ガールズちゃんねる

好きな小説の一文

113コメント2017/03/28(火) 22:03

  • 1. 匿名 2017/03/26(日) 13:24:57 

    好きな小説の一文を教えてください
    短歌、俳句、歌詞、漫画のセリフ...等でもいいです

    私はこちらの一文を

    “春が二階から落ちてきた”(重力ピエロ)
    好きな小説の一文

    +86

    -7

  • 2. 匿名 2017/03/26(日) 13:25:54 

    !!

    +1

    -4

  • 3. 匿名 2017/03/26(日) 13:26:03 

    「ヴァン・ダインです。」

    +26

    -1

  • 4. 匿名 2017/03/26(日) 13:26:27 

    そういうとこなんですよ。

    +5

    -1

  • 5. 匿名 2017/03/26(日) 13:27:23 

    幽明はるけくへだつとも
    僕の心は一日も民子の上を去りぬ

    +6

    -1

  • 6. 匿名 2017/03/26(日) 13:27:29 

    俺が居ればお前は最強だ!

    +13

    -2

  • 7. 匿名 2017/03/26(日) 13:27:42 

    生まれてすみません。
    「人間失格」太宰治。

    +47

    -4

  • 8. 匿名 2017/03/26(日) 13:27:46 

    何が峰岸のきにさわっているんだろう。

    +2

    -1

  • 9. 匿名 2017/03/26(日) 13:28:05 

    さよならは別れの言葉じゃなくて
    また会う日までの遠い約束

    +29

    -5

  • 10. 匿名 2017/03/26(日) 13:28:05 

    国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた

    +63

    -3

  • 11. 匿名 2017/03/26(日) 13:28:06 

    うそでしょん

    +2

    -2

  • 12. 匿名 2017/03/26(日) 13:28:18 

    いまは昔、竹取の翁といふものありけり

    +10

    -4

  • 13. 匿名 2017/03/26(日) 13:28:59 

    よしもとばななの彼女について
    君の幸せだけが、君に起きた色んなことに対する復讐なんだ

    +57

    -1

  • 14. 匿名 2017/03/26(日) 13:29:11 

    我輩は猫である

    +9

    -1

  • 15. 匿名 2017/03/26(日) 13:29:23 

    「人間って、足りなければ足りないことに悩んで、あればあるで、失ったらどうしようって悩むんだよ。」 (邪魔、奥田英朗)

    +84

    -1

  • 16. 匿名 2017/03/26(日) 13:29:44 

    恥の多い生涯を送って来ました。

    +81

    -2

  • 17. 匿名 2017/03/26(日) 13:30:58 

    >>1
    トピ見て、一瞬で頭に浮かんできて書こうと思ったら既に主さんが書いてたw

    +10

    -1

  • 18. 匿名 2017/03/26(日) 13:31:43 

    「それは、お前の自由だ」

    で、締めくくられる。村上龍の「半島を出よ」が秀逸。
    もう30回くらい読み返してます。
    すごい内容の深い小説ですが、この言葉で終わって、何とも言えない気持ちになります。

    +25

    -1

  • 19. 匿名 2017/03/26(日) 13:31:47 

    血を縁に残したガラスの破片は夜明けの空気に染まりながら透明に近い。
    限りなく透明に近いブルーだ。

    +21

    -2

  • 20. 匿名 2017/03/26(日) 13:32:24 

    晴天というのは不思議なものだ

    +2

    -1

  • 21. 匿名 2017/03/26(日) 13:33:52 

    私の娘はこのクラスの生徒に殺されました

    +42

    -6

  • 22. 匿名 2017/03/26(日) 13:34:14 

    地上にいる人間は皆クズだ。
    スカイクロラシリーズ ダウンツヘブン

    +5

    -2

  • 23. 匿名 2017/03/26(日) 13:34:57 

    セーラームーン

    キスをしたり抱き締めることだけが、愛してるというわけじゃないわ。
    遠くからそっと見守る愛のかたちもあるの。

    正確じゃないかもだけど
    小学生の頃読んで、すごく感銘を受けた。
    大人になって読んだときも泣いてしまった。

    +55

    -3

  • 24. 匿名 2017/03/26(日) 13:36:24 

    太宰の斜陽だったかな

    犬ころが6匹?(子犬)布団の中に入ってきて
    ふわぁってなって
    わぁって声がでたって感じのシーンが読みながらかわいいなぁと思いました

    あってるかな?ごめん、うろ覚え

    +6

    -3

  • 25. 匿名 2017/03/26(日) 13:37:54 

    「大人になる瞬間なんて、ないんだよ」

    朝井リョウの小説だったかな

    +25

    -2

  • 26. 匿名 2017/03/26(日) 13:38:44 

    「楽しいということは 影響力をもつということ」
    銀色夏生さんの本から。

    +8

    -0

  • 27. 匿名 2017/03/26(日) 13:42:02 

    『風と共に去りぬ』の最後の言葉。
    『Tomorrow is anotherday』
    明日は明日の風が吹く…。

    +29

    -1

  • 28. 匿名 2017/03/26(日) 13:42:09 

    惨劇はとつぜん起きるわけではない
    そんなことがある訳がない

    岡崎京子『リバーズエッジ』

    +2

    -0

  • 29. 匿名 2017/03/26(日) 13:42:59 

    >>1
    それ書こうと思ってトピ開きました!!!
    なんか嬉しい!!(笑)

    +16

    -3

  • 30. 匿名 2017/03/26(日) 13:43:55 

    「恥を知れ、しかるのち死ね」

    +10

    -0

  • 31. 匿名 2017/03/26(日) 13:45:18 

    映画のセリフはダメ?

    +4

    -7

  • 32. 匿名 2017/03/26(日) 13:52:09 

    「この花は馬車に乗って、海の岸を真っ先きに春を撒き撒きやって来たのさ」

    横光利一『春は馬車に乗って』

    +9

    -0

  • 33. 匿名 2017/03/26(日) 13:53:06 

    とても簡単なことなんだ。心で見ないとよく見えない。大事な事は目には見えないってことさ。
    星の王子様より

    +49

    -1

  • 34. 匿名 2017/03/26(日) 13:54:14 

    お前は俺に似て嘘が下手だ。

    恵まれないことには慣れていましたが友達には恵まれましたよ。

    ロマンはどこだ。

    伊坂幸太郎すきです。

    +22

    -3

  • 35. 匿名 2017/03/26(日) 13:57:02 

    ブータン国王
    ひとの心の中には龍が住んでいて、その龍はいろんなことを経験して強くなっていくのです

    +12

    -0

  • 36. 匿名 2017/03/26(日) 13:57:39 

    薔薇の木の下で

    +4

    -0

  • 37. 匿名 2017/03/26(日) 13:59:32 

    この人はいったい、「みんな」って誰のことだと思っているんだろう。「みんな」なんてどこにも存在しないのだ。誰かをハブにするとき以外は。

    江國香織さん

    +26

    -1

  • 38. 匿名 2017/03/26(日) 14:00:47 

    結局のところ言語は人格なのだし、人格にない言葉を無理に発音したところで、それは音にすぎない。

    江國香織さん

    +32

    -1

  • 39. 匿名 2017/03/26(日) 14:09:52  ID:UibYi8ccW2 

    親譲りの無鉄砲で子供の頃から損ばかりしている。

    +10

    -0

  • 40. 匿名 2017/03/26(日) 14:11:17 

    我輩は猫でアール

    +2

    -1

  • 41. 匿名 2017/03/26(日) 14:11:46  ID:rUhVoc2Npf 

    グロテスク 桐野夏生
    光輝く、予約のあたしを見てくれ

    この一文で傑作と確信した。
    好きな小説の一文

    +8

    -4

  • 42. 匿名 2017/03/26(日) 14:14:10 

    恥の多い生涯を送って来ました

    +8

    -0

  • 43. 匿名 2017/03/26(日) 14:18:32 

    しかし君、恋は罪悪ですよ(こころ/夏目漱石)

    +35

    -0

  • 44. 匿名 2017/03/26(日) 14:19:51 

    どうせ人間なんて、みんなどっかちょっとずつおかしいんだから

    +36

    -1

  • 45. 匿名 2017/03/26(日) 14:20:58 

    それはほとんどゆるやかな自殺のようだ。彼は私を愛している。私はそれを知っている。私は彼を愛している。彼はそれを知っている。私たちはそれ以上なにも望むことがない。終点。そこは荒野だ。

    江國香織

    +23

    -1

  • 46. 匿名 2017/03/26(日) 14:26:18 

    にな川は振り返って、自分の背中の後ろにあった、うすく埃の積もっている細く黒い窓枠を不思議そうに指でなぞり、それから、その段の上に置かれている私の足を、少し見た。親指から小指へとなだらかに短くなっていく足指の、小さな爪を見ている。気づいていないふりをして何食わぬ顔でそっぽを向いたら、吐く息が震えた。

    綿矢りさ 蹴りたい背中

    +5

    -2

  • 47. 匿名 2017/03/26(日) 14:27:18 

    主です
    駄目だと思ったら、大分時間が経ってからトピが採用されていてびっくりしました...!

    >>17さん、>>29さん 先に書いちゃってすみません;でもうれしい(*´▽`*)
    >>31さん 映画のセリフもOKですよ
    他にも川柳、名言、...などなど、とにかく好きな文章ならなんでもOKです!

    +15

    -1

  • 48. 匿名 2017/03/26(日) 14:32:10 

    人間のあらゆる叡智は、すべてこの二語に含まれる
    「待て、しかして希望せよ!」

    モンテ・クリスト伯

    +11

    -1

  • 49. 匿名 2017/03/26(日) 14:35:49 

    花に嵐の例えもあれど さよならだけが人生だ

    +14

    -1

  • 50. 匿名 2017/03/26(日) 14:38:32 

    いわば私は、積極的な死を求めている。 ≪アッシュベイビー≫

    +4

    -1

  • 51. 匿名 2017/03/26(日) 14:42:05 

    >>47
    31です
    主さん、返信ありがとうございます
    でも、主さんの返信が来る前に、もう書いちゃいました!
    映画のセリフもOKでよかったです(笑)

    +4

    -1

  • 52. 匿名 2017/03/26(日) 14:46:03 

    恐怖を消し去るには、その源の場所に、すぐに戻らねばならない。

    誰でも、自分に恐怖を与えている場所にちゃんと戻らないと、恐怖は一生ついて回るからだ。
    好きな小説の一文

    +7

    -0

  • 53. 匿名 2017/03/26(日) 14:50:26  ID:1APPKTNSo7 

    揚げたてのえびフライは、口の中に入れると、しゃおっ、というような音を立てた。


    ああ…たまらない…

    +8

    -1

  • 54. 匿名 2017/03/26(日) 14:50:49 

    「俺は君に知らせたかったんだ。この世界を変えるのは認識だと。いいかね、他のものは何一つ世界を変えないのだ。
    認識だけが、世界を普遍のまま、そのままの状態で、変貌させるんだ。認識の目から見れば、世界は永久に不変であり、そうして永久に変貌するんだ。
    それが何の役に立つかと君は言うだろう。だが、この生を耐えるために、人間は認識の武器を持ったのだと云おう。
    動物にはそんなものは要らない。動物には生を耐えるという意識なんかいらないからな。
    認識は生の耐えがたさがそのまま人間の武器になったものだが、それで以て耐えがたさは少しも軽減されない。それだけだ。」

    三島由紀夫 金閣寺

    +11

    -0

  • 55. 匿名 2017/03/26(日) 15:00:38 

    “十月は、やさしくて甘い。山の湖のやうに空が碧く澄んで、薔薇の花の思ひでの匂いがある。
    月は一段高い道を渡り、空はしきりに目ばたいて、人の心に呼びかける。
    太陽は遠くから照らして、天國の氣温でものを暖める。”(堀口大學)
    好きな小説の一文

    +8

    -0

  • 56. 匿名 2017/03/26(日) 15:06:41 

    恋、と書いたら、あと、書けなくなった。

    太宰治 斜陽

    +20

    -1

  • 57. 匿名 2017/03/26(日) 15:08:45 

    なんとなく好きで、その時は好きだとも言わなかった人の方が、いつまでもなつかしいのね。

    +32

    -0

  • 58. 匿名 2017/03/26(日) 15:11:49 

    「ここで諸君に、仏教の要諦を伝授してやろう。永年にわたって禅寺で修行した坊主が悟りを開いた末にたどりつく、いわば究極の真理だ。
    僧に会えば僧を殺し、仏に会えば仏を殺す。
    この言葉の意味はだな、生き残りたければ、自分が殺される前に、相手を殺さなければならないということだ。そのためには先制攻撃あるのみだぞ。やれ。殺せ。殺せ。殺せ。殺せ。」
    クリムゾンの迷宮より

    +4

    -1

  • 59. 匿名 2017/03/26(日) 15:19:39 

    江國香織さん好きな人多いですね!私も(^^)

    若いだけの女とは違うし、
    そもそも、若いだけの女をありがたがるような男に興味はない。

    めちゃめちゃカッコイイ!後々こう言い切れる人生にしたい!と思ってずっと覚えています!

    +25

    -2

  • 60. 匿名 2017/03/26(日) 15:27:17 

    さびしさは鳴る。

    綿矢りささん、蹴りたい背中より。
    この一文、なんだかビビッと来た。

    +5

    -2

  • 61. 匿名 2017/03/26(日) 15:33:36 

    年下も外国人も知らないでこのまま朽ちてゆくのか、からだ(岡崎 裕美子)

    +8

    -1

  • 62. 匿名 2017/03/26(日) 15:49:36 

    指先から煙草が落ちたのは、月曜の夕方だった。(かわうそ/向田邦子)

    +4

    -0

  • 63. 匿名 2017/03/26(日) 15:55:21 

    新しい季節は、いつだって雨が連れてくる。(恩田陸)

    +26

    -1

  • 64. 匿名 2017/03/26(日) 16:03:43 

    きょう、ママンが死んだ。

    +5

    -2

  • 65. 匿名 2017/03/26(日) 16:11:50 

    イカとタコは親せきのようであるが、肉マンとアンマンは双生児のようである。 長新太

    ※画像の作品の文ではないです
    好きな小説の一文

    +3

    -2

  • 66. 匿名 2017/03/26(日) 16:13:48 

    その人が後姿を見せた時に、私ははじめてほんとうのことが言えるのでありましょうか。

    +5

    -0

  • 67. 匿名 2017/03/26(日) 16:17:32 

    おぼろげだけど
    車窓から見る月が僕を追いかけていたんじゃない、僕が月を見つめていたんだ。

    子供の頃にどうして月がずっと追いかけてくるんだろう?って思ってたからすごく共感と感銘を受けた

    +9

    -0

  • 68. 匿名 2017/03/26(日) 16:22:13 

    偶然は愛のようにひとを束縛する。

    +6

    -0

  • 69. 匿名 2017/03/26(日) 16:28:09 

    私は独身女のように自由で、既婚女のように孤独だ。 江國香織

    +18

    -1

  • 70. 匿名 2017/03/26(日) 16:33:00 

    ある日の夕暮れのことである。下人は途方に暮れていた。
    芥川龍之介/羅生門

    +2

    -1

  • 71. 匿名 2017/03/26(日) 16:38:43 

    いつか、私は彼に堕落した。そして今も炎上している。 「星へ落ちる」金原ひとみ

    +9

    -0

  • 72. 匿名 2017/03/26(日) 16:39:56 

    愛せよ。人生において、よきものはそれだけである。本日は、お日柄もよく、心温かな人々に見守られ、ふたつの人生をひとつに重ねて、いまからふたりで歩んでいってください。たったひとつの、よきもののために。(本日は、お日柄もよく:原田マハ)

    +6

    -0

  • 73. 匿名 2017/03/26(日) 16:44:35 

    「ギャップ、そう、いつだって私はそれに惹かれてきた。
    外見を裏切らない内面を持つ男なんて後ろから読むミステリー小説よりつまらない」
    「男の人が必要なのは暑い夏じゃなくて、暖めてもらいたい冬なのよ」
    「約束って、未来のためにあるんじゃないのよ。 今のこの瞬間を幸せにするためにあるのよ」
    山田詠美

    +3

    -0

  • 74. 匿名 2017/03/26(日) 16:53:02 

    ●チューリップ「サボテンの花」
    ♪絶え間なく降り注ぐこの雪のように君を愛せばよかった♪

    ●superfly「終焉」
    ♪月のように星のように穏やかに許し合えたら♪
    ♪上手にもっと寄り添いたかったあなたの心と♪

    合わない人が居てイライラした時この歌詞を頭に思い浮かべるようにしています。

    +3

    -3

  • 75. 匿名 2017/03/26(日) 17:12:42 

    美しい人はやっぱし得ね。同情されるから……
    夢野久作『一足お先に』

    +8

    -0

  • 76. 匿名 2017/03/26(日) 17:13:38 

    戦争をする人間の底にあるのは偏見と差別です。
    自分たちの民族と集団が他のそれよりも優れていると思うところに、戦争の芽が生じます。そして戦争になれば、その芽がぐんぐん伸び、青空を覆いつくすまでにはびこってしまうのです。

    ヒトラーの防具 帚木蓬生

    この文に感動して手帳に書き留めてあるよ。

    +9

    -0

  • 77. 匿名 2017/03/26(日) 17:13:53 

    >>57
    ものすごく刺さる・・・

    +6

    -1

  • 78. 匿名 2017/03/26(日) 17:14:35 

    >>31
    聞きたいです!!!

    +1

    -0

  • 79. 匿名 2017/03/26(日) 17:15:41 

    「おとといは兎をみたわ。きのうは鹿、今日はあなた」(たんぽぽ娘/ロバート・F・ヤング)
    好きな小説の一文

    +10

    -0

  • 80. 匿名 2017/03/26(日) 17:22:25 

    >>23
    セーラームーンって小説化してるの?

    +1

    -2

  • 81. 匿名 2017/03/26(日) 17:22:48 

    どこにいるのかは問題ではありません。
    会いたいか、会いたくないか、それが距離を決めるのよ(すべてがFになる)

    +16

    -0

  • 82. 匿名 2017/03/26(日) 17:28:34 

    美しいも皮一重

    +2

    -0

  • 83. 匿名 2017/03/26(日) 17:35:04 

    >>80
    漫画でもよかったんだね。ごめん!!

    +4

    -0

  • 84. 匿名 2017/03/26(日) 17:47:08 

    藤木、君は僕を愛してはくれなかった。そして君の妹は、僕を愛してはくれなかった。僕は一人きりで死ぬだろう

    草の華 福永武彦

    +4

    -0

  • 85. 匿名 2017/03/26(日) 17:48:03 

    小川から船を漕ぎ出し、穏やかな風景を楽しみ、凪に耐え、嵐を超え、そして海に流れ込む。その先は限りない自由

    +5

    -0

  • 86. 匿名 2017/03/26(日) 17:48:31 

    だから清の墓は小日向の養源寺にある。 夏目漱石「坊ちゃん」

    +3

    -0

  • 87. 匿名 2017/03/26(日) 17:53:34 

    数学の核心は証明にある。そして証明こそは、数学と科学の他の分野とをきっぱり分かつものなのだ。数学以外の科学分野ではまず仮説を立て、実験によってそれを検証する。そして仮説の誤りが示されれば、別の仮説がそれに取って代わる。しかし数学においては、完全な証明こそがゴールである。一度証明されるということは、永久に証明されることなのだ。そこに変更の余地はない。
    『フェルマーの最終定理』サイモン・シン

    +7

    -0

  • 88. 匿名 2017/03/26(日) 17:57:39 

    「わたしをすきなひとが、わたしに関係のないところで、わたしのことをすきなまんまで、わたし以外のだれかにしあわせにしてもらえたらいいのに。わたしのことをすきなまんまで。」最果タヒ

    +17

    -2

  • 89. 匿名 2017/03/26(日) 18:58:55 

    女の人生ってのはね、母をゆるす、許さないの長い旅なのさ。ある瞬間は、ゆるせる気がする。ある瞬間は、まだまだゆるせない気がする。大人の女たちは、だいたい、そうさ。


    桜庭一樹の「少女七竈と七人の可愛そうな大人」より。

    +11

    -0

  • 90. 匿名 2017/03/26(日) 19:57:14  ID:rUhVoc2Npf 

    >>41です。間違えました、、、
    光輝く、夜の私を見てくれ。

    でした。
    好きな小説の一文

    +6

    -0

  • 91. 匿名 2017/03/26(日) 20:11:34 

    世界一勇敢な男のお嬢さんと、是非、握手させてください。

    +4

    -0

  • 92. 匿名 2017/03/26(日) 20:45:46 

    「かぜはね。」
    「今がいちばんつらいんだよ。死ぬよりつらいかもね。でも、これ以上のつらさは多分ないんだよ。その人の限界は変わらないからよ。またくりかえしかぜひいて、今と同じことがおそってくることはあるかもしんないけど、本人さえしっかりしてれば生涯ね、ない。そういう、しくみだから。そう思うと、こういうのがまたあるのかっていやんなっちゃうって見方もあるけど、こんなもんかっていうのもあってつらくなくなんない?」

    よしもとばなな 「ムーンライトシャドウ」
    風邪をひいて寝込むといつもなんとなく思い出します。

    +8

    -0

  • 93. 匿名 2017/03/26(日) 21:09:49 

    「自分を哀れんで泣くのじゃ、死んだ子に失礼だよ」
    小野不由美さんの十二国記シリーズ
    風の万里 黎明の空から

    +7

    -0

  • 94. 匿名 2017/03/26(日) 21:54:01 

    「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」

    夏目漱石

    +11

    -0

  • 95. 匿名 2017/03/26(日) 22:26:50 

    64さん からくりサーカスかな

    ギイ・クリストフ・レッシュ。

    +1

    -0

  • 96. 匿名 2017/03/26(日) 22:44:11 

    詩でも良いですか。

    一粒の砂に『世界』を見る
    一本の野の花に『自然』を見る
    手のひらに『無限』をつかめ
    ひと時の時間に『永遠』を感じよ

    ウィリアム・ブレイク 

    +6

    -0

  • 97. 匿名 2017/03/26(日) 22:48:32 

    生まれた場所が、永遠の場所ではない。

    +6

    -0

  • 98. 匿名 2017/03/26(日) 23:03:04 

    >>88
    この気持ちすごく分かる。共感する…

    本読んでて、分かるなーって思えるときが楽しいし幸せ

    +2

    -1

  • 99. 匿名 2017/03/26(日) 23:07:11 

    私はといえば、過去が死んでいることに同意するならば、過去を部分的に尊重し過去のあらゆる面を寛大に扱う。だが、もし過去が生きていたいと望むならば、わたしはこれを攻撃し、殺そうと努める。

    レミゼラブル

    今の日本にも充分通用する言葉だなと常々思う
    懐古主義が沢山いる

    +2

    -0

  • 100. 匿名 2017/03/26(日) 23:09:13 

    刺青 谷崎潤一郎
    すべて美しい者は強者であり、醜い者は弱者であった。
    男という男は、皆お前の肥やしになるのだ。
    秘密 谷崎潤一郎
    兎も角その婦人が、始終一人の男から他の男へと、胡蝶のように飛んで歩く種類の女であることは確かであった。
    異端者の悲しみ 谷崎潤一郎
    それは彼の頭に発酵する怪しい悪夢を材料にした、甘美にして芳烈なる芸術であった。
    麒麟 谷崎潤一郎
    魂をそそるような甘い香が、公の鼻をなぶった。
    貴方は本当に哀れな人だ。世の中に自分の力を持ってない人ほど、哀れな人はありますまい。

    +6

    -0

  • 101. 匿名 2017/03/26(日) 23:10:59 

    「ぼくは上まで行ってきたけど、上には何もなかったよ」
    「そんなこと、たとえ本当だとしても、言わないでくれよ。
    登っていく以外に。
    何ができるというんだ?」

    +4

    -0

  • 102. 匿名 2017/03/26(日) 23:16:46 

    「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日(俵万智)

    +4

    -1

  • 103. 匿名 2017/03/26(日) 23:41:19 

    メロスは激怒した。

    +3

    -0

  • 104. 匿名 2017/03/26(日) 23:51:56 

    類人類で言えばさ、オランウータンはレイプはするけど、子殺しはしないんだ。ゴリラは逆でね、メスには優しいけれど、子殺しはある。チンパンジーになるとね、メスを虐待するし、子殺しも時々ある。それをさらに邪悪にしたのが、ヒトだよ。レイプも虐待も子殺しもなんだってある。しかも、ヒトの場合、発情期もないから、一年中、品がない。最低だよ。

    伊坂幸太郎 重力ピエロ

    +11

    -1

  • 105. 匿名 2017/03/27(月) 00:47:28 

    祇園精舎の鐘の声
    諸行無常の響きあり
    沙羅双樹の花の色
    盛者必衰の理をあらはす
    おごれる人も久しからず
    ただ春の夜の夢の如し

    +10

    -0

  • 106. 匿名 2017/03/27(月) 02:46:48 

    汚れっちまった悲しみに
    恋の花咲くこともある

    +3

    -0

  • 107. 匿名 2017/03/27(月) 02:51:34 

    時の洗礼
    「ノルウェイの森」より

    +0

    -1

  • 108. 匿名 2017/03/27(月) 23:55:40 

    「この砂はみんな水晶だ。中で小さな火が燃えている。」
    宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」です。

    +2

    -0

  • 109. 匿名 2017/03/28(火) 01:29:46 

    富士には月見草がよく似合う

    +0

    -0

  • 110. 匿名 2017/03/28(火) 21:56:12 

    +0

    -0

  • 111. 匿名 2017/03/28(火) 22:00:12 

    佐野洋子さんの、
    「シズコさん」という母親との
    確執を綴ったエッセイがあるんだけど。
    弟が3歳とか幼い頃に死んでしまって
    父が死に、母がボケてしまった今、
    自分が死んだら弟のことを覚えている人間はこの世に1人もいなくなる。というような一文があった。
    こうやって人は忘れられていくんだな。と思った。

    +2

    -0

  • 112. 匿名 2017/03/28(火) 22:02:14 

    向田邦子の、「家族熱」のなかで
    「寂しくてどうしようもなくて、1人じゃ到底いられなかった。」
    という言葉が好き。

    +2

    -0

  • 113. 匿名 2017/03/28(火) 22:03:05 

    星に触れてみたい。燃えているだろうか。
    by山崎ナオコーラ

    +2

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード