
    持統天皇も叔父の天武天皇と結婚してるし、その子の草壁皇子も叔母の元明天皇と結婚してるし・・・

    +189

    -5

  • 106. 匿名 2017/12/16(土) 20:46:09 

    >>38
    古代ローマ帝国の平均寿命は18歳だよ

    +110

    -3

  • 107. 匿名 2017/12/16(土) 20:46:24 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +96

    -0

  • 108. 匿名 2017/12/16(土) 20:46:39 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +53

    -0

  • 109. 匿名 2017/12/16(土) 20:46:50 

    ヒミコについては、イヨという存在もいるし、まぁいまだによく分からんよね。

    +177

    -2

  • 110. 匿名 2017/12/16(土) 20:48:31  ID:5SMEQQRtsM 

    >>83
    京都の和菓子屋で買えるけど1個500円するよ。
    時代劇で時々、出てくるよ。

    +58

    -3

  • 111. 匿名 2017/12/16(土) 20:49:31 

    オカルトですけれども、後の話だけれども色々と腐敗しきった時代に、日本の土地を追い払われた元農民、海賊が力をつけて強くなって、それをとりまとめていたのが藤原純友だったんだけれども、反対に相手方が思わぬ亡き敵方の人物を弔う事によって、守り神を味方につけたとも言われているよね

    +37

    -8

  • 112. 匿名 2017/12/16(土) 20:49:33 

    >>9の顔って、当時としては珍しい顔立ちだったのかな?それとも普遍的だったのか?
    現在、少数派のパッチリ目のハーフ顔がもてはやされているみたいに、当時は渡来系のレアな顔立ちがもてはやされていたとか?

    +10

    -8

  • 113. 匿名 2017/12/16(土) 20:49:57 

    聖武天皇の母・藤原宮子(不比等の娘)は、天皇を生んでから心を病み、36年も天皇に会えなかった。ちなみに聖武天皇の皇后は安宿媛(光明皇后)で、宮子の異母妹。

    +93

    -1

  • 114. 匿名 2017/12/16(土) 20:50:19 

    >>100
    上流社会は上流社会どうしで婚姻を繰り返してるから可能性としては低そう。

    +97

    -3

  • 115. 匿名 2017/12/16(土) 20:50:38 

    卑弥呼=天照大御神なのか⁉︎
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +10

    -56

  • 116. 匿名 2017/12/16(土) 20:51:01 

    >>105
    唯一のタブーが同母兄弟
    だからなかなか中大兄皇子が皇位につかなったのではないかとも言われているけれども

    +123

    -6

  • 117. 匿名 2017/12/16(土) 20:51:22 

    日本最古の女装男子はヤマトタケルノミコト

    酒盛りをしている敵のとこに女装して潜入するシーンがあったよ

    +111

    -3

  • 118. 匿名 2017/12/16(土) 20:52:08 

    >>106
    古代ローマは捨て子置き場があって子どもをバンバン捨ててたからね〜〜

    +82

    -2

  • 119. 匿名 2017/12/16(土) 20:52:41 

    藤原四兄弟が次々と天然痘でこの世を去ったのは、やはり長屋王の祟りなのだろうか?
    長屋王は真面目すぎて四兄弟にはめられたと思います。
    元正天皇からの信頼も厚く、自分も皇族の血を引き、妻も元正天皇の妹だからターゲットにされた感じです。

    +131

    -2

  • 120. 匿名 2017/12/16(土) 20:52:45 

    >>105
    まぁ皇族や王族は特別だよね

    +11

    -2

  • 121. 匿名 2017/12/16(土) 20:53:51 

    縄文時代は16,500年間って本当かな

    +56

    -1

  • 122. 匿名 2017/12/16(土) 20:54:10 

    >>49
    出土した成人の骨から成人の平均寿命をだしたのでは?赤ん坊まではカウントしなさそう。

    +5

    -15

  • 123. 匿名 2017/12/16(土) 20:54:27 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +68

    -1

  • 124. 匿名 2017/12/16(土) 20:54:46 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +71

    -1

  • 125. 匿名 2017/12/16(土) 20:55:45 

    >>83
    このお菓子、比叡山のお堂のお供え物に使われてるらしい
    餃子に似た形の「ぶと」は神道のお供え物なんだって

    +37

    -0

  • 126. 匿名 2017/12/16(土) 20:57:22 

    額田王

    あかねさす  紫草の行き  標野行き 野守は見ずや 君が袖振る

    返歌
    大海人皇子

    紫草の にほへる妹を  憎くあらば 人妻ゆゑに われ恋ひめやも


    額田王は大海人皇子の兄、天智天皇の妻。
    ただ、天智天皇との玄関前は大海人皇子の妻で、子供もいた。
    現代でいう不倫のような歌だが、万葉集では「雑歌」であり、恋の歌ではない。

    +81

    -2

  • 127. 匿名 2017/12/16(土) 20:57:36 

    私は飛鳥時代のあの相聞歌がとても好きで、特に額田王が好きなんだよね
    スケールの大きい時代ヨ

    +110

    -1

  • 128. 匿名 2017/12/16(土) 20:57:40 

    新しき 年のはじめの 初春の 今日降る雪の いやしけ吉事 (『万葉集』大伴家持)

    好きな和歌の一つです。年末より年始にふさわしい歌ですね(*´ー`*)

    +41

    -1

  • 129. 匿名 2017/12/16(土) 20:57:42 

    主、こないだ源氏物語キャストのトピ立てた?

    +1

    -11

  • 130. 匿名 2017/12/16(土) 20:57:43 

    弥生時代の銅鐸は復元出来ないって聞いた
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +151

    -3

  • 131. 匿名 2017/12/16(土) 20:58:33 

    熊襲とか蝦夷とか土蜘蛛とか、もはや名前からして漢字からして恐ろしい
    朝廷に反発したら化け物扱いされてしまうのか

    +153

    -3

  • 132. 匿名 2017/12/16(土) 20:58:33 

    >>103
    たしかに
    みんなで仲良くどんぐり拾って自然と共に生きてるし平和でいいよね
    今が長生きしすぎかも
    稲作が入ってきてから富を蓄積できるようになって争いが始まるんだよね

    +235

    -9

  • 133. 匿名 2017/12/16(土) 20:58:59 

    縄文人的な気質の人って、現代では生きづらそう

    +75

    -0

  • 134. 匿名 2017/12/16(土) 20:59:16 

    >>126
    不倫じゃないけどね・・
    昔、額田王は大海人皇子の恋人だったんだけれども、中大兄皇子に見初められて一緒になったのね。それでお酒の席で、みんなの前で茶化したように読んだ大変に色気のある、ユーモアあふれる相聞歌なわけよ

    +113

    -2

  • 135. 匿名 2017/12/16(土) 20:57:41 

    知っていますか?
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +24

    -37

  • 136. 匿名 2017/12/16(土) 21:00:12 

    平安文学は奇跡だと私は思ってる
    まあ歴史なんて奇跡の連続だけど。
    表現、色彩、言葉の面では日本の文化がある程度成熟されたね

    芸能関連だと江戸以降か。

    +115

    -0

  • 137. 匿名 2017/12/16(土) 21:00:38 

    神話が好きだぜ
    神話の話もOK?

    +160

    -1

  • 138. 匿名 2017/12/16(土) 21:01:58 

    >>126
    不倫とかね。低脳

    鷹狩だったかの時に、あなたはそのようにみんなの前で派手にお袖を振っているけれども、皆さんが見ていらっしゃらないかしら?ってね

    +10

    -6

  • 139. 匿名 2017/12/16(土) 21:02:12 

    >>116
    中大兄は間人とだね。

    +20

    -1

  • 140. 匿名 2017/12/16(土) 21:03:22 

    >>99
    スティーブン・キングのペットセメタリーを観ていたら、インディアンと感覚が似ていたのかと思う

    +5

    -1

  • 141. 匿名 2017/12/16(土) 21:03:51 

    >>75
    お菓子は有るよ。ドングリを挽いてイルカの油で練ったビスケット(マジ)

    +155

    -3

  • 142. 匿名 2017/12/16(土) 21:04:47 

    なんかカオスなトピだわw
    本当に皆さん、ダラダラと自分の好きなことを書いていて、楽しい

    >>130 銅鐸はどうして復元できないの?
    造形としてはかなり単純だよね

    +215

    -2

  • 143. 匿名 2017/12/16(土) 21:04:57 

    私は藤原氏の家系図を眺めて酒が飲める

    +108

    -0

  • 144. 匿名 2017/12/16(土) 21:05:25 

    >>119
    関係ないけど、長屋王の住居跡が工事中に出てきて、学者や地元住人が建設に反対したのにショッピングモールを建てちゃって、後にそのショッピングモールが閉店したときは地元で「長屋王の呪い」って言われてたらしい。

    当時の大物貴族のお屋敷だから、そうとうな大きさだっただろうし、研究すれば当時の貴族や使用人たちの暮らしが色々解明されたかもしれないのに、残ってなくて残念。

    +252

    -2

  • 145. 匿名 2017/12/16(土) 21:05:55 

    ちなみにあの相聞歌の席に、大海人皇子のお嫁さんの持統天皇もいらしたのね。中大兄皇子もだけれども。大変にユーモアに溢れる相聞歌であったのよ。昔の恋人同士のね

    +98

    -2

  • 146. 匿名 2017/12/16(土) 21:06:26 

    やっぱり邪馬台国はどこにあるのか気になる。みなさんは北部九州説と畿内説のどちら派ですか?

    +76

    -0

  • 147. 匿名 2017/12/16(土) 21:07:42 

    >>146
    両方らしいよ。ただ学者さんと言うのが気難しいから、どっちも間違っていないと言う事でそのままになっていると説もある

    +61

    -3

  • 148. 匿名 2017/12/16(土) 21:07:53 

    >>113
    異母姉の息子の妻になるとか現代人としてはどんな感覚だったのか不思議に思いますね。

    藤原宮子は実は和歌山の海女さんで髪が長く美しいので、たまたま通りかかった不比等が都に連れて帰って養女にして天皇に嫁がせたという伝説があるので、それが本当なら息子の天皇に会えなかった36年間はホームシックで心を病み、生まれ故郷に帰っていたのかもと想像しちゃいます。

    +61

    -4

  • 149. 匿名 2017/12/16(土) 21:09:14 

    家系図だけどさあ、親子兄妹婚姻関係とかならまだいいの
    ここに養子が入ってい来ると、さらに猶子まで加わってくると、もうカオス
    平安後期の藤原家の家系図は、線・点線・二重線の嵐

    +94

    -0

  • 150. 匿名 2017/12/16(土) 21:10:40 

    中韓は従妹同士でも結婚は無いと言うからね
    日本は普通に従妹婚とかあるけどね

    中韓は特殊

    +14

    -13

  • 151. 匿名 2017/12/16(土) 21:10:42 

    >>83
    これだね。奈良時代に仏教と共に伝わった唐菓子だって。

    天台宗、真言宗などの密教のお供えもので、当時は、とても一般庶民は口にすることは出来ず、貴族のみに与えられたらしい。秘法(作り方)は、比叡山の阿闍梨から習ったと伝えられてるんだって。


    「清浄歓喜団」のネーミング、お菓子の製法や形から付けられてるかも。
    七種の香を入れて包み、そのほのかな神秘な香は仏教で言う「清め」の意であり、八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、形は金袋になぞらえ、たぎった純正の胡麻油でニ十分揚げてる。

    +101

    -3

  • 152. 匿名 2017/12/16(土) 21:11:45 

    >>146
    ヒント 狗奴国の位置

    +1

    -1

  • 153. 匿名 2017/12/16(土) 21:11:48 

    あれ?
    日出ずる処の天子が出てこないね。

    +95

    -0

  • 154. 匿名 2017/12/16(土) 21:14:11 

    >>135
    聖徳太子の地球儀ですか?!
    オーパーツですよね?ワクワクするな~(*´∇`*)

    +76

    -2

  • 155. 匿名 2017/12/16(土) 21:14:12 

    推古天皇は日本で初めての女帝。唐の則天武后よりも即位したのが早いから、アジア初の女性君主かも。

    +154

    -1

  • 156. 匿名 2017/12/16(土) 21:14:13 

    つつがなきや

    +17

    -1

  • 157. 匿名 2017/12/16(土) 21:17:56 

    日本の最高神が女性の天照大神ってのは興味深い。
    ギリシア神話ならゼウス、ローマ神話ならユピテル、北欧神話ならオーディンとすべて男性神なのに、女性が最高神なのは日本だけらしい。しかも太陽神。

    +278

    -2

  • 158. 匿名 2017/12/16(土) 21:19:13 

    貴族の爪って何で切って短くしてたの?

    +4

    -0

  • 159. 匿名 2017/12/16(土) 21:19:16 

    だけど男系男子にこだわる

    +130

    -5

  • 160. 匿名 2017/12/16(土) 21:19:54 

    >>151
    食べてみたい!おいしいのかな...?

    +33

    -3

  • 161. 匿名 2017/12/16(土) 21:22:37 

    >>151 何か取りあえず格調の高い御菓子だわーー(でもこっそり美味しく無さそう)

    +136

    -4

  • 162. 匿名 2017/12/16(土) 21:22:46 

    額田王は和歌の才能と恋人で得してる気がするw

    +102

    -0

  • 163. 匿名 2017/12/16(土) 21:24:37 

    中韓と日本が唯一違うのが縄文の血と言うけれども、そういう文化が現代にも根付いているのね。まず古くはアイヌだけれども、これは宮沢賢治とか読むと良いだろうけれども、それで最大級が菅原道真ね。普通は幸せに生きた人の名前を継ぐものだけれども、あえて不幸だった人の名前を継がせるのね。その分を自分の守り神にするというのが根底にあるんだろうけれどもね。そこまで考えているのかわからないけれども、言語化するとこんな感じなんだろうと思う

    +74

    -9

  • 164. 匿名 2017/12/16(土) 21:26:35 

    一族のメンバーの不幸も無駄にはせずに、その残した運を継がせるという無駄のない日本文化(/_;)

    +88

    -2

  • 165. 匿名 2017/12/16(土) 21:26:48 

    昔の人は40歳くらいで亡くなっていたと聞いて、私もそろそろお迎えが来ると思うと悲しい…

    +45

    -1

  • 166. 匿名 2017/12/16(土) 21:27:54 

    >>135
    厩戸皇子の持ち物と伝わる物の中に有ったソフトボール大の大理石。表面に世界地図が刻み込んであり地球儀になってる。ただ、この時代の日本に地球が丸いと言う概念が有るはず無く、後の時代に作られたとも言われてる。

    +105

    -0

  • 167. 匿名 2017/12/16(土) 21:30:35 

    >>162
    なかなか優秀ではあったよね
    中大兄皇子vs大海人皇子の兄弟対決になった時に、色々と大海人皇子に決して欲を出すなと一言言ったのも額田王と言うからね。大海人皇子も返事次第では殺害されていたからね

    +84

    -0

  • 168. 匿名 2017/12/16(土) 21:30:47 

    平安男性ってマロ眉白塗りお歯黒メイクだったけれど、
    いつ頃から男性もメイクし始めたの?
    男性のメイクって、やっぱり美意識の現れ? 

    +9

    -2

  • 169. 匿名 2017/12/16(土) 21:32:54 

    >>159
    男系とかまあ色々とあるんだろうけれども、そんな明治あたりから出てきた儒教を振り回されても困っちゃうんだけれどもね。まだ色々な事情があるんだろうけれどもね。女としては儒教は苦手だわ。あれほどつまらない文化は日本史になかった

    +108

    -2

  • 170. 匿名 2017/12/16(土) 21:35:43 

    >>169
    儒教という厄介のものを伝えてごめんなさいと冗談を言ってた中国のお偉いさんいたよね

    +101

    -0

  • 171. 匿名 2017/12/16(土) 21:35:51 

    >>33
    どうなんだろうね?
    初代神武天皇の即位が紀元前660年らしいけど、神話的な話になるね。
    でも、1800年前には古墳があるからその頃には実在してるみたいだよ。
    それに数百年は上乗せできるらしいから、日本は2000年は続く最古の国なんだって。




    +98

    -1

  • 172. 匿名 2017/12/16(土) 21:36:21 

    そもそも家康が儒教を取り入れたのよね。武家だけにね。反乱を起こさせないために。それが民衆にも広がったのがあの戦時前の明治時代であって、もうどの知識層の女性も叩き上げているもの。そりゃそうだよね。女が完全に消された文化だもの

    +132

    -0

  • 173. 匿名 2017/12/16(土) 21:37:36 

    >>142
    造形は復元できるんだけど厚さが無理なんだって
    弥生時代の銅鐸は厚さ2ミリ
    再現してどうプロが頑張っても高さ45センチあると厚さ5ミリが限界らしい
    当時の人はどうやって作ったんだろうね、不思議

    +209

    -0

  • 174. 匿名 2017/12/16(土) 21:37:37 

    >>170
    儒教を上手に操る事ができるのは中国人だけというものね。半島は生真面目過ぎてあの状態だし・・

    +56

    -0

  • 175. 匿名 2017/12/16(土) 21:41:54 

    学生時代に「平安京にタイムスリップするのに1つだけ持っていけるなら何持って行く?」で盛り上がった思い出…。
    当時は頭痛薬て言ってたけど、抗生物質のほうが役立つかなぁ?

    +128

    -1

  • 176. 匿名 2017/12/16(土) 21:42:39 

    >>128
    私も大好きな歌です
    父が存命の頃にはよく撮れた風景写真にこの歌を印刷した年賀状をみなさんに出していました

    +26

    -0

  • 177. 匿名 2017/12/16(土) 21:43:05 

    >>166
    トピちがいだけれど、地球が丸いのではとはすでに古代ギリシャ以来、
    船乗り達を中心に実感に基づいて認識されていたみたいよ
    ただ残念ながら、
    ①重力が確認されていなかったので、地上の物が落下しないの現実が理解不可
    ②キリスト教全盛時代に入ってしまい、その教義に反する
    ・・・ためにコンセンサスが得られなかったみたい

    +75

    -3

  • 178. 匿名 2017/12/16(土) 21:43:10 

    >>166
    地球が丸いという概念は紀元前からあるからあり得ないないとは言えないかも。
    古代には地球が丸いことや自転公転してることをわかってた学者が何人かいたけど、キリスト教によって長いこと封印されてきただけ。
    西方から来た渡来人から伝わったってのも可能性としてはあるかも。

    +141

    -3

  • 179. 匿名 2017/12/16(土) 21:43:13 

    女は待つだけで可哀想な通い婚というけど、そのうち同居することもあるし、適当に良いとこどりって感じもする。

    +132

    -2

  • 180. 匿名 2017/12/16(土) 21:43:56 

    >>160
    普通に美味しかった…かな
    香辛料の香りが思いのほか強かった記憶があるけど、あと油分も結構感じた
    日持ちがするようになのか、割と固かったよ

    +64

    -0

  • 181. 匿名 2017/12/16(土) 21:44:12 

    家康も相当のキレ者ではあったけれども、最初のお嫁さんの判断ミスで自ら息子を殺害しないといけなくって、それに懲りて、もう自分とは対等にはお付き合いの出来ない底辺の女ばかりを貰うようになったんだけれども、どんどんあの時代から女が小粒になっていくんだよね。あれでも儒教でも一部で武士の文化に後期には花を咲かせた面もあるけれども、大変にストイックな面もあるし、現代には向かないんじゃないかしら?エリート意識なんてあったものじゃないじゃない・・

    +72

    -1

  • 182. 匿名 2017/12/16(土) 21:46:07 

    儒教って病気になるのも怪我するのも親不孝で罪なんだっけ?
    そりゃないよ〜って思った

    +124

    -1

  • 183. 匿名 2017/12/16(土) 21:44:21 

    >>178
    ギリシャの偉人たちと言うのは、既にスゴイ事を色々としていたからね。しかもアジアにはアレクサンダー大王の子孫?とか言われている人たちもいるんでしょう?そうだとしたら、そういう知識が広がっていたかも知れないよね

    +27

    -2

  • 184. 匿名 2017/12/16(土) 21:48:37 

    家康はキレ者ではあったけども、一番の功労者はあの地味な息子だろうね。本当に儒教を根付かせるために大変にストイックであったと言うからね。儒教って単に言うだけなら効果なんてないわけよ。良い面だけをみれば一種のエリート意識ではあるからね。みんなはやるけど武士だからやらない、みたいなね。今の上の人に言われても何を言ってんだか・・と思うわよねー

    +27

    -7

  • 185. 匿名 2017/12/16(土) 21:49:31 

    8000年以上前に、麻の繊維や山葡萄のツル、竹などを利用して精巧なカゴやザルを作っていた。
    例えばカゴの位置によって編み方を変えくびれをつけて壺状に編んだり
    用途によって形状や編み方を変えたり
    色の違う繊維を組み合わせて模様をつけるなど
    実用はさることながら美的意識も高かった。

    +148

    -3

  • 186. 匿名 2017/12/16(土) 21:49:44 

    >>172
    戦国の香りが残ってる時代に反乱起こさせないために外征したのが秀吉だけど、家康は儒教という手段にしたのね
    時代的にトピずれかな

    +46

    -1

  • 187. 匿名 2017/12/16(土) 21:50:36 

    >>185
    私も縄文時代の土器とか好きだわ。本当にお洒落だよね

    +81

    -1

  • 188. 匿名 2017/12/16(土) 21:50:36 

    >>143
    藤原氏の末裔って今でも天皇家と関わりがあるんでしょうか?
    天照大神を守護する神様が藤原氏の祖先だときいたので、現在でも天皇家を守護するべく暗躍してるのかなぁと思うとワクワクする

    +91

    -2

  • 189. 匿名 2017/12/16(土) 21:51:07 

    5世紀頃には、一般庶民も普通に箸を使って食べていたらしい。

    +53

    -2

  • 190. 匿名 2017/12/16(土) 21:52:42 

    >>186
    あれは家康だけでは無理だったでしょうね。あの地味なストイックのコントロールフリークの息子がいないとね。女は小粒になり、女にとっては悲惨ではあったけれども、それでも武士の文化には大きな影響を与えて、後期にはストイックな文化が花開いたからねぇ・・

    また中韓の儒教とも微妙に違って朱子学は受け入れなかったのね

    +50

    -2

  • 191. 匿名 2017/12/16(土) 21:54:07 

    >>175
    抗生物質はカビから作ったら?
    ドラマの仁みたいに
    あなたは神として崇められることでしょう

    +62

    -2

  • 192. 匿名 2017/12/16(土) 21:56:18 

    >>190
    でも春日局が化粧料をぶんどることに成功したのでお姫さまは良かったね

    +10

    -2

  • 193. 匿名 2017/12/16(土) 21:57:50 

    >>185
    日本独特の「用の美」はそんな前からあったということね

    +54

    -4

  • 194. 匿名 2017/12/16(土) 22:00:32 

    >>192
    春日局は最後のスケールの大きな女性ではあったんだけれども、そもそも家康と同じ年代の人であるから、それから続く小粒女とは違うのね

    +63

    -2

  • 195. 匿名 2017/12/16(土) 22:02:07 

    古代の日本や半島には女帝がいたけど、儒教が染み付いてる大国の中国に馬鹿にされて舐められたんだよね。
    だから女帝があまり出なくなった。

    +38

    -1

  • 196. 匿名 2017/12/16(土) 22:02:59 

    藤原家の信仰するのは春日大社だよね

    保元の乱で藤原摂関家のプリンス・藤原頼長が流れ矢に当たって瀕死になった際、
    「矢に当たるなんて春日大社の加護を失ったから!藤原家メンバーとして失格!」と実父が見捨てたんだよね

    +86

    -4

  • 197. 匿名 2017/12/16(土) 22:05:47 

    >>157
    太陽神も古代エジプトで有名だからよくあることかと思えば、実は世界的に見ると太陽神は少数派なんだよね

    +68

    -0

  • 198. 匿名 2017/12/16(土) 22:06:59 

    きつつなれにしつましあれば

    +1

    -0

  • 199. 匿名 2017/12/16(土) 22:07:07 

    >>179
    私は源氏物語で、あの馬の顔のような人が好きなのよ
    良いところの人なんだけれども、本当にお嬢様のままで、どんどん周りに仕える人たちも辞めて、もう草もボーボーの幽霊屋敷になっちゃうんだけど、それでも「まだ源氏はくるから」って待っているわけね。それで調度品も売れ!とか言われるんだけど、もう意地でも売らないわけね。「源氏が来るでしょう?」とか言い張って。それで数年後に源氏が来た時に、ボロボロの御屋敷に馬の顔をした例のお嬢様がいるのね。それで感動してそのまま幸せになるというね

    紫式部も皮肉を交えながらも、これこそが高貴な血であると冷静に褒めているのね

    +127

    -2

  • 200. 匿名 2017/12/16(土) 22:09:06  ID:5SMEQQRtsM 

    通い婚は嫌だな
    飽きられたら終わりだもの
    実家が藤原道長位の金持ちの娘ならいいけど、貧乏の貴族の娘だったら悲惨
    お手当も貰えなくなるし生活苦になる

    +112

    -1

  • 201. 匿名 2017/12/16(土) 22:12:05 

    >>31
    金井東遺跡に鎧をきたままの古代人のレプリカを見に行った時に
    縄文土器を作ってる人がいて、色々と話を聞聞いたら、いろんな村で流行りの模様と
    言うのがあったんだってw
    キッチン用品だから、可愛いのからかっこいいのまで幅広い文様があるって言ってた
    自然を文様にしてるからかっこいいよね。

    +114

    -0

  • 202. 匿名 2017/12/16(土) 22:12:30 

    >>200
    でも馬の顔のお嬢様みたいな面白い人もいるから興味深いとは思うけれどもね笑

    +14

    -1

  • 203. 匿名 2017/12/16(土) 22:13:15 

    斎王に興味あります。
    BSで特集やってて興味深く見入ってしまった。

    +61

    -0

  • 204. 匿名 2017/12/16(土) 22:13:59 

    >>126は不倫より玄関前が気になって

    +80

    -1

  • 205. 匿名 2017/12/16(土) 22:15:15 

    >>53だからこそ、この時代は髪の毛が丈夫で長く美しいのが美人の条件だったらしい。因みに、耳に髪の毛を掛ける事を「耳ばさみ」と言うらしいです。教科書に載っていて「何か他に無かったのかな?」と思ったのでいまだに覚えております。

    +68

    -0

  • 206. 待賢門院 2017/12/16(土) 22:15:26 

    みんなたまこのこと忘れてない?

    +5

    -3

  • 207. 匿名 2017/12/16(土) 22:16:11 

    平安時代て氷河期なんじゃなかった?
    寒いわ

    +9

    -4

  • 208. 匿名 2017/12/16(土) 22:17:57 

    斑鳩の里

    +11

    -0

  • 209. 匿名 2017/12/16(土) 22:19:11 

    現代社会が合わないんだけど、どの時代だったら生きやすいかな

    +47

    -5

  • 210. 匿名 2017/12/16(土) 22:19:48 

    結構縄文時代はお肉も貝もお魚も食べていたから、美味しかったらしいわ

    +109

    -0

  • 211. 匿名 2017/12/16(土) 22:21:32 

    >>209
    私は一度縄文時代にタイムスリップしてみたいんだわ
    ド田舎で育ったから残っている感覚と、上手くわからないところがあって、色々と想像してみるだけで面白いものだと思うけれどもね。あと熊楠に会ってみたいw

    +65

    -3

  • 212. 匿名 2017/12/16(土) 22:21:42 

    >>130
    結局、なんに使うかもわかってないんだよね

    +13

    -0

  • 213. 匿名 2017/12/16(土) 22:23:35 

    >>53
    現代人の手入れされた黒髪ロングストレートの人を見たら当時の人にモテモテになるかな?
    女神さま並みに崇められるかな

    +91

    -3

  • 214. 匿名 2017/12/16(土) 22:25:12 

    >>212
    何かの宗教的な儀式に使われていたのかしらね?

    +9

    -6

  • 215. 匿名 2017/12/16(土) 22:25:24 

    紀元後から2017年間、間違えずに年数をきちんと数えているのかが実は気になってる。
    いろいろ検証してるから合ってるってことなんだろうけど、筆記法とかがちゃんとしてない時代とかきちんと年数を数えていたのか。
    途中で数え間違えてて、実は今は2017年ではなく2016年だったり2018年だったりしてーとか。

    +111

    -2

  • 216. 匿名 2017/12/16(土) 22:26:19 

    貴族が恋だの文学だのやれてたのは戦争がなかったからだよね
    白村江で負けてからあんまり外国と関わらないようにしてたし

    +79

    -1

  • 217. 匿名 2017/12/16(土) 22:27:05 

    >>211
    とっても、おしゃれさんな時代みたいよ。あと、子供が小さい時に亡くなった人は
    足形を土を使って取って焼いてレリーフを作ってたとか、犬もちゃんと埋葬してとか
    だから、感情的には現在の日本人とあまり変わらない感じがするというか、家族との
    絆は今より強いかもね。縄文土器が有名だけど、縄文漆器も中々で髪飾りとか
    ネックレスとかぶっとんだものが多い

    +139

    -1

  • 218. 待賢門院 2017/12/16(土) 22:27:55 

    ねえ、私あのたまこ様なんだけど

    +1

    -12

  • 219. 匿名 2017/12/16(土) 22:29:05 

    翡翠をアクセサリーにするために紐を通す穴を開けるのに毎日必死な縄文人

    +142

    -0

  • 220. 匿名 2017/12/16(土) 22:29:10 

    >>214
    あまりに数が多すぎて、宗教?と首をひねる学者も多いとか
    私は表札代わりなのかなと推測してる。火山とか自然災害も多かったみたいだから
    全村で非難するときに集めたんじゃないかなと思って

    +13

    -3

  • 221. 匿名 2017/12/16(土) 22:29:36 

    >>200
    源氏物語でも雲居の雁は、実家が金持ちだし父親は権力者だし、だから強気にでて離婚できたんだよね。
    貧乏貴族で親が死んだらかなり悲惨なことになるよね。生活がかかってるんだもん。相手にすがりつくしかない。

    +77

    -1

  • 222. 匿名 2017/12/16(土) 22:29:57 

    昔の日本は甕棺が当たり前だったと思ってるあなた!
    違います
    甕棺が一切出てこない地域もあります
    豪族の勢力圏によって面白いほどくっきり分かれているのです

    +24

    -2

  • 223. 匿名 2017/12/16(土) 22:32:05 

    私はコミュ障、手先不器用、ブス、頭悪い。良く生き残ったと言うか、早死にした悪い遺伝子何千年、何万年にも渡り受け継いでしまったのかな。貴族ではないはずだから平安時代も縦穴式住居でご先祖様は頑張ってきたのかと思うと自分も頑張らなきゃと思いました。

    +106

    -1

  • 224. 匿名 2017/12/16(土) 22:32:50 

    人間の骨が貝殻と一緒に見つかったところあるよね。
    食事のゴミと一緒になってたってことなんだっけ?
    亡骸の扱いとかテキトーな時代もあったのかな。

    +55

    -3

  • 225. 匿名 2017/12/16(土) 22:31:19 

    >>218 やーいやーい 不倫女のきんたまこー

    +1

    -6

  • 226. 匿名 2017/12/16(土) 22:35:23 

    勾玉はナイスデザインだと思う。
    なんか見てるとロマンを感じる。

    +159

    -1

  • 227. 匿名 2017/12/16(土) 22:35:37 

    >>223
    逆に権力者の娘だったかもよ?
    何にもできなくても守られるから
    着替えから何から周りが世話してくれる
    庶民はサバイバルだもん

    +104

    -0

  • 228. 匿名 2017/12/16(土) 22:36:24 

    卑弥呼と邪馬台国に関しては場所が不明だし、実在したかどうかも怪しいらしいね
    何かが発掘されてまた歴史が塗り替えられることもあるんだろうけど…

    +56

    -4

  • 229. 匿名 2017/12/16(土) 22:37:23 

    >>223
    日本は島国のガラパコスだから。海外はローマ時代のような古代は別として、いつしか敗者は葬り去られるようになったんだけれども、日本においてはガラパコスのように敗者に対しての慈しみも残したのね。それが供養と言う形で残ったんだろうけれども。同時にとんでもなくブサイクな人も残ったのよ。信長のお墓だって高野山にあるのね。あれはさすがに私も驚いたものだけれども

    きっとブサイクで何も取柄の無い人なんて、大陸では淘汰されていたと思うわ

    +81

    -1

  • 230. 匿名 2017/12/16(土) 22:39:06 

    >>84
    『ヒルコ(水蛭子、蛭子神、蛭子命)は、日本神話に登場する神。蛭児とも。

    神話の記述
    『古事記』において国産みの際、イザナギ(伊耶那岐命)とイザナミ(伊耶那美命)との間に生まれた最初の神。しかし、子作りの際に女神であるイザナミから先に男神のイザナギに声をかけた事が原因で不具の子に生まれたため、葦の舟に入れられオノゴロ島から流されてしまう。次に生まれたアハシマと共に、二神の子の数には入れないと記されている。棄てられた理由について『古事記』ではイザナギ・イザナミ二神の言葉として「わが生める子良くあらず」とあるのみで、どういった子であったかは不明。後世の解釈では、水蛭子とあることから水蛭のように手足が異形であったのではないかという推測を生んだ。あるいは、胞状奇胎と呼ばれる形を成さない胎児のことではないかとする医学者もある』
    Wikipedia

    +28

    -1

  • 231. 匿名 2017/12/16(土) 22:39:41 

    >>223
    誇りをもって。あなたのような人が生きていられる事そのものが、日本の特徴そのものなのよ。それだけで意味があるわ。きっと私たちは大陸から集まった民族だから、きっとあまり良い遺伝子ではないんだろうと思う。ただとても強い共感性を頂いたんでしょうね

    +80

    -4

  • 232. 匿名 2017/12/16(土) 22:42:05 

    この秋、博物館で金印を見た。
    イメージは掌くらいの大きさだたけど、小さくてびっくり。
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +100

    -3

  • 233. 匿名 2017/12/16(土) 22:42:49 

    怖がりな民族らしいね。だから、数多の神を生み出したと言われてる

    +99

    -1

  • 234. 匿名 2017/12/16(土) 22:43:00 

    時々思うのね。縄文時代は刺青を入れていたというし、日本人と言うのは大陸から追い出された異分子だったんじゃないかと思ったりする事があるのね。それでももう本当に新しいもの好きで、人懐っこくって、色々な最先端が大好きなのよね

    +11

    -25

  • 235. 匿名 2017/12/16(土) 22:43:30 

    タイムマシンができたら未来より平安以前の過去に行ってみたいな。
    デフォルメされた絵しか残されていない時代のリアルをこの目で見たいを

    +107

    -1

  • 236. 匿名 2017/12/16(土) 22:44:03 

    >>224
    ゴミの意味が異なるという解釈もあるよ
    貝塚は今風に捉えるゴミ捨て場ではなくて
    失った命の再生を願ういわゆるお墓だし、あの世へのチャンネル
    貝も人も獣も器も一緒に埋葬するということは
    死ではなく再生にフォーカスしている

    +130

    -1

  • 237. 匿名 2017/12/16(土) 22:44:16 

    聖武天皇の奥さん、光明皇后は初めて皇族以外から天皇の后になった人。
    元は政治家としては古代で一番切れ者だったんじゃないかと言われる藤原不比等の娘。
    だから光明皇后を上げる書物が多いこと多いこと(笑)
    正直藤原不比等の命令で書いた持ち上げ文じゃないかと思ってる。

    あと皇族、貴族以外の庶民から初めて皇后になったのは美智子様。
    美智子様は歴史上初めての凄い人なんだよね。

    +112

    -5

  • 238. 匿名 2017/12/16(土) 22:44:29 

    昔の人が作った建物とか修復されたりはしてるけど今もちゃんと残ってるのすごいよね。今の建物ってこんなにも長くは残らないだろうな。

    +47

    -3

  • 239. 匿名 2017/12/16(土) 22:45:15 

    >>233
    付喪神とかあらゆるものに神がいるっていう考え私は好き

    +110

    -3

  • 240. 匿名 2017/12/16(土) 22:45:17 

    それで続々と大陸から追い出された貴人やら、先生たちがやって来たでしょう?
    なかなか不思議な国ではあるよね。何しろ極東だもの

    +60

    -1

  • 241. 匿名 2017/12/16(土) 22:45:29 

    そうだよね大陸の競争に負けて新天地を求めて来た人が集まって日本人が出来た
    なんてったって極東だからね東の果て
    歴史にはっきりと残ってるのは百済人が亡命してきたのだけど、それ以前にも何回かグループがいろんなところから渡来して定着したんだろうね

    +24

    -4

  • 242. 匿名 2017/12/16(土) 22:46:59 

    >>233
    怖がりなのは自然災害が多いからじゃない?
    畏怖の姿勢が自然と身についたんでしょう

    +126

    -0

  • 243. 匿名 2017/12/16(土) 22:47:11 

    >>229
    高野山って猫出入り禁止だったんだってね。
    余りにもかわいいから、修行に支障をきたすからってwwww

    +212

    -0

  • 244. 匿名 2017/12/16(土) 22:45:22 

    先住民+亡命人?

    +9

    -2

  • 245. 匿名 2017/12/16(土) 22:48:53 

    先日三重県の熊野市にある花ノ窟神社に行きました。
    イザナギイザナミ二神を祀る日本最古の神社で、ここからすべての日本の神話が始まったのかと思うとすごく神聖な気持ちになりました。
    興味のある方はぜひ行って見てください。

    +91

    -1

  • 246. 匿名 2017/12/16(土) 22:49:12 

    >>234
    南国の少数民族なんかは刺青入れてるし、南国から渡ってきた人の文化の名残で刺青入れてたんでは?
    中国文化が入ってきてからやめたわけだし

    +33

    -2

  • 247. 匿名 2017/12/16(土) 22:50:38 

    >>244
    アメリカみたいなものかな

    +7

    -1

  • 248. 匿名 2017/12/16(土) 22:51:03 

    >>241
    百済人が渡来とも言われてるけど、阿蘇山の噴火で半島に逃げた
    日本人が戻ってきた説もあるんだよね。
    九州あたりの地名とか結構怖いて吐噶喇列島とか

    +59

    -2

  • 249. 匿名 2017/12/16(土) 22:51:12 

    >>221
    それで言ったら末摘花や紫の上だよ。
    末摘花は父親が死んだら女房や使用人が金目のモノを全て盗んで出ていった後、あばら屋敷で使用人がいない状態で一人で住んでたからね。

    紫の上も後ろ楯がない状態で衣食住に不自由がない分恵まれてたけど何一つ叶わない人生だった。

    後ろ楯のないお姫様は酷い女房がいると、お金を貰って男を手引きしてお姫様を襲わせる事もあったらしい。

    +98

    -1

  • 250. 匿名 2017/12/16(土) 22:51:44 

    >>234
    東南アジア、太平洋諸島、台湾、中国の南部と日本で広く刺青文化があるよ。
    多分漁をしたり海を渡ったりする民族の伝統で、宗教的な魔除けの意味があったんじゃないかな。
    刺青だけでなく、ピアス、抜歯(これは大人)もするよ。
    女性はおしゃれの意味もあると思う。

    +47

    -0

  • 251. 匿名 2017/12/16(土) 22:51:24 

    平安京は四神相応の地で、
    東は青龍(鴨川)、西は白虎(山陰道)、南は朱雀(今は埋め立てられた巨椋池)、北は玄武(船岡山)に囲まれて、風水的に最高だったんだけど、
    左半分(右京)は案外すぐに廃れてしまった。

    京都の平安神宮をよく探すと、四神があるよ。

    +52

    -0

  • 252. 匿名 2017/12/16(土) 22:52:00 

    >>247
    近いものはあるだろうね。ただ日本の場合は貴人までやって来たからね
    なにしろ和邇氏というとんでもない学者まで大陸から蹴りだされてやってきているものだから

    +13

    -0

  • 253. 匿名 2017/12/16(土) 22:55:09 

    >>235
    極色彩の宮だったみたいね。

    +12

    -0

  • 254. 匿名 2017/12/16(土) 22:55:16 

    和邇氏が来てから日本語が出来たと言われているけれども、本当にものすごい貢献だと言うからね。私は本当に日本語の奥深さが好きなのよ。しかも方言ともなると更に複雑な感情表現になるものだからね

    +30

    -2

  • 255. 匿名 2017/12/16(土) 22:57:12 

    卑弥呼の時代に日本にやってきた魏の使者が
    日本は安全で盗みなどを働く人がいないと書いてる。
    また、子供がとても朗らか、皆長寿で80代ぐらいの老人もいると。

    国民性も今の日本とあんまり変わってない。

    +179

    -0

  • 256. 匿名 2017/12/16(土) 22:57:14 

    >>248
    そんな説あるんですね
    阿蘇山の噴火で九州の縄文人がほぼ全滅聞いてたけど、逃げてた人たちもいたのか
    そうだとすると百済との深い関係や任那日本府の謎が説明できそうですね
    子孫が戻ってきたなんてロマンがあります。

    +72

    -0

  • 257. 匿名 2017/12/16(土) 22:57:28 

    >>251
    正倉院に白石鎮子が残ってるね

    +3

    -0

  • 258. 匿名 2017/12/16(土) 22:58:43 

    江戸時代にヨーロッパからやってきた人も日本は大人が子どもの相手をしてよく遊んであげてると書き残しているから精神性は変わっていないね

    +135

    -1

  • 259. 匿名 2017/12/16(土) 23:01:38 

    >>233
    一神教と多神教は実は一緒
    神は唯一絶対、全てに神が宿る

    +11

    -1

  • 260. 匿名 2017/12/16(土) 23:02:02 

    >>237
    伝承の域だけど、初めて皇族以外から皇后になったのは、磐之媛だよ
    仁徳天皇の皇后で、葛城氏の出。
    すっごく嫉妬深くて、仁徳が他の姫にうつつをぬかしたら、怒って去って行っちゃって、仁徳が慌てて謝ったとかの逸話がある
    でも結局、磐之媛のあとにその姫を后に迎えるはずだけど
    その古事を持ち出して、不比等は娘を聖武の皇后にしたって聞いたよ

    +39

    -1

  • 261. 匿名 2017/12/16(土) 23:02:35 

    ホツマツタエはどうなんだろうね。縄文時代の文字としてあるけど

    +12

    -2

  • 262. 匿名 2017/12/16(土) 23:06:46 

    >>239
    私も好き。つくも神自体は小さい頃漫画のぬーべーで知ったんだけど、それから物には心があるから大切にしなきゃと思って生きてる。
    私事だけど、不思議と私が使う物は物持ちがいいって親も言う。

    +30

    -3

  • 263. 匿名 2017/12/16(土) 23:06:57 

    >>28
    歌えてしまったことがやや悔しいアラフォーです

    +11

    -3

  • 264. 匿名 2017/12/16(土) 23:07:46 

    飛鳥時代が気になる!奈良の明日香村も行ってみたいんだよなー
    日本最古のチーズケーキ、蘇も食べてみたい
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +104

    -1

  • 265. 匿名 2017/12/16(土) 23:08:06 

    神話と言うのは常に根本的なその民族の特性を表すものがあると思っているのね。私は日本神話でとても面白いと思っている事があるんだけれども、女が松居一代のように髪を振り乱して逃げた夫を追って来るのね。それで(数は忘れたけれども)「お前の国の民を一万人殺してやる!」と言えば、夫のほうは「だったらこっちはまた一万五千人産んでやる!」とか言うのね

    自然災害が頻繁な国だから、こういう面白いやり取りになったのかしら?と思ったりしたのね

    +65

    -4

  • 266. 匿名 2017/12/16(土) 23:09:38 

    付喪神わたしはしゃばけで知った。
    付喪神って100年たったら霊が宿るんだっけ?
    古いものにいるんだよね

    +22

    -1

  • 267. 匿名 2017/12/16(土) 23:10:16 

    松居一代わろた

    +77

    -1

  • 268. 匿名 2017/12/16(土) 23:11:08 

    こんなに長い時代を経てるのに、今上陛下が代125代ってところがなんともね
    今年、皇紀2677年なのに

    +95

    -5

  • 269. 匿名 2017/12/16(土) 23:11:12 

    一万五千人は産むの大変そう〜〜
    ユーモア溢れてるね

    +39

    -1

  • 270. 匿名 2017/12/16(土) 23:12:00 

    >>252
    そう言えば・・今思い出したけれども、アメリカにも一時期ロシア皇室の方が亡命されて来ているのよね。面白い本を読んだ事があるわ。とても美しい風景が描かれていたけれども。最後は南米でお亡くなりになっていたと思うんだけれども

    +12

    -1

  • 271. 匿名 2017/12/16(土) 23:12:07 

    棒でまぜまぜして日本ができたのなんかかわいくて好き

    +112

    -1

  • 272. 匿名 2017/12/16(土) 23:12:49 

    蘇とか牛車とか牛文化平安以降廃れちゃったよね
    牛さん失職

    +66

    -1

  • 273. 匿名 2017/12/16(土) 23:13:32 

    >>269
    そうなのよ。一生懸命岩(ドアみたいなもの?)を押さえながら、そう言うやり取りがあるのね。思わず笑ってしまったのね

    +21

    -2

  • 274. 匿名 2017/12/16(土) 23:14:21 

    >>271
    ねるねるねるねかな、と

    +55

    -1

  • 275. 匿名 2017/12/16(土) 23:15:06 

    >>270
    偽のアナスタシア皇女のこと?

    +8

    -1

  • 276. 匿名 2017/12/16(土) 23:14:37 

    >>99
    四国の埋葬について書かれた本を読んだことあるけど、ある地域では人通りの多いところに子供の亡骸を埋葬していたと書いていたよ。
    その本は昭和に書かれたもので土地の古老に聞いた話しとして載ってた。
    私は、小さくて柔らかい肉を動物に食べられたくない親心からかな?と思った。

    弔いの歴史って興味深い。

    +75

    -0

  • 277. 匿名 2017/12/16(土) 23:16:34 

    この辺りを舞台にした小説はどれも面白いですが、
    ファンタジー心をくすぐる勾玉三部作(荻原規子)とか、
    古くて絶版なのかもしれませんが、
    隼別王子の叛乱(田辺聖子)とか、
    古代ロマンの世界に浸ることができるので凄くおすすめです!
    どちらもヤマトタケル的要素が含まれており、美しい英雄が悲劇的な死に分かち難く結び付けられているところが印象的です。

    +24

    -2

  • 278. 匿名 2017/12/16(土) 23:18:58 

    >>265
    民族性は現れますね
    同じ自然災害でも日本は人間味ある神様のいざこざになるけど、西洋だとノアの箱舟やエリコの大虐殺みたいに、堕落した街が壊滅させられて選ばれし者にその街が与えられるみたいな話になる

    +76

    -2

  • 279. 匿名 2017/12/16(土) 23:19:24 

    あと神話で言えば、弟気質のスサノオが可愛すぎてね
    お姉さんっ子なんだけれども、お姉さんは優秀なんだけれども、大変にやんちゃ過ぎるのね。それでついに追われてしまって、もう大好きなお姉さんにも嫌われたものだから泣きべそなんだけれども、そこでたまたまそういうやんちゃなところが良い面で出て、大蛇を退治して活躍したというね。最後までクダクダとお酒とか飲みながら、周りに自慢話をしまくっていたんだろうね

    +36

    -4

  • 280. 匿名 2017/12/16(土) 23:19:43 

    故人ってプライバシー無視で日記とか恋文とか開陳されてて、ちょっと気の毒になるw
    更科日記とか地方のオタク少女の日記だもんね
    まさしく恥更科日記

    +159

    -1

  • 281. 匿名 2017/12/16(土) 23:21:33 

    >>280
    それだけじゃないわよ。男が女のふりをした書いたものもあるんだから

    +56

    -2

  • 282. 匿名 2017/12/16(土) 23:22:33 

    >>272
    牛車って遅かっただろうなと思うわ。急いでない感じよねあの時代。
    御簾からちょこっと見えたか見えないかの人に恋して扇子にラブレター
    とかさ、どんだけのんびりしとんねんww

    +139

    -1

  • 283. 匿名 2017/12/16(土) 23:22:38 

    >>278
    育った土地の環境がものすごく影響しているのが神話だろうと思っているのね、私は

    +10

    -3

  • 284. 匿名 2017/12/16(土) 23:22:52 

    イザナギ「貴方の身体はどうなっていますか?」

    イザナミ「私の身体はほぼ整っているのですが、足りない所が一箇所だけあります。」

    イザナキ「私の身体は既に整っているのですが、それが高じて余った所が一箇所だけあります。だから、私の身体の余った所で貴女の身体の足りない所を挿し塞いで国を生もうと思います。それでどうでしょう?」

    イザナミ「ええ,結構ですわ。」

    イザナキ「それならば、私と貴女でこの天の御柱のまわりをめぐって出会い、寝所で交わりをしましょう。貴女は右からまわって下さい。私は左からまわりましょう。」

    +124

    -1

  • 285. 匿名 2017/12/16(土) 23:23:03 

    とりあえず、縄文弥生からいるご先祖様にリスペクト!!
    そして古事記のあのゆるーい神様たちが大好き。
    日本人で良かったなって思う

    +81

    -0

  • 286. 匿名 2017/12/16(土) 23:23:52 

    イザナギとイザナミのえっちで日本誕生

    +115

    -0

  • 287. 匿名 2017/12/16(土) 23:24:09 

    >>277
    私も悲劇的なラブロマンスの隼別王子の叛乱は好きだったわ。あれもまた権力争いに負けた王子のお話だものね

    +10

    -2

  • 288. 匿名 2017/12/16(土) 23:24:43 

    >>281
    ネカマの元祖

    +45

    -1

  • 289. 匿名 2017/12/16(土) 23:26:06 

    >>263
    東京ブギウギに世代とかなくない有名だし

    +9

    -3

  • 290. 匿名 2017/12/16(土) 23:26:09 

    でも小さな子供にどうやって自分が出来たの?とか聞かれると返事に困っちゃうじゃない?私はキスしたらと言われてずーっと信じていたのね。だからアメリカ人がキスをしまくっていて、もうどうしよう・・って内心思っていたくらいなんだけれども(お恥ずかしい・・)

    だからあの神話のほうが良いんじゃないかとは思うのよ。ロマンチックじゃない

    +59

    -2

  • 291. 匿名 2017/12/16(土) 23:27:02 

    平安時代の日記って、他人に読まれることを前提として書いたんじゃないの?
    要はブログ

    +89

    -2

  • 292. 匿名 2017/12/16(土) 23:27:06 

    >>288
    ガルちゃんにいるような男だったのかも知れないわね

    +26

    -1

  • 293. 匿名 2017/12/16(土) 23:27:06 

    >>279
    どマザコンって言う印象。カーちゃんに会いたいと泣きまくって、会いに行くと決心し
    たら・あ、姉ちゃんに挨拶しとこと天照大御神に会いに行って性格の険しさ故に
    暴れまくって、挨拶に着た事すら忘れて「俺、なにしにきたっけ」って
    なんというか天然と言うか

    +46

    -0

  • 294. 匿名 2017/12/16(土) 23:29:54 

    >>293
    そうなのよ。お姉さんも最初のうちは色々とサポートしてあげていたんだけれども、もう恐れをなして悲しんで閉じこもってしまうのよね。それでスサノオももう泣きながら半べそで追い出されて島根に行くわけよ

    +46

    -3

  • 295. 匿名 2017/12/16(土) 23:29:51 

    >>226
    勾玉って初期の胎児の形してるって読んだことある。そんでもって、初期の胎児の形っていろんな生き物と共通してるんだよね。
    こじつけかもしれないけど、なんか素敵って思った。

    +133

    -2

  • 296. 匿名 2017/12/16(土) 23:30:31 

    蜻蛉日記は猛烈な嫁の嫉妬の日記だものね

    +42

    -0

  • 297. 匿名 2017/12/16(土) 23:31:07 

    >>280
    伊達政宗
    「酒飲みすぎてかったるいから午前中の仕事は休むね〜。あ、この手紙は燃やしておいてね」
    「マジで遅刻しそうです……思っていたより準備に手間取りましたあ、この手紙は燃やしおいてね」

    +77

    -2

  • 298. 匿名 2017/12/16(土) 23:32:22 

    >>292
    清少納言にディスって欲しいw
    枕草子でも偉そうに説明したがる男についても盛大にディスってたしw

    +71

    -0

  • 299. 匿名 2017/12/16(土) 23:32:40 

    >>276
    弔いと言うのは奥深いものがあるから、色々と読んでいたら、最終的にはアイヌ文化に行き着くのよ

    +9

    -2

  • 300. 匿名 2017/12/16(土) 23:33:03 

    >>294
    そのわがまま通して、姉ちゃんに勝利宣言して
    島根に行く前に半島に行って、あ、違ったバッチイ 鉄あるじゃんwwwwww
    貰って行こって意味不な行動
    なんというか、万能感凄すぎてwww自由人wwww

    +33

    -1

  • 301. 匿名 2017/12/16(土) 23:34:00 

    >>298
    清少納言はかなりウィットの利いた人だったけれども、カラッと明るいタイプで、紫式部はものすごい皮肉屋でネチネチとした感じね

    +100

    -3

  • 302. 匿名 2017/12/16(土) 23:36:44 

    徒然草が好き。暇人のオッサンの日常ブログじゃんね
    茶会に呼ばれたとか、サラっと人の悪口書いたりディスったり

    +64

    -0

  • 303. 匿名 2017/12/16(土) 23:36:57 

    見初められちゃう
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +78

    -0

  • 304. 匿名 2017/12/16(土) 23:37:11 

    百済の王か王族か始祖かわすれたけど
    文献記載の名前から解いて日本の王子が渡ったようだって説なかった?
    トピやりとり見てて思い出した

    +32

    -0

  • 305. 匿名 2017/12/16(土) 23:39:30 

    昔から歴史が好きなんですと言うと戦国時代や幕末が好きと思われがちでしたがもっぱら古代史が好きです!好き過ぎて大学は歴史学専攻でした!笑
    楽しいトピありがとうございます!

    +112

    -0

  • 306. 匿名 2017/12/16(土) 23:39:34 

    >>277
    隼別王子の叛乱、読んだ~
    割と容赦なく残酷な場面とかがあった気がする
    その本で、仁徳や磐之媛のお話も知りました
    田辺聖子さんの本は、どれも読みやすくて面白かった

    +11

    -1

  • 307. 匿名 2017/12/16(土) 23:40:32 

    >>151
    一口食べてまずっって言ったら祟られそうw

    +14

    -0

  • 308. 匿名 2017/12/16(土) 23:41:54 

    >>305
    歴史学専攻ってどんな職種につかれるんですか?

    +35

    -0

  • 309. 匿名 2017/12/16(土) 23:46:22 

    子供の頃、縄文時代の矢尻とかちょと山に入れば、沢山出てくる場所があって、取り放題でした。取ったやつみんな無くしたけど、今思うと凄い事だなと思います。

    +86

    -0

  • 310. 匿名 2017/12/16(土) 23:46:56 

    枕草子って今でも分かる感性なんだよね、朝露が綺麗とか何か小さい物を見つけて拾い『何だこれ?』と首をかしげる子供が可愛いとか・・

    あと面白いのが紫式部近眼説。
    源氏物語って不思議な位に景色とか情景の詳細な書き込みがないんだって。
    感性がない訳じゃないんだよね、着物合わせの回で豊かな色彩や合わせ方をしてるから。
    近くは書くのに遠くは書いてないので近眼説。
    成る程なぁ~と思った。


    +121

    -1

  • 311. 匿名 2017/12/16(土) 23:47:36 

    今年に入ってなぜか源氏物語にはまって、「あさきゆめみし」も読んだけど、何となく「十二単を着て身長よりはるかに長い髪を床に引きずって、この人たちは一体どうやってトイレ行ってたんだろうか?」という疑問が湧いてきてググったら、私の中で見事にあの美しい大和和紀ワールドが打ち砕かれた。
    うん、知らない方が良かった(-_-;)

    +63

    -0

  • 312. 匿名 2017/12/16(土) 23:47:41 

    チョー楽しいこのトピ
    戦国時代 幕末時代 江戸時代の話もわかるけど
    ロマンがあるのは古代よね

    +101

    -1

  • 313. 匿名 2017/12/16(土) 23:48:08  ID:5SMEQQRtsM 

    >>280
    この日記のお陰でどれだけのオタク少女が救われたとこか!

    +23

    -0

  • 314. 匿名 2017/12/16(土) 23:48:27 

    安倍晴明の子孫、行方不明で、墓とか守る人いなくなったんだってね。

    +11

    -3

  • 315. 匿名 2017/12/16(土) 23:48:29 

    >>188
    藤原氏の出自って実はほぼほぼ明らかにされてないも同然なんじゃないかと私は思う
    中臣鎌足の父親、名前忘れたけど、急に歴史上に現れるんだよ、前兆がない
    で、鎌足が当時の天皇から藤原の姓を賜ったというんだけど、根拠がない
    すごく怪しいと思っています、個人的に

    +68

    -2

  • 316. 匿名 2017/12/16(土) 23:49:55 

    後、奈良時代って肉や牛乳、チーズなんかも食べてた時代だから、この時代の着物を調べたら奈良時代の人達は体が大きいし、女の人もグラマーな体型なんだって。
    このまま肉や牛乳を食べる文化が廃れなかったら今の日本人は大きかったかもね。

    +145

    -0

  • 317. 匿名 2017/12/16(土) 23:50:16 

    >>292
    紀貫之が、ガルちゃんに出入りする男扱いに!
    一気に親近感が湧いてきたわ(笑)

    +75

    -1

  • 318. 匿名 2017/12/16(土) 23:51:35 

    >>200
    源氏物語のなかの光源氏は超大金持ちだから、一度手をつけた女には一生生活を保護するくらいの金を貢ぎ続けた、と書かれている
    それ以来は知らん

    +73

    -1

  • 319. 匿名 2017/12/16(土) 23:52:18 

    >>188
    五摂家として今でもいるじゃん筆頭じゃん 三笠宮の長女?が嫁いでますよ

    >>315
    禿げ上がるほど同意。どっから出てきたんだろうね

    +27

    -1

  • 320. 匿名 2017/12/16(土) 23:55:56 

    枕草子は現代でも共感できるところあるね。
    「すさまじきもの」で悲しい話を聞いてみんな泣いてるのに自分だけ泣けないとき、眠いときに親しくない人に起こされて話しかけられるとき興ざめとか
    感覚一緒だなと思った

    +104

    -0

  • 321. 匿名 2017/12/16(土) 23:56:19 

    平安っていうと家族の雅な生活が第一に浮かぶけど庶民は質素質素質素だよねー。
    卒論で源氏物語扱ったから貴族の生活はいろいろ文献読んだけど庶民の生活も詳しく知りたい。

    +62

    -2

  • 322. 匿名 2017/12/16(土) 23:57:39 

    つくづく蘇我氏の屋敷が燃えなかったらなぁと思う。
    大化の改新で蘇我入鹿を暗殺したあと、息子の蝦夷がこれまでと屋敷に火を放って自殺したんだけど、その屋敷には日本一の権力者の屋敷だったから宝物や書物が大量にあったらしい。
    もしもそれが残ってたら卑弥呼の邪馬台国の事や古代の謎が解明されてたらいしよ。

    +160

    -2

  • 323. 匿名 2017/12/16(土) 23:58:11 

    >>315
    噂の一つにすぎないけど、不比等は天智天皇と鏡女王の子じゃないかっていう話があるよね
    鏡女王が妊娠してらのを知らずに、鎌足に下賜されたって
    そうしたら、結局は藤原氏も皇室なの血が始まりになるね

    +49

    -0

  • 324. 匿名 2017/12/16(土) 23:58:29 

    >>315
    えー
    じゃあどうやって台頭したの藤原さん

    +5

    -1

  • 325. 匿名 2017/12/16(土) 23:58:40 

    日の本ってすごいかっこいい名前だと思う。
    ジャパンより日本だなー。

    +105

    -0

  • 326. 匿名 2017/12/16(土) 23:59:59 

    >>321
    貴族は水洗トイレを使ってた

    でも、民の竈にも気を使ってた

    +25

    -0

  • 327. 匿名 2017/12/17(日) 00:01:26 

    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +98

    -1

  • 328. 匿名 2017/12/17(日) 00:01:52 

    >>325
    日出処の天子よりご機嫌いかがですか?

    +48

    -1

  • 329. 匿名 2017/12/17(日) 00:02:30 

    古代一の大政治家の藤原不比等が気になる。
    化け物と呼ばれる程に凄い人らしいよ。

    奥さんも確かやり手の政治家と聞いた、光明子を天皇の后にしたのも奥さんの力が大きかったらしい。

    +42

    -0

  • 330. 匿名 2017/12/17(日) 00:03:13 

    不比等 名前負けしてないね

    +21

    -0

  • 331. 匿名 2017/12/17(日) 00:03:26 

    当時のモテ顔
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +80

    -0

  • 332. 匿名 2017/12/17(日) 00:04:32 

    蘇我氏だって謎
    あの変な名前
    負けたからつけられたの?
    本名はなに

    +58

    -1

  • 333. 匿名 2017/12/17(日) 00:05:17 

    >>321
    貴族は優雅だけど、庶民の生活は他の時代より厳しかったって聞いたことある。
    意外と優しくない時代なんだろうね。

    +63

    -0

  • 334. 匿名 2017/12/17(日) 00:06:12 

    古代人の耳の辺りで俵の様に結んでる髪型、好きなんです。
    どうやってるんだろ?

    +43

    -0

  • 335. 匿名 2017/12/17(日) 00:06:49 

    庶民は竪穴式住居

    +17

    -0

  • 336. 匿名 2017/12/17(日) 00:07:05 

    >>331
    これ黒木華じゃん。
    黒木華、この時代なら絶世の美女だわ。

    +140

    -4

  • 337. 匿名 2017/12/17(日) 00:07:15 

    >>323
    藤原鎌足がどこから出てきたってはなしなんだよね。
    で、なんで中大兄皇子にあそこまで近づけたのかもよくわかってないよね

    +43

    -2

  • 338. 匿名 2017/12/17(日) 00:07:21 

    もし桓武天皇が皇位につかなかったら、天武の血も脈々と現代まで繋がったのかな?
    お父さんの后だった井上皇后に謀反の疑いをかけて廃后廃太子にしちゃって、出自の低い桓武が天皇に即位するって、ドラマ性が強いよね

    +44

    -0

  • 339. 匿名 2017/12/17(日) 00:07:57 

    >>299
    アイヌではあの世(神の国)の一日がこの世の一年と考えててるんだっけ?
    で、良い人が亡くなったら2~3日したらお帰り(お返し)下さいって言って、嫌われものが亡くなったら暫くゆっくりしてきてくださいって言うって言うのを読んで面白いと思った。

    アイヌで括るとトピずれだけど、縄文人に近い感覚なんじゃないかなと思う。(時代や部族によって違いはあるだろうけど)

    +59

    -0

  • 340. 匿名 2017/12/17(日) 00:08:27 

    >>323
    平清盛的なアレ?

    +4

    -0

  • 341. 匿名 2017/12/17(日) 00:11:40 

    >>331
    私かと思った。

    +11

    -0

  • 342. 匿名 2017/12/17(日) 00:13:34 

    >>329
    県犬飼橘三千代だよね
    文武天皇の乳母で、持統天皇か元正天皇に信頼されて力も大きかったとか
    春日局に重なる

    +30

    -0

  • 343. 匿名 2017/12/17(日) 00:13:54 

    馬の埴輪は可愛いと思うよ
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +167

    -1

  • 344. 匿名 2017/12/17(日) 00:17:17 

    >>331
    これ女官て書いてあるだけだけど、美人像なの?
    能面みたいなのが美人でしょ
    そんなに美人の基準変わってないと思うんだけどね
    美人な女優さんが時代劇で眉なし白塗りメイクしてると能面そっくりだから整ってる人が美人だとやっぱ思うがね

    +64

    -0

  • 345. 匿名 2017/12/17(日) 00:17:22 

    >>322
    蝦夷が自分が火をつけたのかな?あの状況で?でと思ってしまう火サス体質な私

    あ、入鹿は息子で蝦夷が父親な。これテストで出るからな。

    +47

    -0

  • 346. 匿名 2017/12/17(日) 00:17:29 

    >>17
    卑弥呼の人形ちょっと怖いかも・・・
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +48

    -0

  • 347. 匿名 2017/12/17(日) 00:18:33  ID:5SMEQQRtsM 

    >>338
    桓武天皇のお父さんは天智天皇の孫だから血統はいいと思うよ。

    +13

    -1

  • 348. 匿名 2017/12/17(日) 00:19:26 

    平清盛、実は普通に平忠盛の息子じゃね?

    +8

    -0

  • 349. 匿名 2017/12/17(日) 00:20:01 

    >>323
    そう、鎌足が誰とはわからないけど、皇室の胤を引き受けたから、姓を賜ったっていう説はある

    +33

    -0

  • 350. 匿名 2017/12/17(日) 00:26:00 

    >>348
    平清盛はご落胤
    白河法皇に仕えてた祇園女御が身ごもった状態で忠盛に与えられたって話。

    +32

    -0

  • 351. 匿名 2017/12/17(日) 00:26:15 

    >>264
    醍醐(醍醐味の醍醐)は食べたことあるけど
    あれと似た感じかしら

    +1

    -1

  • 352. 匿名 2017/12/17(日) 00:26:36 

    >>343
    とっても可愛い!

    これはイノシシの土偶(縄文時代後期)
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +144

    -0

  • 353. 匿名 2017/12/17(日) 00:27:15 

    >>105
    叔父と姪の結婚は、江戸時代まであったよ。
    戦後も内縁関係にあった叔父と姪が、実質的な夫婦と認められて遺族年金支払われたケースがある。
    ちなみにドイツなどでは現在も合法。

    +58

    -1

  • 354. 匿名 2017/12/17(日) 00:29:29 

    >>349
    鎌足は中臣氏だったんだよね。中臣鎌足
    中臣氏は九州あたりからなんだよね

    +20

    -0

  • 355. 匿名 2017/12/17(日) 00:30:18 

    >>324
    中大兄皇子をたぶらかした

    +4

    -2

  • 356. 匿名 2017/12/17(日) 00:30:26 

    >>347
    桓武天皇はお母さんが百済系帰化人の子孫だからね。
    それで桓武天皇は半島が百済を滅したのにキレて桓武天皇は日本には三韓から来た人たちがいるって史料を燃やしちゃったわけ。

    +10

    -3

  • 357. 匿名 2017/12/17(日) 00:32:37 

    これ興味深い。古事記って色んな民族のオムニバスなのかも。

    +32

    -0

  • 358. 匿名 2017/12/17(日) 00:33:41 

    肥前国松浦の東方にいたとされる松浦佐用姫

    この姫が山に登り大伴狭手彦を見送る際に、領巾(ひれ)をふりふりして別れたという。
    大伴狭手彦は任那・百済を救援するために肥前国松浦きたらしい。
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +38

    -0

  • 359. 匿名 2017/12/17(日) 00:34:04 

    >>354
    中臣と鎌足は関係ない説もあるんだよね
    誰?って感じの人なんだよね

    +5

    -2

  • 360. 匿名 2017/12/17(日) 00:34:12 

    >>329
    不比等もすごいけど、
    この世をば(ryのご先祖もすごいよね
    松ケンの大河を見てたときは藤原家がひたすら嫌いだったわ
    ほんで、この調子に乗りまくった俳句のせいで腹が立って腹が立って文系に向かいました

    +33

    -1

  • 361. 匿名 2017/12/17(日) 00:35:20 

    >>358
    大伴狭手彦は絶対朝鮮半島に旅立ったんだよね
    地理的に

    +8

    -2

  • 362. 匿名 2017/12/17(日) 00:35:44 

    蘇我氏の滅亡は有名だけれど、
    聖徳太子一族の滅亡はあまり話題にならない件

    +88

    -0

  • 363. 匿名 2017/12/17(日) 00:36:33 

    >>347
    あの時代って、母親の身分の高さで皇子の位も決まったはずなんだよ
    井上皇后は聖武の娘で天智と天武両方の血が流れてて、桓武の母は高野新笠って渡来系のあまり身分の高くない女性だったから
    そんな生まれを超えて天皇になるって、頭が切れたんだろうね

    +52

    -0

  • 364. 匿名 2017/12/17(日) 00:37:42 

    多分まゆつばだろうけど、藤原鎌足は茨城生まれ。
    で、出世した後に、鹿島神宮から分けてもらった神霊を白い鹿に乗せて春日大社にお越しいただいた。

    +17

    -0

  • 365. 匿名 2017/12/17(日) 00:37:50 

    蘇我入鹿VS中大兄皇子って歴史ではサラっとやるけど、何気に血みどろの
    覇権争で結構重要だよね。日本の歴史教科書って糞
    聖徳太子の名前も消そうとしたし

    +93

    -0

  • 366. 匿名 2017/12/17(日) 00:38:15 

    >>341
    来週合コン行ける?行けるよね?もう相手方にあなたの写メ送っちゃったんだけど
    超盛り上がってるんだけど

    +11

    -3

  • 367. 匿名 2017/12/17(日) 00:39:29 

    >>364
    なんか、初めて聞いた面白いkwsk

    +7

    -0

  • 368. 匿名 2017/12/17(日) 00:40:07 

    >>353
    島崎藤村は姪と別れさせられてるからタブーなんじゃないの
    島崎藤村は不倫てのもあるけど
    父親も妹と関係があったり引くわ

    +33

    -0

  • 369. 匿名 2017/12/17(日) 00:40:08 

    >>358
    綺麗

    +22

    -0

  • 370. 匿名 2017/12/17(日) 00:40:47 

    救世の願い込めて作られた東大寺の大仏
    結果は鉱毒が都を汚染して日本初の公害を巻き起こし、遷都のきっかけにもなったとか

    +53

    -2

  • 371. 匿名 2017/12/17(日) 00:42:26 

    >>370
    あれは大陸に「こんなでっかいもの作れる技術があるんだぜ」
    と外交の為にやった説

    +43

    -0

  • 372. 匿名 2017/12/17(日) 00:43:21 

    >>362
    だって歴史の教科書から名前が消えようとしてるからね、聖徳太子
    和をもって尊しとせよ
    今勤めてる職場の休憩室に大きく掲げたい言葉です

    +101

    -1

  • 373. 匿名 2017/12/17(日) 00:42:57 

    >>62
    中国風というか、厳密には中国大陸の北方民族の影響が指摘されている。
    一応、モンゴルなど北方民族は中国とは学問的には分けられているので。

    +15

    -0

  • 374. 匿名 2017/12/17(日) 00:45:07 

    >>373
    そもそも中国大陸の方が早くに北方民族の支配下にはいっていました。
    歴史的には、騎馬民の台頭は紀元前まで溯りますから。

    +17

    -0

  • 375. 匿名 2017/12/17(日) 00:45:26 

    >>365
    聖徳太子名前消すとかいなかった説とかクソだよね。
    今度は武田信玄や坂本龍馬も消そうとしてるんでしょ。

    そういや大化の改新はもっと長いことあって重要だと見直されて変更だよね
    蘇我入鹿と中大兄皇子のドロドロは乙巳の変でその後の政治改革が大化の改新だとか

    +105

    -1

  • 376. 匿名 2017/12/17(日) 00:45:27 

    >>366
    どこのおのこかは知らぬが、何と品下るものたちであろう
    341殿は、御簾を通さずばお目もじできぬであろうよ

    +18

    -0

  • 377. 匿名 2017/12/17(日) 00:48:14 

    >>370
    えー
    東大寺行ったけど、ひたすら感じたのは当時の権力者の、どや!俺すごいやろ!どや!でかいやろ!
    的なドヤ感
    でもさ、鉱毒とかで汚染してたなら現在こんなに神聖視されてないでしょう
    イメージだけど、平城京時代は平和だったのに、平安京にうつったら魑魅魍魎でてきて大変だー
    って感じ

    +46

    -6

  • 378. 匿名 2017/12/17(日) 00:48:51 

    桓武天皇の子孫っているのかな

    +0

    -1

  • 379. 匿名 2017/12/17(日) 00:49:51 

    中々、歴史を語る女性って少ないけど世の中にはいっぱい居るって事が
    解って嬉しい。素地が無いとできないはなしだもんね。
    みなさん知見があって素晴らしい

    +96

    -1

  • 380. 匿名 2017/12/17(日) 00:50:40 

    >>378
    えっ、いっぱいいるよ。
    天皇家もとより、源氏平氏全部。

    +12

    -3

  • 381. 匿名 2017/12/17(日) 00:51:19 

    >>377
    でっかいもの作って、野ざらしにしてたから祟った説

    +3

    -0

  • 382. 匿名 2017/12/17(日) 00:53:51 

    >>380 だよね、ありがとう。

    +3

    -1

  • 383. 匿名 2017/12/17(日) 00:54:40 

    >>375
    聖徳太子個人に関しては、いなかった説もありかもしれないけど。
    でもこの時代に歴史的改革が行われたのは確かなんだよね。

    +59

    -1

  • 384. 匿名 2017/12/17(日) 00:55:07 

    もっと知りたい
    家系図見てから興味深々で

    +6

    -1

  • 385. 匿名 2017/12/17(日) 00:55:49 

    >>364
    茨城には何の縁もゆかりも恨みもないんだけどなんかマツコのせいかへー、っていう…
    茨城から来たヤンキーに人生狂わせられた中大兄皇子のおぼっちゃん
    はい
    白い鹿とか見たことないですしちょっと黙っとけばよかったのにね鎌足

    +6

    -4

  • 386. 匿名 2017/12/17(日) 00:56:35 

    楽しいトピだ。
    歴史好きな女性って戦国時代とか幕末が中心で古代について話せる人ってあんまりいない。
    私は弥生時代から奈良時代くらいまでが一番興味ある。記紀神話も好きです。

    +84

    -0

  • 387. 匿名 2017/12/17(日) 00:57:22 

    >>383
    いなかった説にしてしまったら、歴史が物凄くわけわかめになるよ
    日々、新しいものは出てきて精査してる人はいいけど、日本がひっくり返ってしまうよ

    +62

    -1

  • 388. 匿名 2017/12/17(日) 00:58:13 

    >>355
    それは枕ですか

    +3

    -1

  • 389. 匿名 2017/12/17(日) 00:59:08 

    私も平安時代が1番好き、色々教えてください。

    +15

    -0

  • 390. 匿名 2017/12/17(日) 00:59:40 

    >>383
    わかっているのは、聖徳太子と当時本当に呼ばれていた人物は実在せず
    後年、そのような人物像を創ろうとした人物はいた、しかし現在の歴史観と照らし合わせた結果そのような人物はいない
    ってことだよね
    これって、悪さしてるの絶対に藤原家なんだよね
    不比等、おまえだよ

    +88

    -1

  • 391. 匿名 2017/12/17(日) 00:59:45 

    >>62
    文化的にも中央アジアからモンゴル高原へと続く文明をChinaとは言いません。
    時代によってはイラン高原、東ヨーロッパまで続きます。

    日本人は仏教を朝鮮半島や中国経由で摂取したからと言っても、インド周辺の宗教に発していることは理解できていますよね。
    別の文化になると、中国文化とごっちゃになるのは非論理的です。
    暴論にすら読めます。

    +18

    -2

  • 392. 匿名 2017/12/17(日) 01:00:11 

    >>362
    山背大兄王一族が蘇我入鹿に滅ぼされた悲劇なのにね

    +19

    -1

  • 393. 匿名 2017/12/17(日) 00:58:39 

    家系図見てると有名な人の名前あると色々調べたり楽しい

    +7

    -3

  • 394. 匿名 2017/12/17(日) 01:02:21 

    >>390
    ガッテンガッテンガッテンガッテン
    文献にいる風がいっぱいあるよね
    積年の悩みが払しょくされた気分 ガッテンガッテンガッテンガッテン

    +2

    -2

  • 395. 匿名 2017/12/17(日) 01:03:32 

    >>388
    だいぶ前にNHKで飛鳥時代のドラマをV6の岡田主演でやってたの知ってる?
    私そのドラマはまともに見てないんでアレなんだけど、今同じ内容を扱うなら、鎌足は綾戸剛がいいんじゃないかと
    人たらし
    素性がわからない
    ぴったり

    +35

    -2

  • 396. 匿名 2017/12/17(日) 01:05:30 

    >>390
    聖徳太子は諡号なんだから当時そう呼ばれてたわけがない。
    それが聖徳太子がいない説になるとか暴論
    聖徳太子はいたし、日本の礎を築いた偉大な政治家

    +74

    -1

  • 397. 匿名 2017/12/17(日) 01:06:05 

    >>392
    うまやどのおうじ(変換できない)一族の滅亡には絶対に隠されたドラマがあるよね
    知りたい
    知りたいよ

    +72

    -0

  • 398. 匿名 2017/12/17(日) 01:06:11 

    >>179
    同居してしまったら正式な結婚と見なされて、
    女性側の浮気はおおっぴらには認められてなかった
    別居婚の間は複数の男性が通うことも許されていた
    高い身分の姫君は、親の決めた相手の正妻となるか皇室に
    嫁ぐことが多かったので手紙のやりとりはあっても
    直接会う(=性行為)は御法度だった

    ただ待っているだけに見えて女の方も割とやりたい放題やってた

    +47

    -0

  • 399. 匿名 2017/12/17(日) 01:06:26 

    どっちもドキ

    +3

    -0

  • 400. 匿名 2017/12/17(日) 01:06:31 

    イザナギとイザナミの子作り、逆ナンしたから不完全な子が生まれたってわざわざ書く辺り男尊女卑思想を広めようという悪意を感じるよね。
    その頃にはすでに仏教伝来してたからだけど。
    古代には女性天皇がたくさんいたのにその頃から男性天皇しか認められなくなっていった。

    +53

    -0

  • 401. 匿名 2017/12/17(日) 01:07:16 

    その聖徳太子いない説、ぼんやり小耳にはさむけど詳しく知らないのよね
    『聖徳太子』は伝説だけじゃなく像や絵など美術展でみるものの多く残ってるよね?
    それでも実在否定するほどの研究成果がでてるの?
    疑わしいから、程度なら言い出せば大抵が疑わしくなるじゃん

    +39

    -1

  • 402. 匿名 2017/12/17(日) 01:07:35 

    氷室冴子の『銀の海金の大地』ってラノベ読んで、古代日本が好きになった
    大王と豪族の力関係とか、ワクワクする
    彦巫王とか歌凝姫とか、古代の名前って言霊がこもってそう

    +44

    -1

  • 403. 匿名 2017/12/17(日) 01:08:24 

    聖徳太子は偉大なる外交官だよね遣隋使派遣して、中国大陸から
    物を巻き上げてきてたわけだし。やり手

    +56

    -0

  • 404. 匿名 2017/12/17(日) 01:12:48 

    >>396
    聖徳太子=うまやどのおうじ だったとすると、一族の最期の散り様があまりにも凄惨だった
    政治にこれだけ貢献した一族がなぜ、という疑問が噴出する
    なので、うまやどは当時の皇后の影武者だっただけで実権を握った聖徳太子という存在はいなかった、としたい勢力が日本のどこかにいるんじゃないですかね
    残していった仕事の割りに、存在感が薄いのが聖徳太子
    普通は仕事したら、出世するよね、後年にまで語り継がれるよね、でもそれがあいまいなのが聖徳太子、持ち上げられたと思ったら亡き者にされかけるっていう不思議な存在、おかしいよ
    課長島耕作読んでごらん、めっちゃ出世してるから、女抱いてるだけなのに

    +5

    -10

  • 405. 匿名 2017/12/17(日) 01:12:57 

    厩戸王はうまやどのみこ

    +9

    -1

  • 406. 匿名 2017/12/17(日) 01:14:45 

    聖徳太子というと小野妹子が男性というのは変だよね。

    +1

    -10

  • 407. 匿名 2017/12/17(日) 01:14:46 

    聖徳太子がいなかった説は極端だよね。後世に太子信仰が流行ったせいで半ば伝説的な人になっちゃったけど、そこまですごい人ではなかったにしてもモデル?になった実在の人物はいたでしょう。

    +82

    -0

  • 408. 匿名 2017/12/17(日) 01:17:33 

    >>406
    昔は「子」を使えるのは男性に限られてた
    そういう漢字

    +57

    -2

  • 409. 匿名 2017/12/17(日) 01:18:38 

    >>401
    ひとりであんなにたくさんの業績を残せるはずはないとか、聖徳太子がやった証拠がないとか、崇拝されすぎてるとかそんな理由だよ
    もうめちゃくちゃ
    なぜそんなに聖徳太子をいなかったことにしたいのか?

    +89

    -1

  • 410. 匿名 2017/12/17(日) 01:20:29 

    >>406
    はい?
    孔子、孟子、荘子などなど
    みな男性ですが

    それに聖徳太子の太子は皇太子の太子と同じことですけども

    +64

    -0

  • 411. 匿名 2017/12/17(日) 01:20:58 

    >>400
    古事記には南アジア(インドネシアとか)で語られてる伝記がけっこうかぶってるらしい
    最初の子供がダメだったっていうのも
    悲しいけど古事記を作った人たちがパクラーだったのかもしれないし…うぅ…

    +1

    -20

  • 412. 匿名 2017/12/17(日) 01:21:02 

    >>406
    日本語では「いも」は女性の古代敬称だし、妹としても女性。
    ○○彦という名前だけど女性、○○姫という名前だけど男性といった「超異例」並みに強烈。

    しかし慣例を覆す要素がなくても男性になっている人物で、日本史がけっこう適当と分かる。

    +11

    -0

  • 413. 匿名 2017/12/17(日) 01:21:44  ID:fY7ARtFA3X 

    >>4 あり「をり」はべりいまそがり では?

    +5

    -0

  • 414. 匿名 2017/12/17(日) 01:24:13 

    小野妹子は子よりも妹がついてるのが不思議ですよね

    +69

    -0

  • 415. 匿名 2017/12/17(日) 01:23:10 

    >>404
    政治的に凄かったからこそ根絶やし消されたのかも、と発想できちゃう

    大陸におくった書簡は向こうにも資料残ってるもんだし
    そういった仕事した人物はいたはずで、
    それを聖徳太子として伝えてきたならそれ以上の何があるんだ?とシロートは思っちゃうのよ

    +58

    -0

  • 416. 匿名 2017/12/17(日) 01:24:15 

    >>407
    モデルは厩戸王子だよ
    ただ、この人は子孫が全滅しちゃってるから、謎であり、都合がいいんだよ

    +22

    -1

  • 417. 匿名 2017/12/17(日) 01:24:26 

    天皇家を乗っ取ろうとした大悪党と言われる蘇我氏、個人的には嵌められただけで実は一番天皇に近い身分の人達だったと思う。
    天智と天武は何かうさんくさい。
    歴史は勝者が作るものだし。

    +70

    -1

  • 418. 匿名 2017/12/17(日) 01:27:33 

    >>404
    和を尊べと言った人だよ
    権力闘争を望まなかったんだよ
    それくらいの人だからすごく尊敬されてるわけで

    +60

    -0

  • 419. 匿名 2017/12/17(日) 01:28:02 

    >>411
    文化や人の出入りが日本海側だけとも限らないでしょ
    沖縄の遺跡から古代ローマの硬貨が出土したりしてるよ

    +31

    -0

  • 420. 匿名 2017/12/17(日) 01:28:25 

    >>400
    いや、むしろ古事記・日本書紀を作っていた時代が、女帝の世紀。
    その前の時代には女帝は記録に残ってない。
    男王が外政、女王が内政のヒメヒコ制だったって説があるけど、女性君主の単独統治は、いざとなった武力に物を言わさなければいけない時代には成立しないよ。武力を超える権威を身に付けないと。
    古代エジプトだって、単独女王が誕生したのは、かなり安定した王国になってから。

    +11

    -1

  • 421. 匿名 2017/12/17(日) 01:30:22 

    藤原氏と関わってから皇室って生臭くなったよね花山法皇の皇女も野犬に
    モグモグだし
    近衛の呪縛

    +11

    -1

  • 422. 匿名 2017/12/17(日) 01:30:36 

    前にガルちゃんで教えてもらったココを暇な時にずっと読んでた

    古事記の日本神話『日本のはじまり』をラノベ風に現代語訳してみた
    古事記の日本神話『日本のはじまり』をラノベ風に現代語訳してみたkojiki.co

    古事記より日本神話『日本のはじまり』の物語をやさしくラノベ風に現代語訳しています。イラストとわかりやすい文章で、楽しく古事記の日本神話をマスターしちゃいましょう★

    +31

    -0

  • 423. 匿名 2017/12/17(日) 01:31:30 

    >>417
    大化の改新以前に既に天皇家と曽我の血がかなり混ざり合ってるからね
    逆に言うとそれが原因なのかもね、蝦夷とか入鹿とか動物の名前にされちゃったのは

    +26

    -1

  • 424. 匿名 2017/12/17(日) 01:32:09 

    徳川家康が天下取ったあと、大阪城も埋めてありとあらゆる豊臣の遺産を葬ってなかったことにしようとした
    太閤様信仰を危惧したのでね
    聖徳太子一族も滅ぼされたので同じことされたってことよしかも古代だからなおさら

    +60

    -0

  • 425. 匿名 2017/12/17(日) 01:32:31 

    トピズレかもだけど、古代の歴史が好きで江戸時代とか幕末とか興味がない。あの時代は自分の中では現代社会のカテゴリー。他の人が昔は~って言うのと私が昔は~って言うのでは1000年くらいの隔たりがある。

    +45

    -0

  • 426. 匿名 2017/12/17(日) 01:32:53 

    >>423
    小野妹子も名前変えられちゃったのかな

    +5

    -0

  • 427. 匿名 2017/12/17(日) 01:32:59 

    >>420
    仕来り、伝統を守ってるのは女性っていうのが良くわかるわ
    なんか、近年、旧弊と言う言葉を使って男性蔑視してる輩がいるけど
    仕来り、伝統にうるさいのは元来女性なんだよね

    +9

    -2

  • 428. 匿名 2017/12/17(日) 01:33:01 

    聖徳太子の子孫が皆殺しにされてるんだから、よっぽど力のある人物だったんだろうね
    古事記や日本書紀を作成して、皇室と藤原家の権威づけをしたけど、編纂がもっと早ければ聖徳太子の実像がもう少し分かったんだろうか?
    法隆寺が残ったのは、菅原道真を神様として祀ったみたいに、太子の一族を根絶やしにした後ろめたさを昇華するためかな?

    +62

    -2

  • 429. 匿名 2017/12/17(日) 01:34:20 

    >>377
    当時は鉱毒なんて概念がないから全部祟り扱い

    +39

    -0

  • 430. 匿名 2017/12/17(日) 01:37:05 

    方角が悪い時は回り道したんだっけ?

    +17

    -1

  • 431. 匿名 2017/12/17(日) 01:35:41 

    小学生でも読める本を教えてほしい!
    私、卑弥呼しか知らない馬鹿なので、本を選ぶのが難しい。子供に読ませたいので、お願いします!

    +18

    -1

  • 432. 匿名 2017/12/17(日) 01:36:00 

    >>420
    男王と女王で役割を分けて統治する説あるね
    理想的だな

    +6

    -0

  • 433. 匿名 2017/12/17(日) 01:36:06 

    >>425
    わかる
    法隆寺とか見聞してると「この建物は200年前の物です」と言われても
    若いなーと思う。500年越してないとね

    +30

    -1

  • 434. 匿名 2017/12/17(日) 01:36:43 

    >>418
    まあ、和を尊べというとこから見るとそうなんだけど
    他方ではきっちり冠位十二階っていうのを設けて身分の差を誰が見てもわかるよう色で識別した
    ドライだよね
    馴れ合いも好まず、権力闘争も好まず
    この感じが、本当に、現実味がないんだよ
    政治の中枢にいて、こんな姿勢を貫ける人間がいるとは思えない、だから聖徳太子なんて大げさな名前を後年つけられたんじゃないのかな
    聖徳太子は複数いたっていう説もある
    いい人すぎる人を、まるで聖徳太子みたい、っていう比喩たまにあるけど、本当にそうなの
    聖徳太子みたいな人、実際にいたわけがないの

    +4

    -18

  • 435. 匿名 2017/12/17(日) 01:37:33 

    聖徳太子一族滅亡させた蘇我氏も滅亡だし
    なんかね

    +65

    -1

  • 436. 匿名 2017/12/17(日) 01:37:42 

    何か皇子とか偉いと言うより大変そうってイメージ。有間皇子とか。

    +28

    -0

  • 437. 匿名 2017/12/17(日) 01:38:23 

    >>434
    天草四郎ユニット説に近いものがあるw

    +18

    -1

  • 438. 匿名 2017/12/17(日) 01:38:37 

    >>419
    沖縄はあちこちから何が来てもおかしくない位置なのでちょっとわからない

    +18

    -2

  • 439. 匿名 2017/12/17(日) 01:40:19 

    >>431
    無い
    歴史を学ぶってライフワークにしないと無理
    この時代はこの本がいいよ この時代ならこの本がおすすめとあるけど
    歴史に雑学も沢山あって自分で探すしかない

    +7

    -14

  • 440. 匿名 2017/12/17(日) 01:41:55 

    姫君達の嫌がらせで廊下にウンコ撒き散らしておくとか恐ろしいよね

    +39

    -1

  • 441. 匿名 2017/12/17(日) 01:41:29 

    >>437
    天草四郎ってなんであんなに持ち上げられてるのかわからない
    日本人を奴隷として売り渡してたのに

    +42

    -0

  • 442. 匿名 2017/12/17(日) 01:43:18 

    >>434
    ここにもいるんだね聖徳太子をいなかったことにしたい人。
    こういう人ってイエスキリストも実在してないとか言ったりする。

    +20

    -4

  • 443. 匿名 2017/12/17(日) 01:44:24 

    >>434
    いい人って印象はないわ。どっちかと言うと国益重視のいやみー
    って感じ
    国内での評判は眉唾だけど、あれだけ当時の中国を手玉に取った辣腕は
    凄いと思う

    +11

    -1

  • 444. 匿名 2017/12/17(日) 01:45:59 

    >>442
    ええー…
    あなたがそう思うんだったら別にそれでも構いませんけど、えええー
    いきなりキリスト持ち込まれてもうち神道ですしー
    神は万物に宿るのです、だからあまりうかつなことをスマホで書き込まないようにね

    +2

    -25

  • 445. 匿名 2017/12/17(日) 01:49:51 

    歴史界も大変なんでしょ
    奇特な新説出さないと本も売れないし
    マンネリ化するからか知らないけど
    戦国だと、石田三成は本当は忠臣、豊臣秀次は自殺、織田信長は革新的じゃなく実は保守的とか最近の流行りだね
    一周回っちゃってる
    それにしても鎖国や士農工商も変更、地方大名は削除、聖徳太子は厩戸王表記にとか教科書は問題ですね

    +65

    -0

  • 446. 匿名 2017/12/17(日) 01:51:23 

    >>426
    歴史を本格的に学ぶ前にNHKで今田耕治の小野妹子を見てしまって以来
    私の心は耕治ふんする妹子にとらわれてしまい、学業もおぼつかなかったのです
    当時は確か、なんとか2000%とか歌ってました、妹子が

    +16

    -0

  • 447. 匿名 2017/12/17(日) 01:50:56 

    あんまり大きな声じゃ言えないけど、常々宮内庁には辟易してる
    日本の古墳はピラミッドみたいに文字が彫られてるわけじゃないし、ほとんど盗掘されてるだろうから実際に誰の墓と特定するのは難しいだろうけど、それでも全ての天皇陵の発掘調査をすれば古代日本の歴史がかなり明るくなると思う
    それこそ歴史の定説がひっくり返るようなこともあるだろうけど
    真実が知りたいよ~

    +98

    -1

  • 448. 匿名 2017/12/17(日) 01:56:07 

    >>433
    エジプトの遺跡とかどんな感じ?
    世界ふしぎ発見でやってたけど
    私テレビ越しでもぞくぞくしたわ
    ピラミッドに触ったら頭おかしくなるかもしれない、フィギュアのまっちーは飛べるようになったらしいけど
    歴史って深いほど怖いよね

    +7

    -0

  • 449. 匿名 2017/12/17(日) 01:56:18 

    >>411
    なんでパクリ?
    縁があった名残かもしれないのに

    +20

    -0

  • 450. 匿名 2017/12/17(日) 01:57:01 

    >>437
    ユニット説流行りなの?
    もうみんなユニットにしちゃえばいいじゃんね

    +4

    -1

  • 451. 匿名 2017/12/17(日) 01:59:40 

    >>414
    小野妹子は推古朝だし女性天皇がいた時代に、女性官人がいたとして全く奇異ではない。
    むしろ女性天皇だけど、官人は全て男性でしたの方がよっぽど奇妙だよ。

    組織にトップはいないが上流~中流にならいる、といった逆ならまだ分かるんですよ。現代でもある構造。

    今はまだ女性大統領は誕生していないアメリカでも、女性の富裕層や資本家含み多くのジャンルで女性は存在します。
    しかしトップの大統領となると難しかったというのが結果。

    天皇は古代日本の王朝のトップだったんだよね。
    それなら下部の組織にも多大に女性が存在したと考えることの方が合理的じゃないですか。。

    +24

    -2

  • 452. 匿名 2017/12/17(日) 02:00:25 

    この世をば わが世ぞと思ふ望月の 欠けたることもなきと思えば

    こんなんだったっけ
    藤原道長
    なんか今のトランプみたい

    +81

    -4

  • 453. 匿名 2017/12/17(日) 02:02:21 

    >>447
    宮内庁 天皇陵 で検索してみたらGHQがサジェストに上がったんだけどw

    +3

    -0

  • 454. 匿名 2017/12/17(日) 02:02:27 

    聖徳太子って何で即位しなかったんだろうね?
    崩御せずに次代に譲位した天皇って誰が最初なんだろう?
    皇極天皇?

    +6

    -0

  • 455. 匿名 2017/12/17(日) 02:02:54 

    でも唐に行ったでしょ妹子さん
    女性だったら男尊女卑の中国に舐めてんのかと怒られそう
    すでに日没する処とか言っちゃってんだし

    +33

    -2

  • 456. 匿名 2017/12/17(日) 02:03:34 

    聖徳太子の娘のひとり、片岡女王は山背大兄王一家滅亡の後もいきてたんじゃないかっていわれてる。法隆寺の宝物の金銅灌頂幡を献納した「片岡御祖命」が片岡女王で、持統天皇の頃の献納と言われている。
    「御祖命」なんて尊称を使っているのだから、当時の結構な貴人の先祖にあたる人だったんじゃないかと思われる。

    +38

    -0

  • 457. 匿名 2017/12/17(日) 02:05:26 

    >>452
    平家にあらずんば人にあらず

    +16

    -2

  • 458. 匿名 2017/12/17(日) 02:05:56 

    小野妹子は隋か
    間違えた

    +12

    -0

  • 459. 匿名 2017/12/17(日) 02:06:35 

    >>444
    意味わからないこと言わないで

    +6

    -1

  • 460. 匿名 2017/12/17(日) 02:09:49 

    小野妹子、小野小町、小野お通は関係あるのですか?

    +1

    -3

  • 461. 匿名 2017/12/17(日) 02:11:09 

    >>444
    別にあなたの信仰なんて聞いてませんが

    +9

    -1

  • 462. 匿名 2017/12/17(日) 02:14:24 

    推古天皇は中継ぎのつもりだったんですよね
    竹田皇子のために

    +38

    -1

  • 463. 匿名 2017/12/17(日) 02:14:47 

    >>434
    なるほどねー、面白いね
    見方の差になるけど、そういう簡単に言い表せない、
    掴み所に難しさがある人物って優秀な政治家だったんだろなって思ったわ

    +3

    -0

  • 464. 匿名 2017/12/17(日) 02:20:57 

    >>417
    天皇暗殺しちゃってるよね蘇我氏

    +24

    -0

  • 465. 匿名 2017/12/17(日) 02:22:16 

    >>462
    なのに竹田皇子が死んじゃってね…
    調べてみたら、最初に譲位したのは皇極天皇だったので、もし竹田皇子が生きてたら推古は本当に中継ぎで終わったんだろうね
    まさか長く国を治めることになろうとは

    +36

    -1

  • 466. 匿名 2017/12/17(日) 02:20:34 

    >>458
    隋唐は北朝(独孤氏勢力)だから、背景に騎馬民がいる。
    その時代、どこぞの島国が何を言おうが唯我独尊だったと思う。
    広大なシルクロードといった交易ができたのも武力が無ければ無理である。

    ただ騎馬民だから島には来ないと、胡坐をかいた平安~鎌倉時代が元寇への対処を遅らせたんじゃないかなと思っている。

    +4

    -0

  • 467. 匿名 2017/12/17(日) 02:24:36 

    >>461
    やんわりじゃわかんないのか
    じゃあはっきり言うけどこのトピにキリストの存在有無関係ないから
    トピズレだっていってんの、わかれよ、そして去れ

    +2

    -10

  • 468. 匿名 2017/12/17(日) 02:26:06 

    >>464
    歴史上、なぜか徹底的に悪者だよね、蘇我氏

    +48

    -0

  • 469. 匿名 2017/12/17(日) 02:28:24 

    >>112
    そもそも女性は基本的に顔を見せないから、この顔は「記号的」であった説が有力。
    貴族ですよ、的な。
    高貴な方のお顔を模写するどころか名前を呼ぶことさえ憚られていた。(だから、源氏物語はフィクションなのに登場人物のほとんどがアダ名)

    +41

    -0

  • 470. 匿名 2017/12/17(日) 02:31:02 

    古典の先生が授業で源氏物語を扱った時に紫式部のことを絶賛しながら文法解説してたなー。
    平仮名ができてまだそんなに年月が経っていない中あの複雑な人間関係を表現したのはすごいよね

    +48

    -2

  • 471. 匿名 2017/12/17(日) 02:32:50 

    >>434
    権力闘争を好まなかったからこそ、階級を明確に分けて秩序とルールをつくったとも言えるしね

    +31

    -0

  • 472. 匿名 2017/12/17(日) 02:36:34 

    >>467
    はい?
    偉大な人、聖人君子とされてる人物を自分の狭い価値基準で判断して、そんないい人居るはずないっていなかったことにしようとしたい人たちがいるって意味で名前だしたんですけど。
    このトピに沿いながら、他の方々も世界史の人物や他時代の人物を引き合いに出してます。
    そんなことも読み取れず、うちは神道だからとか意味がわからない返答しといて逆ギレとか飽きれます。
    偉大な人は凡人と違うから名前が残って崇められてるわけですよ。それを凡人の考えでそんな人いるはずないなんて考えに意見しただけですよ。

    +14

    -4

  • 473. 匿名 2017/12/17(日) 02:39:24 

    >>439
    無いのか〜、
    いきなり詳しくなる為の本じゃなくて、小学生が歴史に興味がわくような楽しいのがしりたかたったんだけど、やっぱり漫画の方が良いのかなぁ。
    返信ありがとう!

    みなさん詳しくてすごいなぁと感心しきりです。

    +28

    -2

  • 474. 匿名 2017/12/17(日) 02:40:12 

    >>159
    天照大神(女)に仕える神職でもあるからかね

    +0

    -1

  • 475. 匿名 2017/12/17(日) 02:41:48 

    奈良時代までは高貴な女性も出歩けてたのに、平安のいつ頃から十二単を着たり屋敷に閉じこもるようになったんだろう?
    国風文化が栄えるより前だよね。
    藤原高子が在原業平に背負われて駆け落ちする話があるけど、ぶっ飛んだ姫様だったんだろうね

    +62

    -1

  • 476. 匿名 2017/12/17(日) 02:45:07 

    >>468
    邪馬台国系の有力者だったから、新興の大和系の有力者である藤原氏によって貶められた説が信憑性あるなと思ってる。
    馬子とか入鹿、みたいに獣の字名をつけたのは藤原氏だし。

    +19

    -1

  • 477. 匿名 2017/12/17(日) 02:49:01 

    和を尊べと冠位12階は相反してないよ
    例えば社長、部長、課長、ひらと階級違ったって
    尊重しあってやっていこうぜ☆はあるでしょ

    +37

    -0

  • 478. 匿名 2017/12/17(日) 02:49:28 

    >>473
    とっかかりとしては、昔からある『漫画 日本の歴史』シリーズがいいと思うよ。
    最近、新版も出たはず。
    ざっと流れや人物を理解するのに最適だと思ってる。
    私自身、小1でこのシリーズを読んだのがスタートだったしw

    詳しくなると内容や解釈に多少の違和感が出てくるようになる部分もあるけど、それもまた歴史を学ぶ醍醐味とも言えるから(^^)

    +38

    -1

  • 479. 匿名 2017/12/17(日) 02:50:18 

    >>358
    大伴狭手彦は室屋派生の大伴金村なんだね。
    任那・百済と結んで高句麗・新羅に対抗しようとし失敗。
    で、衰退したらしいけど、高句麗という北朝鮮地域以北に南下されては困るという圧力があったのかね。

    +2

    -1

  • 480. 匿名 2017/12/17(日) 02:50:30 

    >>472
    はい?とかおっしゃってますけど>>442のレスは明らかに喧嘩腰ですよね?
    そこまで深いお考えがあったとは思えないほどの
    討論をしたいならしょっぱなの発言には気をつけたほうがいいと思います
    やからは誰にも相手にされないからです
    あなたみたいなのをこういう掲示板では、後だしって言います
    調べてください、グーグルで

    +1

    -23

  • 481. 匿名 2017/12/17(日) 02:50:38 

    >>473
    確かに漫画から入るのはいいね
    私は『まんが日本の歴史』の藤原薬子の乱を小1で読んで興味が湧いて、歴史が好きになったよ
    なんで藥子だったのかは自分でも分からないけど

    +52

    -0

  • 482. 匿名 2017/12/17(日) 02:51:27 

    ふと子だけど質問ある?

    +2

    -2

  • 483. 匿名 2017/12/17(日) 02:57:00 

    >>476
    やっぱり蘇我氏を貶めたのは藤原氏だよね、うん
    そのついでに太子を一度はあがめたけど、今、もてあましてるのかね?

    +14

    -0

  • 484. 匿名 2017/12/17(日) 02:57:10 

    >>475
    女性をひきこもらせたのは、貴族の血縁関係が入り組んで複雑化したからかな
    「家」の概念も強くなってきた頃だし(○○氏、ってだけじゃなく、○○氏●●家って。)娘に権力闘争の駒としての価値が高まったから。
    あと、貴族が貴族の血をより尊び、身分を固定化したい意図があった、のも強い。
    うかつに恋したら敵でしたとか異母兄妹でしたとかも防ぎたかっただろうから、女個人ではなく○○氏●●家の△番目の姫、に価値が出てきた。

    +17

    -3

  • 485. 匿名 2017/12/17(日) 03:00:22 

    >>481
    私も漫画から入った
    小学生のころ、淀君や卑弥呼を読んで歴史好きになった

    +52

    -0

  • 486. 匿名 2017/12/17(日) 03:02:01 

    >>480
    嫌味な人

    +2

    -5

  • 487. 匿名 2017/12/17(日) 03:05:37 

    おや皆さま、草木も眠る丑三つ時
    物の怪がいずこからとも徘徊しだすやもしれませぬ
    百鬼夜行に加わるのもあな恐ろし、わたくし、しとねにまいりましょう

    +20

    -0

  • 488. 匿名 2017/12/17(日) 03:07:49 

    >>470
    >あの複雑な人間関係を
    解いていたんだけど、源氏物語は実は「教訓の物語」という説が納得できた。

    光源氏という出来過ぎた美麗貴族の恋多き物語だけども、失恋(または片思い)の相手をピックアップすると分かりやすいとか。
    では光源氏が失恋(または片思い)の相手は誰か。確か主に6人くらい。

    ・実父の後妻(光源氏の実母ではない)
    ・親友の妻
    ・身分上の女
    ・片思いしている女に一見似ているだけの別人
    ・相手(女)が兄・父親のように自分を見ている年下の娘
    ・朝敵の一族の娘

    つまり、どんな美麗貴族の男でも↑の女性は失恋するからやめておけ、という「教訓」という読み。
    光源氏は他の女性とは上手く恋愛している。

    +43

    -1

  • 489. 匿名 2017/12/17(日) 03:11:25 

    >>468
    蘇我氏ってなんであそこまで悪者なんだろね

    +14

    -0

  • 490. 匿名 2017/12/17(日) 03:13:07 

    平安時代は恋愛文化あるけどそれ以降になるとパッタリだね
    武家には恋愛とかなかったのかな?

    +2

    -2

  • 491. 匿名 2017/12/17(日) 03:14:51 

    >>482
    どうしてほそ子じゃないの?

    +0

    -0

  • 492. 匿名 2017/12/17(日) 03:15:32 

    日本にはなぜ宦官がいなかったか

    +0

    -0

  • 493. 匿名 2017/12/17(日) 03:20:33 

    蹴鞠らしい
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +55

    -0

  • 494. 匿名 2017/12/17(日) 03:20:34 

    平安時代って言葉の響きとごく一部の上流貴族層の優雅な生活ばかり強調されるから
    まるで優美な時代だったかのようにイメージされるけど
    現代の自分たちと同じ庶民目線で見たら、ものすごくひどい時代だよね
    国防をおろそかにするから、九州や日本海側では半島や海賊などから何度も攻撃されてるし
    平民は戦乱や飢餓でそこら中に死体が転がってる状態だし
    平安末期から鎌倉初期に宗教が大きく広まったのも当然のような時代

    +64

    -0

  • 495. 匿名 2017/12/17(日) 03:22:36 

    >>490
    なんとなくだけど、和歌がすたれたから?
    顔を見せず文字だけのやりとりからの夜這い、今でいうSNSからのお付き合いって感じだけど
    そこそこ上手い歌が詠めなければ女にとってはつまらない男判定になってた
    しかも寝たら翌朝必ず文を届けなければいけないというマメさ
    プレバト毎週見てるけど、ああ、あの時代は低脳男は身分が高くても女だけなかったんだなって思うと面白い
    まあ代筆とかもあっただろうけどね
    戦国時代になると恋愛とかいってられず結婚=家と家との何らかの契約だったから後年に残るようなものは残ってないってことでは

    +21

    -0

  • 496. 匿名 2017/12/17(日) 03:24:15 

    こういうのは平安時代な感じ
    可愛らしい子供
    ヒマだから平安時代以前の日本史の話でもしようか

    +45

    -1

  • 497. 匿名 2017/12/17(日) 03:29:18 

    中臣鎌足が百済の王子って説あるけど本当かね?

    +9

    -0

  • 498. 匿名 2017/12/17(日) 03:35:21 

    >>493
    後ろ足で蹴ってるのが女性らしいね
    美しい

    +54

    -0

  • 499. 匿名 2017/12/17(日) 03:38:08 

    >>493
    この時代は女性も蹴鞠してたのかな
    ホッケーみたいなスポーツもあって女性も観戦してたとヒストリアで見た気がする

    +26

    -1

  • 500. 匿名 2017/12/17(日) 03:38:33 

    聖徳太子が実在しない説ね…
    個人的には「有能で辣腕を振るったすごい政治家=厩戸皇子」は実在するが、神格化された「聖徳太子」は作られた像だろうなと思う。

    『天皇以外が政治の中核を担うこと』、つまり摂関政治、ひいては幕府や政府を正当化するために長らく"政治を操りたい勢力"利用されたのだろうと。

    記紀に描かれている神様や天皇でさえ、あれだけ人間臭く活き活きとしているのに、聖徳太子がだけが人民がぐうの音も出ないような聖人君子にってさ…
    思惑があって創作されたと考えるのが自然だよ。

    ※繰り返しますが、優秀で偉大な政治家である厩戸皇子は実在し、功績を残したのは事実だと思うよ

    +37

    -1

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード