ガールズちゃんねる

がるちゃん恋愛小説を作る

95コメント2017/03/25(土) 13:06

  • 1. 匿名 2017/03/02(木) 15:18:11 

    私がる子、36歳。
    彼氏いない歴=年齢。

    もう結婚はおろか、恋愛も諦めていた。

    そんな私の人生が大きく変わったのは、あの日の出来事からだ-----

    +9

    -1

  • 2. 匿名 2017/03/02(木) 15:18:36 

    その日は雨だった

    +13

    -0

  • 3. 匿名 2017/03/02(木) 15:19:29 

    さらに激しくなる雨

    +15

    -1

  • 4. 匿名 2017/03/02(木) 15:19:38 

    めでたしめでたし
    がるちゃん恋愛小説を作る

    +10

    -10

  • 5. 匿名 2017/03/02(木) 15:19:43 

    がるちゃん恋愛小説を作る

    +10

    -4

  • 6. 匿名 2017/03/02(木) 15:19:53 

    終わった笑

    +26

    -0

  • 7. 匿名 2017/03/02(木) 15:19:54 

    いつものように電車に乗ると

    +8

    -0

  • 8. 匿名 2017/03/02(木) 15:19:56 

    食パンをくわえて走って‥‥

    などは決してしない

    +12

    -0

  • 9. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:07 

    心を奪われたその日から

    +1

    -0

  • 10. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:06 

    傘を持っていなかった私は

    +6

    -0

  • 11. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:09 

    小熊出現
    がるちゃん恋愛小説を作る

    +34

    -0

  • 12. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:20 

    雨が降ってきた

    +2

    -0

  • 13. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:30 

    髪にいもけんぴ着いてるよ。

    +11

    -1

  • 14. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:39 

    紫の財布を握りしめ買い物しようと街まで出掛けたら

    +10

    -0

  • 15. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:41 

    お嬢さんお逃げなさい

    +7

    -0

  • 16. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:57 

    コンビニで傘を買おうとしたら

    +2

    -0

  • 17. 匿名 2017/03/02(木) 15:20:59 

    家から出るのも面倒だな
    そうだ、ピザでもとろう

    +4

    -0

  • 18. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:01 

    その時、突然目の前にイケメンが現れた!
    がるちゃん恋愛小説を作る

    +2

    -16

  • 19. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:19 

    赤西にナンパされた

    +0

    -0

  • 20. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:24 

    男は出てって!!と怒鳴る40代のおばさんが…

    +7

    -2

  • 21. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:40 

    柔らかな髪の毛が雨に濡れた

    +4

    -0

  • 22. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:44 

    トクン…!

    +4

    -0

  • 23. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:47 

    あの人に今日は会えるだろうか?

    +3

    -0

  • 24. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:49 

    雨足は更に強くなり

    +2

    -0

  • 25. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:49 

    イェア!!!!!(☝ ՞۝՞)☝!!!チェケラ!!!!!

    +3

    -1

  • 26. 匿名 2017/03/02(木) 15:21:57 

    更年期障害をときすでに引き起こしていた

    +5

    -1

  • 27. 匿名 2017/03/02(木) 15:22:20 

    二股でもかまいませんか?

    +0

    -1

  • 28. 匿名 2017/03/02(木) 15:22:26 

    段ボールを見つけた

    +1

    -0

  • 29. 匿名 2017/03/02(木) 15:23:02 

    紀香が水素水持って慰めにきてくれた。

    +4

    -0

  • 30. 匿名 2017/03/02(木) 15:23:23 

    バーコード親父の降臨‼︎

    +0

    -0

  • 31. 匿名 2017/03/02(木) 15:23:26 

    がるちゃん恋愛小説を作る

    +14

    -1

  • 32. 匿名 2017/03/02(木) 15:23:56 

    彼氏から初めて貰ったプレゼント




    紫のサイフだった

    +6

    -0

  • 33. 匿名 2017/03/02(木) 15:24:05 

    旦那が医者なんで(*^^*)

    とか言ってみてぇ~
    と妄想していた

    +1

    -0

  • 34. 匿名 2017/03/02(木) 15:24:16 

    新しく赴任してきた上司は大学の先輩だった

    +0

    -0

  • 35. 匿名 2017/03/02(木) 15:24:43 

    デブだけど動けるデブなんです。

    +3

    -0

  • 36. 匿名 2017/03/02(木) 15:24:45 

    130万あげるから

    +1

    -0

  • 37. 匿名 2017/03/02(木) 15:24:57 

    その段ボールには子猫がいた。
    「お前も一人なのね」と拾い上げた私に、誰かが傘を傾けてくれた。

    +6

    -0

  • 38. 匿名 2017/03/02(木) 15:25:48 

    それは、玉木宏

    +1

    -0

  • 39. 匿名 2017/03/02(木) 15:25:50 

    空腹に耐えられず湯を沸かす

    +3

    -0

  • 40. 匿名 2017/03/02(木) 15:26:22 

    覚えておけ〜〜!

    +0

    -0

  • 41. 匿名 2017/03/02(木) 15:27:25 

    もう帰りたい

    +0

    -0

  • 42. 匿名 2017/03/02(木) 15:27:33 

    >>4
    不覚にも笑ってしまった自分に腹立つ

    +8

    -1

  • 43. 匿名 2017/03/02(木) 15:28:48 

    肉まんにかぶりついた

    +4

    -0

  • 44. 匿名 2017/03/02(木) 15:29:35 

    私には飯しかない。

    +3

    -0

  • 45. 匿名 2017/03/02(木) 15:29:52 

    医者からプロポーズを受ける
    よっしゃ、これでついに医者の妻になれるぞ!

    ・・・と妄想する毎日

    +1

    -2

  • 46. 匿名 2017/03/02(木) 15:29:59 

    みーてーたーよーーーー!!!!!

    +5

    -0

  • 47. 匿名 2017/03/02(木) 15:31:35 

    医者と結婚、理想の毎日が待っているはずだった。。。。

    +0

    -0

  • 48. 匿名 2017/03/02(木) 15:31:37 

    化粧が濃くなった
    あなたせいよ

    +1

    -0

  • 49. 匿名 2017/03/02(木) 15:31:42 

    ある日金太は歩いていると

    +0

    -0

  • 50. 匿名 2017/03/02(木) 15:31:56 

    その角を曲がるとマックがある

    +1

    -0

  • 51. 匿名 2017/03/02(木) 15:32:27 

    いつから好きになったのか?

    +0

    -0

  • 52. 匿名 2017/03/02(木) 15:32:36 

    その傘の持ち主は言った。
    「風邪ひきますよ…子猫も、あなたも」

    +4

    -0

  • 53. 匿名 2017/03/02(木) 15:34:42 

    イケメンにはめっぽう弱かった

    +3

    -0

  • 54. 匿名 2017/03/02(木) 15:38:46 

    裸エプロン?

    +0

    -0

  • 55. 匿名 2017/03/02(木) 15:39:09 

    私のウサギ、ふりかけっていうの。

    +0

    -0

  • 56. 匿名 2017/03/02(木) 15:39:40 

    今度カナダに留学することになったの。

    +1

    -0

  • 57. 匿名 2017/03/02(木) 15:40:04 

    アリアケのハヤシライス

    +1

    -0

  • 58. 匿名 2017/03/02(木) 15:40:38 

    チュンチュン…

    大五郎を1ガロン飲み干して泥酔
    気がつくとそこは知らないベッドの上だった
    隣に誰かいる!

    +0

    -0

  • 59. 匿名 2017/03/02(木) 15:44:43 

    なにやってるんだろう。私。

    +1

    -0

  • 60. 匿名 2017/03/02(木) 15:44:44 

    海の闇は月の影だった

    +2

    -0

  • 61. 匿名 2017/03/02(木) 15:47:17 

    ubsce.com-まとめ情報
    ubsce.com-まとめ情報www.ubsce.com

    ubsce.com-まとめ情報 ubsce.com-まとめ情報X 人気総合堀北真希が引退表明 「愛する家族との幸せを守りたい」2017年3月2日X 人気, 総合0 Comments人気女優の堀北真希(28)が2月28日、自身の公式ホームページで2月末で引退することを発表した。 堀…Read More【...

    +0

    -0

  • 62. 匿名 2017/03/02(木) 15:48:58 

    私の横にいたのはラモス瑠偉だった

    +0

    -0

  • 63. 匿名 2017/03/02(木) 15:49:20 

    取引先の年下ガル男さん
    「ガル子、俺に枕してみろよ」

    ゲスきのこそっくり
    どうしよう!!!??

    +0

    -0

  • 64. 匿名 2017/03/02(木) 15:52:31 

    とりあえず、やつの口にあんぱんつっこんだ。

    +2

    -0

  • 65. 匿名 2017/03/02(木) 15:55:23 

    とりあえず恥ずかしがってみた。

    +2

    -0

  • 66. 匿名 2017/03/02(木) 15:58:08 

    だめだこのトピww

    +5

    -0

  • 67. 匿名 2017/03/02(木) 16:02:40 

    みんなヒマなんだねえw

    +0

    -0

  • 68. 匿名 2017/03/02(木) 16:35:53 

    重い腰をあげ3日ぶりに風呂に入り妻子ある彼に会いに行った。。。その時、

    +0

    -0

  • 69. 匿名 2017/03/02(木) 16:36:17 

    彼は、口ずさんだ
    別れたいと。

    +2

    -0

  • 70. 匿名 2017/03/02(木) 16:37:00 

    道端に吐いている鳥を見つける

    +1

    -0

  • 71. 匿名 2017/03/02(木) 16:37:52 

    なんで!?なんでそんなこと言うの?

    +0

    -0

  • 72. 匿名 2017/03/02(木) 16:38:18 

    猫の肉球にも及ばないんだよ

    +0

    -0

  • 73. 匿名 2017/03/02(木) 16:39:22 

    あんたなんかなによ!!
    ポークピッツのくせに!!!

    捨て台詞を吐いて走り去った

    +0

    -1

  • 74. 匿名 2017/03/02(木) 16:55:33 

    がるちゃんて女性の集うサイトで見たことある…!

    ポークピッツ男には要注意!
    そんな男に当たるなら一生独身でも致し方ない…

    +0

    -1

  • 75. 匿名 2017/03/02(木) 16:58:39 

    可愛い!
    顔をあげた私に彼は言った。ドクンと胸が高鳴る。
    だが彼の目線はしっかりと子猫をとらえていた。
    まるで私などそこにいないかのように。

    +4

    -0

  • 76. 匿名 2017/03/02(木) 17:14:59 

    トピ画がSFとか斬新

    +1

    -0

  • 77. 匿名 2017/03/02(木) 17:17:54 

    序盤雨降って地球が終わったw

    +0

    -1

  • 78. 匿名 2017/03/02(木) 17:40:22 

    3日くらい経った所で友達がやって来た

    +2

    -0

  • 79. 匿名 2017/03/02(木) 17:56:13 

    友達は言いづらそうに口を開いた
    「ガル男さん、性転換手術したんだって」

    +1

    -0

  • 80. 匿名 2017/03/02(木) 18:56:51 

    がる子 「この頃この手のトピが上手くいかないのはなぜ?」
    がる男「そんなの知らないよ。それより、その紫財布はもうボロいから捨てなさい。」

    +1

    -0

  • 81. 匿名 2017/03/02(木) 18:59:32 

    その日もがる子は必死にトピ画争いに参加していた。やはり、最初が肝心なのだ。

    +3

    -0

  • 82. 匿名 2017/03/02(木) 19:02:07 

    2ゲットとがる子は必死に押した。しかし、すぐにマイナスの嵐。仕方なく「マイナス魔ウザい。」とつぶやいてみる。

    +1

    -0

  • 83. 匿名 2017/03/02(木) 19:07:21 

    ガル子 コメント伸びないわ〜熊さん現れて終了とかー主さん見てるぅ〜?

    +0

    -0

  • 84. 匿名 2017/03/02(木) 19:13:44 

    森の熊のようなガル子♪(森の熊さん替え歌)
    ある日
    インターネットで
    ガル民に
    出会った
    マイナスかーくーごーでーす
    医者のおーよーめーさーん
    提供 ガルちゃん株式会社

    +0

    -0

  • 85. 匿名 2017/03/02(木) 19:18:47 

    終わりの一杯に水素水を思う存分飲み干すガル子であった。

    +1

    -0

  • 86. 匿名 2017/03/02(木) 19:20:52 

    >>85
    ワロタw

    +0

    -0

  • 87. 匿名 2017/03/02(木) 20:46:48 

    そして幸せな気分に浸る本日も、雨なのであった。


    【完】

    +0

    -0

  • 88. 匿名 2017/03/02(木) 23:03:15 

    あれから10年後.......

    +0

    -0

  • 89. 匿名 2017/03/03(金) 00:46:11 

    私がる子、46歳。
    彼氏いない歴=・・・?

    いま私の隣には彼氏ではなく、優しい旦那が寄り添ってくれている。

    【完】

    +0

    -0

  • 90. 匿名 2017/03/03(金) 10:00:39 

    ───── 第 2 章 ─────

    +0

    -0

  • 91. 匿名 2017/03/03(金) 16:30:28 

    ここの人達は、私がHAPPY ENDを迎えた事が我慢ならないのよね?
    だから、コメも伸びなかった。。。
    そういう事よね?

    でも・・安心して!

    ・・私、旦那に捨てられました‥‥‥。

    +0

    -0

  • 92. 匿名 2017/03/03(金) 18:38:03 

    >>91
    大丈夫ですか?って聞くべきではないですよね。

    +1

    -0

  • 93. 匿名 2017/03/04(土) 22:07:24 

    >>92
    大丈夫じゃないけど、、、
    聞いてくれてありがとう!
    貴方っていい人ね!

    +0

    -0

  • 94. 匿名 2017/03/25(土) 13:02:39 

    キョロ(・ω・`三´・ω・)キョロ

    +0

    -0

  • 95. 匿名 2017/03/25(土) 13:06:43 

    暖かな思いやりの言葉をかけられてガル子は嬉しく思うと同時に不意に涙が込み上げた。

    ガル子はこの涙の意味を考える。

    人の優しさに触れると勿論嬉しく有難い。
    その気持ちに嘘はない。
    しかし嬉しい気持ちが湧き上がったその少しあとに込み上げるこの気持ち…
    この気持ちの正体は何なのか。

    ガル子は窓を少し開けた。
    早くに目覚めてしまった朝方の空気はまだ冬の名残の静かな冷たさを含んでいる。
    ガル子は大きく空気を吸込み深呼吸をした。
    しかしそれはまるで深い溜息のようでもあった。

    まだ薄暗い空をぼんやりと眺めながら考える。

    優しさに触れた後に訪れる一抹の寂しさ。
    有難いのに嬉しいのに、何故か反動としてなお一層寂しくなるのだ。

    優しく声をかけてくれたあの人の心は柔らかなふかふかの布団のようだ、とガル子は思った。
    きっと眩しい陽射しをたっぷり浴びているのに違いない…
    それに比べて今の私は冷たく湿気た布団だ…自分でも重苦しくて嫌になる。

    ガル子はきつく目を閉じた。

    きっと私、あの優しい人が羨ましいんだわ…
    そして淋しいんだわ…

    優しい人に触れると嬉しさのあとに自分の心の空虚さに改めて気づくのかしら。
    楽しい祭りの後の寂しさにも少し似てる。

    友達に愚痴って鬱憤を晴らしたはずなのに、家に帰った途端、急に寂しくなる時のように。

    「ふぅ…かなり参っているわね、私…」

    46才という自分の年齢。
    ずっとカレシもいなかったのに、突然現れたあの人と恋に落ち勢いで結婚をした。
    恋愛に免疫のないガル子にとって目まぐるしい出来事であった。

    恋と愛は違う。恋愛と結婚は違う。
    それなりに耳年増にもなり友人達の話などで聞いていた。

    けれどいざ自分自身のことになるとまるで分からないことばかりだ。
    夫と知り合った頃は夫の色んなことが知りたかった。自分のことも知って欲しかった。
    知れば知るほど距離は近づくと思った。2人の絆は強くなるものだと思い込んでいた。
    愛は深まってゆくはずだと信じ込んでいた。

    「でも…」

    +0

    -0

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

人気トピック

新着トピック

関連キーワード