ガールズちゃんねる

「Nのために」で印象に残ってるシーン

460コメント2017/04/14(金) 22:51

  • 288. 匿名 2017/03/20(月) 11:47:10 

    >>283さん
    282です

    そうですね。おっしゃる通りで希美ちゃんも成瀬君の相手と切れる事は避けた、少なくとも繋がる事が可能な状態を維持しようとしたと私も思います。
    繋がる手段を維持し続ける=いつか、何かあったら連絡を取る、という心理ですね。

    でも成瀬君も希美ちゃんも、成瀬君が闇落ちした際に相互に連絡は取らなかった。つまりいずれ何かあった時のために維持し続けた連絡手段をあえて使わない、という事はそこにはさざなみの偽装目的とは別の心理が働いていたから、と理解するべきなんだろうと思うのです。

    そうすると、今度はスカイローズガーデンでの二人の携帯の扱いが問題になるんですね。
    もし成瀬君が関係性を偽装するとするなら、その相手は希美ちゃんです。その希美ちゃんとの連絡手段をあえて捨てた。さざなみでは維持したのに。
    もし希美ちゃんが関係性を偽装するとしたら、やはりその相手は成瀬君です。安藤は別に関係性を偽装する必要性がない。それでもやはり希美ちゃんは携帯番号を変えて自分と他者との連絡手段をたった。さざなみの際には成瀬君との連絡手段を維持するために変えなかった携帯番号を変えたという事は、希美ちゃんが携帯番号を変えた目的は成瀬君との関係の偽装ではない、という事になります。

    では、スカイローズガーデンで希美ちゃんは誰を対象として連絡手段を断つ、という行動をしたのか?と考えると?
    西崎さんは捕まって、そもそも連絡が入ることもない。そうすると、残るは安藤という事になります。

    さざなみでは希美ちゃんは偽装の相手である成瀬君と繋がる手段を維持し続けたのに、スカイローズガーデンでは偽装する必要性のない安藤と繋がる手段を放棄した。

    これはつまり、希美ちゃんが安藤を‥という事だと推理しています。そして十話での希美ちゃんの安藤を拒絶したスナップ写真のスタックのシーンも、そういう意味と素直に理解すればいい、という結論に至りました。

    +2

    -1

コメントを投稿する

トピック投稿後30日を過ぎると、コメント投稿ができなくなります。

関連キーワード