ガールズちゃんねる

【閲覧注意?】膣内に押し込んだ毛糸で編み物する芸術作品に批判殺到→「私は負けない」

144コメント2013/12/21(土) 16:29

  • 1. 匿名 2013/12/18(水) 11:18:44 


    (英語ソース記事の一部訳)
    芸術家の女性は毛糸の玉を自身の膣に入れ、
    それで編み物をするという新しいレベルの芸術に取り組んでいます。

    オーストラリアのケーシー・ジェンキンスさんは、
    女性の陰部が「怖いものではない」と多くの人に知ってもらうために、この変わった試みを始めました。
    彼女は「craftivist」を名乗っており、
    「政治や社会運動のために伝統工芸技術を使う。」と言います。

    彼女の最も新しい作品は「Casting Off My Womb(子宮を脱ぎ捨てる)」と呼ばれるものです。
    この作品は毛糸玉を自身の膣に押し込み、
    観客の前で糸を”紡ぎ”ながら編み物を作るというものです。

    彼女は言います。
    「生理の時にその作品作りを止めるなら、それはパフォーマンスではない。
     月経時は毛糸が湿気を多く含んでいるので、編むのが難しくなります。
     それは刺激的でもあり、場合によっては不快に感じられるかもしれません。」

    「毛糸を入れたまま歩いても痛みはありません。
     赤ちゃんが通れるほど頑丈なものなのですから。」
    Casey Jenkins vagina knitting: Woman shoves ball of wool up her VAGINA and knits with it for a month for art entitled Casting Off My Womb - Mirror Online
    Casey Jenkins vagina knitting: Woman shoves ball of wool up her VAGINA and knits with it for a month for art entitled Casting Off My Womb - Mirror Onlinewww.mirror.co.uk

    Casey Jenkins' monthly period doesn't stop her and even she admits the knitting 'art' sometimes arouses her - WARNING EXPLICIT CONTENT


    オーストラリアの女性芸術家が月経周期が分かるように、
    ”自身の膣に押し込んだ毛糸で編み物をする”という28日間周期のパフォーマンスを行っています。
    彼女はそのために毎日、自身の膣内に新しい毛糸を入れています。
    この芸術作品はYouTubeにアップロードされ、400万ヒットを記録しました。

    しかし今、彼女は批評家達による猛烈なバッシングにあっています。

    「私は月経周期を記録するためにこの編み物を行っているだけなのに。」と、彼女は世間の批判に失望したと言います。
    そして批判には負けずに今後も”生理中編み”を継続する予定だとのことです。

    「動画への反応は非常に巨大なものでした。
     ほとんどの人はこの芸術に否定的です。」

    彼女は世間が否定的な反応をしていることを検討したいと考えています。
    「私は信念に基づき、世界からの批判に負けずに芸術作品を作成します。」
    Vagina knitting art: Casey Jenkins 'will not apologise' for her 28 day art performance - Mirror Online
    Vagina knitting art: Casey Jenkins 'will not apologise' for her 28 day art performance - Mirror Onlinewww.mirror.co.uk

    The artist hits out against criticism for getting her needles out in public to knit using wool inserted in her vagina - WARNING EXPLICIT CONTENT


    +14

    -299

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。